1: すらいむ ★ 2019/05/08(水) 15:25:36.51 ID:wQijAH/I9
4F149FB3-94C8-45B2-8FC9-DC825327017A
 
日露戦争で収容「捕虜でなく人間」 ロシア兵の手紙、母国の新聞に

 日露戦争(1904~05年)の捕虜として姫路市に収容されていたロシア兵が母国に送った手紙の全文が当時の地元新聞に掲載されていたことが分かった。
 手紙には捕虜たちの日々の暮らしや、市民との交流の様子などが詳細につづられている。
 姫路のロシア人捕虜の手紙が見つかるのは初めてで、専門家は「識字率が低かった下級兵士が収容された姫路では、手紙の発見は大変貴重」と評価する。(地道優樹)

 捕虜に関係する歴史の掘り起こしを進める同市のNPO法人「姫路タウンマネージメント協会」が、1906年2月発行の「ニジニーノブゴロド・ゼムストヴォ新聞」に、捕虜の手紙が掲載されているのを見つけた。

 ニジニーノブゴロドは、モスクワの400キロ東に位置する県(現在は州)で、ゼムストヴォは旧ロシア帝国の地方自治機関。
 同紙は週刊の機関誌で、手紙は「日本からの手紙」の見出しで全文掲載されていた。
 筆者は同県チェルヌハ村出身のF・Iフィラレトフ軍曹。
 手紙は05年10月15日付で、米国ポーツマスで日本とロシアが講和条約を結んで間もない時期に当たる。

 姫路市の捕虜に同紙が送られていたらしく、同軍曹は書き出しで、編集者に感謝を述べている。
 自身らの本国送還については何も知らされていないことに触れ、「無為の10カ月は、軍務の意味でも人間的な意味でも、人々を大いに堕落させてしまいました」「規律もなければ、教練もなく、何もすることがない」と苦悩をつづっている。

 一方で、日本人について「今ではあらゆる面で私たちを捕虜でなく、同等の人間に対するような態度で接してくれます。収容所でのたまにある作業の際には、(日本人の)下級労働者たちは門に入るとすぐに帽子をとります」「ものすごく腰の低い人たちです」などと記している。

(以下略)

ヤフーニュース(神戸新聞NEXT) 5/8(水) 7:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000001-kobenext-l28

【【話題】日露戦争で収容「捕虜でなく人間」 ロシア兵の手紙、母国の新聞に  】の続きを読む