1: 昆虫図鑑 ★ 2024/01/14(日) 16:35:45.88 ID:lD4aVzFI
(機械翻訳)

「韓国やアメリカが勝っても意味がない」

南北関係をめぐる北朝鮮の厳しい言辞の中で、北朝鮮の専門家は、金正恩が戦争を決意したように見えると指摘している。

ミドルベリー国際問題研究所のロバート・カーリン研究員とジークフリート・ヘッカー博士は、3月11日付けの北朝鮮メディア「38ノース」の共同記事で、「朝鮮半島の状況は1950年6月初旬以来よりも危険だ」と述べ、朝鮮戦争直前の状況を現在になぞらえた。

「それはあまりにも劇的に聞こえるかもしれませんが、金正恩は1950年に祖父がしたように、戦争に行くという戦略的決定を下したと私たちは信じています」とカーリンとヘッカーは言いました。「金正恩がいつ、どのように引き金を引くかは分からない」と述べ、戦争の危険性は米国と韓国が日常的に表明してきた警告をはるかに超えていると付け加えた。

彼らは、北朝鮮政権が30年来の米国との関係正常化を望んでいたことや、昨年初めから武力行使に直接言及し始めたことを挙げた。

金日成主席以降の3代目である北朝鮮は、1994年のジュネーブ合意に繋がる中国・ロシアに対する緩衝材として米国との国交正常化を推し進め、合意破棄後もその目標を放棄することはなかったが、2018年と2019年のドナルド・トランプ大統領(当時)と金委員長の首脳会談が失敗に終わった後、それまでの路線を放棄した。また、金委員長は祖父や父が威信を持って達成できなかった目標を追求し、史上初の朝米首脳会談に至ったが、米国からほとんど無視されたと指摘した。

彼らは、もはや北朝鮮と米国の国交正常化の努力の失敗の責任を誰が負うべきかが重要ではなく、「北朝鮮がそのような目標を完全に放棄したことで、朝鮮半島を取り巻く戦略的状況がどれほど劇的に変化したか」が重要だと主張した。

同時に、北朝鮮が中国・ロシアに対して「戦略の方向性を変える」という判断を下したのも、国際場裡で米国が衰退しているという評価に基づいている。また、中国との関係改善に大きな進展は見られないが、昨年の朝露首脳会談の際に行われた軍事分野でのロシアとの協力は成果を上げていると述べた。こうした点を通じて、北朝鮮は、世界情勢が自国に有利に傾いていると認識し、「朝鮮問題の軍事的解決」に傾くようになった。

これに関連して、2人の専門家は、北朝鮮の高官が2023年初頭から戦争の準備について話し始めたと指摘しました。例えば、金委員長は昨年8月に「祖国統一のための革命戦争の準備」を述べ、先月には南北関係を「敵対する二つの国家関係」と定義した。彼らは、北朝鮮のメディアにおける「戦争準備」の話題は、従来の虚勢ではないように見えると述べた。

また、北朝鮮政権が戦争を始めた場合、韓国と米国は北朝鮮を完全に破壊するリスクを冒すだろうか、と主張することもできる。しかし、北朝鮮政権は、他の選択肢は尽きたと考えているようで、「歴史が示すように、他に良い選択肢はないと確信している人々は、最も危険なゲームを試すことができるという見方をしていることが多い」。

また、韓国と米国は、金正恩が現状を破壊するのを阻止するため、鉄壁の抑止力を強調するなど、北朝鮮の体制を完全に破壊すると公言しているが、そのような信念は致命的である可能性があると述べた。北朝鮮は韓国全土と日本とグアムのほぼ全土を攻撃できる核弾頭を50~60発保有しているとし、戦争が勃発すれば「韓国と米国が勝っても結果は無意味」「むき出しの残骸は見渡す限り広がる」と警告した。

ワシントン/イボンヌ・ヤング特派員

NAVER(韓国語)
https://n.news.naver.com/mnews/article/028/0002672748

【米国専門家:「金正恩は戦争を決意したようだ...1950年6月以来、最も危険だ」】の続きを読む