かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:普天間

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/05/16(木) 16:25:02.68 ID:K0l0YXU79
    no title
     
    【宜野湾】宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園父母会が園上空を飛ぶ米軍機の動画とコメントをフェイスブック(FB)に投稿した際、誹謗(ひぼう)中傷のコメントが相次いで「炎上」しかけ、父母会が投稿を削除していたことが15日、分かった。

     投稿は、父母会の与那城千恵美さん(46)が5月3日に発信した。神谷武宏園長が4月12日に撮影した米軍普天間飛行場から米軍機が飛んでいる動画を添付。コメントは「何度も国に訴えているのに子どもたちの環境はひどくなっている」と訴える内容だ。投稿に対し「引っ越せば」「子どもをダシに基地反対するな」などの反応があった。園側への攻撃的なコメント増加に父母会から「怖い」との声があり、投稿は6日までに削除された。

     与那城さんは「応援してくれる人もいた。今後もめげずに発信していきたい」と話した。今後は投稿の公開範囲を設定することを検討するという。

    琉球新報
    2019年5月16日 13:13
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-919311.html


    【【ネトウヨが脅迫】「子どもをダシに基地反対するな」 緑ヶ丘保育園父母会のFB投稿に中傷コメント相次ぐ 父母ら「怖い」と削除 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/03/13(火) 15:23:58.59 ID:CAP_USER9
     7F5BEC7E-3876-4EFD-B9D0-EB7A6BFC3D0B
     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を差し止めるよう、県が国を訴えた訴訟で、那覇地裁は13日、県の請求を退ける判決を言い渡した。辺野古への移設計画をめぐる訴訟で、県は16年12月の最高裁判決に続き、司法の場で再び国に敗れた。

     辺野古沿岸部の海では、地元の漁協が漁業権を放棄することを決議。これを受けて国は、埋め立て予定海域の漁業権は消滅したので、漁業権のある海域で海底の岩礁を壊す際に必要な知事の許可はいらなくなったとして、許可を取らないまま昨年4月から辺野古沿岸部で護岸の造成に着手している。

     これに対し県は、漁協の決議だけで漁業権は消滅せず知事の許可は必要だと主張。昨年7月、工事の差し止めを求めて那覇地裁に提訴した。

     国は、裁判の対象となるのは「国民の権利の保護を目的とする訴訟に限られる」とする最高裁判例を根拠に、裁判所の審理の対象外だ、と反論。訴えを却下することを求めていた。

     辺野古をめぐる県と国の訴訟は5件目。最初の3件はいったん和解したが、4件目の訴訟は辺野古の埋め立て承認を翁長氏が取り消したことの適法性について争われ、16年12月に最高裁で県の敗訴が確定した。(山下龍一)

    2018年3月13日15時15分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL3B6V36L3BTPOB003.html?iref=com_flash

    【【那覇地裁】沖縄県が求めた普天間飛行場の辺野古への移設工事 差し止め認めず 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル