かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:日本医師会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 緑の人 ★ 2020/04/22(水) 23:48:02.83 ID:HWW4EtOl9
    FC78FDB9-1D11-481E-89FB-EC9E0C6C4080
     
    日本医師会は22日、楽天(東京)が今月、法人向けに販売を始めた新型コロナウイルスのPCR検査用の検体を採取するキットについて、 慎重な姿勢を示した。医師らが行うものではないため、検体の採取がうまくいかず、適切な検査結果が得られないなど「リスクが高い」と指摘した。

    キットは、楽天が出資する遺伝子検査会社の「ジェネシスヘルスケア」(同)が開発した。発熱などの症状がない人が対象となる。
    利用者は自宅で鼻やのどの粘液を綿棒で採取し、容器に密閉する。同社が回収した後、3日以内に結果がわかるという。

     ただ、医療機関による検査ではないため、結果は感染の可能性を示すにとどまり、陽性・陰性の判断は医師の診断が必要となる。
    楽天の広報担当者は「無症状の感染者が感染を広げている可能性もある。社員を自宅待機にするかなどの判断材料に使える」と話す。

     釜萢かまやち敏・日本医師会常任理事は、医師や看護師でないと、適切に採取できないため、

    「実際には陽性でも陰性となる場合もある。判断が難しい」と指摘する。

    企業が結果を扱う場合に、個人情報をどう保護するかなどほかの課題もある。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20200422-OYT1T50242/

    【【危険】楽天のPCR検査キット、日本医師会「偽陰性の可能性もあり、リスク高い」と懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/04/17(金) 21:14:22.25 ID:AFMFrHKf9
    8E82030B-2B6A-43C9-8CD9-2F0BC6BE8173
     
     日本医師会の横倉義武会長は17日、日本記者クラブで会見し、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査について「(遅くとも)4月あたりから、たくさんやっていくことに切り替えていけばよかった」と述べ、政府の対応に遅れがあったと指摘した。

     クラスター(感染者集団)対策に重点を置く厚生労働省は当初、PCR検査の対象を陽性になった人の濃厚接触者などに絞り込んだ。横倉氏はこうした経緯を念頭に、感染経路が不明の感染者が増えた3月下旬か4月初旬には検査対象を拡大すべきだったとの認識を示した。

     検査数が伸びない要因について横倉氏は「保健所の職員は数が抑制されてきた。効率化をした影響もあったと思う」と指摘。近年、行政改革で保健所が削減され、職員数も不足して目詰まりを起こしていることが原因との認識を示した。

     厚労省は15日の自治体にあてた事務連絡で、地域の医師会に運営を委託した「地域外来・検査センター」の設立が可能と説明。感染が疑われる人は、電話連絡してから地域の診療所などを受診した上で、同センターで検査を受ける新たな方式の流れを示した。(久永隆一)

    朝日新聞
    2020/4/17 18:11
    https://www.asahi.com/articles/ASN4K5TL9N4KUTFL012.html

    【【朝日新聞】日本医師会「検査をたくさんやっていくことに切り替えるべきだった」安倍政権の対応に問題があったと指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル