1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/09/08(水) 02:34:18.97 ID:CAP_USER
myanma-hannseifu
 【バンコク時事】ミャンマーのクーデターで権力を握った国軍に対抗し、民主派が樹立した「統一政府」は7日、国軍に対する「戦闘開始」を宣言し、国民に蜂起を呼び掛けた。

 統一政府の副大統領であるドゥワ・ラシ・ラー氏はフェイスブックを通じて公表した演説で「ミン・アウン・フライン(国軍総司令官)を排除し、独裁体制を根絶する」と強調した。

 ドゥワ・ラシ・ラー氏は「国軍は殺害や拷問、拘束を続けている。残酷な戦争犯罪が繰り返されていることを全世界が知っている」と非難。国民の命と財産を守るため、「軍事政権に対する自衛のための戦闘をきょう開始した」と語った。

 また、全国民に「国軍のテロリストによる支配に抵抗せよ」と促し、少数民族武装勢力にも同調を要請。「平和な国をつくるのに必要な正しい革命だ」と訴え、「命を犠牲にした全員を英雄と認める」と述べた。

9/7(火) 13:05配信記事元 時事ドットコム
https://news.yahoo.co.jp/articles/64e89dd5c3517ef8a4b7a4afc209aa21afd8b764

【【統一政府/副大統領】ミャンマー民主派「戦闘開始」宣言 国軍への蜂起呼び掛け「命を犠牲にした全員を英雄と認める」】の続きを読む