かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:文在寅

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/20(水) 18:23:26.77 ID:CAP_USER
    mun0509
    文政権、大統領選前日に6人が乗った北船舶を拿捕するも翌日送り返していた
    ついて来た北朝鮮警備艇に警告射撃まで行い拿捕(だほ)

    文在寅(ムン・ジェイン)前政権は今年3月、北方限界線(NLL)を越えて南下してきた北朝鮮船舶を合同尋問もせずわずか1日で送り返していたことが19日までに分かった。この船には北朝鮮軍兵士6人を含む7人が乗船しており、韓国海軍はこの船について来た北朝鮮警備艇に警告射撃まで行ったにもかかわらず、まともな調査もせず拿捕(だほ)した船舶を直ちに北朝鮮に送り返したのだ。問題の船舶は第20代大統領選挙投票日前日の3月8日にNLLを通過し、選挙当日の9日に送還された。ある韓国軍関係者は「北朝鮮兵士らが乗った船を警告射撃までして拿捕しておきながら、事実上そのまま送り返したのは韓国軍が創軍して以来初めてのことだ」とコメントした。

    韓国与党・国民の力の国家安保紊乱(びんらん)実態調査タスクフォース(TF、作業部会)で団長を務める韓起鎬(ハン・ギホ)議員がある政府関係者から受けた報告によると、韓国軍は今年3月8日に西海のペンニョン島沖合でNLLを越えた北朝鮮船舶1隻を拿捕した。その際に船の後について来た北朝鮮警備艇もNLLを侵犯したため、韓国海軍の高速艇が40ミリ艦砲3発で警告射撃を行った。越線した北朝鮮船舶には軍服を着た6人と私服姿の1人が乗っていたという。ところが文在寅(ムン・ジェイン)前政権は乗組員らに対してペンニョン島で略式の聴取だけを行い、北朝鮮に送り返したという。韓議員の事務所が明らかにした。軍服を着た乗組員らはいずれも実際の北朝鮮軍兵士だったという。上記の韓国軍関係者は「このようなケースでは韓国軍や国家情報院などが同席して中央合同尋問を行うのが正常な対応だ」と説明した。しかし文在寅政権はスパイ容疑などについて綿密に調査もせず、「兵士の引っ越しの荷物を運ぶ船」という北朝鮮軍兵士の一方的な証言だけを聞いて送り返したという。

    韓議員の事務所関係者は「最初は国家情報院など関係機関が参加して合同尋問が行われるはずだったが、国防部(省に相当)対北朝鮮政策課がペンニョン島を管轄する海兵隊に『直ちに送還せよ』と指示したため調査は行われなかった」「ペンニョン島の現場で韓国軍による略式の調査だけが行われた」と説明した。北朝鮮警備艇が介入した事件が略式調査だけで終わるのはこれが初めてだという。北朝鮮警備艇は約7分にわたりNLLを侵犯したが、警備艇の越線は2018年の9・19南北軍事合意以来これが初めてでもあった。上記の韓国軍関係者は「文在寅政権の重点政策だった南北軍事合意に違反した事案だったが、越線行為についてはさほど問題視する様子はなかった」とも伝えた。

    国連軍司令部も聴取に参加する意向を韓国軍に伝えたが、担当者が到着する前に問答無用で送り返されたようだ。韓議員は「北朝鮮軍兵士が乗った船がNLLを侵犯し、これについてきた北朝鮮警備艇に警告射撃まで行ったにもかかわらず、国家情報院による調査も行われないまま越線した北朝鮮兵士らを送り返した」「スパイ容疑などの調査はあまりにも不十分だった」と指摘した。(省略…)


    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/20/2022072080019.html


    【【韓国】 文政権、大統領選前日に6人が乗った北船舶を拿捕するも翌日送り返していた…スパイ容疑などについて調査もせず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/16(土) 00:59:19.96 ID:CAP_USER
     kr250
    「北の船舶は確認もするな、拿捕もするな」…青瓦台安保室がマニュアルを作っていた
    2022/07/15 10:45
    ・与党の安保紊乱実態調査タスクフォースが確認
    ・北船舶を拿捕した合同参謀本部議長を青瓦台行政官が調査した後に作成
    ・TF「青瓦台が北朝鮮関連事件に介入した証拠」

    文在寅(ムン・ジェイン)政権当時の青瓦台(韓国大統領府)国家安全保障室が2019年9月、「NLL(北方限界線)を侵犯した北朝鮮船舶は拿捕(だほ)せず現場で直ちに送還せよ」とする内容の行動要領を作成し、関係機関などに伝えていたことが14日までに分かった。国家情報院が所管していた北朝鮮船舶関連マニュアルの制定・管理業務を青瓦台が行っていたのだ。当時東海でNLLを侵犯した北朝鮮船舶の拿捕を朴漢基(パク・ハンギ)韓国軍合同参謀議長が指示し、これを理由に朴議長が青瓦台民情秘書官室の行政官に呼ばれて調査を受けてから1カ月後にこの行動要領が作成された。

    韓国与党・国民の力「国家安保紊乱(びんらん)実態調査タスクフォース(TF、作業部会)」の団長を務める韓起鎬(ハン・ギホ)議員によると、青瓦台安保室は2019年9月「北朝鮮船舶・人員を管轄海域で発見した際の対応マニュアル」を作成した。北朝鮮漁船対応のコントロールタワーは以前から国家情報院が担当しており、国家情報院は「わが国の管轄海域における北朝鮮船舶・人員発見時の対応マニュアル」をすでに運用していたが、青瓦台がその内容を変更したのだ。

    韓議員によると、新しいマニュアルには「北朝鮮船舶が単純に進入しただけと確認すれば、退去あるいは現地で送還する」という内容もあるという。「合同調査の必要がある場合、あるいは脱北などの兆候がある場合は青瓦台国家安保室に状況を報告した上で対応する」という趣旨の項目もあったようだ。

    TFはこのマニュアルについて「亡命北朝鮮漁師の強制送還事件(2019年11月)や西海公務員殺害事件(2020年9月)の背後に青瓦台があったことを文書で証明する資料」と考えている。韓議員は「青瓦台が北朝鮮関連の事件に担当部処(省庁)の頭ごなしに介入したことを示す証拠だ」とした上で「北朝鮮船舶に事実上NLLへの無血入城の道を開いた」と指摘した。2017年に24件だった北朝鮮の有人船によるNLL侵犯は19年には392隻へと16倍も急増した。

    情報当局のある関係者は「マニュアル改正後、現場では亡命の『亡』の字が出てもそれ以上何もせず、その対応をただちに上に任せたと聞いている」「スパイ関連の容疑が疑われる場合も現場でしっかりと調査できなかったはずだ」とコメントした。韓国軍のある関係者によると、このマニュアルについては「北朝鮮船舶に対しては事実上何もするなということだ」と語られていたという。韓国軍では「亡命の意志があった船舶もこのマニュアルに従って北朝鮮に送還されたはずだ」などの見方も出ている。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/15/2022071580016.html


    【【韓国】「北の船舶は確認もするな、拿捕もするな」…前政権下の青瓦台安保室がマニュアルを作っていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/07/15(金) 09:32:43.08 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title


    文在寅(ムン・ジェイン)前政権の旧弊を暴き、その悪政を徹底的に裁く。そう宣戦布告するかのような尹錫悦(ユン・ソンニョル)新政権による突然の発表だった。

    2019年11月2日、北朝鮮のイカ釣り漁船が、日本海の韓国側水域で拿捕され、船の乗組員2人が韓国に亡命しようとした。しかし、その5日後に板門店を通じて北朝鮮側に身柄を引き渡されるという事件があった。

    韓国統一省が12日に公開したのは、2人が強制送還される際、板門店に到着して北朝鮮側に引き渡されるまでの間に撮影された10枚の写真だ。

    目隠しされ手錠姿で到着した2人は、板門店の軍事境界線の手前で目隠しを外され、北朝鮮側兵士の姿を目にした途端、初めて強制送還させられることに気づき、1人は絶望のあまり崩れ落ちるように地面にひれ伏し、1人は大声を上げ、足をばたつかせて抵抗したという。

    2人は韓国の警察特攻隊に取り囲まれ、両腕を抱えられ、引きずられるようにして休戦ラインまで連行され、北朝鮮側の兵士に引き渡された。

    ■文政権が嘘をついた決定的な証拠写真
     
    しかし、この間も抵抗を続け、写真には、自殺を図ろうと建物の壁に頭を打ち付けて血だらけになったり、軍事境界線を示す幅50センチ・メートル、高さ5センチのコンクリートに足をかけて踏ん張ったりして、最後まで激しく抵抗する姿が写っていた。

    当時、統一省と大統領府国家安保室は、「2人に帰順の意志はなかった」「北に戻りたいと話していた」と発表していたが、写真が示すのは、それとはまったく違う姿であり、当時、政府が虚偽の発表をしていたことを示す決定的証拠写真だった。

    ■裁判もなしに「処刑」を行ったも同然
     
    2人は、南側への脱出を図る前、イカ釣り漁船の同僚16人を殺害し、北朝鮮当局が行方を追っているという状況は、韓国軍当局も無線で傍受していた。しかし、韓国海軍によって拿捕されたあと2人は、自筆の文書や口頭で亡命・帰順の意志を何度も伝えていたとされる。

    韓国憲法3条では、北朝鮮の住民も韓国国民として扱われることになっており、帰順の意志を示せば、例え北朝鮮で凶悪事件を起した容疑者であっても、「脱北住民法」32条では、韓国で裁判を受ける権利が規定されているという。しかし、2人が、北朝鮮に戻れば、そこで極刑が待っていることは明らかだった。

    2人の取り調べを3日間で打ち切り、犯罪の事実も確かめずに送還の決定を下したのは、「裁判も行わず3日で『処刑』を行ったようなものだ」という声もあり、人権を無視し、人道に反する行為であることは明白だった。

    ■金正恩氏の歓心を買うための生贄か
     
    大統領府青瓦台や国家情報院が、北朝鮮側に対し2人の送還について通知したのは、拿捕から3日目の11月5日だった。同じ日、文在寅大統領は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に対し、釜山での韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議に招待する親書を送っていた。

    その年の2月、ベトナム・ハノイでの米朝首脳会議が決裂して、南北関係も膠着(こうちゃく)状態に陥り、北朝鮮を対話の場に引き出すために文政権も焦りを募らせていた時期だった。

    「金正恩を喜ばせ、その歓心を買うために、脱北漁師を生贄(いけにえ)として扱ったと考えざるを得ない」という声もある。

    ■「人権・人道の観点に立って必ず真相を究明する」
     
    当時、この事件に関与した文政権の幹部らが今、次々に告発され、検察の捜査の対象になっている。

    このうち事件当時、国家情報院長だった徐薫(ソ・フン)氏(のちの国家安保室長)は、漁船員2人に関する合同調査を強制的に早期終了させたとして、国家情報院から国家情報院法違反(職権乱用罪)と虚偽公文書作成罪などで告発されている。

    また当時、青瓦台国家安保室長だった鄭義溶(チョン・ウィヨン)氏(のちの外相)についても、当時、国会に報告された文書では、「国家安保室が、合同情報調査に基づき関連省庁と協議して追放を決定した」とあったため、「強制送還の決定権者」だったとして捜査対象になるという見方もある。

    さらには、この決定に文前大統領がどういう関わりをしたのかが最大の注目点だ。

    韓国大統領室の姜仁仙(カン・インソン)報道官は13日、「もし、亡命の意思を表明したにもかかわらず強制的に送還したなら国際法と憲法に反する反人道的・反人倫的な犯罪行為」と強調した上で、「自由と人権の普遍的な価値を回復するためにも、この事件の真実を必ず究明する」との方針を明らかにした。

    配信: 2022/07/14
    https://www.koreaworldtimes.com/topics/news/11743/

    【【脱北】金正恩氏への生贄か 文政権の人道無視の蛮行を明らかにする写真公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/06/26(日) 22:09:49.64 ID:CAP_USER
    kr250
    「文政権否定」加速 検察が捜査、野党反発―韓国

    【ソウル時事】韓国の尹錫悦政権が、北朝鮮などをめぐる文在寅前政権の対応を否定する動きを加速させている。検察は前政権高官に対する捜査を本格化。前政権の与党だった現野党「共に民主党」が反発しているが、尹政権は「不正常の正常化」と位置付け、対立の激化を辞さない構えだ。

    尹政権が特に問題視するのは、2020年9月に黄海の北朝鮮海域で漂流していた韓国公務員を北朝鮮が射殺し、遺体を海上で焼却した事件。前政権は、借金で自暴自棄になった公務員が北朝鮮に渡ろうとしたとの見方を示していたが、海洋警察、国防省は今月16日、その証拠を見いだせなかったと発表し、謝罪。大統領直属の行政監視機関、監査院が監査に着手した。

    文前大統領は当時、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(現総書記)と親書を交換したばかりで、国連総会で「終戦宣言」の実現を訴える予定を控えていた。与党「国民の力」は、前政権が北朝鮮側に救助要請しなかった上、北朝鮮の「蛮行」を矮小(わいしょう)化し、責任追及を回避しようとしたとみて、特設チームをつくり真相究明の動きを強めている。

    尹大統領は22日には、前政権の「脱原発」政策を「ばかな行為」とこき下ろした。検察も、前政権で産業通商資源相を務めた白雲揆氏を傘下機関の人事に不当に介入した疑いで捜査しており、当時の大統領府関係者に捜査が及ぶ可能性も指摘されている。

    与党が国会で少数派にとどまる中、野党との対決姿勢は必ずしもプラスではない。与党関係者は「政治状況だけ考えれば、(前政権たたきを)やらない方がいい。(1日に行われた)統一地方選後、内紛の兆しがある野党をむしろ結束させる面もある」と語る。

    それでも、尹氏は「反文在寅」世論を追い風に大統領に当選した経緯がある。同関係者は「尹政権は、前政権が不正常だったという前提に立っている。今は正常化の過程だ」と指摘。「それを避けて通れば尹氏は正統性を失う」と強調した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062500426


    【【韓国与党】 北朝鮮への対応などを巡り、「文政権否定」加速…検察が捜査を本格化、野党反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/06/22(水) 11:47:13.81 ID:CAP_USER
    kr250
     韓国経済が「大変なこと」になっていた

     韓国の尹錫悦大統領は6月1日の地方選挙の大勝利にも浮かれてはいなかった。

     物価統計が発表された6日、尹錫悦氏は「(韓国は)経済危機の台風圏に入っている」と危機感をあらわにした。尹大統領は、地方選挙勝利は論評せず、経済危機の克服に全力を傾ける意思を強調したわけだ。

    (略)

     文在寅が「破壊」した韓国経済

     文在寅政権は経済の実態を見ず、自画自賛で経済の悪化を見逃すとともに国民から自らの経済失政を隠蔽してきた。

     良質の雇用が失われても、高齢者に対する財政を活用した短時間のバイトを就業者に組み入れ、失業率の悪化を隠して雇用の実態を繕ってきた。

     コロナ前の2019年、実質経済成長率が1%台に落ち込みそうになると、年末の財政出動で経済成長率を2.0%まで引き上げた。韓国の経済成長率が1%台になるのはIMF危機やリーマンショックなど世界経済が困難であった時のみである。

     このように経済の実態を小手先でごまかしてきたため、有効な経済対策が打てるはずはない。その上、各種規制の導入で経済体質を社会主義的なものに変えてしまい、民間の投資意欲を失わせた。

     韓国経済の悲観的評価の背景には、これを支える輸出と投資が減少傾向にあるからである。6月1-10日の輸出は12.7%減少した。5月には輸出が増加していたが、それは中国が封鎖解除した影響であった。貿易収支も3月から5月まで連続で赤字となり、しかも赤字額は拡大している。

    (略) 

    その最大の要因が中国の経済減速であり、対中輸出が10%減少する場合は国内の経済成長率は0.56%下落するという。これも文政権の親中政策で韓国の対中貿易依存が高まっていることも背景にある。

     4月の産業活動動向によると、4月のサービス業生産(1.4%)はコロナにともなう規制緩和で小幅増加したが、鉱工業生産(-3.3%)が大幅に減り、全体産業生産(-00.7%)も減少した。特に減少幅が大きいのは設備投資(-7.5%)である。

     さらに、最近になって景気の足を引っ張っているのは物価上昇である。物価高はさらに高金利・ウォン安をもたらしている。

     当分は5%台の物価上昇率が続くだろうと見られている。原油と国際原材料価格が依然として不安定であり、新型コロナ防疫措置の解除で消費が増えていることも物価上昇に拍車をかけている。

     6、7月には6%台とする見方もある。物価高が続けば、金利は上がって経済成長率は落ちるだろう。中長期的には潜在成長率の低下基調が懸念される。

     韓国経済の成長をもたらす要因が見えない。

    ヤフーニュース(現代ビジネス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3fcb5e72a7c70acd783ac25924c090d15e831a91?page=1

    【【武藤 正敏】文在寅が「戦犯」…韓国経済の「複合不況」がとんでもないことになってきた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/06/06(月) 16:38:10.57 ID:CAP_USER
    動画
    https://youtu.be/pb3r-hiRyGI


    韓国南東部、蔚山広域市に隣接する梁山市の自然あふれる小さな村。

    そこに韓国右翼団体の拡声器やスピーカーを通した大声が鳴り響く。

    「スパイ野郎 この(北の)スパイ野郎が」

    「このゴミ野郎」

    「ひざまずいて謝罪しろ」

    (略)

    今年5月9日を最後に退任した韓国の文在寅前大統領の「その後」が穏やかではない。

    任期末期には「政界から離れ、忘れられた市民として生きたい」と話していた。故郷の慶尚南道に引っ越し、「猫と過ごし、農作物を育てる。時にトレッキングをし寺院を訪れる」と宣言していたが、これがぶち壊しになっている。

    韓国の右翼団体がこれを妨害しているのだ。自宅の前で、スピーカー、拡声器、横断幕を駆使した抗議行動を続ける。

    (略)

    右翼団体側の意気込みには並々ならぬものがある。東亜日報系の「Channel A」の取材に答えた団体員の話。

    「文在寅大統領の退任(5月10日)より先にここに来ました。帰る時は、彼が監獄に行くときです。なんなら自分も一緒にぶちこんでください。その時まで諦めません」

    また、右翼団体側のやり口は「手が込んでいる」。"集会の自由"を盾にこういった論を展開している。

    「朝10時から始め、6時には止めています。法に抵触するものではありません」(「MBC」の取材に答えた団体員)

    あわせて、当初は「24時間やり続ける」ために韓国の法に抵触しないこういった方法を取ったのだ。

    ”7分間85?90dBの音を出し、その後25分休む”

    この手法により、警察は「手を出せず」。

    「騒音基準値以下の音なので集会を制限するのが難しい面があって…」(国内メディアの取材に答えた現地警察の次長)

    また団体側が行う抗議行動は「すべて警察側に申請済み」。6月初頭の時点で市内10箇所の「教会前での集会開催」も警察から許可を得ていた。

    なぜ10箇所なのか。

    クリスチャンである文前大統領が「市内のどの教会に通うか分からないから」だ。

    さらに団体は文前大統領がよく通っている冷麺の店の前でも集会の申請を行った。

    徹底的にやる。そういう姿勢の現れだった。

    全文はソースで(吉崎エイジーニョ)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20220606-00299268

    【【韓国】文在寅さんの穏やかな老後 右翼団体に妨害される 自宅前で連日抗議「スパイ野郎」「断頭台で切られろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/06/02(木) 20:06:00.97 ID:CAP_USER
    no title
    文前大統領、「あのクズ(李在明)のせいで復活した国民のお荷物クズ」ツイートに「いいね」

    文在寅(ムン・ジェイン)前大統領が1日、「あのクズのせいで復活した『クッチム』のクズたち」というソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ツイッター」の投稿に「いいね」をクリックしていたことが分かった。これは6月1日の第8回全国同時地方選挙(統一地方選挙)・国会議員補選で共に民主党が惨敗すると予想される状況に関する投稿で、「あのクズ」とは李在明(イ・ジェミョン)共に民主党常任顧問・国会議員補選仁川市桂陽区乙選挙区候補者を指すものと見られる。「クッチム(国民のお荷物)」は共に民主党寄りのネットユーザーたちが与党・国民の力をさげすんで呼ぶ時の表現だ。

     文前大統領は同日、ツイッターでネットユーザーA氏が書いた「同感です。あのクズのせいで復活したクッチムのクズたちのせいかと思われます」という投稿に「いいね」をクリックした。A氏はツイッターで「文在寅大統領様が大好きで、愛しています」とプロフィールに書いている「親文系(文前大統領寄り)」ネットユーザーだ。

     A氏の投稿は、別のネットユーザーB氏が書いた「投票しながらこんなに腹が立ったのは初めてだ。前の京畿道知事、大統領選挙時はこれほど腹が立つことはなかったが、李在明というクズのせいで、いったいこれはどういうことなんだ?」という書き込みにコメントを付ける形で掲載されたものだ。同日午後11時現在、A氏とB氏のツイッター投稿文は削除されている。

    ソン・ドクホ記者

    朝鮮日報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/72e0a3233ec9ef413433c8c313b359bf0e632557


    【【韓国】 文前大統領、「あのクズ(李在明)のせいで復活した国民のお荷物クズ」ツイートに「いいね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 【大吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2022/06/01(水) 09:07:37.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ 梁山市(ヤンサンシ)に位置するムン・ヂェイン(文在寅)元大統領の私邸前のデモで、村の住民らが騒音被害などハゲしい苦痛を受けている。
    _______________________________________________________

    慶南(キョンナム)染山市(ヤンサンシ)に位置するムン・ヂェイン(文在寅)元大統領の私邸前のデモが度を越えている。極右団体が連日、拡声器で露骨な暴言を吐き出して集会をしており、村の住民たちまで苦しんでいる。騒音のストレスによって、食欲不振や不眠症を訴える高齢者も増えたという。ムン元大統領側は集会の映像を公開して、デモ隊のうち4人を名誉毀損などの容疑で昨日、染山警察署に訴えた。彼らのデモは、表現の自由を超えた明らかな暴力である。集会やデモに関する法律違反はないかもしれないが、元大統領に対する集団リンチを傍観してはいけない。ムン元大統領の批判は誰でもできるが、合理的かつ非暴力的な方法をとるべきだ。

    悪口や呪詛(呪い)、脅迫を含む暴力的なヘイトスピーチは民主社会の敵である。共に民主党のイ・ナギョン(李洛淵)代表が主張したように、ヘイトスピーチを規制する立法が急務である。チョン・チョンレ(鄭清来)議員らは、元大統領の私邸を集会禁止区域に含む内容の集示法(集会および示威に関する法律)の改正案をすでに発議している。だがしかし、これはムン元大統だけのための過剰立法である。

    それよりも、在日韓国人に対するヘイトスピーチを条例で規制している日本の事例を見習うべきだ。日本は2016年にヘイトスピーチを容認しないという内容の法律が国会で通過されたが、違反時の罰則はなかった。その後、2019年12月に日本で在日韓国人が多く住む川崎市が、嫌韓デモを繰り返す個人に対し、最高50万円の罰金を課す条例を初めて作った。大阪市は嫌韓行為をした極右の身元を公開した。韓国警察も騒音デモによる市民の不快感を解消するため、集示法の全体的な改正を検討しているという。法律や社会的な圧力で歯止めをかける前に、デモ隊自ら暴言と暴力を控えなければならない。

    ソウル新聞(韓国語)
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20220601027017

    【【韓国】文在寅元大統領の私邸前のヘイトスピーチデモは許せない暴力・・・「日本を見習うべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/23(月) 08:52:50.11 ID:CAP_USER
    mun0509
    「生活必需品の購入は100円ショップで」「会議のコーヒーは自分で用意」……。

     2017年の大統領就任以来、「庶民派」を標榜してきた韓国の文在寅(ムンジェイン)前大統領(69)。だが今月9日に大統領を退任した文氏に、就任直後の余裕はなかった。


     韓国人記者が言う。

    「退任まで1週間と迫った5月3日、韓国の国会では、検察の捜査権を骨抜きにするための法改正案が成立。野党が反対する中での強行採決には“文氏が検察の捜査を逃れるための改悪だ”と世論も憤激しています」

     実際、この改正法に対する文氏の執念はすさまじい。同じ3日には文政権最後の国務会議(閣議)が開かれたが、

    「文氏は改正法を公布するため、通常なら午前中に行われる国務会議を、法案成立後の午後に延期。次の国務会議は尹錫悦(ユンソクヨル)新大統領の下で行われるため、尹氏に廃案にされることを恐れていたのかもしれません」

    妻や子どもを巡るセコい疑惑の数々

     庶民派大統領に検察のメスは似つかわしくないが、文氏の5年間を振り返ってみれば、確かに怪しい疑惑がそこかしこに。しかも、

    「文氏の妻や子どもなどファミリーを巡るセコい疑惑も盛りだくさんです」

     3月の大統領選では、候補者の妻のスキャンダルが注目を集めたが、実は、文氏の妻も負けてはいない。

    「公務に随伴する際、妻の金正淑(キムジョンスク)氏が身に着けていたブランド品が国庫で賄われていたという疑惑が噴出。今年2月には裁判所が情報公開を命じたのですが、大統領府側はこれを不服として控訴。判決には数年かかるため、文氏側が逃げ切りを図ったと非難された」

     一方、長女のダヘ氏にも、

    「4月に離婚が取り沙汰された夫にある疑惑が。彼は18年に、文氏の知人が創業したLCC『イースター航空』に突然、重役として迎え入れられ、ダヘ氏や小学生の息子を連れてタイの関連会社に赴任。韓国からSPを引き連れての海外赴任も議論を呼びましたが、そこで不正なマネーロンダリングに関わっていたとの醜聞が持ち上がった。離婚も、その追及をかわすためとささやかれています」

    (略)

    デイリー新潮 2022年05月23日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/05230556/?all=1

    【【韓国】文在寅前大統領、疑惑まみれの一家 妻、息子、娘に不正が】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/05/21(土) 18:11:45.77 ID:CAP_USER
    kr250
    2016年11月、台湾の首都・台北の外郭にある「国聖原発」1号機が稼働を止めた。何か事故が起きたわけでも、故障が発生したわけでもなかった。使用済み核燃料(原発の稼働後に出る廃燃料棒)を貯蔵するスペースがこれ以上なく、原発の運転が不可能になったのだ。

    早くから予見されていた問題だったが、台湾電力当局はきちんと解決できなかった。2016年は、脱原発を目指す蔡英文政権が発足した年だった。

    かといって、電力事情が十分ではない台湾が、国内原発設備の容量全体の20%を占める国聖1号機を放置することはできなかった。台湾電力当局は、交換作業中の核燃料を一時的に保管しておく貯蔵所を使用済み核燃料貯蔵施設に改造した。

    国聖1号機は、夏の電力需要が急増し始める2017年6月に再稼働に入った。だが、一時しのぎの方便では限界があった。国聖1号機は本来、40年の寿命が尽きる昨年12月末に永久停止される予定だったが、使用済み核燃料の貯蔵スペース不足により昨年7月に繰り上げ閉鎖された。

    他国で起きたことではあるが、韓国に対しても示唆するところは大きい。韓国も、原発の使用済み核燃料処理問題を巡って「尻に火が付いた」状態にあるからだ。韓国国内の使用済み核燃料は、原発の敷地内で一時保管している。地中深くに埋めて処分する施設がないからだ。

    ところが、一時保管のスペースは徐々になくなりつつある。2031年に古里原発およびハンビッ原発、2032年にハンウル原発と、順次飽和状態に至る見込みだ。脱原発の破棄を宣言した尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が原発の稼働率を上げれば、飽和の時期が早まることもあり得る。

    臨時貯蔵施設は、建設するに当たり、許認可に要する期間を含め6-7年ほどかかるという。現在では、いつ着手するのか見当をつけることも難しい。国聖1号機稼働中断のような事態が韓国で起きる可能性も排除できないのだ。

    使用済み核燃料の処理をどうするかは、突如浮上した問題ではない。だが文在寅(ムン・ジェイン)政権は任期中、この問題の解決を巡って終始腰が重く、状況をさらに深刻なものにした。

    朴槿恵(パク・クンへ)政権は2016年7月、使用済み核燃料管理基本計画を定めた。敷地の選定から始まり、計36年かけて処分場を建設し、2053年に稼働させることが目標だった。

    計画には、処分場の稼働前に発生する使用済み核燃料を一時保管しておく施設を拡充する、という内容も盛り込まれていた。計画通りであれば、文政権の任期中に処分場の敷地選定作業が進められなければならない。

    だが文政権は「この計画は地域住民や市民団体などの意見を十分に反映していない」として、2017年から再検討に入った。昨年12月に新たな計画の草案を発表したが、新しい内容といえば「敷地の選定期間を12年から13年に1年伸ばす」というものくらいで、後は前政権の計画と違う部分はほとんどない。処分場の稼働目標時期が6年遅くなっただけ、というわけだ。

    使用済み核燃料処理問題に微温的だった文政権の姿勢は、ただ単に、手柄にならないことを次の政権へなすり付けるというような次元のものではなかった、と専門家らは指摘する。

    時間を引き延ばし、使用済み核燃料施設の問題が解決されなければ原発生態系が一層早くまひすることを狙った、脱原発戦術ではないか-という話がある。

    まだ文政権の任期中だった今年の初め、産業通商資源部(省に相当)は「使用済み核燃料処理問題が具体的に決定されるまで原発の拡大は望ましくない」との立場を示した。昨年、与党(当時)の「共に民主党」は、使用済み核燃料処理基準を原発の設計寿命内に発生するものに限定し、事実上原発の寿命延長をさせない内容の法律も発議した。

    尹錫悦政権は「使用済み核燃料管理政策の履行」を主要な国政課題に定めた。先延ばしできない課題だ。前政権が手をこまねいて5年を空費したことで、スケジュールはタイトになった。難しい問題を後回しにする「ニムト(not in my term. 自分の任期中にはやらない)政権」はこれ以上見たくない。


    2022/05/21 18:02 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/05/21/2022052180701.html


    【【朝鮮日報】「尻に火が付いた」韓国の使用済み核燃料処理問題  脱原発を志向した文在寅政権、5年を空費 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/21(土) 10:27:39.67 ID:CAP_USER
    韓米首脳会談のため訪韓したバイデン米大統領が、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領を「文在寅(ムン・ジェイン)大統領」と呼ぶ失言をした。

    バイデン大統領は20日、尹大統領、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長らと共にサムスン電子平沢(ピョンテク)半導体工場を視察した。その後の演説の最後の部分でこのようなミスをした。

    バイデン大統領は「米韓同盟は域内の平和、安定、繁栄のための核心軸」とし「みなさんに感謝する」とあいさつした。そして「文大統領(President Moon)」と失言し、直ちに「ユン(Yoon)、今までのすべてのことに感謝する」と訂正した。

    バイデン大統領はこれまでも公式的な席で何度か失言している。昨年5月には文大統領を「首相(Prime Minister)」と呼んだ。

    この日、米ホワイトハウスでは韓米首脳会談の前、バイデン大統領と文大統領が出席した中で94歳の朝鮮戦争の英雄ラルフ・パケット・ジュニア予備役大佐に米国最高の栄誉の名誉勲章を授与する行事が開かれた。

    この席でバイデン大統領は朝鮮戦争当時のパケット予備役大佐の活躍像を紹介しながら4回ほど文大統領を呼んだが、この時は「文大統領(President Moon)」と呼んだ。ところが演説の最後に「韓国は忘れられた戦争と呼ばれたりする。しかしパケットと共に戦った人たちは彼の勇猛な姿を決して忘れない」とし「韓国の首相(Prime Minister)がこの行事のためにここにいるという事実が証明するように韓国の国民も忘れない」と述べた。文大統領の行事出席に言及しながら大統領ではなく「首相」という言葉を使ったのだ。

    このほか、イスラエルとパレスチナの休戦を歓迎する演説をしながらイスラエルのネタニヤフ首相を「大統領」(President)と呼んだり、ホワイトハウスで行ったロシア政策関連の記者会見ではプーチン大統領を「クルーチン」と呼んだ後すぐに「プーチン」に訂正した。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/291284?servcode=A00§code=A20

    【【米大統領訪韓】バイデン大統領、演説の最後に尹錫悦大統領を「文在寅大統領」と呼ぶ失言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/19(木) 12:49:09.39 ID:CAP_USER
    7B089F04-74BD-4107-9CC7-D008C290BD7F
     
    【ソウル聯合ニュース】バイデン米大統領の来韓に合わせて推進されていた文在寅(ムン・ジェイン)前大統領との面会が見送られる見通しであることが分かった。米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は18日(現地時間)の記者会見で、「文前大統領と予定されている面会は現在のところない」と明らかにした。

    これに関連し、文氏側の関係者は19日、「面会は当初、ホワイトハウスからの提案によって推進された。ホワイトハウスがスケジュールに含まないと最終決定したのであれば、それに付け加える言葉はない」と述べた。

     また、「計画がない」ということが現時点でのホワイトハウスの公式の立場だとして、面会の実現に否定的な見方を示した。一方、「まだ確定的な通知はなく、今も連絡を待っているところだ」とも述べた。

     文氏の最側近とされる最大野党「共に民主党」の尹建永(ユン・ゴニョン)国会議員もこの日、MBCラジオに出演し「米国側が正確に答えるべき事案だ」としながら「ホワイトハウスが計画がないと述べたのは事実だ」と明らかにした。

     これに先立ち、文氏の退任前の先月28日、当時の青瓦台(大統領府)の関係者はホワイトハウスの要請により文氏とバイデン氏の面会が推進されているとして「在任中の互いの信頼と尊敬から会合の日程を協議していると承知している」と述べていた。

    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220519001200882?section=news

    【【韓国】文在寅氏とバイデン氏の面会見送りか 米補佐官「予定ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/15(日) 08:51:58.22 ID:CAP_USER
     kr250

     
    (略)

    しかし!!この国で問題なのはいつも国民である。

     保守、右派、親日を自称する韓国人をたくさん知っているが、ほとんどはやはり韓国人だなと思わされることが多い。

    文在寅政権がいい仕事をしたと感じるワケ(皮肉)

    「<ファクト>この先5年間、この国に起きるすべての悪い事はすべて過去の政府のせいだ」

     こんなネットの書き込みを見た。

     確かにもっともな意見である。筆者も、文政府が5年間で10年分くらいの仕事をしたと思っている。大韓民国は、この5年で10年分共産化が進んだということである。

     もし今回の選挙で、文在寅の後を引き継ぐ李在明候補が大統領になったとしたら、この国は滅びると、うちの息子でさえも本気で思っていた。それを5年で引き戻すには、どれほどの労力が必要だろうか。

    他にも、「新しい大統領は韓日友好のために努力してください。お願いします」という書き込みもたくさん見た。

     非常に違和感を持った。いや、違和感というよりも憤りに近い感情である。誰もかれもが他人任せ。誰かが上手にやってくれれば良い。自分は早く日本に遊びに行きたいだけなのだろう。

     就任式に出席した林芳正外相は「日韓関係の改善は待ったなし」と伝えたそうだ。そして韓国側の次期外相候補と「認識一致」したそうだ。

     ちょっと待ってくれ。一致したのは「待ったなし」というほど緊迫した現状認識のようだが、そうなった原因はどこにあるのか、その外務大臣と候補は議論したのだろうか……。これ以上はやめておこう。

     筆者が解説するならば、その「待ったなし」の主語は「韓国人国民一人一人の意識改革」であるべきだろう。反日左翼の民衆が騒ぐのはまだ目をつぶるが、自由だ、民主主義だ、我こそは愛国者だと言っている保守層の考えがこの程度の国家とは対等には、付き合えない。

     論理的に説明すれば中学生でも理解できる話だと思うのだが、韓国人には無理な話なのだろうか。

    日韓友好に必要な本当のこと
     日本政府も状況が「待ったなし」だからといって、そして韓国経済が危ないからと言って、間違っても日韓スワップ再開などという愚かなことはしないでほしい。

     日韓スワップ協定は2015年に韓国側の意向により、終了している。その終了の仕方も「日本側が頼まないのならば、韓国は必要ない」という話だった。韓国政府の虚勢だったのだろうが、もしかしたら本気でそう考えていたのかは、筆者の知るところではない。

     日本側の立場としては、2020年に当時の麻生太郎財務大臣の発言を引用しておく。

    「(2020年から)6~7年前に(スワップを終了して)本当にいいのかと聞いたら、韓国は『借りてくださいと(日本が)言うなら、借りることもやぶさかではない』と答えた。頭を下げて『借りてほしい』などという話は聞いたことがない」

    こういうことなのだ。

     筆者に言わせるならば、日本側には何が「待ったなし」なのか、説明してほしいし、韓国側には今までの発言に対しての責任を果たしてほしい。日韓関係が悪いのは関係の問題なのではなく、お互いの国内問題なのである。

     本当の意味での日韓友好には、保守派の右派も左派も反日派も必要ない。韓国に必要なのは責任感のあるリアリストだけである。

    (立花 志音:在韓ライター)

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70124

    【【韓国】文在寅政権で加速した韓国の共産化、新大統領の双肩にかかる重すぎる後始末】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/09(月) 18:59:52.89 ID:CAP_USER
    mun0509
    間もなく退任する韓国の文在寅大統領が5月9日、国民に向けた最後の演説で「日本の不当な輸出規制による危機を克服した」と改めてアピールしました。

    文大統領は9日午前、退任演説を行い、平昌オリンピックの成功や、「K-防疫」と自賛してきた新型コロナ対策を振り返り「韓国は先進国であり、先導国家になった」などと述べ、自身の5年にわたる国政運営を評価しました。

    また日本政府が2019年に韓国向けの輸出管理を強化したことを「不当な輸出規制」としたうえで半導体素材などの国産化に成功し「国民の団結した力で克服した」と改めてアピールしました。

    一方、今年に入り異例のペースでミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対しては、「対話再開を望む」などと述べるに留まっています。

    ヤフーニュース(FNN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/413bae4f3bd4e31d382bee05573fb6837e21aefe

    【【韓国】文在寅大統領が退任演説で自画自賛「日本の不当な輸出規制を克服した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2022/05/08(日) 19:15:47.27 ID:CAP_USER
    no title

    韓国の文在寅大統領=3月1日、ソウル(EPA時事)

     【ソウル時事】韓国の文在寅大統領が9日、5年の任期を終え退任する。朴槿恵前大統領の弾劾・罷免という異例の事態により政権に就いた革新系の文氏は任期中の統一地方選と総選挙で圧勝。支持率は今も高いままだ。しかし、一時は雪解けムードに沸いた南北関係は結局停滞。対日関係は極度に悪化し、厳しい評価がつきまとう。

     朝鮮戦争中、北朝鮮からの避難民の子として生まれた文氏は、南北融和に強いこだわりを見せた。朝鮮半島情勢は極めて緊張した2017年から一転、18年の平昌冬季五輪を契機に南北首脳会談を実現させ、初の米朝首脳会談につながった。しかし、19年2月の米朝首脳会談が決裂すると、南北関係も冷却。今年に入り北朝鮮は凍結していた大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を再開し、17年に逆戻りしたような状況になった。

     対日関係では、市民団体の要求に応えた形で「被害者中心主義」を掲げ、朴政権が15年に結んだ日韓慰安婦合意に基づいて設置された「和解・癒やし財団」を解散した。元徴用工訴訟をめぐり、18年に韓国最高裁で日本企業の賠償判決が確定すると関係悪化はさらにエスカレート。打開に向けた文氏の指導力は見えず、保守陣営からは「『反日』を国内政治に利用し、無責任」と批判された。

     文氏は「国民全員の大統領になる」と述べた就任演説とは裏腹に、「積弊清算」を掲げて過去の保守政権の不正を追及し、社会の分裂を一層深めた。新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃からは比較的早く回復したとされるが、不動産価格の高騰や、急激な最低賃金の引き上げは、大統領選で保守の尹錫悦氏の当選を許す一因となった。それでも、韓国ギャラップが6日発表した支持率は45%。退任直前に念願だった検察の権限縮小を実現させるなど、最後まで主張を押し通した。

     文氏は10日の大統領就任式に出席した後、南東部・慶尚南道梁山で暮らす予定。「現実政治に関わりを持たず、平凡な市民として生きる」と語る。

     しかし、国会で多数を占める「共に民主党」には、文政権を支えた勢力が多く残る。文氏は4日に「次期政権は、われわれの成果、実績と比較されるだろう」と語るなど、尹新政権への対抗意識を隠さない。「静かに暮らしたくても、周りがほっておかない。今後も政治的影響力はあるだろう」(党関係者)という声もある。

    時事通信
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022050700374&g=pol

    【韓国・文大統領、9日退任 対日、北朝鮮など評価厳しく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/07(土) 09:31:11.41 ID:CAP_USER
     57072BBC-401E-479F-999B-97CCE09BE5E0
    【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は6日、文在寅(ムン・ジェイン)政権5年間の国政運営成果をまとめたウェブページをオープンし、前日まで実施した各種の政策に対する評価を問う投票の結果を発表した。投票は青瓦台が用意した選択肢から選ぶ形で行われ、約15万人が参加した。

    経済・産業分野では、最も目立った成果として、日本による対韓輸出規制強化を受けた素材・部品・装置の日本からの自立強化(48%)が挙がった。次いで、半導体や自動車などの国際競争力の引き上げ(27%)が続いた。

     外交・安全保障・国防分野での成果としては、昨年の韓米首脳会談で韓国軍のミサイルの最大射程や弾頭の重量などを制限する韓米ミサイル指針を撤廃したこと(41%)、年間国防費の初の50兆ウォン(約5兆1200億円)突破(25%)などが挙がった。

     また、労働政策では、労働時間の上限を週52時間とする制度の導入(48%)がトップだった。

    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220506003800882?section=news


    【【えっ?】韓国・文在寅政権5年間の国政運営成果、国民評価トップは日本から素材・部品で自立】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/03(火) 18:33:54.14 ID:CAP_USER
    57072BBC-401E-479F-999B-97CCE09BE5E0
    退任を控えた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が3日に行われた国務会議(閣議に相当)で、これまでの5年を振り返り「わが政府の5年は、国家的危機を、汎(はん)政府的な力量を総動員して克服した時間だった」として「日本の不当な輸出規制に対抗し、素材・部品・装置分野での自立の道を歩みながら『誰も揺るがせない国』の土台を確実に築いた」と述べた。

     文大統領はこの日、青瓦台(韓国大統領府)で行われた文政権最後の国務会議を主宰し「未曾有のコロナ危機では国民の命と経済を守るために全力を尽くし、ロックダウンなしの防疫と経済対応の双方で世界的な模範との評価を受けた」とした上で、上記のように述べた。

     さらに「危機克服の過程で、人を中心とした回復と、包容性の強化という方向性を守った」「新成長動力の創出とデジタル転換、炭素中立(カーボンニュートラル)時代の開拓という新たな挑戦に果敢に取り組んだ」と述べた。

    また「堅固な国防と韓半島の平和構築のためにまい進し、国際協力を強化して外交の地平を大きく拡大した」「最近急変している対外経済安全保障の環境に対応するために、経済関連部処と安保関連部処が連携して機敏に対応している」と評価した。

     文大統領は「わが政府は最後まで危機克服に全力を傾け、先導国家への飛躍に向けて最善を尽くした政府」だとして「過去5年間の成果と努力が次期政権の役に立ち、大韓民国が引き続き発展していく足がかりになると期待している」と述べた。

    ソン・ドクホ記者

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/05/03/2022050380425.html


    【韓国・文大統領が任期5年を評価「日本の不当な輸出規制に対抗し『誰も揺るがせない国』をつくった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/04/28(木) 09:44:12.25 ID:CAP_USER
    57072BBC-401E-479F-999B-97CCE09BE5E0
    ※JTBCの記事(韓国語)
    [大胆 - 文在寅の5年]「アメリカの方なのか中国の方なのか、二者択一要求しない」
    https://news.jtbc.joins.com/html/892/NB12056892.html
    [ところでそれが必ず悪くだけ作用するのか。必ずしもそうではありません。私たちは中国が最大の貿易国であり、個々の国としては米国が2番目の貿易国家です。私たちがその間に米国への輸出も増えてきた。我が国発展していませんか?だから今は強大国の間に生えたエビのような存在だとだけ考えず、もう韓国がイルカくらいになるのです。]


    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がこのほど、米中の争いにおける韓国の立場について「大国の間に挟まれたエビのように考えてはならない。今はイルカくらいになっている」と主張したことが中国でも伝えられ注目されている。

    中国紙・環球時報が27日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に投稿した記事によると、文大統領は、韓国JTBCテレビで26日放送されたインタビューで、「親中政府」という批判があることについて、米韓同盟が韓国外交の基盤であると認めた一方で、隣国であり最大の貿易パートナーでもある中国と調和の取れた良好な関係を維持すべきだとの考えを示した。

    その上で、米中の争いにおける韓国の立場について「米国側なのか、中国側なのか、二者択一を求められてはならない」とし、「大国の間に挟まれたエビのように考えてはならない。韓国はイルカくらいになっている」と主張した。

    文大統領の主張について、ウェイボー上では、中国のネットユーザーから

    「違いがよく分からない」
    「大国に挟まれた小国は二股外交を行うもの。中国で言えば春秋時代の鄭国」
    「もうすぐ退任だから言いたい放題だな」
    「イルカはもっと賢いぞ」
    「残念だが韓国は飼いならされた水族館のイルカ」
    「クジラになることを夢見るイルカかな」
    「毒を持つフグでしょ」

    などの声が上がった。

    2022年4月27日(水) 21時50分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b893338-s39-c100-d0192.html


    【【文大統領】「韓国を大国の間に挟まれたエビと考えてはならない、今はイルカだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/04/23(土) 08:48:46.15 ID:CAP_USER
    ┃退任を控えた文在寅に対し、歪曲・偏向記事を相次いで掲載

    (写真)
    no title

    ▲ 文在寅(ムン・ヂェイン)大統領と安倍元総理
    _______________________________________________________

    『文氏、命乞いか・・・現・次期大統領の会談延期』

    先月17日、日本の極右メディアである産経新聞系列のタブロイド紙、『夕刊フジ』に掲載された記事の見出しである。

    それから約1か月経った去る20日、週刊誌の『フライデー』は、『野党大統領誕生で与党へ報復・・・文在寅の予想される悲惨な末路』という見出しの記事を掲載した。

    退任を控えた文在寅大統領に対する、日本メディアの扇情的で無責任な報道姿勢が日増しに度を越えている。

    まず、夕刊フジに掲載された記事の内容を詳しく見れば、メディアは当時の文大統領と尹(ユン)次期大統領の大統領選挙後の初会合が延期された理由について、「文大統領の退任後の身の安全をめぐる駆け引きが理由になったもの」と主張した。

    嫌韓論者の主張が論拠の全てである。

    夕刊フジは、「韓国の歴代大統領は退任後に逮捕・処罰されるなど、悲惨な末路をたどっている。文氏が尹氏に対し、 “退任後も自身の平穏な暮らしを保証セヨ” と確約させようとし、意見が合わなかった可能性がある」という、嫌韓論者の室谷克実の主張を引用した。

    フライデーに掲載された記事も同じだ。

    (写真)
    no title

    ▲ 文在寅大統領と尹錫悦時期大統領。

    フライデーは現政権時に発生した一連の不祥事を紹介し、「間もなく座を離れる文大統領のその後には、悲惨な末路が待っているかもしれない」と主張した。

    週刊誌の『週刊ポスト』も最近、『尹新大統領、文在寅氏の逮捕に全力か・・・野党議員の見せしめ検挙も』という見出しの記事を書いたのだが、一方的な主張だけが盛り込まれている。

    この記事は、日本軍慰安婦の蛮行を否定する『慰安婦虚報の真実』という本を発行した、元朝日新聞ソウル特派員の前川恵司の主張に依存した。

    彼は、「北朝鮮との融和策を見せながら全く成果を残せなかった文氏に対し、国家内乱罪で即刻逮捕すべきという声が保守派から出ている」とし、(韓国)国内の一部過激派の主張だけを伝えた。

    このような記事を掲載したメディアは政論紙ではないが、これらのメディアが立てた根拠自体が論理がなかったり、事実を歪曲したという点で物議を醸す見通しだ。

    ソウル経済(韓国語)
    https://www.sedaily.com/NewsView/264SLF1CSV

    【【韓国】「文在寅、命乞いか」、「悲惨な末路」・・・目に余る日本メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/03/31(木) 16:20:05.28 ID:CAP_USER
    57072BBC-401E-479F-999B-97CCE09BE5E0
    韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は30日午後、ソウル市内にあるチョゲサ(曹渓寺)で開かれた「大韓仏教曹渓宗第15代宗ソンパ(性坡)大宗師推戴法会」に出席し、「残りの期間も最善を尽くす。自然に戻って忘れられた人生、自由な人生を送りたい」と大統領退任後の人生について語った。

     文大統領はこの日、法会に先立ち、性坡大宗師と茶談の最中に、今後の人生について明らかにした。今回の法会は韓国南部、キョンサンナムド(慶尚南道)ヤンサン(梁山)市にあるトンドサ(通度寺)の方丈(住職)を務める性坡大宗師が、曹渓宗の最高指導者である宗正に推戴されたことを祝う席だった。現職大統領が「宗正推戴法会」に出席したのは初めて。

     文大統領は2020年1月の新年記者会見で、任期後の計画について「忘れられた人に戻りたい」と語っていた。この日、文大統領の人生観が変わっていなかったことを改めて示した。

     文大統領は「退任すれば(性坡大宗師)と隣人になる。頻繁に訪ねて教えを乞いたい」と述べた。5月9日に任期が終われば、文大統領は通度寺の近くに新居をかまえる予定だ。故ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領も生前、通度寺を訪れ、性坡大宗師とたびたび会って話をしていたという。

     性坡大宗師は「文大統領を以前から尊敬していた。親近感を持っていた」と述べた。

     また、「百里の道を歩む人は九十里を半分と考え、残りの十里が重要だ」という意味の「行百里子半九十里」という言葉を紹介した。「文大統領が、任期をしっかりと終えられるよう協力したい」と付け加えた。

     この日の訪問について、仏教界との関係を改善するための行動ではないかという憶測も出ている。昨年12月、文化体育観光省が、天主教のソウル大教区とともに「キャロル活性化キャンペーン」を実施し、仏教界の反発に遭っていた。結局、ファン・ヒ(黄熙)文化体育観光相が曹渓宗総務院を訪れ、謝罪したことがあった。

    2022/03/31 07:45配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0331/10341843.html


    【【韓国】文大統領「退任後は自然に戻り、ひっそりと暮らしたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル