かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:琉球新報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/06/13(木) 07:30:46.91 ID:0gj2yRq89
    <社説>辺野古の計画外工事 法治国家の衣投げ捨てた

    県民投票で示された民意を一顧だにせず、なりふり構わず工事を強行する。法治国家の衣をかなぐり捨てたかのような国の姿勢である。

    米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は新たに造成した「K8」と呼ばれる護岸を使って、埋め立て用土砂の陸揚げを始めた。

    2013年に防衛省が県に提出し14年に変更された公有水面埋立承認願書の「設計概要説明書」は、現在の工事区域の土砂搬入場所として大浦湾側の埋め立て区域の「中仕切岸壁」を明示している。
    「K8」護岸や、先に使用している「K9」護岸からの陸揚げについては触れていない。

    設計概要説明書に記載した事項は県に対する約束事である。護岸に係船機能を追加するのなら県の承認が必要になるはずだが、協議の申し出すらない。

    これについて岩屋毅防衛相は7日の記者会見で「具体的な陸揚げ場所までは特に限定されているわけではない。K8護岸からの搬入は問題ない」と言ってのけた。
    防衛相の発言は、提出した文書が単なる参考資料であって従う必要はないと表明したに等しい。
    そうであれば、このような説明書に何の意味があるのか。その場しのぎで作成したものだったのか。

    今後、埋め立てを伴う公共工事を国が進める際に提出される設計資料は、内容が予告なしに無断で変更されるという前提で受け取らなければならなくなる。ひとり沖縄だけの問題ではない。
    法令の順守を指導する立場にある政府が、本来取るべき手続きを無視して埋め立てを進めている。

    独裁国家と見まがうような振る舞いである。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-935296.html

    【【パヨク発狂】琉球新報「日本は法治国家の衣を投げ捨てた。独裁国家だ!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/05/28(火) 17:52:43.87 ID:lxMdAwx19
    <金口木舌>切り捨てられる「端っこ」

    「宮古島は何かがあれば切り捨てられる『端っこ』なんだ」。
    宮古島市で自衛隊配備に反対する「てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会」の楚南有香子共同代表の言葉だ

    ▼琉球民族独立総合研究学会のシンポジウムで、楚南さんは1880年に政府が宮古、八重山を清(中国)に割譲する提案をしたことに触れた。
    先島が実際に分割されることはなかったが、日本が欧米諸国並みの中国内地通商権などを得るための代償にされるところだった

    ▼楚南さんはその経緯から沖縄戦、現在の自衛隊配備までの流れを挙げて「ミサイルが配備され、標的になれば住民に逃げ場はない。沖縄本島も同じだ」と訴えた

    ▼沖縄戦を前に配備された日本軍(第32軍)は県民を守るためではなく、米軍を引き留めておく目的で配備された。
    住民保護の視点は欠落し、地上戦での犠牲者は日米合わせて20万人を超えた

    ▼防衛省が2012年、石垣島での戦闘を想定して島しょ奪回のため必要となる自衛隊の戦力などを検討していたことが分かっている。
    沖縄本島への地対艦ミサイル部隊の配備も検討されている

    ▼楚南さんは「『日本は戦争しないんだよね』と子どもたちに聞かれても、すぐに『そうだよ』と答えられないのがつらい」と語った。
    子どもたちの未来は切り捨て可能な「端っこ」ではない。県民全体で議論すべき課題だ。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-923709.html

    【【パヨク脳】琉球新報「沖縄への自衛隊配備反対!政府は沖縄を『切り捨て』にするのか。子ども達の未来を守れ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/05/17(金) 07:15:18.95 ID:+2aNkBE39
    kr250
     
    <金口木舌>テンチョンニュース

    韓国に「テンチョンニュース」という言葉がある。
    1980年代の軍事独裁政権下、テレビで「テーン」という時報の音とともにニュースが始まると、アナウンサーは「全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領は…」と原稿を読み始めた

    ▼独裁者の成果を強調する偏向報道がまかり通っていた。軍部による報道機関の監視が強まったことが背景にあった。
    「テンチョン」という言葉は国民に事実を伝えない偏向報道を戒める文脈で使われる

    ▼80年5月17日、全斗煥氏ら軍幹部は戒厳令を布告し、野党指導者を拘束した。民主化を求める学生らが翌18日、韓国南西部の光州市で軍と衝突した。
    軍は発砲するなどして160人以上を殺害したとされる。当時の韓国政府は市民を「スパイに扇動された暴徒」と発表した

    ▼光州事件は大統領直接選挙制を求めた87年の「6月民主化運動」につながった。
    現在の韓国政府も「民主化運動の精神」を表した事件とする

    ▼独裁政権は国民主権をうたう大韓民国憲法の下で民衆を弾圧した。報道機関を標的にして国民に事実を隠し、体制を守ろうとした

    ▼日本では安倍政権が武器輸出を「防衛装備移転」と言い換え、政府は米軍機の墜落を「不時着」「着水」と発表した。
    報道機関の権力に向き合う姿勢も問われ続けている。歴史の過ちを認め、将来を展望する国から学ぶべき点は多い。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-919637.html


    【【韓国は捏造した過去しか見てない】琉球新報「日本よ、歴史の過ちを認め将来を展望する韓国から学べ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/04/18(木) 07:37:05.42 ID:hK/78iK49
    D88EB693-399F-44FC-83A5-61C3974809B6
     
    <金口木舌>桜の美の裏側

    春の訪れを告げる桜。今年は花冷えが続き、花見の時期も長かった。各所で薄桃色の花が咲き誇り、日本人や外国人観光客が記念撮影する姿が目立った

    ▼沖縄ではヒカンザクラだが、本土で桜と言えばソメイヨシノ。散り際の桜吹雪も情緒があり、淡い桜の色にはかなさも感じる。だがかつては花見の桜といえばヤマザクラだった

    ▼ヤマザクラとは山に咲くサクラというより品種名だ。
    奈良県吉野町の山に咲くシロヤマザクラ。緑樹に交じって白色や淡紅色の花が見事に彩るさまは全国的に有名だ

    ▼今は誰もが知っているソメイヨシノだが、実は明治から東京の染井村の植木屋が売り出した。
    韓国の済州島が起源とする説もあったが、最近は遺伝子情報からもエドヒガンとオオシマザクラの雑種で、別系統として学問的に整理されている

    ▼植物を探し大正期に沖縄も訪れたプラントハンターの英国人アーネスト・ヘンリー・ウィルソンは既に日本踏査時にソメイヨシノの起源をその形態から見抜いていた。
    東京上野の国立科学博物館で開催中のウィルソンの写真展でも東京周辺のサクラとともに紹介されている

    ▼開花予測の指標になっているソメイヨシノは接ぎ木で全国に広まった。日露戦争の戦勝記念で植栽が呼び掛けられた経緯もある。
    はらはら舞う花びらは美しいが、軍国主義の名の下に散る桜は二度とごめんだ。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-904763.html


    【【パヨクと韓国の思考は一緒】琉球新報「ソメイヨシノは日露戦争の戦勝記念で広まった。軍国主義の名の下に散る桜は二度とごめんだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/04/14(日) 08:05:11.71 ID:10PEtjg09
    87E6C341-AB85-4B04-BFA3-275D92980321
     
    <社説>ドローン規制法案 基地の実態を隠す悪法だ

    小型無人機ドローンの飛行禁止区域に在日米軍や自衛隊施設上空を追加したドローン規制法の改正案が衆院内閣委員会を通過し、衆院本会議でも可決されそうだ。

    表向きはラグビー・ワールドカップ日本大会や東京五輪・パラ五輪のテロ対策とされているが、明らかに米軍や自衛隊に対する報道機関の取材を制限しようという狙いがある。
    基地監視の目をふさぎ、国民の知る権利を侵害する法案だ。

    テロ対策という時限的な措置と、基地周辺の飛行を恒久的に規制する措置が一緒くたになった不自然な法案だ。
    米軍の傍若無人な振る舞いを助長する悪法で、このまま数の力で成立させてはならない。

    改正法案は、首相官邸、原子力事業所上空などのドローン飛行を禁じている現行法に、ラグビーW杯や東京五輪・パラ五輪会場のほか、自衛隊や米軍などの防衛関係施設を加える。

    政府が法案の主目的と称するW杯や東京五輪会場でのドローン飛行規制は暫定的な措置で、さらに報道機関には例外措置を取るとしている。
    しかし、米軍と自衛隊の施設はその周辺300メートルまでを恒久的に飛行禁止とし、例外規定もない。さらに米軍施設では提供水域も禁止区域に含まれる。

    <中略>

    法案では基地管理者が事前に承認すれば上空飛行は可能としている。
    しかし、辺野古新基地建設では沖縄防衛局が報道機関のドローン撮影に対し自粛要請を繰り返してきた。
    ハリス米太平洋軍司令官は2017年に日本政府に規制を要請している。米軍が事前申請で飛行を許可するとは考えにくい。

    日本新聞協会や日本民間放送連盟が批判する意見を発表し、慎重な対応を求めているのも、国民の知る権利を守る上で当然のことだ。

    米軍や自衛隊の都合を優先した法改正は断じて許されない。テロ対策に名を借りて国民の知る権利、報道の自由が阻害されてはならない。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-903029.html

    【【パヨクのスパイ活動】琉球新報「基地上空がドローン飛行禁止に テロ対策に名を借りた悪法だ 報道の自由を阻害するな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/04/11(木) 07:26:17.48 ID:2oFpR3m/9
    FF038C96-4EFA-444E-A611-D7AEAE1B0F7D
     
    <社説>紙幣全面刷新 肖像は皆が納得する人を

    政府は、紙幣を全面的に刷新し2024年度上期から発行すると発表した。1万円札の肖像画に実業家の渋沢栄一、5千円札に教育者の津田梅子、千円札に細菌学者の北里柴三郎が用いられる。

    紙幣が変わるのは04年以来20年ぶりだ。1万円札の人物は1984年に聖徳太子から福沢諭吉に変わってから、40年ぶりの変更となる。
    最新の偽造防止技術を反映させるという趣旨から、20年ごとの刷新は標準的という。

    だが、改定の公表から流通まで5年の準備期間を置いたのはこれまでに比べると格段に長い。前回の04年は2年3カ月、前々回の84年は3年3カ月だった。
    従来よりも公表のタイミングを早めたのは、改元との相乗効果によって政権への求心力を高めたいという思惑が働いたと考えられる。

    安倍晋三首相は、かねて渋沢の功績をたたえてきた。福沢諭吉が選ばれた時も有力候補で、再び候補に挙がったことを首相は喜んだという。
    津田は女性活躍、北里は科学技術の発展を象徴する偉人と位置付けられよう。
    肖像の選定に安倍政権のカラーが色濃く表れた。文学関係は姿を消す。

    日本銀行法は、日本銀行券(紙幣)の種類を政令で定め、財務相が様式を決定すると規定する。肖像を含む様式は、通貨行政を所管する財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局が協議し、最終的に財務相が決めることになっている。

    旧大蔵省印刷局発行の「日本のお金」は、肖像の一般的な選考基準として、紙幣にふさわしい肖像であること、国民各層によく知られていて親しまれている人物であること、偽造防止の観点から、なるべく特徴のある肖像で精密な写真を入手できること―を挙げていた。

    これから先、時の政権の恣意(しい)的な判断、あるいは忖度(そんたく)によって、多くの国民が疑問視するような人物が採用される恐れはないのだろうか。
    紙幣は全ての国民が利用するだけに、誰もが納得する人物を肖像に選ばなければならない。
    プロセスを透明化し、学問的業績のある歴史研究者らに原案の選定を委ねるのも一法だ。検討の余地があろう。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-901603.html


    【【パヨクのいちゃもん】琉球新報「紙幣全面刷新 肖像は皆が納得する人を」「安倍政権は新紙幣を政治利用するな!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/04/04(木) 07:39:14.11 ID:4hxb5M8R9
     B2B8DAB6-211F-423D-A56F-D4D7FE4BBF93
    <社説>廃琉置県140年 植民地主義から脱却せよ

    140年前の琉球の人々が今の沖縄を見たら何と言うだろうか。当時から連綿と続く植民地支配のにおいをかぎ取るに違いない。

    明治政府は1879年4月4日、琉球藩を廃し、沖縄県を置く旨を全国に布告した。「琉球処分」(琉球併合)といわれる廃琉置県である。
    <中略>
    琉球王国の約500年の歴史に終止符を打った廃琉置県の布告から140年がたった。沖縄は何が変わり何が変わらないのか。

    その間、沖縄は本土決戦に備える時間稼ぎのための「捨て石」作戦により、12万人余の県民が犠牲になった沖縄戦を体験した。
    その後、米国の統治下で広大な米軍基地が築かれ、反共防衛の「要石」にされる。
    日本復帰後も米軍基地は維持され、全国の約7割を占める米軍専用施設(面積)を背負わされている。尖閣諸島の有事などに備え、自衛隊配備の強化も進んでいる。

    こう見ると、琉球併合後の沖縄は、日米の軍事的なとりでにされ続けている点では変わらない。
    基地被害に苦しむ住民の意思を無視し、抵抗を抑え付け、沖縄を国防の道具のように扱う様もそうだ。
    それはもはや植民地主義と言うほかない。廃琉置県の布告は、それによる支配の始まりと言うこともできる。

    米軍新基地建設に向けた辺野古の埋め立てはその象徴である。沖縄の人々は知事選や国政選挙、県民投票などで何度も反対の民意を示してきた。にもかかわらず土砂の投入を強行し続ける政府の対応は「琉球処分」と重なる。

    しかし沖縄の人々は県民投票を実施したように、自分たちの大事なことは自分たちで決めるという自己決定権を主張するようになった。
    それは言い換えれば植民地主義の拒否だ。沖縄の民意に沿って辺野古新基地建設を断念する。
    それが日本政府や本土の人々にとって沖縄への植民地主義と決別する第一歩になる。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-898326.html

    【【中共の工作紙】琉球新報「琉球王国滅亡から140年。日本は植民地主義を止めろ!沖縄を国防の道具にするな!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/03/13(水) 07:34:40.45 ID:05KP8ruB9
    6DF61F9D-29BE-437C-8E24-BEF3DC875560
     
    世界保健機関(WHO)欧州事務局が2018年に改訂した騒音に関するガイドラインを基に算定すると、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の周辺に住む約31万人のうち1万7454人が高度な睡眠妨害をもたらすレベルの騒音にさらされ、 騒音が原因で年間10人が死亡したと推計されることが12日、分かった。 北海道大学の松井利仁教授(環境衛生学)が試算した。13日に記者会見し、発表する。

    WHOは1999年に騒音のガイドラインを定め2018年に改訂した。
    新ガイドラインでは環境騒音を専門とする研究チームが最近の研究結果を調べ、許容範囲を定めた。
    夜間騒音は身体や心理の健康に影響を及ぼすため40デシベル以下にするよう推奨する。それを上回る騒音が発生した場合、心臓血管系や代謝への影響など健康被害、睡眠への悪影響があると指摘している。

    松井教授はこれまで1999年のガイドラインや英ヒースロー空港の疫学調査を基に嘉手納基地の被害を調査、夜間騒音で1年間に心筋梗塞や脳卒中で約4人が亡くなっていると推計した。
    軽度以上の睡眠障害がある人が約1万人おり、心疾患や脳卒中の人が約30人いるという試算だった。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-887928.html

    【【パヨクの試算、推計】琉球新報「米軍嘉手納基地の騒音で年間10人が死んでいます」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/03/10(日) 08:38:29.02 ID:pKl72ODa9
    B59F9623-8FE6-4778-AB0C-6557A855395C
     
    https://snjpn.net/archives/102539

    沖縄・伊江島、牛相次ぎ死ぬ 米軍着陸帯周辺の農家

    ▼記事によると…

    ・【伊江】昨年12月に伊江村の米軍伊江島飛行場の着陸帯「LHDデッキ」で米軍のステルス戦闘機F35Bの訓練が始まって以降、飛行場周辺の畜産農家で牛の死や早産・死産などが相次いでいることが分かった。村は原因を調査する考えだ。

    2019年3月9日 10:22
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-886255.html

    ▼ネット上のコメント

    ・まるで魔女狩り時の証言やね

    ・またそうやってネガキャンですか。新聞と言う公正でなければならない媒体が因果関係も証明できてないことを、さもそれが原因の様に発信する。こんな偏向新聞社が幅を効かせてるなら、辺野古に反対する県民が一定数居るのも頷ける。洗脳新聞社は早く潰れたら良いと思いますよ。

    ・オスプレイのときも同じこと言ってなかった?

    ・せめてなぁ。少しは根拠を得てから記事書けよ

    ・風評被害を撒き散らす文系w

    ・勝手に調べてろよwww

    ・隣の親父が禿げてるのも多分そのせいだわ

    【【パヨクの妄想】琉球新報「F35Bが訓練をするようになってから牛の死や早産・死産などが相次いでいます」 ネット「洗脳新聞社は早く潰れたら良い」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: AHRA ★ 2019/02/03(日) 09:05:59.51 ID:1h03Gcyi9
    kr250

     市民スポーツは健康増進を図るとともに、参加者の親睦を深めることができる。チーム名も親しみやすいものが多いが、韓国のサッカーチームのユニホームに印字された名称が印象に残った。「3・1会」

    ▼由来は、韓国で1919年3月1日に催された独立運動「3・1運動」。宗教者たちが発端となった集会だったが、以後、日本からの独立を求めて朝鮮半島全土に拡大した

    ▼併合によって奪われた主権を取り戻すため大衆が立ち上がった日。独立は45年の日本の敗戦まで果たせなかったが、韓国では特別な日として「3月1日」が記憶されている

    ▼徴用工の損害賠償問題や自衛隊機へのレーダー照射問題などで日韓関係が冷え込んでいる。65年の日韓請求権協定は財産や権利などについて「完全かつ最終的に解決された」と確認しており、日本側は「解決済みだ」と一蹴する。レーダー照射は双方の主張が食い違っており、両国が歩み寄る気配はない

    ▼SNSなどでは「国交断絶だ」「開戦しろ」などと過激な言葉が飛び交う。毅然(きぜん)とした態度を示すことは大切だが、果たして地域の安定にとって適切な対応なのだろうか

    ▼「過去の歴史に真っ正面から向き合わなければならない」。安倍晋三首相は4年前に談話を発表した。日本は植民地支配によって誇りを傷つけられた人たちに正面から向き合っているだろうか。

    2019年2月2日 06:00
    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-870028.html

    【【韓国目線】琉球新報「日本は植民地支配で誇りを傷つけられた人たちに真っ正面から向き合わなければならない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/16(水) 10:01:29.53 ID:CrZoznqU9
    no title

     
     2016年10月25日、ある人物が琉球新報社と沖縄タイムス社を刑事告発した。東京地検の検事正宛ての告発状によると、罪名は「外患誘致罪」。告発理由にはこう記されている。

     「沖縄での両社の報道姿勢は外国勢力と通謀し、国内の反日勢力を擁護する姿勢が鮮明となり、特に中国に対して武力行使を誘引するメッセージとなっている」
     外患誘致罪は刑法上最も重い罪で「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」と規定している。告発状は両社の社長を名指しで刑事告発し「死刑」にするよう、検察に求めていた。
     この告発状の被告発人には「基地周辺で反対行動をとる者および組織」も含まれている。そして、基地建設に反対する人々に対して「基地前の集団については外患誘致罪およびテロゲリラ、便衣兵(民間人に偽装して敵対行為をする軍人)として速やかに処罰するよう告発する」とも記している。基地建設に反対する住民の行動を「テロ」と仕立て上げ処罰を求めていた。
     ファクトチェック取材班は東京地検に、この告発状の取り扱いについて問い合わせた。返ってきた回答は「個別の事案にお答えできない」だった。告発から2年以上経過しているが、両社の社長が同罪で刑事訴追された事実はない。
     告発状を出したのは「余命三年時事日記」というインターネット上のブログを主宰している男性だ。06年に開設されたブログの主は「余命爺(じい)」を名乗り、病気で伏した個人が日常の出来事をつづったものとしている。初代のブログ主宰者が亡くなった後も、周囲にいた人が遺志を引き継いで続けているとされている。
     15日時点で、ブログで発信されている記事は2768件確認できる。「反日」「左翼」などの言葉が並び、中国や韓国、在日朝鮮人などを中傷する内容が数多く掲載されている。さらに、ブログの内容は書籍化もされている。ブログの記事を見ていると個人や行政機関、報道機関などを対象に処罰を求める告発状を検察などに送りつけていた。告発には、ブログ主宰者だけでなく、記事に呼応した読者も深く関わっている。
     沖縄2紙を刑事告発したという記事には、ブログ読者がこう書き込んでいた。
     「いよいよ始まりましたね、外患罪祭り。(中略)感無量です」
     「もう完全、朝鮮国は終わり。在日朝鮮人は日本人を怒らせすぎた。(中略)安倍首相と余命様の指揮司令等に従いますよ」
     余命三年時事日記という一つのブログは、読者を引き付け、ヘイト(憎悪)感情を増幅させていた。そして、そのヘイトは「告発状」として、実在社会へ向かった。さらに、このブログを発端とした弁護士への大量懲戒請求事件も引き起こされていくことになる。(ファクトチェック取材班・池田哲平)

    琉球新報
    2019年1月16日 05:30
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-861710.html

    【【余命ブログ】沖縄2紙は外患誘致罪 ブログ主宰者が告発状 連載「沖縄フェイクを追う ネットに潜む闇」13 ヘイトの増幅① 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/12(土) 15:17:50.54 ID:RbqsQdp+9
    9F7B64B8-B8CC-481E-AFA3-121E7FB3B0DF
     
    被害者の傷をえぐるような攻撃的な内容の数々。
    悪意と中傷に満ちた記事は「現実でも暴力や嫌がらせを受けるのではないか」という不安や恐怖を被害者に植え付ける。
    ネット上の匿名掲示板に投稿される複数の文章を運営者が恣意(しい)的に集める「まとめサイト」。
    緑ヶ丘保育園に米軍ヘリの部品が落下した事故後、「まとめサイト」からは園の中傷記事が次々と拡散された。

    ファクトチェック取材班が緑ヶ丘保育園を訪ね、「まとめサイト」を園児らの保護者に見てもらうと、保護者は身をすくめた。
    「すごく怖かった。震えるくらい。子どもや保護者が何か被害に遭うのではないかと思った」。城間望さん(38)は声を震わせた。
    部品落下は園関係者がつくった虚構という前提で「自作自演だ」と断定し、園を中傷する短文が20本以上も並ぶ。
    似たような内容でも圧倒的分量で繰り返されることで、受ける恐怖は何倍にもふくれ上がる。

    匿名掲示板の特徴は素性を隠した状態で気軽に投稿できるところにもある。
    「あれあれ~w もしかして自演なの?w」。投稿された短文は、末尾に笑うことを意味する「w」や「(笑)」という記号を付け被害者を「ネタ」にあざ笑う。
    「まとめサイト」では中傷したり、侮辱したりする投稿が集められる。

    差別の問題に詳しいジャーナリストの安田浩一さんは「『笑い』は差別のキーワードだ」と指摘する。
    笑いながらピースサインをして「朝鮮人を殺せ」などと街宣で叫ぶ人たちも見てきた。
    「笑い合う空間をつくることが過激なことを許容させている」と話すのは、大阪大学大学院准教授(コミュニケーション論)の辻大介さんだ。被害者を「ネタ」に笑うことで、人を傷つけている自覚は薄まる。

    さらに悪質なのは被害者がまじめに反論しても「どうして本気になっちゃっているの」などとかわされることだ。
    辻さんは「差別や中傷に対抗することが難しい空間が生まれてしまう」と話す。
    少数者を差別する街宣での行動についても「ネットの匿名掲示板的な空間が現実に出てきた感じがする」と警鐘を鳴らした。
    「まとめサイト」は街角でよく聞く悪口や居酒屋談義を集めた内容に過ぎないと無視していいのだろうか。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-860313.html


    【【琉球新報の妄想】安田浩一「笑いながらピースして朝鮮人殺せと叫ぶ人を見た。笑いは差別のキーワードだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/11(金) 21:43:42.53 ID:EUf1FTxW9
    no title

    密度の濃い悪意がパソコンの画面上に映し出された。

     「自演だろ 自首して刑務所に行け」

     「被害者アピールだ」

     「自作自演 恥を知れ」 「中傷ってのはテメーらが米軍にしたことだ」

    インターネット上のあるサイトを開くと、刃物のように鋭利な言葉ばかりが並んでいた。
    ページの上から下まで続く攻撃的な文面。一つ一つ読むと、微妙に文体や表現の仕方が違う。
    複数の人物によって別々に書かれたであろう短文が1カ所に集められ、侮蔑(ぶべつ)の言葉にあふれていた。

    目の前にしているのは「まとめサイト」と呼ばれているサイトだ。これまでファクトチェック取材班が取り上げた「netgeek(ネットギーク)」のようなサイトや「2018年沖縄県知事選について考える」というブログとは違った種類の発信媒体だ。

    「まとめサイト」とは何か。主にネット上で公開されている「5ちゃんねる」(旧2ちゃんねる)などの匿名掲示板のスレッド(話題)の中に投稿される文章を運営者が恣意(しい)的に集め、記事をつくる。
    話題は趣味や身近な話題など多岐に及ぶが、差別や中傷をあおる記事も少なくない。

    そうした記事をつくるサイトの運営者は、新聞やテレビなどが報じた出来事について掲示板などに投稿されたより過激で攻撃的な意見や感想を集める傾向にある。
    誹謗(ひぼう)中傷や攻撃的な言葉が一つに集められることで、より先鋭化する。
    そして共感した読者がSNS(会員制交流サイト)で共有(シェア)することで一気に拡散する。

    そのような「まとめサイト」がつくる記事を見る限り、標的に向けた一方的な攻撃ばかりが多数を占める印象を受ける。対象となった個人や組織が見たとすれば、そこから受ける痛みは計り知れない。

    冒頭で紹介した心ない言葉がネット上でぶつけられたのは、突然思いもよらない事故に遭い、恐怖に見舞われた沖縄の被害者に対してだった
    2017年12月7日、宜野湾市の緑ヶ丘保育園(神谷武宏園長)に米軍ヘリの部品カバーが落下した。「ドーン」。クリスマスの出し物の練習中に衝撃音が響き渡り、園児約60人は「わー」「怖い」などと悲鳴を上げた。

     園に駆け付けた保護者は涙をぬぐいながら、園児を抱きしめた。幸いけが人はなかったが、米軍基地あるが故に起こった事故は、いつかまた起きかねないという不安や恐怖を植え付けた。

     事故が直接、園児や保護者に与えた影響も大きかったが、さらに被害者の心の傷口に塩を塗る行為を楽しむかのような記事が「まとめサイト」で次々とつくられた。

     米軍が事故の関連を否定する報道が流れると「まとめサイト」では部品の落下自体が園の「自作自演」と断定し、園長らを中傷する記事を量産した。「まとめサイト」などで攻撃的な言説が飛び交うと同時に、園に対し中傷の電話やメールが殺到した。心ない攻撃の言葉はネットからあふれ出し、現実を侵食した。

     ファクトチェック取材班は緑ヶ丘保育園を訪ね、事故後に園を誹謗中傷した記事を多数発信した「まとめサイト」を神谷園長や保護者に見てもらった。画面を追う園長の顔は次第にこわばった。

     「園に直接あった電話やメールの言葉とほとんど同じだ」とつぶやいた。「真実を知らずに、事故の被害に遭った側を“自作自演”とばかにする。人間としてしてはいけないことだ」。園長は必死に声を振り絞った

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-859835.html 
    【琉球新報「まとめサイトが5ちゃんねらーの投稿を恣意的に編集し悪意を圧縮して沖縄ヘイトしています」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/12/13(木) 08:38:26.16 ID:CAP_USER9
    <金口木舌>過去に戻れるなら・・・

    過去の人と無線機でつながり、未来の長期未解決事件を解決していく。過去を変えるという古典的テーマを描いた韓国ドラマ「シグナル」だ。
    日本版リメークも好評だった

    ▼ドラマを見て、青年が過去に戻って未来を変える米SF映画「バタフライ・エフェクト」を思い出した。
    タイトルは、チョウの羽ばたきが遠くで竜巻を起こすか、という気象学者の講演から来ている

    ▼先週、ソフトバンクの携帯電話が約4時間半、不通になった。
    格安航空会社の運航も影響を受けた。日本から遠く離れた北欧・スウェーデンの通信機器大手エリクソンのソフトウエアが原因だという。バタフライ効果みたいだ

    ▼急に「圏外」表示になり、機器の故障と思った人も多かった。
    たまたま財布を忘れてスマホに入っている電子マネーも使えない。あえて本を買ってそれを古書店に売り、現金に代えて何とか乗り切るという漫画も身につまされた

    ▼自身を振り返ってみても、随分スマホに頼って生活していることに気付く。
    取材先との約束や過去の日程、備忘録に至るまで電子化され、紙の手帳から遠ざかって久しい

    ▼政府は14日に辺野古新基地建設で土砂を投入する方針だ。遠い沖縄の出来事に無関心だったり諦めたりする国民が多いかもしれない。
    「バタフライ効果」によって、いずれ民主主義の崩壊として自らにはね返ってこないとも限らない。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-847925.html

    【【パヨクのトンデモ理論】琉球新報「辺野古新基地建設で埋め立てが実行されたら“バタフライ効果”で民主主義が崩壊する」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [SK] 2018/12/06(木) 07:41:05.59 ID:kZwhPl/i0 BE:844481327-PLT(12345)

    <金口木舌>ヘイトの源流とは

    予想通りと言うべきか。辺野古新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票で正しくない情報がネット上に出てきた。県民投票が「民間団体主催」で、個人情報流出の恐れとも書き込む

    ▼これは正しくない。県民投票は県民投票条例に基づき県知事が執行し、実際の投開票事務は各市町村が担う。
    選挙での投開票と同じような手続きとなり、民間が関与する仕組みはない

    ▼9月の知事選でも正しくない情報が飛び交った。ほとんどは玉城デニー氏に関する、事実ではない情報や誹謗(ひぼう)中傷の書き込みだった。
    琉球新報は事実に即してそれらが正しいか検証するファクトチェックを初めて実施した

    ▼在日コリアンへのヘイトでもフェイクニュースで差別をあおる言説があふれる。見ていると妙な共通点に気づく。
    政府の方針に対峙(たいじ)したり、批判的だったりする発言に攻撃が集中するように見える

    ▼海外では政府が対策に乗り出している。マレーシアで今年フェイクニュース禁止法が成立、欧州でも立法化が進む。
    表現の自由から立法化に慎重な声もあるが、日本には民間のファクトチェック・イニシアティブがあるだけ

    ▼フェイクニュースによる世論操作の懸念も指摘される。放置すれば民主主義の崩壊につながる。
    いったん流れたフェイクを打ち消すのは容易ではない。だからこそファクトチェックが必要になる。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-844548.html

    【琉球新報「沖縄ヘイトや在日コリアンへのヘイトの妙な共通点に気がついた!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/28(日) 08:49:04.95 ID:CAP_USER9
    <金口木舌>日本は「自己責任」、スペインやアメリカでは…

    48年前のきょう、報道写真家の沢田教一さんがカンボジアで取材中に銃撃され亡くなった。ピュリツァー賞を受賞した、ベトナムで戦火から逃げる母子を撮った「安全への逃避」は、平和のために何かできないかという思いを人々に抱かせた

    ▼本紙も1967年に記者をベトナムに派遣した。南ベトナム解放民族戦線に拘束され、後に解放された。
    なぜ危険を冒してまで戦地に赴くのか。現地の実態を発信することで、少しでも苦境にあえぐ人たちを救いたいという思いがある

    ▼シリアで武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが帰国した。市民の側から戦闘行為の実態を伝えてきた安田さんに対して「自己責任」という批判が向けられている

    ▼安田さんと同時期に拘束されたスペイン人ジャーナリスト3人はスペイン政府がカタールなどに仲介を依頼し、2016年に解放された。帰国した3人をスペイン軍関係者が敬礼して迎える姿が印象に残る

    ▼15年にフリージャーナリストの後藤健二さんがISに殺害された際にも日本で「自己責任」の批判が上がったが、オバマ米大統領(当時)は「勇敢にシリアの人々の苦境を外の世界に伝えようとした」とたたえた

    ▼報道の使命は地域や世界で起きている現実を伝えること。命懸けで事実を伝えようとした人を中傷する背景には報道への無理解がある。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-825371.html

    【琉球新報「安田さんを“自己責任”と批判中傷する日本は異常。海外では称賛されるんだぞ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/27(土) 09:10:30.39 ID:CAP_USER9
     63D57C08-94D6-4207-B9D5-25AA8D8B1209

    out of OKINAWA
    @of_okinawa
    <社説>安田純平さん解放 取材の意義を理解したい - 地域のニュース ryukyushimpo.jp/editorial/entr… アホな社説。現地の情況はSNSや現地メディアなどで報道出来る時代。 政府は渡航注意を行い救出までこぎ着けた。なのに批判? 一線を越えるからには当然責任が追及される。そんなに偉いのジャーナリスト?

    沖縄サンゴハート
    @sango810
    違法行為している集団を「市民」と言う括りで 擁護している新聞社ですからね この新聞社はキャンプシュワブ敷地内に入り取材活動した 過去もありサヨク系機関紙と言われても仕方が無い

    https://mobile.twitter.com/of_okinawa/status/1055941873519353857?p=p 


    【【琉球新報】安田純平さん解放 取材の意義を理解したい ネット「アホな社説」「サヨク系機関紙」「そんなに偉いのジャーナリスト?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/23(火) 21:27:52.62 ID:CAP_USER9
    no title

    <社説>中平和友好条約40年 関係深め 互恵と共生を 

    日本と中国の平和友好条約が発効して、きょうで40年になる。隣国の中国とは関係悪化が進んだこともあったが、条約で誓った「善隣友好の精神」を堅持していきたい。 

    日中平和友好条約は、国交正常化を決めた1972年の日中共同声明を踏まえて締結された。第1条で主権・領土の相互尊重、相互不可侵、内政不干渉を明記している。 
    この40年間で両国の関係は大きく変遷した。真の「平和友好」関係の実現にはまだ遠いのが現実だ。 

    中国の変化は著しい。改革・開放路線に大きくかじを切り、日本の支援も受け目覚ましい経済成長を遂げた。2010年には国内総生産(GDP)が日本を抜き、世界第2位の経済大国になった。 

    日本にとって中国は大きな市場となり、経済の相互依存は強まる一方だ。しかし、安全保障や歴史認識を巡っては摩擦も続く。 

    12年9月に日本政府が尖閣諸島を国有化した際は、中国が猛反発し、政治的には最悪の関係まで冷え込んだ。中国海警局の船による領海侵入は常態化し、緊張は今も続く。 

    そもそも尖閣は琉球王国時代から琉球人の生活圏だ。不法行為は許されない。この海域での衝突は絶対に避けなければならない。 
    平和友好条約でも、紛争は平和的手段で解決し、武力には訴えないとうたっている。両国が冷静に対処し、外交努力と知恵を尽くすべきだ。 

    歴史認識も懸念材料だ。日本では歴史修正主義が台頭し、アジア諸国への侵略戦争を矮小(わいしょう)化する動きが目立つ。 
    日本軍の加害行為や南京事件を否定する言説も出ている。体験者の証言や学術的研究から既に確定した史実である。歴史をゆがめる反知性主義を放置してはならない。 

    98年の日中共同宣言では、中国侵略に対して日本が「深い反省」を表明した。 
    しかし、安倍晋三首相は終戦の日の式典で、6年連続で加害責任に言及していない。 
    歴史を直視しない姿勢は改めるべきだ。 

    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-822580.html 

    管理人 
    ネットの反応 
    名無し 
    どこの国の新聞ですか 
    名無し 
    アジア諸国ねえ…欧米の植民地だったんですが 
    名無し 
    琉球新報はウイグル虐殺見てもどうとも思わないんだろうな 
    名無し 
    戦ってたのは中華民国で、今の中国関係ないです 
    名無し 
    反知性主義は歴史を歪めることとは無関係だし 
    知性主義が善で反知性主義が悪でもない 
    要するに社説を書いてるやつが基本的な教養を知らないバカなんだよ 
    名無し 
    え?少数民族を強制収容所に入れて臓器売買している国に? 
    名無し 
    ウイグルはスルー 
    名無し 
    ウイグル弾圧もちゃんと批判しろよ 
    現在進行形のホロコーストだぞ 
    名無し 
    南京事件の証拠をだせよ 
    名無し 
    ウイグル、チベットの惨状については 
    完全にスルーという理由がさっぱり分からん 
    名無し 
    今現在の中国による日本への侵略を止めるほうが 
    圧倒的に優先度が高いだろうに
     
    【【琉球新報社説】日本軍の加害行為や南京事件は、証言や学術的研究から既に確定した史実 ネット「ウイグル、チベットの惨状については… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/07/27(金) 18:22:04.84 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/60423

    <社説>LGBTへの差別 自民党は容認するのか

    ▼記事によると…

    ・性的少数者(LGBT)のカップルに関し「生産性がない」と断じる、差別と偏見に満ちた見解が自民党国会議員から出た。看過できない。自民党の二階俊博幹事長が「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観がある」と、全く問題にしていないことにも驚く。これが公党の見解なのだろうか。

    自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌「新潮45」への「『LGBT』へ支援の度が過ぎる」と題した寄稿で、同性カップルに関して持論を展開した。

    「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」とし、行政が支援策を取ることを批判した。「生産性」という経済的なものさしだけで人を切って捨てる。ナチス・ドイツが優生思想に基づき障がい者や働けない人を「価値なき」者として殺害したT4作戦を思い起こさせる。

    2018年7月27日 06:01
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-769491.html

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・ナチスじゃなくとも当時は同性愛者は迫害されてたろ。チューリングの最期とか知らんのか

    ・優遇しないと差別になるとは馬鹿か

    ・とりあえずナチス言っとけば形になる楽なお仕事

    ・少数者の人権を尊重し、異なる価値観の人々を受け入れる多様性ある社会を目指すのが国会の役割だ

    ・つうか最も同性愛者を弾圧したのは琉球新報が愛して止まない共産主義国家なのだが。

    ・いつまでもナチスナチス言われるドイツの人の事考えた事あるのか?

    ・ドイツ人もこういう安易な奴らに一発なんか言ってくれよ

    ・一議員の発言だから別によくね?これであかんというのは、むしろ言論弾圧のような

    ・ナチスも元をたどったら基本理念は間違ってない。ただやったことが残虐だっただけ

    ・杉田の主張は良い主張とは言えないし、配慮が足りない発言なのは間違いない。だけど、原文を全部読むとマスコミが発言を故意に切り取っている事が分かる。恐らく野党の議員が同じ発言しても、ここまでは叩かれないだろうね
    【琉球新報「杉田議員の見解はナチスを思い起こさせる」 ネット「最も同性愛者を弾圧したのは琉球新報が愛して止まない共産主義国家なのだが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/06/13(水) 18:06:35.69 ID:CAP_USER9
    1F782E60-F3EA-4C7E-A6D6-6F5FE7D35C7D

    <社説>朝鮮半島非核化声明 新基地の必要論崩れる 

    ▼記事によると… 

    ・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、初の首脳会談を開いた。正恩氏は共同声明で南北首脳による板門店宣言を再確認し「朝鮮半島の完全非核化」を約束した。トランプ氏は非核化に向けた対話継続中は、米韓軍事演習を中止する意向を示した。在沖米軍も参加する演習中止は、朝鮮半島の緊張緩和につながる。 

    ・朝鮮戦争が終結すると、在沖米軍基地に大きな変化をもたらす。嘉手納基地を中軸とする沖縄の米空軍は、朝鮮戦争と深く関わっていた。嘉手納基地、米軍普天間飛行場、ホワイトビーチ地区は、在日米軍だけでなく朝鮮戦争時の国連軍基地でもある。朝鮮戦争が終結すると、沖縄に国連軍基地はなくなり、北朝鮮の攻撃対象から外れる。政府はこれまで北朝鮮を「脅威」とし「抑止力」として在沖米海兵隊の存在意義を主張してきた。朝鮮半島に平和が訪れれば脅威の前提が崩れる。普天間飛行場を維持し続けることや、名護市辺野古への新基地建設は大義名分を失い、必要なくなる。 

    ・東アジアで生まれつつある変化を敏感に感じ取れば、平和共存の枠組みづくりに水を差すような新基地建設は中止すべきだ。日本が注力すべきは新基地建設ではなく、米中韓ロなどとともに、朝鮮半島の非核化を実現することだ。 

    2018年6月13日 06:01 
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-737471.html 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・中国がいる限り必要です。 

    ・尖閣諸島に侵攻してるのはどこでしたっけ?竹島を狙ってるのはどこでしたっけ?お花畑な記事ですね。日本の国防は現状アメリカによってなんとかなってるようなものですよ 

    ・中国が軍備放棄して、人民解放軍が解散してから言って 

    ・戦線が対馬海峡まで下がるんだから、ますます必要になる。 

    ・じゃあ中国も非核化してください 

    ・中国の脅威はぁ? 

    ・中国って国知らんのか? 

    ・あいかわらず狂気の社説だなぁ。基地をなくすことで相手が攻撃対象から外してくれるなら、もうとっくに世界恒久平和が訪れてるはずなんだが。 

    ・いやいや沖縄の基地は対中国だから、朝鮮関係ないわw
     

    【琉球新報「朝鮮半島の完全非核化で沖縄の米軍基地は不要に。平和に水を差す新基地建設は中止を」 ネット「中国の脅威は?」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル