かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:密漁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/05/22(火) 13:02:28.73 ID:CAP_USER9
     D7F60EBB-468E-4F0D-9A2E-51551FD2A1D0
    海上保安庁ホームページより

    海保、北違法操業を漁期前に監視 大和堆 巡視船5隻、新潟港に

     日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」付近での北朝鮮漁船による違法操業問題で、海上保安庁が本格的な監視警戒に向け、新潟港(新潟市)に各地の巡視船を集結させたことが21日、分かった。近く出発して、大和堆で2年目の取り締まりを開始するとみられる。スルメイカ漁期を前に現場入りして北朝鮮漁船を待ち受け、予防的措置で日本漁船の安全を確保する。

     産経新聞は同日、大和堆を管轄する第9管区海上保安本部(新潟市)がある新潟港で各地の巡視船5隻が停泊しているのを確認した。5隻は大型巡視船「れぶん」(室蘭海保)、同「いわみ」(浜田海保)、中型巡視船「いしかり」(釧路海保)、同「ほろべつ」(小樽海保)、同「えちぜん」(敦賀海保)。昨年の取り締まり開始時と同じく5隻程度で対応するとみられる。

     今年のスルメイカ漁期は日本漁船の安全操業が課題とされ、海保は北朝鮮漁船が日本漁船に接近するのを防ぐ必要がある。漁業関係者らによると、日本漁船は6月から操業を開始する予定で、現時点で大規模な北朝鮮漁船群は確認されていない。ただ、海保は日本漁船が漁を開始した時点で北朝鮮漁船の妨害を受けないよう、北朝鮮漁船が大挙して押し寄せる前に迎え撃つ形での対応が不可欠だと判断したもようだ。

     日本漁船は昨年、集魚灯で集めたイカを北朝鮮漁船に横取りされる被害に遭った。また、北朝鮮漁船は網を流して漁を行うため、日本漁船側にはプロペラに巻き込んで事故を起こしたり、航行不能になったりすることへの懸念が強い。

     大和堆は男鹿(おが)半島(秋田県)から西に約400キロで水深が周囲より浅く、日本海有数の好漁場とされる。北朝鮮漁船は数年前から大和堆で目撃されるようになった。北朝鮮は日本と漁業協定を結んでおらず、日本のEEZ内での操業はEEZ漁業法に違反している。

     現場海域では昨年、水産庁の漁業取締船が多数の北朝鮮漁船に手を焼き、事態を重くみた政府が海保の初派遣を決定。ただ、巡視船の到着は7月上旬で、すでに日本漁船が現場海域を離脱した後だった。海保は昨シーズン、12月中旬までに延べ約1900隻の北朝鮮漁船に退去警告や放水を実施してEEZ外に排除。日本海沿岸には昨秋以降、違法操業をしていたとみられる木造船が多数漂着した。
     
    5/22(火) 7:55配信  
    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000061-san-pol 

    【【新潟】海保、北違法操業を漁期前に監視 大和堆 巡視船5隻、新潟港に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/04/16(月) 19:54:48.73 ID:CAP_USER

     水産庁は16日、沖縄・久米島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で許可を得ず操業したとして、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで、韓国のはえ縄漁船「506ヘンボク」(29トン、10人乗り組み)を14日に拿捕したと発表した。

     船長のハン・サンフン容疑者(45)も現行犯逮捕。関係者が担保金を支払うとの保証書を提出し、15日に釈放された。

     逮捕容疑は14日午後4時10分ごろ、久米島灯台(沖縄県久米島町)から西北西約388キロの日本のEEZで、許可なくタチウオ漁をした疑い。船長は「日本の海域の方がたくさん取れると思った」と容疑を認めている。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/west/news/180416/wst1804160041-s1.html 

    【【泥棒】沖縄沖EEZで韓国漁船拿捕 無許可でタチウオ漁疑い 「日本の海域の方がたくさん取れると思った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: イレイザー ★ 2018/02/28(水) 12:02:33.76 ID:CAP_USER9
     青森県がまとめた2017年の海面漁業調査結果(速報)によると、県内の漁獲量は対前年比17.4%減の20万6113トンで、過去10年で3番目の低水準となった。漁獲金額は570億7746万円で同10.1%減。主にスルメイカとホタテガイの漁獲が低調だったことが影響した。

     スルメイカの漁獲量は、対前年比21.7%減の1万7593トンで過去最低。過去5年間の平均漁獲量と比べると、17年は半分以下の46.8%で、昨年は特に不漁だったことが分かる。16年の産卵期の低水温で資源が減ったことに加え、日本海の大和堆(たい)における北朝鮮船の違法操業で漁場を移さざるを得なかったことや、昨年は青森近海の水温上昇が早く、イカが早々に北海道沖に通過していったことなどが原因に挙げられる。

     ホタテガイは16年に漁獲量・金額とも過去最高を記録したが、17年は対前年比34%減の8万359トンにとどまった。養殖カゴ内の貝の密度が濃く、冬場のしけで損傷する貝が増えたという。

     県水産振興課は「ホタテガイは適正な収容密度など、養殖管理の指導を徹底する。スルメイカについては、効率的な操業ができるよう速やかな情報提供に努める」としている。【佐藤裕太】

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000032-mai-soci

    【【漁獲量】スルメイカ過去最低 ホタテ3割減 昨年の青森県 北朝鮮の違法操業が一因 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 水星虫 ★ 2018/01/26(金) 08:35:28.23 ID:CAP_USER9
    カニ違法漁具 押収が最多に

    オホーツク海の日本の排他的経済水域内で、カニを取るために違法に仕掛けられ
    水産庁が押収した漁具は去年1年間で980個と、これまでで最も多くなったことがわかり、
    水産庁は外国船による違法な操業とみて取り締まりを強めることにしています。

    水産庁の北海道漁業調整事務所によりますと、オホーツク海の日本の排他的経済水域内に
    違法に仕掛けられ水産庁が押収した「カニかご」と呼ばれる漁具は、去年1年間で980個でした。
    これは水産庁が取り締まりを始めた平成24年以降で最も多く、押収数としては10倍以上に増えています。

    押収したカニかごは日本国内の漁業者が通常のカニ漁で使うものと比べて大型で、
    外国船による違法操業とみられるということです。

    周辺の海域では過去に貨物船を装った外国船がカニを密漁していたケースもあり
    水産庁は違法操業の取り締まりをさらに強めることにしています。

    01/26 08:07
    NHK 
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004591611.html 

    【【特亜?】オホーツク海でカニ違法漁具 押収が最多に 外国船の仕業でしょう、と水産庁 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル