かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:海上保安庁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2021/04/10(土) 12:20:21.07 ID:0MXYedUR9

    no title

    尖閣諸島を含む東シナ海上空。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影)


     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で10日、中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは57日連続。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

    産経新聞 2021.4.10 11:42
    https://www.sankei.com/politics/news/210410/plt2104100003-n1.html


    【尖閣周辺、57日連続でに中国公船】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/04/08(木) 18:59:43.02 ID:CAP_USER
    no title

    尖閣諸島を含む東シナ海上空。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影)  

     自民党有志議員が、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の実効支配強化のため、国家公務員の常駐を検討する勉強会を設立することが8日、分かった。原田義昭元環境相や和田政宗参院議員らが呼びかけ人。20日にも東海大の山田吉彦教授(海上安全保障)を講師に招き、初会合を開く。

     議員連盟への改組を目指し、水産庁や海上保安庁の職員が滞在できる施設の整備などを議論する方向だ。

     自民党は平成24年の衆院選公約などに尖閣諸島への公務員常駐を明記したが、次第に記載されなくなった。勉強会は次期衆院選公約への反映も目指す。

     尖閣周辺海域をめぐっては、2月に中国海警局に武器使用の権限を付与する海警法が施行されるなど、中国の圧力が高まっている。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/210408/plt2104080016-n1.html

    【尖閣に公務員常駐の勉強会、自民有志が20日に初会合 議連への改組も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2021/04/05(月) 22:36:08.76 ID:aUkyhkz29
    no title

    自民党の国土交通、国防両部会などの合同会議であいさつする大塚拓国防部会長(奥左)=1日午後、東京・永田町の党本部


     自民党の国防部会、国土交通部会などが1日にまとめた尖閣諸島(沖縄県石垣市)の防衛に関する緊急提言をめぐっては、海上保安庁法の改正の是非で両部会の意見が真っ向から対立した。自衛隊派遣の前段階として海保の機能を強化するため、同法改正の必要性を訴える国防部会に対し、国交部会は改正は不要と主張。最終的には「必要があれば法整備も検討する」との“玉虫色”の表現で決着した。

     1日の両部会による合同会議後、大塚拓・国防部会長は記者団に「自民党が『ワンボイス』でまとまることができた」と成果を強調した。提言は法整備に関して具体的な法律名を記載しておらず、大塚氏は「特定の法律や条文を念頭に置いたものではない」と繰り返し指摘した。

     ただ、同席した平口洋・国交部会長は「海保は全力を尽くしており、(海保法)改正は必要ないという意見もある。将来的に穴があるならば、自衛隊法、海保法(の改正)を検討する」と述べるなど、見解の食い違いも露呈した。

     国防部会が国交部会に示した原案では「必要な法整備を行うこと」と記載されており、表現が弱まった感は否めない。合同会議に出席した政府関係者は「議論の中心は海保法だった」と話す。

     尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国海警局は2018年に中央軍事委員会の指揮下に入り、今年2月に施行された海警法で防衛作戦を遂行すると規定されている。準軍事組織としての位置付けが明確になったといえる。

     尖閣諸島周辺の情勢が厳しくなったことを踏まえ、国防部会は海警に対処する海保の武器使用権限について整理した。2月25日の国防部会では、海警が尖閣諸島への上陸を試みた場合、「重大凶悪犯罪」とみなして相手に危害を加える「危害射撃」が可能との見解を海保から引き出した。

     この狙いについて自民党関係者は「中国が尖閣諸島への上陸を強行すれば撃ちあいになり、そうなれば自衛隊と米軍が出てくるというメッセージを送るためだ」と話す。

     もっとも、尖閣諸島への上陸を強行する可能性があるのは海警だけでなく、30万人以上いるとされる海上民兵が乗る漁船群が上陸を試みるケースも想定される。

     海保で対処しきれない場合、日本政府は海上警備行動を発令して海上自衛隊を投入することになるが、この際の海自の武器使用根拠は海保と同じだ。

    (略)

    2021.4.5 22:00 産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/210405/plt2104050041-n2.html

    【自民尖閣提言 玉虫色の決着 国防部会・国交部会 意見対立】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ラニナミビルオクタン酸エステル(愛知県) [US] 2021/03/23(火) 20:40:24.80 ID:Fg8otiKF0● BE:156193805-PLT(16500)
    senkaku

    沖縄県の尖閣諸島の沖合で23日午後4時半ごろ、中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入し、海上保安本部は直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻が23日午後4時半ごろ、尖閣諸島の南小島の沖合で相次いで日本の領海に侵入しました。

    海警局の船が日本の領海に侵入するのはことしに入って10件目となっています。

    海上保安本部は直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    海上保安本部によりますと、領海侵入した1隻には、砲らしき武器が搭載されているということです。

    武器を使用するような動きはないということですが、海上保安本部が警戒を強めています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210323/k10012931821000.html

    【【怒】 沖縄 尖閣諸島沖合 中国海警局の船4隻が領海侵入 海保が警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [MX] 2021/03/21(日) 22:40:05.96 ID:orFVO+dj9

    no title

     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で領海警備に当たっていた海上保安庁の尖閣専従巡視船が1月、任務中に故障し、一時、航行不能状態に陥っていたことが21日、海保関係者への取材で分かった。老朽化が原因とみられる。尖閣では中国海警局の船による領海侵入が相次ぎ、中国は2月、海警局の武器使用を認める海警法を施行するなど日本の有効支配を覆す動きを強めており、装備の刷新も含めた対策が急務といえそうだ。

    尖閣専従12隻で最も古く

     尖閣周辺の領海警備で、任務中の巡視船が航行できなくなる事態は極めて異例。故障が発生したのは那覇海上保安部所属のヘリコプター搭載型巡視船「うるま」で、老朽化が進んでいる。

     うるまは那覇海保に2隻、石垣海保に10隻配備された尖閣専従船計12隻の1隻。石垣海保の10隻(1千トン型)は平成26~28年に新造、那覇海保のもう1隻(ヘリコプター搭載型)は12年に建造された。だが、うるまは昭和55年の竣工(しゅんこう)で、12隻の中で最も古い。

     海保が保有する約140隻の巡視船の中でも古参に挙げられ、長期の継続使用を可能にするため平成25、26年に改修工事を実施したものの、船齢は既に40年を超えている。

     うるまは1月下旬、尖閣諸島周辺で、船内の電力をまかなう発電機の一部が故障し、動作不良になった。発電機を動かしている燃料タンクを確認したところ、大量の海水が混入していることが判明。海水を含んだ燃料をエンジンに使用すれば機関停止につながる恐れもあり、一定時間、エンジンを停止させたままの状態を余儀なくされた。

     当時、うるまを含め複数の巡視船が中国公船の領海侵入に備えて警戒に当たっていた。うるまは風向きや潮流の状況次第で流されて浅瀬で座礁する恐れもあったという。その後、乗組員らが復旧作業を進め、自力航行が可能になり、別の巡視船と交代して現場を離れた。

     海保は尖閣周辺の領海警備で、中国公船1隻に対して巡視船1隻が対応するほか、周辺海域に巡視船を点在配置しているとみられる。海保関係者は「中国側を上回る勢力で対応しているが、巡視船それぞれに役割がある。1隻でも欠ける事態があってはならず、中国側につけ入る隙を与えることにつながってしまう」と危機感を募らせている。

    (略)

    2021.3.21 21:43 産経新聞
    https://www.sankei.com/affairs/news/210321/afr2103210007-n2.html

    【<独自>尖閣巡視船、一時航行できず 昭和55年建造…老朽化で故障か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2021/03/14(日) 09:42:42.31 ID:OLAL2wZZ9
    cn250
     中国海警局の艦船が沖縄県・尖閣諸島周辺で活動する際、海上保安庁の巡視船や日本漁船に対する武器使用や強制退去を「自制している」と、中国政府が日本政府に伝えていたことが13日、分かった。日本は尖閣は日本固有の領土だと反論し、領海侵入などの中国側の活動自体を強く批判した。複数の日本政府関係者が明かした。

     海警に武器使用を認めた2月1日の海警法施行後、中国側の運用方針が明らかになるのは初めて。海警法施行に対する日米両国の反発が想像以上に強く、偶発的な衝突などによる事態の悪化は避けたいとの狙いが中国側にありそうだ。

    共同通信 2021/3/13 21:23 (JST)3/13 22:47 (JST)updated
    https://this.kiji.is/743443622972801024

    【【アホなのか】中国、海警局の武器使用「自制」 尖閣周辺活動で日本に説明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/03/07(日) 18:13:50.29 ID:CAP_USER
    海上自衛隊と海上保安庁は3月に入り、不審船に共同で対処するための訓練を実施した。九州西方の海空域で船舶を追跡して停止させる手順を確認した。沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の船が領海侵入を繰り返しており、不測の事態に備えて連携を強める。

    中国が2月に海警局を準軍事組織と位置づける海警法を施行し、日本側は警戒を続けている。

    共同訓練には海自から護衛艦や哨戒ヘリコプター、ミサイル艇が、海保から巡視船2隻がそれぞれ参加した。重要施設などに向かう不審船を想定し、情報共有のほか追跡と監視、停船措置の3項目の運用を確かめた。

    訓練は1999年から定期的に実施し、今回が18回目となる。

    2月の中国公船の領海侵入日数は6日と、月ごとでは4年半ぶりの高水準だった。海警局は日本の海保と同じ海上法執行機関だが、中国の海警法で武器使用が容認され事実上の「第2海軍」だと指摘される。

    海保だけで対処が難しい事態が発生すれば、海自に海上警備行動が発令される。山村浩海上幕僚長は2日の記者会見で「東シナ海情勢を踏まえても海保との連携はますます重要になる」と話した。

    日本経済新聞 2021年3月7日 18:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE064D20W1A300C2000000/

    no title

    不審船への対応を訓練する海自護衛艦(奥)と海保巡視船(3日、九州西方の海域)=海自提供

    【【尖閣諸島】海自と海保、共同対処へ訓練 中国海警にらみ連携】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2021/03/07(日) 11:20:53.78 ID:uNr1xydM9
    senkaku

    尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で7日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは23日連続。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

    2021.3.7 11:01 産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/affairs/news/210307/afr2103070006-s1.html

    【尖閣周辺に中国船 23日連続 1隻は機関砲のようなものを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2021/03/02(火) 15:06:04.49 ID:w6rLRrz99
    no title


    第11管区海上保安本部によると石垣島の北約330キロメートルの海上で転覆した中国籍船が見つかり、付近で漂流者7人を発見した。

    2日午前8時49分頃に遭難警報の連絡を受け那覇航空基地所属の固定翼機が調査確認にあたり発見したもの。中国側からの情報では船は漁船とみられ、乗船者数は10人だという。

    現在巡視船3隻などが救助へ現場海域に向かっている。

    沖縄テレビ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6fb3a7ad73219cdefd3c7365e904c575c8507d4


    【【沖縄】石垣島沖で中国籍船が転覆 ブイにしがみつき7人漂流】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2021/02/23(火) 18:08:15.04 ID:RMfQMSZK9
    no title

    沖縄県・尖閣諸島

     中国海警局の武器使用規定を明文化した「海警法」が1日に施行された後、同局に所属する公船が沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に侵入し、日本漁船に接近・追尾する件数が急増している。このうち1回は機関砲のようなものを搭載した公船が追尾する異例の事態となった。

     中国は「尖閣諸島が自国の領土」という一方的な主張に基づき、日本領海に繰り返し侵入。日本漁船を追尾する際は「中国領海」から出るよう求める内容の呼びかけをしているという。日本政府関係者は「あたかも法を執行するような動きで実績を重ねる狙いではないか」と警戒を強めている。

     中国公船は1日以降、延べ6日侵入した。日本漁船の追尾は20日以外毎回行い、6、7日▽15、16日▽21日の3件に上った。漁船追尾は過去にも2013年に2件、14年に1件、19年に1件あったが、20年に8件に増加。今年は1月の1件と合わせ、2カ月足らずで4件と過去最多ペース。

     特に、2月16日は同時に4隻が漁船2隻を追尾した上、中国公船の1隻は機関砲のようなものを搭載していた。第11管区海上保安本部(那覇)によると、機関砲のようなものを搭載した公船の漁船追尾は19年5月、20年11月に次いで3回目で、極めて異例。21日には公船2隻が2回にわたり侵入し、漁船を追った。

     20年11月に来日した中国の王毅国務委員兼外相は、日中外相会談後に中国の対応について、「所属不明の日本漁船が釣魚島(尖閣の中国名)周辺の敏感な水域に進入し、中国側はやむを得ず、必要な反応をしなければならない」と主張した。しかし、2月20日は日本漁船が不在なのに公船2隻が領海侵入した。日本の対応と関係なく侵入を繰り返そうとする中国側の意図が明確となっている。【田所柳子】

    毎日新聞 2021/2/23 15:30(最終更新 2/23 15:30) 730文字 
    https://mainichi.jp/articles/20210223/k00/00m/030/050000c 



    【尖閣周辺、中国公船の漁船追尾が急増 「海警法」施行以降】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [ニダ] 2021/02/21(日) 18:40:20.33 ID:tkKvo0/A9

    no title

    21日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海に侵入したとされる中国海警局の船と同型の船(海上保安庁提供)


     21日午前4時50分ごろ、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船2隻が侵入し、久場島の南東約22キロの海上で、航行中の日本漁船(9・7トン)に接近しようとする動きを見せた。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは2日連続で、今年9日目。2隻は約6時間後に領海を出たが、同日午後1時40分ごろ、再び侵入した。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、漁船には3人が乗っており、海保が漁船の周囲に巡視船を配備し、安全を確保した。領海から出るよう中国船に警告した。

     別の中国船2隻も、領海外の接続水域を航行した。うち1隻は機関砲のようなものを搭載している。接続水域も含めた尖閣周辺で、中国当局の船が確認されるのは9日連続となった。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/affairs/news/210221/afr2102210006-n1.html
     

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/editorialplus/1613900420/ 【中国船が尖閣領海侵入繰り返す 日本漁船に接近】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2021/02/17(水) 13:37:14.62 ID:Rwaat33c9

    政府は16日、沖縄県の尖閣諸島沖の領海に同日未明、中国の海上保安機関・海警局(海警)の船2隻が新たに侵入したと発表した。政府は、海警の武器使用条件を定めた「海警法」施行後、尖閣諸島への日本の実効支配を覆そうとする試みを中国が強めているとみて警戒している。

    第11管区海上保安本部(那覇市)によると、16日午前4時15分頃、尖閣諸島・大正島沖の領海に海警船2隻が入った。このうち「海警1305」は砲のようなものを搭載。他の1隻と共に4人乗り日本漁船(9・97総トン)を追いかけるように領海に入り、約6時間にわたって居座った。

    15日に南小島付近から領海に侵入した2隻も、別の日本漁船を追尾するように動き、一時、計4隻が二手に分かれて日本漁船を追ったため、海上保安庁の巡視船が間に入るなどして漁船の安全を確保した。16日午後0時20分頃までに4隻とも領海外に退去した。

    加藤官房長官は16日の記者会見で、砲のようなものを搭載した海警船が日本領海で漁船に接近した例は、昨年と一昨年に1回ずつあったと明かした。日本政府によると近年、海警船の大型化が進み、1万トン級の船もあるとみられる。

    日本政府は外交ルートを通じて中国に抗議した。茂木外相は16日の記者会見で、「2日連続で領海に侵入し、日本漁船に接近する動きを見せたことは誠に遺憾で、断じて容認できない」と強調した。

    中国側の相次ぐ挑発行為に、自民党内では、2015年に当時の民主党と維新の党が国会に提出した「領域警備法案」を参考に、新たな法整備を模索する動きが出ている。

    現状は、海保で対応できない事態になった場合に海上警備行動を発令し、海上自衛隊が対処する仕組みだ。同法案は、首相が事前に指定した「領域警備区域」で、自衛隊が不法行為への対処を行える内容になっている。16日の自民党の外交部会などの合同会議では、出席議員から「外交ルートだけでは(挑発は)止まらない」との懸念が相次いだ。

    ただ、政府は「平時に自衛隊が対処すれば中国海軍が介入する口実を与える」(防衛省幹部)として、新たな法整備には慎重だ。

    中国側は、日本漁船が尖閣周辺に入れば「即座に追尾を目指す態勢を敷いている」(日中関係筋)という。沖縄県石垣市の八重山漁協専務の伊良部幸吉さん(52)は「海警法の施行で、多くの漁師たちが尖閣に行くと中国の船から射撃されるのではと危機感を抱いている」と語った。

    尖閣諸島周辺海域を航行する中国海警の船(昨年10月撮影、第11管区海上保安本部提供
    no title


    2021/02/17 09:47 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210216-OYT1T50185/

    【【尖閣沖】日本の実効支配を覆す試みを中国強める…防衛省「平時に自衛隊が対処すれば介入の口実与える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2021/02/16(火) 23:46:47.60 ID:CAP_USER

    2D540109-5751-4F92-AF09-2BC5DEA61EFB
    16日朝、中国海警局の船2隻が、沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入しました。このうち、1隻は砲らしき武器を搭載していたということです。

    第11管区海上保安本部によりますと、16日朝、中国海警局の船2隻が尖閣諸島の沖合で、日本の領海に侵入しました。すでに領海の外に出たということですが、このうち1隻には「砲らしき武器」が搭載されていました。

    中国が海警局に、外国の船に対する武器使用を認める「海警法」が施行されて以来、初めての事だということです。

    尖閣諸島沖合では15日から、中国海警局の別の船2隻も日本の領海に侵入していました。

    加藤官房長官「(領海侵入は)誠に遺憾でありますし、断じて容認できるものではありません。中国側に厳重な抗議を行っております」

    さらに、加藤官房長官は「日本の漁船に接近しようとする動きを直ちに止め、領海から退去するよう強く求める」と述べました。

    日テレ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf100fb322fe82909024ef8135db2ef4aedaec10

    【【尖閣】加藤官房長官「誠に遺憾」 武装中国船の領海侵入に抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2021/02/16(火) 17:37:55.93 ID:YZ9hJPHn9
    80C2BAAD-AA6A-43A0-A601-2B5ADC81C3F4
     
    小笠原に巡視船「みかづき」配備へ 密漁対策を強化

    東京・小笠原諸島周辺で相次ぐ外国漁船による違法操業の取り締まりを強化するため、新たに配備される第3管区海上保安本部(横浜)の巡視船「みかづき」の引き渡し式が16日、東京都江東区の造船会社で開かれた。

    みかづきは、長さ約43メートル、総トン数約200トンで、3月下旬に小笠原諸島・父島の小笠原海上保安署に配備予定。

    3管によると、小笠原諸島の周辺海域では近年、アカサンゴの密漁が増加。

    平成26~27年には、1日200隻以上の中国船が確認される日もあった。

    これまで小笠原海上保安署には巡視船が配備されておらず、横浜海上保安部などの巡視船が取り締まっていた。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/affairs/news/210216/afr2102160011-n1.html

    【【海保】中国船による赤サンゴの密漁を防げ!小笠原諸島に巡視船「みかづき」配備へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2021/02/16(火) 13:49:03.57 ID:SJNth/wq9
    no title

    16日朝、沖縄県の尖閣諸島の沖合で新たに中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入し、合わせて4隻で日本の漁船に接近する動きを見せているということで、海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配置して警戒を強めるとともに直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船2隻が16日午前4時すぎ、尖閣諸島の大正島の沖合で日本の領海に侵入しました。

    海警局の船は、別の2隻が15日昼すぎから領海侵入を続けていて、合わせて4隻で日本の漁船に接近する動きを見せているということです。

    海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配置して警戒を強めるとともに直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    海上保安本部によりますと16日朝、領海侵入した1隻には、砲らしき武器が搭載されていて、中国が外国の船舶に対する武器の使用を海警局に認める「海警法」が施行されてから、大型の武器を搭載した船の領海侵入は初めてだということです。

    武器を使用するような動きはないということですが、海上保安本部が警戒を強めています。

    ■官房長官「砲らしき武器搭載」

    加藤官房長官は閣議のあとの記者会見で、沖縄県の尖閣諸島の沖合で16日、新たに砲らしき武器を搭載している中国海警局の船が日本の領海に侵入したなどとして15日に続き、中国側に対し厳重に抗議したことを明らかにしました。

    この中で加藤官房長官は「きのう(15日)沖縄県の尖閣諸島周辺のわが国領海に侵入した中国海警局の船舶2隻は現在も領海内にとどまっており、加えて、16日午前4時15分ごろから中国海警局に所属する別の船舶2隻も領海に侵入し、日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せた」と述べました。

    そのうえで「けさ領海に侵入した中国海警局所属の船舶2隻のうち、1隻が砲らしきものを搭載していると承知している」と述べました。

    そして「中国海警局に所属する船舶が、連日わが国領海に侵入し、日本漁船に接近しようとする動きを見せたことは、まことに遺憾であり、断じて容認できるものではない。外交ルートで中国側に厳重な抗議を行っているところだ」と述べました。

    2021年2月16日 12時32分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210216/k10012869341000.html


    【【尖閣沖】砲らしきものを搭載…中国海警局の船が日本領海に侵入 大型の武器搭載船の侵入は初 日本政府「誠に遺憾」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [ニダ] 2021/02/15(月) 19:04:13.16 ID:MhLsvGLC9

    no title

    尖閣諸島を含む東シナ海上空。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影)


     第11管区海上保安本部(那覇)は15日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に午後1時半ごろから中国海警局の船2隻が侵入し、南小島の南南東約22キロの海上で、航行していた日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せたと発表した。政府は首相官邸に官邸対策室を設置。外務省筋は、中国政府へ厳重に抗議し、速やかに退去するよう求めたと明らかにした。

     中国で海警局の武器使用を認める海警法が今月1日に施行後、海警局の船は6日に初めて領海侵入した。11管によると、15日の侵入は今年6日目。日本漁船は9・1トンで2人が乗っている。漁船の周囲に巡視船を配備し、安全を確保した。

     別の海警局の船2隻も領海外の接続水域を航行した。うち1隻は機関砲のようなものを搭載。接続水域も含めた尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは3日連続となった。

    産経新聞 2021.2.15 17:27 
    https://www.sankei.com/world/news/210215/wor2102150013-n1.html 



    【中国船が尖閣領海侵入 日本漁船に接近、政府抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2021/02/07(日) 13:16:10.57 ID:reAgbpgO9
    no title

    7日、朝早く、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入し、日本の漁船に接近する動きも見せているということで、海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻のうち2隻が、7日午前4時前、尖閣諸島の大正島の沖合で日本の領海に侵入し、日本の漁船に接近する動きも見せているということです。

    2隻の船は午前4時現在、大正島の南およそ20キロの日本の領海内を航行しているということです。

    海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    2隻は6日も尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入していて、6日の領海への侵入は中国海警局に外国の船舶に対する武器の使用を認める「海警法」が今月1日に施行されてから初めてとなりまし

    2021年2月7日 9時04分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210207/k10012853851000.html


    【尖閣諸島沖合 中国海警局の船2隻が領海侵入 海保が出るよう警告続ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 頭皮ちゃん ★ 2021/02/06(土) 10:25:49.29 ID:depd61a39
    senkaku
     第11管区海上保安本部(那覇)は6日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に午前4時45分ごろから中国海警局の船2隻が侵入したと発表した。中国海警局の武器使用を認める海警法施行後で初めて、中国当局の船が尖閣周辺領海に侵入した。

     11管によると、尖閣諸島周辺の領海には日本漁船2隻が航行している。海保が漁船の周囲に巡視船を配備し、安全を確保した。

     別の中国船2隻も領海外の接続水域を航行した。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/210206/plt2102060004-n1.html

    【中国船が尖閣周辺領海侵入 武器認める海警法施行後初 日本漁船2隻航行中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2021/02/01(月) 09:06:10.59 ID:LvYOf/qi9

    no title

    沖縄県の尖閣諸島=2010年9月

    no title

    沖縄県の尖閣諸島付近で中国公船(左)に退去要請する海上保安庁の巡視船=2013年(海上保安庁提供)



     中国海警局の武器使用権限を明記した2月1日施行の「海警法」について、日本政府は「国際法秩序を揺るがしかねない」(防衛省幹部)と警戒を強めている。東・南シナ海を舞台にした膨張主義的な動きの一環と分析。沖縄県・尖閣諸島周辺でも軍事的な行動をエスカレートさせる恐れがあるとみて、自民党からは自衛隊の対応強化を求める意見が出てきた。


     中国公船による尖閣周辺の接続水域航行は昨年、333日と過去最多を記録し、領海侵入も繰り返す。海警局は日本の海上保安庁に相当する組織だが、2018年に軍の最高指導機関である共産党中央軍事委員会の指揮下に入り、「第2海軍」とも称される。

     日本側で対処するのは基本的に海保。ただ、巡視船の装備には限界があり、手に負えない場合は自衛隊が「海上警備行動」として出動することになっている。

     1月26日の自民党関係部会の会合では、海警法について出席議員から「尖閣狙い撃ちの条文だ」「脅し以外の何物でもない」と反発する声が続出。海警局と軍の一体化が進んでいる現状を踏まえ、自衛隊を前面に出す法整備を求める意見も相次いだ。

     政府は29日、海警法施行を前に尖閣を含む地域情勢をめぐり国家安全保障会議(NSC)を首相官邸で開いた。茂木敏充外相は同日の記者会見で「国際法に反する形で適用されることがあってはならない」とけん制した。

     実は東シナ海では、海上自衛隊の護衛艦と中国海軍艦艇が一定の距離を取り、にらみ合う状況が常態化している。このため、自衛隊がより前面に立てば、中国に増派の口実を与えかねない。「中国が仕掛けた『わな』にかかる」(防衛省幹部)というわけだ。

     「自民党の意見も伺いつつ、引き続き万全の体制をつくっていきたい」。岸信夫防衛相は29日の記者会見で、こう述べるにとどめた。

    時事通信 2021年02月01日07時05分 
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021013100190 


    【政府、「尖閣」緊張を警戒 自民に自衛隊積極投入論―海警法施行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [ニダ] 2021/01/30(土) 19:18:13.23 ID:Z25CgnDK9

    no title

    尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)


     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺では、中国海警局所属の船が今年もハイペースで現れている。昨年は領海外側にある接続水域内で確認された日数が最多を更新。30日にも中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。今年は昨年に次ぎこれまでに24日間、海警局の船が接続水域内で確認されており、尖閣諸島周辺での「常在化」が進んでいる。

     海保によると、1月は13日から3日間連続で中国公船が領海にも侵入。3日連続での侵入は昨年10月以来で、14~15日は周辺で操業していた日本漁船に接近してきたため、海保は漁船の近くに巡視船を配備し、安全を確保した。

     昨年、接続水域内で中国公船が確認されたのは333日間。最多を更新した一昨年の282日間を大幅に上回った。領海に侵入したのも29日間に達した。

     海保関係者は「海が極端に荒れているとき以外はほとんど尖閣周辺に常在している状況を作ろうとしている」と分析。船の大型化も進んでおり、「中国はより天候に左右されない体制も整備してきた」という。

     接続水域では中国公船は4隻出没することが多く、1隻は機関砲のようなものを搭載。定期的に別の公船と交代しながら4隻が常駐する状況が続くことが多いことから「動きがよりシステマチックになってきた」とみる海保関係者もいる。

     海保は大型巡視船を令和3年度は69隻から70隻に増強。定員も増やす見込みで、4年度以降も体制の強化を図る方針だ。(荒船清太)

    産経新聞 2021.1.30 18:19 
    https://www.sankei.com/affairs/news/210130/afr2101300006-n1.html 


    【尖閣周辺で「常在化」進む中国公船 今年もハイペース】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル