かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:月探査船

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/06/26(日) 21:32:43.61 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国初の月探査船「タヌリ」2カ月後に打ち上げ…月に直接向かわない理由

    設計から製作・運用まで韓国の国産技術で開発された韓国型ロケット「ヌリ号」(KSLV-2)が21日に打ち上げに成功し、韓国の宇宙探査技術に対する関心が高まっている。今年はヌリ号2回目の打ち上げのほかにも意味ある宇宙イベントがまだある。2カ月後に行われる月探査船「タヌリ」の打ち上げだ。タヌリは韓国初の月探査船で、「月をすべて享受してきなさい」という意味が込められた。

    ◇月にはなぜ探査船送るのか

    人類の月探査の歴史は1950年代にさかのぼる。冷戦時代に米国と旧ソ連が宇宙探査技術を先取りするために激しく競争した際に月探査技術も発展し始めた。1958年8月に米国はパイオニア1号を始まりに何度も月探査を試みたが、任務達成には失敗した。1カ月後に旧ソ連も負けないように月衝突船Ye1号を打ち上げたがやはり目標は達成できなかった。無人月探査が初めて成功したのはそれから1年後の1959年9月、旧ソ連の月衝突船ルナ2号が打ち上げられた時だ。

    人が直接月に着陸したのはそれから10年後の1969年だ。米国のアポロ11号はニール・アームストロングをはじめとする3人の宇宙飛行士を乗せて月に向かい、着陸に成功した。月に降り立ったニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは月に足跡を残し、月に観測器を設置した。月の石と砂を採取して地球に帰還した。その後これまで12人の宇宙飛行士が月表面に降り立ち、約380キログラムの月の石を採取して地球に戻った。現在まで月軌道に進入した国は米国とロシア、中国、欧州連合、日本、インドの6カ国だ。月着陸に成功した国は米国とロシア、中国の3カ国だけだ。

    韓国航空宇宙研究院月探査事業団のキム・ウンヒョク責任研究員は4月の講演で、人類が月探査に乗り出す理由を大きく3種類で説明した。キム研究員は最初の理由として、未知の世界に対する探求を挙げた。2番目は地球とは違う月で新たな科学的事実を確認しようとする欲求のためとみた。3番目は単純に月を探査するのにとどまるのでなく、人類の宇宙活動領域を拡張するのに月を踏み石とするためだ。月は地球と近いが、重力が地球の6分の1にすぎず、相対的に少ない量の燃料でロケットを他の惑星に送ることができる。月は火星をはじめとする深宇宙探査に向けた前進基地として活用することもできるという話だ。

    ◇8月3日に月へ向かう「タヌリ」

    韓国は2016年から月軌道船を本格開発し始めた。昨年には月探査船と通信する深宇宙アンテナを完成させ、月探査船タヌリは打ち上げ場移送前の仕上げ作業を終えて移送を待っている。タヌリは専用特殊コンテナに載せられ来月5日に航空宇宙研究院を出発した後、仁川(インチョン)空港を通じて打ち上げ場所である米フロリダ州ケープカナベラル米宇宙軍基地に運ばれる。その後韓国時間8月3日午前8時20分にスペースXのファルコン9ロケットに載せ月に向かって打ち上げられる。韓国は2031年までに月着陸船を自力で打ち上げるという計画を持っている。

    タヌリは弾道型月軌道転移方式で月に送られる。地球や太陽など惑星の重力特性を利用して少ないエネルギーで月まで飛行する方式で、飛行時間は80~140日と長くかかるが、月に直接向かうより燃料消費量が25%ほど少ない。打ち上げ後ファルコン9から切り離されたタヌリは太陽電池パネルを広げて太陽光により電気を生産し、アンテナで地球と通信することになる。約4カ月半かけて合計9回の軌跡修正機動を経た後に計画した軌跡の通りに月に接近すれば12月16日に月軌道に到着する。その後最終任務軌道に無事到着するために5回の軌道進入機動を行った後、今年最後の日である12月31日に月の高度100キロメートルの円軌道に進入し1年間に6種の科学任務搭載体を通じて任務を遂行することになる。

    タヌリに載せられる6個の搭載体のひとつは米航空宇宙局(NASA)で作ったシャドーカムだ。タヌリが成功裏に任務を遂行すれば韓国と米国の初の宇宙探査協力が成功裏に行われることになる。KB証券のユン・チャンベ研究員は「西側諸国のロシア経済制裁で国同士の覇権競争が国境線を超え宇宙まで競争の場に変えている。民間主導の宇宙開発が本格化し韓米が各種宇宙プロジェクトで協力する機会が増加するだろう」と予想する。

    中央日報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d18a54718a3eb24b0d7b3f7fe421fd0060ee2e29


    【【宇宙イベント】 韓国初の月探査船「タヌリ」2カ月後に打ち上げ…月に直接向かわない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2022/06/06(月) 18:56:14.06 ID:CAP_USER
    no title

    ▲写真提供=韓国航空宇宙研究院

     今年8月初旬に打ち上げが予定されている韓国初の月探査船「タヌリ」が、来月5日に米フロリダ州ケープ・カナベラルにある米宇宙軍施設に向けて韓国を出発する。

     「タヌリ」は韓国時間の7月5日、衝撃防止のために設計された専用の特殊コンテナで仁川空港からケープカナベラル宇宙軍施設に移送される。その後、全てのプロセスが問題なく進めば、韓国時間の8月3日午前8時20分、米国の民間企業「スペースX」が開発したロケット「ファルコン9」に搭載されて打ち上げられる予定だ。

     「タヌリ」は4か月半にわたり飛行を続け、12月に月に最も接近した後、月の軌道進入を試みる。軌道進入まで4か月半も飛行を続ける理由は、「月遷移軌道方式」を選んだからだ。ほかの軌道より飛行時間が最大で2か月以上増えるが、燃料の消費を25%ほど抑えることができるという。この軌道は地球や太陽など天体の重力を利用し、エネルギーを最小化する。

     軌道進入に成功すれば、月の上空100キロを周回し、1年間にわたりさまざまな科学技術分野の任務を遂行する。その後は燃料の残量を見ながら追加の任務を実施する。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/06/2022060680071.html

    【韓国初の月探査船「タヌリ」、来月5日に米の発射場に移送へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/24(火) 21:13:45.81 ID:CAP_USER
    kr250

    韓国最初の月探査船の名称が「タヌリ」に決定した。科学技術情報通信部は「月探査船名称公募展」を通じてこのように決め、授賞式を行ったと23日、明らかにした。タヌリは純粋な韓国語の「タル(月)」とヌリダ(満喫する)の「ヌリ」を合わせた言葉。月を余すところなく堪能してくることを願う気持ちと最初の月探査が成功することを祈る意味を込めている。

    総重量678キロのタヌリは8月2日午後7時37分(現地時間)、米フロリダ州ケープカナベラル宇宙軍基地から打ち上げられる予定だ。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が運営するスペースXのファルコン9に搭載されて打ち上げられる。タヌリは打ち上げから4カ月半かかって月の軌道に入る。推進体とともに太陽と地球の重力を活用する方式であり、長い時間がかかるが、燃料を大幅に減らすことができる。

    タヌリは来年2月から月の上空100キロの任務軌道を一日に12回公転しながら月を観測し、アンテナを通じて観測データを受信する。また、月着陸候補地を探索し、月の磁場と放射線を観測するなど研究を遂行する。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/291396


    【【中央日報】韓国初の月探査船名は「タヌリ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル