かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:潜水艦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/07/31(水) 16:59:09.14 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル=恩地洋介】韓国国防省は31日、北朝鮮が最近開発した新型潜水艦に関して、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を3発程度搭載できるとの分析を明らかにした。近く進水する可能性があるとの見方も示した。国会の委員会で同省から説明を受けた議員が記者団に明らかにした。

    北朝鮮の朝鮮中央通信は23日に金正恩(キム・ジョンウン)委員長が潜水艦を視察したと報道。潜水艦は近く日本海の作戦水域に配備されると伝えていた。

    国防省の説明によると、新型潜水艦の直径は約7メートルで長さは70~80メートル。既存の潜水艦よりやや大きいとみている。北朝鮮が公開した潜水艦の写真を分析した結果、上部の艦橋部分がミサイルの発射管を搭載する位置だと判断したという。

    日本経済新聞 2019/7/31 16:33 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48012710R30C19A7FF8000/

    【【北朝鮮】SLBM3発、搭載可能か 北の新型潜水艦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/13(木) 15:52:11.61 ID:CAP_USER
    731036C2-C3D3-441F-ACDB-152A1AB4A544
     
    米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は12日、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮東部新浦の造船所で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)用の新型潜水艦建造が継続しているとの分析結果を公表した。

     38ノースによると、4~6月に撮影された衛星写真を分析。資材置き場の部品や機材が移動していることから建造が続いているとの見方を示した。別の潜水艦が停泊する近くの係留施設でも新たにクレーンが設置されるなどの動きを確認したとしている。

      38ノースや韓国紙、朝鮮日報は4月にも、この造船所での潜水艦建造の可能性を指摘していた。(共同)

    産経新聞 2019.6.13 07:57
    https://www.sankei.com/world/news/190613/wor1906130007-n1.html


    【【38ノース】北朝鮮、潜水艦建造を継続 米分析サイト】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/04/14(日) 04:56:57.91 ID:5kQGYOXQ9
    no title


    北朝鮮 新型潜水艦の建造継続か 米研究グループ
    2019年4月13日 10時34分北朝鮮情勢

    北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、最新の衛星写真から北朝鮮が弾道ミサイルを搭載できる新型の潜水艦の建造を継続している可能性があるという分析結果を明らかにしました。

    アメリカの研究グループ「38ノース」は12日、北朝鮮東部のシンポ(新浦)にある海軍の造船所の衛星写真の分析結果を明らかにしました。

    この造船所では、これまでの分析で3年前からSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを搭載できる新型の潜水艦の建造が始まったとみられています。

    38ノースによりますと、先月23日に撮影された写真で確認された潜水艦の船体に使われるとみられる形の物体が今月5日にはなくなっていることから、現在も北朝鮮が潜水艦の建造を継続している可能性があるということです。

    また、今月11日に撮影された写真からは、実験用の潜水艦の付近に水上に浮かべたクレーンの姿も確認できるとしています。

    物別れに終わった2回目の米朝首脳会談以降、北朝鮮ではミサイル発射場が運用可能な状態にまで復旧される動きも確認されていて、米朝間の対話が停滞する中、北朝鮮がミサイル関連の開発を続けていることをうかがわせています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190413/k10011882921000.html 

    【【北朝鮮】新型潜水艦の建造継続か 米研究グループ「38ノース」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/04/05(金) 15:36:50.72 ID:CAP_USER
    kp250
     
    【ソウル時事】5日付の韓国紙・朝鮮日報は、北朝鮮が東部・新浦の造船所で3000トン級の新型潜水艦の建造を本格化させていると報じた。

     潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)3、4基が搭載可能とみられるという。

     同紙は「建造に成功すれば、北朝鮮の戦略的攻撃能力は画期的に高まる」と伝えた。

     韓国軍高官は、新浦港に新型潜水艦建造に必要とみられる部品が大量に運び込まれたことを明らかにし、「SLBMの試験発射のためのフローティングドック(バージ船)を沖に移す動きも把握された」と述べたという。

    4/5(金) 8:56配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000031-jij-kr

    【【北朝鮮】新型の潜水艦建造中=SLBM3、4基搭載可能か-韓国紙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2019/02/20(水) 13:55:29.78 ID:SU9nMeqA9
    kr250

    2019年2月19日、韓国・中央日報は「大宇(テウ)造船海洋が進めている対インドネシア潜水艦輸出計画が秒読みに入った」と報じた。総契約規模は12億ドル(約1329億円)に達するという。

    記事は、軍事安保専門ウェブメディア「HIS Jane’s 360」の報道を引用。インドネシア海軍が韓国海軍の「張保皐(チャン・ボゴ)」(1200トン級)を改良した1400トン級潜水艦3隻の導入を決め、交渉の最終段階に入ったと伝えている。防衛産業業界では来月中に契約がまとまるものと期待されている。大宇造船海洋は昨年10月にインドネシア国営PT PAL造船所に技術協力センターを設置し、同造船所と企業連合組成の協約を結んでいるという。

    インドネシアは2011年の潜水艦導入事業でも、大宇造船海洋と11億ドル規模の契約を結んでいる。記事は「その点も今回の交渉で有利に作用した」としている。今回の事業を大宇造船海洋が受注すれば、インドネシア海軍が導入を決めた潜水艦12隻のうち半数の6隻を韓国製が占めることになる。政府関係者は「インドネシア防衛産業の輸入はロシアへの依存度が高いが、潜水艦は韓国の技術力が高く評価されている。政府レベルで防衛産業外交を後押していく」とコメントしている。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「これが韓国国防の力。誇らしい気分だよ!」「うれしいニュースだ。実現を祈ります」「防衛産業は国力の象徴だし、技術の波及も大きい。積極的に育成すべきだ」「日本は悔しいだろうな」「インドネシアやタイでは日本車が人気で7割以上を占めているはず。潜水艦や航空機を輸出し協力して生産できれば快挙だよ。政府の外交的な後押しもあっただろうね」などの喜びの声が挙がっている。

    一方で、「既に取引があった件の追加注文なのに、政府の手柄みたいに(笑)。むしろ、政府は戦闘機事業をフイにしたよね」「雇用を創出すると言って54兆ウォンをつぎこんだのに、逆に雇用を減らした大統領。そのお金があったらこんな潜水艦がたくさん造れたよ」などとするコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=688866&ph=0&d=d0144
    【【べつに】韓国がインドネシアに12億ドル規模の潜水艦輸出へ=韓国ネット大喜び「日本は悔しいだろうな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/12/27(木) 21:24:01.78 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/87132

    no title


    佐藤まさひさ議員のツイート

    【次期3千トン級潜水艦の基本設計完了 19年後半から建造予定=韓国】

    韓国の発表では、本艦は「全方向からの脅威に対応」する為に建造し、かつ射程500kmの弾道ミサイル6発搭載可能という。

    果たしてこの潜水艦の主敵はどこなのか?思わず、首を傾げてしまう。

    ▼ネット上のコメント

    ・浮上出来るのだろうか…………

    ・まあ、作れて、運用出来ればなんですけどね。

    ・まさか日本を狙っているのでは?と疑っています。

    ・できても浸水して沈むので、到底完成はあり得ません。

    ・造艦技術を持ち合わせていないので、深度0mで浸水しても不思議ではありません。文字通り「沈む棺桶」になる危険性が非常に高いでしょう。

    ・用途が見えません( ^ω^ )弾道ミサイルって、何をやる気?

    ・主敵・・もちろん皆さんの想像通りです。
    【韓国、次期3千トン級潜水艦の基本設計完了 自民・佐藤正久議員「果たしてこの潜水艦の主敵はどこなのか?」 ネット「日本を狙って…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/12/13(木) 19:44:07.16 ID:CAP_USER9
    A3F3BF38-150D-4D05-B974-974E48CE4862 
     【モスクワ=小野田雄一】ロシアは、極東に拠点を置く露太平洋艦隊に、最新鋭潜水艦「ラーダ型」で構成する新たな潜水艦隊を配備する方針を固めた。露メディアが13日までに報じた。極東のカムチャツカ半島の戦略原潜基地の防衛任務などに当たるという。

     ラーダ型は通常動力型で、原潜に比べて小型で静音性に優れるとされる。

     国営ロシア通信によると、ラーダ型はこれまでに3隻が起工。1番艦「サンクトペテルブルク」は2004年に進水して以降、試験航行を続けている。2番艦「クロンシュタット」は来年に海軍に引き渡される予定のほか、3番艦「ベリキエ・ルキ」は21年以降に配備される見通しという。

     露紙「イズベスチヤ」によると、ラーダ型は乗員35人で、時速は海上10ノット、海中21ノット。潜航深度は300メートル。魚雷や機雷、対艦ミサイルなどを装備する。

    2018.12.13 19:04
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/world/news/181213/wor1812130035-n1.html

    【【軍事】ロシア、極東に最新鋭潜水艦を配備へ ラーダ型 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/11/22(木) 07:50:58.16 ID:CAP_USER
    kr250
     
    2018年11月20日、米国防専門誌「ディフェンス・ニュース」は、韓国防衛事業庁の発表によると、韓国は次世代潜水艦にリチウムイオン電池を搭載する予定だと伝えた。従来の鉛蓄電池と比べ潜水時間を2倍に伸ばせるという。

    記事は、「韓国防衛事業庁は、現在の通常動力型潜水艦をリチウムイオン電池に変更する方針であることを発表した。30カ月にわたる研究開発を経て、大型のリチウムイオン電池の開発に成功し、すでに技術性能評価に合格しているという」と伝えた。

    その上で、サムスンは世界最大のスマートフォンメーカーであると紹介。スマートフォンにはリチウムイオン電池が使用されているため、サムスンは世界最大のリチウムイオン電池供給業者でもあるとした。そして「韓国は、次世代潜水艦KSS―3を建造中で、現在のところ3隻が進水したが、別の3隻の潜水艦にはリチウムイオン電池を採用する」と伝えた。

    韓国防衛事業庁によると、リチウムイオン電池は値段が高いのに不安定であると考えられていたため、これまでは潜水艦に使用していなかったが、長年の研究開発によって満足できるだけの安全性を確保できるようになったという。

    関係者は、「潜水艦用のリチウムイオン電池は、まず安全性が重要だ。ある程度蓄電量を減らすことでより高い安全基準を確保できた。また、新たな電池は爆発や海水、火災、及び極端な温度などの劣悪な条件でのテストも経験している」と語ったとのこと。

    しかし記事は、日本の潜水艦はすでにリチウムイオン電池を採用した潜水艦を運用していることを指摘。「そうりゅう型潜水艦は、すでにGSユアサが開発したリチウムイオン電池を使用している」と紹介した。(翻訳・編集/山中)

    Record China 配信日時:2018年11月21日(水) 19時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b663982-s0-c10-d0062.html

    【【潜水艦】 韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用―米誌】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/11/20(火) 06:41:46.93 ID:CAP_USER
     そうりゅう
    海上自衛隊ホームページより

    中国メディア・東方頭条は18日、「日本と韓国の潜水艦のパワーを比較したら、日本が全面的にリードしていた」とする記事を掲載した。

     記事は、「日本と韓国は同じ米国の盟友だが、両国間の関係は微妙だ。島の領有権をめぐる問題もあり、軍事力の発展という点で両国は一定の競争をしている。近ごろ、韓国は『国産』の通常動力型潜水艦を進水させたが、将来の装備や技術レベルいずれにおいても、日本の潜水艦と比較すれば基本的に勝ち目はない」とした。

     そして、戦前にアジアで右に出る者はいないほどの海軍の強さを誇った日本は、第2次世界大戦の敗戦によって一定期間「休み」を強いられたが、国際情勢の変化を利用して先進的な潜水艦の研究開発を積み重ね、今や世界で有数の大規模な潜水艦開発経験を持つ国になったと説明している。

     一方で韓国については「日本に比べて、潜水艦の研究開発において明らかに基盤がない」と指摘。商船の建造では確かに数の面でも質の面でも大きな成果を収めてきたが、潜水艦の建造は商船よりも複雑であるうえ、ドイツなどの国から潜水艦に関する重要な先進技術を得ることは難しいとし、「このような状況では、日本の潜水艦に比べて技術レベルでの強みがないのは自然なことだ」と評した。

     記事はさらに、潜水艦の建造技術だけではなく、長期的な潜水艦の使用経験や、配属隊員への訓練レベル、作戦配備レベルでも韓国は日本になおのこと及ばないと説明。「それゆえ、日韓の潜水艦のパワーを比較すると、韓国に何のアドバンテージもないことが一目瞭然になるのだ」とした。(編集担当:今関忠馬)

    サーチナ 2018-11-20 05:12
    http://news.searchina.net/id/1671459

    【【比べるまでも無い】日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓国に勝ち目がなかった=中国メディア 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 親日@シコリアン ★ 2018/10/11(木) 23:19:34.34 ID:CAP_USER
     no title
    旭日旗問題の中で観艦式 韓国大統領、海自不参加触れず

     韓国はシーレーン防衛を念頭に、周辺海域へ進出できる大洋艦隊の編成を急いできた。海上自衛隊がイージス艦や大型輸送艦を導入する度に、同じ装備を整えてきた。韓国の元国会議員は「自衛隊が持っているといえば、国会で予算が通りやすかった」と語る。防衛交流によっても海自の戦術や技術を学んできた。

     日韓関係筋によれば、韓国海軍は過去、自衛隊の機雷掃海訓練を視察したほか、P3C哨戒機による自衛隊の対潜水艦戦術にも強い関心を示したという。韓国海軍が9月に進水式を行った3千トン級の新型潜水艦を建造する際も、自衛隊に対し、非公式に建造技術や運用に関する情報提供を求めたという。

    (抜粋)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASLBC3HR5LBCUHBI01F.html 

    【【韓国海軍】自衛隊に対し、新型潜水艦の建造技術や運用に関する情報提供を求める 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/10/04(木) 12:57:05.73 ID:CAP_USER9
    no title
     
     海上自衛隊の最新鋭そうりゅう型潜水艦の進水式が4日、神戸市兵庫区の三菱重工業神戸造船所で行われた。艦名は豊富な知識を持つ縁起の良い龍にちなみ、「おうりゅう」(凰龍)と名付けられた。配備場所は未定だが、海上防衛の第一線で運用される。

     建造した三菱重工業によると、同艦は全長84メートル、水中速度は約20ノットで建造費は約660億円。水中での持続力や速力向上を図るため、電気自動車などに使われるリチウムイオン電池を世界で初めて装備したほか、ステルス性能もある。

     進水式には防衛省や同社関係者ら約300人が参加。海自呉音楽隊による「軍艦マーチ」の演奏とともに、海上幕僚長の村川豊海将が潜水艦を固定していた支綱を切断すると、海中へ沈んでいった。平成32年3月に防衛省へ引き渡される予定。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/west/news/181004/wst1810040017-n1.html


    【【神戸】海自の最新鋭潜水艦・「凰龍」(おうりゅう)進水式 リチウムイオン電池を世界で初めて装備 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/09/25(火)14:11:43 ID:???
    D8781D10-BD9B-45CF-9110-876F6DEAE354

    2018年09月24日13時57分

    北朝鮮の対南宣伝メディア「わが民族同士」は24日、韓国の3000トン級潜水艦の進水式や海上哨戒機導入など戦力増強計画を取り上げながら、これは反民族的行為だと非難した。
    わが民族同士はこの日、「民族和解と平和繁栄の雰囲気に逆行する軍事的動き」というタイトルの個人ペンネームの論評を通じて「南朝鮮の好戦者が『仁川(インチョン)上陸作戦全勝記念式』を白昼堂々とやりながら米国から戦争武器を導入すると公言しているのは、明らかに民族の和解と団結、平和繁栄を望む民族の指向と念願を踏みにじる反民族的行為」と主張した。

    このメディアは「好戦者は3000トン級潜水艦進水式を開いて『力を通した平和は政府の動揺のない安保戦略』などと喚きちらしたかと思えば、米国から海上哨戒機6機とパトリオット迎撃ミサイル64基を導入すると公言している」と指摘した。

    (以下略)

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/455/245455.html


    【【軍事】北朝鮮「韓国の3000トン級潜水艦の進水は反民族的行為」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/09/22(土) 11:57:53.75 ID:CAP_USER
    85AA8DD0-4A55-4BA4-97AF-2E8EBA2779DF
    海上自衛隊ホームページより
     
    2018年9月21日、中国が軍事拠点化を進める南シナ海で海上自衛隊の潜水艦などが訓練を実施したと17日、防衛省海上幕僚監部が発表した。潜水艦の南シナ海での訓練公表は初めてで、秘匿性が高い潜水艦の行動を明かすのも異例。中国をけん制する狙いとみられるが、中国の反応は抑制的だった。

    海幕によると、南シナ海に派遣された潜水艦は「くろしお」(基準排水量2750トン)。8月27日に海自呉基地(広島県)を出港し、東シナ海から台湾とフィリピンの間のバシー海峡を抜けて南シナ海に入った。

    「くろしお」は南シナ海の公海上で、別行動をしてきたヘリコプター搭載型の大型護衛艦「かが」(基準排水量19950トン)と護衛艦「いなづま」(同4550トン)、「すずつき」(同 5050トン)の3隻と合流。13日に護衛艦や艦載ヘリコプターがソナーで潜水艦を探索する一方、潜水艦は探知されないように護衛艦に接近するなど実戦的な訓練を行った。訓練後、「くろしお」は17日にベトナム中部の重要拠点・カムラン湾に入港した。

    南シナ海で米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」とも共同訓練した「かが」など3隻の動向については中国側も神経をとがらせており、中国メディアは「日本の準空母大忙し、駆逐艦2隻と南シナ海を航行」などと報道。中国海軍は複数の艦艇で追尾するなど警戒していた。13日の訓練も監視していたとみられる。

    今回の訓練について、中国外交部の耿爽報道官は17日の記者会見で「域外国は慎重に行動すべきで、地域の平和と安定を損なわないよう促す」と反発。南シナ海をめぐり、中国が当事国の対話による問題解決を主張していることを念頭に「南シナ海情勢は安定に向かっている。域外国は地域の国が対話を通じて平和的に問題解決する努力を尊重するよう促す」とも指摘した。

    海幕による訓練公表は挑発的にも映るが、耿報道官は日本の名指しは避けるなど、慎重な言い回しに終始した。英国が8月31日に中国が領有権を主張する南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島付近に海軍艦船を航行させた際、「中国の主権を侵害する行為であり、断固として反対する」などと厳しく非難したのとは対照的だった。

    日中両国の関係は改善基調にあり、自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相が10月に中国を訪問する方向で調整が進んでいる。日本メディアの一部は「米国との貿易戦争が激しくなる中、日本との友好ムードを壊したくない中国の思惑が見え隠れする」との見方を伝えている。

    むしろ敏感に反応したのは韓国紙。「海自潜水艦が南シナ海で訓練、対潜戦を想定」(朝鮮日報)、「中国の目の前で海上自衛隊の潜水艦が極秘訓練」(中央日報)、「日本の潜水艦、南シナ海まで進出…中国へのけん制が狙い」(ハンギョレ新聞)などと、驚きをもって報じている。


    2018年9月22日(土) 11時30分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b646309-s0-c10-d0059.html

    【【海自潜水艦】南シナ海で訓練、軍事拠点化の中国けん制、異例の初公表にも中国の反応は抑制的 むしろ敏感に反応したのは韓国紙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Ψ 2018/09/18(火) 18:40:54.35 ID:qNKvIape
    no title
     
    小野寺五典(いつのり)防衛相は18日午前の記者会見で、海上自衛隊の潜水艦「くろしお」が南シナ海で13日に行った訓練について「戦術技量の向上を図るもので、特定の国を念頭に置いたものではない」と述べ、軍事拠点化を進める中国への牽制(けんせい)ではないと強調した。

    その上で「南シナ海での潜水艦が参加する訓練は15年以上前から幾度となく行っている。昨年、一昨年にも実施している」と述べた。

    秘匿性が高い潜水艦の訓練を公表したことについては「過去も適切に公表している。特に意図があってのことではない」と語った。

    海自は南シナ海での実任務に就く潜水艦の訓練を公表したのは、今回の事例が初めてだと説明している。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/180918/plt1809180015-n1.html

    【小野寺防衛相「南シナ海での潜水艦訓練、15年以上前から実施」 ~その間中国は? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/09/17(月) 20:32:38.54 ID:CAP_USER9
    250B8EC5-24DB-4EC0-A7D1-952FA33AEE93

    【北京=竹内誠一郎】中国外務省の耿爽(グォンシュアン)副報道局長は17日の定例記者会見で、海自が南シナ海で実施した潜水艦訓練について「域外の国は、地域の国家が対話を通じて平和的に南シナ海問題を解決しようとしている努力を尊重し、地域の平和と安定を損なうことはすべきではない」と主張した。

    ヤフーニュース(読売新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00050084-yom-int 

    【【南シナ海】中国、海自の潜水艦訓練について「平和と安定を損なう」「すべきではない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/15(土) 01:22:41.09 ID:CAP_USER
    no title

    ▲慶尚南道巨済(キョンサンナムドコジェ)で14日、進水式があった韓国海軍の最新型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」(東亜日報提供)

     韓国南東部、慶尚南道巨済(キョンサンナムドコジェ)で14日、文在寅(ムンジェイン)大統領らが出席して、韓国が独自に開発した最新型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」の進水式があった。韓国初の3千トン級潜水艦で、韓国メディアによれば、射程約500キロ以上の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を装備し、2020年1月に実戦配備される。

     同艦は全長83・3メートル、幅9・6メートル。韓国はこれまでドイツの技術協力を受け1200トン級と1800トン級の潜水艦を建造してきた。3千トン級潜水艦は通常動力型潜水艦としては大型で、現時点で本格運用しているのは日本などわずかな国にとどまる。

     軍事専門家の間では、同艦について、北朝鮮の核・ミサイル攻撃があった際の報復攻撃を担うとの見方が出ている。一方、韓国が近年配備したイージス艦や揚陸艦などと同様、日本の海上自衛隊の装備に対抗したとの声も出ている。(ソウル=牧野愛博)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL9G55DSL9GUHBI01D.html


    【【日本でしょ】 念頭にあるのは北朝鮮?日本?~韓国海軍初の3千トン級潜水艦「島山安昌浩」進水式】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/14(金) 19:35:37.59 ID:CAP_USER
    no title

    ▲文在寅大統領が14日、慶南巨済市大宇造船海洋で行われた「島山安昌浩」の進水式に出席して祝辞を述べている。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日「力による平和は韓国政府が追求する揺るぎのない安保戦略」としながら「強い軍、強い国防力が伴われてこそ平和へ向かうわれわれの道は止まらないだろう」と述べた。  

    文大統領はこの日、慶南巨済(キョンナム・コジェ)大宇(デウ)造船海洋所玉浦(オクポ)造船所で開かれた島山安昌浩(トサン・アン・チャンホ)」(KSS-III)の進水式に参加して「海で誰も狙うことのできない鉄桶のような安保と強い力で韓半島(朝鮮半島)平和の軸を立てていかなければならない」と明らかにした。韓国で独自に設計して建造した「島山安昌浩」は海軍に初めて導入される中型級(3000トン級)潜水艦だ。  

    文大統領は祝辞で「私は、第3回南北首脳会談のために来週平壌(平壌)へ行く。韓国は韓半島(朝鮮半島)の非核化と恒久的平和体制の構築に向けた偉大な旅程を始め、大胆な想像力で新しい道を作り出している」として「しかし、平和は決して自ずと与えられるものではない。われわれ自らが作って守らなければならない」と強調した。文大統領は「島山安昌浩先生も『われわれが信じて望むところはただ、われわれの力』と主張した」と話した。  

    また、文大統領は「わずか半世紀前までは小銃一本を作ることもできなかったが、もうわれわれは戦闘機、戦車、潜水艦のような先端複合武器体系を直接開発して輸出までできるようになった」として「『島山安昌浩』の進水は大韓民国の責任国防への意志と力量を見せる快挙であり、国防産業跳躍の信号弾になるだろう」と述べた。  

    青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は文大統領が平壌首脳会談(18~20日)を4日前にして進水式に参加したことに関して「本来予定されていた日程」とし「とにかく、潜水艦は韓国の戦略資産であり、国防力の強化と歩調を合わせるもの」と話した。  

    また、文大統領は「強い軍隊は国防産業の発展と共に国民の限りない信頼から出る」として「私は大韓民国国軍統帥権者として支障のない改革で国民の要請に積極的に応じることを命令する」と話した。さらに、「わが軍が自負心と使命感で改革を成しとげることを願う」と話した。  

    文大統領はこの日の進水式で構造調整による造船業界の困難を念頭に置いたかのように「海は目には見えない経済であり民生」としながら「われわれは再び海洋強国として跳躍し、世界1位の造船産業を再び立て直しさなければならない」とも語った。  

    文大統領は「今年に入って8月まで韓国の造船受注量が昨年より101%、2倍以上増加した。世界造船市場でのシェアも42.4%に増え、造船業世界1位を再び奪還し、新しい跳躍の契機をつくった」とし、「実際、船舶の建造と雇用につながるまでは時間がかかるが、韓国の造船産業の希望が蘇っている」と話した。  

    また、「政府は今年4月、巨済と統営(トンヨン)をはじめとする7地域を産業危機地域と雇用危機地域に指定し、1兆2000億ウォン(約1202憶円)規模の追加経費予算を緊急編成して地域経済の再生と代替・補完産業の育成を支援している」として「造船強国、海洋強国への再跳躍は巨済地域の経済に新しい活力を起こし、慶南と大韓民国の経済を生かすだろう」と明らかにした。  

    一方、この日の進水式では文大統領と金正淑(キム・ジョンスク)夫人が宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官、島山安昌浩先生の孫ロバート・アン夫婦とともに「島山安昌浩」の安全航海を祈りながら共に斧でロープを切った。 

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/182/245182.html

    【【韓国】 文大統領「力による平和は韓国の安保戦略」~韓国独自設計の潜水艦『島山安昌浩』進水式で祝辞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/06/22(金) 14:13:43.91 ID:CAP_USER
    no title
     
    韓国研究陣が水中で音波に探知されないステルス潜水艦に適用可能な「メタマテリアル」を開発した。

    韓国標準科学研究院(KRISS)と光州(クァンジュ)科学技術院(GIST)の共同研究チームは20日、
    「水中で音波を反射せず、そのまま透過させる物質を開発した。物体が存在しないような効果を出すことができ、
    水中ステルスの核心技術として適用されると期待している」と明らかにした。

    研究チームは銅の棒を規則的に配列して一つの銅の束を作った。
    この銅の束を水中に置いて音波を放つと、音波が銅の束に入る瞬間と銅の束から出る瞬間の波動が同じだった。
    水中で音響の屈折が全くないことを意味する。この銅の束自体が「メタ物質」というのが研究チームの説明だ。

    チェ・ウォンジェ研究員は
    「これを潜水艦に適用すれば、音波が全く探知されないステルス潜水艦を建造できる」とし
    「このほか機械および医学産業はもちろん、建築現場で騒音トラブルの根本的解決にも適用が可能」と説明した。

    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/454/242454.html

    【【軍事技術】韓国研究陣、ステルス潜水艦に適用可能な「メタマテリアル」開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/06/17(日) 10:16:16.53 ID:CAP_USER9
     329C043D-C198-41DC-B6AA-063D4E5E2532
     終戦後の1946年に連合国軍総司令部(GHQ)が沈没させて処分した旧日本軍の潜水艦「呂500」など3隻が若狭湾の海底に眠っているとして、一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会(北九州市)は18日から、海底を調査する。

     同会によると、呂500は41年にドイツ海軍の潜水艦として建造され、旧日本軍に譲渡された。日本で量産が期待されたが、材料不足などで実現しなかった。防音装置や溶接など、高い建造技術を伝えるのに一役買い、旧日本軍の潜水艦の性能を向上させる契機となった。練習艦として海軍基地のあった京都府舞鶴市で終戦を迎え、46年に若狭湾に沈められた。

     調査団は18日朝、越前漁港を出発。21日までの予定で、水中音波探知機(ソナー)で場所を絞り込み、遠隔操作できる無人水中ロボットで存在を確認する。

     同会は2017年に長崎県五島列島沖で調査を行い、海底に沈んだ8隻を確認することに成功している。

    YOMIURIONLINE 2018年06月17日 09時52分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180617-OYT1T50019.html

    【【潜水艦を探せ!】若狭湾に旧日本軍潜水艦など3隻、海底調査へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/24(木) 15:42:50.29 ID:CAP_USER9
     DE0418A1-291F-4644-A460-FDDC082C14EA
    海上自衛隊ホームページより

    24日未明、四国沖の太平洋で、海上自衛隊の潜水艦が海中に潜航して訓練を行っていた際、魚雷攻撃を避けるためのおとりとなる装置を誤って発射しました。被害は確認されておらず、海上自衛隊が当時の詳しい状況を確認しています。

    防衛省関係者によりますと、24日未明、四国沖の太平洋で、海上自衛隊の潜水艦「せきりゅう」が
    海中に潜航して訓練していた際、魚雷攻撃を避けるためのおとりとなる装置を誤って発射したということです。

    発射された装置は魚雷のような筒状の形で、一定時間、自走するようになっていて、火薬は入っておらず、爆発することはありません。海上自衛隊は付近の海上などで捜索にあたり、これまでのところ装置は
    見つかっていませんが、当時はほかの船舶が近づかないよう監視していて、被害は確認されていないということです。

    「せきりゅう」は、魚雷攻撃を防御する最新式のシステムを搭載した潜水艦で、去年3月、広島県の海上自衛隊呉基地に配備されました。当時は、搭載されたシステムの試験のため、発射の手順を確認していたところ、誤って実際に発射したということです。

    海上自衛隊は発射された装置の捜索を続けるとともに、当時の詳しい状況を確認しています。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011450721000.html 
    【【自衛隊】海自の潜水艦「せきりゅう」が訓練中に魚雷攻撃を避けるためのおとり装置を誤発射 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル