かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:為替介入

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/28(木) 18:14:47.57 ID:CAP_USER

    韓国首相・企画財政相、為替介入に消極姿勢 微妙にスタンス修正

    [ソウル 27日 ロイター] - 韓国の韓悳洙首相と秋慶鎬企画財政相は26日遅くの国会で、ウォンが13年ぶりの安値に下落していることについて、ドル高で多くの通貨が値下がりしており、ウォンもその一つだと指摘、ウォン安を阻止する積極的な措置が必要との一部の議員の主張を退けた。

    従来のスタンスを微妙に修正し、介入に消極的な姿勢を示した。韓国ではウォン安のメリットが出ているほか、国際原材料価格の高騰も和らいでいる。

    韓首相は「(ウォン安は)ドル高が主因だ。一部ではドルは王者と呼ばれている」と発言。ドルの安定調達のために、昨年失効した米連邦準備理事会(FRB)との通貨スワップ協定を緊急に復活させる必要はないとの認識も示した。

    秋氏も、当局が為替レートを人為的に操作すれば悪影響が出ると述べた。

    ウォンは今年、対ドルで9.5%下落。昨年も8.6%値下がりしており、円を除くアジア通貨で下落率トップとなっている。

    韓国当局は今年これまで、介入に積極的な姿勢を示しており、中央銀行が一連のドル売り介入を実施していた。

    市場関係者は、当局の発言の変化について、最悪期は過ぎたと自信を強めているのだろうと指摘。ある為替ディーラーは「危機的な状況にならない限り、しばらくウォン安が続いても問題ないと考えているようだ」と述べた。

    韓国の6月末時点の外貨準備は4カ月連続で減少、2008年の金融危機以来の大幅な落ち込みを記録した。ドル売り介入が一因だった。

    現代自動車やSKハイニックスなど大手輸出企業はウォン安で為替差益が発生したことを明らかにしている。

    ヤフーニュース(ロイター)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/19bbd919c43d549a7f3cef012cf4d3b5eb8fb14e


    【【ウォン】 韓国首相・企画財政相、為替介入に消極姿勢 微妙にスタンス修正】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/07/06(水) 10:37:53.84 ID:CAP_USER
    kr250

    ウォンの対ドル相場が急落し、1ドル=1300ウォンを超えるウォン安となったことを受け、為替当局が為替防衛に乗り出した結果、韓国の外貨準備高が急減している。

    韓国銀行は5日、6月末の外貨準備高が前月末に比べ94億3000万ドル減少し、4382億8000万ドルだったと発表した。減少幅は世界的な金融危機当時の08年11月(117億5000万ドル減)以降の13年6ヵ月で最高だった。

    韓国の外貨準備高は3月から4カ月連続で減少している。4カ月で234億9000万ドル減少したが、短期間でこれほど大幅な減少は極めて異例だ。

    韓銀は「その他通貨建ての外貨資産の米ドル換算額、金融機関による外貨預託の減少、外国為替市場の変動性緩和措置などで外貨準備高が減った」と説明した。

    外貨準備高は「非常時に使える外貨」だ。外国との決済のほか、危機状況に対応する国家経済の防波堤となる。外貨準備高が減れば、為替相場の防衛が難しくなる可能性がある。

    年初来外貨準備高が急減したのは、為替当局が市場安定のために為替介入に乗り出したためだ。

    月にはウォン・ドル相場で5月より4.95%ウォン安が進むなど変動幅が大きくなり、為替当局が市場安定措置に取った。一例として、今年第1四半期にも外国為替市場で83億1100万ドルのドル売り介入を行った。

    また、ドル高でユーロなどその他通貨建ての外貨資産の米ドル換算額が減少したことも外貨準備高の減少に影響を与えた。

    主要6カ国通貨に対する米ドルの強さを示すドルインデックスは先月末時点で105.11となり、前月(101.67)より3.4%上昇した。

    同じ期間、ウォンの対ドルでの下落幅は4.95%で、他の通貨よりウォン安の進行幅がはるかに大きかった。 対ドルでユーロは3.1%、ポンドは4.2%、円は6.5%下落した。

    韓国の外貨準備高は、国際通貨基金’(IMF)が勧告する適正水準を下回っている状態だ。IMFは年間輸出の5%、通貨供給量の5%、対外流動債務の30%、外国為替証券およびその他の投資残高の15%の合計の100~150%を適正な外貨保有高としている。

    IMFによると、昨年の韓国の外貨準備高で算出した数値は98.94%で、関連統計を取り始めた2000年以降最も低い水準にあり、今年の割合はさらに低下する見通しだ。


    2022/07/06 08:49 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/06/2022070680006.html


    【【朝鮮日報】為替防衛で「実弾」消耗…韓国の外貨準備高がIMF勧告水準下回る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/18(水) 08:28:37.39 ID:CAP_USER
    ドル調達でしょうか。

    2022年05月16日、アメリカ合衆国財務省から「合衆国公債の主要ホルダーの保有金額」のデータが公表されました。

    no title


    韓国の03月末日時点の保有金額は「1,193億ドル」。前月末時点では「1,224億ドル」でしたから「31億ドル」分を売却したことになります。

    『韓国銀行』が公表した03月時点での外貨準備高を確認してみます。以下をご覧ください。

    no title


    (略)

    03月はSecurities(証券類)が「-6億ドル」という結果になっていますが、実は合衆国公債は「31億ドル」売却していました。

    差し引き「25億ドル」です。ということは減った合衆国公債の代わりに正体不明のSecurities(証券類)が25億ドル増えたわけです。

    一方、Deposits(預金)は「-34億ドル」となっています。

    合衆国公債の売却「31億ドル」がDeposits(預金)にいったん積み上がっているにも関わらず、前月から34億ドル減少ということは天地で「65億ドル」。

    この65億ドルから「25億ドル」の謎のSecurities(証券類)を購入したとすると、40億ドルが合いません。消えたことになります。

    どこへいったのでしょうか。

    この03月の外貨準備高の公表時、『韓国銀行』はプレスリリースで以下のように説明していました。

    (略)

    上掲のとおり、「外国為替市場の変動性緩和措置」と書いていますが、これは「為替介入した」という意味です。

    no title


    上掲は、ローソク足1本が1カ月の値動きを示す「月足」ですが、03月は一時「1ドル=1,247.35ウォン」までウォン安が進行しました。

    『韓国銀行』はさすがに座視できず、ウォン安阻止のために為替介入したわけです。

    為替介入時には外貨準備は減少します。ドルを売ってウォンを買わなければならないからです。その分のドルが溶けてウォンに換わりますから、外貨がなくなるのです。

    あくまでも推測ですが、03月の為替介入の規模はかなり大きなものだった可能性があります。

    残念なことに、それでもウォン安進行を止めることはできませんでした。

    (吉田ハンチング@dcp)

    https://money1.jp/archives/80577

    【【韓国の外貨準備】米国債をさらに「31億ドル」売却! 為替介入の原資に使ったか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV33,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 22/01/07(金)12:23:15 ID:???
    kr250

    ドルウォンが心理的抵抗線「1ドル=1,200ウォン」に達し、いよいよ韓国の通貨安が懸念される状況となってきました。

    1,200ウォン突破が(日足で)確定したのは2020年07月27日以来のことです。

    韓国経済は、これまで1,200ウォンに達すると大概ロクなことになりません。1997年のアジア通貨危機、2008-2009年の韓国通貨危機は言うに及ばず、2020年のコロナ禍の中ドル不足でのドボン寸前などです。

    企画財政部から口先介入が出た

    2021年01月06日、韓国企画財政部のイ・オクグン第1次官は「第52次 緊急経済中央対策本部会議」のブリーフィングで
    「最近の為替レートの流れは主要国の通貨政策の変化により、対外不確実性が高まった結果」と述べました(以下は緊急会議のプレスリリース)。


    ⇒参照・引用元:『韓国 企画財政部』公式サイト「第52次 緊急経済中央対策本部会議開催」
    https://www.moef.go.kr/nw/nes/detailNesDtaView.do?searchBbsId1=MOSFBBS_000000000028&searchNttId1=MOSF_000000000058066&menuNo=4010100

    また、「市場が過熱しボラティリティが急激に拡大すれば市場安定努力を強化する」と述べています。


    為替介入について言及されたわけです。

    しかし、06日は「1ドル=1,200ウォン」を抜いたのです。

    また今回のウォン安進行で、『韓国銀行』が早期に金利引き上げに動く可能性が高まりました。金利を上げてウォンの価値を高め、為替レートをウォン高方向へ引き戻す効果を見込めるからです。

    (略)

    マネーワン 1月7日
    https://money1.jp/archives/70032


    【ウォン安急伸で韓国政府「為替介入」に言及。緊急会議のブリーフィングにて】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル