かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:朝鮮戦争

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/14(水) 00:22:11.57 ID:CAP_USER
    2020年3月から中・高校生が学ぶ歴史教科書の執筆基準から削除する予定だった「韓国戦争『南侵』」の表現が再び含まれることが12日、確認された。

    韓国教育課程評価院が昨年8月から準備している新しい歴史教科書の執筆基準試案は、大韓民国の発展を扱い、「北朝鮮政権の全面的な南侵で勃発した韓国戦争」という学習要素がなくなり議論になった(東亜日報5日付A8面参照)。

    最近、教育部と国会教育文化体育観光委員会などは、「韓国戦争の南侵という明白な事実が抜ければ、消耗的な論議だけが生じる恐れがある」という意見を評価院に伝えたという。評価院は12日、「各界の意見をまとめ、内部審議会を通じて修正・補完中」とし、「3月初めに最終報告書を出す」と明らかにした。

    これまで国定歴史教科書(2015改定教育課程)執筆基準は、「北朝鮮政権の全面的南侵で勃発した韓国戦争」と表現した。一方、新しい執筆基準試案は、「韓国戦争の展開過程と被害状況、戦後の南北分断が固定化する過程を見る」とだけ記述した。

    これに対して評価院関係者は、「歴史教科書の執筆基準が細かすぎるという学界や教育界の指摘により、学習要素を最小限にした」とし、「韓国戦争の南侵は、戦争の展開過程を叙述する中で自然に含まれると考えた」と強調した。しかし歴史学界では、「韓国戦争の北朝鮮の責任が薄くなれば、大韓民国の正統性が否定される恐れがある」とし、「特定史観が記述され得る道を開いた」と懸念した。

    1948年「大韓民国樹立」は予定通り「大韓民国政府樹立」と記述される可能性が高い。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年8・15の祝辞で、「2年後の2019年は、大韓民国の建国と臨時政府樹立100年を迎える年」と述べた。文政権は、大韓民国の建国を1948年ではなく1919年の臨時政府樹立と見ている。1948年を「大韓民国樹立」と記述した国定教科書は、昨年5月の文氏の指示で破棄された。

    「自由民主主義」か「民主主義」かという論争は続く見通しだ。金相坤(キム・サンゴン)副首相兼教育部長官は同日、あるメディアとのインタビューで、「意見を収斂する過程で問題があるかも知れないが、民主主義という表現そのものは間違っているわけではない」と強調した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府時代、2007年の改定教育課程でも民主主義が使用され、その後、李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クンへ)政府時の改定教育課程では自由民主主義が使用された。教育界では、政府与党が改憲を推進する状況と相まって、6月の地方選挙後に結論が出るという観測が優勢だ。

    教育部は3月初め、評価院の執筆基準最終報告書を受け取れば、教育部の教育課程審議会の検討を経て、遅くても6月中に確定告示する計画だ。当初の計画より4ヵ月も遅れ、歴史教科書の拙速製作が懸念されている。2020年3月から歴史教科書が配布されるには、出版社の検定図書開発8ヵ月、検定審査期間7ヵ月ほどしか残っていない。教育部は「検定審査委員を大幅に増やし、検定期間を短縮して執筆期間を最大限確保する」と明らかにした。

    禹慶姙 · 林雨宣

    東亜日報<歴史教科書、「韓国戦争南侵」再び記述>
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1224080/1

    【【韓国】 「大韓民国の正統性が否定される恐れ」~歴史教科書から削除予定の「韓国(朝鮮)戦争『南侵』」表現、再び記述】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/02/07(水) 18:51:59.60 ID:CAP_USER
    us250
     

     【ワシントン=海谷道隆】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は6日、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に関連し、「朝鮮半島で戦うことになれば、最後は『汚い戦争』になるだろう」と述べた。

     朝鮮半島有事の際は、地上部隊の投入が避けられないとの認識を示したものだ。米軍の存在は、外交的解決を後押しするためとの見解も強調した。

     AFP通信によると、豪州北部ダーウィンに巡回駐留する米海兵隊部隊を視察した際、「北朝鮮と戦争になった際、朝鮮戦争時のような被害をどのように避けることができるか」との隊員の質問に答えた。ダンフォード氏は、米軍の能力がかつてと比べて大きく向上している点に触れながらも、最終的には「海兵隊や地上部隊が参戦し、同盟国も一緒に戦うことになるだろう」と指摘した。

    ヤフーニュース(読売新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00050152-yom-int 



    【北朝鮮と戦えば「汚い戦争になるだろう」…米軍制服組トップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/02/04(日) 11:48:24.03 ID:CAP_USER
    ソウルで韓国戦争(朝鮮戦争)期間中の民間人集団虐殺推定地が初めて発見された。韓国戦争前後民間人犠牲者全国遺族会は韓国政府に真相調査を促した。

    遺族会は3日、国防部の遺体発掘鑑識団報告書を引用し、ソウル市江北区牛耳洞(カンブクク・ウイドン)319番地(牛耳新設都市鉄道庁舎そば)で収集された遺骨最小6柱と未収集の遺骨最小2柱が発見されたと明らかにした。

    見つかった遺骨は6歳~60歳以上など多様な年齢帯の遺骨でほとんどが男性だが、一部女性も含まれたと推定される。

    死因は明確でないが、一部遺骨の脊椎にM1小銃(韓国戦争当時の韓国軍の主力小銃)で撃たれたと推定される弾頭が刺さっていた。また、手首を針金で縛られた遺骨もあった。

    遺骨の四肢と頭蓋骨には死亡当時にできたとみられる骨折があった。韓国軍が使った弾薬類と十字架、硬貨、ゴムひもなども遺骨とともに見つかった。

    鑑識団は「遺骨の手首が縛られ、ゴムひもとゴム靴を着用しており、うつ伏せの姿勢で埋葬されているなど、埋葬の特徴が民間人犠牲者事件と極めて似ている」と評価した。

    この遺骨は牛耳新設線都市鉄道庁舎の盛り土作業中に見つかった。

    遺族会はこれら遺骨の様子が民間人虐殺の場面を目撃した牛耳洞住民ウォン・ヨンボンさん(83)の証言と一部一致すると説明した。

    ウォンさんは「中学校1年生だった1951年10月に警察が韓国戦争以前に北から来て住んでいた音楽教師夫婦と妻の母、息子2人の一家族5人を射殺するのを目撃した」と証言したことがある。

    ウォンさんが目撃したという虐殺場所は今回発見された遺骨埋葬地と25メートル離れた場所だ。

    遺族会は江北警察署と国防部、行政安全部過去史支援団に収集された遺骨6柱を世宗市(セジョンシ)追慕の家に臨時安置してほしいと要請した。

    遺族会は今回の発見について「9・28ソウル修復後に不法に強行された、いわゆる『附逆者』に対する恣意的な処刑・虐殺の物的証拠が初めて見つかったもの」と評価し、真実和解委員会法の改定を通じ、当時の過去史に対する追加真相究明をしなければならないと主張している。


    2018年02月04日11時16分
    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/246/238246.html?servcode=400&sectcode=400


    【ソウルで初めて韓国戦争(朝鮮戦争)当時の民間人虐殺推定地発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/01/22(月) 02:35:19.55 ID:CAP_USER
    no title

    カナダのバンクーバーで開催された朝鮮戦争連合軍側の外相会議に、中国は強烈な不満を表明。
    中米蜜月が吹き飛ぶどころか、冷戦時代の構造に戻したとした。
    中露を招聘しなかった主催者側を徹底批判している。

    〈中露を招聘しなかった主催者〉

    朝鮮戦争時の連合国側(朝鮮戦争国連軍)外相を集めて会議を開こうと呼び掛けたのはアメリカで、相談した相手はカナダであると、中国は報道している。
    テーマはもちろん、北朝鮮問題、すなわち朝鮮半島安全保障問題だ。

    1月16日付の「環球時報」が
    「美加(米国・カナダ)20カ国が"北朝鮮核問題大会"をやってのけた」という趣旨のタイトルで、一面トップで扱っている。

    同社説では「国連軍幽霊の再現、中露両国は招聘されていない」ということが強烈な口調で書かれているだけでなく、バンクーバー会議に集まった国家の外相を「奇怪なサークル」とまで呼んでおり、中国の不満が尋常ではないことが窺える。

    朝鮮戦争は北朝鮮の金日成(キム・イルソン)首相が旧ソ連のスターリン書記長をそそのかして起こしたもので(1950年6月)、中国の毛沢東主席は反対だった。しかしスターリンの指示であるとうそぶく金日成の甘言に弄されて、毛沢東は、ようやく首を縦に振った。

    スターリンは金日成に「ソ連軍自身は参加せず、毛沢東を説得して中国人民解放軍に参戦させろ」と裏で糸を操った。

    そのため国連軍が38度線を越えた1950年10月、毛沢東は中国人民志願軍を編成して北朝鮮に出兵させたのである。

    中国人民解放軍ではなくて、「中国人民志願軍」としたのは、「中国共産党の軍隊」ではなく、「民間の志願者が軍隊を結成した」という形を取って、「国家としての参戦」の形を避けようとしたからだ。
    この当時、北朝鮮の国境にある吉林省延辺朝鮮族自治区にいて、戦火を逃れて天津に移った筆者は、中国人の小学校で、小学生までが志願することを英雄物語として教育された現象を経験している。

    このように中国と旧ソ連(後のロシア)は、国家の軍隊として表に出ていたわけではないが、しかし北朝鮮の後ろ盾として「北朝鮮側」を応援していたことだけは確かだ。

    そのためアメリカを中心とした朝鮮戦争国連軍側は、北朝鮮および中国とロシアを招聘しなかったものと、形の上では解釈することができる。しかし中国にも呼びかけて国連安保理として動いているはずのアメリカが、なぜ中国を外した形で北朝鮮問題を協議しなければならないのか。このことに対して、中国は激しく抗議表明をしたわけだ。

    ただ、対話路線と圧力路線の間には明確な分岐線があり、対話路線は「中国、ロシア、韓国」を中心として主張されており、圧力路線は日米を中心に展開されている。対話路線が実行され始めているだけに、
    圧力路線を引っ込めるわけではないことを、アメリカは見せたいのだろう。
    トランプ大統領自身の発言の揺れと韓国の八方美人的立場は、ここでは先ず目をつぶって、論じないこととしよう。

    (略)

    ニューズウィーク日本版
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9341.php

    【【カナダ】中露を招聘しなかったバンクーバー外相会議に中国強烈な不満】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/18(木) 07:36:03.93 ID:CAP_USER9

    北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、朝鮮戦争で国連軍に部隊を派遣した国や日本など20カ国が参加する外相会合が16日、カナダのバンクーバーで開かれた。北朝鮮と韓国による南北協議に「歓迎」を示しつつも、密輸による制裁逃れを阻止する海上での船舶監視活動の強化で一致するなど、日米を中心とした圧力路線でも結束を示した。

     「北朝鮮の制裁逃れや密輸に対抗することの重要性について話した。船から船への違法な(石油などの)積み替えを防ぐため、『海上阻止行動』を強めなければならない」

    ティラーソン米国務長官は会合の冒頭、そして会合後の会見で海上阻止行動を強化すると繰り返した。

     海上阻止行動には、公海上で不審な船舶を発見した場合に同意を得た上で行う立ち入り検査や、国際海洋法条約などに基づく強制的な臨検などが含まれる。臨検では、軍艦が公海上で禁制品積載などを調べるが、相手が発砲してきた場合に応戦するなど交戦につながる可能性もあり、実施にはハードルが高い。米軍は紛争時に、中東やインド洋などで実施したことがある。

    現在は、米軍や日本の海上自衛隊などの艦艇が、黄海などで北朝鮮による石油積み替えなどの警戒監視にあたっている。昨年12月の国連安全保障理事会の制裁決議では、加盟国の自国の港や領海内では、船舶の検査や押収を認めた。河野太郎外相によると、会合では北朝鮮の制裁回避の動きが巧妙になってきているとして対策を更に進めるということで一致したという。

     米政府当局者によると、米国が会合で最も実現したかったのが海上阻止行動だった。会合の枠組みの協議を始めたのは昨年9月。米国は臨検の権限を各国に与える安保理決議案を提起した。しかし、北朝鮮と経済的な結びつきが強い中国やロシアが反対。修正案では、北朝鮮側の「同意を得ること」が盛り込まれ、骨抜きにされた経緯がある。

     今回の会合では、中ロを除く、米国と関係が強い国々が結集することで、「国連安保理を補完する新たな枠組みをつくる」(外交筋)狙いがあった。

    会合後、河野外相は記者団に「(会合では)対話ムード、融和ムードは一切なかった」と言い切り、圧力維持で一致したことを高く評価してみせた。日本は当初、「会合は対話にかじを切るための下準備では」(政府関係者)と警戒し、水面下で参加国に圧力の重要性を説いて回った。外務省幹部は「最も避けたかったのは平昌五輪をめぐる南北対話を過大評価することだったが、結果的には抑えられた」と胸をなでおろした。

     一方、会合に出席していない中…

    残り:989文字/全文:2028文字

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASL1K5JYYL1KUHBI02L.html 



    【【外相会合】対北朝鮮「対話ムード一切なかった」 外相会合で河野氏 中露を除く枠組み強化へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル