かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/12(金) 18:12:47.17 ID:fsf+Shlh9
    3A73F0BE-740A-476B-84EC-653A9D0554E2
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/543
    米軍機 台湾上空を通過 中国「重大な挑発」と反発

    米中が対立する中、アメリカ軍の輸送機が台湾上空を通過したのに対し、台湾を中国の一部だとする中国政府は「主権を損ね、重大な挑発だ」と反発しました。
    台湾メディアは9日、沖縄の嘉手納基地を離陸したアメリカ軍の輸送機が台湾の西側の上空を北から南に通過したと伝え、台湾の国防部は「アメリカ軍の航空機が台湾の空域に入ったが、申請手続きを経たものだった」と説明しました。

    これについて、中国政府で台湾問題を担当する国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮報道官は11日、「われわれの主権と安全を損なうものであり、国際法などの基本ルールに背き、不法行為で重大な挑発だ。強い不満と断固とした反対を示す」と反発しました。

    台湾の国防部は、輸送機が通過した同じ日の午前中、複数の中国の戦闘機が台湾西南の空域に入ったと発表していて、中国側が輸送機の警戒にあたっていたものとみられます。

    米中が対立する中、台湾周辺で双方の活動が活発化していて、台湾では、アメリカの軍用機の動きについてトランプ政権が台湾と連携する姿勢を示したものだという見方も出ています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200611/k10012467541000.html

    (略)

    【米軍機が台湾上空を通過 中国ブチギレ「重大な挑発」 ネット「日本に対してはしょっちゅう挑発しているヤツらがw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/06/09(火) 11:24:04.61 ID:CAP_USER
    米国防総省は、日本など5カ国がコロナ感染症拡散抑止のための米軍の移動制限を解除する要件を満たした、と発表した。韓国は対象に含まれなかった。

    8日(現地時間)、米軍の機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」などによると、米軍の移動制限解除要件を満たした国は日本・英国・ドイツ・ベルギー・バーレーンの5カ国。韓国は依然として移動制限対象国に分類された。

    「スターズ・アンド・ストライプス」紙は「コロナ・パンデミック(世界的大流行)が始まる際に検査政策などで早々とサクセスストーリーを記した韓国はリストにない」と伝えた。

    最近国内で新規感染者が増加したことが影響を及ぼした-という解釈が出ている。

    米国国内では、首都ワシントンのほかニューヨーク、マサチューセッツなど38州が移動制限対象に含まれた。


    2020/06/09 07:30
    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020060980005

    【【韓国悲報】米国が日本など5カ国の米軍移動制限を解除…韓国は除外】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/02/12(水) 17:14:43.16 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の海軍は12日、2月末にタイで始まる多国間軍事演習「コブラゴールド」について、「今年は艦艇と海兵隊の隊員は参加しない」として、「指揮所演習のため指揮官・参謀らのみが参加することを暫定決定した」と明らかにした。また、「今後、新型コロナウイルスの拡大状況などを考慮し、最終的に決める」との方針を示した。

    韓国の軍当局は当初、同演習に海兵隊の隊員ら約470人を派遣する予定だったが、新型コロナウイルスによる肺炎が東南アジアまで広がっていることを受け、派遣規模を指揮官ら約30人に縮小した。

     同演習は1982年から米太平洋軍司令部(現在のインド・太平洋司令部)とタイ軍司令部の主導で毎年実施されている。韓国軍は2010年から参加している。

     今年は今月25日から来月6日まで実施される予定で、韓国や米国、中国、日本など9カ国が参加する。

    聯合ニュース 2020.02.12 16:35 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200212003000882


    no title

    19年2月に実施された「コブラゴールド」で捜索訓練を行う韓国海兵隊の隊員

    【【韓国軍】タイで開催の多国間軍事演習 新型肺炎で派遣規模を約470人から約30人に縮小】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/02/12(水) 21:27:01.00 ID:CAP_USER
    BEE472B0-03FF-46FA-9354-38FF9044704B
     
    【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は12日、米空軍のMC130J特殊作戦機1機が台湾海峡を、B52戦略爆撃機2機が台湾東部の空域をそれぞれ飛行したと発表した。台湾当局がB52の飛行を発表するのは初めて。中国軍機が10日、中台間の事実上の停戦ラインである台湾海峡の中間線を越境しており、米軍機の行動は中国への牽制(けんせい)とみられる。

     国防部によると、MC130は同日午前、台湾海峡を北から南に、B52も台湾本島東部を北から南に飛行した。

     台湾メディアなどによると、MC130は沖縄県の嘉手納基地を離陸し、台湾海峡を通過した。MC130の同海峡通過は3回目で昨年11月以来。B52は1月31日にもグアムのアンダーセン空軍基地から台湾本島東部の尖閣諸島周辺の東シナ海を飛行し、台北飛行情報区(FIR)に入ったとされるが、その際、国防部は発表していない。

     中国軍は9、10の両日、轟(H)6爆撃機などによる西太平洋への進出訓練を実施。9日は4機のH6が台湾本島を半分周回する航路を取った。10日には護衛の戦闘機が台湾海峡南西部の中間線を越えて台湾側に侵入、台湾空軍機の警告を受けて中国側に戻った。


    産経ニュース 2020.2.12 18:28

    【【見廻り】台湾周辺に米軍のMC130J特殊作戦機1機、B52爆撃機2機 中国軍機越境で牽制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/01/30(木) 10:04:17.63 ID:CAP_USER
    FD0666AB-EAE7-4B24-9A41-089863B17B8F


     米国アラスカ州の空軍基地に所属するステルス戦闘機F22「ラプター」4機が最近、在日米軍横田基地に派遣されたことが29日までに分かった。アラスカのF22は有事の際、韓半島に展開する戦力だ。米軍の特殊作戦機が韓半島付近で相次いで作戦に乗り出し、最新鋭無人偵察機(MQ4C)が第7艦隊に配備されたのに続いて、F22まで飛来したのだ。北朝鮮で特異動向が感知されたからではないか、という見方が持ち上がっている。

     韓国情報当局の関係者は「最近、米国アラスカの空軍基地に所属するF22戦闘機4機が日本の横田基地に入ったものとみられる」とし「ローテーション配備の一環なのか、もしくはほかの訓練かという点については確認されなかった」と語った。F22の姿は、一部の日本の専門家も捕捉したといわれている。在日米軍は2016年、横田基地へ一時的にF22戦闘機8機を配備したこともあり、これは北朝鮮と中国をけん制する布石だと解釈されていた。そうして、F22が再び横田基地へやって来た事実が確認されたのだ。F22は北朝鮮のレーダーに引っ掛かることなく平壌などの主要施設を攻撃することができ、北朝鮮が最も恐れる米国の戦略兵器の一つだ。

     韓国軍のある元将官は「F22の動きや存在自体を、米軍は厳重な保秘事項にしている」とし「行方が明らかになったこと自体が意図的なものということもあり得る」と指摘した。実際に最近、米国はこれまで見られなかった特異な動きをたびたび示している。米空軍のC146A「ウルフハウンド」輸送機は最近、烏山空軍基地と西海、日本一帯を数度にわたって行き来した。C146A輸送機は、民間人を装った米軍最精鋭特殊部隊員を輸送する用途によく活用される。日本上空では、米軍のMC130J「コマンド」系列の特殊戦輸送機の飛行がキャッチされた。

     韓国軍関係者は「現在北朝鮮は冬季訓練の期間で、慌ただしい動きを見せている」とし「ただし、予想していない戦略的挑発の動きはないように思う」と語った。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究委員は「インド・太平洋地域で米軍の戦力を増強し、朝中ロを圧迫しようという狙いがあるとみられる」として「特に、韓米合同演習が縮小された状況の中、米軍単独で訓練を進めようとしていることもあり得る」と説明した。

     米統合参謀本部は、大規模な韓米合同演習の廃止・縮小の後も、在韓米軍は過去の訓練の88%をそのまま遂行してきたことを明かした。28日(現地時間)、米国連邦議会下院軍事委員会が開催した韓半島の安全保障の状況に関する聴聞会で、統合参謀本部J5(戦略計画・施策部門、第5部)のデビッド・アルビン部長(空軍中将)は「米朝対話が決裂し北朝鮮が挑発を予告している状況で、訓練を再開するのか」という質問に対し「昨年だけでも200回以上の訓練があった」としつつ、このように答弁した。アルビン部長は「(トランプ)大統領が2018年6月に特定の大規模演習を中断すると決定して以降、273回の訓練を行った」と説明した。

     18年の第1次米朝首脳会談の直後、トランプ大統領は大規模な韓米合同演習の中断を決定した。キーリゾルブ、フォールイーグル、乙支フリーダムガーディアンが事実上中断された。だがアルビン部長は「ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官の努力で、かつて大規模演習の中に組み込まれていたおよそ307の訓練の規模、量、範囲、時期などをクリエーティブに変更し、そのうち88%を実行できた」と答弁した。

    表面的には韓米演習が瓦解したように見えるが、内容の面では大部分の訓練をそのままこなした、ということを意味する。
     ただし、「北朝鮮も相互に軍事訓練を減らしたか」という質問に対し、アルビン部長は「そうではない。認識できる程度(の北朝鮮の軍事訓練縮小)はなかった」と答弁した。

    金真明(キム・ジンミョン)記者

    朝鮮日報 2020/01/30 09:40
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020013080024

    【【朝鮮日報】米軍、特殊作戦機に続き「ラプター」4機も韓半島付近に配備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/01/29(水) 00:26:02.56 ID:a4WxB3cH9
    no title
     
    28日、米国の軍用機が韓半島(朝鮮半島)周辺で普段とは異なる飛行を見せた。

    この日、航空機を追跡するCivMilAirとエアクラフトスポットによると、米空軍のWC-135Wコンスタント・フェニックス1機が午前6時30分(日本時刻)、沖縄の嘉手納空軍基地を離陸した。この軍用機は22日に東海(トンヘ、日本名・日本海)で事前飛行訓練をした。

    WC-135Wは胴体に装着された装備で大気内の放射性物質を収集する特殊偵察機。米空軍も2機のみ保有している。今月中旬、米本土から嘉手納基地に移動した。

    ところがWC-135Wは機首を韓半島や日本ではなく中国側に向けた。最終目的地はまだ確認されていないが、東シナ海である可能性が高い。しかし中国は1996年に包括的核実験禁止条約(CTBT)に加盟した後、核実験を実施していない。また、中国の核実験場所は海から遠く離れた新疆ウイグル自治区のロプノール砂漠にある。このため中国の核施設で問題が発生したのではという見方が出ている。

    また、この日、烏山(オサン)米空軍基地からC-130Jスーパー・ハーキュリーズ1機が離陸した後、西海(ソヘ、黄海)に向かった。C-130Jは90人以上を乗せて5000キロを飛行する輸送機。機首の方向から中国に入る任務とみられる。米軍用機が中国に入るケースは多くない。

    米国務省が28日に新型コロナウイルスの肺炎が発生した中国武漢から米国市民権者の撤収を始めると発表したこととC-130Jの中国行きを関連づける見方も出ている。民間チャーター機とは別に軍用機を通じた人員輸送用ということだ。韓国も武漢にチャーター機を派遣して約600人の韓国人を帰国させる案を進めている。

    1/28(火) 16:04
    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000039-cnippou-kr

    【【朝鮮半島】米空軍の特殊偵察機「WC-135W」が飛行…中国の核施設に異常?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2020/01/27(月) 23:27:02.01 ID:Y9PSUS2w9
    265C02B1-FBBB-456A-A508-472A9D5BC103
     
    【速報】タリバン、高ランクの米軍兵を乗せた飛行機を撃ち落としたと声明 アフガニスタン

    2020/01/27
    ロシアトゥデイ
    https://twitter.com/rt_com/status/1221800881710039040?s=21

    #BREAKING:
    #Taliban claims they downed plane ‘carrying high-ranking US military’ in #Afghanistan

    #BreakingOnRT

    MORE: on.rt.com/a9tz

    【【速報】タリバン、高ランクの米軍兵を乗せた飛行機を撃ち落としたと声明 アフガニスタン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/01/25(土) 19:20:22.02 ID:FGflOqyL9
     米軍ヘリが25日、沖縄本島東の沖170キロで墜落した。複数の関係者によると、墜落したのはMH60特殊作戦ヘリコプターで所属は不明。海上保安庁に救助要請があった。乗組員5人は海保が救出した。米軍は「着水」としている。

     県内では2015年8月に米陸軍所属のMH60ヘリがホワイト・ビーチ水域で墜落した。兵士がヘリから米海軍輸送艦にロープを使って降下訓練を実施していた際、ヘリのプロペラと艦船が接触。米軍は墜落ではなく「パイロットのミスで、甲板上への不時着艦」としている。

    2020年1月25日 18:19
    沖縄タイムス
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/526584

    【【沖縄】米軍ヘリ、墜落 海保が5人救出 MH60特殊作戦ヘリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/01/08(水) 16:49:17.64 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍の偵察機RC135Wが韓国上空を飛行した。具体的な時間は公開されていないが、8日に飛行したとみられる。イラン革命防衛隊が同日未明(現地時間)、イラクにある米軍の駐留基地をミサイルで攻撃し、中東情勢が緊迫するなかでも、朝鮮半島の偵察任務を計画通り実施していると分析される。米軍が北朝鮮の特異な動きを把握するための監視飛行を強化しているとの見方もある。

    RC135Wは米空軍主力の通信傍受用偵察機で、ミサイル発射前に地上の計測機器が発するシグナルを捉え、弾頭の軌跡などを分析する装備を備えている。同偵察機は先月30日と31日、今月1日、7日にも韓国上空を飛行した。

    聯合ニュース 2020.01.08 16:16 
    【【朝鮮半島監視】米空軍機が韓国上空を飛行 朝鮮半島の偵察継続 中東情勢が緊迫するなかでも、朝鮮半島の偵察任務実施】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/01/08(水) 10:38:03.43 ID:/+jPKASb9
    6E067465-69AE-4C5A-B0BB-E76C09530F21
     
    【速報】イラン、イラクのアル・アサド基地に大規模ロケット攻撃 30弾以上着弾 米海兵隊が駐留 8日

    イラン、イラクの米軍基地にミサイル 米メディア
    2020年1月8日 8:55

    【ワシントン=永沢毅】複数の米メディアは7日、イラクにある米軍基地がイランから複数のミサイルの砲撃を受けたと報じた。被害は明らかになっていない。米ABCテレビによると、イランから複数の弾道ミサイルが発射され、北部エルビルや西部アサド基地などが標的になったという。

    一方、イラン国営テレビは「イラン革命防衛隊が数十発のミサイルでアサド空軍基地を攻撃した」と報じた。米CNNによると、少なくとも10発の砲弾が同基地に着弾したという。

    米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害へのイランの報復の可能性が濃い。トランプ大統領はイランが報復に出た場合は反撃する方針を示しており、大規模な軍事衝突に発展する恐れがある。

    ホワイトハウスによると、トランプ氏は報告を受けて状況を注視している。安全保障チームと話し合っているとした。

    2020/01/08 
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54152470Y0A100C2MM0000/ 

    【【速報】イラン、イラクの複数の駐留米軍基地に大規模弾道ミサイル攻撃 8日】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/01/06(月) 21:11:42.87 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍の偵察機RC135Wが韓国上空を飛行した。具体的な時間は公開されていないが、6日に飛行が行われたとみられる。北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の誕生日(8日)に合わせて挑発行為に踏み切る可能性があるとの見方が出ている中、米軍が北朝鮮監視活動を強化しているようだ。

    RC135Wは米空軍主力の通信傍受用偵察機で、ミサイル発射前に地上の計測機器が発するシグナルを捉え、弾頭の軌跡などを分析する装備を備えている。先月30日と31日、今月1日にも韓国上空を飛んだ。

     元々計画されていた通常訓練の可能性もあるが、北朝鮮に警告のメッセージを送るとともに、北朝鮮の動向を確認するための飛行である可能性もある。

     米メディアによると、米国防総省は金委員長の誕生日、または故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日の2月中旬などに軍事挑発に出る可能性があるとみている。

     金委員長は先月末に開かれた党中央委員会総会で、「近く朝鮮民主主義人民共和国が保有する新しい戦略兵器を目撃することになるだろう」と主張した。新しい戦略兵器については多弾頭・固体燃料型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などが挙げられている。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200106003600882?section=politics/index
    聯合ニュース 2020.01.06 17:41

    no title

    米空軍の偵察機RC135W(米空軍HPより)

    【【朝鮮半島監視】米偵察機 再び韓国上空飛行=正恩氏誕生日を2日後に控え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/25(水) 10:26:11.44 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル聯合ニュース】米空軍の偵察機RC135WとE8C、グローバルホーク、RC135Sが24日と25日早朝に朝鮮半島上空を飛行し、 北朝鮮の地上と海上を細かく監視したことが分かった。

    4機が一斉に出動するのは異例。

    北朝鮮が米国に対し「クリスマスプレゼント」と称して挑発に踏み切る可能性を示唆していることから、
    大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの発射の兆しがないかを念入りに監視、偵察したとみられる。

    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191225000400882


    【【朝鮮半島】 米軍偵察機4機が一斉出動 北朝鮮の挑発示唆に異例の警戒強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/23(月) 10:52:36.95 ID:CAP_USER
    no title

    在韓米軍特殊部隊が先月、韓国軍特殊部隊と共に北朝鮮の朝鮮人民軍基地を攻撃し、仮想の敵軍幹部らを生け捕りにする訓練を軍事基地内で行ったことが22日までに分かった。

    朝鮮人民軍首脳部を除去するいわゆる「斬首作戦」の訓練を行ったのだ。
    韓国軍と米軍の特殊部隊はこのような合同訓練を過去にも何度か行ってきたが、 今回は異例にも米国防総省が訓練の様子を撮影した写真を一時的に公開した。

    韓米両国は今回の訓練について「正規訓練」と説明したが、 韓国軍周辺では「普段は非公開で行われる訓練を公開したのは 『クリスマス挑発』を示唆した北朝鮮に対し、軍事面で強い警告のメッセージを送るためだ」との見方も出ている。

    米国防総省が先日ホームページを通じて公開した12枚の写真には、今月8-11日に群山、仁川、 江原道周辺などで行われた韓米特殊部隊の兵士らによる訓練の様子が写っていた。

    米陸軍、海軍、空軍、海兵隊などから成る特殊部隊の兵士らは韓半島各地で訓練を行っている。
    例えば群山基地周辺ではチヌーク・ヘリ(CH-47)に乗り込んでパラシュート訓練が行われている。

    また基地の中では戦闘機による空からの支援を受けながら特定の人物を生け捕りにする訓練も行う。
    小銃に消音器を設置し、防弾ヘルメットに敵味方識別装置を付けて建物に入る様子を写した写真も公開された。

    米軍が一時公開した動画には、韓米連合軍が朝鮮人民軍役の仮想敵軍と銃撃戦を行う様子も撮影されていた。

    米軍はこの動画を国防総省の関係するホームページで公開していたが、後に公開を取りやめたという。
    これについて韓国軍のある関係者も「訓練に関する動画は現在削除されている」と伝えた。

    四つの部隊で構成される米軍の特殊部隊は仁川で合同訓練への決意を示すため互いに腕を組み合っていた。

    上記の韓国軍関係者は「米軍の特殊部隊と韓国軍特殊部隊は地域ごとにペアを組み、今年6月から11月まで訓練を続けてきた」
    「公開された写真もそれらの訓練の一部のようだ」と説明した。群山基地で行われた訓練には益山地域に拠点を置く 韓国軍第7空襲特殊戦旅団所属の兵士らも参加したという。

    米軍は昨年から続く北朝鮮との対話局面が始まった後は、相手を刺激する訓練は公開しなかった。
    しかし北朝鮮がイスカンデル級ミサイルや超大型放射砲(多連装ロケット砲)を発射し、 さらに最近は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射準備まで行っているため、 朝鮮人民軍の幹部らに対し「斬首作戦」など軍事対応に乗り出すこともあるとの警告を送ったとみられる。

    米国は先日も「2017年の軍事的緊張状態に戻ることも考えられる」と警告した。

    今回米軍が公開した写真には、直近の11月に群山で行われた訓練の様子も数多く撮影されていた。
    特殊部隊の兵士らは作戦に使用される地図などを持ち、一定の距離を置いた場所から観測を行い、
    発煙弾を使って基地内に設置された仮想の目標物に向かって進んだ。

    空からは米軍のF16戦闘機が援護していた。兵士らの中には米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」も含まれていたという。
    グリーンベレーは敵の後方に入って偵察任務を遂行し、必要なときには敵の重要人物を暗殺あるいは拉致する任務も担当する。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/23/2019122380057.html


    【【軍事】 朝鮮人民軍幹部らを生け捕りにする訓練、米軍が写真を公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/21(土) 08:16:06.05 ID:cg4ekWBy9
     
    https://snjpn.net/archives/172329
    Blue-eyed Roninさんのツイート

    この度、有名な靖国神社で神前結婚式をさせて頂き、大変光栄でした。

    この靖国神社は、日本の英霊を祀るとともに、過去の歴史問題で何かと問題にもなる神社です。

    上官との面接で、なぜここで結婚式を挙げるのかと尋ねられ時に、答えは簡単でした。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・御結婚おめでとうございます。お二人の幾久しいお幸せを、心よりお祈り申し上げます。

    ・この度は誠におめでとうございます🙇‍♂️

    ・おめでとうございます‼️奥様大変美しい‼️

    ・結婚おめでとうございます。

    ・英霊は国籍を問わず戦士を護り賜う。末永くお幸せに(`・ω・´)ゞ

    ・おめでとうございます🍾末長くお幸せに☺️靖國神社で神前結婚式なんて素敵です💖

    ・素敵な写真です✨両国の過去の戦争は、戦後も互いに慰霊やその他の活動を通して向き合った今があります。日本人として誇りに思います。

    【【パヨク発狂】米空軍中佐「この度、有名な靖国神社で神前結婚式をさせて頂き、大変光栄でした。なぜここで結婚式を… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/12/06(金) 21:11:25.43 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】米軍の偵察機がこのところ相次いで朝鮮半島上空を飛行しているが、新たに朝鮮半島東の東海上空でも作戦を実施したようだ。

    民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」で6日、米空軍の偵察機RC135Sが沖縄の米軍嘉手納基地を出発し、日本の内陸を通過して東海の上空へと向かったことが確認された。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射など北朝鮮による新たな挑発の動きを探るため、東海の北朝鮮の潜水艦基地を偵察したとみられる。RC135Sは遠距離から弾道ミサイルの軌跡を追跡できる偵察機だ。

     米軍は北朝鮮による先月28日の「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」連続発射実験を前後し、偵察機の朝鮮半島出動を増やしている。

     今月5日には、米空軍の通信傍受用偵察機RC135Wが朝鮮半島の上空を飛行した。先月27日と今月3日には米空軍の地上監視偵察機E8Cが朝鮮半島上空を飛び、作戦を行った。先月28日と30日には米軍偵察機のEP3E、U2Sなどが、今月2日にはRC135Wが朝鮮半島上空に出動した。

     米国は北朝鮮が一方的に設定した対米交渉期限の年末を前に、相次ぐ偵察飛行で北朝鮮に警告を発すると同時に監視活動を強めていると分析される。

     米朝関係は近ごろ再び緊張が高まりつつある。トランプ米大統領は先ごろ北朝鮮への軍事力行使の可能性に言及し、軍序列2位の朴正天(パク・ジョンチョン)朝鮮人民軍総参謀長は軍事力を使用すれば「相応の行動に出る」と警告した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191206002300882?section=nk/index
    聯合ニュース 2019.12.06 16:39

    no title

    米軍偵察機RC135Sの飛行ルート(エアクラフト・スポットのツイッターより)


    【【南北朝鮮を監視・偵察】米偵察機が今度は朝鮮半島東の海上に 北朝鮮の潜水艦基地を偵察か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/14(月) 16:27:13.51 ID:CAP_USER
    43AB7920-7908-49D6-8E49-A5D02352F851

    米軍が最近になって韓半島での偵察を強化

    北朝鮮が新たに弾道ミサイルを発射する可能性も

     米空軍の地上監視偵察機「E8C」ジョイントスターズが11日、韓国の首都圏上空で北朝鮮に対する監視と偵察を行っていたことがわかった。これに先立ち弾道ミサイルを追跡する偵察機「RC135S」コブラボールも今月8日、沖縄の嘉手納基地から日本の内陸を経て日本近海を飛行し戻っていた。米軍の偵察機による今回のような韓半島での偵察活動強化の動きは異例だ。今月2日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3型」の発射に続き、北朝鮮が新たな弾道ミサイル発射の動きを示しているからではないかとの見方もある。

     海外の航空機追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、11日に1機のE8Cがソウル南側の首都圏上空から東海に向け飛行した。米国は今月5日に2機のE8Cを嘉手納基地に配備したが、今回飛行したのはそのうちの1機とみられる。E8Cが韓半島の上空と近海で偵察を行うのは昨年以来のことだ。

    ユ・ヨンウォン記者

    朝鮮日報 2019/10/14 08:06 
    【【朝鮮半島】沖縄県・嘉手納基地から「ジョイントスターズ」がソウル上空で北朝鮮監視活動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2019/10/13(日) 02:44:18.12 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・シリア北部で米軍に砲撃、トルコ側の陣地から 米国防総省

    【10月12日 AFP】(更新)トルコ国境に近いシリア北部の町アインアルアラブ(Ain al-Arab、クルド名:コバニ、Kobane)付近で11日午後9時(日本時間12日午前3時)ごろ、トルコ側の陣地から米軍が砲撃を受けたと、米国防総省が発表した。

     米国防総省のブロック・デウォルト(Brook DeWalt)報道官は、「安全メカニズム地帯から数百メートル以内の場所で爆発があった。この場所に米軍がいることはトルコ側も知っていた」「米軍に負傷者は出ていない。米軍はコバニから撤退しない」と述べた。

     デウォルト報道官は、正当な理由のない攻撃には「速やかに防衛的措置を取る」とし、そのような措置を引き起こしかねない行為をしないようトルコに要求すると述べた。

    2019年10月12日 10:04 AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3249173?act=all

    【【軍事】シリア北部で「トルコ側の陣地から米軍が砲撃を受け そこに米軍がいることはトルコ側も知っていた」米国防総省が発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/09/20(金) 06:45:12.14 ID:17vDTrvc9no title


    アフガニスタン 空爆で30人が死亡 ドローンで誤爆か
    2019年9月20日 6時27分

    アフガニスタン東部で、過激派組織IS=イスラミックステートを標的にした空爆に住民が巻き込まれ、少なくとも30人が死亡しました。空爆には、アメリカ軍のドローンが使われたとみられ、住民側は誤爆だとして反発を強めています。

    ロイター通信などによりますと、アフガニスタン東部のナンガルハル州で18日、政府の治安部隊と現地に駐留するアメリカ軍がISを標的に大規模な空爆を行いました。

    空爆は、アメリカ軍のドローンを使って行われたとみられ、この空爆に住民が巻き込まれ、少なくとも30人が死亡し、40人以上がけがをしたということです。

    空爆は、ISの戦闘員の隠れがをねらって行われたとされていますが、実際には、畑で農作業をしていた住民が被害にあったということです。

    今回の空爆について住民側は、武装勢力とは関係ない人たちに対する誤爆だとして反発を強めていて、アフガニスタン政府やアメリカ軍に対し、被害の状況を調べるよう求めることにしています。

    治安が悪化しているアフガニスタンでは、反政府武装勢力タリバンやISに対する軍事作戦を強化していますが、誤爆による住民の犠牲も後を絶たず、こうした住民の反発がタリバンなどの武装勢力を勢いづける要因にもなっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190920/k10012090871000.html 


    【【アフガニスタン】空爆で30人が死亡 米軍のドローンで誤爆か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/09/18(水) 10:16:02.11 ID:CAP_USER
    un250
     
    国防部が来月ソウルで開かれる第51回韓米安保協議会議(SCM)で米国と国連軍司令部の役割と地位について議論すると複数の韓国政府消息筋が17日に伝えた。

      ある政府消息筋は「先月実施した基本運用能力(IOC)検証結果を両国の国防部が共有し自然に国連軍司令部問題が浮上した。どうであれ交通整理が必要だというのが共通認識」と話した。

      IOCは韓国軍の戦時作戦統制権転換能力を点検する予備考査的性格の合同演習だ。過去初めて韓国軍大将(チェ・ビョンヒョク韓米連合軍副司令官)が司令官を、米軍大将(ロバート・エイブラムス連合司令官)が副司令官をそれぞれ務めて実施した。

      ところが演習過程でエイブラムス司令官が国連軍司令官の資格で指揮権を行使すると主張した。連合司令官は国連軍司令官と在韓米軍司令官を兼職する。この問題により合同演習過程で単一指揮権が確立できなかったという。その後国防部と国連軍司令部は疎通ルートの必要性を実感し先月から国防部政策室長と国連軍司令部副司令官(オーストラリア軍中将)を代表にする協議体を稼動した。

      こうした問題が生じたのは1978年の連合司令部設立時に連合司令部と国連軍司令部の役割区分が複雑になったためだ。韓米は昨年のSCMで韓国合同参謀・国連軍司令部・連合司令部間の関係を規定する約定(TOR-R)に合意した。当時国防部は「合同参謀、連合司令部、在韓米軍司令部、国連軍司令部間の相互関係を(今後)発展させたい」と明らかにした。韓東大学のパク・ウォンゴン国際地域学教授は「合同参謀・国連軍司令部・連合司令部間の関係はあまり整理されていなかったという意味」と説明した。

      また別の政府消息筋は「文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後に戦時作戦統制権転換を検討し国連軍司令部が障害になりかねないと判断した。米国が戦時作戦統制権転換後に国連軍司令部を連合司令部から引き離す可能性があるとみたもの」と話した。

      核心は増援戦力だ。韓半島(朝鮮半島)で武力衝突が起きる場合、日本国内7カ所の国連軍司令部後方基地に兵力と装備が集まる。主に最大69万人の米軍であり、英国、フランス、オーストラリアなど国連軍司令部に戦力提供を約束した国も含まれる。

      増援戦力の作戦権はだれが持つかが明確でないというのが問題だ。現在は連合司令官が国連軍司令官を兼ねているため増援戦力を受け入れて指揮すれば良い。しかし戦時作戦統制権転換後は国連軍司令部が作戦権を独自に行使すると主張する場合、状況は変わる。

      関連事情をよく知る軍消息筋は「増援戦力の作戦権に対する決定は結局米国にかかっている。増援戦力に原子力空母船団など米軍の戦略資産が入るが、これを韓国軍に簡単に渡しはしないだろう」と話した。

      軍当局者も「米国は国連軍司令部で他の戦力提供国の分担を増やすよう要求している。増援戦力が多国籍軍になれば、国連軍司令部が自然に指揮できる」と予想した。

      最悪の場合、見かけだけの戦時作戦統制権転換になりかねないというのが韓国政府の懸念だ。韓国軍連合司令官は在韓米軍2万8500人だけを指揮し、米軍増援戦力と多国籍軍は国連軍司令部の指揮下に残ることになることだ。米国は2014年から連合司令部創設により看板だけ残った国連軍司令部の規模を大きくし役割を拡大しようとしている。

      峨山(アサン)政策研究院国際法センター長のイ・ギボム氏は、「政府が国連軍司令部を気まずい存在と見てはならない。国防部にだけ任せるのではなく、青瓦台(チョンワデ、大統領府)がリードし外交部も加勢して全方向的に米国を説得しなければならない」と提案した。

    中央日報 2019年09月18日 09時58分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=257720&servcode=200&sectcode=200


    【【韓国軍は逃げるから米軍でしょ】有事の際の韓半島増援戦力69万人の国連軍はだれが指揮? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/12(水) 14:34:21.17 ID:CAP_USER
    main_183
     
    海上自衛隊ホームページより

    海上自衛隊の護衛艦「いずも」と米原子力空母「ロナルド・レーガン」が10日から南シナ海で共同訓練を行っていることが分かった。日米を代表する艦船が艦隊行動を共にすることで、海洋進出を強める中国への抑止力を誇示する狙いがある。複数の政府関係者が11日、明らかにした。

     海自と米空母が南シナ海で共同訓練を行うのは昨年8月以来。海自からはいずものほか、護衛艦「むらさめ」と「あけぼの」が参加し、「ロナルド・レーガン」と艦隊を組んだ上で戦術運動の確認などを行った。

     海自は4月末から「インド太平洋方面派遣訓練」として、いずもとむらさめを南シナ海やインド洋に長期派遣している。シンガポールやマレーシアなどの沿岸国に寄港して各国海軍との連携を深めたほか、日米印比や日仏豪米などの多国間訓練を重ねて存在感を示している。あけぼのは今月から追加派遣された。

     いずもは海自最大の護衛艦で、政府は同型の「かが」と合わせて事実上の空母に改修し、垂直着陸と短距離離陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bと一体運用する方針だ。

     南シナ海は日本を含む各国にとって重要な海上交通路(シーレーン)だが、中国は「核心的利益」と位置づけ、国際法に反する形で人工島の軍事拠点化を進めている。政府は軍事力の象徴とされる米空母といずもの共同訓練が、中国への強い牽制(けんせい)になると判断している。

    産経新聞 2019.6.12 05:00
    https://www.sankei.com/politics/news/190612/plt1906120003-n1.html


    【【海自】「いずも」と米空母「ロナルド・レーガン」が南シナ海で共同訓練 日米印比や日仏豪米など多国間訓練を重ねて存在感を示す】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル