かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:核兵器禁止条約

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/08/06(月) 12:37:27.78 ID:CAP_USER9
     A147A7C7-C659-411B-9644-A09D6ED83824
    安倍総理大臣は、広島市で開かれた平和記念式典に出席したあとの記者会見で、核兵器禁止条約には参加しない考えを改めて示したうえで、核保有国と非保有国の橋渡し役として国際社会の取り組みをリードし、核軍縮への機運を高めていきたいという考えを強調しました。

    この中で安倍総理大臣は、国連で採択された核兵器禁止条約について「条約が目指す核廃絶というゴールはわが国も共有しているが、わが国の考え方とアプローチを異にしていることから、参加しないという立場に変わりはない」と述べました。

    そのうえで、安倍総理大臣は「核保有国と非保有国の橋渡し役として国際社会の取り組みをリードし、2020年のNPT=核拡散防止条約の運用検討会議に向けた国際的な機運を高めていきたい」と述べ、核軍縮への機運を高めていきたいという考えを強調しました。

    また安倍総理大臣は、来月の自民党総裁選挙への対応について「これからじっくりと考えたいが、外交や安全保障をはじめ、自民党が担うべき責任の重さを、この広島の地にあって改めてかみしめている」と述べました。

    一方、安倍総理大臣は北朝鮮への対応について「国際社会と連携しながら主体的に取り組んでいかなければならない。最後は私自身がキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と対話を行い、核、ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題を解決し、新しい日朝関係を築いていかなくてはならないと思っている」と述べました。

    2018年8月6日 12時16分
    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180806/k10011565861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

    【【安倍首相】「核禁止条約参加せず 核軍縮への機運高めていく」 広島で会見 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/17(水) 19:54:28.58 ID:CAP_USER9
    no title


     ノーベル平和省を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の事務局長が会見し、「日本は国際社会の仲間外れになり得る」と核兵器禁止条約の批准を日本政府に改めて訴えました。

     ICAN、フィン事務局長:「政党の代表者たちに、日本は国際社会の仲間外れになる危険があると伝えることができてよかった」
     来日中のベアトリス・フィン事務局長は16日夕方、国会議員との会談後に会見し、核兵器禁止条約に日本が参加していないことについて危機感を改めて示しました。そのうえで、会談の要請を断られた安倍総理大臣に対しても「条約に署名したからといって、同盟国との関係が崩れることはない」とこれからも批准を求めていく考えを示しました。また、日本が条約に参加するための問題点を検証する委員会の設置を提案し、国民を含めた幅広い議論を呼び掛けました。

    TV朝日
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000118832.html 

    【【意味がわからない】ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ネロネロ ★ 2018/01/16(火) 22:08:03.04 ID:CAP_USER9
    1/16(火) 21:55配信
    no title

     2017年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN(アイキャン))のベアトリス・フィン事務局長(35)=スウェーデン出身=が16日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。日本政府が核兵器禁止条約に参加するかどうかの議論につなげるため、「国会内に調査委員会を設けてほしい」と訴えた。

     フィン氏は核兵器の開発、実験、生産のほか、威嚇も禁止する条約の内容を説明した上で、「日本がとっている政策が条約の文言に違反しているのか洗い出してほしい。抵触しないのなら、なぜ参加しないのかという議論につながる。事実に基づく議論をするべきだ」と話した。

     批准が50カ国に達すれば発効するが、数カ国にとどまる現状については、「核保有国からアフリカやラテンアメリカ諸国に参加しないよう圧力がかかっている。そうした圧力自体、条約が力を持っている証拠だ」と主張した。(清水大輔)

    朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000079-asahi-soci 

    【【内政干渉・偽善】ICAN事務局長「国会に調査委を」核禁条約議論に向け 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル