かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:東日本大震災

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Hikaru ★ 2019/03/11(月) 17:51:27.47 ID:VhVOdbwi9
    994FAC30-E8E7-4E9A-86B1-AEB2565E6674
     
    東日本大震災から8年になるのにあわせて、台湾の蔡英文総統は11日、ツイッターに日本語でメッセージを寄せました。

    このなかで、蔡総統は
    「東日本大震災の発生から8年を迎えました。これを機に再び犠牲者のご冥福を祈るとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
    台湾が日本を思う気持ちに時差はありません」と記しています。

    また、台北では11日、地元の日本人会などが追悼集会を開き、出席者らが献花台に花を手向けて、
    震災の犠牲者を追悼するとともに、200億円以上の義援金などを支援してくれた台湾に感謝の意を示しました。

    集会では、日本との窓口機関にあたる「台湾日本関係協会」の邱義仁会長があいさつし、
    「復興の道のりはまだ長いと思うが、共に頑張りたいと思う友が台湾にいることを忘れないでほしい」と述べました。

    NHK  2019年3月11日 17時32分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190311/k10011844041000.html


    【【震災】「被災者に心からお見舞い」台湾 蔡英文総統がツイッターに日本語でメッセージ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2018/07/30(月) 14:15:43.90 ID:CAP_USER9
    【ジョン・ミッチェル特約通信員】在日米軍が2011年6月、厚木基地(神奈川県)と三沢基地(青森県)で放射性物質を含む汚染水12万リットル以上を下水道に流していたことが分かった。本紙が米軍の内部資料を入手した。

     汚染水は東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の「トモダチ作戦」に参加した軍用車両や装備品の除染で発生していた。

     米太平洋軍(当時)と在日米軍の内部討議資料によると、11年5月3日時点で「液体低レベル放射性廃棄物」が厚木に9万4635リットル(2万5千ガロン)、三沢に3万283リットル(8千ガロン)あった。

     本紙の取材に対し、在日米軍はこの時の保管量より多い量を翌月、厚木と三沢で投棄したことを認めた。同時に「投棄は日本政府の基準で安全と認められていた」と説明した。

     汚染水は「低レベル」と分類されているものの、実際の放射性物質の濃度は明らかでない。内部資料には、装備品の中に除染しきれないほど深刻に汚染された物があったと記されている。

     トモダチ作戦で出た固形や液体の「低レベル放射性廃棄物」は在日米軍基地6カ所で保管されていたことが公表されている。厚木と三沢のほかは普天間飛行場、横田基地(東京都)、横須賀基地(神奈川県)、佐世保基地(長崎県)。普天間では除染に使った布などの固形物がドラム缶に詰められていた。

     本紙の取材に、在日米軍は横田と横須賀では18年3月時点でも固形廃棄物の保管が続いていたことを明らかにした。横田の廃棄物は表面線量が日本政府が定める通常の被ばく限度、毎時0・23マイクロシーベルトを上回る2・1マイクロシーベルト、横須賀では下回る0・1マイクロシーベルトだった。横田にあった汚染水は東電が回収して廃棄したという。

    ことば

     トモダチ作戦 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の後に米軍が実施した被災地支援活動。在沖米軍からもヘリや兵士が参加した。一方、原子力空母の元乗組員が放射線被ばくによる健康被害が出ているとして、東京電力などを相手に救済基金設立を求める訴えを米裁判所で起こしている。

    沖縄タイムス
    2018年7月30日 05:28
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/290652

    【【トモダチ作戦】米軍、放射性物質を下水に流す 大震災後厚木・三沢で12万リットル超 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/07/17(火) 18:02:11.13 ID:CAP_USER9
    no title


    菅直人元総理は14日、安倍総理の豪雨災害対応を批判し「安倍総理は東日本大震災でも超党派で対処しなかった」という趣旨のツイートを行った。しかし、震災が発生した2011年3月11日は民主党政権で総理大臣は「菅直人」という人物であったはずだが、この御仁は記憶を消去し書き換えているようだ。

    豪雨災害での安倍総理の初動が問題視されています。安倍総理は3・11東日本大震災とそれに伴う福島原発事故の時も、超党派で対処するという姿勢は取らず、いかに政局に利用するかを考えてウソの情報を流し続けました。「赤坂自民党亭」では危機管理よりも総裁選対策を優先したことがよく表れています。

    — 菅 直人 (Naoto Kan) (@NaotoKan) July 14, 2018

    ちなみに、当時の自民党総裁は谷垣禎一氏で、発生当日に全面協力を申し出ている。

    菅総理と電話でお話しし国会対応等の全面協力を申し出ました。18時に官邸に伺います。政府には全力で対応していただくようお願いします。

    — 谷垣禎一 (@Tanigaki_S) March 11, 2011


    震災対応を谷垣総裁に丸投げ

    (略)

    http://ksl-live.com/blog17125

    【菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」 ←その時の総理はお前だ! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/03/26(月) 14:57:55.04 ID:CAP_USER
    no title
     
    【タイ】南部ツナミ被災地で311式典の祈り

    2018年3月11日、タイ南部パンガー県カオラックのツナミメモリアル公園で、東日本大震災の犠牲者へ祈りを捧げる式典が行われた。

    式典は、毎年同地をスタディーツアーで訪れているツナミクラフト(代表:東山高志氏)が企画。日本からツアーで参加した京都府の龍谷大学の学生らと、パンガー県内にあるツナミ孤児の保護をきっかけに設立された児童養護施設の子どもたちが、手作りの横断幕と日本とタイで多くの人が手織りで繋いだ「さをり織り」の布を、スマトラ沖地震のツナミで内陸部3キロ地点まで流された王室警備艇に飾りつけた。

    式典には、旅行で現地を訪れていた欧米人や日本人、またプーケット在住の日本人も駆けつけた。子ども達が谷村新司氏の「花」をタイ語と日本語を織り交ぜて合唱したあと、ツナミの発生時刻に合わせて、参加者全員による黙祷が捧げられた。

    カオラック地区は、被災時タイ国内で最大の犠牲者が出た地区として、世界各国から支援が寄せられた。また、政府と自治体、民間の協力による復興事業も多く行われ、現在では観光地として被災前よりも多くの人口を抱える。

    式典を主催した東山高志氏は「昨年も同様の式典を行ったのですが、今年は昨年12月24日に亡くなった児童養護施設の施設長だったロッジャーナ・プレスリトーンさん(享年52歳、バーンターンナムチャイ財団)の追悼の意味も含めました。彼女は、19歳の時、日本で人形劇を学び、それをきっかけにドゥアンブラティープ財団のスタッフとして働き子供たちの心のケアを行い、バンコクスラムの生活から、児童養護施設の施設長になりました。ご縁があり、大好きな日本が東日本大震災で大きな被害を受けたことに心を痛め、日本の子供たちの事を心配して、2012年4月に福島県郡山市などを訪問したほどの人でした」と語り、多くの見ず知らずのタイ人が、今も日本の被災地の復興を祈っていることを知っていただければと思いますと続けた。

    【執筆:そむちゃい吉田】

    ソース:Global News Asia 2018年3月19日 9時15分
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4960&&country=1&&p=2


    【【日泰】パンガー県のツナミメモリアル公園で、東日本大震災の犠牲者へ祈りを捧げる式典 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/20(火) 07:00:05.91 ID:CAP_USER9

    un250

    3月20日 5時33分
    東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐり、国連人権理事会で、ドイツなどが日本政府に避難者への支援の継続などを勧告するなか、避難者の1人がスイスで開かれている国連人権理事会で演説し、国際社会に支援を訴えました。

    演説を行ったのは原発事故のあと、福島県郡山市から大阪市に避難した森松明希子さん(44)です。

    国連人権理事会では去年11月、ドイツなどが、原発事故の影響を受けた住民や自主避難者への支援を継続するよう勧告していて、森松さんは19日、NGOの招きでスイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会で演説しました。

    このなかで森松さんは、「日本政府は、汚染された地域への帰還を進める政策にばかり力を入れている」と批判したうえで、原発事故の2か月後に当時3歳と生後5か月の2人の子どもを連れて避難した自身の経験を踏まえ、「子どもたちをさらなる被ばくから守ることに力を貸してほしい」と国際社会に支援を訴えました。

    これに対し、日本政府の代表は「原発事故の被災者や避難者が今もなお不自由な生活を送っていることを念頭に復興を加速させることに全力を尽くす」と述べました。

    日本政府は、原発事故をめぐる国連人権理事会での勧告を受け入れるとする一方で、法律に基づき必要な支援は行っているという立場を示しています。

    森松さん「世界の共通認識に」

    演説の後、森松さんは「耳を傾けているような空気感がすごく伝わってきたので、原発事故の後の人権状況をちゃんと伝えることができたと思う」と手応えを述べたうえで、「平和な暮らしは目に見える戦争などの惨禍で失われるだけでないというのを原子力災害を通じてわたしたちは日本で経験したので、世界の共通認識にしてほしい」と話していました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180320/k10011371701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009 

    【【福島第一原発事故】国連人権理事会で原発事故避難者が支援訴え 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/03/11(日) 18:17:43.67 ID:CAP_USER9
    3/11(日) 17:59配信
    東日本大震災7年 台北で追悼式典 200億円義援金「日台の特別な絆」に感謝

     【台北=田中靖人】東日本大震災から7年となった11日、対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の台北事務所で「追悼感恩会」が開かれ、日台の関係者約70人が犠牲者に黙とうをささげた。

     式典には、台湾の呉●燮外交部長(外相に相当)も出席。同事務所の沼田幹男代表(駐台大使)は、台湾各界から送られた200億円を超す義援金について、「日本と台湾の特別な絆に改めて気づかされ、日台関係のターニングポイントになった」と謝意を述べた。

     台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長は「福島の人々が苦しい中、強い意志の力で奮闘する姿は、われわれにも大きな啓示を与えてくれる」と述べた。

     また、蔡英文総統は11日、短文投稿サイト「ツイッター」に日本語で投稿し、「被災地の復興が一層進展することを切に願っている」などと記した。

    ●=刊の干を金に

    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000515-san-cn
    no title

    【【台湾ありがとう】東日本大震災7年 台北で追悼式典 200億円義援金「日台の特別な絆」に感謝 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル