かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:津波

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/01/25(火) 15:16:31.20 ID:CAP_USER
    kr250
    トンガ大噴火をめぐる「韓国での報道」のおかしさ

     トンガ沖合のフンガトンガ・フンガハアパイ火山が2022年1月15日午後1時過ぎ(日本時間)に噴火し、広範囲にわたって火山灰や噴煙に覆われた。

    1月20日にはオーストラリアとニュージーランド両軍の輸送機が火山灰が除去されたばかりのトンガの空港に着陸、日本政府も財団から1億円の拠出及び自衛隊のC130輸送機2機を派遣することが発表され、噴火から1週間経った今、ようやく世界が動き始めた印象だ。

     しかし、トンガが国際電話で使用する海底ケーブルが火山噴火の影響を受けて切断されたことから、いまだ被害の全貌が明らかになっていない部分も多くある。

     巨大な火山噴火による火山灰の懸念から飛行機もむやみに飛ばせず、現状把握にはまだまだ時間を要するだろう。

     トンガでは少なくとも3名の死亡が確認されている。8000キロメートル離れた日本では津波の影響で船が転覆し、ペルーでは2名が死亡した。とにかく、これ以上被害が拡大しないことを願うばかりだ。

     このトンガの火山噴火にまつわるニュースは韓国でも報道されているのだが、筆者は韓国メディア及び韓国民に物申したく筆を執った。

     筆者が彼らに言及したい点は三つだ。

    韓国ネット民のひどすぎる書き込み
     まず一つ目、韓国のメディアは各社、火山噴火や津波についての報道を日本のメディア同様に積極的に行っている。

     韓国のテレビ・ラジオ兼営の放送局であるSBSからも様々なタイトルでニュース記事が配信されているが、その中から次の二つのニュースをご紹介したいと思う。

     「日本“最大3m津波警報”…全国23万名退避(2022.01.16 12:14)」
    「太平洋津波警報センター“環太平洋津波の危険去った”(2022.01.16 13:23)」

     ニュースの内容はタイトルを読んだだけで予測できるだろうから、ここでは省略する。

     問題は読者からのコメントだ。「良かった」「津波による被害がないことを祈る」と書き込む韓国民はごくわずかで、「感動的な知らせだ」「これが始まりだ。日本よ沈め」「放射能汚染水を海に放出するから罰を受けているんだ…」といいったコメントが少なからず綴られている。

     韓国民が日本を嫌うのは結構である。しかし、人の命を軽視する発言が多すぎやしないか。これらコメントは、ニュースタイトルに“日本”と書かれた記事により多く見受けられ、コメント数もこちらのほうがはるかに多かった。

     日本人には死ねと訴えるような差別する書き込みが他のニュースサイトでも繰り広げられているのだから、韓国ネット民の卑劣さが計り知れる。

    (略)

    ヤフーニュース(現代ビジネス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/663fe9d174aef0dccfad9b9b4abbfbaecf7e9be3?page=1


    【トンガ大噴火、韓国がなぜか「日本批判キャンペーン」の危なすぎる現実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2022/01/18(火) 21:32:26.45 ID:XcFKYB5h9

    津波の高さ最大15メートル
    トンガ政府

     【シドニー共同】トンガ政府は大規模噴火によって高さ最大15メートルの津波が起き、首都ヌクアロファのあるトンガタプ島などが被害を受けたとした。

    2022/1/18 21:23 (JST)
    共同通信
    https://nordot.app/856146581863907328

    【【トンガ】津波の高さ最大15メートル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2022/01/16(日) 15:42:29.70 ID:8nJF1kY49
    https://youtu.be/R1HzRP713Pw

    https://youtu.be/Nj0RtM3UPMg

    【閲覧注意】エウア島に津波が押し寄せる様子

    https://www.kanivatonga.nz/2022/01/videos-tsunami-wave-hits-eua-royal-palaces-gate-as-fleeing-vehicles-attempt-to-escape-through-kings-compound/

    以下日本語訳
    動画で見る 津波がエウア王宮の門を襲い、逃げ惑う車が王の屋敷を通り抜けようとする様子

    昨日、トンガタプのMataki'euaにある王室別荘に避難されたとの報道がありましたが、トゥポウ6世陛下はまだエウア島におられると伝えられています。

    国王がエウア島にいるという最新の情報は、エウア島にあるヘイララ・タンギタンギ王宮の門に津波が押し寄せるという恐ろしい映像が撮影された昨晩にもたらされた。

    Kaniva Newsに寄せられた映像では、ある男性がこう言っているのが聞こえます。"今、午後5時54分です"。

    「そこに、波がオホヌアに向かっているのがわかるだろう」とトンガ語で言っている。

    「待ってください、私は走ります、さもなければ波に捕まります」と彼は言った。

    「すでに'Eua'に行ったことのある人は、Matapā Tapu(王宮のタブー門)で波がどう砕けるか見てみてください。

    「見てごらん。波がMatapā Tapuに届いたよ」。

    この男性は、別のビデオでも、波が電柱を壊し、ボートを沈め、「オヴァヴァ」ホテルを飲み込んだと語っているのが聞こえた。

    「波止場はすべて破壊された」。

    彼はまた別のビデオで、波に気づいたのは、国王が現場から逃げようとする2台の車を助けるように言ったときだけだったとトンガ語で語っているのが聞こえる。

    「2台の車がそこに出てきて、王は彼らが入るのをためらっているように見えたので、私に走ってきて手を振って通るようにと言った」とその男は言った。

    昨夜Kanivaとビデオを共有したアリシ・モア・パアシは、ビデオの中で話しているのは彼女の父親、テビタ・ファウエセ・モアだと言った。

    彼女は、Tēvitaが'Eua'のHis Majesty's Armed Forces (HMAF) Superintendentであると言った。彼は、津波が発生した1月15日土曜日の午後6時(トンガ時間)頃、噴火によってトンガのインターネットが停止する少し前に、宮殿からオークランドにいる彼女にFacebookで電話をかけてきたという。

    Kaniva Newsは、ビデオの真偽を独自に確認することはできませんでした。

    アリシは、ビデオの中で父親が話していた車について明らかにした。アリシが送ったビデオの中で聞こえる津波の背景音は、しばしば父親の言っていることを取り乱していたからだ。

    アリシは、父親が話していたのは、マタパタプしか道がないことに気づく前に波から逃げようとした2台の車のことだと言った。

    運転手は門に入るのをためらっているようでしたが、アリシは、王が父に警告して車を通させたと主張しました。

    アリシは、車両が安全に進入すると、津波がゲートに押し寄せたと言った。

    彼女はKaniva Newsに連絡した。 

    昨日、国王がトンガタプのMataki'euaにある別荘に避難したと国外メディアが報じた後、アリシはKaniva Newsに連絡してきた。

    アリシはこれを否定し、国王はまだエウアにいると述べた。彼女は父に確認したという。

    別荘に案内されたのは女王かもしれないという。

    私たちの報告は、フィジーのアイランドビジネスメディアが昨日公式Facebookページで発表した情報に基づいています。

    その情報にはこう書かれていた。

    「トンガのトゥポウ6世は、今日ヌクアロファに津波が押し寄せた後、王宮から避難している。

    「警察と軍隊の車列は、住民が高台に向かう中、国王をMataki'euaの別荘に急行させた。

    「海底火山が噴火し、火山灰が空に舞い上がり、爆発音が聞こえた。

    "爆発音は午後6時頃、レイクバ、マトゥク、フィジーの首都スバで聞かれた "とある。

    Island BusinessのFacebook管理者にコメントを求めた。

    このニュースは、New Zealand HeraldやRadio New Zealand Internationalなど、ニュージーランドの主要メディアで取り上げられた。

    このニュースは、昨日午後、2つのハンガスの海底火山が8分間噴火し、空に向かって灰の雲を投げつけた後に発表された。

    首都ヌクアロファでは波が押し寄せ、水が建物を飲み込む映像が流されています。…
    全文はソース参照

    www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

    トンガタプ島とエウア島
    no title

    【【トンガ大噴火】トンガ国王、王宮が津波に襲われたエウア島内にまだいるとの情報 首都のあるトンガタプ島内の別荘への避難間に合わずか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/11/23(火) 13:34:23.19 ID:CAP_USER
    幌筵島2
    わずか数分でソ連の一都市が消滅:1952年にM9の超巨大地震に襲われたセベロクリリスク

     人口6千人のセベロクリリスク(千島列島北部のパラムシル島〈幌筵島〉に所在)にとって、この日はまさに黙示録となった。
    しかし、ソ連当局はすべてを隠蔽した。
    国の主要な新聞は沈黙し、地元紙は数日間、休刊にした。

     1952年11月5日早朝、セベロクリリスク(日本統治時代の柏原)の住民は強い揺れで目覚めた。
    午前4時の2分前だった。

    (略)

    RUSSIA BEYOND 2021年11月19日
    https://jp.rbth.com/history/85804-soren-1952-kyodai-m9-jishin-de-syoumetsu-severo-kurilsk

    【【地震】わずか数分でソ連の一都市が消滅:1952年にM9の超巨大地震に襲われたセベロクリリスク】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 人気者 ★ 2021/07/29(木) 15:51:08.35 ID:gzoKhv+S9
    202107290195_top_img_A

    日本時間の7月29日(木)15時16分頃、海外で規模の大きな地震がありました。震源地はアリューシャン列島(米国、アラスカ半島)で、地震の規模(マグニチュード)は8.1と推定されます。
    ※震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
    PTWCによると、広域に影響を及ぼす津波発生の可能性があります。日本への津波の有無については、気象庁が調査中です。

    2021/07/29 15:26 ウェザーニュース
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0729/wth_210729_6361155833.html

    【■津波に注意■米アラスカ半島でM8.1の地震 津波発生の可能性あり 7月29日(木)15時29分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/11/01(日) 02:51:22.27 ID:CAP_USER

    torukojisin
    セフェリヒサル=高野裕介、アテネ=河原田慎一
    2020年11月1日 2時23分

     トルコ西部イズミル県沖のエーゲ海で30日に発生した地震で、トルコ政府は31日夕(日本時間同日深夜)までに35人が死亡、885人が負傷したと発表した。多くは建物の倒壊が原因で、隣国ギリシャのサモス島でも2人が死亡した。震源に近い沿岸では津波も発生した。
     津波が襲ったイズミル県の港町セフェリヒサルに31日、記者が入ると、係留施設から流されたヨットが放置され、住民が波にさらわれた車を海から引き揚げていた。
     「津波なんて、日本の映像でしか見たことがなかった」。港でカフェを営むウフク・アクンさん(59)によると、地震発生から約10分後に潮が引き始め、海底が見えた。それから3、4分後、「まるでわき出るよう」に波が押し寄せ、瞬く間に店が浸水した。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASNB07TDKNB0UHBI037.html

    【【エーゲ海地震関連】トルコ地震、津波被害も 住民「日本の映像でしか…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プティフランスパン ★ 2018/09/29(土) 17:02:36.02 ID:CAP_USER9
    no title
     
    9/29(土) 16:52配信

     インドネシア中部スラウェシ島で28日夕に起きたマグニチュード(M)7・5の地震と津波で、国家防災庁(BNPB)は29日午後、死者が384人、重傷者が540人に達し、行方不明者も28人に上ると明らかにした。

     BNPBの報道官は、津波の高さが6メートルに達したとの情報があるとして、情報の確認を進めていることを明らかにした。気象当局は地震発生の直後、最大で3メートルの津波が押し寄せる可能性があるとの警告を出していた。

     政府は軍や警察などの部隊を派遣し、被害の把握と救援に当たっている。現地では、29日午後にかけてもM4~5の地震が続いている。

     現地は通信が寸断され、状況の把握が難航しているため、さらに被害が広がる可能性がある。報道官がツイッターで投稿した現地の写真には、病院内に入りきらず屋外で治療を受ける市民の様子のほか、大きな橋やモスク(イスラム礼拝所)、ショッピングモールが倒壊した様子も写っている。(古谷祐伸)

    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000035-asahi-int 
    【【インドネシア地震】津波高6メートルか 死者384人、重傷者540人、行方不明者28人 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル