かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:現代自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/02/28(日) 11:20:12.55 ID:CAP_USER
    現代(ヒョンデ)自動車のジェネシス(チェネシス)GV80を運転中に事故に遭った、タイガー・ウッズ(タイゴ・ウヂュ)に関する記事が、日本で報道されて話題を集めています。

    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/U2XA4gRTusw


    最近、日本のメディアである日刊ゲンダイDIGITALでは、『タイガー・ウッズの命を救い注目、韓国現代自動車 “ジェネシスGV80” ってどんなクルマ?』、という内容の記事を報道しました。

    記事の報道内容は次のとおりです。

    米国ロサンゼルス南西部で自ら運転する車で事故を起こし、救急車で病院に搬送されたゴルフ選手のタイガー・ウッズは、保安当局の発表によれば、足首の骨折以外にも脚の2カ所の骨が折れ、そのうち1カ所は複雑骨折だった。

    タイガーウッズの命に支障がなかったのは不幸中の幸いだ。米国メディアの報道によれば、事故現場は高級住宅街パロスベルデスを南北に走るホーソーン・ブルーバード上の下り坂で、道路脇の草むらに横転した車はボンネット部分がつぶれて大破した。

    no title

    ▲ ジェネシスGV80(現代自動車)

    捜査関係者によれば、車にはウッズが一人で乗っていて、車が猛スピードで走行して制御を失ったと報じている。

    ボンネットが大破していることから相当な速度が出ていたと予想され、ウッズは幸いにも助かったのだが、この事故によって注目を集めているのが、ウッズの命を救った韓国・現代自動車の高級車、ジェネシスGV80である。

    GV80は現代自動車が2015年から発売している高級車ブランドで、すでに北米や中東などで販売されいぇいる。フォルクスワーゲン(ポクスバゲン)グループでベントレー(ペントゥリ)などを手がけたデザイナーが現代に移籍して、デザインを担当した製品である。ボディーは高い耐久性と衝突安全性を備えた仕様になっているという。

    no title

    ▲ ジェネシスGV80 / 現代自動車

    自動車評論家の国沢光宏(クニジャワ・ミチュヒロ)氏は、「別の車であれば命を落とした可能性もあります」と言いながら、次のように述べた。

    「ジェネシスGV80は、日本車のトヨタで言えば高級ブランドのレクサスのような存在。衝突安全性でもメルセデスやBMWに決して引けを取らないでしょう。別の車であれば命を落とした可能性もあります。ウッズが両足を骨折したといういうことは、相当なスピードが出ていたということ。ジェネシスクラスの高級車は一般のエアバッグに加え、足元の膝の部分にもエアバッグを装備している。衝突時に下半身の怪我を防ぐためです。それなのに両足に怪我をしたということは、おそらく時速100キロ以上のスピードでぶつかったのではないか。私もウッズ選手が事故を起こした場所を走行した経験があしますが、通常なら速度をあまり出さない一般道です。曲がりくねっているため、居眠り運転も考えにくい。そんな場所で、なぜ、猛スピードを出していたのか?」と言いながら、事故に疑問を呈した。

    以上が日刊ゲンダイで報ずられたニュースです。日刊ゲンダイが、現代自動車のGV80の安全性を称賛すうr記事を出すと、日本ネチズンの反応が熱くなりました。

    no title

    ▲ タイガーウッズ事故現場(聯合ニュース)

    記事に接した日本ネチズンは、「カーブで下り坂だから、フロントに荷重がかかりすぎて限界を超えただけ」、「色んな言い訳してるけど、事故になったのは事実だから」、「数多くの高級車を運転してきたタイガー・ウッズが、普段通りに高速でカーブを回ったら、車の性能が悪くて事故が起こしたと見られる」、「いくら提供された車だからって、タイガー・ウッズがなぜ現代車に乗っていたの?」、「日産のGT-Rだったら事故もなくカーブを回れたのに」、「やはり日刊ゲンダイ(ヒョンデ)は現代車の味方なのか?」、「こんな車のせいで選手生命が断たれるなんてありえない」、「事故の原因はジェネシスじゃないのか?他の車だったら問題なかったと思う」などの反応を見せました。

    トップスターニュース(韓国語)
    http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=862895

    【【韓国】日本のメディアで報じられた『タイガー・ウッズを救ったジェネシスGV80』と日本ネチズンの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: スファエロバクター(東京都) [IN] 2021/02/25(木) 15:51:03.81 ID:v2HW8ARf0● BE:916176742-PLT(16000)

    プロゴルファーのタイガー・ウッズが23日、交通事故にあったと報じられた。
    タイガーウッズは現地時間の23日朝、ロサンゼルス近郊で、タイガー・ウッズ選手が運転する乗用車が道路脇に転落し、横転。
    駆けつけたレスキューによって車内から救助され、病院に搬送されて治療を受けている。足に複数箇所の怪我を負い、手術を受けたという。

    そんなタイガー・ウッズが乗っていた車はヒュンダイのSUV『GV80』という車種だと判明。先週末、
    ウッズはヒュンダイスポンサーで行われた全米ゴルフ(PGA)ジェネシスインビテーション大会主催者として参加。
    ウッズはロス滞在中にヒュンダイからこの『GV80』を借りていたところだった。

    『GV80』はヒュンダイの人気ブランドであるSUVで、エアバッグ10個に眠気アラーム、障害物との衝突を防ぐ安全機能が備わっているという。
    しかし残念ながらそんな車は大破してしまい、タイガー・ウッズは両足を複雑骨折する大怪我を負ってしまった。

    ■韓国メディア「タイガーウッズ ヒュンダイのお陰で命拾いした」
    昨日報じたように韓国メディアはタイガー・ウッズはヒュンダイのGV80を乗っていたため事故を起こしても命拾いしたと報じていた。
    しかしそれに続き、続々とほかの韓国メディアもヒュンダイのGV80を賞賛する記事が公開され続けている。

    記事タイトルや記事本文の一部を紹介すると「横転ウッズ命拾い···GV80がクッションの役割」、「世界中が注目するジェネシスGV80」、 「米メディア ウッズが乗っていたGV80の安全性を賞賛」などタイガーウッズが生きていたのはGV80に乗っていたからだと言わんばかりの見出しの記事ばかりになっている。

    ■韓国ネットユーザー「記事広告かよ」
    しかしこういった記事に韓国ネットユーザーは冷ややかで「ヒュンダイから広告費を受け取って書いた記事だな」、 「ウッズの足が粉々 歓迎されませんが」、「もし事故原因が車の欠陥のせいだと明らかになれば?」、「事故原因が急発進?」、 「事故の記事ではなく、現代車の広告記事wwww」、「現代、メディアに広告記事を撒き散らしている様子だ」と逆に 反感を買ってしまっているようだ。

    タイガーウッズは両足複雑骨折を負う大怪我で、足には固定するための棒が入れられる大手術が行われたという。
    事故原因はアルコールでも薬物でもないことが判明し純粋な事故だったという。

    ゴゴ通信
    https://gogotsu.com/archives/63195
    no title

    no title

    【韓国メディアタイガーウッズが命拾いしたと賞賛が相次ぐ 韓国人ネット「現代の記事広告かよ」と批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/02/24(水) 10:37:17.31 ID:CAP_USER
    タイガー・ウッズ選手、大事故で搬送 運転の車横転・大破
    AFPBB News 2021/02/24 09:43

    米カリフォルニア州ランチョ・パロス・ベルデスで、事故を起こして破損したタイガー・ウッズ選手の車(2021年2月23日撮影)。
    woodsjikosya


    米男子ゴルフのタイガー・ウッズ(Tiger Woods)選手が23日、米ロサンゼルス近郊で自動車を運転中に横転事故を起こし、 病院に搬送された。地元保安官事務所が発表した。乗っていた車は事故により「大きく損傷」したという。

    https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/e3-82-bf-e3-82-a4-e3-82-ac-e3-83-bc-e3-83-bb-e3-82-a6-e3-83-83-e3-82-ba-e9-81-b8-e6-89-8b-e3-80-81-e5-a4-a7-e4-ba-8b-e6-95-85-e3-81-a7-e6-90-ac-e9-80-81-e9-81-8b-e8-bb-a2-e3-81-ae-e8-bb-8a-e6-a8-aa-e8-bb-a2-e3-83-bb-e5-a4-a7-e7-a0-b4/ar-BB1dWPN0

    【【法則?】タイガーウッズ、運転する韓国車が大事故で重傷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2021/02/23(火) 21:07:54.80 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は23日、次世代の電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を採用した「アイオニック(IONIQ)5」を初公開した。

     同社は来月末の欧州を皮切りに、韓国と米国市場でアイオニック5を順次発売する計画を明らかにし、世界のEV市場を独占している米テスラとの全面戦を予告した。同社の張在勲(チャン・ジェフン)社長は「世界の自動車メーカーが今年からボリュームゾーンとなるEVモデルや新車の販売を拡大し、世界での需要が前年比約30%以上成長すると予想される」とし、アイオニック5で世界市場のEV化をリードするブランドになると意気込みを示した。

     アイオニック5の競合モデルには、今月韓国で発売されるテスラの「モデルY」と来年発売予定のフォルクスワーゲン「ID.4」が挙げられる。

     テスラのモデルYは米国で発売されてから7万台以上を売り上げた人気モデルで、走行可能距離は最大511キロ(ロングレンジ)に上る。

     フォルクスワーゲンのID.4はEV専用プラットフォームのMEBを採用したスポーツタイプ多目的車(SUV)で、1回の充電でモデルYと同様に500キロの走行が可能とされる。

     張氏は「専用プラットフォームを採用したEVは完成車業界ではまだ多くない」とし、充電や走行性能、バッテリー構造の安定性、空間性などがアイオニック5の強みだと説明した。

     ただ、業界では小型SUV「KONA(コナ)」のEVモデルで相次いで火災が発生したことによる消費者の不信感がアイオニック5の売り上げに影響を及ぼす可能性があるとの見方も出ている。

     張氏はアイオニック5の公開に先立ち、メディア向けのオンラインカンファレンスでKONAの火災問題について謝罪し、早急に解決策を発表できるよう努力していると述べた。

    聯合ニュース 2021.02.23 19:24
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210223002900882?section=economy/index

    no title

    no title

    現代自動車の「アイオニック5」(同社提供)=(聯合ニュース)


    【【韓国】現代自EV「アイオニック5」を初公開=世界での競争本格化 KONAの火災問題について謝罪し早急に解決策を発表できるよう努力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/02/17(水) 18:01:58.42 ID:CAP_USER
    B8318BBA-6A49-46A3-AF20-C0E74E902CF8
     
    火災相次ぐ現代自動車EV、バッテリー全量交換へ

     慶尚南道昌原市内で下り坂を走行していた現代自動車の電気バス「エレクシティー(Elec-City)」が出火した。
     火元はバッテリーが装着されているバスの屋根の部分だった。
     当時乗客はおらず運転手は整備を終えた後の移動中で、素早く避難したため幸いけが人はいなかった。
     しかし最近は現代自のEV(電気自動車)「コナ」で火災が相次いでいる上に、エレク?シティーにもコナと同じLGエナジーソルーション製のバッテリーが装着されていたことから波紋が広がっている。

     コナの火災は2018年5月から国内外で合計15件の報告があった。
     しかし本格的な調査は韓国国土交通部(省に相当)が第1次リコールに乗り出した昨年10月になってやっと始まった。
     コナはこれまで韓国国内で3万3000台、世界で16万台が売れた現代自の看板EVだ。

    (略)

    朝鮮日報 2021年2月17日 8時58分
    https://news.livedoor.com/article/detail/19709481/

    【【韓国】火災相次ぐ現代自動車EV、バッテリー全量交換へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/02/15(月) 17:04:05.87 ID:CAP_USER
    kr250
    ※イーデイリーの元記事(韓国語)
    https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=01544886628949864&mediaCodeNo=257

    2021年2月12日、韓国・イーデイリーは、米アップルと現代自動車の「アップルカー」の製造交渉が決裂した理由について伝えた。

    記事によると、韓国の現代自動車と起亜自動車は8日午前、それぞれ「アップルと自律走行車両の開発に対する交渉を進めていない」と明らかにした。

    交渉中断の理由としては「アップル特有の『秘密維持原則』」が指摘されているという。

    アップルは「供給者や潜在的パートナーらに対して交渉関連の秘密維持を強要する企業」として知られており、製品やサービスの詳細内容の流出はもとより、協力契約の存在を認めるだけでも巨額の違約金の支払いを求めたり契約を破棄したりしてきたという。

    記事は「現代自動車側からすると、アップルとの協力関係を構築すれば従来の内燃機関車会社のイメージから脱し、未来車会社として注目を浴びることができるため、アップルとの契約も激しい神経戦が繰り広げられたものとみられる。アップルと交渉中だというニュースにより、現代自動車や起亜自動車だけでなくマツダ、スバル、日産、ホンダ、トヨタ自動車などの株価が急騰したのもこうした理由からだ」と伝えている。

    一方で「契約条件をめぐり双方が合意に至らなかった」との見方も少なくないという。

    アイフォンはスマートフォン時代を切り開いたパイオニアであり、すでに市場で製品の性能を認められているが、アップルカーはまだ実体がない。

    これまでは「強気な交渉」が可能だったアップルが今回は思うように交渉が進められず、中断したという分析も出ている。

    さらに「韓国公正取引委員会が最近、アップルコリアによる韓国通信会社への『パワハラ契約』に対し同意議決(自主的是正案)を承認したことも少なからず影響を及ぼしている」との見方も出ているという。

    記事は最後に「両社間の利害関係がどのように変化するかによって、今後アップルと現代自動車の交渉が変わってくる見通しだ」と伝えている。

    これを受け、韓国のネット上では

    「アイフォンに固執する人が多すぎ。それよりもサムスンの株を買ったら?」
    「それよりもサムスンやLG、SK(などの韓国企業と)協力した方が得」
    「あえてアップルと協力する必要はないと思う」
    「時間面と技術面を考慮したら現代自動車が有利。どちらにせよ、国益に有利な方向になりますように」

    など冷静な意見が多く、アップルに対して

    「あまりにも商業的で自己中なアップルの不買運動をしよう!」
    「アップルは韓国で稼ぐだけ稼いで企業としての責任は取らない」
    「かつてアップルは革新的だったけど、今はただの『りんご』にすぎない」

    など厳しい批判が寄せられている。

    その他「現代自動車もかなりのパワハラ企業だけど、単にアップルとの力勝負で負けたのだろう」と分析するユーザーも見られた。


    2021年2月15日(月) 15時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b872064-s25-c20-d0194.html

    【【いつもの】米アップルと韓国現代自動車のアップルカー交渉が決裂した理由は?=韓国ネット 「不買運動しよう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/02/14(日) 12:41:11.33 ID:CAP_USER
    hyundai

    ※元記事(韓国語)
    https://www.hankyung.com/car/article/202102108227g

    2021年2月12日、韓国メディア・韓国経済は、現代自動車(Hyundai)が日本における電気自動車「アイオニック(IONIQ)5」の発売を検討していると報じた。

    同社は2009年に一度日本市場から撤退しているが、高い競争力を備えた電気自動車の分野で再進出に挑む見通しだ。

    現代自動車は11日、「アイオニック5」の右ハンドルモデル用の金型を製造し、協力企業から10台分に相当する部品の供給を受けたことを明らかにした。

    これらを基に、今後試作車を制作する予定だという。

    「アイオニック5」の右ハンドルモデルは、日本市場を狙ったものという見解が強い。

    右ハンドル車が主流を占め、エコカーの十分な需要が見込まれる国は、現在のところ日本のみだからである。

    米国や欧州などの92カ国は、左ハンドル車を標準としている。

    右ハンドル車を採用する国は44カ国だが、内燃エンジン車よりも高価な電気自動車の需要が期待できる国は日本や英国、豪州くらいだという。

    その上、日本以外の国は市場規模が小さいとされている。

    韓国GMの親会社であるゼネラルモーターズ(GM)は、収益率向上のため日本以外の英国、豪州、ニュージーランド、インド、タイ、南アフリカなどから昨年撤退を決めた。

    現代自動車は2001年にも日本市場へ進出したが、業績不振で2009年に撤退している。

    トヨタ、ホンダ、日産など国内ブランドのパワーが強く、軽自動車の販売が多くを占める日本では売れ行きが伸びなかった。

    しかし、近年、日本政府は電気自動車の普及促進政策を打ち出し、補助金の拡大や充電所などのインフラ拡充に積極的である。

    しかも日本のメーカーは高い技術力を備えたハイブリッドエンジン搭載車の開発に注力し、電気自動車の分野にはそれほど積極的でないとみられている。

    スウェーデンの電気自動車専門メディア「EVセールズ」の集計によると、昨年の販売量1位はテスラの「Model 3」であり、現代自動車の「コナEV」も5位に名を連ねた。

    一方で一昨年3位の日産「リーフ」は7位に、三菱の「アウトランダー PHEV」は7位から19位に後退した。「全固体電池」関連で多数の特許を保有するトヨタも、すぐに実用可能な車両の開発に乗り出すのは難しいとみられているという。

    韓国の業界関係者は日本への再進出を前向きに評価しているが、現代自動車の関係者は「まだ何も決まっていない」と話しているという。

    これに対し韓国のネットユーザーからは、

    「現代自動車、頑張れ」
    「成功して世界の市場を席巻してほしい」

    などと応援の声が上がる一方、

    「日本市場を狙う前に、韓国内のユーザーへの対応を見直すべき」
    「電気自動車は欠陥のないしっかりした製品を作ってほしい」との指摘や、
    「デザインはいいが日本では売れない気がする」
    「“日本に進出する=日本の技術力を超えた”とアピールしたいだけでは?」

    といった冷ややかなコメントも多く寄せられた。


    2021年2月14日(日) 11時0分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b872038-s25-c30-d0191.html

    【【くるま】狙いは日本市場? 韓国現代自が右ハンドルの電気自動車を制作へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/02/09(火) 08:06:47.56 ID:CAP_USER
    applekia
    約一か月間、証券街を熱くしたアップルカー論議が、現代自動車が「自動運転車の開発協議を進めない」と明らかにしたことで一段落した。

    専門家は、最終的には現代-起亜自動車がアップルのパワハラを受けたと口をそろえている。アップル特有の秘密主義の犠牲になったということだ。

    また、現代・起亜自動車がもしアップルカーを生産する場合には、アップルの下請け業者に転落するという懸念も交渉中断の背景にあったとみられる。

    アップルはこれまでも上場企業や主要顧客はもちろん、協力企業にも厳しい秘密保持契約の遵守を強制してきたことで有名である。

    過去ディスプレイの協力企業だった「GTアドバンステクノロジーズ」が破産する過程でも、このような現象がみられた。アップルは秘密保持契約1件が破られるごとに5000万ドル(約559億円)を支払わなければならないという条項をこの会社との契約書に記載していた。

    米国経済メディアCNBCも最近、「現代自動車が今回学んだように、アップルとビジネスをするということは、誰にも口外してはいけないことを意味する」と、アップルの秘密主義を批判した。

    しかし、アップルが現代自動車との協力を完全に停止したかどうかはまだわからないという見方が一般的だ。CNBCは「中断されたものだけで、まだ完全に交渉が終わった状況ではない」と報道した。

    日本の大和証券のジョン・ソンヨプアナリストは、CNBCの「ストリートサインアジア」に出演し、「現代自動車が公示でいくつかの会社と協議中であると述べたように、双方が後で取引を見直すことはまだ可能である」と語った。彼は「誰も終わりだとは言わなかった」とし「一時停止」とみていると付け加えた。

    WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0209/10287456.html

    【【韓国】 現代-起亜自動車、結局アップルのパワハラに遭った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/02/08(月) 10:06:02.71 ID:CAP_USER
    韓国株は下落して始まっている。自動車株が急落。起亜自動車は12%超安、現代自動車は7%超安。

    先週末、米アップルが電気自動車生産で現代自と起亜自と協議を行ったが、話し合いは中断されたとの報道が伝わった。

    また、起亜自と現代自もアップルと議論していないと明かした。


    2021/02/08 09:25
    https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210208-05455208-klugfx-fx

    【【株価】韓国株は下落 起亜自動車と現代自動車が急落して始まる アップルと協議中断で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/02/07(日) 10:52:54.97 ID:CAP_USER
    apple
    アップルカー(仮)のヒュンダイとの生産契約交渉、一時停止のうわさ。相次ぐリークに動揺?
    「冷酷な効率でサプライヤーとの関係を管理するアップル」とのこと

    アップルの自動運転EVアップルカー(仮)がヒュンダイとの生産契約を交渉中の噂は何度も伝えられてきましたが、交渉が一時停止したとの観測が報じられています。

    米Bloombergの新たな記事によると、両社の協議は一時停止したとのこと。その理由の1つは、アップルがヒュンダイとの交渉を公式発表前にリークされたことに「動揺している」からとされています。それら報道は「開発プロジェクトを何年も秘密にし、冷酷な効率でサプライヤーとの関係を管理するアップル」にとって衝撃だった模様です。この交渉が、いつ再開されるかは不明です。

    またアップルは他の企業と「同様の計画について話し合っている」とも述べられていますが、これは先日CNBCも伝えていたこと。またBloombergも、アップルが日産や三菱自動車といった日本の企業とも交渉中だと報じていました。

    それ以外にも問題があり、ヒュンダイと傘下の起亜自動車、どちらがアップルカーの生産を担当するかは未だにグループ内で揉めているとのことです。ともあれ交渉が再開すれば起亜が米ジョージア州の工場で製造する可能性が高いとの見通しは、1月のReuters報道から変わっていません。

    アップルカーの生産契約をめぐっては、ヒュンダイ幹部の間でも意見が割れているとの噂もあります。その背景には、これまでグループ内の垂直統合で最終製品を作ってきたヒュンダイがアップルの下請けになることの危惧があると伝えられていましたが、同じ葛藤は生産契約を持ちかけられた(とされる)日本の自動車メーカーにもありそうです。

    https://japanese.engadget.com/applecar-hyundai-pause-030525761.html

    【【国際】アップル、情報をリークしまくる韓国企業に不快感か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/02/06(土) 12:16:16.50 ID:CAP_USER
    apple
    米Apple社は韓国の起亜自動車、および現代自動車と電気自動車(EV)の開発に関する議論を停止した。ブルームバーグ通信が消息筋による証言をもとに報じた。

    先にCNBCテレビは消息筋情報として、Applが自動運転EV車の米国での生産について韓国の現代自動車と起亜自動車と行ってきた合意作業が終盤に差し掛かっていると報じていた。

    生産は起亜自動車が米ジョージア州ウェストポイント市に持つ工場で開始される可能性があるとされていた。

    一方、ブルームバーグはこの共同開発計画について、議論が停止したと報じている。その理由については報じられていない。

    一方、ブルームバーグの消息筋によると、Apple社は同様の交渉を別の自動車メーカーとも進めているという。


    2021年02月06日 12:05 スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/business/202102068133411/


    元記事(?)
    2021年2月6日午前8時41分GMT + 0900
    アップル社は現代自動車や起亜自動車と電気自動車の製造について協議を行っているが、最近は議論が一時停止しているという。Appleは他のメーカーとも話し合っています。マーク・ガーマンがブルームバーグテクノロジーについて報告します。(出典:ブルームバーグ)
    https://www.bloomberg.com/news/videos/2021-02-05/apple-holds-secret-talks-with-hyundai-kia-about-electric-car-video

    【【韓国悲報】Appleが韓国自動車メーカーとの自走EV車生産計画に関する交渉を停止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/02/06(土) 08:07:57.27 ID:CAP_USER
     4927BBAB-3D26-467C-91D5-605A5034FCF2
    IT大手のアップルが自律走行電気自動車「アップルカー」を生産するために、韓国のヒュンダイ(現代)・KIA自動車だけでなく、日本メーカーとも交渉を進めているという日本メディアの報道が出た。

    日本経済新聞は4日の報道で、アップルが日本企業を含む複数の自動車メーカーにアップルカーの生産を打診したとしたサプライヤー幹部によると「交渉進行中の段階」と伝えた。

    この幹部は、アップルカーの生産パートナーが「韓国企業に決定されるかは分からない」とし「少なくとも6社程度と交渉が進行中」と明らかにした。

    日経によると、アップルとの交渉が行われているかどうかについて、ホンダとマツダは「コメントできない」という反応を見せ、三菱自動車は、「そのような事実はない」と否定した。日産自動車も回答を避けたと日経は伝えた。

    自動車部品会社の最高経営責任者(CEO)は、「トヨタ自動車も、ホンダからもアップルカー生産の話は聞いたことがない」とし「まずは自社の電気自動車事業が優先であること」と見通した。

    生産施設を運営していないアップルは、既存の主力製品であるiPhoneを設計して、台湾フォックスコン(鴻海精密工業)が委託生産する構造を選択しており、アップルカーも同様の方法で生産する見通しだ。アップルと協力する自動車メーカーがどこになるか注目が集中している状況である。

    先立って米国CNBCは、多数の情報源を引用し、アップルとヒュンダイ・KIA車が「アップルカー」の生産のための交渉最終段階に入ったと、3日報道した。

    WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0205/10287134.html

    【【韓国報道】アップル、日本企業とも「アップルカー」交渉中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2021/01/30(土) 21:53:07.61 ID:CAP_USER
    韓国メーカーHyundaiは、自動運転車開発でAppleとの提携が噂されていますが、社内でAppleと組むべきか否か意見が分かれている、とReutersが報じています。
    Hyundaiは契約生産は行わない方針?
    自動運転車プロジェクト「Titan」の存在が長年噂されていたAppleですが、Hyundaiが実際の自動車生産を担う可能性が1月初旬に伝えられました。

    HyundaiとAppleとの間の交渉は初期段階にあるとされており、詳細は何ら明かされていませんが、Hyundai社内でAppleと提携すべきかどうかの議論が行われているとの新たな報道がありました。

    「当社は、他社メーカーのために生産を請け負うようなことはしない。Appleと仕事をすればいつも良い結果につながるというわけではないと考えている」とHyundaiの役員クラスはコメントしています。

    Hyundaiは他社メーカーとの協力を極力拒んできたことで知られており、垂直統合されたサプライチェーンでエンジンやトランスミッションだけでなく、鉄鋼までも社内で生産しています。

    「(Hyundaiにとって)協力してうまくやっていくというのは非常に難しいことだ」と情報筋の一人は述べています。「Appleは自分がトップに立ちたい会社だ。マーケティング、製品、ブランドすべて自分たちでやる。同様にHyundaiもトップに立ちたいため、提携は困難だろう」

    しかしながら、Hyundaiは生産能力が余っているとも伝えられており、契約生産は決して悪い話ではないとの意見もあるようです。

    Kiaが代わりにApple Carの契約生産を行うかも?
    HyundaiはAppleとの初期段階の交渉にあると報じられましたが、傘下メーカーのKiaのほうがAppleのパートナーに向いているとの意見もHyundai社内で上がったようです。

    HyundaiがAppleのサプライヤーとなった場合、「プレミアムなイメージが損なわれかねない」と従業員の一人は述べています。Kiaは米国ジョージア州に工場を保有しており、最終組み立てを米国内で行いたいというAppleの要望とも一致するとのことです。

    Hyundaiが今後Appleのパートナーとなるかは定かでありませんが、もし提携した場合でもFoxconnのように単に生産委託を受けるだけでなく、それ以上の存在になるとみられています。

    https://iphone-mania.jp/news-344263/

    【【EV】韓国Hyundai、Appleサプライヤーになるべきか躊躇していると報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/01/25(月) 09:18:29.84 ID:CAP_USER
    ┃現代自動車、「調査中」
    ┃今年、『電気自動車元年』を宣言

    no title

    _______________________________________________________

    現代(ヒョンデ)自動車のコナ・エレクトリック(EV)が、原因不明の火災によって再び物議を醸した。今年、『電気自動車元年』を宣言した現代自動車が特別な対策を打ち出してこそ、消費者の信頼度の下落を防ぐものと見られる。

    24日、消防当局によれば、23日に大邱(テグ)の某タクシー会社に設置されていた共用充電器で、充電中だったコナEVから火災(写真)が発生した。現代自動車側は、「火災の原因を調査中」と明らかにした。火災の車両は、最近リコール措置を受けたのに火がついたという。

    コナEVの火災は、分かっているだけで合計15件(国内11件・海外4件)に達した。国土交通部は昨年10月、コナEVの火災原因を高電圧バッテリーセルの製造不良と指摘した。現代自動車はバッテリー管理システム(BMS)をアップグレードするリコールを行ったが、リコール後に始動しないとかサービスが不十分という不満が相次ぎ、物議を醸した。

    現代自動車は今年、電気自動車専用プラットホームE-GMPをベースにしたアイオニック5をはじめ、キアCV(以下、プロジェクト名)、ジェネシスJWなど、次世代の電気自動車を発売する予定である。我が国を越え、全世界を代表する自動車企業に成長した現代自動車が、品質リスクを明確に把握するイメージの刷新が必要という指摘も出ている。

    国民日報(韓国語)
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924175368&

    【【韓国・現代自】リコール措置を受けたのに・・・また燃えた電気自動車コナ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV22,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/01/16(土)03:47:06 ID:???
    hyundai

    [ソウル 15日 ロイター] - 韓国の現代自動車グループは15日、燃料電池システムの製造工場を中国に設けるため、中国南部の広東省政府と投資協定を結んだと明らかにした。現代自動車にとり海外初の燃料電池システム生産拠点となる。

    年間生産能力は6500台。3月に着工し、2020年下期の完成を目指す。

    同社は声明で「広州の工場は、現代自動車グループの燃料電池システム生産における豊富な専門知識を活用し、急速に発展する中国の水素産業で技術的なリーダーシップを確保する」と説明した。

    具体的な投資額は明らかになっていない。

    ロイター 1月15日
    https://jp.reuters.com/article/idJPKBN29K0I3

    【【韓国現代自動車】中国に燃料電池システムの生産拠点設立へ 海外初】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 天照大御神 ★ 2021/01/08(金) 20:06:27.49 ID:G+Y2gNDq9

    gendai
    現代自、アップルとEVで協業検討 「協議の初期段階」

    【ソウル=細川幸太郎】韓国現代自動車は8日、電気自動車(EV)分野で米アップルと協業を検討しているとのコメントを発表した。

    現代自のコメントを受けて、8日の韓国株式市場で同社株は前日終値比で一時24%上昇。グループ会社の起亜自動車も14%、部品メーカーの現代モービスも30%近く高騰する場面もあった。

    現代自は販売台数で世界5位の自動車メーカー。2020年10月に会長に就任した鄭義宣(チョン・ウィソン)氏主導でEVシフトを進めている。
    今後5年間でEV12車種を発売し、25年には年間56万台を販売する計画を掲げている。高級車ブランド「ジェネシス」でもEVを展開し、幅広い製品ラインアップをそろえるとしている。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM082B80Y1A100C2000000 


    【【そんなこと言ってない定期】韓国現代自動車 米Apple社の電気自動車を生産へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/12/21(月) 17:51:47.48 ID:CAP_USER9
    no title

    2020年12月21日、韓国・イーデイリーは、韓国・現代自動車がエコカーを掲げて約10年ぶりに日本に再進出すると報じた。

    記事によると、一部の日本メディアは「現代自動車が2020年に燃料電池自動車(FCV)『ネクソ』を日本で発売する」と報じた。現代自動車関係者は「確定したことはない」としているが、 自動車業界は「FCVや電気自動車(EV)を掲げて日本市場攻略に乗り出すのは時間の問題」とみている。同社は01年に日本市場に進出し、販売不振などを理由に09年に撤退したが、当時とは状況が大きく変わっているためという。

    これまで日本内の自動車支援政策は内燃機関を基本としたハイブリッド(HEV)中心だった。ところが欧州連合(EU)、米国、中国などが相次いで地球温暖化対策として炭素排出削減を宣言したことを受け、日本内の政策気流も変化し始めた。菅義偉首相は就任後初の国会演説で「50年までに温室効果ガス排出ゼロ」を宣言し、実現に向けて35年ごろにディーゼルやガソリンなど内燃機関車の販売を禁止する方案を検討し始めた。

    これについて記事は「問題は日本の自動車メーカーがHEV中心の経営戦略を行い、電気自動車のラインアップ構築が不十分だという点」と指摘している。昨年の主要自動車販売国の販売全体のうち電気自動車の割合は日本が0.8%で最も低かった。一方、韓国は中国、欧州に続いて3位だった。韓国自動車産業協会関係者は「日本の自動車メーカーは電気自動車開発よりリスクの小さいHEV開発に集中している」とし、「他国と比べて電気自動車の発売計画の発表が少ない」と説明したという。

    一方、現代自動車は最近、「電気自動車専用プラットフォームE-GMPを通じて25年までに専用電気自動車11種を含む計23種の電気自動車を発売する」と宣言し、電動化戦略に拍車をかけている。日本市場への再進出も、「日本政府の方針どおりに35年ごろに内燃機関車の販売が禁止された場合、エコカーでは日本メーカーに優る」との考えが背景にあるとみられている。業界関係者は「内燃機関車で1度敗退した経験のある現代自動車が、エコカーでは日本でも勝算があると判断した」とし、「エコカー部門では現代自動車も十分に競争力がある」と話したという。

    これに韓国のネットユーザーからは「どうかな。日本では韓国製品の不買が日常になっている」「どうせ売れないのだから日本市場への進出は考えるだけ無駄」「日本では小型でオプションと品質が良くなければならない。現代自動車にそんな車はないのでは?」「エコカー部門で日本を勝っているとはいえ、手頃な価格で発売できるのか?」「まず自国で認められなければ世界市場はついて来ない」「韓国で中国の車が売れないのと同じで日本で韓国の車は売れない」「現代自動車と日本車に乗ってみたけど比較不可能。まずは良い車をつくるところから始めよう」など、現代自動車への厳しい声が続出している。(翻訳・編集/堂本)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b862141-s0-c20-d0058.html?utm_source=nordot 

     

    【韓国・現代自の日本再進出、「今回は勝算あり」と言われる理由は? 韓国ネット「どうかな。日本では韓国製品の不買が日常になっている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/12/21(月) 09:43:43.71 ID:CAP_USER

    no title

    _______________________________________________________

    現代(ヒョンデ)自動車が水素電気自動車である『ネクソ』を前面に出し、10数年ぶりに日本再進出を目指す。

    21日、日本の日本経済新聞(日経)によれば、現代自動車は2022年に日本市場で水素電気自動車(FCEV、水素燃料電池車)の『ネクソ』を発売する予定である。

    日経では、現代自動車が日本市場に再進出する理由として、日本政府が電気自動車(EV)や水素電気自動車などのエコカーを購入する際に支給する補助金を引き上げるなど、電気自動車の普及促進政策を展開する点を挙げた。同時に水素ステーションや電気自動車の充電器などのインフラが拡充されていることも再進出の背景として言及した。

    日経は、「現代自動車は日本市場再進出のために去る2019年からリサーチを始め、必要な認証を獲得した」とし、「EVやFCVなど、先端イメージを前面に出して市場を攻略するだろう」と伝えた。

    日経は、現代自動車が2019年基準でグローバル自動車販売台数719万台(起亜自動車含む)で世界5位を記録して、水素自動車市場では75%のシェアで自国のトヨタを大幅に上回ったと紹介した。

    現代自動車は2001年に日本市場に進出して、その後2009年撤収した。これまで商用車と研究開発組織だけを残していたが、最近は日本市場の再進出を目指し、現地でブランドコミュニケーションに尽力してきた。だが現代自動車は日本進出に関連して、確定はしていないという立場を見せている。

    これについて業界の関係者は、「現代自動車は7月頃から日本でのコミュニケーション戦略を再点検した後、9月に日本語版の乗用車専用ホームページを構築した」とし、「日本再進出のために最大限纎細かつ慎重なアプローチを見せている」と話した。

    マネーS(韓国語)
    https://moneys.mt.co.kr/news/mwView.php?no=2020122108488079114

    【【韓国】「今度は違う」・・・現代自動車、『ネクソ』で日本再進出を目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2020/12/09(水) 19:34:45.87 ID:CAP_USER
    現代自動車グループがロボット開発分野で世界的にトップを走るボストン・ダイナミクスを近く買収する。現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長が10月に会長に推挙されてから初めて行う大型買収合併だ。

    8日の投資銀行業界によると、現代自動車グループはボストン・ダイナミクスを所有する日本のソフトバンクグループと価格など細部条件に関する交渉を終わらせ、近く買収を正式発表する予定だ。現代自動車と現代モービスなど現代自動車グループの系列会社が株式を分けて買収することにし、価格は当初知らされた1兆ウォンをやや下回る8000億~9000億ウォン水準とされる。このうち半分ほどを現代自動車が負担する。

    ボストン・ダイナミクスは四足歩行ロボット「スポット」で有名な会社だ。1992年にマサチューセッツ工科大学の研究所から分離独立した後、2013年にグーグルに買収され、さらに2017年にソフトバンクに買収された。2015年に初めて公開したスポットは、四足で歩いて走って、階段を上がり下がりする能力を備えて注目を浴びた。

    ロボティクスを未来成長動力のひとつの軸に指名した現代自動車グループは今回の買収で未来モビリティ市場の先取りにさらに弾みがつく見通しだ。鄭会長は昨年10月の役員社員とのタウンホールミーティングで「(現代自動車グループの未来の収益源は)自動車が50%になり、30%は個人航空機(PAV)、20%はロボティクスになるだろう」と話した。

    鄭会長は2018年にグループ内にロボティックスチームを新設した後、自動運転スタートアップの42ドットと米ロボットスタートアップのリアルタイムロボティクスなどに投資した。今年初めには今後5年間に個人用飛行機、ロボティクス、ラストマイルモビリティなどに100兆ウォンを投資するという計画を公開した。投資銀行業界は、現代自動車グループが他のモビリティ分野関連の買収合併にも活発に乗り出すとみている。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/273172

    【【韓国】現代自動車、米ボストン・ダイナミクスを買収へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/12/05(土) 09:10:52.21 ID:CAP_USER
    A4A75425-BA23-4C5F-9E98-3612F2D5E1AF
     
    韓国の現代自動車は、エンジンの問題により 米国で車両12万9000台をリコールすることとなった。

    ロイター通信によると、米道路交通安全局(NHTSA)は4日(現地時間)、火災の危険のあるエンジン問題により 現代自動車の車両12万9000台をリコールすると発表した。

    NHTSAは、自動車のディーラーたちが車両を検査した後、ベアリングの損傷が発見されればエンジンを交換すると語った。

    現代自動車は、全てのリコール対象車両に対して エンジンの異常を感知できるよう、ソフトウェアをアップデートすると伝えた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/830d69f6299fcb5446f6331afa7d4644f7d0b72a

    【韓国の現代自動車、“火災の危険”エンジン問題により「米で12万台以上のリコール」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル