かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:白将軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/07/29(水) 15:33:37.10 ID:CAP_USER
    no title

    マイク・ペンス米国副大統領.[連合]

    光復会がドナルド・トランプ米国大統領に故白善ヨプ(ペク・ソンヨプ)予備役陸軍大将を「英雄」と呼んだロバート・エイブラムス駐韓米軍司令官兼韓米連合司令官を本国に召還せよ、と要求したことに対し、米トランプ政府が「ペク・ソンヨプは英雄」という反応を見せた。

    韓米同盟財団は28日「前日、マイケル・ペンス米国副大統領が故ペク・ソンヨプ予備役陸軍大将夫人ノ・インスク女史に書簡を送った」として書簡内容を公開した。ペンス副大統領はトランプ行政府のナンバー2で、彼の書簡は故ペク・ソンヨプ将軍に対するトランプ政府の立場を代弁するものと見られる。

    故人が大田(テジョン)顕忠院に安置された7月15日の日付で作成されたこの書簡によれば、ペンス副大統領はノ女史にペク将軍の死亡に対して哀悼を表わし「英雄」という表現を使った。光復会がエイブラムス司令官が「英雄」という表現を使ったことに対してトランプ行政府に抗議したことに対し、トランプ政府が対抗したものと見られる。

    書簡でペンス副大統領は「韓国が今日の自由世界と活気に満ちた民主主義を共有できた背景にはペク・ソンヨプ将軍の様な英雄がいたため」とし「韓国戦争(朝鮮戦争)当時、決定的な多富洞(タブドン)戦闘でペク将軍が見せた勇気とリーダーシップは依然として伝説だと思う」と伝えた。

    引き続き「私たちは彼を戦争の英雄、それ以上に尊敬する。私たちは彼が軍人の義務を果たした後も外交官や政治家として祖国のためにずっと奉仕してきた事実を記憶する。彼は大韓民国のために一生を捧げた真の愛国者であった」と付け加えた。

    ペンス副大統領は引き続き「米国は2013年、ペク将軍を韓国軍での業績だけでなく韓米同盟に対する貢献を認めて米8軍名誉司令官に任命した。駐韓米軍司令官が言及した通り、ペク将軍は最初の韓・米同盟を結び今日の韓米同盟に大きな役割を果たした」と強調した。彼は「米国は韓米同盟の精神と韓米同盟の土台になった両国の犠牲を記憶する」と書簡を結んだ。

    これに先立って、今月14日、光復会は報道資料を出して故ペク・ソンヨプ将軍を「英雄」と呼んで物議をかもしたロバート・エイブラムス駐韓米軍司令官を本国に召還せよ、との内容の書簡をドナルド・トランプ米国大統領に送った。光復会はこの日、報道資料で「エイブラムス司令官の内政干渉的姿勢が韓国国民の怒りをかっている。彼の召還を要求する書簡をトランプ大統領に送った」と明らかにした。

    金元雄(キム・ウォヌン)光復会長は書簡でエイブラムス司令官のペク・ソンヨプ称賛はサイトウ朝鮮総督の李完用(イ・ワンヨン)称賛を連想させると指摘した。キム会長は「独立軍と民間人を虐殺したペク・ソンヨプが英雄ならば、ユダヤ人を虐殺したナチ親衛隊も英雄なのか」と反問し「白人を虐殺したナチ親衛隊は『反人類戦犯』であり、朝鮮人を虐殺したペク・ソンヨプは英雄ならば朝鮮人は人類ではなのいか」と付け加えた。

    引き続き「韓国で論争が激しい親日・反民族要人清算関連問題に外国軍司令官が介入する形態は韓国国民を無視する内政干渉」と強調した。キム会長は「エイブラムス司令官のこのような姿勢は韓米両国の友好関係に致命的」としながら「韓米友好増進のためにエイブラムス司令官の召還が必要だ」と主張した。

    これは今月11日、エイブラムス司令官が10日に死亡したペク・ソンヨプ予備役陸軍大将に対して哀悼声明を出して「心より懐かしくなる英雄であり国家の宝」と明らかにしたことを問題にしたもの。ペク将軍は10日午後11時4分頃、100才でこの世を去った。
    (後略:ペク将軍の経歴)

    [ヘラルド経済=キム・スハン記者]

    ヘラルド経済(韓国語)
    http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20200728000682

    【【愚かな韓国】「ペク・ソンヨプを英雄と呼んだ米軍司令官を召還せよ」光復会の要求に米政府「ペク・ソンヨプは英雄」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/07/15(水) 10:28:15.37 ID:CAP_USER
    no title


     光復会が、6・25戦争の英雄である故ペク・ソンヨプ将軍を「英雄にして国家の宝」と称賛したロバート・エイブラムス在韓米軍司令官を米国本土に召喚すべきだとする内容の書簡を、14日にドナルド・トランプ大統領へ送った。

     光復会の金元雄(キム・ウォンウン)会長は14日にホームページで書簡文を公開。「最近エイブラムス司令官が韓国国内のデリケートな政治社会的論争に介入し、内政干渉的な動きを見せたことで、韓国国民の怒りを買っている」として「韓米友好に致命的な動きを見せたエイブラムス司令官の召喚を要求する」と主張した。

     現与党の「共に民主党」議員出身である金会長は、北朝鮮政権の樹立へ自発的に参加して金日成(キム・イルソン)政権の要職を務めた義烈団長・金元鳳(キム・ウォンボン)に対する「叙勲対国民署名運動」を推進し、ペク・ソンヨプ将軍に対する批判活動を行ってきた人物だ。

     今月10日に世を去ったペク将軍に対し、エイブラムス司令官は翌11日「心から懐かしまれる英雄にして国家の宝」と哀悼した。昨年11月に数え年で100歳の誕生日を迎えたペク将軍を訪ねてお祝いもしていたエイブラムス司令官。今月13日にはソウル峨山病院に整えられたペク将軍の殯(ひん)所(出棺まで棺を安置しておく場所)を訪れ「ペク将軍は韓米同盟の心臓にして霊魂、英雄にして国家の宝」とあらためてたたえた。

     しかし金会長は、書簡文で「ペク・ソンヨプは日帝当時、戦犯国家日本にへつらい、数多くの独立軍と朝鮮民衆を虐殺し、第2次世界大戦後は韓国戦争を前後して数多くの民間人を虐殺した」と主張し「ペク・ソンヨプを『英雄』と称賛したら、彼に虐殺された独立軍や罪なき民間人はどうなるのか」とした。

     また「韓国では現在、東洋版ナチ戦犯問題である親日残滓(ざんし)清算の問題が政治社会的論争として浮き彫りになっている」とし「外国軍の司令官が韓国国内の政治的論争に介入するのは不適切な行い」と非難した。

    キム・スンヒョン記者

    朝鮮日報 
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/15/2020071580022.html

    【【救国の英雄を認めない韓国】「ペク・ソンヨプが英雄?韓米友好に致命的な動き見せた在韓米軍司令官を召還せよ」…光復会、トランプ大統領に書簡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/07/15(水) 10:34:35.27 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ラジオ司会者で弁護士のノ・ヨンヒ氏

    韓国のラジオ時事番組の司会者で弁護士のノ・ヨンヒ氏が今月13日、ある総合編成チャネル放送で故白善ヨプ(ペク・ソンヨプ)将軍について「わが民族である北朝鮮に向かって銃を撃った」と発言して問題になっている。ノ氏は「白将軍は顕忠院に埋葬されるべきではない」という根拠でこのような主張をした。顕忠院には国の発展などに尽くした国家功労者や戦死者らが埋葬されている。

    ノ氏はMBNのニュース番組『ニュースワイド』にパネルとして出演して「(顕忠院安葬論争が)理解できない。白氏が6・25戦争〔=韓国戦争(朝鮮戦争)〕でわが民族である北朝鮮に向かって銃を撃って勝利をしたその功労が認められるからといって、顕忠院に埋葬されるのか」とし「私は現実的に親日派であることのほうが悪いと考える。大田(テジョン)顕忠院にも埋葬されるべきではないと思う」と主張した。

    あわせてノ氏は「本人(白将軍)が『批判を受けても仕方ない。同胞に銃を向けた』と自ら認めているではないか」と話した。ノ氏が言及した「本人の発言」は、1993年に日本で出版された『対ゲリラ戦 アメリカはなぜ負けたか』の中の「間島(カンド)特設隊の秘密」で、白将軍が「同胞に銃を向けたのは事実であり、批判を受けても仕方ない」と話した部分を指している。白将軍は日帝強占期、満州軍間島特設隊に服務した。ただし、その時期が1943年2月で、独立軍のほとんどが離れた状態だった。白将軍は回顧録で「巡回査察活動をし、交戦はなかった」とも書いている。ノ氏はしかし、前半の部分だけに言及した。

    発言の程度を心配した司会者が「わが民族に向かって銃を撃った6・25戦争だとおっしゃった部分は修正する意向はないか」と尋ねたが、ノ氏は「6・25戦争は北朝鮮と戦ったのではないか」と反問した後、「ではどう言えばいいのか、私はよく分からない」と答えた。この日の放送は、今月10日に白将軍が死亡した後に大きくなった安葬論争に対してパネルの賛否意見を聞く場だった。

    韓国政府が国立大田(テジョン)顕忠院を安葬地に決めたことに対して、未来統合党など野党圏では白将軍の象徴性を勘案してソウル国立顕忠院に安置するべきだと要求しているが、与党では否定的な雰囲気だ。与党「共に民主党」の李秀眞(イ・スジン)議員らは顕忠院に安置した親日経歴者などを掘り返すべきだという強硬論も出している。

    放送後、MBNだけでなくノ氏が司会をしているYTNの『ノ・ヨンヒの出発 新しい朝』の掲示板には抗議が続いた。ある人は「国を守るために6・25時に北朝鮮軍に向かって銃撃ったうちの父については何と言うのか」とし、ノ氏の降板を要求した。元東洋(トンヤン)大学教授のチン・ジュングォン氏は14日、フェイスブックに「国立顕忠院の戦没勇士のほとんどが人民軍と戦って戦死した方々だが、では国立顕忠院全体を掘り返そうということなのか。一体、何の話か分からない」と指摘した。

    ノ氏は論争が大きくなると、午後にフェイスブックに「生放送中に発言したが、私が最初の発言をしながら、本意ではなく誤解の素地があるような間違った発言をしたようだ」とし「(該当発言後)『6・25戦争でいくら功績を立てたとしても、過去に親日行跡が美化されたり、それのために全てのものがなかったことになったりすることはできない』に訂正した」と綴った。

    一方、金元雄(キム・ウォヌン)光復会長はこの日、白将軍を「英雄」と称賛したロバート・エイブラムス在韓米軍司令官に対して内政干渉したとし、召還するよう求める内容の書簡をドナルド・トランプ米大統領に送った。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/268085?servcode=400&sectcode=400

    【【従北派に乗っ取られてる韓国】「わが民族である北朝鮮に銃を撃ったペク・ソンヨプ、なぜ顕忠院に埋葬されるのか」 韓国弁護士の発言が波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/07/12(日) 20:08:06.24 ID:CAP_USER
    no title

    ▲11日午後ソウル松坡区ソウル牙山(アサン)病院葬儀場で故ペク・ソンヨプ将軍の遺体安置室が用意されている。聯合ニュース

    去る10日死亡した白善燁(ペク・ソンヨプ)予備役陸軍大将が国立大田(テジョン)顕忠院に安置されることをめぐり、市民団体から反発が出ている。

    軍人権センターは12日、声明を出して「親日反民族行為者に規定された故ペク・ソンヨプ氏に、信じ難い国家儀式が提供されている」とした。

    同センターは「ペク氏は日帝満州軍間島(カンド)特設隊で中尉として服務し、日帝の侵略戦争に自発的に賦役した。」とし「この朝鮮人日本軍は光復(解放)後、大韓民国陸軍参謀総長を経て戦争英雄としてあがめられたが、親日行跡に対して謝罪したことは一度もない」と批判した。

    それと共に陸軍がペク将軍の葬儀を5日間、陸軍葬で行い国立大田顕忠院に安置することにしたことを取り消せと促した。

    センターは「国防の義務を履行する青年たちに親日派をわが軍の父母と紹介し、腰を下げて参拝させることはありえるのか」として「ペク氏が行く所は顕忠院でなく靖国神社」と指摘した。

    引き続き「陸軍参謀総長は陸軍葬を中止して、弔旗掲揚で国旗を冒とくすることを直ちに中断し、国家報勲処も大田顕忠院にペク氏を安置する計画を白紙化しなければならない」と要求した。

    また「国会はキム・ホンゴル議員などが発議した『国立墓地の設置および運営に関する法律』改正案を早く処理して親日派を国立墓地から全部、破墓して移葬できるようにしなければならない」と付け加えた。
    (後略:ペク将軍の紹介)

    チョ・ギョンコン釜山(プサン)ドットコム記者

    釜山(プサン)日報
    http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=2020071210585721338

    【【バ韓国】「親日派ペク・ソンヨプ将軍の行く場所は顕忠院ではなく靖国神社」~軍人権センターが抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/11(土) 13:50:16.84 ID:CAP_USER
     2AD7D7EF-86BB-4072-9017-A585912804D4
     【ソウル=名村隆寛】朝鮮戦争(1950~53年)の際、第一線で戦ったことで知られ、韓国で陸軍初の大将となった白善●(=火へんに華)(ペク・ソニョプ)氏が10日深夜、死去した。99歳だった。

     白氏は日本統治下の平安南道江西郡(現・北朝鮮)出身。朝鮮半島の日本統治からの解放後、韓国陸軍の創設に参加。陸軍第1師団長だった朝鮮戦争の勃発当初、南侵を続ける北朝鮮を釜山橋頭堡の守備で阻止した。50年9月の仁川上陸作戦による国連軍の反攻開始とともに、北進し、平壌への一番乗りを果たした。

     陸軍参謀総長を務め、朝鮮戦争の休戦後は、合同参謀会議議長などを歴任した。軍退役後は、外交官としてフランス、カナダ大使などを歴任。交通相も務めたほか、1970年のよど号ハイジャック事件の解決にも関与した。

     韓国では長く「朝鮮戦争の英雄」として称賛された。朝鮮戦争当時の体験を記した著書は日本でも出版されており、「白将軍」の名で知られた。

    産経新聞 2020.7.11 09:15
    https://www.sankei.com/world/news/200711/wor2007110006-n1.html

    【【韓国の英雄】朝鮮戦争で韓国を死守 「白将軍」が死去 平壌一番乗り】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル