かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:沖ノ鳥島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/03/23(土) 21:56:59.14 ID:gOn7jna89
    7CBBDB25-B7F0-4F83-BBF0-9254E0DA1DB1
     
     23日午後0時30分ごろ、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)から東北東約165キロの排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「嘉庚」(カコウ)がロープのようなものを海中に垂らして航行しているのを海上保安庁の航空機が発見。目的を確認したところ、「海水温度の調査にあたっている」と応答した。海保は、海洋調査を実施していると判断し、無線で中止を求めたが、同船から応答はなかった。

     約1時間後、同船はロープを垂らした状態で沖ノ鳥島の東北東約160キロのEEZを西向けに航行を続け、海保は巡視船を向かわせている。

     国連海洋法条約では、他国のEEZでの無断の海洋調査は認められていない。

    3/23(土) 19:33
    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000546-san-pol

    【【拿捕か撃沈】中国船、沖ノ鳥島沖で無断調査 海保が中止要求 国連海洋法条約、他国のEEZでの無断の海洋調査認めず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2019/01/02(水) 12:46:09.48 ID:CAP_USER9
    2018年12月中旬、沖ノ鳥島周辺で、中国の海洋調査船が、日本政府に無断で調査活動を行っていたことが、FNNの取材で明らかになった。
    沖ノ鳥島

    政府関係者によると、12月18日、沖ノ鳥島周辺で、中国の海洋調査船「向陽紅」がワイヤのような物を海の中へ垂らしているのを、海上保安庁が確認した。

    中国側は、「本船に構うな。本船は公海上で海洋調査をしている」などと応答したという。

    現場は、海底資源も確認されている日本のEEZ(排他的経済水域)の中で、中国側は、日本の許可を得ずに調査を行っていたとみられる。

    この海域で中国の無断調査が明らかになるのは、2016年3月以来。

    防衛省関係者は、中国側が、「潜水艦の航行に必要な情報を収集していた可能性が高い」と述べ、警戒感を強めている。

    FNN
    2019年1月2日 水曜 午後0:16
    https://www.fnn.jp/posts/00408908CX

    【【FNN独自】中国調査船 無断で活動 沖ノ鳥島周辺海域で 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル