かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:朝鮮半島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/07/07(土) 09:24:17.35 ID:CAP_USER
    no title

    日米両政府は弾道ミサイル防衛を担うイージス艦向けの次世代レーダーを共同開発する検討を始めた。日本企業の半導体技術を使い、現在の2倍以上の半径1000キロを超える探知能力にする。北朝鮮や軍備を増強する中国を念頭にミサイル防衛網を強化する。迎撃システムの根幹に関わるレーダーでの協力は日米同盟が新たな段階に入ることを示す。 

    実現すれば、2014年に武器輸出三原則を緩和し「防衛装備移転三原則(総合2面きょうのことば)」を定めて以降、初の本格的な日米共同開発案件になる。これまで個別に例外を認めてきた。新三原則のもとで共同開発を進めやすくなったことが背景にある。政府は米国の同盟国や友好国などへの輸出を通じて参画する企業の利益の底上げにつながると期待する。 

    防衛装備品は各国の共同開発が主流になっている。技術が高度になり、開発や生産にかかる費用がかさむためだ。トランプ政権は巨額の対日貿易赤字の削減のために日本に高額の防衛装備品の購入を迫る。 

    今回の共同開発構想は6月に開いた日米防衛当局の次官級協議で議題にのぼった。年内にも合意する見込みで、まず共同研究に着手し5~10年後の量産化を目標にする。19年度以降の予算に調査費を計上する予定だ。 

    次世代レーダー開発を探る米側が「ガリウムナイトライド(窒化ガリウム)」と呼ばれる半導体素子を使った三菱電機などの技術に着目。米側から共同開発を打診した。 

    従来の「ガリウムヒ素」半導体に比べ出力が大幅に高まり、より広範囲の探索が可能になる。米国企業も同様の技術を持つが、この分野は日本が先行しているとされる。 

    日本の海上自衛隊のイージス艦は米ロッキード・マーチン製のSPY1レーダーを採用している。米海軍は今後、米レイセオン製の最新鋭レーダーSPY6を搭載予定だ。探知できる距離はSPY1の2倍以上の1000キロ超とされる。 

    今回、開発するのはさらに次の世代のレーダーだ。小型化し、捕捉できる範囲を広げる。日本海側に展開するイージス艦で朝鮮半島全域に加え中国の東側の一部の地域も捉えられる。 

    高性能レーダーでミサイルなどの複数の目標物を同時に探知し撃ち落とすイージス・システムは米国の技術を集めた仕組み。関連ソフトや部品などの輸出は事例がある。システムの核心ともいえるレーダーに日本が関わるのは米国との安全保障協力の深化を意味する。 

    これまで軍事技術で優位に立つ米側が核心部分を担ってきた。今回は日本の技術力の根幹ともいえる半導体を軸に据える点でも異例だ。日米共同開発は兵器や関連技術の輸出を原則として禁じた「武器輸出三原則」の例外としてきた。新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」のほか、F2戦闘機で実績がある。 

    2018/7/6付日本経済新聞 朝刊
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32679440V00C18A7MM8000/

    【【日米】朝鮮半島全域に加え中国の東側の一部の地域も捉えられるイージス艦向け次世代レーダー開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/26(火) 13:10:40.93 ID:CAP_USER
    日帝強制支配期の朝鮮を象徴する単語の一つに「赤い山」が広く知られた。禿山という意味だ。当時、有名な詩人オ・チャンファンは「赤い山」を次の様に書いた。「街道、街道、赤い山/街道、街道、故郷だけだ/ときおり松の森があるが/それは私の年のように幼い/街道、街道、赤い山」。

    それだけ領土が荒れはてていたということだ。日帝の一方的伐木と収奪が招いた結果であった。そのうえ、6・25韓国動乱(朝鮮戦争)はいくらも残っていない山林までほとんど消した。こうしたために1950、60年代の我が国の山地は砂漠地帯を彷彿とさせた。国土の半分近くが一木一草眼に触れない荒涼とした土地だった。

    その上、山の木をこっそりと切っていく盗伐が幅を利かせた。盗伐行為を「5大社会悪」として取り締まるほどだったから、山林のき損がどれほど激しかったか知ることが出来る。さらに1969年国連報告書は「韓国山林の荒廃度は非常に慢性的であり、どのような手段も使えない状況に達した」と書いた。その時期の禿山は貧困をより一層加速化させるくびきに違いなかった。

    そうした韓国が今は世界で最も成功した山林緑化国家に数えられる。事実上荒れ地だった国土の65%を木で覆ったので世界の人々が驚いて感心する。「禿山の奇跡」という修飾語までついた。持続的な植樹・造林事業と山林保護政策などが産んだ効果だ。

    反面、北朝鮮地域の大多数の山林は相変らず荒廃した姿だ。最近の衛星撮影写真でも明確にあらわれた。全山林の32%以上が消えたと推定されるが、これはソウルの面積の47倍に達する。南北首脳会談の「4・27板門店(パンムンジョム)宣言」を履行するため、両側の山林協力分科会が今週板門店で開かれると発表された。

    協力して私たちが北朝鮮に木を植え、山林緑化技術を支援または、伝授する側面が強くみえる。しかし、南側も樹木交流のおかげをこうむることができる。例えば、私たちの固有種であるチョウセンシラベと山岳地帯針葉樹が気候変化で絶滅危機に置かれたが、これら数種を白頭山(ペクトゥサン)一帯に移して植えて「ウィンウィン」という方式だ。

    山林は北朝鮮にとって切実な分野で、南北が非政治的に最も接近しやすい協力対象ということに異論はない。人道的支援に該当し対北朝鮮制裁にも抵触しない。森林協力が本格的に進行されて南北交流と平和体制構築のうっそうとした森を成し遂げていければ良い。

    ク・シヨン論説委員

    国際新聞(韓国語) [道聴塗説]南北山林協力
    http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=1700&key=20180626.22030012450

    【【日本が緑化しましたが】 日帝が収奪で禿山にした朝鮮の山林、南北が協力して緑化の動き 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/13(水) 18:06:35.69 ID:CAP_USER9
    1F782E60-F3EA-4C7E-A6D6-6F5FE7D35C7D

    <社説>朝鮮半島非核化声明 新基地の必要論崩れる 

    ▼記事によると… 

    ・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、初の首脳会談を開いた。正恩氏は共同声明で南北首脳による板門店宣言を再確認し「朝鮮半島の完全非核化」を約束した。トランプ氏は非核化に向けた対話継続中は、米韓軍事演習を中止する意向を示した。在沖米軍も参加する演習中止は、朝鮮半島の緊張緩和につながる。 

    ・朝鮮戦争が終結すると、在沖米軍基地に大きな変化をもたらす。嘉手納基地を中軸とする沖縄の米空軍は、朝鮮戦争と深く関わっていた。嘉手納基地、米軍普天間飛行場、ホワイトビーチ地区は、在日米軍だけでなく朝鮮戦争時の国連軍基地でもある。朝鮮戦争が終結すると、沖縄に国連軍基地はなくなり、北朝鮮の攻撃対象から外れる。政府はこれまで北朝鮮を「脅威」とし「抑止力」として在沖米海兵隊の存在意義を主張してきた。朝鮮半島に平和が訪れれば脅威の前提が崩れる。普天間飛行場を維持し続けることや、名護市辺野古への新基地建設は大義名分を失い、必要なくなる。 

    ・東アジアで生まれつつある変化を敏感に感じ取れば、平和共存の枠組みづくりに水を差すような新基地建設は中止すべきだ。日本が注力すべきは新基地建設ではなく、米中韓ロなどとともに、朝鮮半島の非核化を実現することだ。 

    2018年6月13日 06:01 
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-737471.html 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・中国がいる限り必要です。 

    ・尖閣諸島に侵攻してるのはどこでしたっけ?竹島を狙ってるのはどこでしたっけ?お花畑な記事ですね。日本の国防は現状アメリカによってなんとかなってるようなものですよ 

    ・中国が軍備放棄して、人民解放軍が解散してから言って 

    ・戦線が対馬海峡まで下がるんだから、ますます必要になる。 

    ・じゃあ中国も非核化してください 

    ・中国の脅威はぁ? 

    ・中国って国知らんのか? 

    ・あいかわらず狂気の社説だなぁ。基地をなくすことで相手が攻撃対象から外してくれるなら、もうとっくに世界恒久平和が訪れてるはずなんだが。 

    ・いやいや沖縄の基地は対中国だから、朝鮮関係ないわw
     

    【琉球新報「朝鮮半島の完全非核化で沖縄の米軍基地は不要に。平和に水を差す新基地建設は中止を」 ネット「中国の脅威は?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ろこもこ ★ 2018/02/26(月) 17:57:42.66 ID:CAP_USER
    no title


     冬季オリンピックで関心の高まる朝鮮半島。ここでは、米議会図書館から、朝鮮半島の古い地図を紹介しよう。過去何世紀もの間、朝鮮やその周りの国々がこの半島をどのようにとらえてきたのか、その一端が感じられるはずだ。

     世界最古の東アジア図の一つとされるのが、1402年に作られた「混一疆理歴代国都之図(こんいっきょうりれきだいこくとのず)」。原本はすでに失われているが、15世紀と16世紀に作られた写本が残されている(ただし、いくつかの改訂が行われている)。

     掲載の地図はその写本の一つで、1560年ごろに作られたものだ。右側の朝鮮半島は実際よりかなり大きく描かれており、左端のアフリカ大陸の大きさに匹敵する。対照的に、日本は小さく描かれている。

     以降も朝鮮半島はさまざまな地図に登場するが、ほとんどにおいて実際より大きく描かれた。
     
    ヤフーニュース 

    【【地図】日本もアフリカも小さい!朝鮮半島は実際よりかなり大きい 朝鮮半島の古地図 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/01/17(水) 09:47:37.73 ID:CAP_USER9

    us250

    米下院軍事委員会(House Armed Services Committee)のマック・ソーンベリー(Mac Thornberry) 委員長(共和党)は16日、ドナルド・トランプ米政権は北朝鮮に対する軍事オプションを入念に検討していると述べた。その上で、米軍が北朝鮮との衝突を想定した訓練を「極めて真剣」に実施していると明らかにした。
     
    記者団に語った。下院軍事委員会は国防総省を監視する役目を担い、大きな影響力を持つ。

    ソーンベリー委員長は、米軍が北朝鮮との衝突に備えた準備をしているとした上で
    「こうした準備が必要でなくなることを望んでいる」とも付け加えた。

    北朝鮮危機をめぐってジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官は外交による解決を繰り返し主張しているが、国防総省が常に不測の事態に備えていることも強調している。

    ヤフーニュース(AFP)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000008-jij_afp-int
    【【半島情勢】米軍、対北朝鮮を想定した「極めて真剣」な訓練を実施中。下院軍事委トップが伝える 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル