かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:河野防衛相

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガラケー記者 ★ 2019/11/19(火) 14:35:15.36 ID:CAP_USER
    CDED987D-B356-40B4-89B4-0DAA4BD14557
     
    2019年11月19日、韓国・聯合ニュースは、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官がタイで河野太郎防衛相と非公式の会談を行い、「日本側の立場の変化」を求めるため説得を試みていたと伝えた。

    河野防衛相と鄭長官は17日にバンコクで会談を行ったが、23日に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐる議論は平行線に終わった。韓国国防部当局者などによると、鄭長官はこの会談以外でも数回にわたり河野防衛相を呼び出し、輸出規制の撤回など「日本側の変化」を強く求めていたという。

    18日夜にはバンコク市内で「極秘の2者会談」を行ったとみられる場面も目撃された。河野防衛相は東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議(ADMMプラス)の夕食会後すぐに車でホテルを出たが、そのすぐ後ろには鄭長官を乗せた車が続いていたという。記事は「2人が夕食会で別の場所での会談を約束し、007作戦のようにホテルを抜け出した可能性が有力だ」と伝えている。

    その他にも、国際防衛装備品展示会(D&S)では東欧の防衛関連企業の展示館前で通訳を介さず対話していたという。記事は「2人は日韓企業の展示館から離れた場所をあえて選択した」とし、その理由について「対話する姿が公開されるのを避けるため」と予想している。

    これについて韓国国防部は「具体的な内容は明かせない」としつつも「鄭長官はADMMプラス期間中ずっと日本に立場を変えるよう求め、説得するために最善を尽くした」と説明したという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「なぜ被害者が加害者を説得する?」「説得するということは、GSOMIA終了により不利な状況に陥るのは日本ではなく韓国ということ?」「韓国政府は少し前まで『日本に絶対勝つ』と意気込んでいたのに」「国民の前では大口をたたき、裏では日本にへつらっているの?」「これでは国民の日本製品不買運動の努力が無駄になってしまう」など不満の声が上がっている。

    一方で「話の具体的な内容は分からないが、対話を続けることはいいこと」と評価する声や、「米国との関係を維持するためにも、GSOMIAは延長するが、日本が輸出規制を撤回するまで情報交換を極力控えるという方法が最も現実的だ」と主張する声も見られた。

    Record China
    2019年11月19日(火) 14時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b760678-s0-c10-d0058.html

    【【GSOMIA終了前に韓国が必死の説得?】日韓防衛相がバンコクで“極秘会談” 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/11/17(日) 16:57:31.66 ID:CAP_USER
    CDED987D-B356-40B4-89B4-0DAA4BD14557
     
    【バンコク時事】

    河野太郎防衛相は17日、韓国の鄭景斗国防相と訪問先のバンコクで約40分間、会談した。

    日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、河野氏は韓国側に破棄撤回を求めたが、鄭氏は日本の輸出規制強化措置で信頼関係が失われたとする立場を重ねて強調し、会談は平行線だった。

    GSOMIAは期限の23日午前0時に失効する可能性が高まった。
     
    河野氏は韓国軍駆逐艦による自衛隊哨戒機へのレーダー照射や、8月の韓国政府のGSOMIA破棄通告を念頭に「日韓の間にはさまざまな課題が生じ、防衛当局間でも非常に厳しい状況が続いている」と指摘。

    関係改善に向けて、「韓国側の賢明な対応を求めたい」と語った。
     
    鄭氏は「関係が行き詰まっていることは残念」と表明。会談後、記者団に「日本の輸出規制措置で、安全保障上の信頼が損なわれたので、GSOMIA終了を決めるほかなかった」と述べ、会談で従来の立場を説明したことを明らかにした。


    2019年11月17日16時20分
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111700080&g=pol

    【【防衛相会談】日韓軍事情報協定で平行線 鄭氏「日本が信頼損なった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プルート ★ 2019/10/14(月) 05:54:45.42 ID:qIUJpYAe9
    24560C85-47BB-47F4-AD8A-B9D1411C8C30
     
    どんなにゅーす?

    ・数十年に一度といわれる規模を持つ台風19号による深刻な被害が広がっている中、河野防衛相が災害に関する情報をTwitter上で多く発信しているものの、河野氏にブロックされている多くの国民が閲覧できない事態が発生している。

    ・ネット上では、リアルタイムでの災害情報を届ける国民を「選別」している河野防衛相に批判の声が噴出。「ブロックされてるから見れない」「あんたそれでも防衛大臣か?」などの怒りの声が飛び交っている。

    2019年10月14日 ゆるねとにゅーす

    【【パヨク発狂】河野防衛相 、Twitterで台風情報を更新するも、ブロックされてる多くの国民が閲覧できず!国民「あんたそれでも防衛大臣か?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/09/30(月) 00:05:26.08 ID:CAP_USER 
    24560C85-47BB-47F4-AD8A-B9D1411C8C30
     
    河野太郎防衛相率いる防衛省が決然とした姿勢を示した。2019年版の防衛白書で、安全保障協力を進める国・地域の記載順で、韓国を前年版の2番目から4番目に「格下げ」したのだ。輸出管理の優遇対象国「グループA(『ホワイト国』から改称)」から同国を除外したことに続き、安倍晋三政権による、文在寅(ムン・ジェイン)政権への失望感がにじんだ対応となった。

     「日韓関係は非常に重要だ。それだけに、韓国には賢明な判断をしていただきたい」

     河野氏は27日の記者会見で、こう強調した。

     同日閣議決定された防衛白書は、韓国についての記述量も内容も減り、日韓の距離がこの1年で離れたことを反映していた。

     同盟国の米国を除いて、防衛交流が活発な順に書かれる「安全保障協力」の章でも、韓国は昨年2番目だったが、今年は「オーストラリア」「インドなど」「東南アジア諸国連合(ASEAN)」に続く、4番目に後退した。

     白書は、昨年10月の国際観艦式で韓国側が自衛艦旗「旭日旗」を降ろすよう求めたために参加を見送ったことや、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射事件、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定など、「韓国側の否定的な対応が、日韓の防衛協力・交流に影響を及ぼした」と指摘した。

     河野氏は外相時代にも、いわゆる徴用工問題をめぐり、文政権が煮え切らない態度を取るのを「極めて無礼だ」と駐日韓国大使に強く出たことで評価を上げた。今回は、防衛省トップとして「国益を守る」という強い意思を示した白書となった。

    夕刊フジ 2019.9.29 
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190929/pol1909290002-n1.html


    【【夕刊フジ】韓国を2段階“格下げ” 河野太郎氏率いる防衛省、白書で決然姿勢 「国益を守る」強い意思示す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サーバル(愛媛県) [JP] 2019/09/27(金) 11:16:19.09 ID:5E4BY/jN0 BE:135853815-PLT(12000)
    24560C85-47BB-47F4-AD8A-B9D1411C8C30
     
    韓国の扱い順下げる=北朝鮮は「核弾頭実現」-防衛白書

     河野太郎防衛相は27日午前の閣議で、2019年版防衛白書を報告した。
    同盟を結ぶ米国以外の国との安全保障協力に関する項目で、関係が悪化する韓国の記載順を4番目に下げた。 北朝鮮の核開発については「核兵器の小型化・弾頭化の実現に至っている」と記し、強い危機感を示した。

     18年版白書は安保協力の対象国として韓国をオーストラリアに次ぐ2番目に扱っていたが、19年版では豪、印、東南アジア諸国連合(ASEAN)の後に位置付けた。

     白書は「韓国側の否定的な対応が日韓の防衛協力・交流に影響を及ぼしている」と説明。
    韓国が海上自衛隊の艦艇に旭日旗掲揚の自粛を要請したことや、韓国艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射、 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を列挙し、韓国に適切な対応を求めるとした。

     北朝鮮に関しては、度重なる核実験を通じ「弾道ミサイルに搭載するための核兵器の小型化・弾頭化を既に実現しているとみられる」と分析。
    昨年6月の米朝首脳会談以降も核兵器計画を進展させている可能性が高いとし、「わが国の安全に対する重大かつ差し迫った脅威」との認識を維持した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092700429&g=pol

    【【韓国発狂】河野防衛相、防衛白書の韓国の扱いを引き下げ 旭日旗自粛要請・レーダー照射・GSOMIA破棄を列挙 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/09/14(土) 00:08:13.86 ID:dm0nHGHv9

    0DC884DB-57BC-46E0-94BB-8B86A3785142

    北の飛翔体は短距離弾道ミサイル…河野防衛相
    2019/09/13 22:59

     河野防衛相は13日の記者会見で、北朝鮮が10日に発射した飛翔ひしょう体は短距離弾道ミサイルだったとする分析結果を明らかにした。10日午前7時前後に複数発射され、このうち1発の飛距離は300~350キロ・メートルだったという。

     一方、韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについては「賢明な判断をしてほしい」と述べ、再考を促した。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190913-OYT1T50285/ 
    【【河野防衛相】北朝鮮の飛翔体は短距離弾道ミサイル 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル