1: ばーど ★ 2019/10/15(火) 09:28:06.93 ID:tgn4BQO/9
 EA3B9F25-15DB-4AF8-A2BF-342AD6B7BD80

12日夜に多摩川が氾濫した東京都世田谷区玉川には、下流部で唯一、堤防が整備されていない区間があった。

国土交通省によると、12日は多摩川の水位が刻々と上昇し、午後10時10分頃には堤防未整備の区間(約540メートル)から濁流があふれたことが確認された。川と市街地の境界となっている道路も越え、二子玉川駅周辺の広い範囲が浸水した。

東京都世田谷区玉川では市街地が水につかった(12日午後9時38分)東京都世田谷区玉川では市街地が水につかった(12日午後9時38分)
 
この地域を巡っては、2007年の台風9号で2000袋以上の土のうを積んで浸水を防いだケースもあった。同省京浜河川事務所はこれまで、「大雨が降ると多摩川では最初に浸水する」などと周辺住民に説明。堤防整備計画を進めようと説明会なども度々行ってきたが、「景観を大切にしてほしい」「家をのぞき見られる恐れがある」といった声が根強く、同意を得られていなかった。

2019/10/14 17:25 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191014-OYT1T50094/

【【反対派住民は袋叩きだな】多摩川下流部で唯一、堤防未整備区間が決壊…住民「景観が大切。家のぞかれる」国交省の度々の説得に同意せず 】の続きを読む