かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:暴落

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2024/01/18(木) 23:16:03.76 ID:1veF+WVL9

    <中国当局は「l口先介入」で株価を下支えしようと必死だが、売り圧力の大きさに屈する始末>
     中国経済は2年ほど低迷が続き、株式市場は今や急降下だ。外国人投資家が撤退するなか、
    中国当局は機関投資家に株を売らないよう要請して株価の下支えに必死だ。

    中国の中央銀行である中国人民銀行は1月15日、中期政策金利を2.5%に据え置くことを決定し、
    投資家の間で広く予想されていた利下げが期待外れに終わったため、中国株は下落した。
    CSI300指数は2019年以来の低水準となった。
    ここまで低下したのは2023年10月だけだ。

    16日には、同指数は前日と比較して0.006%上昇したが、1年前と比較すると25.64%下落している。
    一方の世界市場はこの1年で急騰し、S&P500種株価指数は2023年に24%急上昇。史上最高値を記録した。

    FTSE中国50指数は、中国国内最大かつ流動性の高い50銘柄で構成されてリアルタイムの取引が可能な指数だが、過去6カ月に渡って大幅な下落を続けている。
    15日から16日の間にも1.77%急落した。1年前と比較すると、29.24%下落している。

    ■規制で暴落阻止に必死
    市場規制当局は、一部の投資家が特定の日に株式を売り越すことを禁止する制限を課すことで、市場を安定させようとしている。
    この戦略は、中国株式市場の回復を支援するための「窓口指導」として知られており、当局が10月に初めて導入した。

    最近まで、当局の規制は意図したとおりに機能しているように見えた。
    フィナンシャル・タイムズ紙が報じたように、ベンチマークであるCSI300株価指数は2023年の最終週に3%反発した。
    だが、このささやかな成功は2024年第1週には逆転した。
    顧客からの償還が増加したことから、当局が一部の小規模投資信託やブローカーに対する制限の撤廃を余儀なくされ、1月に入ってCSI300は4%以上下落した。

    フィナンシャル・タイムズによると、株価の暴落を食い止める必要に迫られた中国の市場規制当局は、
    すでに一部の証券会社など大口機関投資家に対する規制を再導入しているという。

    中国人民銀行は中国経済テコ入れするための手立てをほとんど失っている。
    ここ数カ月で人民元安が進んでいるからだ。人民元は今年に入って対米ドルで1%以上下落した。
    中央銀行は、人民元のさらなる下落防止を景気テコ入れより優先させる可能性が高い。

    ■外国人投資家は動揺
    一方、中国指導部は、国営のファンドや金融機関を使って株式を大量に買い占めて経済を活性化させることには消極的だ。
    こうした中国政府の消極姿勢に最も動揺しているのは外国人投資家だ。
    フィナンシャル・タイムズの計算によると、2023年に海外から中国の株式市場に流入した資金の10分の9が年末までに流出したという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/49fded3320a1412fc2e758034693efeab48f44b5


    【【バブル崩壊】中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2023/08/18(金) 16:52:02.99 ID:aHxoC40X
    「超伝導体テーマ主」下限が続出… アリ「地獄のような週末が始まった」

    パワーロジックス(047310)とドゥクソン(004830)が並んで下限値を記録するなど、超伝導体テーマ株が一斉に急落した。『最大株主の食い逃げ』問題があった西南堂も28%近く下落し、下限値に接近した。世界的な学術誌ネイチャーが『LK-99』について「超伝導体ではない」と発表した影響が2日にわたり続いている。

    18日、パワーロジックスは前取引日に比べ6500ウォン(29.95%)下落した1万5200ウォンで、下限値で取引を終了した。

    パワーロジックスは、過去11日から16日まで3取引日連続でストップ高を記録し、2万1000ウォン台まで上昇したが、この日の急落により1万5000ウォン台に押し戻された。前日、株価急騰で取引が1日停止されていたが、この日取引が再開されると直ちに下限値を記録した。

    同様の理由で前日取引が停止されていたドゥクソンもこの日、29.98%下落して下限値で終了した。ドゥクソンも、前日14日と16日、2取引日連続でストップ高を記録し、1万3000ウォン台まで上昇したが、この日は9000ウォン台に下落した。

    前日、下限値を記録した西南(294630)も前日に比べ2040ウォン(27.83%)下落した5290ウォンで取引を終了した。

    新聖デルタテック(065350)はこの日、投資リスク銘柄として指定されたため、この日の取引が停止された。新聖デルタテックは前日の取引開始早々に25%近く上昇したが、取引中に13%下落するなど、ローラーコースター相場を展開している。

    これに対し、個人投資家たちはオンラインの銘柄討論室などで「金曜日、下限値が続出とは、まるで地獄のような週末が始まった」「週末中ずっと鬱々しそうだ」「これからテーマ株はやらない」といった反応を投げかけている。

    先述のように、ネイチャーがLK-99は超伝導体ではなく、不純物の硫化銅がまるで超伝導体のように見えるという内容を発表したため、超伝導体テーマ株が連鎖的に急落した。

    16日(現地時間)、ネイチャーは「科学界がLK-99のパズルを解いたようだ」とし、「科学的な探偵作業を通じて、この物質が超伝導体でないという証拠を見つけ、実際の特性を明らかにした」と述べた。さらに「硫化銅などが電気抵抗の急激な減少や磁石の上での部分浮上が現れる原因」とし、「これは超伝導体が示す特性と類似して見える」と説明した。

    アメリカ連邦準備制度の追加緊縮化に対する懸念や、中国発の悪材料が重なり、国内株市場全体が下落したことも悪材料として作用した。
    (略)

    ダウム(韓国語)
    https://v.daum.net/v/20230818162733346

    【【韓国】超伝導体関連株が暴落 蟻「地獄の週末が始まった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/11/05(土) 12:01:05.25 ID:WN/HKl43
    「どうするんでしょうねえ」という話です。

    『韓国電力公社』(以下『韓国電力』)の経営が傾いており、社債の発行で凌いできましたが、それも限界。

    しかも、『韓国電力』が(なにせ公社で親方太極旗なので)優良な信用格付を巨額発行するため、他の企業の社債が売れなくなるという「はた迷惑」な状況となっています。

    2022年第3四半期の業績はまだ公表されていないので、上半期までの業績を確認してみますと以下のようになっています。


    no title


    2022年第2四半期
    総売上:15兆5,280億3,500万ウォン
    営業利益:-6兆5,163億4,800万ウォン
    当期純利益:-4兆8,358億2,000万ウォン

    2022年上半期
    総売上:31兆9,921億500万ウォン
    営業利益:-14兆3,032億7,000万ウォン
    当期純利益:-10兆7,617億4,400万ウォン

    ⇒『韓国金融監督院 公示システムDART』公式サイト
    https://dart.fss.or.kr/


    上半期で、営業利益は「約-14.3兆ウォン」の大赤字。ここにきて第3四半期の赤字が10兆ウォンに達するのではないかという観測が出ています(『新韓証券』の予想)。

    本当にそうなると、「2022年は-40兆ウォンでは?」という予測の信憑性を増します。

    このような絶望的観測を受け、『韓国電力』の株価は大きく下げているのです。以下をご覧ください。

    no title

    ↑2022年11月03日までのチャート(チャートは『Investing.com』より引用:日足)。

    直近52週(つまり1年間)の最安値をつけて低迷しており、上掲のとおり、2022年コロナ禍での天底までほぼ戻ってしまいました。コロナ禍天底からの回復分をほとんどすっかり吐き出した水準まで下げているのです。

    ローソク足の実体線で最高値となった2020年12月21日の始値が「2万8,600ウォン」で、直近2022年11月04日の終値が「1万6,800ウォン」ですから、最高値からここまで株価は41.3%下落し、時価総額は「7兆5,752億ウォン」蒸発しました。

    少なくとも業績が好転するような要因がないと株価は戻しそうもありません。

    (吉田ハンチング@dcp)
    https://money1.jp/archives/92820


    【『韓国電力』株価は墜落 時価総額7.6兆蒸発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2022/06/30(木) 19:35:21.43 ID:CAP_USER
    kp250
    仮想通貨の急落で北朝鮮の保有分も価値が半分以下になり武器開発計画に影響が出るとの指摘

     仮想通貨の価格が急落した影響により、仮想通貨を資金源の1つとする北朝鮮が大きな打撃を受けた可能性が指摘されています。
     北朝鮮は複数回に及ぶハッキングで仮想通貨を盗んでいると考えられていますが、北朝鮮が所有する仮想通貨の価値は1年間で半分以下になったと想定されます。

     Crypto crash threatens North Korea's stolen funds as it ramps up weapons tests | Reuters
     https://www.reuters.com/technology/crypto-crash-threatens-north-koreas-stolen-funds-it-ramps-up-weapons-tests-2022-06-28/

    (略)

    Gigazine 2022年06月30日 10時54分
    https://gigazine.net/news/20220630-crypto-crash-threatens-north-korea/

    【【暗号資産】仮想通貨の急落で北朝鮮の保有分も価値が半分以下になり武器開発計画に影響が出るとの指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/09/09(木) 18:08:07.40 ID:CAP_USER
    linecacao
    カカオ時価総額 -16.87%(過去2日間)
    6.46兆円→ 5.37兆円

    Naver時価総額 -10.34%(過去2日間)
    6.87兆円 → 6.16兆円

    韓国与党、大型IT企業規制に言及し、ネイバーとカカオ株急落
    9/9(木) 9:59配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3375d35d4ea3219a1b62988021fa9480601c2dff


    【【韓国】Naverとカカオ株が連日の暴落 時価総額1.8兆円蒸発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/09/08(水) 22:33:30.66 ID:CAP_USER
    linecacao
    ネイバー7.87%、カカオ10.06%暴落終了
    「時価総額で3位、4位の大型株が1日で10%も暴落するなんて、信じられません。」

    ネイバーとカカオが政府・与党のオンラインプラットフォーム規制の動きに7-10%ずつ暴落した8日、投資家はため息をついた。コロナ19再流行局面でもこれといった調整なしに堅調な株価の流れを見せた二つのプラットフォーム大蔵株で、一夜にして13兆ウォン近い時価総額が蒸発したためだ。企業に対する「規制」なら恥をさらけ出す外国人大口はこの日、両企業を国内株式の中で最も多く売りさばき、立ち去った。

    同日、ネイバーは前日より7.87%安の40万9,500ウォンで、カカオは10.06%安の13万8,500ウォンでそれぞれ取引を終えた。カカオは、取引中一時11.36%まで下げ幅を拡大したりもした。ネイバーは時価総額で3位を維持したが、カカオは同日の急落で三星バイオロジックス(-2.0%)に4位の座を明け渡し、5位に下がった。

    外国人はネイバーとカカオをそれぞれ2,300億ウォンと4,300億ウォンずつ売り、株価下落を主導した。同日、外国人全体売り越し1位にカカオが2位にネイバーが名を連ねた。両企業では同日だけで13兆ウォン近い時価総額が蒸発した。代表株らの低迷を受け、総合株価指数(コスピ)も同日、0.77%下がった3162.99で取引を終了した。

    金融当局が7日、カカオペイやネイバーフィナンシャルなど一部のオンライン金融プラットフォームの金融商品関連サービスを金融消費者保護法(金消法)上の仲介行為と判断し、是正措置を求めたことも株価に悪影響を及ぼしたという評価だ。SK証券のイ・ジェユン研究員は「与党と政府の規制ニュースが外国人の投資心理をさらに萎縮させた結果、売り物量が大量に殺到した」と説明した。

    (韓国語)
    https://cutt.ly/ZWGzUEq

    【【韓国】ネイバーとカカオ株が暴落 時価総額1.23兆円蒸発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/17(火) 17:50:20.15 ID:CAP_USER
    kr250

     8月15日、日本は終戦記念日で韓国では「光復節」である。

     今年の8月15日は日曜だったため、8月16日(月)は振替休日となった。おかげで今週は火曜日から株価が動くわけだが、今週はとても面白い流れになる可能性がある。

     先週金曜まで韓国の証券市場は大荒れであった。

     韓国株市場の大黒柱と言える時価総額1位のサムスン電子と2位のSKハイニックスの株価が大暴落したからだ。

     先週、KOSPI(韓国株価指数)は、3170ポイントまで落ち込んだ。週間で3%下落である。特に、半導体株が暴落した。

     面白いのは、先週1週間で外国人は7兆ウォンを売り越し(内訳としてはサムスン電子株5兆6000億ウォン、SKハイニックス株2兆ウォン分)、韓国の東学アリ(個人投資家)たちが8兆ウォン以上買った。

     だが、外国人と共に国民年金基金が韓国株を売り越したせいで、KOSPIは下落したのだった。

     年初10万ウォン台を期待していたサムスン電子株は先週8%急落し、7万4000ウォン台にまで落ち込んだ。SKハイニックスも13%急落した。

     昨年「東学アリ」たちは、サムスン電子株をはじめ、新型コロナリスクにより暴落した株を買い漁った。

     昨年は早く株価が回復したため、株で儲けた個人投資家も増え、国民の大多数が株投資に参加するようになった。

     だが、今年は外国人投資家(外国のヘッジファンドなど)はサムスン電子の普通株を2億2841万株も売った。

     特に、8月13日はたった1日で3155万株を投げ売りした。

     このようにサムスン電子株を売り飛ばした結果、外国人投資家の持ち株比率は、2年8か月ぶりに最も低くなっている。

     結果、「サムスン電子株」の価格は低迷した。

     昨年末から「2021年は半導体のスーパーサイクルの年」ということで、年末から2021年1月まではサムスン電子はうなぎ上りであった。

     そんな上り調子だったサムスン電子が今年に入るとずっと低迷し、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が逮捕された後は、オーナー不在の「オーナーリスク」と囁かれた。

     いくらサムスン電子がグローバル企業であっても、やはり先頭で指揮を執るオーナーが刑務所に入っているようでは、株価もなかなか上がらないというわけだ。

     だからと言ってサムスン電子の業績が悪かったわけではない。

     そのため、8月15日を迎えて、もしかしたら大統領が特赦をするのではないかと、韓国ではかなり期待されていた。

     韓国では大企業のオーナーが不正などで刑務所に入っても8月15日には特赦で無罪放免にする慣例があったからだ。

    (略)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/460e14e19d21276e5e214862497fa883afeab356


    【【経済】今週、韓国の半導体メーカーに危機到来か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/03/21(日) 02:23:20.87 ID:CAP_USER
    kr250
    ■SKイノベーション (時価総額1.04兆円蒸発)

    327500(2月2日) → 211500(3月19日)
    https://www.bloomberg.co.jp/quote/096770:KS


    ■サムスンSDI (時価総額0.97兆円蒸発)

    805000(2月17日) → 661000(3月19日)

    https://www.bloomberg.co.jp/quote/006400:KS


    ■LGケミカル (時価総額1.34兆円蒸発)

    102800(2月5日) → 83000(3月19日)

    https://www.bloomberg.co.jp/quote/051910:KS

    関連
    現代自、EV8.2万台を世界でリコール 費用総額9億ドル
    https://jp.reuters.com/article/hyundai-motor-electric-recall-idJPKBN2AO0EY

    【国際】フォルクスワーゲン、韓国製バッテリーから脱却へ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1615900045/


    【【韓国】韓国バッテリー大手3社、続々と株価暴落 時価総額3.3兆円蒸発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/03/09(火) 01:30:06.32 ID:kY7+h1N+9
    cn250
    上海A株式市場のイブニングニュース:1日で2兆元が蒸発し、一部の株はほぼ半減しましたが、いつ安定するのでしょうか。

    3つの主要なA株指数は閉じました。ChiNext指数は5%近く下落し、電力セクターは市場に対して上昇、
    上海証券取引所指数は3,421.41ポイントで終わりに2.30パーセント減、深セン成分指数は3.81パーセント減、ChiNext指数は4.98パーセント減。
    両都市の総売上高は9792億8700万元で、ほとんどの産業部門が減少し、電力部門が市場に対して上昇し、酒類、太陽光発電、軍事産業などのグループ部門は引き続き減少しました。ノースバウンドファンドは本日85億8900万元を売りました。
    3月8日に市場が開いた後、GEM指数は5%急落し、個々の株は全体的な下落パターンを示しました。
    3,000株以上が閉鎖され、60株以上が9%以上下落しました。損失の影響広がり始めました。

    大手ファンド会社の関係者は、「ファンド解約の波は十分ではない。今年来た新市民、または昨年の第4四半期に来た新市民の一部は変動損失のあるファンドを保有している。通常は損失があります。変動損失を考慮して、市民は額面近くでファンド解約をすることを選択することがよくあります。そのとき、ファンドマネージャーへの圧力は大きくなります。もちろん、A株の場合今後も急速に減少し続け、市民が損失を食い止めるためにロスカットすることを選択する可能性も大幅に高まるだろう」と語った。

    イーストマネー(中国語) 2021/3/8 21:42 "株式市場、2兆元が蒸発"
    http://finance.eastmoney.com/a/202103081834880383.html

    【【アイヤー】中国、上海から1日で33兆円が蒸発 深セン指数が暴落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/10/30(金) 09:53:44.41 ID:CAP_USER

    kr250
    最近上場した後に株価が急落したビッグ・ヒット・エンターテイメントに関連、韓国取引所が株を大量に売った私募ファンドに不公正取引がなかったかどうかを調べる。

    同ファンドが保有株を売ったことで株価が急落したが、この過程で株価操作や内部者情報の利用があったかどうかを確認するということだ。

    証券業界では「個人の被害が大きかっただけに徹底的に確認する必要がある」という意見と、「証券関連機関が世論に振り回されるのは問題」という懸念の声が出ている。

    韓国取引所の関係者は29日、「ビッグヒットが上場後に急落する過程で大株主の不公正取引関連の規定違反がなかったかを集中的に調べる」とし「公募直後に株価が上昇した事例は多いが、急落したケースはなかったため、具体的な内容を調べる必要があると判断した」と述べた。

    株価が急落した新規銘柄について取引所が不公正取引の有無を調べるのは初めて。遅くとも年末までに結論を出す予定だ。

    取引所が調べる疑惑の一つは株価操作。ビッグヒットは上場直後にしばらくストップ高となったが、その後すぐに急落した。

    4大大株主の投資会社スティックインベストメント(当初の持ち株比率9.7%)とメインストーン(7.0%)の売りが主な原因だった。

    しかしこれに関連して容疑を見つけるのは難しいという見方が多い。イ・サンミン弁護士は「一般的に株価操作は数日間にわたり人為的に株価を上げた後、個人が追いつけば売りに転じて差益を実現する形で行われる」とし「ビッグヒットはすぐに急落し、上場前から公募価格があまりにも高いという声が多かったため、そのような可能性は低いと考えられる」と述べた。

    ただ、内部者情報の利用については追加の確認が必要だという声が出ている。スティックとメインストーン側は内部者をビッグヒットに登記役員として1人ずつ送っている。フリーIPO(企業公開)投資家は慣例で取締役を一つずつ受けることができるからだ。

    ビッグヒットは上場推進過程で損益構造と財務状態を公開しない「神秘主義」を固守したが、スティックとメインストーンは他の投資家とは違い情報に接近できる環境だった。

    消費者市民会のペク・デヨン会長(弁護士)は「大株主が上場直後に単に差益を実現したのか、個人投資家が知らない情報を得て自らの被害を最小化するために株式を売ったのかは明確にすべき」とし「後者なら法的な責任を問わなければいけない」と話した。

    ただ、一部では「損失を出した個人が声を高めて取引所も動いた」とし「証券関連機関が世論に振り回されるのは問題」という声も出ている。


    中央日報 2020.10.30 09:43
    https://japanese.joins.com/JArticle/271759


    【【韓国】「BTS事務所」ビッグヒット大株主の売り爆弾…取引所が不公正取引調査へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/09/30(水) 07:06:32.16 ID:QZjS0y6y9
    国際原油価格が暴落している。日本時間9月30日午前1時20分の時点でブレント原油12月先物価格は4.5%安の1バレル40ドル94セントに、11月先物価格もまた4.53%安の1バレル40ドル51セントの値をつけた。

    WTI原油も5.12%安の1バレル38ドル52セントにまで落ち込んだ。

    原油市場には原料需要に対する警戒感が再び戻ってきた。コロナウイルスの感染拡大で世界経済の復興と発展に脅威感が出てきたため、これが原油価格の需要には止めをかけている。

    市場への圧力をかけているのはリビア情勢に関するニュースもある。マスコミはリビアのアラビアン・ガルフ・オイル社(Agoco)が数か月に渡る封鎖を解いて、最大の油田で日量20万バレルの採掘を再開と報じている。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/business/202009307812766/

    【【国際】原油価格が暴落】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル