1: 朝一から閉店までφ ★ 2024/04/05(金) 19:03:13.84 ID:SmUAN9Ew
Published
2024/04/05 18:45 (JST)
Updated
2024/04/05 18:59 (JST)

 【花蓮共同】台湾東部沖地震で大きな被害が出た花蓮県の山間部で、日本の植民地統治下で建設された古い橋が崩落を免れた一方、隣接している比較的新しい橋が崩れ落ちたと、台湾紙の自由時報(電子版)が5日までに伝えた。インターネット上では、長さなどが異なるため単純に比較できないとの意見もあるが、頑丈さに驚く声も上がっている。

 崩落したのは沢のような場所に架かっている長さ約25mの橋。すぐ隣に架かっている古い橋はやや短い。古い橋は被災者の避難に使われている。地元当局は、古い橋を補強して小型車が通れるようにする計画だ。

 地震では山間部の橋や道路が壊れ、多くの人が孤立する事態が起きている。

共同通信社
https://nordot.app/1148916155207778651

【台湾、日本統治時の橋崩落せず ネットで頑丈さに驚く声】の続きを読む