かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:日本人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/11/18(水) 08:08:38.91 ID:R33bOoBZ9
     ブラジルの警察によりますと、今月16日、ブラジル中西部のゴイアス州アバジアニアの森の中で、現地在住のアカマツ・ヒトミさん(43)の遺体が見つかりました。アカマツさんは10日から行方不明になっていて、友人が15日に警察に捜索願を出していました。

     この事件で警察は、強盗殺人と死体遺棄の疑いで18歳の少年を逮捕しました。警察の取り調べに対し、少年は金銭目的でアカマツさんに声をかけたものの抵抗され、犯行の発覚を恐れてアカマツさんを殺害し、遺体を埋めたと供述しているということです。

     さらに少年は薬物依存症で、薬物購入を目的に犯行に及んだと供述しているということです。警察は友人の話として、アカマツさんは2011年の東日本大震災で被災し、放射線の治療を目的に2年前にブラジルに移住したとしています。(18日06:23)

    2020-11-18 07:14 MBS
    https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20201118/4129721.shtml

    【【ブラジル】ブラジルで日本人女性殺害 強盗殺人容疑で少年(18)逮捕 女性は震災で被災、放射線の治療目的で2年前にブラジルに移住】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/10/28(水) 20:13:36.03 ID:3QbvvHtb9
    kr250

    「被害女性の首を絞めたのは故意ではない」

    女性の人権大会で

     今年7月、韓国に滞在していた日本人女性が、韓国人男性から強姦被害を受けた事件が明らかになり、韓国メディアの報道で話題になっている。韓国語を勉強するためソウルに留学中だった被害者の女性はまだ未成年だった。

    韓国では若者の出会いの場として有名なイテウォンのポジャンマチャ(韓国式居酒屋)

     20代の容疑者男性は、被害者のインスタグラムを通じてメッセージを送り、好意を示しながら会おうと誘った。

     彼女は容疑者男性と友達になる目的で会ったが、夜10時半頃、男性が彼女の荷物を持って自宅に誘い、酒を飲ませてスマートフォンを奪った後、犯行に及んだという。

     さらに、被害者の首を約1分間押さえこんで息ができなくさせるなど、全治2週間の怪我を負わせた。

     被害者女性が直後に警察に届け出て、容疑者は逮捕され、韓国検察は男性を未成年者性保護に関する法律違反と暴行の罪で起訴した。

     10月19日にソウル北部地裁で容疑者に対する初公判が開かれた。

     男性は犯行動機について「彼女の考えは知らなかったが、私に好感を持っていると思った」と理解に苦しむ弁解を並べ立てた。

     容疑者の弁護士もまた、被害女性の首を絞めたのは故意ではないとした上で、「弁明のように思われるかもしれないが、ベッドマットの上で酒を飲み、互いにほろ酔い状態になったところでスキンシップをしたところ、女性の上半身が後ろに傾いたので被告が被害者の首を軽く押さえた」「すぐに謝罪して女性が大丈夫と言ったことを被告は記憶している」と弁論した。

     しかし、被害女性は警察に「断れば殺されるのではないかと怖くなり、言われた通りにするしかなかった」と話し、男性が首を絞めたため抵抗できなかったと陳述したという。
    被害者に“慰安婦の復讐をしてくれた”などのコメントが…

     今回の容疑者のように韓国人男性のなかには、K-POPと韓国ドラマが日本人に人気があるという理由から、自分たちも日本の女性にBTSやヒョンビンと同様、誰でも簡単に会って好感を持たれると勘違いしている人たちがいる。

     実際、「彼女も私を好きだと思った」という容疑者の言い分は、荒唐無稽で説得力がない。

    「彼女の思いを全く知らなかった」と言いながら、自分を好きだと思ったのはなぜなのか、また相手が自分のことを好きだと思ったのなら、なぜスマホを奪って首を絞めたのか。

     説得力に欠ける弁明を並べた容疑者は、一般強姦罪より重い嫌疑が適用され、有罪の場合、10年以下の懲役または1500万ウォン以下の罰金刑が下される。暴行罪も有罪と認定されれば、罰金刑では終わらないだろう。

     何よりもまず、被害を受けた未成年の日本人女性のことが心配でならない。

     韓国が好きで韓国語を学ぼうと望んだ彼女は、新型コロナウイルスの渦中に留学を決心した。

     そして、未成年という若さで恐怖を味わい、生涯心の傷を抱えて生きていくことになるからだ。

     しかし、この事件に関するネットニュースの反応は「彼が従軍慰安婦おばあさん達の復讐をしてくれた」「日本のセクシービデオを見れば、女性のことをわかるだろう」などというゴミのようなコメントが並んでいる。

     韓国政府は今回の事件について被害者への謝罪や再発防止といったコメントは一切出していない。

     韓国内の反応を借りれば、「一個人が引き起こした事件にすぎない」からだ。

    (略)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/295c7c4b0771cef20ff1a2d8b5d8c85cdf3ebbb6 


    【韓国滞在中の「日本人未成年女性」が強姦被害を受けた事件が明らかに 韓国のコメントに、謝罪は一切見当たらず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/10/24(土) 15:26:25.26 ID:CAP_USER
     kr250
    ソーシャルネットワークサービス(SNS)を介して知り合った未成年者の日本人を強姦、傷害を加えた容疑を受け、20代の男性が裁判にかけられた。

    24日、裁判所によると、19日、ソウル北部地裁刑事合意13部ホ警護部長判事の審理で、Aさん(27)の児童・青少年の性保護に関する法律違反(強姦など致傷)容疑の1次公判が開かれた。

    この日、Aさん側の弁護人は、法廷で「お互いに好意を持っていると思ってそうした」と主張した。一方、被害女性は調査当時、「拒否した場合は殺されそうで恐怖だった」と述べた。

    先立って、去る7月に国内に留学中だったBさんとインスタグラムを介して知り合ったAさんは、自分の家にBさんを連れて行くために荷物を持ってくれて誘引した。

    Aさんは、同月、自分の家でBさんと一緒にお酒を飲んでいたら、突然携帯電話を奪い身体接触をした。Bさんがこれを拒否すると、Aさんは、強制的に性暴行した。

    この過程で、Aさんは、Bさんの首を約1分間締め、窒息させるなど全治2週間の傷害を負わせたことが分かった。

    Aさん側の弁護人は「お互いに酒を飲んだ状態でスキンシップをして、体が傾いて首を軽く押したことは正しい」と言いながらも「すぐに謝罪し、被害者は大丈夫だと言ったのが、当時の状況をよく整理した被告人の記憶」とした。

    一方、Bさんは調査で「その場で拒否した場合私を殺すようで、恐怖を覚えて、こんなことになった」という趣旨の供述をしたことが分かった。

    中央日報 入力2020.10.24。14:57
    https://n.news.naver.com/mnews/article/025/0003046289?sid=102

    【【韓国】留学中の未成年者の日本人を強姦、傷害(首を1分間締めるなど全治2週間)を加えた20代男…「私のことを好きかなと思った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/08/11(土) 05:56:26.11 ID:CAP_USER9
    8/11(土) 4:16
    北朝鮮で日本人男性が現地当局に拘束されていることがわかりました。政府は情報収集を急ぐとともに、水面下で解放に向けた交渉を行っているということです。

     政府関係者によりますと、北朝鮮に入国していた日本人男性が現地当局に拘束されているということです。

     政府関係者は「いま、緊張感をもって対応している」と述べ、男性が現地当局に拘束された経緯や北朝鮮に入国した理由などについての情報収集を急いでいます。また、同時に政府は、水面下で男性の解放に向けての交渉なども行っているということです。(11日02:26)

    ヤフーニュース(JNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180811-00000014-jnn-pol

    【【社会】北朝鮮で日本人男性拘束、政府が水面下で交渉開始 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/07/06(金) 21:41:26.87 ID:CAP_USER9
     
    在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到 
    2018年7月5日 13:30  
    発信地:バニュルスシュルメール/フランス [ フランス ヨーロッパ ]  

    【7月5日 AFP】南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。 

     退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。 

     昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(El Celler de Can Roca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。 

     また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売。発売時12ユーロ(約1500円)だった価格は26ユーロ(約3300円)まで跳ね上がった。 

     ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。 

     ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。 

     2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置する。購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。 

     しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された。ショウジさん夫妻の代理人を務める弁護士によると、「最初は当局側のミスだと思ったが、3日前に県当局が正式なものだと認めた」という。夫妻は代理人を通じて異議を申し立てている。 

     代理人の弁護士は、夫妻の地元では他のワイン醸造家も「政府の助成を受けていてさえ平均月収は1000ユーロ(約13万円)未満だ」と指摘。こうした周囲のワイン農園と比較して2人はよくやっていると述べ、「夫妻のワインは大成功を収めていて、今年の生産分も既に75%が予約済みだ」と語った。 

    「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している。  

    AFP
    【【フランス】 在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/06/02(土) 13:25:45.94 ID:CAP_USER
     7179D889-2ECA-4E01-B55F-FD28ECD0884D
     フィリピン警察は2日までに、「財宝探し」のため違法な穴掘りをしたとして、日本人4人とフィリピン人13人の計17人を逮捕し、シャベルやロープなどを押収した。

     17人は財宝を見つけられず、どのような財宝を探していたかも不明。
    フィリピンには太平洋戦争中に旧日本軍が隠したとされる「山下財宝」にまつわる伝説があり、これを探しだそうとする者と地元民とのトラブルが多発していた。

     警察によると、日本人は40~60代の3人と15歳の少年。
    北部ルソン島サンバレス州沖にあるカポネス島で、約5メートル四方で深さも約5メートルの穴を掘った疑いがある。

     警察は、日本人の大人3人が資金を出し、穴を掘るフィリピン人を雇ったとみている。
    3人のうち1人はフィリピンの就労ビザを持ち、2人は旅行者だった。少年は通訳だったとみられる。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/180602/wor1806020017-n1.html

    【「隠し財宝」の発掘試みた日本人4人が逮捕 日本軍の伝説残るフィリピンで違法な穴掘り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/03/07(水) 22:28:51.04 ID:CAP_USER
    cn250
     
    ◆中国で相次ぐ「精神日本人」問題、全人代代表から法整備求める声―中国紙

    2018年3月6日、現代快報によると、中国で開催中の「両会」(全国人民代表大会・全国政治協商会議)で「精神日本人(精日)」問題に厳しい声が相次いだ。
    「精神日本人」とは「自分は中国人だが精神的には日本人」と考える人々を指す言葉で、オンライン百科事典・百度百科は「極端な人には自分が属する民族を恨んで日本を崇拝、自身が中国人であることを恥じる特徴も見られる」と説明している。

    中国では先月、日中戦争の戦場跡で旧日本軍に扮した写真をネットに投稿した男性2人が15日間の行政拘留処分になったのに続き、「南京大虐殺の死者はたったの30万人。少なすぎた」と投稿した男性が同じく5日間の処分を受けるという問題が起きた。
    記事は「精日分子は民族にとって超えてはならない一線に繰り返し戦いを挑んでくる」と指摘し、一連の出来事が両会出席者の注意を引いていると説明。

    このうち、「精日分子、精日思潮は民族感情に対する重大な挑戦」と話す全人代代表の熊思東(シオン・スードン)氏は「15日間の行政拘留処分と道徳上の非難だけでは足りない」として早急の法整備による「民族感情保護」の必要性に言及、他の出席者からも教育の見直しなどを呼び掛ける声が上がったという。

    Record china 2018年3月7日(水) 19時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b163596-s0-c10.html

    【【中国】自分は中国人だが精神的には日本人と考える人々・・・相次ぐ「精神日本人」問題、全人代代表から法整備求める声】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル