かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:砲弾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2024/04/06(土) 09:23:40.66 ID:zf0furtr
    韓国で4月10日に行われる総選挙の結果によっては、同国軍が備蓄する数百万発の砲弾が弾薬不足に苦しむウクライナに送られ、ロシアとの戦いに影響を及ぼすことになるかもしれない。

    米国有数のシンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)は先月22日、ウェブサイトで「韓国の105ミリ砲弾はウクライナを救えるか?」と題したレポートを公開した。レポートは、韓国軍が備蓄する105ミリ砲弾は340万発に及んでおり、これが供給されればウクライナ軍にとって大きな力になる一方、韓国軍はすでに砲兵装備の主力を155ミリ榴弾砲に移行中のため、北朝鮮との対決に備える備蓄には影響を与えないだろうと分析している。

    韓国政府はウクライナに殺傷兵器を提供しない原則を持っており、それは現在も堅持されている。

    しかし韓国は昨年、ウクライナ支援で砲弾の備蓄を減らした米国の要請に応じ、数十万発の155ミリ砲弾を供給したことが米メディアの報道で明らかになっている。これは実質的に、米国を経由したウクライナ支援だった。

    こうした前例があるうえに「韓国国民は広くウクライナに同情している。 2023年7月の尹錫悦大統領のウクライナ訪問は総じて高い評価を受けており、尹政権の支持者らは外交政策が尹氏の好業績の原動力となっていると指摘している。したがって、尹政権は105ミリ砲弾の交換協定を支持する可能性がある」と、レポートは論じている。

    だが、現下の韓国の政治情勢を踏まえると、こうした見方はやや楽観的にすぎるかもしれない。

    総選挙の投開票を目前に控え、与野党の支持率はきっ抗している。尹大統領が自由主義諸国との結束強化に重きを置いているのは確かだが、最大野党・共に民主党のウクライナ情勢に対する態度は冷ややかだ。同党の李在明(イ・ジェミョン)代表は今回選挙の遊説でも、「ロシアと反目すれば韓半島の安保環境が悪化する」との理由で、ウクライナ支援に反対する姿勢を鮮明にした。

    尹政権は昨年と同様に米国を経由する方式ならば、議会の同意なしに弾薬供給を実行することが可能だ。しかし総選挙で野党が勝ち、過半数を握った場合、政権は神経質にならざるを得ない。野党が内政を巡る駆け引きで政府の「独断専行」に対抗し、重要政策が停滞すれば、次期大統領選で不利な立場に追い込まれかねないためだ。

    逆に与党が選挙で勝利すれば、尹政権は果敢に米国と共同歩調を取り、弾薬供給に応じる可能性が高い。さらに、ロシアが北朝鮮との軍事協力をいっそう深めるならば、それもまた、韓国がウクライナ支援に積極的になる動機として働く可能性もある。

    DairyNK 2024年04月06日
    https://dailynk.jp/archives/161788

    【「韓国の砲弾340万発がウクライナを救うか」米シンクタンク】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2024/03/03(日) 18:13:56.29 ID:WayOHC6w9
     ウクライナを支援する欧州の国々は気まずく思い出したかのように、ようやくウクライナが必要とする砲弾を供給するための資金と産業資源をかき集めつつある。
    欧州連合(EU)の武器取引、チェコ主導の弾薬の大量購入、ウクライナと同盟国との二国間取引など、並行で進められているいくつかの取り組みにより、
    今後数カ月で少なくとも70万発の砲弾がウクライナに出荷されるはずだ。
    ウクライナは今春、欧州経由で100万発を超える砲弾を入手するかもしれない。
    また、ウクライナへの追加支援を阻んできたロシア寄りの米国議会の共和党議員が最終的に来月あたり譲歩すれば、
    春から夏にかけてウクライナ軍は100万発以上の砲弾を思いがけず手にする可能性がある。
    ※略

    ロシアがウクライナに対して仕かけた戦争が3年目に突入した今、どちらの国がより多くの、そして質のいい砲弾を保有しているかが戦争の行方を左右するかもしれない。
    ウクライナ軍が昨夏、攻勢をかけることができたのは、米国が韓国製の砲弾を100万発購入したおかげで砲弾の数でロシア軍と対等だったからだ。
    そしてこの冬にウクライナ軍が戦場の勢いをロシア軍に奪われる状況になったのは、米国の支援が突然打ち切りとなり、
    その後おそらく10万発の砲弾が提供されなかったためだ。

    一方、今年に入ってからのロシア軍の攻勢は、ロシアが昨年9月から4カ月連続で北朝鮮から毎月約40万発の砲弾を購入したことによって支えられている。
    注目に値するのは、ウクライナの諜報当局者がいう、ロシア軍の砲弾の半分は不発弾だという点だ。
    だが不発率が高いにもかかわらず、ロシア軍は約965kmにおよぶ戦線で1日に約1万発の砲弾を発射している。
    これに対してウクライナ軍が1日に発射する砲弾はわずか2000発だ。

    ■チェコがウクライナ軍の砲弾不足を一変させようとしている
    ※略
    だが、チェコがウクライナ軍の砲弾不足を一変させようとしている。同国のヤン・イレッシュ国防政策局長は2月18日、
    ドイツで開催されたミュンヘン安全保障会議で、チェコが「欧米以外の国に眠っている」砲弾80万発を特定したと発表して出席者を驚かせた。
    ※略
    米政治専門サイトのポリティコの記者ポール・マクレアリーや他の情報筋によると
    「これらの国々のほとんどは、政治的な理由からウクライナを直接支援するのは避けたいため、仲介者が必要だ」とイレシュは指摘した。
    ウクライナを支援する国々が砲弾の代金を負担するなら、チェコがその仲介役を引き受けるだろう。

    ■ウクライナ軍は何とか持ち堪える以上の行動に出ることができる可能性がある
    それから2週間して、ベルギー、カナダ、デンマーク、オランダ、そして不特定の12カ国が、砲弾の入手に必要な資金の半分以上、
    つまり砲弾約40万発分の資金を工面した。チェコが必要な資金をさらに確保できれば、残りの40万発も購入できるかもしれない。
    チェコが仲介する砲弾とEUが約束した残りの砲弾で、ウクライナは春から夏にかけて、おそらく1日に6000発の砲弾を放つことができるだろう。
    そして「極右」共和党員のマイク・ジョンソン米下院議長がウクライナへの追加支援の妨害をやめれば、1日6000発の砲弾は1万発近くに増えるかもしれない。
    ※略
    希望を抱かせる動きがある。
    下院共和党の穏健派であるブライアン・フィッツパトリック議員は「ディスチャージ・ペティション(委員会審査省略動議)」を申し立てた。
    この動議では、大半の民主党議員ともう数人の穏健派の共和党議員の支持を得れば、ジョンソンをはじめとする保守強硬派の共和党議員らを
    無視してウクライナ支援案を早ければ今月にも採決に持ち込むことができる。

    フィッツパトリックは、この動議が十分な支持を得られると確信していると米ネットサイトのアクシオスに語った。
    ウクライナに弾薬を送るために、指導部に逆らう共和党員は何人いるだろうか。「あなたが思っている以上に多い」とフィッツパトリックは語った。
    「それが正しいことだと知っている人が大勢いる」

    チェコが仲介する砲弾と、それより少ないEU製の砲弾でウクライナは戦いを継続できるはずだ。
    そして米国製の砲弾があれば、おそらく月に何万発もの砲弾を放つことができ、ウクライナ軍は何とか持ち堪える以上の行動に出ることができる可能性がある。
    もしかすると再び攻勢に転じることを検討するかもしれない。

    【【軍事支援】ウクライナの砲弾不足問題に光明、欧州経由で100万発出荷か 米下院にも希望を抱かせる動き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2024/02/28(水) 09:50:22.47 ID:7kh4wXS4
    ラジオ・フリー・アジア(RFA)が27日(現地時間)報じたところによると、北朝鮮がロシアに提供した砲弾の半分以上が不良だという。

    ウクライナ国防省情報総局(GUR)のヴァディム・スキビツィキー副局長は23日、現地メディアのインテルファクス通信とのインタビューで「ロシアが不足している兵器生産問題を解決するために北朝鮮の支援を受けたが、望んだ結果を得られずにいる」と明らかにした。

    スキビツィキー副局長は「統計資料を見ると、ロシアはすでに北朝鮮から150万発の弾薬を輸入した」と明らかにし、「70~80年代に作られたもので、半分以上が作動せず、または使用前に復元や検査が必要な状態」と話した。

    北朝鮮は、ロシアに古い軍需品を提供する見返りにミサイルと潜水艦に必要な技術を求めたと、スキビツィキー副局長は伝えた。

    また、「北朝鮮は核兵器計画に関連した技術もロシアに求めている」とし、「これはすでに最高に達した韓半島(朝鮮半島)の緊張をさらに増幅させるだろう」と述べた。

    ロシアに供給される北朝鮮製砲弾の品質をめぐる問題は、すでに数回にわたって論議を呼んでいる。

    ウクライナ合同参謀本部は12月、「ロシアが北朝鮮から受け取った弾薬の状態が満足できないため、ロシア軍の大砲と迫撃砲が爆発するケースが発生している」と伝えている。

    韓国国防部の申源湜(シン・ウォンシク)長官は26日、記者懇談会で、「北朝鮮が砲弾などの兵器数百万発をロシアに渡し、食糧や生活必需品などを持ち込んでいる」と明らかにした。

    中央日報日本語版 2024.02.28 09:14
    https://japanese.joins.com/JArticle/315551


    【【中央日報】ロシアが発射した北朝鮮提供の砲弾、半分以上が作動せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/05/26(金) 10:22:30.57 ID:j+16pRig
    韓国がロシアの侵攻を受け戦闘状態にあるウクライナに対し、砲弾数十万発を移送する手続きを進めていることがわかった。
    米ウォールストリート・ジャーナルが24日(現地時間)に報じた。

     同紙は韓国が秘密協定に基づいて米国に砲弾を移転しており、米国はこれを順次ウクライナに送る準備を進めていると伝えた。

     報道によると、米政府当局者は「この一連の措置でウクライナはロシア対して計画している反転攻勢に効果を発揮し、
    また米国は多くの国で禁止されているクラスター弾の供与を巡って難しい判断を延期する余地が生まれている」と述べたという。

     米ホワイトハウスと韓国政府はいずれもウォールストリート・ジャーナルの報道についてコメントを拒否した。

     米国防総省は砲弾を移送する方法や移送完了の時期などについてはコメントしなかったが、
    韓国政府と砲弾の購入を巡り協議していることは認めた。ウォールストリート・ジャーナルが伝えた。

     韓国大統領室の趙太庸(チョ・テヨン)国家安保室長は24日、国会運営委員会の全体会議で「ウクライナに弾薬を支援するのか」との質問に
    「現時点ではウクライナに対して人道的・財政的支援を行っている」としながらも「今後の戦況を見て、あるいは別の状況を考慮して検討を行う予定」と答弁した。

    キム・ジャミン記者
    記事入力 : 2023/05/26 07:20 朝鮮日報
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/05/26/2023052680010.html


    【【朝鮮日報】 米紙「韓国の砲弾数十万発、米国経由でウクライナへ移送中」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/06/02(水) 16:11:36.41 ID:CAP_USER
    ウリヌリ号
    韓国慶尚北道浦項(ポハン)に向かっていた旅客船の近くに砲弾4発が落下するという事故が発生した。

    浦項地方海洋水産庁と韓国海洋交通安全公団によると、1日午後2時25分ごろ、鬱陵島(ウルルンド)の南西側24キロ付近を航海していた浦項-鬱陵(ウルルン)定期旅客船「ウリヌリ号」の近くに砲弾が落ちた。当時、旅客船には乗客166人、船員10人が乗っていて、旅客船の前後に2発、周辺に2発の計4発が旅客船から1キロほど離れたところに落ちた。

    砲弾を発射した艦艇は現代重工業が建造中の海軍護衛艦だった。この艦艇は海軍に正式に引き渡される前、対空射撃評価をする過程で砲弾を発射したことが確認された。

    現代重工業側は「海軍と共に適法な手続きに基づき近隣の船舶を確認し、安全距離を確保した」とし「艦艇の対空射撃評価を行う状況で船舶2隻が接近するのを確認し、航路の変更を要請した」と説明した。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/279212

    【【韓国】テスト中の韓国海軍護衛艦から発射の砲弾4発、旅客船近くに落ちる】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル