かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:毎日新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/04/22(日) 08:36:05.22 ID:CAP_USER9

     財務省の福田淳一事務次官のセクハラ発言疑惑で、被害を告発したテレビ朝日の女性記者がネット上で名前をさらされるなどの2次被害を受けている。記者が週刊新潮に録音の一部を提供したことを問題視する意見もあるが、専門家の間では「取材というよりセクハラ被害の証拠で、告発者として保護されるべきだ」と擁護論が広がっている。【中川聡子】

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180422/k00/00m/040/029000c 


    【【毎日新聞・中川聡子】被害を告発したテレビ朝日の女性記者が、ネット上で名前をさらされるなどの2次被害を受けている 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/04/16(月) 21:18:55.51 ID:CAP_USER9
    http://anonymous-post.com/archives/22408

    国会前デモ:安倍政権退陣迫る 森友・加計問題で3万人

    — 毎日新聞 (@mainichi) April 14, 2018

    ↓↓

    見出しに主催者発表の人数は不適切でしょう。警察発表と大きく乖離があるのですから。


    — 有本 香 Kaori Arimoto (@arimoto_kaori) April 16, 2018

    3万(主催者発表)と4000(警察発表)では桁違いですからね。フェイクが常態化しているという体質上の問題に加えて、焦りもあるのかもしれません。毎日含む複数の全国紙の広告効果、集客力がこの程度という実相が明らかになったのですから。


    — 有本 香 Kaori Arimoto (@arimoto_kaori) April 16, 2018

    ↓↓

    4000人というのは、まるで人気のなかったパ・リーグの雨の日の消化試合の観客なみ。
    朝日新聞、毎日新聞、東京新聞に何千万も払って、デカデカとデモの参加広告を打って、天気のいい日曜日に4000人しか集められないなんて…


    — 百田尚樹 (@hyakutanaoki) April 16, 2018

    ※関連記事
    4月14日の国会前デモ⇒主催者発表「3万人!」⇒香山リカ「5万人!」⇒共産党「延べ5万人!」⇒Twitter民が空撮写真から数えた結果…「3千4百人くらい」~ネットの反応「空撮は残酷だねwww」

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    いわゆる慰安婦や南京大虐殺の数字創作と同じ匂いが…
    名無し
    なるほど!
    ・朝日新聞
    ・毎日新聞
    ・東京新聞
    に広告出してもほとんど広告効果が無いことが、国会前デモで検証されてしまったんだ!!
    流石は有本おねいさん✌
    名無し
    これで押し紙問題が証明されてしまいましたね‼
    名無し
    なるほど。全国紙で効果が無いなら、ますます企業は新聞に広告を載せなくなりますな。
    それを自ら証明しちまった朝日(笑)
    名無し
    有本香さん、マスコミはやはり、デモの人数が多い方が、安倍政権のダメージが大きいと思っているのでしょうね😱!でも今は、SNSがあるので直ぐにバレますが・・・😱!
    名無し
    写真を見て痛々しく思いました。
    あーもうここまで力がなくなったのかと。
    人を呪わば何とやらです。
    名無し
    かなり高い目標を掲げてデモ参加を呼びかけるので、結果4000人とは書けないのでしょうね

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1523881135/ 【毎日新聞「国会前デモ3万人」→有本香氏「見出しに主催者発表の3万人はおかしいでしょ…4000人とは桁が違う」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/04/08(日) 17:33:02.74 ID:CAP_USER9
     
    安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前大行動
    http://sogakari.com/?p=3369

    日時:4月14日(土)14:00~
    場所:国会議事堂正門前
    主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/未来のための公共/Stand For Truth
    協賛:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合/安倍9条改憲NO!全国市民アクション
    集会成功と新聞広告のためのカンパを募っています。

    画像
    朝日新聞紙面広告
    E220B1A8-49AC-47D5-ADC8-0DC7E4A4A9EB


    東京新聞にも

    うおおおお!
    しかもこれ、特報面。さすが東京新聞👍#国会前大集合 pic.twitter.com/9yDyfWqtZH

    — 太安萬侶 (@onoyasumaro) 2018年4月8日

    毎日新聞にも

    今日の #毎日新聞 。#0414国会前大行動 #0414国会前大集合 pic.twitter.com/ySvnOEgNRW

    — はぴお。 (@namitomo130) 2018年4月8日


    管理人
    ネットの反応
    名無し
    絶対に国民と言わない
    名無し
    もうただのアジビラだなw こんなもん金払って読んでると知らないうちに構成員にされてそう。
    名無し
    公共性ゼロだなw アジビラ
    名無し
    広告料ちゃんと払ったんね? パヨク割引してないよね?
    名無し
    意見広告だから、プライスリストにある額よりはお安いと思うよ。
    朝日新聞側が内部でどのよーに処理してるかはわからんけど。株主になれば見せてもらえるかもよw
    名無し
    >Stand For Truth
    この文字をよりによって朝日捏造新聞紙面に躍らせるあたり冗談がキツい
    名無し
    だよなw
    サヨクって本当ブーメラン好きすぎだろww
    名無し
    もう完全に反社会分子やな

    (略)
     
    http://anonymous-post.com/archives/22194

    【朝日新聞・毎日新聞・東京新聞に反政府デモの大型広告 反応「もうただのアジビラだなw」「国民とは言えない連中の活動か」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/03/27(火) 16:30:05.66 ID:CAP_USER
    フロム「自由からの逃走」日本に照らせば 今そこにあるファシズム

    no title

    休日の繁華街で行われたヘイトスピーチへの抗議に駆けつけた大勢の人たち。プラカードを手に、差別をやめるよう声を上げた=大阪市中央区の難波交差点で2014年10月19日、後藤由耶撮影

    書店には「反中・嫌韓本」とともに「日本礼賛本」が並ぶ。排他的な雰囲気が漂う現代日本。社会学者のエーリッヒ・フロムがナチズムに傾倒したドイツを考察した名著「自由からの逃走」で解き明かした社会に似てきていないか。【庄司哲也】

    翻訳本を出版している東京創元社はホームページでこの本をこう紹介する。<現代の「自由」の問題は、機械主義社会や全体主義の圧力によって、個人の自由がおびやかされるというばかりでなく、人々がそこから逃れたくなる呪縛となりうる点にあるという斬新な観点で自由を解明した>。訳者は日高六郎さん。入学シーズンだが、社会学専攻の学生には必読の古典とも言われる。ネット上では、ネトウヨやへイトスピーチなど現代日本に「自由からの逃走」を照らし合わせた書き込みも目につく。

    ドイツ出身のフロムが、亡命先の米国でこの本を著したのは、欧州でファシズムが猛威をふるった1941年。第一次大戦で敗戦後、経済的に多くの人が苦しんでいる時にナチスが勢力を伸ばした背景を考察した。

    <近代社会において、個人が自動機械となったことは、一般のひとびとの無力と不安とを増大した。そのために、かれは安定をあたえ、疑いから救ってくれるような新しい権威にたやすく従属しようとしている>

    フロムはこうしたドイツ国民の傾向を「権威主義的パーソナリティー」と名付けた。自由を持て余し、不安や孤独から強い権威(ナチス)に身を委ねていったというのだ。

    では、今の日本が全体主義に陥る危険はあるのか。2006年から学生を対象にアンケートを行い、ファシズムの兆候がないか調べている帝京大教授の大浦宏邦さん(社会学)に聞いた。「劇場型」といわれた05年の郵政解散・総選挙で、小泉純一郎首相(当時)が圧倒的な支持を得て以来、授業を履修する学生に「ファシズム(F)尺度調査」を実施している。ドイツの哲学・社会学者、テオドール・アドルノが開発した調査を簡略化したもので、「先輩後輩などの上下のけじめはつけるべきだ」「今の若者にはもっと規律が必要だ」など6項目の質問を投げかけ、権威主義的な傾向を数値化した。

    例えば「上下のけじめ」「規律の必要性」の質問は、先行きの不安や自信のなさを抱えた人が、強者や偉い人の言葉を信じ、安心を得ようとする個性を測る質問だ。フロムが「権威主義的な服従」と指摘したこうした個性を持つ人は、質問に対して「とてもそう思う」と答える傾向にあるという。

    06年から17年まで、4000人近い学生を調査した結果、平均は4・5点(最高点は7点)だった。大浦さんはどう評価するのか。「ナチス・ドイツの親衛隊員が5点と言われていますので、高い値です。ただ、この間、数値はほぼ一定しており、直ちにファシズムの傾向があるわけではありません。今後の動向に注目していく必要があるでしょう」
     
    (略)

    毎日新聞 2018年3月27日
    https://mainichi.jp/articles/20180327/dde/012/040/002000c


    【【何故英語?】「反中・嫌韓」「日本礼賛」は自信を得るツール。隣国を排他的に非難して自国の存在価値を膨らませやすらぎを求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 復讐の鬼 ★ 2018/03/21(水) 15:47:01.89 ID:CAP_USER9
    【大きく捏造、小さく訂正】毎日新聞がおわびと訂正「文書改ざん『麻生氏ぶれる説明』記事は確認が不十分でした」

    17日朝刊「麻生氏ぶれる説明」の記事で、佐川宣寿前国税庁長官処分に関して財務省の矢野康治官房長が

    「麻生氏から指示され、書き換えの可能性を含めて『決裁文書を国会提出した時の担当局長だった』ことも処分の理由にした」と答弁したとありますが、

    麻生氏が指示したのは決裁文書書き換えについての調査で処分の理由を起案したのは財務省事務当局でした。

    衆院財務金融委員会での官房長答弁の確認が不十分でした。

    「改ざんの疑いを事前に聞かされていなかったはずの麻生氏が、なぜ『改ざんの可能性も含めた処分』を指示したのか。
    また新たな疑問が浮上した」の部分は削除します。おわびして訂正します。

    https://snjpn.net/archives/46113 

    【【目立たない】『麻生氏ぶれる説明』記事 毎日新聞「確認が不十分でした。おわびして訂正します」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/03/08(木) 21:24:58.42 ID:CAP_USER9


    no title

    no title


    朝日新聞が「森友学園の土地取引をめぐって文書の書き換えがあった」と報じた件について、新たな真実が分かり、NHKと毎日新聞が手を引き始めた。
    書き換えではなく別文書。朝日新聞の勘違いだった可能性が高まってきた。

    (1)まずNHKの報道から。別の文書に朝日新聞が騒いでいた問題の表現が見つかったとして紹介し、「本件については朝日新聞が一部の文言が削除された疑いがあると報じています」としっかり名指し。

    参考:「本件の特殊性」財務省の別文書に記載 森友文書問題(NHK)

    (2)毎日新聞も同じく、朝日新聞が主張している文言は別の文書で確認されたと記事にし、文書の中の「本件の特殊性に鑑み」という一文は地中にゴミが埋まっていることを指していると考えられると考察した。

    参考:別文書に「特殊性」の表現 国会開示にはなし(毎日新聞)

    いずれも「~と朝日新聞は報じていた」と紹介している点に注目。騒動を報道しているのはあくまで疑惑の段階であり、万が一、間違いであった場合は朝日新聞の責任になるとしっかり名指ししている。

    これより前、マスコミはとかげの尻尾切りになぞらえて、安倍総理が頭で近畿財務局が尻尾にあたると例えていた。

    しかし今の状況を表すに、尻尾にあたるのは朝日新聞だろう。

    NHKと毎日新聞の手のひら返しの報じ方をみるに事実上、疑惑追及から手を引くということだろう。長らく続いた森友学園問題は結局、野党と朝日新聞が損をしただけで終わった。
    しかしながらまだごねているのが立憲民主党・福山哲郎。

    毎日新聞の夕刊を手にして、とんでもない曲解を披露する。 



    福山哲郎は別の文書に「本件の特殊性に鑑み」という文言があったことからやはり不正な忖度があったに違いないと力説する。毎日新聞の考察は都合が悪いから無視するのだろうか?

    野党はそもそも文書の書き換えを疑っていたわけで、ここに来て論点をずらしてごね続けるのはおかしい。日本国民を含め、同業他社のマスコミ、騙された野党の怒りの矛先はこれから一気に朝日新聞に向かうはずだ。朝日新聞には早く何かコメントしてほしい。

    netgeek
    http://netgeek.biz/archives/114119

    【NHK&毎日新聞「うっわ…書き換えじゃなくて別文書…朝日新聞の勘違いじゃん。手を引くわ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/03/08(木) 16:39:45.67 ID:CAP_USER9
    no title


    学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられたとされる疑惑で、同省が国会に開示した文書とは別の決裁文書に、「本件の特殊性に鑑み」「学園に価格提示を行う」などの表現があることがわかった。毎日新聞が同省近畿財務局への情報公開請求で入手した。これらの表現は国会に昨年提出された売買に関する開示文書にはなく、文書作成の経緯や疑惑との関連性が議論になりそうだ。

    「特殊性」との表現があるのは、財務局が2016年6月、学園に国有地を鑑定価格より約8億円安い1億3400万円で売却する方針を国土交通省大阪航空局に通知した際の決裁文書。「財務局と航空局との協議」と題した項目に、「本件の特殊性に鑑み、売買契約締結後に契約書に基づき国が行う行為については、近畿財務局と大阪航空局が必要に応じて協議を行い、これを実行するものとする」と書かれていた。文書には、国有地の地中から大量のごみが見つかって新たな契約を結ぶことや、国がごみに関する責任を一切負わないとの特約を盛り込むとの記載があり、こうした経緯を特殊性と表現した可能性がある。

    また、財務局が学園に売却額の予定価格を通知した際の決裁文書(16年5月)では、「学園から早期に土地を買受けたいとの要請を受け」「学園に価格提示を行う」などの記載があった。

    文書は昨年9月に毎日新聞が情報公開請求し、今年1月に開示された。

    一方、財務省が昨年5月、国会に提出した売却時の決裁文書にはこうした表現はなく、学園からの「要請」は「申し出」との表現になっている。

    朝日新聞は今月2日付朝刊で、契約当時の決裁文書には「本件の特殊性」「価格提示を行う」などの表現があったが、昨年2月下旬以降に書き換えられた疑いがある、と報じていた。【岡村崇、宮嶋梓帆】

    3/8(木) 15:11
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000049-mai-soci
    【【朝日ピンチ】<毎日の逆襲> 森友文書、別文書に「特殊性」の表現 国会開示にはなし 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/16(火) 17:59:40.17 ID:CAP_USER9

     ◇菅官房長官「日程上、難しい」 被爆者「逃げ回っている」

     昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)事務局長で来日中のベアトリス・フィン氏(35)が、安倍晋三首相との面会を政府に求めたが、日程を理由に断られた。ICANの尽力で実現した核兵器禁止条約に日本は参加していない。それでも、唯一の戦争被爆国トップとして会って話をすべきでは、との声が上がっている。【竹下理子、浅野孝仁、岸達也】

     首相は東欧を歴訪中で17日に帰国の予定。12日に来日したフィン氏は16、17日と東京に滞在し、18日に日本を離れる。フィン氏は15日、広島市内で原爆資料館を見学後、報道陣に「他国の指導者たちとは面会できたこともあり大変残念。特に日本は(被爆という)独自の経験があり、首相や日本政府の方々と話をしたいと思っていた。次の機会に期待している」と語った。

     一方、菅義偉官房長官は同日、記者会見で「日程の都合上難しいということで、それ以上でもそれ以下でもない」と語った。ICANはフィン氏が東京滞在中に首相と面会できるよう、内閣府へ昨年12月以降、文書で2度要請していた。

     なお、安倍首相と海外のノーベル賞受賞者の面会は、2014年のポール・クルーグマン氏、15年のロバート・マートン氏、16年のジョセフ・スティグリッツ氏(いずれも経済学者)の例がある。

     核兵器禁止条約は核兵器の使用、開発、実験、製造、保有や、核抑止力の根幹である威嚇を禁じ、国連で昨年7月、122カ国の賛成多数で採択された。米国の「核の傘」の下にいる日本は交渉に参加しなかった。

     東京大の西崎文子教授(外交史)は「日本政府も最終目標は核兵器廃絶と主張しており、ノーベル平和賞受賞者に敬意をもって応じるのが筋。考えが相いれない団体にも耳を傾ける姿勢は政権の評価を高めたはずで、残念な判断だ」と話す。

     日本原水爆被害者団体協議会の箕牧(みまき)智之代表理事(75)は「首相にはがっかりだ。政府は『核の傘』の下にいるのがベストだと思っているのか」と不信感を口にした。

     長崎の被爆者で原水爆禁止日本国民会議の川野浩一議長(78)も「首相は条約に参加できない理由を自信を持って説明できないのではないか。被爆国として本来はノーベル平和賞への祝辞を述べるべきなのに、述べずに逃げ回っている」。同じく被爆者で日赤長崎原爆病院の朝長万左男(ともなが・まさお)名誉院長(74)も「日程上の都合なら仕方ないが、重要なのはフィン氏のメッセージを政府が受け止めるかどうかだ」と語った。


     ◇フィン事務局長「日本が核兵器禁止条約の議論主導を」

     フィン氏は13日に長崎市内で、安倍首相に会えたら何を伝えるかとの記者の質問に、次のように答えた。

            ◇

     北朝鮮で核兵器が使われれば地理的に日本にも影響がある。核兵器の問題では米国の多数の同盟国の中でも特に日本にリーダーシップを発揮してほしい。日本こそ唯一の戦争被爆国で、実体験者はワシントンでもモスクワでもなく長崎、広島にいる。核兵器が使われるとどんな状況になるのか、皮膚がどのように溶け、どんな臭いがするのか分かっているのは日本人だけだ。日本が核兵器禁止条約に署名しても米国との固い同盟は保てる。2国間同盟は一方通行ではないはずだ。安倍首相のリーダーシップで、条約参加のために国民的な議論を開始してほしい。

    ヤフーニュース(毎日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000010-mai-soci 

    【【印象操作・毎日新聞】<ICAN事務局長来日>安倍首相、なぜ会わぬ 被爆者「逃げ回っている」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ろこもこ ★ 2018/01/12(金) 19:59:16.91 ID:CAP_USER
     オリンピック旗
     韓国で2月9日に行われる平昌冬季五輪の開会式に安倍晋三首相は出席すべきではない、という意見が政権内で強まっている。

     韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が慰安婦問題の日韓両政府合意について「受け入れは困難」などと表明したことに抗議する意味合いがある。

     文氏は、合意に基づき日本が支出した10億円の使用を保留して韓国政府が同額を用意すると発表するとともに日本に自発的な謝罪を求めた。

     日韓合意が「最終的かつ不可逆的な解決」をうたっている以上、日本政府が「更なる措置を求めることはまったく受け入れられない」との立場を取ることは理解できる。

     しかし、そうだとしても、「平和の祭典」に政治的な対立を持ち込むことには慎重であるべきだ。

     もし、首相が開会式に欠席すれば、隣国同士の日韓の冷え込みを内外に強く印象付けることになるだろう。日韓の離反が鮮明になれば北朝鮮を利するだけだ。

     韓国は首相に開会式への出席を要請してきた。世界から注目される五輪は韓国にとって晴れ舞台だ。

     むしろ、首相はホスト国に敬意を表し、開会式に出席することで、韓国に対する立場を強めることができるのではないか。

     北朝鮮の核・ミサイル問題では日韓の連携が不可欠だ。分断を狙う北朝鮮に対し、日韓協調を示すことができるだろう。

     仮に朝鮮半島に緊迫した事態が起きれば在韓の邦人退避などで韓国の協力が欠かせない。そうした面での地ならしにもなるはずだ。

     4年前のソチ五輪ではロシアの人権問題に抗議して欧米首脳が開会式への出席を見送る中、首相は対露重視の姿勢から出席した。外交には国益を重視する戦略性があっていい。

     五輪は、平昌を皮切りに2年後の夏は東京、4年後の冬は北京とアジアでの開催が続く。

     1988年のソウル、2008年の北京と近隣諸国での五輪の開会式には当時の首相が出席してきた。

     韓国に言うべきことは言うが、過剰反応せず慰安婦問題と五輪を切り分ける冷静な対応が必要だ。首相が開会式に出席すれば、そうした日本の外交姿勢をアピールすることにもなろう。

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180112/ddm/005/070/115000c 

    【【毎日新聞】安倍首相は平昌五輪開会式にむしろ出席した方がいい。欠席すれば日韓の冷え込みを内外に強く印象付ける】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル