1: 仮面ウニダー ★ 2024/04/18(木) 12:33:31.50 ID:yKcesqPN
中央日報/中央日報日本語版2024.04.18 09:24

韓国の国内総生産(GDP)に対する政府負債比率が2021年にすでに50%を超えたことが分かった。
2029年には60%に迫るという見方が出ている。

国際通貨基金(IMF)は17日(現地時間)に発表した「財政点検報告書」(Fiscal Monitor)で、韓国、米国、日本などを含む経済先進37カ国の2015-29年のGDPに対する政府負債比率(国家債務+非営利公共機関負債)
を推定した。

IMFは2023年の韓国のGDPに対する政府負債比率を55.2%と集計した。これは前年比で1.4ポイント増。
日本(252.4%)、イタリア(137.8%)、米国(122.1%)、フランス(110.6%)、カナダ(107.1%)、英国(101.1%)、ドイツ(64.3%)の主要7カ国(G7)と比べると低い数値だ。

2023年にG7と主要20カ国・地域(G20)の平均国家負債比率はそれぞれ126.1%と121.1%と推定された。

IMFによると、韓国のGDPに対する政府負債比率は2015年に40.8%だったが、2019年に42.1%、新型コロナ流行時の2020年に48.7%に急騰した。2021年には51.3%と、初めて50%を超えた。

IMFは今年の韓国の政府負債がGDP比56.6%と推定した。今後も上昇が続いて2029年には59.4%まで上昇し、60%に迫ると予想した。

韓国政府は11日の「2023会計年度国家決算報告書」で、昨年の国家債務(D1)がGDP比50.4%と、関連統計作成以来初めて50%を超えたと明らかにした。

ただ、国家債務(D1)と政府負債は対象範囲がやや異なる。
国家債務(D1)は国家財政法に基づき国債、借入金、国庫債務負担行為で構成されるが、
IMFが活用する政府負債(D2)は国家債務に非営利公共機関負債を含めた概念だ。

https://japanese.joins.com/JArticle/317584


【【IMF】 「韓国、2029年にGDP比の政府負債60%迫る」】の続きを読む