かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:札幌地裁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/14(金) 07:31:11.81 ID:QaUG9LcU9
     ACAA4D60-8210-4A53-B98E-3B9C8F6C9C21
    https://anonymous-post.mobi/archives/8753
    奨学金返済の過払い、支援機構に返金命じる 札幌地裁

    奨学金の返済をめぐり、保証人には半額の支払い義務しかないのに、日本学生支援機構が全額を求めてきた問題で、北海道内の保証人ら2人が機構の請求は違法だとして、過払い分の返金や損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、札幌地裁であった。地裁は、半額を超える分について機構の不当利得と認め、返金を命じた。賠償請求は棄却した。

    機構が保証人に全額の支払いを求めてきた問題は、2018年11月の朝日新聞の報道で明らかになった。この問題に関する司法判断は全国で初めて。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9afaa3a276564bd779828c52fa26e44d897b9518



    はい、嘘


    今野晴貴
    NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者

    2018年に朝日新聞が明らかにしたとされているが、誤りである。
    この問題は拙著『ブラック奨学金』(2017年)でも取り上げているほか、弁護士やNPO、労働組合など様々な団体が長年取り組み、改善を迫ってきたのだ。

    実際に、2017年以前の裁判でも、保証人は400万円を突然請求されたが、奨学金問題に取り組む弁護士に相談し裁判で争った結果150万円の支払いを済ませた事例がある。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9afaa3a276564bd779828c52fa26e44d897b9518/comments?page=1&t=t&order=recommended

    関連記事

    <JBpress>「自衛隊のワクチン接種を民間に丸投げ」と“誤報”した朝日新聞社AERA =ネットの反応「また朝日に騙されてしまった…」 https://t.co/lZnzsnQHcI

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) May 13, 2021

    (略)
     

    【【また嘘】朝日新聞「この問題は、2018年11月の朝日新聞の報道で明らかになった」と自画自賛 →今野晴貴「誤りである】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/10/09(金) 20:14:36.72 ID:rNM9J6XZ9
    ainupayoku
    北海道浦幌町のアイヌ民族の団体「ラポロアイヌネイション」(旧・浦幌アイヌ協会)が、河川での経済的なサケ捕獲は先住民族が持つ権利「先住権」だとして、法や規則で禁止されないことの確認を国と道に求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、札幌地裁(高木勝己裁判長)で開かれ、国と道は請求棄却を求めた。

    訴状などによるとラポロアイヌネイションの構成員の先祖は、明治政府がサケ漁を禁止するまで同町を流れる浦幌十勝川でサケなどを捕獲していた。明治政府がアイヌの漁猟の土地を奪ったのは不当だとして、ラポロアイヌネイションが今もサケ捕獲権を引き継いでいると主張している。

    2020.10.09 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/society/national/2020/10/09/0013769575.shtml

    【アイヌ先住権訴訟、国側争う姿勢民族団体のサケ捕獲巡り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2019/12/23(月) 21:36:38.92 ID:DjKtUlij9
    朝鮮学校への補助金を求める声明を出した全国の弁護士会に大量の懲戒請求が出された問題で、このうち札幌の弁護士らが不当な請求で精神的苦痛を受けたなどと訴えた裁判の第1回口頭弁論が札幌地方裁判所で開かれました。被告側は「実質的な損害は生じていない」として訴えを退けるよう求めました。

    全国の弁護士会が朝鮮学校への補助金の交付を求めて声明を出したことをめぐっては、ネット上のブログが「声明への賛同は犯罪行為だ」などと懲戒請求を呼びかけ、おととしだけで各地の弁護士会関係者に13万件もの懲戒請求が出されました。
    このうち札幌弁護士会に所属する3人の弁護士も不当な請求で精神的苦痛を受けたなどとして、請求をした人のうち道内の52人を相手取りあわせて1650万円の損害賠償を求めています。
    この裁判の第1回口頭弁論が23日札幌地方裁判所で開かれ、原告の1人の池田賢太弁護士が「不当な懲戒請求は日常生活への攻撃でもある。この問題の背後にある人種差別を見過ごしてはならない」と訴えました。
    これに対し、被告側は「結果として実質的な損害は生じていない」などとして訴えを退けるよう求めました。

    12月23日 20時59分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20191223/7000016484.html

    【【ネトウヨvsパヨク】<余命裁判> 弁護士に大量の懲戒請求を出したバカウヨ「実質的な損害は生じていない!訴えを退けろ!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/11/09(金) 16:11:53.02 ID:CAP_USER
    <慰安婦記事訴訟>元朝日記者の請求棄却 札幌地裁
    札幌裁判所

    11/9(金) 16:09配信
    毎日新聞

     元朝日新聞記者の植村隆氏(60)が、従軍慰安婦報道の記事を「捏造(ねつぞう)」と報じられ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏や出版3社に損害賠償などを求めた訴訟で、札幌地裁(岡山忠広裁判長)は9日、植村氏の請求を棄却した。

     植村氏は朝日新聞社の記者だった1991年に書いた従軍慰安婦に関する新聞記事について、桜井氏が雑誌やインターネット上で「捏造」「意図的な虚偽報道」などと繰り返し断定し、社会的評価を失墜させられたと主張。桜井氏は「記事への論評は名誉毀損(きそん)に該当しない」としたうえで「事実と異なることを書き、記事が誤りだと判明しても意図的に訂正しなかったのならば捏造に当たる」と反論していた。【源馬のぞみ】

    ヤフーニュース(毎日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000047-mai-soci

    【【捏造売国奴】植村隆元記者が敗訴 札幌地裁 「捏造と報じられ名誉を傷つけられた」と損害賠償請求 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル