かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:平昌五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/02/22(木) 09:09:17.19 ID:CAP_USER
    kr250

    2018年2月21日、韓国・ノーカットニュースによると、平昌五輪の閉幕が近づく中、五輪特需を期待していた開催都市(平昌・江陵)周辺の宿泊施設や飲食店からはため息が漏れている。

    平昌五輪開催地周辺のある宿泊施設経営者によると、五輪期間中の予約率は普段より低い20%台にとどまり、料金を割引して集客している状況だという。同施設は昨年6月、五輪に向けて1カ月休業し、約3億ウォン(約3000万円)をかけて大々的なリフォーム工事をしていた。

    周辺の他の宿泊施設経営者らも「五輪を前にメディアが問題視した『ぼったくり料金』を設定しているのは一部に過ぎないが、報道により宿泊施設全体が被害を受けている」と苦しい状況を明らかにした。実際に、「ぼったくり料金」報道が波紋を呼んだ後、宿泊業界は「半額料金」を提示するなどの努力を続けていたが、結局はマイナスのイメージを払しょくできなかった。

    また、ソウル~江陵間の高速鉄道が開通したことで五輪の競技を「日帰り観戦」する人も増え、さらなる客の減少につながったという。

    また、五輪会場周辺の飲食店も同じ状況。五輪期間中に行われる交通規制の影響で、客は普段より減少したという。江陵にある飲食店の経営者は「シャトルバスの路線は競技場を中心に編成されているため、他の地域の飲食店は五輪特需を期待できない状況」とし、「交通規制のため常連客すら来なくなった」と不満を述べている。

    これに先立ち、江陵市繁栄会や韓国外食業中央会などは「五輪特需の不均等」をなくすため、交通規制の解除を求める建議文書を江陵市に提出していた。これに対し、同市は飲食店の悩みを解消するため、1日平均500人ほどが利用する市庁区内の飲食店を今月19日から23日まで休業することを決めた。

    同市市長は「五輪期間中に相対的に店の経営に苦しんでいる人たちを助け、地域の経済が活性化されるよう職員たちが乗り出すことにした」とし、「これを機に、他の官公署も自発的に参加してほしい」と訴えた。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「自業自得」
    「元の料金設定が高過ぎたから、半額でも十分高い」
    「予想通りの結果。気分がすっきりした」
    「3億ウォンかけてリフォームするなんて、五輪でぼったくろうとしていたとしか思えない」

    など冷たい反応が数多く寄せられており、一度失った信頼を取り戻すのは難しいようだ。

    また、実際に五輪競技を観に行ったというユーザーからは

    「弁当持参で日帰りした」
    「車で行き来した。これまでに莫大な税金を費やしただけあって、道路がきれいに整備されていたよ」
    「会場周辺の飲食店を利用したけど、外国人用のメニューは価格が高く設定してあった」

    との情報も。

    しかし、これに対して一部のユーザーからは

    「良心的に商売をしている人たちに罪はない。国民の冷たい反応が悲し過ぎる」
    「メディアに問題がある。五輪期間中に料金が上がるのは当然の経済論理なのに」
    「感情的になって批判するのではなく、同じ韓国国民として心配してあげるべき」

    などと反発する声も上がっている。

    2018年2月22日(木) 8時0分
    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b572801-s0-c50.html

    【【平昌五輪】 ぼったくり騒動の宿泊施設や飲食店が“がらがら状態”=韓国ネット「自業自得」[02/22] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/02/22(木) 07:07:20.74 ID:CAP_USER9

    オリンピック旗

     平昌五輪を巡る報道にインチキが散見される。日本はメダル量産国ではないのに、見出しに「メダル量産」の文字が踊り、競技人口が少ない種目なのに「戦力が厚みを増している」との解説も。戦中の大本営発表にそっくりな報道に慢心するばかりでは、不足している競技人口の増加や選手サポート体制強化という、本当の量産国になるために必要な課題を見えなくさせる。(ノンフィクションライター 窪田順生)

    ● 日本は「メダル量産国」ではない マスコミ報道のインチキぶり

     なぜこの国のマスコミは、アスリート個人の功績を「日本の功績」にすりかえようとするのだろうか。

     ご存じのように、テレビや新聞では朝から晩まで、メダリストたちの感動の瞬間をレポートしている。彼らの素晴らしいパフォーマンス、これまで歩んできた苦難、支えてきた周囲の方たちの絆を知って胸が熱くなった、という方も多くいらっしゃることだろう。筆者もまったく同じ思いだ。

     が、そのような個人にスポットライトを当てた報道に紛れ込ませるような形で、読者や視聴者が「日本ってすごいんだな」と錯覚してしまう、かなり盛りに盛った話があふれているのは、見ていて不安しか感じない。日本人を気分良くさせるためには多少の行きすぎたハッタリをかましてもお咎めなし、というあまり褒められない環境になってしまっているからだ。

     たとえば分かりやすいのが、先日の産経新聞だ。

    (略)

    ● 「大本営発表」と見まがうばかりの 欺瞞あふれる自画自賛報道

    (略)

    ● 「日本すごい」報道が スポーツ振興の邪魔になる理由

     だが、なぜか日本のマスコミでは、そのような「個人」を讃えながらも、ちょいちょい「日本メダル量産」とか「戦力の厚み」なんて言葉を用いて、「日本全体が成し遂げた偉業感」をぶっこんでくるのだ。

     「すごい」と評価されるべきは、小平選手であり、彼女の夢を支え続けた相澤病院や、スピードスケートの関係者という「個人」であり、「日本」がすごいわけではないのだ。メダルの数と色ばかりにこだわっているマスコミによって、それがいつのまにかごちゃまぜに語られるようになってしまうのだ。

     そんな屁理屈こねて面倒くさいヤツだなと思われるかもしれない。ただ、なぜ筆者が個人の功績を「日本の功績」とごちゃまぜにしてはいけないとここまで強く主張をするのかというと、マイナースポーツが今まで以上に衰退してしまうからだ。

     たとえば、今日にいたるまでのテレビ・新聞の平昌五輪報道で、みなさんはどれくらいの日本代表の名前を覚えただろうか。特に熱狂している方でなければ、メダルを獲得した8人にプラスして、レジェンド・葛西紀明さんや、フィギュア男女、「カー娘」くらいで、ざっと20人ほどではないか。

     しかし、平昌五輪で戦っているアスリートは124人いる。マスコミは「がんばれ日本!」と絶叫しているわりに、ほんのひと握りのアスリートの活躍しか報じていないのだ。

     つまり、アスリート個人の功績を「日本の功績」と混同してしまうと、どうしてもメダルの数や色に国力を重ねて、増えた減ったと大騒ぎする五輪報道に終始してしまうのである。

     これはサッカーW杯と同様に「愛国エンターテイメント」なので、「にわかファン」は瞬間風速的に増える。だが、その競技の面白さや、アスリート個人のパフォーマンスの偉大さを伝えているわけではないので、本当のファンは定着しない。当然、競技者人口も増えず衰退していくというわけだ。

    (略)

    ● 選手個人のがんばりを ナショナリズムに利用するな

     ひたすら個人にのみがんばらせるという、ブラック企業のような発想で、スポーツ振興などできるわけがない。

    (略) 

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00160841-diamond-soci
    【【パヨク反応】「日本すごい」報道がスポーツ振興の邪魔になる 選手個人のがんばりをナショナリズムに利用するな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/02/21(水) 22:08:08.21 ID:CAP_USER9
    おめでとう!!

    女子団体追い抜き、日本が金 姉妹出場の高木美は冬季1大会初の金銀銅メダル制覇
    2/21(水) 22:01配信
    D25B597B-347F-46E1-BB25-6E43BA3C8308

    ◆平昌五輪第13日 ▽スピードスケート女子団体追い抜き決勝(21日、江陵オーバル)

     優勝候補の日本は、高木美帆(23)=日体大助手=、高木菜那(25)=日本電産サンキョー=、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大=が出場した決勝でオランダを破り、念願の金メダルを獲得した。同種目では10年バンクーバー五輪銀以来、2大会ぶりのメダルとなった。

     今季W杯で世界新3連発をたたき出した強さを五輪でも存分に発揮した。カナダと対戦した準決勝は、1回戦(19日)の佐藤に代わって菊池彩花(30)=富士急=が出場し、2分58秒94で圧倒。連戦の疲労を考慮し、日本代表・湯田淳監督が「どういうメンバーで臨むかが1つのポイント」と話していた通りの巧みな起用術。選手層の厚さも見せつけた。

     エースの高木美は1500メートル2位、1000メートル3位続く「金銀銅メダル」を制覇。姉・菜那とのきょうだい金メダルは、ともに冬季初だ。

     バンクーバー五輪に15歳で出場した妹・美帆と落選した姉・菜那。14年ソチでは美帆が涙を飲んで立場が逆転した。時に反発し合ったりもしたが、悔しさを乗り越えるお互いの姿に共鳴。スケートの実力を素直に認め合って成長につなげた。以降は国内旅行をともにするなど歩み寄り、日本のチームワークを世界一の座まで一気に押し上げた。そして18年平昌。高木姉妹の「2人で金メダルを取って、両親にかけてあげたい」との願いが夢舞台で結実した。

    ヤフーニュース(スポーツ報知)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00010003-spht-spo

    【【平昌五輪】女子パシュート金メダル!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/02/21(水) 19:13:30.92 ID:CAP_USER
    kr250

     【ソウル共同】韓国の李明博元大統領が在職中の2009年、背任罪で有罪が確定して執行猶予中だった李健熙サムスン電子会長を、平昌冬季五輪の誘致を名目に特別赦免したのは、李明博氏に絡む米国での訴訟の弁護士費用をサムスンに負担させる目的だった疑いが強いことが21日までの検察の捜査で分かった。

     検察はこの費用負担は賄賂だとみており、25日の五輪の閉幕を待って収賄容疑などで李明博氏を取り調べ、3月中にも逮捕状を請求する公算が大きくなっている。

    神戸新聞 
     

    【【韓国】韓国元大統領に3月逮捕状も 五輪名目で収賄か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/02/21(水) 19:32:13.44 ID:CAP_USER
    オリンピック旗

    20日に行われた平昌五輪・ショートトラック男子500メートルの予選で、北朝鮮の選手が見せた行為に中国のネットユーザーが反応を示している。

    問題の行為があったのは日本の渡辺啓太が出場した7組のレース。転倒した北朝鮮選手が並走していた渡辺のブレードをつかみにかかり、渡辺ももう少しで転倒するところだった。中国メディアでは「この一部始終がカメラに記録された」などと報じられており、同選手は失格となった。あるネットユーザーはこの映像を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿。これを見たネットユーザーからは「嫌な気分」「恥知らず」などのコメントが寄せられている。

    Record China
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=568211 

    【【平昌五輪】ショートトラックで転倒した北朝鮮選手、日本選手のブレードをつかみにかかる妨害行為=中国ネットから非難の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かばほ~るφ ★ 2018/02/20(火) 11:38:18.50 ID:CAP_USER9
    オリンピック旗
     
    フィギュア、中国人審判の不正採点疑惑が浮上 自国選手の高得点で調査へ…海外一斉報道
    2/20(火) 10:33配信

    ■羽生連覇の男子シングルで中国人ジャッジに疑惑浮上…金博洋の高得点巡りISU調査へ

    平昌五輪フィギュアスケート男子シングルは羽生結弦(ANA)が圧巻の舞いで金メダルを獲得し、66年ぶりとなる五輪連覇を果たした。銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)ら実力者が最高のパフォーマンスで大会を彩ったが、中国人ジャッジの不正採点問題が浮上。調査が行われるというスキャンダルに発展している。スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」など海外メディアが一斉に報じている。

    記事によると、男子フィギュアで7番目のジャッジを務めた中国人のチェン・ウェイグアン氏が、採点を操作した疑惑が浮上。297.77点で4位に入った金博洋(中国)に対して高得点を与えたことが問題視されており、「他のジャッジは日本のハニュウ・ユヅル、ショウマ・ウノ、スペイン人のハビエル・フェルナンデスに続く4位に終わった中国人のスケーターのプログラムに明確に低い採点をしていた」と報じられている。

    中国人ジャッジによる中国人スケーターに対する採点には疑問符が付いた。プログラム・コンポーネンツ・スコア(構成点)では他のジャッジが7点台をつけている要素で9点台を連発。一方、メダル争いのライバルとなったフェルナンデスや宇野に対して、9人中で最も低い評価を下している。

    国際スケート連盟の規律委員会はこの不正ジャッジを調査する方針を固めたという。ドイツ人コミッショナー、フォルカー・ワルデック氏は「我々はこの問題を注視している」と語っており、1年間の資格停止処分を受ける可能性が浮上している。

    この問題はメキシコテレビ局「ウニビジョン」、ドイツ地元紙「南ドイツ新聞」も報じるなど、世界に波及している。

    2/20(火) 10:33配信 THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00018546-theanswer-spo

    【【五輪/フィギュアスケート】中国人審判の不正採点疑惑が浮上 自国選手の高得点で調査へ…海外メディアが一斉報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ろこもこ ★ 2018/02/20(火) 07:09:27.27 ID:CAP_USER
     オリンピック旗

     選手ファーストは無視されていた。 
     今日もジャンプ台の向こう側の丘にある20機以上もの風力発電は、ぐるぐると強烈に回っていた。
     アルペンシア・ジャンプセンターは、2009年に山の上に建設されたジャンプ台で、スタート地点の標高は800メートル。風をさえぎるものがなく、5メートルからときには10メートルの強風が吹く。IOC、FISの視察団は、数年前に現地を訪れて改修を指摘、FISの規約では、競技を行うために風速は3メートル未満に抑えねばならないため、日本製の長さ約255メートル、高さ25メートルという自動昇降のできる防風ネットを張り巡らせたものの効果は薄かった。午後8時以降なら平均5メートルに収まるとも判断されていたが、見込みが甘かったと言わざるを得ない。
     10日のノーマルヒルは特に最悪だった。
     風があまりにひどいため、選手は待たされて、スタートバーを何度か行き来させられた。ジャンプ台は、氷点下10度にもなり、毛布をかけてもらっても暖はとれず「足裏の感覚がなくなってきた」という選手も。エース格の小林潤志郎は、醜いまでの追い風が覆いかぶさり2本目に進めず、けっして小言など言わない葛西紀明が、「これは中止でしょ」と漏らした。さらにはラージヒルでは葛西の背中に風が重くのしかかり2本目を飛べなかった。 そこに競技の公平さも何もあったものではない。
    「寒い」、「凍える」、「こんな場所に作るジャンプ台は、そもそも欠陥で選手が危険にさらされる」、「コーチボックスは吹きさらしだ」
     海外の選手や関係者からは、そんな声ばかりが漏れた。

     昨年2月に同地で行われたプレ大会となるW杯では、強風の影響で危険と判断され、ラージヒルが、急遽、ノーマルヒルに変更された。このときも試合進行のスケジュールが大幅に遅れた。だが、五輪では、すべてが強行され、選手は命がけのフライトを余儀なくされることになった。根本的にあの場所にジャンプ台を作ってはならないのだ。地元の韓国選手も合宿を張れず、地元有利にも働かなかった。

     ジャンプ競技だけではない。女子スロープスタイルでは風に押されて飛距離が出ずに軒並み転倒、それでなくとも筋力で非力な選手は、雪面へ叩きつけられていった。決して延期や中止にならず強行された。アルペンスキーも、強風でスケジュールがめちゃくちゃな状況になってしまっていた。

     選手ファーストもできていないのだから、さらにファンは置き去りになっている。
     しかも、ヨーロッパへテレビ中継する時差の関係で、試合開始時間は、午後9時過ぎとなりノーマルヒルでは風による中断でさらにタイムスケジュールが押した。そもそもジャンプに興味のない地元のお客さんは、寒さに耐え切れず1本目が終わると出口に殺到していた。23時過ぎに終了予定だったが、気温はマイナス10度を下回り競技修了は、0時をとっくに回った。もう残っているお客さんは、ほとんどいなかった。ボランティアを私服で動員、観客席を埋めて表面をうまく取り繕おうとしていたのだが。

     クロスカントリースキーのコース沿いには、観客がほとんどいなかった。地元韓国の有力選手が出場しなかったせいもあるだろうが、辛い道中に、声援や拍手がなく盛り上がりに欠けた。
    「こんな静かな中でのレースは初めてだ」と口にするヨーロッパの選手もいた。
     日本の北海道伊達市大滝村で直前合宿を張っていたスウェーデンのクロカンスキーチームは、競技日程ぎりぎりに韓国入りして、競技が終わると、さっさと帰国した。
     
     日本が金、銀を独占したフィギュアスケートや、小平奈緒との壮絶な優勝争いを演じたイ・サンファや、男子の500メートルでチャ・ミンキュが銀メダルを獲得したスピードスケートは、会場も満員で、かなりの熱気に包まれていたようだが、競技によっての温度差があまりに激しかった。
     大会組織委員会は、3日前に、観戦チケットの販売枚数が目標だった92.8%に当たる99万1000枚に達したことを発表した。観客動員数も、54万5000人に達したというが、現場で感じる実情は違った。 フィギュアのチケットでさえ当日買えたのはファンにとってはラッキーだったのかもしれないが。

     海外から来るファンにとっては観戦環境も最悪だった。

    (略)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000001-wordleafs-spo 

    【【国際大会開催する資格無し】不満の声が噴出。平昌五輪は史上最悪の冬季五輪なのか? 選手ファーストは無視、観戦環境も最悪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 王子 ★ 2018/02/19(月) 19:14:36.85 ID:CAP_USER9
    羽生ファン独特の“流儀”に世界も注目 くまプーシャワーに仰天、他国の国旗も持参 平昌五輪
    オリンピック旗

    2/19(月) 16:56配信

     【平昌(韓国)16日=飯田絵美】昨年11月に右足首を痛めた男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)=ANA=が、ぶっつけで臨んだ平昌冬季五輪で圧巻の演技を披露した。海外のメディアは演技後、ファンが大量の『くまのプーさん』のぬいぐるみを投げ入れる現象にも仰天。江陵(カンヌン)アイスアリーナに“黄色い雨”を降らせただけではない、羽生ファンたち独特の“流儀”が世界的注目を集めている。

     ショートプログラム(SP)が行われたこの日。会場には観客が午前5時頃から並び始めたため、午前8時半の開場予定が約30分早められた。その約8割が羽生ファンとみられる。

     ラトビアのデニス・ヴァシリエフス選手が登場したときのこと。場内のあちこちでラトビアの国旗がはためいた。双眼鏡で確認すると、意外にも振っているのは日本人らしき女性たちだった。

     五輪には、小国やスケートが盛んでない国の選手も参加している。そういう選手たちが孤独を感じないように、彼らの国旗を掲げて応援しているのだという。“羽生以外は無視”ではない。温かい空気がそこに流れていた。

     米国のスケート専門メディア『アイスネットワーク』は、米ボストンやフィンランドのヘルシンキで、日本のファンが日の丸だけでなく他国の国旗を持参していると紹介。「素晴らしいスポーツマンシップだ。国際スケート連盟は日本のファンに『ドウモ アリガトウ』と何度でも感謝すべきだ」と絶賛している。

     国内で行われる大会では、出場選手全員の国の旗を持ってくるファンも数多い。これぞ羽生ファンの“流儀”だ。

    (略)

    ヤフーニュース(夕刊フジ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000016-ykf-spo 

    【【平昌五輪】米国メディア「日本のファンが日の丸だけでなく他国の国旗を持参し応援」「素晴らしいスポーツマンシップ」と絶賛 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/02/19(月) 17:13:39.66 ID:CAP_USER
     オリンピック旗

     平昌冬季五輪が開催されている韓国のオリンピック委員会「大韓体育会(KOC)」の李起興(イ・ギフン)会長ら幹部が、大会ボランティアに暴言を吐いていたことが19日までに、明らかになった。李会長らが国際オリンピック委員会(IOC)をみくびる発言もしていたこともボランティアに暴露され、その傲慢さが韓国国内で批判されている。

     李会長らは15日にアルペンシア距離センターで行われたノルディックスキー女子10キロフリーを観戦した。その際、IOC関係者のために用意されていた席に座っていたため、職務に忠実なボランティアに移動を求められた。

     韓国の英字紙、コリア・タイムズなどによると、李会長は「IOCのバッハ会長がここにやってくるまでは動かない」と言って移動を拒否。別のKOC関係者も「IOCなんて関係ない。われわれはホスト国だ」と怒鳴ったと伝えられている。

     騒動は、ボランティアらがSNS上で、李会長らの横暴な態度に不平不満をこぼしたことで火が付いた。KOCは17日、「李会長とボランティアが和解した」としたうえで謝罪したが、李会長らが実際にどのような暴言を吐いたのかは伏せたままだ。

     李氏は、韓国の近代五種連盟副会長、カヌー連盟会長を歴任、水泳連盟会長などを歴任。2005年からはKOC副会長を務め、2016年に会長に就任した。2012年ロンドン五輪では韓国選手団の団長を務め、韓国スポーツ界の重鎮と位置づけられている。

     韓国の聯合ニュースによると、李氏は会長選挙に勝利した際、「責任の重さを感じている。みんなが一体となれるKOCとするよう努力する。自らが手本となり、行動で示したい」と、KOC会長としての抱負を示した。

     しかし、今回の騒動を見る限り、李会長の行動は、大会成功のために不可欠なボランティアとの一体感を破壊しただけで、「手本」とはほど遠い。思い上がった発言は、IOCとの関係にも影響を及ぼしかねない。(五輪速報班)

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/pyeongchang2018/news/180219/pye1802190087-s1.html 

    【【平昌五輪】「IOCなんて関係ない!」 IOCをみくびる大韓体育会幹部 ボランティアの“反乱”で謝罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 渋柿の木 ★ 2018/02/19(月) 16:42:21.25 ID:CAP_USER9
    オリンピック旗

    ピョンチャン大会も後半に突入した。羽生結弦と小平奈緒の連日の金メダルに現地の士気も高まっているに違いない。
    一方で日本では戦い終えた選手の帰国ラッシュが続いている。ジャンプの高梨沙羅も伊藤有希も、スノーボードの平野歩夢も試合の2日後には日本にいた。
    もう平昌にはいないだ。そう思うと何とももったいない気分になる。

    五輪は4年に1度、競技の枠を超えて世界中の選手が集う祭典だ。競技力だけを競う世界選手権と違い、スポーツを通じた若者の交流が目的とされている。
    選手村で他競技の選手と交友を深めたり、試合を応援に行くことで、まったく違った刺激を受け、自分に足りなかった何かに気づいたりもする。
    競技や国籍の壁を超えた得難い体験ができる貴重な機会なのだ。

    フィギュアスケーターの安藤美姫さんが、4年前の日刊スポーツにこう証言している。
    「初出場のトリノは楽しむ余裕がなかった。でも次のバンクーバー大会は選手村での交流など楽しみが増えました。
    違うスポーツ文化に触れると、自分の中に新鮮なものが入ってくる。そうしたら満足な演技もできたのです」。

    一方でメダリストが選手団にいるだけで、チームに力がみなぎる。
    88年ソウル五輪で競泳100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した鈴木大地さん(現スポーツ庁長官)は、選手村で前回大会の柔道金メダリストでもあった斉藤仁さんから、
    「お互いに頑張ろう」と声をかけられたことで、同士として認められたような気持ちになり、肩の力が抜けたという。

    ふだん出会うことのない人と語り会い、異なった生きざまを胸に刻むことは、競技を終えた人生の糧にもなる。
    リオ大会で金2、銅4と日本男子柔道を復活に導いた井上康生監督は、連覇を目指した04年アテネ五輪で惨敗した後、志願して現地に残り、大会後半の野球やシンクロ、ホッケーなどを会場で応援した。
    ふだん触れるとのないチーム競技を見た、あの貴重な時間も今に生きているとは言えないだろうか。

    競技人生の集大成の舞台。選手が自分の競技に集中するのは仕方のないことだ。経費の問題もある。1日も早く帰国したい選手もいるだろう。
    だが、勝敗やメダルの色を超えたところに、真のオリンピックがあるのだ。指導者や選手団の幹部は、ぜひそれを選手たちにも伝えてほしい。【首藤正徳】

    【日刊スポーツ】
    羽生と小平の金メダルと、日本選手の帰国ラッシュ
    https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/column/hyakkei/news/201802190000385.html
    【【平昌五輪】試合の2日後には日本に 日本選手の帰国ラッシュ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/18(日) 14:50:30.85 ID:CAP_USER
    北朝鮮と韓国、秘密接触を重ねる 昨年、五輪参加協議か
    kr250kp250

    韓国と北朝鮮の両当局者が昨年秋から年末にかけ、少なくとも2回、平壌で接触した。ソウルの情報関係筋が明らかにした。韓国は基本的に北朝鮮との交流を禁じており、当局者の訪朝は異例。接触を通じ、北朝鮮は平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加と南北対話路線を決めるに至った。米国は南北対話の行方を不安を持って注視しているという。

    米国内には韓国の動きに対する不満の声も出ており、ペンス米副大統領が訪韓した際に北朝鮮との接触を拒む事態につながった。

    南北の接触は、五輪を契機に関係を改善したい韓国側が求めた。昨年11月以降、中国経由で訪朝し、北朝鮮の五輪参加問題を巡って協議した。北朝鮮は参加の条件として米韓合同軍事演習の中止を求めたという。

     2/18(日) 8:11配信 朝日新聞デジタル 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000007-asahi-int 

    【【平昌五輪】北朝鮮と韓国、秘密接触を重ねる 昨年、五輪参加協議か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/18(日) 16:42:21.10 ID:CAP_USER
    「おい!韓国が開催国だ」IOCの席で抵抗した大韓体育会の暴言

    イ・ギフン体育会長が平昌冬季オリンピックの観覧席で国際オリンピック委員会(IOC)側が予約したVIP席を占拠したまま抵抗したことが知られ議論となっている。この過程で体育会の関係者に見られる人が「頭を使え」などと暴言を吐いたことが分かった。

    16日、現場にいたある目撃者によるとイ会長は15日の午後3時30分ごろ、クロスカントリースキー女子10㎞競技が行われた平昌アルペンシアクロスカントリーセンターを訪れた。彼はオリンピックの関係者だけが利用することができる一種のVIP席のOF(Olympic Family)席に座った。しかし、この席はIOC側で既に予約をしておいた席だった。女性ボランティア2人がこのような事情を説明して他の席に移動するように要請したが、イ会長は席を移動しないまま抵抗した。この過程で体育会の関係者と見られる人がボランティアに「おい!」と三回大声で叫びながら「頭を使え」などと暴言を吐き、「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」などと発言したことが分かった。
    0226B321-FCA0-45AB-BCB6-FD5F1378E163

    去る15日、騒ぎが起きた平昌アルペンシアクロスカントリーセンターOF席。

    このような事実は、平昌冬季オリンピックボランティアのフェイスブックコミュニティである「2018平昌冬季オリンピック大会の代わりにお届けします(ピョンデチョン)」にも上がった。現場にいたあるボランティアはピョンデチョンに「3分ほど引き止めても私たちの言葉を無視すると、IOC側の職員の一人が一緒に制止した」、「(イ会長は)トーマス・バッハ(IOC委員長)が来たら立つと言って、最後まで腕を組んで座っていた」と伝えた。また、「(騒ぎが起きた場所には)他のVIPが多く、そのボランティアは交代後に事務室に入り、大韓体育会側はその後もしばらくの間その場に座ったり、後ろに立っていたが消えた」、「ボランティアに対して謝罪は一度もしなかった」と説明した。この掲示板には「江陵スピードスケート場でも1万m競技の開始前に、大韓体育会の人が席を取っておく権限がない席にずっと座っていた」という書き込みがあった。

    一方、クロスカントリーセンターOF席を予約していたIOC側の関係者は、騒動が発生した後30分ほど後に到着し、イ会長はようやく席を移ったことが分かった。

    国民日報 2018.02.16 14:23(韓国語)
    http://v.sports.media.daum.net/v/20180216142355524

    【【韓国】イ・ギフン体育会長がIOCのVIP席を占拠。「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」などと暴言を吐く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/18(日) 21:32:08.21 ID:CAP_USER9

    小平奈緒、五輪新で女子500m悲願の金メダル!韓国・李相花の3連覇阻止 

    no title


    ◆平昌五輪第10日 ▽スピードスケート女子500メートル(18日、江陵オーバル) 

    スピードスケートの女子500メートルが行われ、小平奈緒(31)=相沢病院=が36秒94の五輪新記録で金メダルに輝いた。スピードスケートの女子で初、日本選手団主将として冬季大会初めての金メダルになった。小平は昨季から続く国内外の連勝を25に伸ばし、地元・韓国の李相花の3連覇を阻んだ。 

    今大会ではフィギュア男子の羽生結弦(23)=ANA=に続いて2個目の「金」で、メダル数は最多だった長野五輪の10個に並んだ。 

    日本選手団主将を務める小平は2010年バンクーバー五輪の団体追い抜きと今大会の1000メートルで銀メダルを獲得しており、通算3個で冬季五輪の女子では最多となった。

    2/18(日) 21:32配信 スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00010000-spht-spo 

    【【平昌五輪】スピードスケート女子500メートル:小平奈緒が金メダル! 日本女子金メダル第1号! 36秒94 オリンピックレコード】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かぜのこ ★ 2018/02/18(日) 19:35:27.27 ID:CAP_USER9
    kp250

    18日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は、平昌冬季五輪の開会式出席のため訪韓した安倍晋三首相について、「同族間の和解の雰囲気に冷や水を浴びせようとした招かれざる客」と決め付け、非難した。

    また、文在寅大統領との会談で、五輪後に米韓合同軍事演習を再開するよう求めた首相の発言を「妄言だ」と批判した。

    さらに、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、「国家と国家の合意で、最終的かつ不可逆的だ」と迫った安倍首相に対し、文大統領が「交渉でやりとりして解決できる問題ではない」と反論したことを紹介。
    「日本軍の性奴隷問題を隠蔽(いんぺい)しようとした安倍(首相)の計画は水泡に帰した」と主張した。

    (略)

    時事通信 18/02/18 16:24
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021800307

    【【妄言】北朝鮮、安倍首相の韓国・平昌五輪出席を非難 「南北和解の雰囲気に冷や水を浴びせた」「日本軍の性奴隷問題を隠蔽しようとした」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/02/18(日) 15:40:18.45 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    no title


    平昌五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦。日本だけでなく開催国の韓国でも羽生結弦を称賛する声は多く、韓国メディアまで絶賛。

    しかし2月16日のショートプログラムが終わった時点で平昌五輪の公式SNSが羽生を絶賛する投稿を行い韓国のネットユーザーから批判を受けた。

    ■平昌五輪SNSが羽生結弦大絶賛し批判され削除

    投稿内容は「ショートプログラムで111.68点をマークした羽生結弦選手!」とTwitterとInstagramに投稿。更に投稿は日本語で投稿されており、ハッシュタグには「#くまのプーさん」「#ゆづちゃん」などと書かれていた。

    それが韓国ネットユーザーの逆鱗に触れたようで、

    「ショートプログラムを終えただけなのにこのような投稿を行うのは公平性に欠ける」
    「ショートプログラムを終えただけだろ」

    という意見が挙がった。更には別の羽生結弦とは関係無い投稿のコメント欄で

    「日本語ができる日本好きの管理者が、韓国で開催されたオリンピックだということを忘れて投稿した。ここは日本じゃ無い」
    「チョッパリの投稿がチャ・ジュンファンよりも丁寧に思える。てめぇの国籍はどこだ!」

    という意見が挙がっていた(チョッパリは日本を罵倒する言葉)。

    中には「羽生結弦は、国際的なスターだ。彼を見るために韓国に来てくれた日本のファンも少なくない。それくらいのファンサービスは容認してもいいだろう」という擁護する声も挙がっていた。

    批判が激化すると平昌五輪公式SNSはこれらの投稿をTwitterとInstagramから削除した。

    しかし17日のフリーが終わり羽生結弦は見事に金メダル。平昌五輪のSNSは再度TwitterとInstagramに羽生結弦の金メダルを獲得したと伝える投稿を行った。ただ今回は日本語ではなく英語とハングルとなっている。


    2018/02/18 14:54:07
    ゴゴ通信
    http://gogotsu.com/archives/37349
    【【韓国の大会ではない】平昌五輪公式SNSが親日投稿を行い批判殺到 抗議を受けて投稿を削除する羽目に 「ここは韓国だ、おまえの国籍はどこだ」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ザ・ワールド ★ 2018/02/17(土) 16:33:47.40 ID:CAP_USER

    Shoko Egawa @amneris84
    テレビの人へ。「日本人スゴイ!」じゃなくて、「羽生選手すごい! 宇野選手すごい!」だから。
    22:07 - 2018年2月15日


    ツイートに対しての意見

    日本人が嫌いなんですね。

    羽生選手や宇野選手らは日本代表になるために日夜努力してるのだ
    羽生すごい!宇野すごい!でも日本すごい!でもいいじゃないか
    どうして江川さんがこうまで日本を忘れたいのかさっぱりわからない

    この人自体テレビでちょっとした愛国心を危険視してるじゃないですか。 張本勲に嫌われて降板しましたが典型的なサンモニ文化人です

    よほど日本人がお嫌いなんですね! そんなことばかり考えてるんですか?面倒くさいですねぇ

    で別に「日本人スゴイ」と言って他国の選手を嘲笑してるわけでもないですからねえ。

    そうなんですよ。誰を下げることもなく自国民のヒーローを上げてる。全く正しいやり方ですよ。
    それなのに反発するってのは『自分の考えを押し付けたい人』か『ただ日本が嫌いな人』ってことです。

    日本人が凄いと気にくわないんですか?

    日本人が活躍するたびにおかしな人があぶり出されてくる…

    個人の栄誉だけのために戦うのだったら五輪から国という枠を取っ払うように運動されるのが良いかと

    沸点低すぎ。 よくジャーナリストが務まりますね

    日本式サヨク中二病あるある的なコメントですね

    つまんねえオリンピックの楽しみ方だな

    https://twitter.com/amneris84/status/964380640970883073


    【【話題】江川紹子のツイートに避難殺到!「日本人スゴイ!じゃなくて、羽生選手すごい! 宇野選手すごい!だから。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: やなぎ ★ 2018/02/17(土) 15:57:30.87 ID:CAP_USER9
    2/17(土) 15:39配信
    羽生金メダル

     国際オリンピック委員会(IOC)は17日、フィギュア男子で羽生結弦(23)が取った金メダルが、冬季五輪の記念すべき1000個目の金メダルだと発表した。

     1個目は、24年シャモニー大会で、ジュートロー(米国)がスピードスケート男子500メートルで獲得した。94年をかけて、羽生のメダルに、歴史が刻まれた。

    ヤフーニュース(日刊スポーツ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128286-nksports-spo 


    【【持ってる】IOC、羽生結弦の金が冬季五輪の記念すべき1000個目の金メダルだと発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サーバル ★ 2018/02/17(土) 14:14:59.93 ID:CAP_USER
    羽生金メダル


    羽生結弦が66年ぶり五輪連覇、宇野昌磨は銀
    2018年2月17日 14時09分  

    平昌五輪第9日は17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が206・17点でフリー2位となり、合計317・85点でこの種目66年ぶりの連覇を達成した。  

    サルコーなど2種類の4回転ジャンプを計4回着氷し、大きなミスのない演技を見せた。
     SP3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は、冒頭の4回転フリップで転倒したものの、202・73点でフリー3位となり、合計306・90点で銀メダルを獲得。フィギュア日本勢が表彰台に2人立つのは、男女通じて史上初の快挙となった。

    SP2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が合計305・24点で銅メダルに輝いた。SP20位の田中刑事(倉敷芸術科学大)は、合計244・83点で18位だった。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/figure-skating/20180217-OYT1T50033.html 


    順位 選手名 国名 得点
    1 羽生結弦 日本 317.85
    2 宇野昌磨 日本 306.90
    3 ハビエル・フェルナンデス スペイン 305.24

    ヤフーニュース
    https://pyeongchang.yahoo.co.jp/event/fsk/live/10110?rf=1

    NHK
    https://sports.nhk.or.jp/video/element/video=33954.html 


    【【速報】羽生結弦 金メダル 宇野昌磨 銀メダル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/02/17(土) 09:23:17.28 ID:CAP_USER
    オリンピック旗
     
    2018年2月14日、米華字メディア・多維新聞は、平昌五輪スピードスケート・ショートトラックで中国人選手の失格裁定が相次いだことについて「韓国が開催地の大会では、もはや当たり前になっている」とし、過去の「黒歴史」を振り返った。

    13日に行われたショートトラックでは男女4人の中国人選手が失格となった。記事は「同じ日、日本のショートトラック選手がドーピング検査で陽性と判定され、自身の無実を主張している。『韓国がホストになると勝利のために手段を選ばないケースがもはやニュースにもならないほど常態化している』と思っている人もいることだろう」とした。

    そのうえで、1988年のソウル夏季五輪ボクシング71キロ級決勝で韓国人選手が不可解な判定により金メダルを獲得、その後ジャッジ3人が韓国側関係者と食事を取っていたことが発覚したことや、2002年の釜山アジア大会で体操種目の審判42人中20人が韓国人という状況で韓国が6つの金メダルを獲得したこと、そして14年の仁川アジア大会ではバドミントン会場の空調を操作して自国選手を有利にしたとの疑惑が浮上したことを紹介。さらに、「最も悪名高い事例」として、02年のサッカー日韓ワールドカップに言及し、韓国のベスト4進出の裏で疑惑の判定が続出したと指摘した。

    記事は、「氷上種目において韓国はこうした戦術を特に中国に対して使い続けている」と主張。「毎年似たようなトラブルが生じ、ニュースになってきた。実は、勝利や金メダルのために手段を選ばない韓国のやり方は、かつて中国でも見られたのだが、中国の政府系メディアが痛切に批判したことで中国はすでにこの病気から脱している。しかし、韓国人はいつまでも抜け出せないでいる」と論じている。

    2018年2月17日(土) 8時50分
    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b568268-s0-c50.html

    【【平常運転】韓国開催の国際大会の「黒歴史」―米華字メディア  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/16(金) 15:18:48.16 ID:CAP_USER9
    オリンピック旗
     
    【平昌時事】国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は16日、平昌五輪に参加しているスイスの2選手がノロウイルスに感染したことを明らかにした。スイスのメディアなどによると、フリースタイルスキー男子で2015年世界選手権のスロープスタイルを制したファビアン・ベシュと、エリアス・アンビュール。
     
    ノロウイルス感染は既に警備員など150人以上のスタッフの間で広がっていたが、選手で発覚したのは初めて。IOCによると、2人は一時的に選手村を離れて回復に努めている。
     
    また、15日に平昌のホテルで警備員にけがをさせた疑いがあるIOCのアダム・ペンギリー委員(英国)は、大会組織委員長やバッハIOC会長らに謝罪し、既に韓国を離れたという。

    (2018/02/16-14:57)
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018021600745

    【【ついに選手に】ノロウイルス感染、スイス選手にも フリースタイル元世界王者 選手で発覚したのは初めて 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル