かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:東京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/17(木) 18:10:24.65 ID:9u6biUqj9
    7B16A7DA-3A45-4686-B55F-B0E84BCF50B0

     
    https://snjpn.net/archives/91195

    竹田恒泰氏、父・恆和会長の会見受け胸中「悔しい思いをしていると思う。父は曲がったことが大嫌い。私も”嘘だけはつくな”と言われてきた」

    ▼記事によると…

    ・15日の記者会見で身の潔白を主張したJOCの竹田恆和会長。

    「JOCは綿密なヒアリング調査を実施し、契約は適正な手続きを経て締結されたと確認している」

    「私自身は契約に関していかなる意思決定プロセスにも関与していない」

    「私はブラックタイディングス社と国際陸連会長およびその息子がいかなる関係にあったことも知らなかった」

    「当該コンサルト契約は日本法において違法性はない」

    と、手元の資料に目を向けながら淡々と贈賄疑惑について説明。会見はわずか7分で終了し、質疑応答は一切行われなかった。これに対し、詰めかけたメディアからは批判が殺到。

    ・竹田会長への批判が高まる中、同日夜放送のAbemaTV『AbemaPrime』に長男の竹田恒泰氏が緊急出演、騒動に対する自身の見解を語った。

    竹田氏は「記者と広報担当者のやり取りを拝見していると、もともと質疑応答を含めて30分ということだったが、未明に質疑応答はしないことに急遽決まったようだ。"ヒマじゃないんだよ"とか、結構どぎつい言葉も飛んでいたが、30分のところが7分で終わったら、あれっとなるのは当然だと思う最終的には、対フランス、ということであのような会見になったんだと思う。つまり喋れば喋るほど、フランスの捜査当局に揚げ足を取られることになりかねない。会見すらも開かず、何も語らないのがベストだった。オリンピックはJOCのものでも、いちスポーツ団体のものでもないので、ここで味噌がついてしまうのは国家的損失だ。父としては清廉潔白をちゃんと説明しかっただろうし、悔しい思いをしていると想像する」と話す。

    2019年01月16日 16:35
    https://blogos.com/article/351412/

    ▼ネット上のコメント

    ・嘘を信用してしまう事はあるよね。

    ・会長が関与していない?は~?

    ・そもそも、非合法な事する必要なんて無いですからね。

    ・竹田会長を信頼し信用しております。

    ・お父様云々では無く今の世界のアマチュアスポーツ会はお金とコネが無いと動かない世界に成り下がってしまったんです。当然、世界には倫理感の無い国や人も多いですし。名誉職はご辞退されるのが良いと思います。

    ・嘘ばかりつくから嘘をつくなと言われたんじゃないの??

    ・でも、まあ身内が身内を擁護してもね。説得力がね。

    ・闇は電通にあり。私は、ちなみに便通が悪い(-_-;)


    【五輪招致疑惑について、竹田恒泰「父が贈賄と言うならIOCから電通まで根こそぎ有罪」 ネット「闇は電通にあり」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/17(木) 17:58:19.30 ID:9u6biUqj9
    天木直人2019年01月16日 10:57
    東京五輪を危うくするもう一つの理由

     東京五輪招致疑惑を払しょくするために急きょ開かれた竹田IOC会長の記者会見が、さらに疑惑を深めてしまった。

     いよいよ東京五輪招致疑惑が安倍政権にとって大きな政治問題になりそうだ。

     しかし、東京五輪は、誰も指摘しないが、もう一つの大きな潜在的難題を抱えている。

     それは参加ボイコット問題だ。

     韓国との外交関係は、修復どころか悪化の一途だ。

     その原因が、日本の侵略に関わる歴史認識問題であるから深刻だ。

     おまけに北朝鮮との関係は拉致問題を巡ってこれまた最悪のままだ。

     ついに北朝鮮までも、拉致問題の解決と歴史問題を結びつけ始めた。

     そして、韓国と北朝鮮の和解は進み、ソウル五輪で実現した南北統一チームは、東京五輪ではさらに本格化するだろう。

     しかし、もし、このまま安倍首相が韓国、北朝鮮との関係を改善できないなら、そしておそらく安倍首相では改善は難しいから、場合によっては南北朝鮮が東京五輪をボイコットする事態が急浮上しないとも限らない。

     そうなれば、たとえ東京五輪が開催されても平和の祭典にはならない。

     何のための東京五輪かということになる。

    (略)

    https://blogos.com/article/351312/


    【【別に困らないが】天木直人「東京五輪、安倍首相のせいで韓国と北朝鮮がボイコットへ」「何のための東京五輪かということになる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/16(水) 09:44:56.51 ID:CrZoznqU9
     no title
    ■フランスではJOC竹田会長への予備審問を開始

    フランスで行われているJOC竹田恒和会長への捜査。今後、フランスの当局はどのような手続きを進めるのだろうか?

    竹田会長の贈賄疑惑について、フランスの当局は、起訴に向けた「ミザンネグザマン(mis en examen)」=「予備審問」を開始した。

    竹田会長の疑惑を担当する予審判事はルノー・バン・リュインベック判事。これまでにフランス国内の代表的な汚職事件を複数手がけてきたフランスではよく知られている判事だ。

    担当する「予審判事」は大きな権限を持っていて、警察などに証拠集めを要請することもできる。

    ■出廷を拒否した場合 代理弁護士の出廷や国際手配も

    フランス司法当局によると、予審は法律上1年との規定があるが、延長も可能。

    その後起訴するか判断し、通常、起訴からおよそ9か月から1年で裁判が行われる。

    仮に本人が出廷を拒否した場合、「本人の代わりに弁護士」に出廷を求めたり、「国際手配」に踏み切るケースもあると話している。

    ■東京高検元検事の若狭勝弁護士に見通しを聞いた

    フランス当局が起訴するかどうかについて東京高等検察庁の元検事・若狭勝弁護士は、「パパマッサタ・ディアク氏から当時のIOC委員だった父親にもし金が渡っていたとすれば、フランス側は強い意志で起訴する可能性がある」また起訴された場合は「フランスと日本の外交問題になっていくのでは…」と話している。

    FNN
    1/15(火) 13:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010003-fnnprimev-spo

    【【JOC竹田恒和会長】フランス当局捜査 もし出廷を拒否した場合どうなる?→「国際手配」に踏み切るケースも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/14(月) 17:08:54.24 ID:ij4TXBji9
    竹田恒泰
    @takenoma
    3年前、馳文科大臣(当時)は衆院予算委員会で「電通からブラック・タイディングス社が実績があるとして勧められ、招致員会が契約を判断した」と答弁している。電通から勧められた会社であることは、テレビでは触れないことが多い。電通に関するマイナスの話は、ご法度なのだろうか?

    午後4:28 · 2019年1月14日
    https://twitter.com/takenoma/status/1084713767919792128?s=19


    【【東京贈賄五輪】竹田恒泰氏「電通から勧められた会社であることは、テレビでは触れない。電通に関する話は、ご法度なのだろうか?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/12(土) 16:55:06.19 ID:WKfB64bP9
    no title
     
    フランス司法当局による竹田JOC会長贈賄容疑捜査の衝撃

    ゴーン事件が新たな展開を見せた。

     仏紙ルモンドなどが、竹田JOC会長を東京五輪招致の際の贈賄容疑で捜査していると報道したからだ。

     政府関係者はゴーン事件とは無関係だ、単なる偶然だ、などと冷静を装っているが、明らかにゴーン事件に対する日本の司法当局への圧力だ。

     司法当局の背後にある安倍政権に対するメッセージだ。

     いよいよ日本はゴーン事件で窮地に立たされることになる。

     竹田会長の贈賄容疑捜査報道の衝撃は二つある。

     ひとつは、贈賄そのものの有無だ。

     竹田会長が贈賄していたなら、それは日本政府が贈賄していた事になる。

     その場合はもちろん東京五輪は吹っ飛び、安倍政権は総辞職せざるを得ない。

     しかし、この問題は、すでに2年前にコンサルタント契約に基づいた正当な対価として政治決着している。

     そもそも、オリンピックの招致が買収されることは周知の事実だ。

     そんなことを認めてしまえば、オリンピック自体が成り立たなくなる。

     だから、竹田会長に関する贈賄容疑は政治的に成り立たない。

     それを知っていながら、今になってフランス司法当局が捜査を続けていると突然報道されたということは、明らかにゴーン事件に対する仏側の報復的脅しなのである。

     ただでさえ、日本の捜査の人権軽視について外国の批判が高まり始めた時だ。

     いよいよ検察は追い込まれる事になる。

     そこで問題になるのが、安倍政権とゴーン事件のかかわりである。

     安倍政権がゴーン逮捕を指揮し、積極的に動いたということは、さすがにあり得ないだろう。

     もしそんなことをしていたら、それがばれた時点で安倍政権は即、終わりだ。

     問題は、安倍政権が今回の検察の一連の捜査について、事前通報を受け、それを明示的、あるいは黙示的に、承認していたかどうかだ。

     そして、これまでの日本の政権と検察の関係から考えれれば、検察が政府に一切連絡せずに独断で行ったとは考えられない。

     ましてや、今の、安倍・菅政権の下では、検察・警察・司法は完全に安倍政権の顔色をうかがって動いている。

     もし今度のゴーン事件に安倍政権が、たとえ暗黙的にせよ、関与していることがわかれば、その時こそ安倍政権は国際批判の矢面に立たされる事になる。

     そして、その背後に米国の影がちらつけば、国際問題にまで発展する。

     いよいよ検察は追い込まれて来たということだ。

     その深刻さを、きょうの朝日新聞が見事に認めている。

     つまり、検察から情報をもらってスクープ報道し、以来、一貫してゴーンを悪者にして検察寄りの記事ばかり書いてきた朝日が、きょう1月12日の一面トップで、検察捜査の独善性を批判し始めたのだ。

     この朝日の手のひら返しの裏切りこそ、ゴーン事件が世界から批判の目で見られ始めたことへの危機感の表れなのだ。

     しかし、検察はいまさらゴーン追及の手を緩めるわけにはいかない。

     そんなことをすれば安倍政権からやめろと指示があったことを認める事になる。

     検察は進むも地獄、退くも地獄だ。

     そして、それはとりもなおさずゴーン事件で安倍政権が置かれている苦境でもある。

     折からあらゆる外交の行き詰まりが表面化してきた。

     それに加えてゴーン事件だ。

     待ったなしに外交の安倍の真価が問われている(了)


    天木直人
    2019年01月12日 14:32
    https://blogos.com/article/350701/

    【【パヨクと妄想】「竹田会長起訴は司法当局の背後にある安倍政権へのメッセージ。贈賄していたなら五輪は吹っ飛び安倍政権は総辞職」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/11(金) 17:34:05.34 ID:gntmZylo9
    no title
     
    ■AFP
    https://twitter.com/AFP/status/1083636251146649600
    AFP news agency 認証済みアカウント? @AFP
    #BREAKING Head of Japanese Olympic Committee indicted in France for corruption: judicial source
    -----------------------
    ■ルモンド
    L’homme fort des JO de Tokyo 2020 mis en examen pour ≪ corruption active ≫

    La justice francaise soupconne Tsunekazu Takeda d’avoir autorise le paiement de pots-de-vin en vue de l’obtention des Jeux, revele ≪ Le Monde ≫.
    Par Yann Bouchez? Publie aujourd’hui a 06h32, mis a jour a 07h12

    A un an et demi du debut des Jeux olympiques (JO) de Tokyo, prevus du 24 juillet au 9 aout 2020, c’est une nouvelle dont les organisateurs et le Comite international olympique (CIO) se seraient bien passes.

    Le 10 decembre 2018, une personnalite japonaise de premier plan etait interrogee, en toute discretion, par la justice francaise. Selon les informations du Monde, Tsunekazu Takeda, president du Comite olympique japonais et maitre d’?uvre des JO de Tokyo 2020, a ete mis en examen du chef de ≪ corruption active ≫ par le juge d’instruction Renaud Van Ruymbeke.

    Le magistrat enquete depuis trois ans sur des soupcons de corruption en marge de l’election de la ville hote des prochains Jeux d’ete. Et il soupconne la victoire de la candidature japonaise, en 2013, d’etre le fruit de tractations occultes lui ayant permis de gagner notamment la voix de membres africains du CIO.
    Lire aussi :| Au CIO, apres le chantier de l’attribution des Jeux, celui de la corruption reste entier
    Au Japon, Tsunekazu Takeda est une figure. Un pilier de l’olympisme dont l’organisation des JO d’ete doit parachever une vie au service du sport. L’elegant homme de 71 ans, cheveux gris brosses en arriere et fines montures, incarne les JO de Tokyo, bien qu’il ne soit officiellement ≪ que ≫ vice-president du comite d’organisation.

    L’arriere-petit-fils de l’empereur Meiji a participe a cinq JO depuis Munich en 1972, comme cavalier puis entraineur de l’equipe d’equitation. Depuis 2001, il preside le Comite olympique japonais, qui, selon la presse nipponne, veut lui permettre d’etre reconduit en juin pour un onzieme mandat en faisant fi de la limite d’age fixee a 70 ans.

    En 2012, M. Takeda est devenu membre du CIO, ou il preside la commission du marketing. Surtout, en tant que president de la candidature nipponne, il est le principal artisan de la victoire de Tokyo, le 7 septembre 2013, a Buenos Aires.

    Google翻訳

    2020年の東京オリンピックで強い男が「積極的な贈収賄」を起訴

    フランスの正義は、竹田恒和が大会を獲得するための賄賂の支払いを承認したと疑い、「世界」を明らかにした。

    2020年7月24日から8月9日に予定されている東京オリンピック(Olympics)の開始から1年半、これは主催者と国際オリンピック委員会(IOC)がうまくいったというニュースです。

    2018年12月10日、著名な日本人の性格が、フランスの正義によって、あらゆる裁量で問われました。世界の情報によると、日本のオリンピック委員会の委員長であり、東京2020年オリンピックのマスターである竹田恒和氏は、「現役汚職」の責任者であるルノー・ヴァン・ルイムベークを調査していた。

    治安判事は、次の夏季オリンピックの開催都市の選挙の傍観で、3年間腐敗の疑いについて調査します。そして彼は、2013年の日本の立候補の勝利は、彼が特にIOCのアフリカのメンバーの声に勝つことを可能にしたオカルト交渉の結果であると疑っています。
    IOCでは、オリンピックの授賞式の構築後、汚職のそれはそのまま残ります
    日本では、竹田恒和が象徴です。夏季オリンピックの組織がスポーツの奉仕において人生を終わらせなければならないオリンピズムの柱。エレガントな71歳、白髪、背毛、薄毛の男は、東京オリンピックを体現していますが、正式には組織委員会の唯一の副会長です。

    明治天皇の孫は、1972年のミュンヘン以降、五回のオリンピックに出場し、馬術チームのライダー兼コーチとして参加しました。 2001年以来、彼は日本のオリンピック委員会の議長を務めており、日本の報道によれば、70歳に設定された年齢制限を無視することによって11月の期間に6月に再選されることを望む。

    2012年、竹田氏はIOCのメンバーとなり、そこでマーケティング委員会の議長を務めました。とりわけ、彼は日本の立候補者の代表として、2013年9月7日に、ブエノスアイレスで東京の勝利の主な立役者です。

    https://www.lemonde.fr/sport/article/2019/01/11/l-homme-fort-des-jo-de-tokyo-2020-mis-en-examen-pour-corruption-active_5407570_3242.html




    【【速報】竹田恒和・JOC会長をフランス検察が起訴 東京オリンピック招致に関連する贈賄容疑 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=12,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/01/09(水)15:49:30 ID:???
    kr250

    ◎記事元ソース名/【解剖 政界キーマン】日露、日米、日韓…安倍外交は正念場の年に 「韓国には『東京五輪ボイコット』というカードが」

    2019.1.5

    (略)… そして、いわゆる「徴用工」の異常判決や、駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射などが横たわる韓国との関係も深刻だ。

     「韓国には『2020年東京五輪のボイコット』というカードがある。北朝鮮と合同選手団を組むだろうが、南北一緒に拉致問題も絡めて外交交渉で日本に迫ってくる」(日韓議連議員)と予測する声もある。

    (以下略)

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190105/soc1901050007-n2.html

    【【東京五輪】「韓国には『東京五輪ボイコット』というカードが」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/10/26(金) 20:22:20.85 ID:CAP_USER9
    kp250
     
     【北京共同】北朝鮮を訪問していた日本体育大サッカー部の男女の選手ら代表団約40人が26日、帰国の途に就いた。代表団を率いた松浪健四郎・同大理事長は、金日国体育相ら北朝鮮側が2020年の東京五輪参加へ強い意欲を示し、日体大として練習場提供など支援の用意があることを伝えたと明らかにした。

     日本政府が国民に北朝鮮渡航自粛を要請している中での訪朝。松浪氏は経由地の北京国際空港で記者団の取材に対し、スポーツ交流を通じた相互理解の意義を強調した。さらに、がんの治療を受けていることを明らかにした上で「私のライフワークだ。平和のために協力したい」と語った。

    2018/10/26 20:15
    共同通信
    https://this.kiji.is/428512209218929761

    【北朝鮮、東京五輪、参加に意欲 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/03/31(土) 01:58:49.90 ID:CAP_USER
     金正恩
    キム委員長 東京五輪への北朝鮮選手の参加支持 IOC会長に

    AP通信によりますと、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が30日、ピョンヤンを訪れているIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と会談し、再来年の東京オリンピックや4年後の北京オリンピックへの北朝鮮選手の参加を支持する考えを示したということです。

    北朝鮮としては国際的な制裁圧力が続く中、東アジアで開催される一連のオリンピックに参加する意向を示すことで、IOCから積極的な支援を引き出したい思惑がありそうです。

    3月31日 1時30分 NHKニュース 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011386411000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 

    【【金目当て】金正恩委員長 東京五輪への北朝鮮選手の参加支持 IOCのバッハ会長に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: まるもり ★ 2018/02/28(水) 12:15:51.54 ID:CAP_USER9

    no title



    東京五輪マスコット「未来ロボット型」のア案に決定
    2/28(水) 12:12
    日刊スポーツ
    東京五輪マスコット「未来ロボット型」のア案に決定
    2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会マスコット候補最終3案/ア案は市松模様と近未来的なイメージ、右はパラリンピック(2017年12月7日撮影)
     2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが「未来ロボット型」のア案に決定した。全国にある小学校約28万クラス中、20万クラスが投票した「全国小学生総選挙」(22日締め切り)により選ばれ、大会組織委員会が28日、開票結果を発表。

     昨年8月、一般公募で2042作品が集まり、選考過程を経て同12月、ア、イ、ウの最終候補3案を公表。小学校1クラス単位で投票し、1票でも多い得票作品が採用される選考方式だった。一般市民が投票し、マスコットを決めるのは五輪史上初めて。

     ア案の作者は福岡県のキャラクターデザイナー谷口亮さん(43)。日本の高校卒業後、米カリフォルニア州にある大学で美術を専攻し、帰国後、オリジナルキャラクターの制作を開始した。その後、路上でキャラクターグッズを販売しながら人脈を培い、今に至った。教育系出版社「ベネッセ」などでキャラクターデザインを担当。博多警察署・防犯協会の「いかのおすし」のキャラクターイラストも手がけた。

     マスコットは五輪・パラリンピックで対となっている。ア案の「五輪版」は、大会エンブレムでも使われている青い市松模様をあしらった、伝統と近未来性を併せ持つキャラクター。伝統を大切にしながらも、常に最新情報をキャッチし、瞬間移動もできる設定。

     「パラリンピック版」はピンク色の市松模様で、桜の触覚があり、超能力を持つ。自然を愛し、石や風と話せて、見るだけで物が動かせる。性格は正反対も、お互いを認め合う大の仲良しなところが「共通点」だ。

     今後はマスコットの名前を検討する。ネーミングは一般公募ではなく、専門家に業務委託し、その中から複数案をマスコット審査会に提示。ア案の作者も入り7、8月に決定、公表する。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6273707 

    【【速報】東京2020五輪・パラマスコット「ア」案に決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/23(金) 17:39:52.23 ID:CAP_USER9
     
    2月23日 12時13分
    政府は、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣の第1弾として、ことし11月に発行する予定の5種類の貨幣のデザインを発表しました。


    政府は、東京オリンピック・パラリンピックの大会直前までに4回に分けておよそ30種類の記念貨幣を発行することにしていて、第1弾として、ことし11月に発行する予定の5種類の貨幣のデザインが発表されました。

    額面1万円の金貨は、表面に、馬上から弓矢を放つ伝統のやぶさめと、「心技体」の文字があしらわれています。

    額面1000円の銀貨には、水泳と柔道の選手の姿が、額面100円の貨幣には、フェンシングと、パラリンピックで行われる球技「ボッチャ」の選手の姿が描かれています。

    裏面にはいずれも東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムがあしらわれています。

    額面1万円の金貨と1000円の銀貨はそれぞれ純金と純銀が使われて特殊な技術で作られ、販売価格は金貨が12万円、銀貨が9500円です。

    金貨と銀貨は造幣局の通信販売でことし7月10日に申し込みの受け付けを始めます。

    100円の貨幣はことし11月ごろから金融機関の窓口で、額面価格の100円で引き換えを行う予定だということです。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180223/k10011339981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_043 

    no title

    no title

    【【記念硬貨】「1万円金貨」デザインはやぶさめ 東京五輪・パラ記念貨幣 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/02/16(金) 20:18:28.35 ID:CAP_USER
    no title


     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が16日、冬季五輪開催中の平昌で共同通信のインタビューに応じ、北朝鮮の2020年東京五輪への参加では「IOCとして平昌五輪と同じようにアプローチしていく」と述べ、積極的に推進する意向を明らかにした。26年冬季五輪招致を目指す札幌市については「いいポジションにいる」と高く評価した。

     同会長は、北朝鮮問題では4年前から各国政府の関係者に接触し、情勢を分析してきたとし「東京へ向けても、厳格な政治的中立の立場で同様に行動する」と語った。開会式での韓国と北朝鮮の合同行進や統一チームの東京五輪での実現は「まだ時期が早い。平昌後に対話がどう進むか見守りたい」とした。

     北朝鮮訪問については1月に同国オリンピック委員会から招待を受け、適切な時期を検討していることを明らかにした。(共同)

    サンスポ

    【【予選通過しないと】IOC・バッハ会長、東京でも北朝鮮参加を推進「平昌と同じようにアプローチしていく」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル