かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:米

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/09/17(木) 16:50:34.27 ID:CAP_USER
    コメ品種評価会の様子。[写真 忠清北道]
    no title



    韓国忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)を代表する米ブランド「チョンウォンセンミョン米」が日本系の品種から国内品種に置き換わる。

    忠清北道農業技術院は17日、清州市庁やチョンウォンセンミョン米共同組合法人関係者、コメ専業農などが参加するコメ品種評価会を開いた。

    この日の評価会はチョンウォンセンミョン米の生産に必要な国内品種を選定するための席だった。

    チョンウォンセンミョン米は、現在、日本で開発された「コシヒカリ」「アキバレ」(秋晴稲)品種で生産している。

    だが昨年、日本の輸出規制問題が大きくなった後、消費者のイメージが悪くなり、農林畜産食品部が2023年から外来品種の政府普及種生産を中断することによって国内品種への転換が不可避となった。

    道農業技術院関係者は「アキバレの場合、搗精(とうせい)率が高いため米穀処理場で好まれるが、倒れやすいという短所がある」とし「チョンウォンセンミョン米のブランド地位に見合う最高の味と倒伏に強い国内品種を選ぶ方針」と話した。


    中央日報 2020.09.17 16:35
    https://japanese.joins.com/JArticle/270340

    【【韓国忠清北道】「コシヒカリ・アキバレ追放」…国内品種に置き換え 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 部屋ねこ ★ 2020/08/06(木) 20:49:20.65 ID:ypNsSQ9k9
    kr250

    2020年8月6日、韓国・京郷新聞は、韓国政府が日本のイネ品種を韓国の田んぼから「追放」する事業を展開すると報じた。

    記事によると、韓国・農村振興庁は同日、韓国で栽培されているアキバレ、コシヒカリ、ヒトメボレなど日本の品種を韓国の品種に代えていく方針を示した。まずは24年までに、日本の品種の栽培面積を現在の5万6000ヘクタールから1万ヘクタール以内に減らす計画という。

    韓国では日本の品種を好む消費者も多く、昨年基準で韓国のイネ栽培面積全体のうち日本の品種が占める割合は約9%(6万5974ヘクタール)に達している。同庁関係者は「日本の品種は『味が良い』という漠然とした認識があるため主に首都圏や中部地域で栽培されているが、日本の品種は病害虫に弱く頻繁に倒伏し、韓国の品種より品質も劣る」と説明したという。

    niftyニュース
    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-826418/

    【【韓国】田んぼから「日本米を追放」 アキバレ、コシヒカリ、ヒトメボレなど日本の品種を韓国の品種に代えていく方針】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル