かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/14(月) 17:57:16.76 ID:CAP_USER9
     
    聖書に「あなたの隣人を、あなた自身のように愛しなさい」という一節がある。ネラー海兵隊総司令官は「良き隣人となるために、引き続き最善を尽くす」と強調した 

    ▼国や組織に忠誠を尽くす、部下思いで知られるネラー氏。米海兵隊を思いやるように、米軍機の事故に不安を抱く県民に配慮し、寄り添っているのだろうか。到底そうは思えない 

    ▼先日、会見で米軍普天間飛行場の安全な運用をいかに確保するかについて問われたネラー氏は「周辺住民がレーザーを照射したり、飛行経路で凧(たこ)や風船を飛ばしたりしなければ、(安全に)役立つ」と発言した 

    ▼飛行中のレーザー照射は危険な行為で、過去に逮捕者が出ている。 
    一方、風船や凧は、米軍機の運用を航空法から除外する航空法特例法の施行令でも規制の対象外だ。 
    相次ぐ事故で県民を危険にさらしながら、市民の抗議行動をやり玉に挙げるのは良き隣人のやることではない 

    ▼1980年代、アフガニスタンのゲリラはソ連軍の侵攻に抵抗するため、米国製のスティンガーミサイルでソ連軍機を撃墜した。 
    世界最強の米軍の機体はレーザーや、風船で墜落するほど脆弱(ぜいじゃく)なのか 

    ▼過去の墜落や部品落下などの事故は米軍自身のミスなどによるものだ。 
    再発防止や原因究明を徹底しないまま飛行を再開しておいて、隣人に責任転嫁するのは傍若無人が過ぎないか。 

    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-717009.html 
    DF46F056-7B39-48D2-86E8-4E7724C42B61

    ※関連ニュース 

    ネラー司令官は「移転する場所さえあれば我々は喜んで普天間を後にするが、それまでは安全に配慮しながら継続使用する」と述べ、沖縄県が求めている2019年2月までの運用停止の考えはなく、名護市辺野古の新基地完成まで、現状通り運用することを改めて明確に示しました。 

    また、緊急着陸などのトラブルが相次いでいることについては「沖縄の皆さんには、乗員、そして住民の皆さんの安全のために行っているということをご理解いただきたい」と話しました。 

    また、ネラー司令官は飛行経路周辺でのレーザー照射やたこ揚げについて、安全のため、やめてほしいとも語りました。 

    http://www.qab.co.jp/news/20180504101962.html 


    管理人 
    ネットの反応 
    名無し 
    とりあえず琉球新報社の社員が車のってたら消火器ぶちまければええのん? 
    名無し 
    鳥一匹でも大ごとになりますがな 
    名無し 
    故意に邪魔して万が一墜落したらコイツラのせいだろ死ねや 
    名無し 
    脆弱でしょ 
    一つのミスが命取りになるのが空じゃないか 
    名無し 
    前からずっと基地外だと思ってたけど… ここまで基地外だとは思わんかった… 
    名無し 
    新聞社の車にレーザー照射しても大丈夫的な発想 
    名無し 
    こいつらテロリストだろ 
    名無し 
    頭おかしい 

    名無し 
    平和のためなら殺人もオーケーって 
    名無し 
    レーザーって、目に当たったら失明レベルじゃなかったっけ? 
    名無し 
    こいつらやっぱり頭がおかしいわw 

    (略)
    【【犯罪奨励する新聞】琉球新報「レーザー照射や凧揚げは市民の抗議!米軍機はそれで墜落するほど脆弱なのか」 ネット「こいつらテロリストだろ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/04(金) 20:56:28.33 ID:CAP_USER9
    no title
     
    ◆米国が核重力爆弾の実験に成功

    ポータル「ミリタリー・コム」が報じたところによれば、米空軍は核重力爆弾B61-12の実験を行った。
    戦略抑止核兵器統合本部副部長のジャック・ヴィンシュテイン大将は「我々は工学上の整備用フライトテストをすでに26回を行っている。プログラムは首尾よく進んでいる」と語っている。
    刷新型のB61-12核爆弾は従来のB61-3、B61-4、 B61-7 、 B61-10の4種を3倍も上回る精度を持つとされている。

    声明では実験に用いられたどの軍用機が実験に用いられたかについては一切触れられていなかったものの、ポータル「ミリタリー・コム」は、多用途性の第5世代F-35 ライトニング IIが使われたとの見方を示している。
    B61-12の軍備は2020年頃になるものと見られている。

    米国はこの爆弾をドイツ、イタリア、トルコ、ベルギー、オランダにある軍事基地に配備する計画。
    米議会予算局の試算では2017年から2016年の30年間で戦術核兵器の刷新にかかる費用は250億ドルに達する。

    スプートニク日本 2018年05月04日 16:17
    https://jp.sputniknews.com/us/201805044844222/

    【【軍事】アメリカ空軍、核重力爆弾の実験に成功 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/28(土) 21:21:26.70 ID:CAP_USER9
    b-52-stratofortress-2430077_640


    2018.04.28 Sat posted at 14:52 JST
    ワシントン(CNN) 米軍は28日までに、米領グアム島のアンダーセン空軍基地に配備される戦略爆撃機「B52」が沿岸諸国による領有権論争が続く南シナ海上空で訓練飛行を実施したことを明らかにした。

    米太平洋空軍の声明によると、飛行したのは複数のB52でアジア太平洋地域における米軍爆撃機の継続的な存在を打ち出す作戦の一環としている。今回は日本の沖縄県近辺で戦闘機「F15」との共同訓練も織り込んだという。

    CNNの取材に応じた米軍当局者によると、24日に飛行したB52は2機で、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島の2カ所に中国が築いた施設の間の空域を通過。中国軍はB52の飛来をけん制するような行動は示さなかったという。

    中国はスプラトリー諸島の一部で環礁の人工島化を進めて軍事拠点にする構えを見せている。滑走路なども整備しているとされる。米国は南シナ海の実効支配を既成事実化するこの動きに反発、中国の主権主張を否定する航行の自由作戦を随時展開し艦船や航空機を出動させている。

    アジア太平洋地域やインド洋を管轄する米太平洋軍の新たな司令官に指名されたフィリップ・デビッドソン海軍大将は米連邦議会で今月、中国は人工島を利用し南シナ海の支配をもくろんでいると証言していた。
     
    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/usa/35118513.html 

    【【南シナ海】米軍のB52爆撃機、南シナ海飛行 中国施設近く 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 水星虫 ★ 2018/04/28(土) 14:57:44.51 ID:CAP_USER9
    基準下回る低空飛行 米軍認める
    F-16C

    アメリカ軍三沢基地に所属する航空機が日本の山間部や住宅の上空を、極めて低い高度で飛行している映像がインターネットの動画投稿サイトに掲載され、アメリカ軍はNHKの取材に対して、基準を下回る低空飛行も確認できると認めたうえで、「すべてのパイロットが基準を適切に順守するよう努める」と回答しました。

    この映像は、今月2日、動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載されました。
    映像は10分余りの長さで、航空機の操縦席の中から撮影したと見られ、飛行場を離陸した後、雪の積もった山間部や住宅の上空を極めて低い高度で飛行しているのがわかります。
    さらに十和田湖とみられる湖の上空を低空飛行する様子も捉えています。

    この映像について、三沢基地のアメリカ空軍第35戦闘航空団はNHKの取材に対して、所属する航空機の低空飛行訓練の様子だとしたうえで、
    「アメリカ空軍が日本国内で訓練する際の基準としている高度を下回る飛行も確認できる」
    と基準に違反する飛行があったことを認めました。
    その上で、「所属するすべてのパイロットに対し、基準を適切に順守するよう努める」と回答しました。

    04/28 09:19
    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20180428/6080000828.html 

    【米軍三沢基地所属航空機の低高度飛行、基準以下の事案でした 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/04/27(金) 17:35:25.52 ID:CAP_USER
    【4月26日 AFP】
    米空軍は25日、カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地(Vandenberg Air Force Base)で弾頭非搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3(Minuteman III)」の発射実験を行った。
    複数の当局者が明らかにした。

     米空軍グローバル打撃軍団(Air Force Global Strike Command)によると、ミニットマン3は25日午前5時26分(日本時間同日午後9時26分)に発射され、実験は成功した。

     米空軍グローバル打撃軍団は声明で「信頼できる発射実験が行われた。ミサイルの模擬弾が発射され、
    指定された安全な軌道を通り、装置が適切に機能した。
    センサーデータが収集され、再突入体が標的に与える衝撃を確認できた」と述べた。

     当局によると、今回の発射実験は3~5年前に計画されたもので、今年最初の発射実験となった。

     冷戦(Cold War)終結から数十年が経過した今も、米国は国内各地に多くのミニットマン3を配備している。

    関連ソース画像
    no title


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3172554

    【【アメリカ】米空軍、カリフォルニア州でICBM発射実験 成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/27(金) 07:10:29.79 ID:CAP_USER9
    岩手県一戸町にある高森高原風力発電所の風車と風車の間を低空飛行しているとみられる映像=ユーチューブより
    no title


     米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が岩手県内を「超低空」で飛行訓練したとみられる映像が、動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿されている。米軍関連の動画サイト「USAミリタリーチャンネル」の映像(約11分)で、2日に公開され、視聴回数は11万回を超えた。戦闘機のコックピットから撮影された映像公開は異例といい、住宅地の上を低空飛行する場面もあった。

     米軍機は日米地位協定に基づき、航空法が定める最低安全高度の基準(人口密集地300メートル、それ以外150メートル)は適用されず、各地で低空での飛行訓練が目撃されている。映像について三沢基地に取材したが、26日現在、回答はない。

     映像名は「これはやばい! 日本の山間部を超低空飛行するF16戦闘機(コックピット映像)」。視聴者からは「この高度で飛ぶのは一線越えています」「あんな低空で住宅の上飛んでいいの?」など、驚きや疑問のコメントがサイトに多数寄せられている。

     映像では戦闘機が離陸後、雪景色の山間部や民家の形がはっきりと分かるほどの高度で飛行。岩手県が設置・運営する「高森高原風力発電所」(同県一戸町)とみられる場所では、羽根を支える柱と柱の間をくぐり抜けるようにして通過する様子も映っていた。

     県企業局によると、羽根を含めた高さは119メートル、支柱の高さは78メートル。映像では支柱の高さあたりを飛行しているように見える。撮影時期は、支柱の組み立てが2017年4月に始まっていることから、17年から18年にかけての冬とみられる。毎日新聞の取材で初めて知ったという県の担当者は「どのような対応がとれるか検討したい」としている。

     三沢基地のF16戦闘機を巡っては、岩手県釜石市の山中で1999年に墜落・炎上したほか、今年2月には補助燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄し、シジミ漁をしていた漁船近くに落下するトラブルが起きている。【佐藤慶】

     在日米軍の動向を監視する市民団体「リムピース」共同代表の田村順玄・山口県岩国市議 映像のタイトルに「やばい」とあるように危険な飛行で驚いたが、同様の低空飛行は各地で報告されている。日米は最低安全高度を尊重することで合意しているが、効果を発揮せず、米軍は低空飛行訓練を当然のこととしている。現状を変えるのは難しいだろうが、地域住民が声を上げ、自らの安全を守ろうとする姿勢を示すことが大事だ。

    動画 USA Military Channel
    【これはやばい!】日本の山間部を超低空飛行するF-16戦闘機【コックピット映像】
    https://www.youtube.com/watch?v=fhdKp3F6Mx0



    2018年4月27日 03時00分(最終更新 4月27日 03時32分)
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180427/k00/00m/040/149000c

    【【舐められてる】米軍三沢基地、F-16戦闘機 岩手の住宅地で超低空飛行訓練 コックピット映像を米軍動画サイトに投稿 (動画) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/25(水) 06:10:14.90 ID:CAP_USER9
    CB1D5ED2-0180-4305-88F6-A6E5B5E242D8
     
    アメリカのホワイトハウス当局者は政権発足以降、空席となっている韓国大使にアメリカ軍を近く退役するハリス太平洋軍司令官を指名する方針を明らかにしました。

    史上初の米朝首脳会談を前に態勢を整えるとともに、アメリカ太平洋軍で北朝鮮への対応を統括してきたハリス司令官を起用することで、北朝鮮の非核化を追求する政権の確固たる姿勢を示す狙いもあると見られます。

    ハリス司令官はことし2月にオーストラリア大使に指名されていましたが、アメリカメディアによりますと、次の国務長官に指名されているCIA=中央情報局のポンペイオ長官が韓国大使の早期の任命を重視し、ハリス司令官の起用に動いたということです。

    4月25日 6時01分
    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011416361000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【米国】ハリス太平洋軍司令官を韓国大使に指名の方針 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/10(火) 18:01:03.16 ID:CAP_USER9
    6F4C8E2F-D802-4BA3-A05E-83600C5132B0
     
    防衛省によりますと、10日午後、東京 羽村市の羽村第三中学校で、アメリカ軍のC130輸送機からパラシュートが落下したということです。被害の報告はこれまでのところ入っていないということです。

    当時は、アメリカ軍が、上空の輸送機から兵士をパラシュートで横田基地に降下させる訓練を行っていたと見られ、防衛省は詳しい状況を確認しています。

    4月10日 17時54分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180410/k10011397751000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【東京】米軍輸送機から中学校にパラシュート落下/羽村 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/08(日) 14:17:41.92 ID:CAP_USER9
    米軍機がまた事故、攻撃ヘリ「アパッチ」墜落で兵士2人死亡
    B4CAFF6A-FF90-49ED-B47C-8FB39C870157

    【4月8日 AFP】米ケンタッキー州のフォートキャンベル(Fort Campbell)陸軍基地で6日夜、攻撃ヘリAH64E「アパッチ(Apache)」が通常の訓練飛行中に墜落し、陸軍第101空挺師団(101st Airborne Division)所属の兵士2人が死亡した。米軍が7日、明らかにした。
     事故原因は調査中。遺族への連絡が行われていないため、死亡した兵士の氏名は明らかになっていない。他に死傷者はいない。
     第101空挺師団の上級司令官を務めるトッド・ロイヤー(Todd Royar)准将は声明で「今日はフォートキャンベルと第101空挺師団にとって悲しい日だ」と述べた。
     米軍では最近、航空機の墜落事故が相次いで発生し、5人が死亡、1人が負傷している。
     3日には、カリフォルニア州で着陸訓練中にCH53Eヘリコプターが墜落。アフリカのジブチでも同日、海兵隊の垂直離着陸攻撃機AV8Bが離陸中に墜落し、パイロットは脱出している。
     4日には、ネバダ州ネリス空軍基地(Nellis Air Force Base)近郊でF16戦闘機が墜落。パイロットは死亡した。このパイロットは米空軍のアクロバット飛行チーム「サンダーバーズ(Thunderbirds)所属で、航空ショーに備えていた。
     
    2018/04/08 11:17 
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3170403?cx_part=topstory&cx_position=3 

    【【米国】6日米軍機がまた事故、攻撃ヘリ「アパッチ」墜落で兵士2人死亡 3日にはヘリ、4日にもF16戦闘機が墜落 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/03(火) 23:24:11.50 ID:CAP_USER9
    no title

    4月3日 19時28分
    在日アメリカ軍は3日、東京の横田基地に配備を予定している空軍の輸送機、CV22オスプレイ5機が今週の後半に横田基地に到着することを明らかにしました。

    横浜市神奈川区にある米軍施設の「横浜ノースドック」の沖合では、午後5時前にアメリカ軍の輸送機オスプレイを積んでいると見られる大型の船舶が確認されました。その後、大型の船舶は施設に徐々に近づき午後5時半ころには施設に接岸したものと見られます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011389741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018 


    【【在日米軍】オスプレイ積んだと見られる大型船舶 横浜に到着 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/04/03(火) 15:05:44.34 ID:CAP_USER9
    no title
     
     在日米軍は3日、米空軍仕様のCV22オスプレイ5機が、今週後半に横田基地(東京都福生市など)に到着すると発表した。

     訓練後に同基地で運用が継続され、今夏から実戦配備される。横田基地を拠点に低空飛行訓練などを行うとみられる。基地負担が増し、住民の不安が高まるのは必至だ。

     在日米軍によると、数年間かけて段階的に計10機のCV22を配備し、約450人が横田基地に配置される予定。北朝鮮情勢を踏まえた措置とみられる。

     今週後半にも到着する5機は一時的に横田基地に立ち寄り、その後、訓練のため2~3カ月間、同基地を離れる。訓練後、同基地に戻り配備が始まる。

     CV22は空軍が主に特殊作戦に使用するもので、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されている海兵隊のオスプレイと仕様が異なる。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000043-jij-soci


    【【在日米軍】空軍オスプレイ横田配備=今週後半にも5機到着 特殊作戦用なので普天間配備のものと仕様が異なる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/01(日) 11:01:19.15 ID:CAP_USER9
    8AF265A6-D88C-41DC-A6A7-9A15C0FB0E19

     米海軍が2021年以降、岩国基地(山口県岩国市)に最新鋭ステルス戦闘機「F35C」の配備を計画していることが、在日米海軍への取材でわかった。

     厚木基地(神奈川県)から移駐した空母艦載機部隊の一部と交代させる予定で、日本への配備は初めて。中国や北朝鮮に対する抑止力の強化が期待される。
     厚木基地を拠点とする第5空母航空団の艦載機部隊の岩国基地への移駐は、戦闘攻撃機「FA18スーパーホーネット」や輸送機「C2」など計約60機が対象。同航空団の司令部機能も移す。
     米海軍は読売新聞の取材に対し、「(F35Cは)第5空母航空団に導入し、岩国基地に配備する予定だ」と回答した。時期については「21年以降」とした。「将来的にFA18とF35Cが混在することになる」としており、「FA18」の一部とF35Cを交代させる見通しだ。機数は明らかにしなかった。

    2018年04月01日 10時20分 
    読売新聞 
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180401-OYT1T50017.html 
    【【山口】最新鋭ステルスF35C、岩国基地に配備計画 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/31(土) 19:39:13.48 ID:CAP_USER9
    no title

    3月31日 17時47分
    神奈川県の厚木基地から山口県の岩国基地への空母艦載機部隊の移転について、国は31日、アメリカ側から「移転が完了した」と連絡があったと発表しました。岩国基地は配備される軍用機がおよそ120機と、数では東アジア最大規模のアメリカ軍の航空基地となりました。

    アメリカ軍の空母艦載機部隊は、在日アメリカ軍の再編計画に基づき、去年8月以降、段階的に厚木基地から岩国基地に移転を進めてきました。

    29日から30日にかけては、主力の戦闘攻撃機、FA18スーパーホーネット合わせて12機が岩国基地に到着しました。

    中国四国防衛局によりますと、31日になってアメリカ側から「艦載機の移転はきのう完了した」という連絡が入ったということです。

    これで、岩国基地は、配備される軍用機がこれまでの2倍のおよそ120機と、数では東アジア最大規模のアメリカ軍の航空基地となりました。アメリカ軍では今後、厚木基地にある部隊の司令部を岩国基地に移すことにしています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011386821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011 



    【【軍事】岩国基地 東アジア最大規模の米軍航空基地に 移転完了 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/24(土) 03:54:41.31 ID:CAP_USER9
    F529E6BE-C640-4F32-87E9-4E8838509D7E

    3月24日 2時13分
    アメリカ軍は、南シナ海に中国が造成した人工島の周辺の海域で「航行の自由」作戦を実施し一方的な主権の主張を認めない姿勢を示す一方、中国国防省は、「違法な挑発には断固として反対する」と反発し、南シナ海を巡る両国のあつれきが続いています。

    アメリカ海軍の当局者は23日、南シナ海の南沙諸島、英語名・スプラトリー諸島にあるミスチーフ礁に中国が造成した人工島の周辺で「航行の自由」作戦を実施したことを明らかにしました。

    それによりますと海軍のイージス駆逐艦「マスティン」が人工島の周りで領海と同じ範囲の12海里のなかを航行したということです。

    アメリカは、海洋権益を巡る主張が国際法で認められる範囲を越えていると見なした場合にこの作戦を実施していて、今回は中国の一方的な主権の主張を認めない姿勢を改めて示したかたちです。

    これに対して中国国防省の任国強報道官は談話を発表しアメリカ軍の艦艇が中国が主権を主張する海域に許可無く入ったとした上で、「航行の自由の名を借りた違法な挑発で、地域の平和と安定を脅かすことに断固として反対する」と強く反発しました。

    また中国国防省は、中国海軍が近く南シナ海で実戦的な訓練を行うと発表しました。発表では訓練は特定の国家を想定したものではないとしていますが、アメリカ軍をけん制する狙いもあるとみられ、南シナ海を巡る両国のあつれきが続いています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180324/k10011377071000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 

    【【軍事】米軍が南シナ海で航行自由作戦を実施 中国が批判 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: イレイザー ★ 2018/03/20(火) 16:56:07.83 ID:CAP_USER9
     米軍三沢基地所属のF16戦闘機1機が燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄し、20日で1カ月。地元や関係者の間では、米軍の事故後の対応を疑問視する声が上がる。米軍は基地に回収のための資機材がないとの理由で迅速な作業に取り掛かれず、災害派遣要請を受けた海上自衛隊が重量換算で全体の94%に当たるタンクの破片を撤去。米軍が引き揚げた分はわずか1%にとどまった。

     「湖にタンクを落とすのを想定内としているのに、撤去するための備えがないとは納得できない」。東北町に住む60代の自営業の男性は首をかしげる。

     基地には米空軍と米海軍が駐留しているが、今回は三沢だけで対応できず、在日米軍司令部(東京)を介し横須賀(神奈川)、佐世保(長崎)両基地の米海軍のダイバーを派遣してもらった。とはいえ、到着時には既に、海自大湊地方隊が大半を回収済み。3月10~13日の4日間、潜水での作業を行ったが、遅きに失した感は否めなかった。

     2月の問題発生を機に全面禁漁となったまま、シラウオとワカサギの産卵期による休漁期間(3月16日~4月20日)を迎えた漁師からも不満の声が相次ぐ。

     60代の男性漁師は「年に一番の稼ぎ時を逸した。どうしてくれるのか」と憤慨。「自分がやったことなのに、米軍からは(漁業者に直接)何の説明もない。補償の話も聞こえてこないし、無責任だ」と続けた。

     F16は1992年4月にも小川原湖へタンクを投棄したほか、海への投棄もたびたび起こしている。

     基地を抱える三沢市の市議会基地対策特別委でも、米軍の対応を問題視する意見が出た。市側は「米軍が、どういう事故が起こったときにどこまで対応できるか確認したい」と回答。現在、三沢防衛事務所を通じて問い合わせ中という。

     東北町の自営業の男性は「(今回の問題は)今後、同様の事態が起きた場合の試金石になった。より迅速に対応できるよう、国や米軍は考えてほしい」と訴える。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00010002-dtohoku-l02
    no title


    【【青森】<タンク投棄1カ月>米軍の破片回収わずか1%、漁業補償説明なく 地元、事故後の対応疑問視 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/03/14(水) 12:20:38.19 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は14日の論評で、米国が在韓米軍の駐留経費を巡り韓国側分担金の増額を要求していると指摘し「南朝鮮(韓国)の人民が願うのは、朝鮮半島の平和と安全を危うくする米軍の無条件撤収だ」と主張した。

    5月に開催が見込まれる米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長が非核化の条件として在韓米軍の撤収を求めるとの観測が一部にある。論評は改めて在韓米軍撤収に言及し、会談前に交渉力を高めようとの狙いがあるとみられる。

    論評は「米国が自国の武力を南朝鮮に駐屯させるのは、南朝鮮を保護するためではなく、朝鮮半島や北東アジアで自らの侵略的目的を実現するためだ」と主張した。


    2018.3.14 11:40
    Sankeibiz
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180314/mcb1803141140032-n1.htm

    【【米朝】北朝鮮「韓国は米軍撤収希望」 首脳会談前に主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/03/13(火) 21:00:07.54 ID:CAP_USER9
    いせ
     
    海上自衛隊ホームページより
     
     海上自衛隊は13日、ヘリコプター搭載型護衛艦「いせ」と米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」が11日から南シナ海北部で共同訓練を始めたと発表した。人工島を造成し、軍事拠点化を進める中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。南シナ海で日米が訓練を実施するのは昨年6月以来。

     海自によると、訓練には米海軍から空母のほか、艦艇が数隻参加。隊列確認や通信訓練をした。期間は明らかにしていない。

    2018.3.13 18:05
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/180313/plt1803130060-n1.html

    【【緊迫・南シナ海】南シナ海で日米共同訓練 中国牽制か 護衛艦「いせ」、空母「カール・ビンソン」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/03/07(水) 08:56:07.93 ID:CAP_USER9
    米空軍機また部品落下 日本政府に連絡は6日後

     沖縄県の米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)に所属するF15戦闘機が2月27日午前、飛行中にアンテナのような重さ約1.4キロの部品を落下させていたことが6日、分かった。日本政府には6日後の今月5日に連絡していた。政府関係者が明らかにした。

     沖縄では米軍機による不時着や部品の落下など事故やトラブルが相次いでいる。海兵隊の輸送機オスプレイが2月、重さ約13キロの部品を海上で落とし、うるま市の伊計島に流れ着いているのが見つかった際には、日本に落下を報告していなかった。米軍に対する反発が再び高まるのは必至だ。

     関係者によると、落下した部品は重さ約1.4キロ。

    2018/3/7 02:04
    共同通信

    https://this.kiji.is/343801153722811489?c=39546741839462401 

    【【沖縄】米空軍機またアンテナのような重さ約1.4キロの部品落下 日本政府に連絡は6日後 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/05(月) 23:36:29.55 ID:CAP_USER9
    no title

    3月5日 19時31分
    青森県東北町の小川原湖にアメリカ軍三沢基地の戦闘機が燃料タンクを投棄し、しじみなどの漁ができなくなっている問題で、5日アメリカ軍の兵士たちが、初めてタンクの回収作業に加わりました。

    先月20日、青森県東北町の小川原湖にエンジントラブルを起こしたアメリカ軍三沢基地の戦闘機が燃料タンクを投棄し、しじみやワカサギなどの漁が全面的に禁止になるなど地元の漁業に影響が出ています。

    投棄された2つのタンクは、4日までに海上自衛隊が94%ほどを回収しましたが、5日はアメリカ軍三沢基地の兵士たちが初めて回収作業に加わりました。

    兵士2人と海上自衛隊の隊員4人が同じ船に乗り込み、U字型をした底引き網を使って湖底部分に沈んだタンクの残骸を回収していました。

    アメリカ軍三沢基地のポール・D・カーミス副司令官は「住民や漁業者に安心してもらえるようタンクの破片や漏れ出した燃料の回収作業を継続する」と話していました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180305/k10011352351000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015 



    【【青森米軍タンク投棄】米兵士ら初めて回収作業に参加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/03/04(日) 00:29:02.08 ID:CAP_USER9
    no title


    青森県の米軍三沢基地所属のF16戦闘機が補助燃料タンク2個を同県の小川原湖に投棄した問題で、自衛隊がタンクの破片の捜索や回収に当たってきた。その費用は日本が全額負担するという。一体どんな理屈なのか。【前谷宏、一宮俊介、福永方人】

     現場では投棄の翌2月21日から海上自衛隊大湊地方隊(同県むつ市)の隊員が凍った湖に潜り、作業してきた。防衛省東北防衛局によるとすでに約9割を回収し、米軍に引き渡した。

     現場の同県東北町の蛯名鉱治町長は投棄の当日、米軍に速やかな回収を申し入れた。だが米軍側は「空軍基地で回収できる能力がない」と説明。東北防衛局に相談すると大湊地方隊なら可能という。町の依頼で県は自衛隊法に基づく災害派遣を要請。米軍からの要請もあり、防衛省は災害派遣3要件(公共性、緊急性、非代替性)に合致するとして海自を出動させた。

     防衛省は、ジェット燃料が拡散する中、迅速な対処には災害派遣しかなかったとするが、費用は災害対策基本法に基づき自衛隊が負担する。米軍の不始末に国費を投じる理由について、防衛省は「(同法に)費用を米国に請求できる根拠の規定がない」としている。

     ◇漁業補償も一部負担か

     禁漁を強いられた湖の漁業関係者への補償でも、日本が一定額を負担する可能性が高い。日米地位協定は米軍の公務中の事故に伴う第三者への補償や賠償について、米軍にのみ責任があっても負担は最大75%とし、残りは日本の負担とする。ただ補償できるのは米軍の行為と被害の因果関係が立証できた場合で、防衛省幹部は「漏れ出た燃料は揮発性が高く、禁漁の必要性やそれに伴う損失を米軍が認めたがらない可能性がある」と漏らす。

     実は、1992年にも米軍機が小川原湖にタンクを投棄した。当時の防衛庁は補償ではなく見舞金として約800万円を支払ったとされる。同時に小川原湖漁協が求めた湖岸の荷さばき場整備で、事業費の7割近い約8000万円を補助して地元と折り合った。元漁協幹部(77)は「当時はそれで納得したが、今回は補償がないと収まらない」と話す。シジミ漁師(62)は禁漁で月約30万円の収入が途絶え、船で氷を割るなど回収も手伝ってきた。「経費もかかるし、補償がなければ生活は成り立たない」

     国費負担について、防衛省幹部は「日米安全保障条約で米国が日本の防衛義務を負うため」と話す。トラブル続きの米軍に日本政府ができるのは再発防止の要請程度。「政府は当事者能力がない」(翁長雄志・沖縄県知事)と批判され、防衛省は同盟国と基地の地元との板挟みとなっている。

     今回の投棄につながったエンジントラブルについて三沢基地は「F16の構造的欠陥ではなく当該機の不具合」としており、同型機は投棄後も通常の飛行を続けている。漁師は空を飛ぶ米軍機を見上げて言った。「沖縄の人たちが怒る気持ちも分かるよ」

     ◇米軍負担が筋

     防衛問題に詳しいジャーナリストの布施祐仁さんの話 小野寺五典防衛相は「本来なら米軍が回収する案件」と語ったが、それなら回収費用も米軍が負担するのが筋だ。政府は米国に負担を求め、トラブル原因の判明まで飛行中断を要請すべきだ。日米地位協定と政府の弱腰な姿勢が治外法権的状況を許している。

    3/3(土) 19:27配信
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000091-mai-soci


    【【青森】米軍F16戦闘機、燃料タンク投棄  事後処理、日本丸抱え 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル