かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:汚職

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/11(金) 17:34:05.34 ID:gntmZylo9
    no title
     
    ■AFP
    https://twitter.com/AFP/status/1083636251146649600
    AFP news agency 認証済みアカウント? @AFP
    #BREAKING Head of Japanese Olympic Committee indicted in France for corruption: judicial source
    -----------------------
    ■ルモンド
    L’homme fort des JO de Tokyo 2020 mis en examen pour ≪ corruption active ≫

    La justice francaise soupconne Tsunekazu Takeda d’avoir autorise le paiement de pots-de-vin en vue de l’obtention des Jeux, revele ≪ Le Monde ≫.
    Par Yann Bouchez? Publie aujourd’hui a 06h32, mis a jour a 07h12

    A un an et demi du debut des Jeux olympiques (JO) de Tokyo, prevus du 24 juillet au 9 aout 2020, c’est une nouvelle dont les organisateurs et le Comite international olympique (CIO) se seraient bien passes.

    Le 10 decembre 2018, une personnalite japonaise de premier plan etait interrogee, en toute discretion, par la justice francaise. Selon les informations du Monde, Tsunekazu Takeda, president du Comite olympique japonais et maitre d’?uvre des JO de Tokyo 2020, a ete mis en examen du chef de ≪ corruption active ≫ par le juge d’instruction Renaud Van Ruymbeke.

    Le magistrat enquete depuis trois ans sur des soupcons de corruption en marge de l’election de la ville hote des prochains Jeux d’ete. Et il soupconne la victoire de la candidature japonaise, en 2013, d’etre le fruit de tractations occultes lui ayant permis de gagner notamment la voix de membres africains du CIO.
    Lire aussi :| Au CIO, apres le chantier de l’attribution des Jeux, celui de la corruption reste entier
    Au Japon, Tsunekazu Takeda est une figure. Un pilier de l’olympisme dont l’organisation des JO d’ete doit parachever une vie au service du sport. L’elegant homme de 71 ans, cheveux gris brosses en arriere et fines montures, incarne les JO de Tokyo, bien qu’il ne soit officiellement ≪ que ≫ vice-president du comite d’organisation.

    L’arriere-petit-fils de l’empereur Meiji a participe a cinq JO depuis Munich en 1972, comme cavalier puis entraineur de l’equipe d’equitation. Depuis 2001, il preside le Comite olympique japonais, qui, selon la presse nipponne, veut lui permettre d’etre reconduit en juin pour un onzieme mandat en faisant fi de la limite d’age fixee a 70 ans.

    En 2012, M. Takeda est devenu membre du CIO, ou il preside la commission du marketing. Surtout, en tant que president de la candidature nipponne, il est le principal artisan de la victoire de Tokyo, le 7 septembre 2013, a Buenos Aires.

    Google翻訳

    2020年の東京オリンピックで強い男が「積極的な贈収賄」を起訴

    フランスの正義は、竹田恒和が大会を獲得するための賄賂の支払いを承認したと疑い、「世界」を明らかにした。

    2020年7月24日から8月9日に予定されている東京オリンピック(Olympics)の開始から1年半、これは主催者と国際オリンピック委員会(IOC)がうまくいったというニュースです。

    2018年12月10日、著名な日本人の性格が、フランスの正義によって、あらゆる裁量で問われました。世界の情報によると、日本のオリンピック委員会の委員長であり、東京2020年オリンピックのマスターである竹田恒和氏は、「現役汚職」の責任者であるルノー・ヴァン・ルイムベークを調査していた。

    治安判事は、次の夏季オリンピックの開催都市の選挙の傍観で、3年間腐敗の疑いについて調査します。そして彼は、2013年の日本の立候補の勝利は、彼が特にIOCのアフリカのメンバーの声に勝つことを可能にしたオカルト交渉の結果であると疑っています。
    IOCでは、オリンピックの授賞式の構築後、汚職のそれはそのまま残ります
    日本では、竹田恒和が象徴です。夏季オリンピックの組織がスポーツの奉仕において人生を終わらせなければならないオリンピズムの柱。エレガントな71歳、白髪、背毛、薄毛の男は、東京オリンピックを体現していますが、正式には組織委員会の唯一の副会長です。

    明治天皇の孫は、1972年のミュンヘン以降、五回のオリンピックに出場し、馬術チームのライダー兼コーチとして参加しました。 2001年以来、彼は日本のオリンピック委員会の議長を務めており、日本の報道によれば、70歳に設定された年齢制限を無視することによって11月の期間に6月に再選されることを望む。

    2012年、竹田氏はIOCのメンバーとなり、そこでマーケティング委員会の議長を務めました。とりわけ、彼は日本の立候補者の代表として、2013年9月7日に、ブエノスアイレスで東京の勝利の主な立役者です。

    https://www.lemonde.fr/sport/article/2019/01/11/l-homme-fort-des-jo-de-tokyo-2020-mis-en-examen-pour-corruption-active_5407570_3242.html




    【【速報】竹田恒和・JOC会長をフランス検察が起訴 東京オリンピック招致に関連する贈賄容疑 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/08/13(月) 21:09:01.01 ID:CAP_USER9

    no title


    東京医科大、国会議員通じ相談か 
    宇宙飛行士講演で、文科省汚職 

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務を巡る収賄容疑で逮捕された文部科学省の前国際統括官川端和明容疑者(57)のあっせんで実現したとされる宇宙飛行士の講演について、東京医科大側が立憲民主党の衆院議員を通じて元コンサルタント会社役員谷口浩司容疑者(47)=贈賄の疑いで再逮捕=に相談を持ち掛けていたとみられることが13日、関係者への取材で分かった。 

     宇宙飛行士は訓練優先のため、JAXA理事らによる選考を経て断るケースも多く、東京地検特捜部は講演が実現した経緯を調べている。 
    勾留期限の15日に収賄罪で川端容疑者を、贈賄罪で谷口容疑者をそれぞれ起訴する見通しだ。 

    https://this.kiji.is/401652474787038305 

    管理人 
    ネットの反応 
    名無し 
    報道しない自由が発動されますな 
    名無し 
    さすが立件民主党 
    名無し 
    テレビはスルー 
    名無し 
    ボクシング協会ガー 
    名無し 
    ハイ報道しない自由発動 
    さすが報道の自由度ランキング最下層の国のマスゴミですなwww 
    名無し 
    立みんが関わっていたことでこの件の報道はもうされなくなるね 
    名無し 
    マスゴミはほんと腐りきってるな。 
    この問題だけじゃなくて、細野の5000万、野田のガクトコイン、いっさい報道しないよな 
    もういらないから潰せよ 
    名無し 
    枝野に三時間説明してもらおう 
    名無し 
    マスゴミ 山根に全力投球 
    名無し 
    教育行政を歪めていたのは安倍政権でなく立憲民主党でしたwwww 
    名無し 
    > 東京医科大側が立憲民主党の衆院議員を通じて 
    ↑ 
    あーだからこの件はあまりニュースで取り上げなくなったのか 
    マスゴミって本当に分かりやすいな 
    名無し 
    ああこれはこのニュース消えるわ 
    名無し 
    最初からそう言われてたのにおせえよ 
    名無し 
    また報道ステーションでバカがギリギリセーフなんて言っちゃうのかな? 
     

    【文科省汚職 東京医大は立憲民主党議員を通じ相談していたことが判明 ネット「報道しない自由発動」「マスゴミはほんと腐りきってるな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サンキュー! ★ 2018/08/08(水) 13:01:36.91 ID:CAP_USER9
    no title
     
     文部科学省の汚職が止まらない。
    息子の医学部合格と引き換えに、国の補助金給付で便宜を図っていた前科学技術・学術政策局長にはあきれたが、次に逮捕された前国際統括官(局長級)には、もっと驚かされた。

    一部報道によると、高級風俗店や高級クラブで接待漬けだったという。
    「いまどき、そんな絵に描いたような汚職とは」と、びっくりする。

    さて、局長級が2人も捕まったとなると、これはもう特異な2人の事件とは言えない。
    文科省という組織にこそ根本的な問題がある。

     そこで思い出すのは、あの前川喜平前文科事務次官である。
    よく知られているように、前川氏は天下り問題で次官を辞職した人物だ。
    文科省の報告書を読むと、前川氏は官房長、文部科学審議官時代を通じて、一貫して天下り斡旋に深く関わっていた。

    天下り斡旋も贈収賄も、根本にある違法性は同じである。
    天下りは再就職できれば、見返りに相手企業や団体に便宜を図る。
    一方、贈収賄は相手から金銭やサービスを得て、あるいは裏口入学を認めてもらって、見返りに補助金給付や契約で利益を与える。

     天下り斡旋は、まさに「文科省ぐるみ」だった。そんな組織の腐敗体質が、そのまま今回の汚職事件の底流にある、とみて間違いない。

    「霞が関ブローカー」といわれた贈賄側のコンサルタント会社元役員は、野党議員2人と懇意にしていたという。
    うち1人については、元役員に「政策顧問」という肩書を与え、ブローカーはその名刺を永田町や霞が関で持ち歩いていた、と報じられた。

     野党議員に説明責任が求められるのは当然だが、左派系マスコミが野党議員との関係を報じないのは、どういう訳か。

    前川氏を「政権追及のスター」扱いする一方、野党に都合の悪い話は一切、目をつぶる。

     正義を掲げる彼らのダブルスタンダード(二重基準)も「ここに極まれり」になってきた。文科省汚職の「もう一つの真実」である。

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040004-n2.html

    【【文科省汚職】黙る左派マスコミのダブスタ 前川を「政権追及のスター」扱いする一方、野党に都合の悪い話は一切、目をつぶる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/13(土) 00:09:03.63 ID:CAP_USER9
    kr250

    韓国検察は12日、李明博政権(2008~13年)下で、情報機関の国家情報院が大統領府に裏金を上納していた疑いがあるとして、同政権で高官を務めた李氏の側近ら3人の自宅を家宅捜索し、うち2人を事情聴取した。聯合ニュースが伝えた。

     検察は朴槿恵政権(13~17年)での国情院の裏金上納を捜査、当時の国情院長らに続き4日には前大統領の朴被告を収賄などの罪で追起訴した。李政権でも同様の上納が行われていたとの情報を得て捜査に着手したといい、李氏本人が対象となる可能性もある。

     李氏側の関係者は12日、疑惑を否定し、文在寅政権が過去の保守政権を標的にした「政治的な捜査だ」と反発した。

     一方、朴前大統領の追起訴に絡み裁判所は12日、前大統領の自宅や小切手などの財産凍結を決定した。裏金上納事件で前大統領の判決が確定するまで財産の処分が禁止される。(共同)

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/world/news/180112/wor1801120043-s1.html 

    【李明博政権(08年~13年)にも裏金疑惑 韓国検察、側近宅を捜索 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル