かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:放送法

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ティータイム ★ 2018/06/04(月) 15:17:07.62 ID:CAP_USER9

    政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)は4日、首相官邸で会合を開き、放送制度改革を柱とする答申を安倍晋三首相に提出した。
    放送番組(コンテンツ)の海外展開を促進する方針を打ち出す一方、番組の政治的公平性を定めた放送法4条の撤廃は見送った。

    首相は会合で、放送制度改革に関し、「通信と放送の枠を超えたビジネスモデルの構築など多くの具体的な提言をいただいた。引き続き、総務省を中心に未来を見据えた放送のあるべき姿について、総合的に検討を進めてもらいたい」と述べた。

    放送法4条をめぐっては、政府内で3月、インターネット事業者の放送参入をしやすくすることを名目に撤廃案が浮上。しかし、メディアをけん制する政権の思惑があるとの見方が広がり、放送業界は強く反発。 政府・与党内からも懸念の声が出ていたため、今回は盛り込まれなかった。

    答申には、使われなくなった周波数を割り当てて、放送事業へ他業態からの新規参入を促すことも盛り込んだ。 NHKのテレビ放送とインターネットの「常時同時配信」の是非については、早期に結論を得るよう求めた。

    規制改革推進会議で大田弘子議長(左)から答申を受け取る安倍晋三首相=4日午前、首相官邸
    no title
    2018/06/04-12:22 
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060400111&g=eco

    【【厳格に運用したら】政府、放送法4条の撤廃見送りへ・・・規制改革会議が答申 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あはれをかし ★ 2018/04/03(火) 17:13:56.13 ID:CAP_USER9

     野田聖子総務相は3日の衆院総務委員会で、放送番組に政治的公平性を求めた放送法4条撤廃など
    政府内で検討されている放送制度改革について「放送事業者は4条を含めた放送法の枠組みの中で、
    自主・自律で放送番組を編集することにより、重要な社会的役割を果たしてきたと認識している。
    仮に放送法4条を撤廃した場合、公序良俗を害するような番組や事実に基づかない報道が増加する
    可能性が十分考えられる」と述べ、改めて慎重な姿勢を示した。

     野田氏は放送制度改革の一つとして検討されている放送局への外資規制廃止に関しても
    「放送事業者は言論・報道機関としての性格を有しており、社会的影響力が大きいことを鑑みて
    設けられたものだ。これまでのところ有効に機能してきたと認識している」と述べ、
    外資規制は必要だとの認識を表明した。

    (略)

    産経新聞 2018.4.3 13:08 
    https://www.sankei.com/politics/news/180403/plt1804030021-n1.html 

    【【外資規制は必要】野田聖子総務相 放送法4条撤廃や放送局への外資規制廃止に反対 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 金魚 ★ 2018/04/02(月) 21:00:54.71 ID:CAP_USER9
    一つの番組で完全な中立は無理

    飯田浩司
    「(放送法4条撤廃で)極右の番組が増えるとの批判も」

    青山繁晴
    「今、極左じゃん」

    有本香
    「一つの番組で完全な中立は無理だからチャンネルを増やし視聴者が選べる環境が必要。
    キー局が電波という国民の財産を独占して毎日同じ内容を流す。これでは民主主義は正常に機能しない」

    https://snjpn.net/archives/46880


    【【テレビ】放送法4条撤廃 飯田浩司「極右の番組が増えるとの批判も」→ 青山繁晴「今、極左じゃん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/31(土) 11:37:27.66 ID:CAP_USER9
    政府が検討している放送制度改革と想定される弊害
    no title


    「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃をはじめとする放送制度改革が政府内で検討されていることについて、フジテレビの宮内正喜社長は30日の定例会見で、「民間放送の存在の根幹を脅かす形で法改正などがなされれば断固として反対する」と述べた。これで、在京民放キー局5社の経営トップがいずれも放送制度改革について反対の立場を鮮明にした。

     宮内社長はこの日の会見で「政府方針が発表されていないので、今の時点で敏感に反応することは避けたい」としつつ、「放送法やハードとソフトの分離の部分は民間放送の存在の根幹を脅かす」と強調した。

     これまで、6月に日本民間放送連盟会長に就任予定の日本テレビの大久保好男社長が「民放事業者は不要と言っているに等しく容認できない」と反対姿勢を強調。このほか、「民放の歴史的歩みを踏まえた丁寧な議論を強く求めたい」(テレビ朝日の早河洋会長兼CEO)▽「民放不要、民放解体ということなら反対」(TBSの武田信二社長)▽「視聴者を置き去りにした議論は軌道修正を迫られる」(テレビ東京の小孫茂社長)-といずれも批判や懸念を示してきた。

    【用語解説】放送法

     放送の不偏不党や自律を保障しつつ、公共の福祉に適合するよう規制し、健全な発達を図ることを目的とする法律。昭和25年に制定された。4条は(1)公序良俗を害しない(2)政治的に公平である(3)報道は事実をまげない(4)意見が対立する問題は多角的に論点を明らかにする-ことを放送局に求めている。

    2018.3.30 23:56
    産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/180330/plt1803300041-n1.html

    【【放送法4条撤廃】在京民放キー局5社、政府に反対姿勢 フジテレビ社長「民放の存在の根幹脅かす。断固として反対する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ネロネロ ★ 2018/03/24(土) 22:05:32.86 ID:CAP_USER9

     放送番組の「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃が、政府内で検討されていることがわかった。放送の自律を守るための倫理規範とされる4条は、戦後に同法ができて以降、番組作りの大原則となってきた。インターネットテレビ局などが放送に参入する際の壁を低くする狙いとみられるが、政治的公平性が損なわれ、番組の質も下がるといった懸念が出ている。

     政府内でまとめられた文書「放送事業の大胆な見直しに向けた改革方針」によると、「コンテンツ産業における新規参入・競争」を進めるとして、「放送にのみ課されている規制(放送法第4条等)の撤廃」などを明記。「放送業界の構造改革を進め、放送と通信の垣根のない新しいコンテンツ流通環境を実現」するとした。NHKについては「放送内容に関する規律は維持」するという。

     4条を撤廃した場合、民間放送は政治的公平性や事実関係に配慮せずに番組を放送することが、理屈の上では可能になる。

     このため、放送を所管する野田聖子総務相が22日の衆院総務委員会で撤廃などについて問われ「4条は非常に重要で、多くの国民が今こそ求めているのではないか。(4条が)なくなった場合、公序良俗を害する番組や事実に基づかない報道が増加する可能性が考えられる」と述べるなど、政府内にも異論がある。日本民間放送連盟内からは「極端に政治的に偏った局ができる可能性がある」といった懸念の声も出ている。

    3/24(土) 8:19配信 朝日新聞 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000015-asahi-pol 


    【【今でも偏ってるよ】日本民間放送連盟内からは「極端に政治的に偏った局ができる可能性がある」といった懸念の声 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/03/24(土) 08:39:18.76 ID:CAP_USER9
    放送法の「政治的公平」撤廃を検討 政府、新規参入促す

     放送番組の「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃が、政府内で検討されていることがわかった。放送の自律を守るための倫理規範とされる4条は、戦後に同法ができて以降、番組作りの大原則となってきた。インターネットテレビ局などが放送に参入する際の壁を低くする狙いとみられるが、政治的公平性が損なわれ、番組の質も下がるといった懸念が出ている。

     政府内でまとめられた文書「放送事業の大胆な見直しに向けた改革方針」によると、「コンテンツ産業における新規参入・競争」を進めるとして、「放送にのみ課されている規制(放送法第4条等)の撤廃」などを明記。「放送業界の構造改革を進め、放送と通信の垣根のない新しいコンテンツ流通環境を実現」するとした。NHKについては「放送内容に関する規律は維持」するという。

     4条を撤廃した場合、民間放送は政治的公平性や事実関係に配慮せずに番組を放送することが、理屈の上では可能になる。

     このため、放送を所管する野田聖子総務相が22日の衆院総務委員会で撤廃などについて問われ「4条は非常に重要で、多くの国民が今こそ求めているのではないか。(4条が)なくなった場合、公序良俗を害する番組や事実に基づかない報道が増加する可能性が考えられる」と述べるなど、政府内にも異論がある。日本民間放送連盟内からは「極端に政治的に偏った局ができる可能性がある」といった懸念の声も出ている。

     一方、自民党は4条に基づき、…
    残り:1576文字/全文:2171文字
    2018年3月24日08時19分 
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL3Q6TVRL3QUTIL084.html?iref=comtop_8_02 
     
    【【今左に偏ってる】放送法の「政治的公平」撤廃を検討 政府、新規参入促す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あはれをかし ★ 2018/03/15(木) 12:04:13.95 ID:CAP_USER9
    2018/3/15 09:40

     安倍政権が検討している放送制度改革の方針案が15日、明らかになった。テレビ、ラジオ番組の
    政治的公平を求めた放送法の条文を撤廃するなど、規制を緩和し自由な放送を可能にすることで、
    新規参入を促す構え。放送局が増えて、より多様な番組が流通することが期待される一方、党派色の強い局が登場する恐れもあり、論議を呼ぶのは必至だ。

     共同通信が入手した政府の内部文書によると、規制の少ないインターネット通信と放送で異なる現行規制を一本化し、放送局に政治的公平などを義務付けた放送法4条を撤廃するとともに、放送に認められた簡便な著作権処理を 通信にも適用する。

    共同通信
    https://this.kiji.is/346812625625318497 

    【【今は左一辺倒です】政治的公平の放送法条文撤廃 党派色強い局可能に 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル