かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:少女像

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/13(月) 15:19:02.48 ID:CAP_USER
    no title

    ▲釜山(プサン)総領事館前に設置された少女像

    14日、今年初めて国家公式記念日に指定された「日本軍慰安婦被害者キリムの日」を控えて全国で慰安婦平和の少女像設立の動きが活発だが一部地域では少女像建設をめぐり地域住民間の葛藤が絶えることなく続く。 

    少女像を韓日外交だけの問題ではなく、人権の問題として接近して地域住民間で十分にコミュニケーションをとらなければならない、という指摘が出ている。 

    13日、韓国挺身隊問題対策協議会によれば現在まで全国に建設された少女像は合計102。少女像は慰安婦被害者の名誉回復と歴史を正しく立て直すための意味をこめている。現在、推進中の場所だけで10カ所だ。 

    しかし一部地域では少女像で地域市民のあいだに葛藤が発生し建設が失敗に終わるったこともある。今年4月、ソウル麻浦区(マポグ)の事例では少女像建設が容易ではないことを見せる。麻浦区少女像は昨年1月、建設が推進されたが、少女像敷地をめぐり住民たちの反対で4回も失敗に終わった。 

    初めは日帝強制占領期当時、日本軍駐屯地(将校官舎)があったソウル上岩洞(サンアムドン)(日本国際学校)に設立される予定だったが、一部住民の反対で失敗に終わった。また「弘大(ホンデ)通り」での設立計画も一部商人が日本人観光客が減ると反対して止まった。 

    麻浦区庁の前は一部地域議員らの反対で、弘益大学正門そばにたてる案は学校側の反対でやはり失敗に終わった。結局麻浦区図書館前に設立することにした。 

    他の地域も同じだ。全南(チョンナム)、光陽(クァンヤン)でも今年2月、少女像建設をめぐり葛藤が生じた。一部の商人が「商圏活性化を阻害する」として反発した。結局、光陽平和の少女像建設推進委員会は緊急会議を開いて少女像設置によって地域商圏が低迷する場合、移転を検討することにしてやっと合意した。 

    昨年、大邱(テグ)東城路(トンソンノ)にたてられる予定だった少女像は商人会の反対で大邱2・28公園に場所を移した。 

    少女像建設葛藤の最も大きな理由は経済的な問題であることが分かった。少女像が建設されれば歴史的空間と見られて商圏が萎縮し、観光客が減るなど副作用が発生するということだ。 

    一部では教育的問題も議論された。一部の学校では少女像について子供たちに性暴行事件をなぜ教えるのかと反対したことが分かった。これについて専門家たちは少女像を韓日関係ではなく、人権の問題で眺めるならば、このような葛藤を減らすことができるだろうと助言した。 

    オ・ソンヒ正義記憶財団事務局長は「朝鮮が日本の植民地だった特殊性がありはするが、慰安婦問題は韓国と日本だけの問題ではない」として「慰安婦問題は女性の人権問題として眺めなければならない。ところが、過去のパク・クネ政府の時、特に慰安婦を解決しなければ日本と外交をしないなど外交問題だけ強調する誤りを犯した」と指摘した。 

    少女像を先を争って建てながら地域間コミュニケーションが円滑でなかった問題も指摘された。オ事務局長は「地域で少女像建設に対する十分な共感が作られ、段階的に議論を経ていれば葛藤が減らすことが出来る」と話した。 

    チョン・セヒ記者

    ヘラルド経済(韓国語) [明日は「慰安婦賛えることの日」①]少女像が商圏亡ぼす?…住民葛藤にあちこち設立霧散
    http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20180813000067

    【【慰安婦問題】 少女像が地域の商業圏を亡ぼす?…住民との葛藤、あちこちで設置中止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/01/31(水) 01:39:49.24 ID:CAP_USER
     no title
    「平和の少女像の呼称を変えよう」釜山の市民団体が提案
    登録:2018-01-31 00:02

    釜山我が民族助け合い運動、平和の少女像の呼称問題を提起 
    日本軍の蛮行が明らかになり謝罪求める意味を込めて 
    日本軍性的奴隷制被害少女像、日本軍拉致被害少女像を提案
    釜山市東区草梁洞の日本領事館前歩道に設置された「平和の少女像」<民衆の声>提供//ハンギョレ新聞社

     2011年12月14日、ソウル市鍾路区(チョンノグ)の駐韓日本大使館前にチョゴリを着た高瀬120センチの少女像が姿を現わした。韓国の市民団体が1992年から日本軍の性的奴隷制運営公式認定と謝罪、歴史教科書への収録などを要求し駐韓日本大使館前で毎週水曜デモを開いたが、千回目を記念して市民が寄せた寄付金3700万ウォンで少女像を作った。

     日帝強制占領期間、日本軍の性的奴隷として連れて行かれた被害者のの10代当時の姿を象徴する少女像は、最初「平和の少女像」と呼ばれた。被害者の名誉と人権の回復、戦争に反対し平和を祈念する意味を込めたという。その後、釜山市東区草梁洞(チョリャンドン)の駐韓日本領事館前など、現在までに全国74カ所に少女像が設置されたが、少女像の呼称は「平和の少女像」で固まった。

     平和統一運動を進める「釜山我が民族助け合い運動」は30日「平和の少女像の呼称を日本軍拉致被害少女像、あるいは日本軍性的奴隷制被害少女像に変えよう」と提案した。少女像が、日帝強制占領期間に日本によって行われた日本軍性的奴隷制の蛮行を告発し、被害当事者の痛みを記憶しようという趣旨で建設されたのに、平和の少女像という呼称は趣旨にそぐわないということだ。この団体は「歴史的造形物には歴史的意味が含まれた名称を付けなければならない。日本軍に拉致され、性的奴隷として蹂躪され、殺されたり負傷するなどした中でかろうじて生き残った被害者の造形物を作ったのに、どうして平和の少女と呼ぶことができるか。侵略者である日本の軍隊が正義と平和の戦争でも遂行したのか」と主張した。

     釜山我が民族助け合い運動のリ・インス事務総長は「日本政府が日本軍性的奴隷自体を否定し続け、真正性ある謝罪もしていないのに、平和の少女像という呼称には告発精神がなく、怒りも、日本政府に謝罪を要求する意味も見えない」と話した。
    キム・グァンス記者 

    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/29651.html

    【【北朝鮮の工作激化】少女像の呼称を拉致被害少女像、性奴隷少女像に変えよう 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル