かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:眞子内親王

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2019/07/11(木) 13:31:33.07 ID:mVY92oQk9
    6AD1762B-2C50-4F79-B40F-50D283263A2B


    秋篠宮家の長女・眞子さまが公式訪問先の南米ペルーに到着し、日本人の移住120周年を記念する
    式典に出席されました。現地にいる子どもたちに投げキッスをする場面もありました。

    現地時間9日夜、南米ペルーに到着した眞子さまは、翌10日午後、首都リマの日系人協会を訪れ、
    日本人の移住120周年を記念する式典に出席し、挨拶されました。

    「日系の皆様によって築かれてきた歴史が、未来を担う世代にも大切に引き継がれていきますことを願っております」

    これに先立ち、眞子さまは、ペルーに移住してきた100歳を超える移民1世らと懇談し、
    「いつまでもお元気でお過ごしください」などと腰をかがめ、目線を合わせ、言葉をかけられていました。

    会場をあとにする際、多くの子どもたちが両国の国旗を振って見送り、眞子さまは笑顔で投げキッスをするなどして応じられていました。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190711-00000031-jnn-soci 

    【【皇室】南米ペルーを公式訪問された眞子内親王殿下、子供たちに投げキッス 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/06/21(金) 17:35:50.39 ID:gReBhDeq9
    899B2574-AF34-47E9-BCAF-EFB8B09160C9


    秋篠宮さまは21日、海外訪問前の記者会見で、長女眞子さまの結婚の見通しについて「娘
    から話を聞いておりませんので、どのように今なっているのか、考えているのか、私は分かりません」と述べた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000103-kyodonews-soci 

    【【皇室】秋篠宮皇嗣殿下、眞子内親王殿下のご結婚の見通しについて「娘から話を聞いておりませんので、私は分かりません」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 伊賀者 ★ 2019/02/12(火) 00:20:54.01 ID:ePrIQ1vh9
    81B459B9-8DA0-46CE-9E76-6127DEB8064F
     
    1月22日の文書発表以来、小室圭さんをめぐる話題が連日ワイドショーを賑わせている。そんななか、新たな疑惑が浮上していると語るのは皇室ジャーナリスト。

    小室圭さん育てた王子さま教育 お母さまと呼ばせ高級車で送迎

    「小室さんが借金トラブルの経緯を説明する文書を発表したことで、小室さんの母・佳代さんに“脱税疑惑”が持ち上がっているのです」

    佳代さんは夫を'02年に亡くし、X氏と'10年9月に婚約した。X氏は佳代さんから、生活費や小室さんの学費として、多額の金銭的援助を要求されたという。その合計額は409万円にのぼった。

    小室さん側は'12年9月の婚約解消時にX氏から「返してもらうつもりはなかった」という趣旨の発言があったため、返金しなかったと説明。一方X氏はその発言を否定し、返金を求めて対立している。元判事で、日本とニューヨーク州、カリフォルニア州の弁護士資格を持つ清原博氏がこう解説する。

    「佳代さんが受け取った409万円が借金ではなく贈与であれば、贈与税の支払いの対象になります。この金額ならば、贈与税は15~20万円ほどでしょう」

    贈与税の時効は、贈与があった翌年3月から数えて7年。佳代さんは'12年1月に200万円を受け取っており、この時効は2020年3月だ。

    「税務署も時効が迫っていることはわかっているでしょう。近いうちに税務調査に入る可能性もあります」(清原弁護士)

    事実婚など内縁関係であれば、贈与税はかからない。しかし清原弁護士によると、佳代さんとX氏との内縁関係が認められた場合、さらなる問題が浮上するという。

    「佳代さんは現在も、亡くなったご主人の遺族年金を受給していると聞きます。実は、死別後に別の相手と一度でも内縁関係になった場合、その時点で遺族年金の受給資格は失われるのです。内縁関係を解消しても、受給資格が復活することはありません。国が返還要求を行えるのは5年間です。仮に佳代さんとX氏に内縁関係があったなら、現在からさかのぼって5年分は不正受給となり、全額返金しなければなりません」

    佳代さんもその危険性は認識していたようで、婚約直後、X氏に次のようなメールを送っている。

    《主人の年金を受け取っている間は内縁の関係にはなれません》
    《私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです》

    佳代さんが恐れていたとおり、“不正受給”あるいは“脱税”に当てはまる可能性があるのだ。本誌は代理人の上芝弁護士に、この疑惑について電話で質問。しかし上芝氏は質問の核心には触れず、贈与だったのか貸与だったのかについても明言を避けた。

    眞子さまも愕然とされるに違いない“消えた母”の新疑惑を、小室さんは払拭できるのか――。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00010000-jisin-soci

    【【香港紙に韓国系とあったが】小室圭さんの母・佳代さんに脱税疑惑…税務調査の可能性も 更に遺族年金の不正受給疑惑も浮上 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/21(月) 23:37:49.06 ID:1cUbgebm9
     04BEE0C4-01EF-4104-BF46-399EF226D338
    秋篠宮家の長女、眞子さま(27)との婚約が内定している米国留学中の小室圭さん(27)が、週刊誌などが報じた「金銭トラブル」について近く文書を公表して説明する考えであることが21日、関係者への取材で分かった。結婚への意思が変わらないことを改めて表明するという。

    秋篠宮さまが2018年11月の誕生日会見で「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をすべきだ」と発言されたことを受けたとみられる。

    17年12月に週刊誌が小室さんの母、佳代さん(52)と元婚約者の男性の間に「金銭問題」が生じていると報じた。

    関係者によると、小室さん側は男性との間の問題について解決済みとの立場といい、文書ではこれまでの男性との金銭のやり取りを巡る経緯などについて説明。男性との協議など、今後に向けた対応にも言及するとみられる。

    眞子さまは報道が出た翌18年2月に「充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」との文書を宮内庁を通じて公表。結婚に関する儀式は20年に延期となっている。


    2019/1/21 22:36
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40289050R20C19A1CR8000/

    【【今更?】小室さん、秋篠宮さま発言受け金銭問題の経緯説明、文書公表へ 結婚への意思が変わらないことを改めて表明へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: いちごパンツ ★ 2018/08/08(水) 04:38:23.01 ID:CAP_USER9
     419D8963-6537-4B66-A454-C00E7FD2AAF1
     秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約が内定中の小室圭さん(26)と母親に対し、秋篠宮ご夫妻が「現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない」と伝えていたことがわかった。皇族として国民から広く祝福される状態にないと考えているためだといい、天皇、皇后両陛下にも報告したという。小室さんは7日、3年間の予定で米国留学へと出発した。

     関係者の話を総合すると、秋篠宮さまと紀子さまは今年に入り、宮邸で、小室さんや、母親と面会の際、繰り返しこうした考えを伝えたという。眞子さまも同席していたという。

     眞子さまと小室さんは、約5年間の交際期間を経ており、ご夫妻も2人を信頼し当初祝福していた。昨年9月に婚約が内定し記者会見したが、その後週刊誌で、ご夫妻や眞子さまに知らされていなかった小室家側の「金銭トラブル」などが報じられた。

     眞子さまと小室さんは今年2月、「充分な準備を行う時間的余裕がない」として、納采の儀に始まる結婚関連の諸行事を「再来年(2020年)に延期」すると宮内庁を通じ発表したが、背景にこうした事情もあったとみられる。

     秋篠宮家は「結婚にあたっては日本国憲法に基づき当事者の意思を尊重すべきだ」と考えているという。だが同時に、皇室の一員としては広く国民の祝福と理解を得ることも不可欠と思っており、複数の週刊誌でトラブルが報道され続けている現状では、正式な婚約や両陛下へのあいさつができる状態ではない、と考えたという。

    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000006-asahi-soci 
    【【皇室】「現状では納采の儀行えない」秋篠宮ご夫妻が小室さんに伝える 皇族として国民から広く祝福される状態にない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/07/17(火) 20:11:47.77 ID:CAP_USER9
    no title


    秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約が内定している小室圭さんの留学予定先の大学に宮内庁が、異例の指摘です。

    小室圭さんは、この夏、アメリカに渡り、弁護士資格の取得を目指しておよそ3年間、ニューヨークにあるフォーダム大学のロースクールに留学します。

    これを受けてフォーダム大学が、今月5日、ホームページ上で、小室さんのことを眞子さまと婚約していることを表す「fiance」という言葉を使って紹介しました。しかし、皇室では、伝統的に「納采の儀」と呼ばれる儀式を経なければ、正式に「婚約」とはならないことから、宮内庁は、まだフィアンセではないとして近く、フォーダム大学に正確な事実関係を説明するとしています。

    現在、眞子さまと小室さんは結婚の意思を固めた状態を公表した「婚約内定」という段階で、宮内庁は、今年2月、お二人の結婚式など一連の行事を再来年に延期することを発表しています。

    7月17日
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3423672.html

    【【破談の方向?】宮内庁が異例の指摘、小室圭さん“まだフィアンセではない” フォーダム大学に正確な事実関係を説明へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: muffin ★ 2018/02/19(月) 22:17:15.80 ID:CAP_USER9

    2018.02.19 16:00

     宮内庁は眞子内親王と小室圭さんの結婚延期を2月6日に公表した。結婚や関連行事が行なわれるのは2020年になる見込みだという。
    延期の理由について、記者からは「週刊誌報道が原因では?」という質問が飛び出した。週刊誌報道とは、昨年末から複数誌が報じてきた小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルのことである。

     しかし加地隆治・宮務主管は記者からの質問に対し「週刊誌報道は延期と関係ない」と明言し、「お二人の結婚の意思は変わらない」と強調した。宮内庁関係者が言う。

    「世間では“このまま破談になるのでは”などと言われていますが、眞子さまは現在のところ、小室さんと結婚するご意思に変わりはないようです。秋篠宮ご夫妻は、そのお気持ちを見守っているはず。今後は騒動が沈静化するのを待ちながら、ゆっくりと準備を進めていくのでは」

    ※週刊ポスト2018年3月2日号 
    https://www.news-postseven.com/archives/20180219_652994.html 

    no title
    【【皇室】眞子さま、結婚するご意思に変わりなしか 騒動沈静化を待つ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2018/02/09(金) 08:35:53.88 ID:c9DMN6p30 BE:249636137-2BP(1500)
     
    Bad debts and Korean blood: Japanese tabloids in a frenzy after Princess Mako’s wedding postponed
    (借金と韓国人の血―真子さま婚約延期の後の日本のタブロイド紙の熱狂)
    Wednesday, 07 February, 2018, 1:00pm
    http://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/2132380/bad-debts-and-korean-blood-japanese-tabloids-frenzy-after

    It has since been reported Komuro’s father committed suicide but the man’s family has been attempting to get back into the family picture since the engagement to the princess was first announced in September.
    Another suggestion is that Komuro’s maternal grandfather was Korean.

    (小室氏の父親は自殺していることが既に報じられているが、真子さまとの婚約が初めて公表された9月以降、小室一家はその家族写真の中に収まろうと企てている。
    小室氏の母方の祖父は韓国人だったと示唆されている。)

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518132953 【【本当?】「眞子さま婚約相手の小室さんの祖父は韓国人」香港紙がうっかり報じてしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ 2018/02/07(水) 23:42:48.09 ID:CAP_USER9
    kunaityo

    宮内庁は6日、秋篠宮家長女の眞子さまと、都内の法律事務所にパラリーガルとして勤務される小室圭さんの結婚が延期されると発表した。
    おふたりは3月4日に一般の結納に当たる「納采の儀」、11月4日に結婚式を執り行う予定だったが、
    天皇陛下の退位、皇太子さまの即位など一連の皇位継承行事が終了した後の2020年に延期する。

    小室家をめぐっては、昨年12月に「週刊女性」(主婦と生活社)が、小室圭さんの母親・佳代さんが
    元婚約相手から受けた金銭的援助にかかわる400万円超の借金トラブルを抱えているとスクープし、
    先月25日には主要週刊誌3誌が一斉に両者の詳細なやりとりを含めて後追いで報じていた。

    結婚延期について宮内庁の加地隆治宮務主管は会見で「週刊誌報道は延期と関係ない」と説明しているが、元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏は「それをそのまま信用する人は少ないでしょう」と語る。

    そもそも今回、皇族の結婚が延期になるという異例の事態が生じた発端について、皇室の事情に詳しい人物はこう語る。


    「昨年5月にNHKが婚約をスクープし、その4カ月後の9月には宮内庁は正式に婚約内定を発表し、
    今年3月に『納采の儀』、同11月4日に結婚式を執り行うというスケジュールを決定したわけですが、
    NHKの第一報は宮内庁幹部も報道直前に知ったほど突然のものでした。
    そのため、宮内庁も皇室も現在に至るまで大慌てで対応を迫られ、余裕を持って準備を進めることができませんでした。
    その意味では、宮内庁の『(眞子さまと小室さんが)結婚の準備を進めるなかで十分な時間がないとお感じになり、
    いろいろな方に相談し、延期が良いとの結論に至られた』という説明は、そのとおりでしょう」

    また、マスコミ関係者もNHKのスクープが生んだ負の面をこう指摘する。

    「突然のスクープのせいで、宮内庁が小室家に関する“身上調査”を十分にできなかったと指摘する声も多いです。
    裏を返せば、もし5月のスクープがなければ、宮内庁は借金問題を把握し、対応を取ることで現在起こっているような混乱を回避できた可能性もあります。
    眞子さまは6日に公表されたコメントで『予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしました』
    『当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました』とおっしゃられ、
    暗にNHK報道によって計画が大幅に狂わされたことに不満を示されているとも受け止められます。
    これは、皇族のお言葉としてはかなり強いものを感じます。その意味でも、NHKの責任は重いといえます」

    そうしたNHKの責任について、別のマスコミ関係者は語る。


    「昨年12月に最高裁判所は、NHK受信契約を義務付けた放送法64条が合憲だとする判決をくだし、
    『NHKの受信料制度は公共の福祉に適合する』と判示しました。
    しかし、スクープによって皇族の結婚という国にとっても極めて重大な事項を混乱させたNHKに、果たして公共放送の資格があるといえるのでしょうか」

    さらに宮内庁OBも「公共放送のNHKが皇室に恥をかかせる事態を招いたというのは、罪が重い」と批判するが、
    今後そうした声が広まる可能性もありそうだ。

    Bussiness journal
    http://biz-journal.jp/2018/02/post_22252.html

    【【公共放送】眞子さまの拙速な結婚、NHK報道のせいか 突然のスクープで小室家の“身体検査”不十分に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/07(水) 15:24:09.11 ID:CAP_USER9
    82E12190-ECCD-4F4F-99AF-381746A826D8


    6日、秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの結婚の延期が発表されたが、小室さんの母親が去年12月以降に数回、秋篠宮家を訪れていたことがわかった。

    眞子さまは、7日午前11時前、勤務先に到着し、車の中から報道陣に会釈された。一方、小室さんも通常通り都内の職場に出勤した。

    6日、宮内庁は、眞子さまと小室さんの結婚に関わる一連の儀式を再来年に延期すると発表した。宮内庁は、一部週刊誌が、小室さんの母親の金銭トラブルを報じたことと今回の結婚延期とは関係ないとしている。

    一方で、小室さんの母親が、週刊誌の報道があった去年12月と今年、秋篠宮邸を訪れていたことがわかった。母親一人での訪問もあり、秋篠宮ご夫妻と面会し、週刊誌報道についても話したものとみられる。

    その秋篠宮ご夫妻は、7日、東京・上野で今後の活躍が期待される若手研究者の授賞式に出席し、笑顔で会場に入られた。

    2018年2月7日 12:27
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2018/02/07/07385063.html 

    【【眞子さまご結婚延期】小室さん母、週刊誌報道後に一人で秋篠宮邸訪問 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/02/06(火) 19:16:10.50 ID:CAP_USER9
    眞子さまの結婚延期=新天皇即位後の20年に―宮内庁
    2/6(火) 19:16配信


     宮内庁は6日、秋篠宮家の長女眞子さま(26)と大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(26)との結婚関係儀式が延期になったと発表した。

     来年は天皇の代替わりに伴う行事があることを考慮し、2020年になる見込み。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000123-jij-soci

    【【速報】眞子さまと小室さんのご結婚が延期 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル