かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:恒大集団

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/01/03(月) 12:23:34.69 ID:CgeeTf+w9
    cn250

     【北京時事】香港証券取引所は3日、経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団の要請を受け、同社株の取引を停止した。恒大は理由を明らかにしていないが、巨額債務問題などをめぐり何らかの動きがあった可能性もある。

     恒大は日本時間の先月29日に期日を迎えたドル建て社債の利払いができなかったと伝えられる。30日間の猶予期間内に支払えなければ、この社債はデフォルト(債務不履行)となる。
     同社は先月上旬に猶予期限が切れた子会社発行の社債の利払いも滞っているとされ、格付け大手のフィッチ・レーティングスとS&Pグローバル・レーティングは恒大が部分的なデフォルトに陥ったと認定している。

    時事通信 2022年01月03日11時49分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022010300187&g=int

    【【経済】中国恒大株、取引停止 香港市場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 高輝度青色変光星(東京都) [CN] 2021/12/18(土) 13:26:46.27 ID:0+8ngwr30● BE:448218991-PLT(14145)
    koudai

    【北京=三塚聖平】米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、巨額債務で経営危機に陥っている中国不動産大手「中国恒大集団」の格付けを、部分的なデフォルト(債務不履行)を意味する「選択的デフォルト(SD)」に引き下げたと発表した。恒大集団が期限までに米ドル建て社債の利払いを行わなかったことを受けた措置としている。

    部分的なデフォルトの認定は、欧州系格付け会社のフィッチ・レーティングスに続く2社目。S&Pは、恒大集団側の要請に基づいて同社の格付けを全て撤回すると表明した。

    恒大集団は11月6日に計8249万ドル(約93億円)の利払いを行わず、30日間の猶予期間も切れた。S&Pによると、恒大集団は何の表明もしていないが、「利払いを行っていない」というメディア報道は信頼できると判断して格下げを決めた。

    恒大集団は、デフォルトになってもすぐに事業を停止せず、海外の債権者との債務再編協議などを進める見通し。
    地元政府の監督下で、経営再建を目指す方針とみられる。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/article/20211217-T7O5JZSUSRMJ7F6HALO56SPVA4/

    【中国恒大集団部分的デフォルトから何も表明せず 事業を停止せず経営再建目指す方針か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/12/07(火) 16:30:17.74 ID:CAP_USER
    koudai
    【香港=木原雄士】中国の不動産大手、中国恒大集団は日本時間7日午後、米ドル建て債の利払い猶予期限を迎えた。複数のメディアは利払いが確認できないと報じた。恒大の公募債としては初の債務不履行(デフォルト)になった可能性がある。中国政府が全面的に関与して債務再編をめざすが、合意形成には時間がかかるとの見方が多い。

    恒大は巨額の債務を抱えて経営難に陥った。確認できないのはグループ会社が発行した米ドル債の8249万ドル(約93億円)分の利払いだ。11月6日の当初期日までに支払わず、30日間の猶予期間に入っていた。ロイター通信によると、中国企業で過去最大のデフォルトになる可能性がある。

    恒大はこれまで猶予期限切れの直前に利払いを実行するなどして、公募債のデフォルトをかろうじて回避してきた。私募債を保有するとみられる投資家から債務保証の履行を求められるなど、資金繰りが厳しさを増していた。

    恒大は中国当局の関与のもとで外貨建て債務の再編をめざす。6日には地元の広東省政府系企業幹部が共同責任者に就くリスク管理委員会の設置を発表した。

    ただ、同社は取引先への支払いを含めて2兆元(約36兆円)近い債務を抱える。ドル建て社債は海外投資家が多く保有しているとみられ、債務再編の協議がすんなりまとまるかどうかは不透明だ。中国国内の住宅購入者や取引先の保護を優先する当局の方針に海外投資家が反発する可能性もある。

    2015年に中国の不動産会社として初めて米ドル債をデフォルトした佳兆業集団(カイサ・グループ)のケースでは債務再編案が2度否決され、最終的にまとまるまでに1年以上かかった。同社は直近も社債の償還期日を延ばす交渉がまとまらず、2度目のデフォルトに陥る可能性が出ている。

    中国では中堅クラスの不動産会社のデフォルトが相次いでおり、不動産市場の落ち込みや金融市場の波乱要因につながりかねない。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM062D50W1A201C2000000/

    【中国恒大、ドル建て債の利払い確認できず 猶予期限切れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/12/06(月) 08:14:24.99 ID:CAP_USER
    koudai
    中国最大の不動産開発業者である恒大グループがデフォルト(債務不履行)は避けられないという事情を明らかにした。中国広東省政府は恒大グループに対する介入に出た。

    香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは5日、恒大グループが3日に香港証券取引所にデフォルト関連事項を公示したと報道した。恒大グループは公示で「2億6000万ドルの債務を償還するよう通知を受けた。しかし償還は難しいだろう」と投資家に知らせた。その上で「債務償還に失敗すれば一部債権団の債務償還要求が加速する恐れがある」と付け加えた。恒大グループのドル建て社債規模は192億3600万ドルに達する。

    中国広東省政府は3日夜に恒大グループの許家印会長を召喚した。政府機関が関連企業の役員らを公開的に呼んで叱責し是正を要求するものだ。広東省政府は恒大グループに実務対策班を送りリスク管理と内部統制を強化すると明らかにした。

    破産危機に陥った恒大グループはこれまで各種資産を売却する方法で火消ししながら時間を稼いできた。6日にはドル建て社債利子として8249万ドルを払わなければならない。28日には2億4300万ドル、来年1月には4億1500万ドルの利払いが予定されている。

    中国金融通貨当局は恒大グループの問題が金融システム問題に拡散はしないだろうと説明した。中国の中央銀行である人民銀行は声明で「不動産会社(恒大グループ)の短期的な危険が中長期的に市場の正常融資機能に影響を及ぼさないだろう」という立場を明らかにした。中国銀行監督管理委員会は「恒大グループの負債のうち金融圏が占める割合は3分の1ほどにとどまる。(恒大グループの負債は)構造的に分散している」と伝えた。

    証券監督管理委員会は「中国株式市場は安定を維持している。債券市場でデフォルトの割合は1%前後で比較的低い水準を維持している」と説明した。その上で「恒大グループの問題が資本市場に及ぼす影響は十分にコントロールできる」と付け加えた。

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは最近「中国政府が破産危機に置かれた恒大グループを解体する手順に入った」と報道した。英経済研究所オックスフォード・エコノミクスのエコノミスト、ルイス・クイズ氏は「中国で深刻な不動産沈滞が続くならば来年10-12月期の中国の経済成長率は3%まで落ちる可能性がある」と予想する。

    中央日報
    2021.12.06 06:54
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/285406?servcode=300§code=300

    【【中国】恒大グループ「デフォルト不可避」結局白旗…WSJ「解体手順に入る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/12/04(土) 10:56:28.10 ID:CAP_USER
    koudai

    経営危機に陥っている中国の不動産大手恒大集団は今後の債務返済について「責任を履行できない可能性がある」と発表しました。

     恒大集団は3日、現在の財務状況を踏まえ、今後の債務返済について「責任を履行できない可能性がある」との公告を出しました。

     これを受けて、恒大集団の本社がある広東省当局は創業者の許家印氏を呼び出して事情を聴くとともに、経営の正常化に向けた作業チームを派遣すると発表しました。

     また、中央銀行である中国人民銀行は「広東省当局による対応を支持し、今後も協力してリスクの解消に努める」との見解を示しました。

     自力での再建が困難な見通しとなるなか、地方当局が主導して問題の解決を進め市場の混乱を早期に収拾したい考えです。

    テレビ朝日
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d705b1011568943fd118128a6d34672d902d40b2

    【中国 恒大集団 債務返済を「履行できない可能性」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/11/11(木) 06:45:28.61 ID:CAP_USER
     1948FA03-CA44-4D6B-A623-12E372C6393D
    中国の不動産開発大手、中国恒大集団は債務危機が表面化して以来最大の正念場を迎えていたが、デフォルト(債務不履行)宣言を再び回避できる様子だ。

      国際証券決済機関クリアストリームの広報が明らかにしたところでは、同機関の複数の顧客が恒大の支払期日を過ぎていたドル建て債3本の利払いを受け取った。また同債の2本を保有する投資家2人は支払いを受けたことを確認した。公に話す権限がないとして匿名で明らかにした。

    中国恒大、最大の正念場-170億円の利払い不履行で猶予期限迫る

      ドル建て債3本のクーポン1億4810万ドル(約169億円)の30日間の支払い猶予期間が10日に終了することから、投資家は同社が支払いを履行できるかどうか注目していた。同社の支払期日を過ぎたドル建て債は2022年償還債(表面利率9.5%)、23年償還債(同10%)、24年償還債(同10.5%)など。

      恒大の担当者に営業時間外にコメントを求めたが、これまでに回答は得られなかった。

    Bloomberg 2021年11月11日 5:09 JST 更新日時 2021年11月11日 6:10 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-10/R2DFOGT0G1KW01?srnd=cojp-v2

    【【債務危機】中国恒大、再びデフォルト回避の見込み-ドル建て債3本の利払い履行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2021/11/08(月) 22:48:33.75 ID:/GhXl0sA9
    no title

     中国不動産開発大手、中国恒大集団の子会社「SceneryJourney」が発行した米ドル建て債について、一部の債券保有者が6日に期限を迎えた利払いをアジア時間8日午前までに受け取れていないことが分かった。事情に詳しい関係筋2人が明らかにした。

    同社は半年ごとの利払いを6日に実行することになっていた。30日間の猶予期間に入ることになる。
    利払い総額は2022年11月償還債(クーポン13%)と23年11月償還債(同13.75%)にかかる8249万ドル。

    中国恒大はこれまで、同様の社債利払いを巡り、猶予期間が切れる直前に履行することでかろうじてデフォルト(債務不履行)を回避してきた。
    今月10日には、先月11日に期日を迎えた1億4800万ドル超の利払いが猶予期間切れを迎える。
    中国恒大の広報担当者からは今のところコメントを得られていない。

    同社の株価は8日前場に0.9%下落。年初からは85%近く下げている。
    デュレーション・ファイナンスによると、同社のドル建て社債は額面を約75%下回る水準で取引されている。

    野村のエコノミスト、陸挺氏とJing Wang氏は調査ノートで、今後数四半期で不動産開発業者への債務返済圧力は「大幅に高まる」と予想。
    今年第4・四半期の102億ドルから、2022年第1・四半期と第2・四半期はそれぞれ198億ドル、185億ドルに急増するととみられる。
    「不動産部門の悪化で開発業者の国内でのデフォルトが再び増える可能性があり、投資家の警戒感によって国内外の社債市場が相互に影響を及ぼす傾向が強まるかもしれない」と指摘した。

    また、規制当局が中国企業のドル建て社債のデフォルト拡大を避ける取り組みを強化する可能性が高いと予想した。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/evergrande-unit-idJPKBN2HT098


    【【バブル崩壊】中国恒大子会社、6日期限のドル債利払い履行せず=関係筋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2021/10/29(金) 15:30:50.97 ID:CAP_USER
    no title

    中国恒大はデフォルト回避へ綱渡りの対応が続いている=ロイター

    【香港=木原雄士】中国の不動産大手、中国恒大集団は29日(日本時間30日)に猶予期限を迎える米ドル債の利払いを実行した。関係者が明らかにした。利払い額は4520万ドル(約51億円)。29日分については債務不履行(デフォルト)を回避したもようだ。

    恒大は23日が猶予期限だったドル建て債の利払いも直前に実行した。香港のネットメディア香港01によると、恒大トップの許家印氏は香港に所有する豪邸を抵当に入れて資金を借り入れ、恒大が債務保証する関連会社ジャンボ・フォーチュン・エンタープライゼズの社債償還に充てた。綱渡りの対応が続いているもようだ。

    米格付け会社S&Pグローバルは27日付のリポートで「恒大はデフォルトに陥る可能性が高く、オフショア資本市場から多くの投機的格付けの企業が締め出されている」と指摘していた。金融市場では恒大の資金繰りになお懸念が根強い。

    恒大は9月23日と29日が期限の米ドル債の利払いを見送り、30日間の猶予期限内に支払えないと、格付け会社からデフォルトと認定される見通しだった。

    【関連記事】

    ・恒大創業者、中国個人資産額で70位に後退 前年は5位
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM279NO0X21C21A0000000
    ・習近平氏が崩す住宅神話 恒大問題しのぐ「不動産税」
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK25CHY0V21C21A0000000
    ・よくわかる中国恒大 資金繰りは持つのか?
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM28CQB0Y1A920C2000000
    ・恒大、利払い猶予期限迫る デフォルトならどうなる?
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM201L00Q1A021C2000000
    ・よくわかる中国恒大 4つのポイント
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM211QN0R20C21A9000000

    2021年10月29日 10:33
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM2912T0Z21C21A0000000/

    【【中国経済】中国恒大が利払い 29日期限の米ドル債、デフォルト回避【必死に利息ジャンプ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/10/21(木) 08:24:54.42 ID:CAP_USER
    中国恒大
    巨額の債務を抱えて経営難に陥っている中国の不動産大手恒大グループは、傘下の企業の株式を売却する交渉が成立しなかったことを明らかにしました。売却によって資金繰りを改善させるねらいでしたが、経営はさらに苦しくなるとみられます。
    中国の不動産大手恒大グループ傘下の不動産管理会社は20日、別の不動産会社に株式を売却する交渉が成立しなかったと発表しました。

    交渉相手の会社によりますといったんは株式の50.1%をおよそ200億香港ドル、日本円で2900億円余りで買い取ることで合意したものの、条件が折り合わなかったということです。

    この交渉のために香港証券取引所では恒大グループなどの株式の取り引きが停止されていましたが、21日から再開される見通しです。

    巨額の債務を抱えて経営難に陥っている会社は9月23日以降、ドル建ての社債の利払い期限を相次いで迎えていますが、現在は30日間の猶予期間にあると説明しています。

    ただ、傘下の企業の株式売却が不調に終わったことで、猶予期間の終了が迫る中、資金調達の手段の1つを実現できなかったことになります。

    これに関連して会社は「困難さや不確実性などから、財務上の義務を果たせるか保証できない」として、厳しい状況にあることを認めていて、経営はさらに苦しくなるとみられます。

    NHK 2021年10月21日 4時55分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211021/amp/k10013315801000.html

    【【中国】恒大グループ 傘下企業の株式売却できず 猶予期間の終了迫る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/10/17(日) 16:25:08.49 ID:CAP_USER
    cn250
    中国不動産開発大手、恒大集団が巨額な債務を抱えて経営破綻の危機に陥ったことに関して、マンション購入者らが購入代金の返還などを求めて混乱や暴力を伴う集団的な衝突が頻発しかねないとして、中国共産党指導部が中国人民解放軍や武装警察部隊などに対して「第1級厳戒態勢」を発令していたことが明らかになった。

    これは恒大集団が20万人の社員や380万人の間接雇用者、全国280都市で1300の不動産建設案件を抱えているためで、恒大集団が経営破綻した場合、全国的に大きな動揺を招くことが予想されるからだ。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

     恒大集団は1兆9700億元(33兆7461億円)という巨額の負債を抱えており、債務不履行は避けられないとみられている。そうなれば、恒大集団だけでなく、不動産関連の鉄鋼、アルミ、建設業界にも影響が及び、民衆の不満が爆発する可能性がある。

     実際に、恒大集団の本社がある広東省深セン市では数百人のマンション購入者らが集会やデモを行って、「金を返せ」などと叫んで、警官隊と衝突するなど、一時、本社前は騒乱状態になったこともあった。

     このため、中国政府は9月下旬、全国の地方政府や国有企業に対して、「恒大集団の倒産によって起こりうる暴風雨に備えなければならない」とする文書を通達。「恒大集団が法的に秩序だった管理ができなくなった場合、最後の場面で介入しなければならない。最も重要なことはマンション購入者や失業など経済全体の連鎖反応を阻止し、社会的動揺を防ぐことだ」などと指示した。

     地方政府は法律家や会計士の専門家グループを組織したほか、警察などの政法部門を中心に集団暴動に対処する体制を整えている。

     また、党中央指導部の命令を受けた中央軍事委員会は全国の5大戦区の各部隊宛てに「第1級厳戒態勢」を発令し、休暇の取り消し、全隊員の待機、緊急時の出動に備えるよう命令した。これは「暴動や無差別殺傷事件など今後も不測の事態が発生する可能性がある」として、新疆ウイグル自治区やチベット自治区に継続的に出されている厳戒態勢と同じレベルだ。

    RFAは北京の識者の話として、「習近平国家主席ら最高指導部は地方の暴動が首都北京や上海などの大都市に波及することで、一党独裁体制が揺らぎかねないとの危機感を抱いているようだ」と報じている。

     このため、国際的な信用格付け機関であるフィッチ社は、住宅投資は中国の国内総生産(GDP)の約10%を占めており、他の産業にも大きな波及効果をもたらしているとして、「住宅着工件数が減少し、財政圧力が不動産投資を圧迫していることから、今年の中国の経済成長率の見通しをこれまでの8.4%から8.1%に下方修正する」と発表。また、バンク・オブ・アメリカも来年の中国の経済成長率予測を6.2%から5.3%に引き下げている。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/015a9b9fbc7fa1657a1be5d5b20e95dd4a9a7176?page=1

    【【バブル崩壊】中国指導部 恒大集団の経営危機で軍・警察に「第1級厳戒態勢」を発令】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2021/10/07(木) 21:13:15.57 ID:bjnCOLed9
    no title

    中国恒大集団などが保証する2億6000万ドルのドル建て社債が3日の期限を過ぎても償還されていない。
    ブルームバーグ・ニュースが7日、関係者の話として報じた。

    報道によると、社債を発行したのはジャンボ・フォーチュン・エンタープライゼズ(鉅祥企業有限公司)で、恒大の中国本土子会社が株主に含まれている。
    社債は恒大と子会社1社が保証しているという。

    社債には猶予期間が設けられていないため、支払いがなければデフォルト(債務不履行)になり得る。
    ただ事務的あるいは技術的なミスの場合には5営業日以内の遅延が認められている。

    恒大はロイターによる取材の要請に応じていない。

    ヤフーニュース(ブルームバーグ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2da1fd2f5c07e791060f1789c4e7910e6867cbc4


    【【バブル崩壊】中国恒大保証の2億6000万ドルのドル建て債、償還期限過ぎる=ブルームバーグ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ベクトル空間 ★ 2021/10/04(月) 10:54:30.26 ID:R4Es7PMw9
    no title
    中国恒大集団 香港株式市場で取引停止

     中国不動産大手恒大集団と、傘下の不動産管理会社の取引が香港株式市場で停止された。理由は現時点で明らかになっていない

    https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20211004-05794809-klugfx-fx


    【中国恒大集団 香港株式市場で取引停止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きのこ組(東京都) [CN] 2021/10/02(土) 13:14:15.75 ID:dRLf5RMR0● BE:448218991-PLT(14145)
    cn250

    【香港時事】中国不動産開発大手・中国恒大集団の経営危機で、個人の債権者らが交流目的で利用する
    スマートフォンのアプリ機能が制限されたもようだ。アプリ上では恒大への抗議活動などに関して情報交換が行われていた。社会不安の増大に神経をとがらせる中国当局が、債権者の連帯や団結を封じようと規制に乗り出した可能性がある。

     ロイター通信によると、制限が加えられたのはインターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人気対話アプリ「微信(ウィーチャット)」。恒大の債権者らがアプリ上に設定した少なくとも八つの「グループ」で、9月28日以降にメッセージを投稿できない状態となった。

     これらのグループには200~500人が参加。同じ境遇の者同士で、購入した住宅が引き渡される見込みの有無や、恒大の社債など金融商品の元利払いについて情報共有したり、抗議行動の実施計画を練ったりしていたとみられる。

     しかし、制限後はアプリのグループにアクセスしようとしても、「関連規定に違反しています」と表示され、拒否。グループ自体がアプリから抹消されたケースもある。

     また、グループに参加した2人を当局者が訪問。「いかなる集会や違法な活動にも参加しない」とする誓約書への署名を要求したという。

     6月末時点で総額1兆9670億元(約34兆円)の巨額負債を抱えた恒大をめぐっては、債権者らが9月中旬ごろから、本社のある広東省深セン市など複数の都市で抗議を展開。ウィーチャット上でも多くの不満の声が上がっていた。
    一方、中国国内ではネット上に掲載された恒大関連のニュースが削除され、報道規制とみられる動きが出ている。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100100858&g=int

    【中国 恒大集団に関するものネットから消える 債権者同士の連絡も不可に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/10/02(土) 20:07:03.57 ID:FYJ0Wugo9
    no title
    Total liabilities at Evergrande are $300 billion, of which $200 billion is pre-payments for housing from Chinese citizens.
    恒大の負債総額は3,000億ドル(33兆円)で、そのうち2,000億ドル(22兆円)は中国国民からの住宅購入の前払い金です。
    The balance of the exposure is debt, both onshore bank and public debt, as well as offshore debt to international investors.
    残りのエクスポージャーは、国内の銀行や公的債務、国際的な投資家に対する国外債務などの負債です。
    Goldman has recently calculated potential off-balance sheet liabilities for Evergrande at $155 billion (one trillion yuan) in “shadow-banking” exposure.
    ゴールドマンは最近、恒大の潜在的な簿外負債として、1,550億ドル(1兆元=17兆円)の「シャドーバンキング」エクスポージャーを計算しました。

    Nasdaqニュース 2021/10/1 (英語) 『The Macroeconomic Implications Of Evergrande For Risk Assets And Bitcoin』
    https://www.nasdaq.com/articles/the-macroeconomic-implications-of-evergrande-for-risk-assets-and-bitcoin-2021-10-01

    Goldman Calculates 1 Trillion Yuan In Evergrande Off-Balance Sheet Liabilities

    米ゴールドマン、恒大集団の簿外債務を1兆元(17兆円)と計算

    ZeroHedge 2021/9/30 (英語) 『Goldman Calculates 1 Trillion Yuan In Evergrande Off-Balance Sheet Liabilities』
    https://www.zerohedge.com/markets/goldman-calculates-1-trillion-yuan-evergrande-balance-sheet-liabilities

    中国では住宅購入者の80%以上が住宅ローンを利用している
    https://m.yicai.com/news/101036499.html

    【【速報】 中国、恒大 負債33兆円のうち22兆円は人民が住宅購入で払った前払い(ローン含む)金だった +さらに簿外債務17兆円が算出される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/09/26(日) 13:31:44.01 ID:m+FHP7OT9
    クルーグマン教授、恒大危機を語る
    中国本土の不動産大手である恒大の債務危機は、13年前のリーマン・ブラザーズの破綻に端を発した世界的な金融津波の恐ろしい記憶を蘇らせました。
    ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン氏によると、恒大危機は中国の「リーマンショック」ではないが、バブル崩壊危機の前兆であるという。

    no title


    彼の見解では、恒大が「リーマンショック」ではないとしても、安全で健全であることを意味するものではなく、恒大危機は中国本土が「バブル崩壊」を経験している可能性を示していると考えています。
    "Babaru"は、英語の"Bubble"(泡沫)で日本の言葉です。1980年代後半、日本は「バブル経済」という現象に見舞われた。
    当時、商業用不動産を中心に多くの資産が高騰し、後に暴落しました。

    クルーグマンによれば、日本のバブル崩壊は金融破綻には至らなかったが、長い経済的弱体化の始まりであった。 当初、日本経済が低迷しているのは、日本企業が過剰に借り入れをしていたり、銀行がコンプライアンス違反のローンを抱え込んでいたりと、過去の過剰な金融遺産が原因だと多くの人が考えていました。
    1990年代以降、日本の生産年齢の成人人口は急速に減少しています。 人口動態を考慮すると、日本の一人当たりの潜在的な実質GDPは非常に控えめであり、基本的には米国と同じレベルであることがわかります。
    日本では、超低金利と持続的な財政赤字という不断の経済刺激に支えられて、完全雇用がほぼ維持されている。 これにより、日本の国家債務残高の対GDP比は200%を超えています。

    現在の中国大陸の状況は、全体的な経済状況はバブルが崩壊しようとしていた日本と非常によく似ています。
    また中国大陸の人口構造は日本と似てきています。 生産年齢人口は2015年にピークを迎え、出生率を抑制していた一人っ子政策が廃止されたにもかかわらず、人口の減少傾向は少なくとも何年も覆らないだろうと言われています。

    さらにバブル期の日本のように、中国では個人消費が低迷している一方で、投資水準が非常に高いという深刻なアンバランス状態に陥っています。 GDPの40%を超える投資支出は、急速な人口増加(農村居住者の都市への流入)と技術の進歩は経済にとっては合理的かもしれません。しかし、中国本土の人口動態は総合的な技術水準では欧米や日本に遅れをとっているにもかかわらず、生産性の伸びは鈍化しています。

    これは投資に対するリターンが減少することを意味し、中国本土は別のモデルに移行しなければなりません。中国政府の上層部はこのことを理解していると言われているが、調整には足を引っ張られ、大量の借金を使って支出を増やし続けている。

    恒大危機はまだ究極の試練ではないかもしれないが、今はその瞬間の前兆である。 中国が日本のような社会的結束力を持ち、社会的・政治的危機を引き起こすことなく、ゆっくりと穏やかに経済を減速させることができるかどうかは、神のみぞ知るところです。

    聯合新聞網(中国語) 2021/9/25 『克魯曼評恒大危機:不是雷曼 而是Babaru時刻』
    https://udn.com/news/story/121579/5771705

    【【速報】 ノーベル賞経済学者 「これから中国に起こるのはリーマンショックではなく、日本のバブル崩壊と酷似したもの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/09/24(金) 00:00:53.29 ID:+FA1qOdC9
    cn250
    中国当局は、深刻な債務危機に陥っている不動産開発会社、中国恒大集団が破綻する可能性に備えるよう地方政府に指示したと、ダウ・ジョーンズ通信(DJ)が事情に詳しい当局者の話を基に報じた。

    ブルームバーグ 2021/9/23
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-23/QZVUQST0G1L001

    債務危機に陥っている中国の不動産開発会社、中国恒大集団のドル建て社債を保有する2者は、香港時間23日午後5時の時点で同日が期日のクーポン支払いをまだ受けていないと明らかにした。

    ブルームバーグ 2021/9/23 20:22
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-23/QZVVGMT1UM0Z01

    【【速報】 中国、恒大集団デフォルトの可能性に備えるよう、地方政府に指示 ドル建て債保有者、23日期限の利払いまだ無し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2021/09/23(木) 15:38:31.44 ID:CAP_USER
    no title
     
    23日の香港株式市場で中国の不動産大手、中国恒大集団の株価が大幅に反発している。休場前21日の終値と比べて一時32%高の3香港ドルをつけた。23日が期日の人民元建て債の利払いを実施すると発表し、ひとまず同日の債務不履行を回避する見通しが立ったとして、買い戻しが広がった。

    恒大株は21日まで7営業日続けて下げていた。23日の香港市場では恒大グループの不動産管理会社、恒大物業集団や電気自動車(EV)の中国恒大新能源汽車集団なども2割前後上昇する場面があった。中国で不動産事業を展開する広州富力地産や碧桂園控股なども上昇している。

    香港市場では恒大の債務問題が深刻な金融システム危機につながる可能性は低いとの見方から、主力株を中心に買い戻す動きが目立った。もっとも、恒大は今後も社債の利払いや償還を控えており、資金繰りが厳しい状況が続く。市場では警戒感も根強く、恒大株は買い一巡後、売りに押されて伸び悩む場面があった。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM230XK0T20C21A9000000/

    【【国際】中国恒大株が急反発、香港で一時32%高】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [MX] 2021/09/22(水) 12:54:06.30 ID:Vhynhbd49
    no title

    香港にある中国恒大集団の建物=2018年3月(ロイター)

    中国不動産大手、中国恒大集団のグループ会社は23日に社債の利払いを実行すると22日発表した。恒大は社債のデフォルト(債務不履行)が懸念されていた。

    恒大傘下の主要不動産会社が発表した。

    恒大は23日以降、他にも社債の利払いなどが相次ぐ。デフォルトから経営破綻に向かうとの不安感が完全になくなるかは不透明だ。(共同)

    産経新聞 2021/9/22 11:49
    https://www.sankei.com/article/20210922-BTLPQV7KZBMGTFJE47L4XJFM5A/


    【中国恒大、社債利払いへ デフォルト懸念打ち消す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2021/09/20(月) 18:24:44.28 ID:CAP_USER
    cn250
    不動産大手、中国恒大集団の株価の下げが止まらない。20日の香港株式市場では一時、前週末比19%下げた。23日以降、恒大が発行した社債の利払い日が相次ぎ到来するため、資金繰りに行き詰まるとの懸念が高まった。香港不動産大手の株価も中国政府が統制を強めるとの見方から急落した。

    恒大の株価は一時2.06香港ドルと、約11年ぶりの安値をつけた。恒大の経営リスクが意識され、グループの不動産管理会社、恒大物業集団も同13%下げた。借金に依存する不動産業全体に悪影響が及ぶとの見方から、広州富力地産は同10%、碧桂園控股も同7%下落した。

    不動産規制を発表した江西省で事業を展開する新力控股の下落率は一時90%に達した。市場で不動産関連の投資リスクが取り沙汰される中国平安保険も一時8%下げた。平安保険は17日、中国メディアに「不動産投資のリスクは制御可能」と述べたものの、引き続き不安視する声が根強い。

    香港不動産の恒基兆業地産(ヘンダーソンランド)と新世界発展も一時13%下げた。ロイター通信が20日までに、中国当局者が香港不動産大手に住宅不足の解消に向けて影響力を発揮するよう求めたと報じ、締め付けが強まるとの見方が広がった。

    報道によると、中国側は不動産大手に「ゲームのルールが変わった」と言及し、今後は大手による独占行為を認めない考えを示したという。モルガン・スタンレーは「規制上のリスクはすべての開発業者に影響し、格下げにつながる可能性がある」と指摘した。

    長江実業集団(CKアセットホールディングス)や新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ)なども急落し、香港の代表的な株価指数であるハンセン指数は一時4%超下落した。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM201CE0Q1A920C2000000/

    【【企業】中国恒大、下げ止まらず 一時19%安 11年ぶり安値】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: potato ★ 2021/09/19(日) 22:51:56.15 ID:YVlceQvN9
    中国恒大
    中国恒大、不動産の値引きによる返済手続き開始-満期過ぎた理財商品

    中国の不動産開発会社、中国恒大集団は18日、満期を過ぎた資産運用商品(理財商品)について、現金に代わり不動産資産の大幅値引きという形で返済する手続きを開始した。

      中国恒大の資産部門が「微信(ウィーチャット)」に投稿したところでは、不動産の値引きを選ぶ投資家は、さらに詳細な情報を得るため資産管理担当者と連絡を取ることができる。

      投資家は住宅物件が28%、オフィスが46%、駐車スペースは52%のディスカウント価格で不動産投資が可能になり、既に購入した住宅の支払いについて割引を受ける選択肢も示された。

      ブルームバーグが先に伝えたところでは、中国恒大の多くの社員を含む7万人余りが理財商品を購入。現金で返済を望む場合、四半期ごとに金利と元本の10%の支払いを受ける選択も可能という。

    2021年9月19日 15:45 JST ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-19/QZNZHQT0G1KX01?srnd=cojp-v2

    【【緊急速報】中国恒大集団、不動産の投げ売り開始! 最大52%オフ!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル