かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:空爆

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2019/05/13(月) 17:16:20.21 ID:D73mQ1HW9
    イドリブ
     
    シリア北西部、政権とロシアが空爆強化 120人死亡18万人が避難

    【AFP=時事】シリア北西部の反体制派最後の拠点イドリブ(Idlib)県に対し、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権と同盟国ロシアが空爆を強めている。
     在英NGOのシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)によると空爆で民間人およそ120人が死亡し、また国連(UN)によると4月29日から今月9日までに18万人が避難を余儀なくされた。

     アサド政権とロシアはここ数週間、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)傘下の組織を前身とする反体制派連合「タハリール・アルシャーム機構(HTS)」が掌握するイドリブ県の支配地に対する空爆を強化。
     ここ数日でいくつかの町をHTSから奪還している。

     一方、HTSのアブムハンマド・ジャウラニ(Abu Mohammad al-Jolani)最高指導者の動画が12日に公開され、ジャウラニ氏は空爆によって女性や子どもが犠牲になっていると主張。
     「武器を取れる者は全員に戦地へ向かうよう要請する」と呼び掛け、支持者らに徹底抗戦を訴えている。

    AFPBB News 2019年5月13日 16時47分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16452132/

    【【シリア】アサド政権とロシアが空爆強化、120人死亡18万人が避難 反体制派最後の拠点イドリブ県  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/08/27(月) 23:16:06.80 ID:CAP_USER9
    no title
     
    (CNN) アフガニスタンで活動する過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の分派組織「ISIS―K」の指導者らが、米軍主導の空爆で死亡したことが27日までに分かった。 

    東部ナンガルハル州の当局者が発表したところによると、アフガン軍と米軍主導の有志連合がアフガン治安当局からの情報に基づき、同州で25日夜に空爆を実施。ISIS―K指導者のアブ・サイド・オラクザイ(別名サド・アルハビ)容疑者と戦闘員10人を殺害した。

    ガニ・アフガン大統領の報道官も、アフガンのISIS指導者が空爆で殺害されたとする声明を出した。

    アフガン駐留米軍の報道官はこの声明を挙げて、25日の攻撃を確認。「米軍は今後も、ISIS―Kやアルカイダなど地域、国際規模のテロ組織への容赦ない対テロ作戦を続ける」と強調した。

    CNNは昨年11月、イラクやシリアでISISの勢力が衰えたことを受け、米軍がその余力でアフガンでの空爆を強化していると伝えていた。

    米軍は今年3月、米国とアフガンの特殊部隊がISIS―Kに夜間急襲作戦を仕掛け、司令官ら2人を殺害した映像を公開した。

    国連は最近の報告書で、ISISが欧州からの外国人戦闘員を含む主要メンバーを移動させ、アフガニスタンへ送り込んでいると改めて指摘した。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/world/35124607.html

    【【国際】アフガンのISIS指導者、米軍主導の空爆で死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/12(日) 21:04:14.78 ID:CAP_USER9
     アレッポ

    シリア北部で激しい空爆、子ども28人含む53人死亡
    2018年8月12日 9:51 
    発信地:ベイルート/レバノン [ レバノン シリア 中東・北アフリカ ]

    【8月12日 AFP】在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は11日、シリア北部の反体制派掌握地域に対して行われた10日の激しい空爆で、子ども28人を含む少なくとも53人の民間人が死亡したと発表した。

     シリア人権監視団によると空爆とたる爆弾の標的となったのは反体制派掌握地域の要衝イドリブ(Idlib)県と、同県と隣接するアレッポ(Aleppo)県の町ウレム・アルカブラ(Orum al-Kubra)。ウレム・アルカブラでは子ども25人を含む41人、イドリブ県では子ども3人を含む12人が死亡したという。

     同監視団はアレッポ県への空爆がシリア政権軍かロシア軍によるものかは不明としたものの、イドリブ県への空爆は両軍の連合軍によるものと指摘した。


     同監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表によると、10日の空爆はイドリブ県が昨年「緊張緩和地帯(安全地帯)」に指定されて以降最も激しいもので、2018年に入ってから最多の犠牲者が出たという。

     イドリブ県には同国最大の反体制派掌握地域があり、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領は首都ダマスカス近郊と南部の反体制派支配地域を奪還後、同県を次の奪還目標に挙げている。

     反体制派はここ数か月間で掌握地域の大部分を政権軍に奪われており、奪還された地域には「緊張緩和地帯」の指定地域3か所も含まれている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3185806?act=all 
    【【イエメンに続き】シリア北部で激しい空爆、子ども28人含む53人死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/29(金) 22:58:27.77 ID:CAP_USER9
    b68294a7


    ロシア軍、シリア南部に空爆 民間人25人死亡
    2018年6月29日 12:17 
    発信地:ベイルート/レバノン [ シリア 中東・北アフリカ ロシア ロシア・CIS ]

    【6月29日 AFP】ロシア軍は28日、シリア南部の反体制派地域に空爆を実施し、少なくとも民間人25人が死亡した。ロシアが支援しているシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権軍は同地域に対し、1週間以上にわたってロケット弾やたる爆弾を使った攻撃を続けている。

     英国に拠点を置くNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、使用された航空機や弾薬類、飛行パターンからロシアによるものと特定された数十回の空爆によって民間人25人が死亡したと明らかにした。ロシアが攻撃を行ったのか別の情報源では確認されていない。ロシア政府も民間人を標的にしたとは認めていない。

     同NGOのラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は「6月19日に攻撃が激化して以来、最大の犠牲者数だ」と述べた。犠牲者のうち17人は地下に避難していた人々で、子ども5人が含まれるという。その他の5人は、南部ダルアー(Daraa)県の別の反体制派地域で死亡した。

     シリア人権監視団によると、6月19日以降に犠牲となった民間人は96人に達している。また、都市部への攻撃が増加しているという。ダルアー出身のアナリスト、アフマド・アバザイド(Ahmad Abazeid)氏は「攻撃はあらゆる人を殺害し、人々を一斉に追い出すことが狙いだ」と指摘。「政権とロシアは住民や避難民が数多く暮らす地域に攻撃の焦点を合わせ、多数の犠牲者を生み、それらの地域を降伏や調停に応じるよう追い込んでいる」と述べた。

     国連(UN)はシリア南部で75万人以上が危険にさらされているとしている。すでに5万人以上が避難し、その大半が封鎖されているヨルダンとの国境に向かっている。27日には国連安全保障理事会(UN Security Council)で英国、フランス、米国がシリア南部の戦闘で果たしている役割についてロシアを非難した。  

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3180474?cx_part=latest 
    【【シリア】ロシア軍、シリア南部に空爆 民間人25人死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/06/24(日) 13:01:25.97 ID:CAP_USER9
    ダリアー

     シリア人権監視団(英国)は23日、シリアのアサド政権軍を支援するロシア軍が南西部ダルアー県の反体制派地域に、多数の空爆を実施したと主張した。空爆は、同県などが停戦地域とされた昨年7月以降初めてとしている。

     ダルアー県を含むシリア南西部は、隣国ヨルダンやイスラエルの占領地ゴラン高原に近接し、ロシアと米国、ヨルダン間の交渉を経て停戦地域に設定されていた。

     米国務省のナウアート報道官は21日の声明で、アサド政権軍が停戦地域で激しい攻撃を実施し停戦合意違反があったとして、政権軍が違反を繰り返さないようロシアに求めていた。(共同)
     
    2018.6.24 12:49 
    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/world/news/180624/wor1806240016-s1.html 

    【【シリア情勢】ロシア軍、停戦地域で空爆か シリア南西部ダルアー県 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ごまカンパチ ★ 2018/06/09(土) 11:36:50.58 ID:CAP_USER9
     イドリブ
    シリア北西部イドリブ(Idlib)県の反体制派支配地域ザーダナ(Zardana)地区で7日夜、ロシア軍機とみられるジェット機が住宅地を空爆し、子ども9人を含む民間人51人が死亡した。英国に拠点を置くNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が8日、明らかにした。

     シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表によると、空爆で破壊された家のがれきの下から新たに遺体が見つかっていることから死者数は増加しているという。負傷者も数十人に上っている。

    ロシア国営タス通信(TASS)によると、ロシア国防省は「事実無根」として同NGOの発表を否定した。

     ザーダナ地区は、反体制派のイスラム過激派に大半を支配されているが、イスラム過激派組織アルカイダ(Al-Qaeda)のシリア支部を前身とする反体制派連合「タハリール・シャーム(Tahrir al-Sham)」にも一部支配されている。

     AFP特派員によると、現場ではボランティアらが重機を使用してがれきの中で捜索救助活動を続けている。空爆を受けて複数の建物が崩壊した現場では、民間人と思われる男性5、6人が黒い袋に入った遺体を運ぶ姿も見られた。

     イドリブ県の大半を支配しているのは、イスラム過激派のグループで、ロシアの支援を受けた政権側が掌握している地域はわずかしかない。
     
    ヤフーニュース(AFP) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000015-jij_afp-int 

    【【国際】ロシア軍、シリア反体制派地域を空爆か 子ども含む民間人50人以上死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/10(木) 21:59:36.09 ID:CAP_USER9
    E99A5FB0-5A84-467E-9DC0-F584FC61F033

    5月10日 21時26分
    イスラエルが、隣国シリアに展開するイランの精鋭部隊からとされるロケット弾攻撃に対し報復の空爆を行い、シリアで23人が死亡しました。アメリカの核合意離脱の表明をきっかけに、イスラエルとイランの間で緊張が高まる中、衝突の拡大が懸念されます。

    イスラエルの占領地ゴラン高原に10日未明、隣国シリアに展開するイランの精鋭部隊「革命防衛隊」が、およそ20発のロケット弾を撃ち込んだとして、イスラエル軍はシリアで報復の空爆を行いました。

    シリア内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと、イスラエルの空爆は、首都ダマスカスの周辺をはじめ、南部のクネイトラ県や、中部のホムス県など広い範囲に及んだということです。

    また標的となったのは、イスラエルと敵対するイランやイスラム教シーア派組織ヒズボラ、それにイランが支援するアサド政権の軍事施設で、少なくとも23人が死亡したということです。

    イスラエルは隣国のシリアで、イランが軍事的な存在感を増していることを警戒し、これまでもたびたび、シリア国内にあるイランの軍事施設を攻撃してきましたが、イランによると見られる攻撃があったのは、アメリカがイラン核合意からの離脱を表明して以降、初めてです。離脱の表明をきっかけにイスラエルとイランの間で緊張が高まる中、シリアを舞台に両国の衝突が拡大することが懸念されます。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180510/k10011434251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006 

    【【イスラエルが報復空爆】シリアで23人死亡 米イラン核合意離脱後にイスラエル/イラン/シリアで衝突が拡大中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/04/09(月) 11:18:15.88 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】国営シリア・アラブ通信(SANA)は9日、シリア中部の軍事空港にミサイルが数発撃ち込まれたと報じた。複数の死傷者が出ているという。

    ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は8日、シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派の拠点、東グータ(Eastern Ghouta)で化学兵器によるとみられる攻撃で数十人が死亡したことを受け、シリア政府と同盟国に対し「大きな代償を払う」ことになると警告していた。

     SANAによるとミサイルが撃ち込まれたのはタイフル(Tayfur)の空港。

    AFPBB 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000013-jij_afp-int

    【【米は否定】シリアの軍事空港に米軍がミサイル数発ぶちこむ 複数の死者 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/07(土) 08:35:11.01 ID:CAP_USER9
    東グータ

    2018年4月7日 7:17 発信地:ロシア
    【4月7日 時事通信社】在英のシリア人権監視団によると、シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区で6日、アサド政権と後ろ盾ロシアによる空爆が再開され、子供8人を含む40人が死亡した。東グータで唯一抵抗を続ける反体制派「イスラム軍」は撤退に合意したが、一部の強硬な勢力が反発。撤退をめぐる交渉が決裂し、既に東グータの95%超を制圧した政権側が完全掌握に向けて攻撃を強化したとみられる。

     政権軍が2月中旬以降に猛攻を加えた東グータでは、支配していた反体制派が次々と撤退に応じたため、攻撃が沈静化していた。空爆は10日ぶりという。最後の反体制派の撤退が円滑に進まなければ、今後も民間人の犠牲者増加が懸念される。

     ロシア軍とみられる戦闘機は6日、地区最大の町ドゥーマへ激しい空爆を加えた。ドゥーマでは、2日に撤退を開始した「イスラム軍」の一部がシリア北部への戦闘員移送や武器引き渡しに難色を示しているとされる。人権監視団のアブドルラフマン代表は、今回の空爆は「撤退交渉を終わらせるための圧力の一環だ」との見方を示した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3170337?act=all 


    【【シリア】東グータ再び空爆、40人死亡=反体制派と交渉決裂か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 【東電 89.5 %】 (帝国中央都市) [US] 2018/03/21(水) 15:36:05.70 ID:9H+aoljO0 BE:416336462-PLT(12000)

    【3月21日 AFP】2007年に原子炉とみられるシリアの施設に対して行われた攻撃について、イスラエルは21日、軍が空爆したと初めて認めた。
    国連機関は原子炉が北朝鮮の支援を受けて建設されていたと示唆していた。
    空爆について、これまでもイスラエルが行ったとみられていた。一方、シリア側は原子炉建設を一貫して否定している。
    イスラエルは声明で「2007年9月5~6日の夜間、イスラエル空軍の戦闘機が建設中のシリアの原子炉を空爆し、破壊することに成功した」と明らかにし、
    「原子炉は完成間近だった。空爆作戦によりイスラエルと地域全体に対する新たな脅威の除去に成功した」と強調した。
    イスラエルは隣のシリアで対立するイランの存在感が高まっていることに警戒感を強めており、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相は繰り返しイランとの核合意の破棄や修正を主張している。
    また今月ネタニヤフ氏と会談したドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は、5月12日までに核合意の修正がなければ合意を破棄すると述べている。
    国際原子力機関(IAEA)は2011年の報告書で、空爆されたシリアの施設は原子炉であった可能性が「非常に高い」と指摘し、北朝鮮からの支援があったと示唆していた。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3168219

    【【2007年の話】イスラエル、北朝鮮から支援されたシリアの原子炉空爆を認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/03(土) 06:14:33.12 ID:CAP_USER9
     tr250

    3月3日 5時04分
    トルコがシリア北部で続けるクルド人勢力に対する軍事作戦で、クルド人勢力の支援に入ったアサド政権側の民兵14人がトルコ軍による空爆で死亡したと人権団体が伝え、トルコ軍とアサド政権側の衝突が一段と激しくなることが懸念されます。

    トルコとの国境に近いシリア北部のアフリンでは、トルコ軍がクルド人勢力の掃討に向けて越境作戦を続けているのに対し、アサド政権はこれを主権の侵害だとして民兵部隊を送り、クルド人勢力を支援しています。

    内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと、シリア北部では1日、トルコ軍の空爆で政権側の民兵少なくとも14人が死亡したということです。

    アサド政権は、トルコと正規軍どうしの本格的な戦闘を避けるため、民兵部隊を派遣したと見られますが、これまでで最も多い死者が出たことで双方の衝突が一段と激しくなるおそれが出ています。

    シリア人権監視団によりますと、トルコが1月に越境作戦を始めてからこれまでに、子ども27人を含む市民143人が死亡したということで、さらに多くの市民が戦闘の巻き添えになることが懸念されます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180303/k10011350201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 

    【【シリア】トルコ軍空爆でアサド政権側の民兵14人死亡 衝突激化の懸念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/26(月) 03:17:48.73 ID:CAP_USER9
    東グータ

    2018年2月25日 17:29 発信地:ベイルート/レバノン
    【2月25日 AFP】シリア政府軍は25日、前日に国連安全保障理事会(UN Security Council)が「遅滞なく」として停戦を要求する決議案を採択したにもかかかわらず、首都ダマスカス近郊の反体制派支配地区、東グータ(Eastern Ghouta)で新たな空爆を実施した。

     在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、25日午前の空爆は、東グータの中心街ドゥマ(Douma)の郊外2か所を含む複数か所に対して実施された。

     政府軍は18日から東グータに対する空爆と砲撃を継続しており、シリア人権監視団によると、死者数はこれまでに少なくとも519人に上っている。

     国連安保理は24日、シリア内戦をめぐり、人道支援物資の配布と負傷者らの避難を目的に、30日間の停戦を要求する決議案をロシアを含む全会一致で採択した。

     決議案は停戦開始時期を明確にしていないが、採択にあたっては、ロシアの同意を得るため、採択後72時間以内に停戦を開始するとした箇所が「遅滞なく」に変更された。また人道支援物資の配布と負傷者らの避難に関し、「即時に」という文言も削除された。

    AFP 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3164040?cx_position=18
    【【シリア】政府軍、東グータに新たに空爆 国連の停戦決議後 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/25(日) 06:24:19.68 ID:CAP_USER9
     


    2月25日 5時19分
    内戦が続くシリアの首都近郊の東グータ地区では、24日もアサド政権側の激しい攻撃が続き市民の犠牲者が500人を超える事態になっています。

    シリアのアサド政権は、ロシア軍の支援を受けて首都ダマスカス近郊にある反政府勢力の拠点、東グータ地区に対し今月18日から空爆や砲撃を強化していて、巻き添えになる市民が増え続けています。

    イギリスを拠点に内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと東グータ地区では24日も、政権側の空爆で市民35人が死亡し、この1週間で、市民の犠牲者は子ども127人を含む513人に増えたということです。

    けが人も2400人余りにのぼり、病院が破壊され医薬品も不足するなど厳しい状況に陥っています。

    アサド政権は首都の脅威となる東グータ地区を奪還するため地上部隊を攻め込ませる準備を進めているとみられ、このまま攻撃が止まらなければさらに多くの市民が犠牲になると懸念されています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180225/k10011342341000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 

    【【シリア】 東グータ地区 空爆などの犠牲者500人超に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/23(金) 22:20:42.85 ID:CAP_USER9

    2018.02.23 Fri posted at 14:25 JST
    (CNN) 内戦が続くシリアで、反体制派の支配地域として政府軍の猛攻にさらされている首都ダマスカス近郊の東グータ地区。同地区に住む15歳の少年が、現地の惨状を自らの声で報告する動画をソーシャルメディアに公開している。シリアで現在起きていることを記録し、世界に伝えるのが目的だ。

    政府軍に包囲された東グータ地区での犠牲者数は、7年に及ぶシリア内戦の中でも最悪の水準に達している。シリア人権監視団は20日、過去48時間の砲撃と空爆で子ども58人を含む250人以上が死亡したと明らかにした。

    こうしたなか、同地区に住む15歳のムハンマド・ナジェム君は、爆撃を受けた街の動画を自撮りの映像も交えながらツイッターとユーチューブに公開。「アサド政権と(それを支援する)ロシアによる爆撃のために、グータの子どもたちは毎日死んでいる」と語った。


    別の動画では、遠くで爆発音が響くなか建物の屋上に立ったナジェム君が「あなたたちの沈黙によって私たちは殺される」と訴えた。

    これらの動画が本物かどうか、CNNは独自に確認できていない。

    昨年12月には周囲ががれきの山と化した医療施設を訪れ、医薬品が不足している現状をリポート。最近ではツイッターで、いつものように路上で遊んでいた友人たちの1人を直後の空爆によって亡くしたことを明かした。ナジェム君自身は地下へ逃げ込んで無事だった。

    当該の空爆は2月8日に実施され、支援団体によると東グータ地区ではこの日だけで80人が死亡したという。

    ナジェム君はCNNの取材に対し「人々はシリアで起きていることすべてを知るべきだ」と強調。「勉強を続けたい。大きくなったら記者になりたい」と語った。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35115109.html 
    【【シリア】東グータの15歳少年、自撮り動画で空爆の惨状を報道 YouTube 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/21(水) 17:19:44.54 ID:CAP_USER9

    2018/02/21
    シリア政権軍による空爆が連日続く首都ダマスカスに近い東グータについて、国連シリア人道調整官のパノス・ムムツィス氏は20日、「想像を絶する」状況だと述べた。

    ムムツィス氏はBBCに対し、少なくとも250人が死亡したとされる空爆が「極限の苦難」をもたらしていると語った。
    シリア軍は、テロリストたちから東グータを解放しようとしていると述べた。

    シリア政府は一方で、トルコ軍と対峙するため北部に軍を派遣した。シリアと国境を接するトルコは、クルド人勢力を攻撃するため国境を越え、シリア北部のアフリンに侵攻している。
    トルコは進軍する隊列の近くを砲撃し、親政権勢力の戦闘員らを退却させたと述べている。

    東グータでの動き

    ロシアが後押しする政権軍は18日夜に、反体制派にとって最後の主要拠点となっている東グータへ攻撃を激化させた。
    住民のひとり、フィラス・アブドゥラさんはBBCに対し、「家々の窓から女性や子供の叫ぶ声や泣き声が聞こえてくる。ミサイルや砲弾が雨のように降ってくる。この悪夢から隠れられる場所はどこにもないし、終わってもいない」と語った。

    活動家らによると、死者には50人以上の子供が含まれる。負傷者は約1200人に上った。
    国連は、人道支援物資を届け、負傷者を避難させるため停戦を呼びかけている。
    東グータでは、イスラム主義組織「ジャイシュ・アル・イスラム」が最有力勢力だが、シリア国内でアルカイダとつながりがあった組織が率いるイスラム聖戦主義同盟「ハヤト・タハリール・アルシャム」も地域内で活動している。

    包囲下の状況悪化

    東グータは、シリアの主要な同盟国のロシア、イランに加えてトルコが「緊張緩和地帯」に指定しているが、暴力の状況は、2013年の化学兵器攻撃以降で最悪だと活動家たちは話す。
    東グータの少なくとも10の町や村が、20日に再び空爆を受けたという。

    地元の医師は東グータの医療施設を支援する英慈善団体「シリア医療救援組織連合(UOSSM)」に対し、「ここの人たちには逃げ場所がない」と語った。「生き延びようとしているが、包囲による飢餓でかなり弱っている」。
    国連の報道官は、19日と20日に少なくとも6つの病院が攻撃を受けたと指摘した。
    ムムツィス氏は、このような攻撃が戦争犯罪に相等する可能性があると述べた。
    シリア政権は昨年11月末以来、人道支援の車列が東グータに入るのを1度許しただけで、食糧難は深刻な状況になっている。
    パン1束の価格は、全国平均の22倍近くまで上昇しており、5歳未満の子供の12%が重度の栄養不足に陥っているとされる。

    このほかのシリアでの動き

    シリア政権軍は20日に、トルコとの国境のすぐ南側のクルド人勢力拠点、アフリンに入った。

    トルコは同地域で半ば自治状態にあるクルド人勢力を排除しようとしているが、クルド人勢力はシリア政権軍に援助を要請した。

    トルコによる侵攻をシリアは、同国の主権への「あからさまな攻撃」だと強く非難したが、トルコは譲らない姿勢を強調している。

    ロシア軍の空爆やイランが後押しする民兵組織によって支援されているシリア政権軍は、北西部のイドリブ県でも攻撃を実施している。
    国連は、昨年12月以来の戦闘によって、同県で30万人以上が住まいを失ったと指摘した。

    一方、ロシア外務省は20日、最近のシリアでの戦闘で、ロシアおよび旧ソ連の出身者数十人が死亡あるいは負傷したと認めた。

    ロシア外務省は詳細を明らかにしていないものの、最近の戦闘とは、米軍が東部デリゾール県で今月7日に、米軍と協力するクルド人勢力率いる民兵組織への攻撃に反撃した際のことを指しているとみられる。米軍は、戦闘で親シリア政権の戦闘員推計100人を殺害したと明らかにしている。

    (英語記事 Syria war: Eastern Ghouta bombing 'beyond imagination')

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/43137400 
    【【シリア政権軍の東グータ空爆】 爆弾が雨のように降り、250人死亡 死者には50人以上の子供 国連高官「想像を絶する」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/20(火) 23:11:38.23 ID:CAP_USER9
     東グータ

    2018年2月20日 20:58 発信地:シリア
    【2月20日 時事通信社】シリアのアサド政権が首都ダマスカス郊外にある反体制派支配地域の東グータ地区に19日行った空爆で、在英のシリア人権監視団は20日、死者が127人に上ったと明らかにした。同地区では20日も空爆が続き50人が死亡。18日以降の死者は計190人を超え、負傷者も850人以上に達した。

     19日の空爆による犠牲者127人は、政権側が包囲している東グータへの空爆による1日の死者数としては、2015年以降で最多という。犠牲者には女性や子供も多数含まれる。

     東グータでは今月初め、11年の内戦開始以来最も激しいとされる空爆で5日間で約250人が死亡。今回もそれに匹敵する規模の人的被害となっている。制圧を急ぐ政権軍が大規模な地上戦を準備しているとの臆測も浮上している。


     東グータには食料や医薬品の搬入が制限され、物資不足が深刻化している。さらに、政権側による無差別爆撃で医療施設や道路などのインフラが壊滅的打撃を受けており、負傷者の搬送もままならず人道状況は悪化の一途をたどっている。

     国連人道問題調整事務所(OCHA)は19日、声明で「今すぐ、人々が意味もなく苦しむのを止めるべきだ」と訴えた。シリア反体制派の「国民連合」も「東グータでは皆殺しが起きている」と非難した。(c)時事通信社

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3163295?act=all 

    【【シリア】首都郊外で空爆死者190人超=連日の惨禍、2015年以降で最悪 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル