かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:空母

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/06/17(金) 14:10:49.41 ID:awLsS9wp9
    4e9fd3c02bf2e64ad8b7c9115feef886

    北京=冨名腰隆2022年6月17日 13時17分

     上海の造船所で17日、中国海軍の空母進水式が行われた。中国国営中央テレビ(CCTV)が伝えた。旧ソ連の空母を改修して2012年に就役した「遼寧」、初の国産空母で19年末に就役した「山東」に続く3隻目となり、「福建」と命名された。
    24年以降に就役する見通しで、米海軍の空母打撃群と同様に「任務、訓練、整備」のローテーション態勢が整うことになる。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASQ632TVBQ62UHBI031.html

    【【朝日新聞】中国海軍3隻目の空母が進水 カタパルト採用、24年以降に就役か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ギズモ ★ 2022/05/31(火) 21:45:36.27 ID:2SFlrZKk9
    no title

    FNNプライムオンライン

    岸防衛相「よほど気に入らなかったのか」 空母写真めぐる中国反応に
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220531-00468086-fnn-pol

    防衛省が中国海軍の空母「遼寧」の発着艦などを写真付きで随時公表していたことに対し、中国側が不快感を示したことについて、岸防衛相は「よほど気に入らなかったのか」などと述べた。

    防衛省によると、中国海軍の空母「遼寧」は5月2日から21日にかけて、沖縄南方の太平洋上で300回を超える艦載戦闘機などの発着艦を行った。

    防衛省は連日、「遼寧」などの動向を発表し、その際、発着艦が行われる様子などの写真を公開してきた。

    中国国防省の報道官は26日、「日本の艦船や戦闘機はネット上で遼寧の『御用撮影師』と呼ばれている。このような撮影師は必要ない」などと述べていた。

    これに対して、岸防衛相は31日の会見で、日本周辺の警戒監視活動は「防衛・警備の観点から当然」と述べた上で、「国際法に則って、安全に配慮した上で行った」と強調した。

    また、中国側が写真の公表に不快感を示したことについては、「よっぽど気に入らなかったんですかね」と感想を述べ、「国民にこうした空母等の活動について、わかりやすく伝える観点から、写真とあわせて公表を行っている」と説明した。


    【【日中情勢】岸防衛相「よほど気に入らなかったのか」 空母「遼寧」写真めぐる中国反応に応酬】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/31(火) 05:48:48.98 ID:CAP_USER
    cn250
     
    中国の3隻目となる空母「003型」が来月3日に進水すると発表された。

    中国人民解放軍海軍は当初4月23日の創設73周年記念日に3隻目の空母を進水させる計画だったことがわかった。しかし新型コロナウイルスの感染拡大にともなう上海市封鎖の余波で部品調達に支障が出て日程が延期されたという。

    3隻目の空母は2015年3月から建造が始まった。初の空母となった「遼寧」は旧ソ連の技術が使われたディーゼル推進空母で、艦載機を離陸させるのにスキージャンプ方式が用いられた。2隻目の空母である「山東」もやはり遼寧と同じディーゼル推進技術とスキージャンプ方式が使われたが、初めて中国の独自技術で建造した空母だ。3隻目も空母には電子式射出機(カタパルト)が初めて搭載された。カタパルトは空母の甲板から艦載機を射出する設備だ。

    中国は米国の中国牽制に対抗して海軍力強化に拍車をかけている。2035年までに6隻の空母を確保し米軍の空母戦団が台湾海峡から1000キロメートル以内に入ってこられないようにする海軍力を備えることを目標にしている。短期的には2030年までに最小4個の空母戦団を構築し世界で2番目の大洋海軍を育成する計画だ。

    中央日報 2022.05.30 17:32
    https://japanese.joins.com/JArticle/291623

    【【軍事】中国、最新型空母が来月進水…海域統制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/28(土) 11:55:19.89 ID:CAP_USER
    cn250
    発艦着艦を300回以上、派手に飛ばしまくった空母艦載機

     バイデン大統領の東アジア諸国訪問ならびに日米印豪「クアッド」首脳会合の開催を前にして、中国海軍がアメリカを威圧するように「遼寧」空母艦隊を沖縄南方の公海上に展開し、空母艦載機発艦着艦訓練を含む艦隊訓練を比較的長期にわたって実施した。

     中国海軍は空母艦載機をまさに「派手に飛ばしまくり」、2週間にわたる訓練期間中に300回以上の発艦着艦が繰り返された。

    牽制行動を全く実施できなかった米海軍
     日本による真珠湾攻撃によって空母中心主義に転換したアメリカ海軍は、80年以上にわたる空母艦隊運用経験を誇る。それに対して中国海軍は、空母艦隊はおろか航空母艦そのものの運用経験もアメリカ海軍に比べれば赤子のようなものである。そのためアメリカでは軍首脳も含めて中国海軍を見くびっている傾向が強い。

     しかしながら、中国海軍の現状を継続的に分析しているアメリカ海軍情報局やシンクタンクの専門家たちは、「けっして中国海軍をみくびってはならない」と警鐘を鳴らし続けている。

    (略)

    JBPress 2022.5.26(木)北村 淳(軍事社会学者)

    【【軍事】アメリカ海軍のお株を奪った中国海軍の威嚇的訓練の中身】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/04/12(火) 23:23:49.65 ID:CAP_USER
    米原子力空母「リンカーン」が日本海に 北朝鮮をけん制
    no title


    北朝鮮のICBM=大陸間弾道ミサイルの発射や核実験が懸念される中、アメリカ軍の原子力空母が日本海の公海上に入ったことがわかりました。

    在韓国アメリカ軍の関係者によりますと、アメリカ海軍の原子力空母「エイブラハム・リンカーン」はすでに日本海の公海上に入っているということです。北朝鮮が15日の故・金日成主席の生誕110年に合わせ、ICBM発射や核実験を強行する懸念があることを受け、アメリカが北朝鮮をけん制した形となります。

    韓国の聯合ニュースは「米韓両軍の幹部が空母に搭乗し北朝鮮に強い警告メッセージを発する案が検討されている」と報じています。

    北朝鮮が相次ぎ弾道ミサイルを発射したり核実験に踏み切ったりした2017年にもアメリカ軍の空母3隻が日本海に展開し、韓国軍などと合同演習を行ったことがあります。

    ヤフーニュース(TBS NEWS)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/294509399a95759a441aca54fdc9c1668f702bd9

    【【米軍】 原子力空母「リンカーン」が日本海に 北朝鮮をけん制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2022/01/24(月) 12:13:14.47 ID:CAP_USER
    no title

    2017年11月、韓半島周辺海域で訓練する米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」「セオドア・ルーズベルト」「ニミッツ」。 写真=米海軍

    米空母が北東アジアに集まっていることが確認された。原子力空母3隻と軽空母に分類される強襲揚陸艦2隻が韓半島(朝鮮半島)からそれほど遠くないところにある。

    米軍事専門メディアの米海軍研究所(USNI)ニュースによると、18日(以下、現地時間)現在、西部太平洋に3個空母打撃群(CSG)、1個遠征打撃群(ESG)、1個両用即応群(ARG)が配置されている。

    空母打撃群は空母と飛行団、護衛艦・潜水艦で、空母打撃群は強襲揚陸艦と護衛艦・潜水艦・海上哨戒機、連帯規模の海兵遠征隊(MEU)で構成され、両用即応群は空母打撃群から護衛艦・潜水艦・海上哨戒機が抜けた編成だ。

    当時、海外で作戦中の米海軍の原子力空母は計4隻だった。このうち地中海で中東関連の任務を担当する「ハリー・トルーマン」(CVN75)を除いた残り3隻がインド・太平洋で集結したということだ。

    まず横須賀に前進配備された「ロナルド・レーガン」(CVN76)は現在整備中だ。「カール・ビンソン」(CVN70)はインド洋で作戦を終えた後、フィリピン海で確認された。「カール・ビンソン」が率いる空母打撃群から遠くないところにアメリカ遠征打撃群とエセックス両用即応群が布陣している。

    これら空母打撃群と両用即応群の旗艦の「アメリカ」(LHA6、4万5000トン)と「エセックス」(LHD 2、4万1000トン)は他国の軽空母より大きい。

    10日に母港サンディエゴを出港した「エイブラハム・リンカーン」(CVN72)は現在、日本近海を航海中だ。

    このように空母3隻と強襲揚陸艦2隻が同じ時期にインド太平洋地域に現れたのは異例だ。米国の金融分析家ケビン・ベーカー氏はツイッターで「ベトナム戦争以降、この地域での最大の空母集結」とし「日本の海上自衛隊も米海軍と共にいるはず」とコメントした。

    2017年11月の北朝鮮の核・ミサイル危機当時、米空母3隻が韓半島近隣で訓練した。このため北朝鮮に対する警告性のメッセージだという解釈が出ている。北朝鮮は年初から4回のミサイル挑発をし、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は核実験・大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射中止の見直しを示唆した。

    米海軍勢力が2017年当時と異なるのは最新ステルス戦闘機F35を搭載している点だ。「カール・ビンソン」「エイブラハム・リンカーン」はF35C(空母搭載型)を、「アメリカ」「エセックス」はF35B(垂直離着陸型)をそれぞれ搭載している。

    中央日報
    https://s.japanese.joins.com/Jarticle/287012

    【朝鮮半島周辺に集まった米空母…北朝鮮に警告か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/01/10(日) 15:21:17.49 ID:CAP_USER
    ※中央日報の元記事
    F-35B導入急ぐ理由あった…2030年代「韓国型空母」鳥瞰図を初公開
    https://japanese.joins.com/JArticle/274048

    ※画像
    海軍が推進する軽空母のコンピューターグラフィック。英空母「クイーン・エリザベス」のように艦橋が2つある。米国の強襲揚陸艦「アメリカ」のように平らな甲板だ。 [韓国海軍]
    no title


    韓国海軍が計画中の軽空母について、中央日報はその「鳥瞰(ちょうかん)図」を独自に入手したとして、概要を報じた。

    スキージャンプ台がない平らな甲板で垂直離着陸可能な米国製のステルス戦闘機F35-Bを搭載。イタリアの軽空母を参考にしたという。

    2022年に基本設計を始め、26年から建造に着手し、早ければ33年に就役する。

    中央日報によると、海軍は鳥瞰図について「最終確定ではなく、研究と検討をしながら軽空母の艦型を発展させていく」とし、「艦艇設計は基本設計、詳細設計の段階でも修正する可能性がある」と説明した。

    しかし「基本は大きく変わらないはず」というのが複数の政府筋の言葉だ。

    記事は「鳥瞰図を最初に見た瞬間、思い出した艦艇がある。米海軍の強襲揚陸艦『アメリカ(LHA6)』と英海軍の空母『クイーン・エリザベス』だ」と説明した。

    米海軍は4万5000トン級の「アメリカ」に20機のF35-Bと2機のMH-60多目的ヘリコプターを搭載して軽空母の役割を任せる計画だ。

    6万5000トン級の「クイーン・エリザベス」はF35-Bをはじめ、AW159ワイルドキャット多目的・対潜ヘリ、AW101輸送・早期警報ヘリを搭載する。

    海軍は軽空母を構想しながらイタリアの軽空母「カヴール」も参照にした。3万トン級の「カヴール」は米国の改造を経た英国製垂直離着陸戦闘機AV-8BハリアーIIを10機搭載する。

    昨年5月にF35-Bを搭載するための改造作業を終えた。

    韓国の軽空母の規模や搭載航空機数は「カヴール」をやや上回ると見ることができる。

    中央日報は「総合すると、韓国海軍の軽空母は父が『アメリカ』、母は『クイーン・エリザベス』で、『カヴール』はいとこに例えることができる」とも伝えた。

    空母には空中の脅威をあらかじめ知らせる早期警戒機が必要だが、韓国海軍の軽空母には早期警報ヘリがない。

    その代わり駆逐艦を空母打撃群の先鋒に置き、戦闘機を常時飛行させて哨戒作戦に投入するという。これも 「カヴール」をモデルにしたものだ。

    韓国海軍は軽空母を中心とする機動艦隊の姿も公開した。海軍は第7機動戦団を25年に機動艦隊に拡大。領海を越えてアデン湾、東シナ海など遠海で韓国の国益を守る。

    原油と輸出物資が通過する海洋交通路の中心だ。機動艦隊の母港は済州島となる。

    海軍のコンピューターグラフィックスによると、軽空母は世宗大王級イージス駆逐艦、忠武公李舜臣級駆逐艦、島山安昌浩級潜水艦のほか、韓国型次期駆逐艦(KDDX)の護衛を受ける。

    中央日報は「この戦力なら2030年代に太平洋で中国や日本と対等ではないとしても、一方的な劣勢にはならない水準だ」と言及。

    「中国に続いて日本も空母を保有に向かい、北東アジアで軍備競争が激しくなっている。冷厳な国際政治の環境で韓国が生き残るには空母の保有が避けられない側面がある」と強調した。


    2021年1月10日(日) 12時10分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b865685-s0-c10-d0059.html

    【【軍事】韓国軽空母の「鳥瞰図」を独自入手と韓国紙、伊軽空母モデルにステルス戦闘機F35-B搭載 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2022/01/03(月) 19:20:26.83 ID:MSWbjrpM9
    no title


    中日航母首次同框,歼15实弹飞过日航母头顶,这次解放军反客为主


    以下日本語訳
    中国の海軍力は、2016年以降の南シナ海における米中海軍のにらみ合い以降、世界において大きな影響力を持つようになりました。 米国は別として、ドイツ海軍やフランス海軍といったこれまでの海洋国家は、現状では中国に対して何の抑止力も発揮することができない。 ヨーロッパの代表的な国であるドイツとフランスが、中国の力とその台頭を意識するようになったとき。 南シナ海と台湾海峡については、イギリスとリトアニアを除くヨーロッパ諸国は、より「中立的・客観的」であるように見える。

    しかし、東アジアの中では、日本と韓国が米軍の保護を受けて、いまだに中国の主権がどうのこうのと騒いでおり、韓国は少しはマシになって自覚も出てきたが、日本はわずか3年で3人のリーダーが誕生して、中国に対する態度が崩れていない。 そのため、軍事面でも常に警戒態勢を敷いている。

    今月中旬、遼寧艦隊は黄海から東シナ海を経て、宮古海峡から西太平洋に抜ける20日間の演習を開始した。 海対空や潜水艦のサブドメイン訓練から、昼夜の高強度艦上戦闘まで、「実戦」を重視した訓練であり、上記の訓練からわかるように、遼寧艦隊の訓練は激しく、集中したものであった。 遼寧艦隊は、第一列島線を越えて外国の空母をどのように迎撃し、攻撃するかをシミュレートしているのです。 これは中国の海軍にとって大きな進歩であり、この進歩が今後の成功の鍵になる。

    遼寧艦隊は、西太平洋への訓練旅行中、米軍艦、日本の海上自衛隊の航空機、軍艦、航空自衛隊の戦闘機が何度も追随してきた。 「遼寧」が「いずも」と並んでいる様子が公式写真に掲載されており、中国と日本の空母が一緒に写ったのは初めてのことです。

    先に発表された訓練プログラムによると、中国海軍の艦艇が日本の戦闘機に「密着」された場合、大量のJ-15海軍戦闘機が緊急離陸し、周辺を空から監視することになっている。 J-15が飛び立つと、両者の距離は非常に近いので、我がJ-15は日本の軍艦と頻繁に交差することになり、特に実弾が日本の空母の頭上を飛び交ったが、いずもの甲板は空で、反撃の手段はなかった。 今回は、PLA(人民解放軍海軍)が本当に少し逆転してしまったと言わざるを得ません。

    しかし、戦後40年間発展してきた日本が、これからという中国に劣るというのも、非常に不思議な話です。 実際、日本はヘリ空母から軽空母への変更を何度か試みたが、これは日本海軍の攻撃力強化に属するため、アメリカ側から強く反対され、結果として日本のヘリ空母は、長年の開発と豊富な経験を経て、日常的にアップグレードすることができるだけで、本当の意味でブレークスルーを達成することはできないのである。 したがって、今回、中国と日本の空母が同じフレームに入るのは非常に珍しく、おそらく日本側は、現時点での中国と日本の海軍力の差を米国に知らせたい、そのためにわざとポーズをとって、米国に日本海軍の戦力制限を緩和させたのではないかという見方も出てきているのです。 [サンチュ】。]

    www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

    (中国語)
    https://new.qq.com/omn/20220103/20220103A02G0F00.html 


    【【軍事】日本の空母「いずも」が演習中の中国空母「遼寧」の至近を並走 中国との力の差を米国に知らせる狙いか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/12/13(月) 17:12:46.25 ID:CAP_USER
    hyuga
     
    海上自衛隊ホームページより
     
     改修を行っている護衛艦「いずも」は、米F35Bの発着艦テストにも成功し、事実上の空母化を着実に進めている。中国メディアの百家号はこのほど、「日本はなぜヘリ空母を護衛艦と呼ぶのか」と題する記事を掲載した。あくまで「護衛艦」と呼んできたことを非難している。

     記事は、「いずも」について満載排水量2万6000トンでF35Bが発着艦できるのに「護衛艦」との名称を使っているのは、「自分を欺く言葉遊びに過ぎない」と厳しく批判した。

     続けて、艦艇記号「DE」は事実上の護衛駆逐艦、「DD」は汎用駆逐艦、「DDH」は実際のところヘリ空母であり、すべて護衛艦としてはいるものの、実際は護衛艦と呼ぶべきではなく、日本側も「区別はしている」と伝えた。また、艦番号からも違いが分かり、200番台は護衛駆逐艦、100番台は汎用駆逐艦などとなっていると紹介した。

     さらに、護衛艦の名称でも区別していると分析した。フリゲートには「もがみ」や「くまの」など河川の名称が付けられているが、ミサイル駆逐艦は「こんごう」や「あたご」など山の名称から来ており、汎用駆逐艦は風や雨など「気象現象」から命名されていると伝えた。

     そのうえで、「いずも」は「ヘリコプター搭載型護衛艦」としているものの、どこからどう見ても護衛艦や駆逐艦の類ではなく、当初より「ヘリ空母」だったと主張し、それでも「護衛艦」とするのは「自己欺瞞」に過ぎないと批判した。そして今回、F35B戦闘機を発着艦できるようになったということは、正真正銘の軽空母だとし、改修された「いずも」はもう護衛艦という名称を使うべきではないと論じた。(編集担当:村山健二)

    サーチナ 2021-12-13 15:12
    http://news.searchina.net/id/1704170?page=1

    【【中国】自己欺瞞だ! 日本はなぜ「ヘリ空母」を「護衛艦」と呼ぶのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/12/03(金) 18:59:14.64 ID:CAP_USER
    kr250
     
    【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の宿願だった3万トン級の軽空母建造に向けた事業が、来年予定通り推進されることが3日、決まった。

    国防部によると、この日の国会本会議で可決した2022年度(1~12月)国防予算は前年比3.4%増の計54兆6112億ウォン(約5兆2500億円)となった。軽空母の予算は政府案通りの72億ウォンで確定した。

    軽空母は金泳三(キム・ヨンサム)政権(1993~98年)から研究が進められ、国防部は昨年8月に発表した2021~25年の国防中期計画に概念設計と基本設計計画を盛り込んだ。 

    だが、国会国防委員会は先月、間接費5億ウォンのみを残して軽空母の関連予算を大幅に削減した。

    その後、国会本会議で与党「共に民主党」の一部議員を中心に増額を求める声が上がったが、野党の強い反対により最後まで意見の隔たりが埋まらなかったとされる。結局、それまで合意した内容を反映した修正案を共に民主党が単独で本会議に上程したため、自動的に軽空母予算も復活した。国防委が削減した予算が再び増額されるのは異例。

    軍は予算が確定したことで来年予定通り基本設計に着手し、33年の戦力化を目標に事業を推進する計画だ。

    聯合ニュース
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20211203002300882?section=search

    【韓国海軍の軽空母 来年基本設計着手へ=国防予算3.4%増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/12/01(水) 02:08:58.53 ID:CAP_USER
    QEkuubo

    よみがえる日英同盟

    「日英同盟」復活の動きが見えてきた。中国共産党政権が軍事的覇権拡大を進めるなど、わが国と世界が直面する「新しい時代の脅威」に対峙(たいじ)するために、日米同盟を補強・発展する必要があるのだ。英海軍最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が今年、日本に来航した歴史的意味とは。岸田文雄政権は「自由・民主」「人権」「法の支配」といった共通の価値観を守り切る覚悟を示せるのか。著書『日本が感謝された日英同盟』(産経新聞出版)が注目されるジャーナリストの井上和彦氏が、かつての日英同盟を振り返り、日本の進むべき道を考察する。

    2021年9月、英海軍最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が日本に初めて寄港し、周辺海域で海上自衛隊などと数次にわたって共同訓練を実施した。香港の旧宗主国として、中国の世界的脅威に目覚めた、英国の「太平洋シフト」を象徴するかのような空母打撃群の派遣といえる。

    英国は同月、これに合わせるかのように、米国とオーストラリアとの新たな安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」創設を発表した。英国は、日本と米国、オーストラリア、インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」にも参加する意向を示している。

    そんな英国にとって「太平洋の最良のパートナー」は、かつての同盟国・日本なのだろう。

    英国の日本へのラブコールは、2020年秋ごろから加速した。中でも注目すべきは、英国と米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの5カ国で構成された「ファイブ・アイズ」への日本の加盟提案だろう。

    ファイブ・アイズは、英連邦のアングロサクソン諸国と米国の5カ国が、安全保障上の高度な機密情報を共有する枠組みである。

    ところが、ボリス・ジョンソン英首相は20年9月16日、議会で日本参加の意向を表明したのだ。本来ならば、こうしたことは日本の同盟国・米国からの呼びかけが筋だろうが、驚くべきことに英国からの打診だった。さらに、今年10月には、英軍制服組トップのニック・カーター国防参謀長が、AUKUSへの日本参加の可能性に言及している。

    日英関係は、12年の安倍晋三政権誕生以降に急速に深化した。

    15年には日英外務・防衛閣僚会合(2プラス2)が始まり、17年には日英ACSA(物品役務相互提供協定)が結ばれた。16年には、英空軍の戦闘機が来日して日英共同訓練が実施されている。航空自衛隊の次期戦闘機のエンジンや、空対空ミサイルの共同開発にまで発展した日英軍事交流は、もはや「同盟関係に等しい」といっても過言ではなかろう。

    海上自衛隊は、英海軍と情報交換や部隊間協力などに関する連絡調整を行う連絡官を英海軍から迎えている。

    最初の英海軍連絡官の任命式は15年、神奈川県横須賀市に記念艦として保存されている戦艦「三笠」の東郷平八郎提督が使った司令長官室で行われた。同艦は英国製で、日本海海戦を勝利に導いた。このことからも、日英両国がかつての日英同盟を頼りに関係を再構築しようとしていることが伝わってくる。

    ■護衛艦「いずも」が名前を継承「出雲」は日英同盟の象徴

    17年8月31日、当時のテリーザ・メイ首相が来日した際、小野寺五典防衛相は、護衛艦「いずも」に案内して栄誉礼で迎えた。

    同艦の艦名は、第一次世界大戦で、第二特務艦隊の旗艦を務めた英国製の装甲巡洋艦「出雲」を受け継いでいる。まさに「出雲」は、先の戦艦「三笠」と並ぶ「日英同盟の象徴艦」なのである。

    小野寺氏は「いずも」艦上で、「日露戦争はその(=日英同盟)おかげで勝つことができた。第一次世界大戦では(地中海に装甲巡洋艦『出雲』らが派遣され)英国を助け、さまざまな船をエスコートした。ちょうど100年前だ」と語りかけた。

    メイ氏は「両国は長きにわたり協力してきた。私たちが防衛分野のパートナーシップを強めていることは、この訪問で示されている」と語っている。(『産経ニュース』17年8月31日)

    日英両国は、かつての「日英同盟」と「日露戦争」、そして「第一次世界大戦」の連携と協力の記憶を頼りに再び関係を強化しようとしている。

    今後ますます厳しさを増す、わが国の安全保障環境を考えるとき、いまこそかつての日英同盟を再検証し、これからの国際協調と同盟のあり方を模索すべきであろう。

    ■井上和彦(いのうえ・かずひこ )ジャーナリスト。

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/article/20211130-NRSU2B4PNFOCLFBMYL65GBHJ2A/

    【【英空母/クイーン・エリザベス】日本初来航の歴史的意味 英国にとって「太平洋の最良のパートナー」安倍政権以降に急速に深化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [ニダ] 2021/11/10(水) 11:03:06.88 ID:0UaIrPCe9
    cn250

    【ワシントン=大内清】米シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)は9日、衛星画像の分析から、中国が建造を進めている国産としては2隻目の新型空母が早ければ来年2月にも進水するとの報告書を発表した。

    新型空母は、上海江南造船所のドックで建造中。中国が保有する空母としては旧ソ連製の「ワリヤーグ」を改修した「遼寧」と、初の国産である「山東」(2019年12月就役)に続く3隻目となる。

    報告書は、新型空母の建造がここ数週間で大きく進捗(しんちょく)しており、3カ月から半年程度で進水が可能になると分析。エンジンなどの主要な内部構造の組み込みがすでに完了したとみられるほか、艦載機を発進させるためのカタパルトも完成に近づいているという。米国防総省は新型空母が24年までに就役すると予測している。

    従来の2隻は艦首部分に傾斜をつけた甲板から艦載機を発進させるスキージャンプ方式だが、新型では米海軍の新型原子力空母「ジェラルド・R・フォード」級が採用している電磁式カタパルトが装備されるとの見方が強い。カタパルト方式を導入することで、これまでより大量の燃料や兵器を載せた航空機を発進させることができる。

    一方で報告書は、同造船所が軍用艦のほかに民間船も建造しており、うち約3分の2はフランスや日本、台湾、スウェーデン、オランダなどの企業からの発注だと指摘。各国の企業は「(中国の造船業界に)流れ込んでいる資金が直接、間接的に中国海軍の近代化を助けかねないことを考慮した方がよいだろう」と警鐘を鳴らした。

    産経新聞 2021/11/10 08:25
    https://www.sankei.com/article/20211110-FE73HMG6ERL7DKIIMBOOLTW7KU/


    【中国2隻目の国産空母、来年2月にも進水 米シンクタンク分析】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/11/08(月) 17:50:55.54 ID:CAP_USER
    no title

    垂直離着陸型戦闘機が空母から出撃している。[海軍映像 キャプチャー]

    韓国海軍は8日、コンピュータグラフィックス(CG)で作成した軽空母戦闘の映像を初めて公開した。想像だけで描いていた空母の活躍をリアルに感じられる。国防部はこれを契機に軽空母事業の本格推進を知らせる計画だ。

    先月に終わらせた国防部の研究で軽空母導入が必要だという結論が出された。軍は2033年まで2兆6497億ウォン(約2541億円)を投じて韓国国内で軽空母を設計・建造する。国会で政府が編成した空母設計予算72億ウォンを承認すれば来年から本格的な設計に着手する。

    韓国が建造する軽空母は米海軍のワスプ級軽空母と大きさが似ているものと評価される。軽空母導入により編成される空母戦闘団は海上交通路を保護し北朝鮮の戦略標的を打撃する任務を担う見通しだ。

    この日公開された映像には、軽空母を中心に編成された空母戦闘団が登場する。軽空母出港から垂直離着陸型戦闘機の出撃、戦闘機の浸透と標的攻撃など、戦闘全般を短編映画のように描いた。

    空母が出港すると作戦区域の水中で隠密に活動していた潜水艦が姿を表わす。空中ではP8ポセイドン海上哨戒機とE737ピースアイ空中早期警報統制機が周辺の脅威を確認しながら情報を共有する。

    緊張感が高まる中で空母から出撃した戦闘機は敵のレーダー探知を避けながら隠密に浸透した後に標的を破壊する。

    戦闘機は垂直離着陸ができるステルス戦闘機のF-35Bが有力だ。軍当局は現在導入中のF-35A40機とは別にF-35B20機を購入する事業を検討している。

    映像には現在海軍で運用中しているイージス駆逐艦(DDG)、新型軍需支援船(AOE-2)、中型潜水艦(SS-3)をはじめ、導入予定の次期駆逐艦(KDDX)が登場する。また、空軍で運用するE737とF35Bなど空母を構成する合同戦力も全部活躍する。

    海軍は11日から14日まで海軍創設を記念する第3回海軍創設記念週間の行事を鎮海(チンへ)軍港で開催する。

    行事期間中には艦艇新技術説明会と製品展示会をはじめ、第2回海軍参謀総長杯海洋スポーツ大祭典、ネイビークックキング選抜大会も開く。

    9日夜には前夜祭に当たる海軍創設記念護国音楽会がソウルオリンピックホールで一般国民を対象に開かれる。パク・ボゴム兵長の司会で韓米軍楽隊共演、海軍儀仗隊・広報隊の演奏とパフォーマンス、海軍出身招請歌手公演、創作ミュージカル「カンタータ」などを披露する。

    中央日報 2021.11.08 16:31
    https://japanese.joins.com/JArticle/284605

    【【韓国の想像】空母から出撃した戦闘機が隠密浸透して標的を破壊…未来の韓国海軍描いたCG映像初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: oops ★ 2021/11/08(月) 20:13:16.82 ID:7CtOLZoc9
    no title

    中国人民解放軍が、空母など米海軍の軍艦の形をした実物大模型を作成したことが、衛星写真の画像で7日明らかになった。10月10日、衛星写真(2021年 ©2021 Maxar Technologies/Handout via REUTERS)

    [北京 8日 ロイター] - 中国人民解放軍が、空母など米海軍の軍艦の形をした実物大模型を作成したことが、衛星写真の画像で7日明らかになった。ミサイル訓練用の標的として作成された可能性がある。

    台湾問題や南シナ海問題を巡って米国との緊張が高まる中、対空母能力を高めることが狙いとみられている。

    Maxar社の衛星写真によると、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠に、米海軍の空母や少なくとも2隻のアーレイ・バーク級誘導ミサイル駆逐艦の形をした実物大模型が作成されている。

    船舶の形をした1つの標的の下には6メートル幅のレールが敷かれており、専門家は動く艦船のシミュレーションに利用するためではないかと指摘している。

    米海軍協会によると、この地域では過去に弾道ミサイルの実験が行われている。

    中国の対艦ミサイル計画は、人民解放軍ロケット軍が監督。米国防総省の最新の年次報告書によると、ロケット軍は2020年7月に南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島北方の海域に向けて対艦弾道ミサイル「DF─21」6発を実射したことが初めて確認されている。

    中国国防省のコメントは取れていない。

    S・ラジャラトナム国際研究スクール(シンガポール)のリサーチフェロー、コリン・コー氏は「米軍や情報機関の詮索の目を逃れて実験する最良の方法は内陸部でやることだ」と説明。海域での実験ではミサイルが目標周辺のその他船舶に命中することを懸念する周辺国の反対に直面する可能性もあると指摘した。

    ただ、砂漠での対艦弾道ミサイル実験は海上での実際の環境条件が反映されないと指摘。「砂漠の標的が最終段階になるとは思えない。さらなる改良のためにある」と述べた。

    2021年11月8日 4:24午後 4時間前更新 ロイター
    https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2HT0LQ

    【【中国】人民解放軍が米空母の実物大模型を作成、ミサイル訓練用の標的か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/10/02(土) 05:02:55.43 ID:CAP_USER
    kr250
    ※有料会員記事

    韓国は文在寅(ムン・ジェイン)政権で軍備拡大を続けてきた。9月中旬に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を成功させ、国防中期計画に軽空母の建造と潜水艦の増強計画を盛り込み、原子力潜水艦の保有も示唆している。文大統領は「誰にも揺るがすことのできない国家」を提唱してきた。この方針は次期政権にも引き継がれる可能性が高いが、専門家の間には「何のための軽空母か」と軍拡の目的がはっきりしないとの指摘もある。韓国の国防費は今後の数年間で日本の防衛費を追い抜くことが確実視されている。

    進歩政権で軍備拡大

    韓国の2022年の国防予算案は55兆2277億ウォン(約5兆2152億円)で日本の22年度防衛予算の概算要求額5兆4797億円に迫った。文政権5年間で国防費は37%増と急伸した。国防中期計画(22~26年)によると、今後5年間の国防費は計315兆2000億ウォン(約29兆7600億円、年平均増加率5・8%)で、日本の防衛費を上回るのは時間の問題である。

    (略)

    産経新聞 2021/10/2 01:00
    https://www.sankei.com/article/20211002-RNAYOS5RARP2NDYUARC7UK3IYA/

    【【急拡大する韓国の軍備】ミサイル、軽空母に原潜まで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2021/09/06(月) 11:06:44.45 ID:CAP_USER
    中国牽制のためのインド太平洋構想に対する韓日間の異なる態度を反映 
    7日まで東シナ海から関東南方海上で多国籍訓練を実施予定

    no title

    ジュリア・ロングボトム駐日英国大使が神奈川県横須賀港で接岸する空母「クイーン・エリザベス」を迎えている=ロングボトム大使のツイッターよりキャプチャー//ハンギョレ新聞社

     英海軍の最新鋭航空母艦「クイーン・エリザベス」が4日、横須賀港に入港した。先月末に予定されていた釜山(プサン)への入港を取り消した直後に行われたことから、関心が集まっている。

     NHKは5日、「英国空母クイーン・エリザベスが米第7艦隊の母港横須賀港に入港した。今後自衛隊と合同演習を実施する予定」だと報じた。当初、クイーン・エリザベスは先月末に釜山に入港する予定だったが、この計画は「厳しくなった新型コロナ感染拡大状況」(韓国国防部)のため、実現しなかった。このため、韓英海軍は先月31日、東海南部海上で人道主義支援と災害救助中心の訓練など、縮小した交流活動だけを実施した。 韓国と同じくコロナ禍に見舞われている日本は、韓国国防部の決定からわずか4日後、英国空母の入港を受け入れたのだ。

     スティーブ・モアハウス空母打撃軍司令官は横須賀到着直後、ツイッターに「この地域で最も密接な安全保障上のパートナーである日本と演習及び交流を行うため、英国空母打撃軍が日本に到着した。英日関係はこの地域の安全と安定に対する英国の関与において非常に重要だ」という書き込みを残した。彼はツイッターに掲載した1分36秒の動画で、「日本をはじめ、志を共にする国々とともに、英国は民主主義の価値を維持し、共通の脅威に対応する」という覚悟を明らかにした。ジュリア・ロングボトム駐日英国大使も、空母が港に接岸した直後に「空母クイーン・エリザベスが日本に到着した。横須賀に接岸する船を迎えることができて非常に光栄だ」というメッセージをツイッターに残した。 .

     インド太平洋地域の主要国であり、米国の核心同盟国である韓国と日本がクイーン・エリザベスの入港に示した異なる態度は、欧州主要国に参加範囲が拡大している「インド太平洋構想」に対する両国の「戦略的判断」の相違を反映しているといえる。英国など欧州主要国と力を合わせ、事実上「中国牽制」が目的のインド太平洋構想を深めようとする日本と異なり、韓国は米国と中国の間で「微妙なバランス」の維持に努めている。

     日本に到着したクイーン・エリザベスは同時期に入港した米国、オランダの艦船と共に、7日まで「パシフィッククラウン21-3」という名の多国籍共同訓練を行う。日本の海上幕僚監部は2日、この訓練の実施を知らせる報道資料で、「海上自衛隊は『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けた連帯を強化すべく、次の通り英海軍、米海軍、オランダ海軍及びカナダ海軍と共同訓練を実施する」と明らかにした。訓練が行われる地域は、中国と日本の間の領土紛争が続いている東シナ海から関東南方につながる広い海域だ。今回の訓練では、クイーン・エリザベスの艦載機として、垂直離着陸能力を保有しているF35-Bも参加する。

    キル・ユンヒョン記者

    韓国語原文入力:2021-09-0516:01訳H.J

    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/41026.html

    【【韓国が断ったでしょ】 英海軍の空母「クイーン・エリザベス」、釜山寄らず横須賀に入港】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あしだまな ★ 2021/09/04(土) 19:14:50.22 ID:0uSV1IwV9
    イギリス海軍の最新空母「クイーン・エリザベス」が2021年9月4日(土)、
    神奈川県横須賀市にあるアメリカ海軍横須賀基地に寄港しました。

    空母「クイーン・エリザベス」の排水量は約6万5000トンあり、イギリス史上最大の軍艦です。
    母港はイングランド南部にあるポーツマス海軍基地で、5月27日に同地を出発、
    アメリカ海軍のイージス駆逐艦やオランダ海軍のフリゲートなど複数の軍艦と空母打撃群(CSG21)を編成し、長駆航海してきました。

    「クイーン・エリザベス」にはF-35B「ライトニングII」戦闘機が18機搭載されており、
    空母打撃群(CSG21)全体では水上艦9隻、潜水艦1隻、ヘリコプターを含む各種航空機32機、要員3700名の陣容となっています。
    なおイギリス軍所属のF-35B戦闘機が来日するのは初めてのことです。

    防衛省の説明によると、「クイーン・エリザベス」は9日(木)まで横須賀港に留まる予定だそう。
    また新型コロナウイルス感染防止の観点から、「クイーン・エリザベス」の乗員は下船しないとしています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/459cfba58ae1401885b94a795d37df4e7568e09b

    写真
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    1が立った時間2021/09/04(土) 17:11:04.01
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630743064/

    【【軍事】遂に来た!英国の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」初来日】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/08/25(水) 12:27:32.59 ID:CAP_USER
    海自の護衛艦に陸自の戦闘ヘリコプターも。

    太平洋上で各国の大型艦が共同演習
     イギリス空母打撃群「CSG21」は2021年8月24日(火)、海上自衛隊の護衛艦およびアメリカ海軍の揚陸艦などと共同訓練を行ったことを明らかにしました。

     この訓練は「ノーブル・ユニオン」と名付けられたもので、各艦の相互運用性の構築と、イギリス空母「クイーン・エリザベス」の運用の柔軟性に関するデモンストレーションの実施が含まれているといいます。

    no title

    イギリス空母「クイーン・エリザベス」(手前)と並走する海上自衛隊の護衛艦「いせ」(画像:イギリス海軍)。

     CSG21は、空母「クイーン・エリザベス」を中心とした艦隊で、アメリカ海軍のイージス駆逐艦1隻、オランダ海軍のフリゲート1隻を含む8隻の水上艦が随伴しています。

     今回の訓練には、CSG21を構成する艦のほかに、海上自衛隊からヘリコプター搭載護衛艦「いせ」、汎用護衛艦「あさひ」、アメリカ海軍から強襲揚陸艦「アメリカ」、ドック型輸送揚陸艦「ニューオーリンズ」が参加しています。イギリス海軍が発表した写真のなかには、全通甲板型の形状を有する「いせ」「クイーン・エリザベス」「アメリカ」の3隻が並走するシーンも含まれていました。

     なお、護衛艦「いせ」の甲板の上には、CH-47JA「チヌーク」輸送ヘリコプターやAH-64D「アパッチ」戦闘ヘリコプターなども確認できることから、陸上自衛隊の部隊も訓練に参加しているようです。
    【了】

    https://trafficnews.jp/post/110121

    【海自ヘリ空母「いせ」 英空母「クイーン・エリザベス」らと4か国共同訓練を実施】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/23(月) 17:21:25.50 ID:CAP_USER
    kkuuboyosou

     最近、空母の建造を決定した韓国に対して、中国は強い危機感を抱いているようだ。中国メディアの快資訊は17日、「中国の海軍は気を引き締めないといけない」とする記事を掲載した。中国の空母・遼寧を超えるかもしれないと伝えている。

     記事は、今回の韓国の空母建造の目的について分析した。北朝鮮の脅威という点から言えば、空母建造はまったく必要ないと指摘した。また、韓国は日本と竹島(韓国名:独島)の領有権を巡って対立しているが、韓国本土から比較的近い独島を守るためだけならば、やはり空母など必要はないはずだと分析した。

     では、なぜ韓国は空母を建造するのだろうか。主な目的は「空母を保有する日本に対抗するため」だと記事は分析した。韓国にとって日本は負けることのできない相手であり、日本の海上自衛隊がいずも型護衛艦を空母に改修することを受け、「日本が保有するなら韓国も保有すべき」との理屈になると説明している。

     しかし記事は、韓国による空母建造は中国にとって脅威になると指摘した。日韓両国の空母計画が達成されると、中国の周囲には複数の空母が配備されるだけでなく、その艦載機としてF35も大量に配備されることになると強調。しかも空母打撃群も編成されるので中国にとっては「非常に面倒なことになる」と指摘した。

     記事は、中国は海軍の軍備拡張を更に進め、いかにして日韓の空母及び空母打撃群に対抗するかを考える必要があるだろうと強調した。中国はすでに2隻の空母を保有し、3隻目も年内には進水すると言われているが、それでも日韓に対して強い警戒心を抱いているようだ。(編集担当:村山健二)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1701636?page=1

    【【中国報道】韓国の空母建造の主な目的は「空母を保有する日本に対抗するため」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2021/08/19(木) 21:59:53.99 ID:CAP_USER
    no title
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日に出した論評で、日本が海上自衛隊の護衛艦「いずも」を改修して「空母化」し、同艦で戦闘機による発着訓練を計画していることについて、空母を保有しようとするのは、防衛の名のもとに周辺国を攻撃するための準備であり、危険な軍事大国化への動きと批判した。

    また日本が地域と世界の安全、人類文明を破壊する侵略国家への変身を試みているとし、日本の主な攻撃対象は北朝鮮をはじめとする周辺国と主張した。

    日本メディアは先月27日、日本政府が空母化に向け改修が進められているいずもで米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F35B」による発着訓練を年内に実施する方向で検討に入ったと報じた。

    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210819004500882



    【【北朝鮮】海上自衛隊の護衛艦「いずも」の空母化を批判 「周辺国を攻撃するための準備であり、危険な軍事大国化への動き」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル