かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:習近平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/03/10(火) 21:29:00.47 ID:CAP_USER
    8CA611B5-ADED-435E-8094-E760044F0269
     
    中国新華社電によると、習近平国家主席は10日、訪問先の湖北省武漢市で 「ウイルス拡散の勢いは基本的に抑え込んだ」と表明した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000161-jij-cn

    【【中国】 習近平国家主席 「コロナウイルス抑え込んだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/03/04(水) 15:08:28.62 ID:SoOQCHp29
    習近平

    日テレnews24

    【速報】中国・習近平国家主席の4月の訪日は延期~日本政府筋
     

    【【速報】中国・習近平国家主席の4月の訪日は延期~日本政府筋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/02/10(月) 15:35:55.49 ID:CAP_USER
     習近平
    習近平主席はたん白質の塊りにすぎない半生命体のウイルスを「悪魔」と命名することで責任を回避し、人民と遊離した中世の権力の座に隠れてしまった。死闘する武漢の現場にも現れず、民心とは遠い皇帝であることを実証した。

    2003年のSARS事態当時、防護服を着て現場で指揮した胡錦濤主席とは対照的だ。世界メディアは「習近平主席はどこにいるのか」と問うている。

    中国政府は「デマはウイルスより悪い」として統制してタイミングを逃した。最も大きな責任は完ぺきな1人権力体制を握った習近平主席にある。にもかかわらず「悪魔」に言及して幽体離脱話法で責任の所在を隠して無誤謬の存在として残ろうとする。代案の執権勢力がない一党制はこのように危険だ。

    武漢の災難を感知して最初に問題を提起した若い医師は警察に逮捕されて反省文を書かされ、診療中に感染して死亡した。抑圧的な体制が招いた悲劇だ。

    感染者発生から50日以上が経過してから、習近平主席は初めて総力対応を促す「特別指示」を出した。武漢では約4万世帯が一緒に食事をする万家宴が開かれ、封鎖前に500万人が連休を迎えて他の地域に抜けた後だった。

    武漢の疫病は初期対応を誤って地球的な災難になった。2002年のSARS事態も中国は5カ月経過してから発生の事実を認めた。中国人はネット上で「我々を殺すのはコウモリでなく政府が強要した沈黙」と怒りを表している。独裁国家の中国の心理と行動は未熟であり、その費用を全世界が支払っている。

    中国は世界保健機関(WHO)までも自国の報道官にした。全世界に非常事態を招いたが、事務局長は「中国政府の対処で新型コロナが海外に広がるのを防いだ」と主張した。

    米国が予算支援を減らす間に資金力でWHOを掌握して生じた笑劇だ。国際機関の政治的中立性までも揺さぶった中国の貪欲は全人類に毒になるだろう。

    中国は自国の70都市以上を封鎖したり住民の移動を制限したりした。にもかかわらず韓国には「中国人を入国禁止にするな」と主張する。我々の生命と安全を軽視しながら「韓国は運命共同体」という。大使の傲慢な言動は19世紀の朝鮮を属国として扱った袁世凱と似ている。

    文政権は総選挙前に習近平主席の訪韓を実現させるために低姿勢を見せた。「運命共同体」発言も文大統領が先にした。米国は中国人の入国禁止措置を取り、中国の同盟国である北朝鮮とロシアも早くから国境を閉鎖した。

    韓国は観光目的の中国人入国禁止措置さえも発表の2時間後に覆した。中国がそれほど怖いのか。自分を無視する相手と運命共同体になるのは奴隷になる道だ。

    中国は自らの力が強まれば恩を忘れる。韓国は中国が人民に銃口を向けた天安門事態で孤立した当時、手を差し伸べて国交を結んだ国だ。中国が2001年に世界貿易機関(WTO)に加盟すると4年後に市場経済の地位を付与した。米国、日本、EUはまだ拒否している。

    にもかかわらず北朝鮮の核の脅威に対抗してTHAAD(高高度防衛ミサイル)を配備したという理由で経済報復をした。そのような国と運命を共にすることはできない。

    悪魔と呼んでも疫病は消滅しない。中国は前近代的な呪術ではなく民主主義と科学で事態を解決しなければいけない。感染症情報を直ちに透明に公開し、全世界が対処できるようにする必要がある。

    中国は春節特需、3月の両会、来年の共産党創党100周年を意識して隠蔽・縮小しようとした。もう中国の発表は誰も信じないだろう。このような国と誰が友人になろうとするだろうか。悪魔はウイルスでなく不信感を招く嘘に隠れている。

    ※本文前後省略

    中央日報 2020.02.10 13:24
    https://japanese.joins.com/JArticle/262381?servcode=100&sectcode=120

    【【韓国】文在寅大統領は「習皇帝」の奴隷になってもよいのか 中国は自らの力が強まれば恩を忘れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/02/05(水) 13:19:51.85 ID:JrZL9LeI9
     3B8CE3B5-7503-4F4C-8AA5-2841E0D31B8F
     菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が、4月上旬を軸に調整している中国の習近平(シーチンピン)国家主席の国賓訪日に与える影響について問われ、「現時点では予定通り行うべく、準備を粛々と進めている。日本から延期を求めることは想定していない」と話した。

     習氏の訪日を前にした日中当局間の協議日程への影響も問われたが、菅氏は「各種の政府間協議、事務レベル協議の具体的な開催日程は決まっておらず、延期したという事実もない」と述べた。

     菅氏はまた、新型肺炎の患者が多く出ている中国・湖北省からの帰国を希望している邦人約140人を運ぶためのチャーター機の第4便の運行時期については、「外交当局間で調整が進展をしている」と話した。

    朝日新聞
    2020年2月5日12時45分
    https://www.asahi.com/articles/ASN2541V5N25ULFA00J.html

    【【菅官房長官】習主席の訪日「日本から延期を求めない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/31(金) 07:26:17.59 ID:OJZZs/AQ9
    07CA7F5B-1B97-4824-9483-2131C572E00E

    https://snjpn.net/archives/178227
    中国・習主席「国賓」来日に反対86% 「新型肺炎」の感染拡大が影響か 緊急アンケート

    ▼記事によると…

    ・中国で発生した新型肺炎の感染が拡大するなか、日本が今春、習近平国家主席を「国賓」として招聘(しょうへい)することに疑問の声が出てきている。夕刊フジは28日午前10時過ぎから29日午前6時まで、公式サイトzakzakで緊急アンケートを実施した。結果は別表の通り。86%が「『国賓』来日すべきではない」を選んだ。

    ・■緊急アンケートの結果

    《質問》中国発の新型肺炎の感染が拡大するなか、日本政府が中国の習近平国家主席を「国賓」として招聘していることについて、どう思いますか?

    (1)「国賓」来日してもよい 10%

    (2)「国賓」来日すべきではない 86%

    (3)分からない 4%

    2020.1.29
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200129/dom2001290011-n1.html

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・まあでもいくら国民が反対してもやって来そう 今の日本なんてそんな国

    ・ヒトラー超える大罪人をなぜ国賓で招き陛下に謁見許すのか?絶対反対です(*´∀`)

    ・傷の舐め合いだけはみたくもない。

    ・もう夏のオリンピックもぶっ飛ぶ勢いなのに、まだ来日する気なのだろうか?

    ・今は遠慮して欲しい。

    ・虎ノ門のアンケートとネットのアンケートでは98%でしたよ。

    ・何故に国賓?

    【中国・習近平「国賓」来日に反対86% ネット「現代のヒトラーあるいはそれ以上の悪党を陛下に会わせるのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/01/19(日) 10:31:49.98 ID:CAP_USER
    ミャンマーの首都ネピドーにある大統領府で、会談を前に握手する中国の習近平国家主席(左)とアウン・サン・スー・チー国家顧問(2020年1月18日撮影)
    no title


    【1月19日 AFP】

    交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブック(Facebook)は18日、盛んに喧伝されている中国の習近平(Xi Jinping)国家主席のミャンマー訪問中、ビルマ語から英語への翻訳で習主席の名前が「Mr Shithole(ミスター・シットホール=ミスター・くその穴)」と誤訳されていたことを謝罪した。

    習氏は2日間の日程でミャンマーの首都ネピドーを訪問。中国国家主席のミャンマー訪問は、約20年ぶりだった。

    しかし、フェイスブックの自動翻訳機能がビルマ語から英語への翻訳で、「習近平」を「Mr Shithole」と誤訳したことで、この歴史的瞬間もかすんでしまった。

    このとんでもない誤訳は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問の公式ページでとりわけ顕著に見られた。

    18日には「中国の国家主席、Mr Shitholeが午後4時に到着」と発表され、続いて「中国の国家主席、Mr Shitholeが下院の芳名帳に記帳した」と投稿された。

    こうした事態を受けてフェイスブックは謝罪し、技術的な問題が原因だと説明。同社の広報は、「フェイスブック上でビルマ語から英語に訳された際の誤訳の原因となった技術的問題を解決した。あってはならないことなので、二度とこのようなことがないよう対処していく」と述べた。

    フェイスブックの説明によると、同社のビルマ語の翻訳データに習氏の名前がないため、システムは音節を表す文字が似た言葉を推測し、置き換えているという。

    フェイスブックがビルマ語の似た単語で試してみたところ、同じ文字が使われる「xi」と「shi」で始まる単語も「shithole」と翻訳された。

    世界に20億人以上のユーザーを持つフェイスブックだが、中国では規制されている。


    2020年1月19日 9:45
    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3264130?cx_part=top_topstory&cx_position=1
    【【Facebook笑】「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/27(金) 18:18:24.61 ID:Cjy9HLZs9
    cn250
     
    <米中貿易交渉での弱腰ぶりを、習政権を支持してきた保守派が「西太后」と猛批判。2020年には習政権の求心力に関わる3つの重要な選挙があり、その勝敗次第では――。本誌年末合併号「ISSUES 2020」特集より>

    中国のインターネットの書き込みで最近、「李鴻章」という歴史上の人物の名前がよく登場している。日清戦争後の対日講和交渉で全権を務めた清朝の重臣で、台湾と遼東半島を割譲し、莫大な賠償金を日本に支払う1895年の下関条約に署名したことで批判され、100年以上経過した今も、漢奸(漢民族の裏切り者)と言われ続けている人物だ。

    その名前が今になってネットに頻繁に登場するのは、彼の名前が習近平(シー・チンピン)国家主席の側近である劉鶴(リウ・ホー)副首相を指す隠語となっているからだ。対米貿易交渉で大幅な譲歩をした劉を、中国のネットユーザーは李鴻章のような「漢民族の裏切り者」と位置付けている。

    12月13日に米中貿易交渉で「第1段階」の合意がまとめられた。その内容が中国国内に伝えられると、「鉄血社区」など複数の軍系・保守派サイトを中心に反発が広がり、「李鴻章をつるせ」「李鴻章を海外に追放せよ」といった書き込みが殺到した。

    米メディアが伝えた合意内容の中に、中国に対し「アメリカの農作物の大量購入」などを義務付け、中国が合意を履行しているかどうかをチェックする権限をアメリカ側に与えたことも含まれている。「中国側に義務、アメリカ側に権利」という内容は、「まるで現代版の下関条約」と批判する意見もあった。

    「李鴻章の後ろにいる西太后を打倒せよ」といった書き込みも見られた。下関条約が締結された当時、決定したのは清朝の最高権力者、西太后だったといわれている。そして今、李鴻章の後ろにいる西太后は、もちろん習を指している。こうした書き込みはネット検閲で削除される。しかしすぐにまた書かれ、削除が追い付かない状況だ。

    <始まった保守派の離反>

    毛沢東路線に回帰し、共産党への権力集中を推進する習政権の前近代的なやり方を批判する書き込みはこれまでもよくあった。しかし、これまでの習への批判は、「天涯社区」など改革派学者などが集まるサイトが中心だった。

    これに対し、保守系・軍系サイトは一貫して習政権を根強く支持する勢力だ。中国では保守派の人数は改革派の数倍おり、構成するのは公務員、昔を懐かしむ老人、退役軍人、農村部の青年といわれている。こうした保守派の存在が、改革派の間で不人気でも習政権がそれなりに安定して政権運営できた理由の1つだ。

    しかし、2018年春から始まった対米貿易交渉で、保守派の習政権に対する信頼は少しずつ薄れていった。期待していたアメリカとの全面対決は全くなく、逆に弱腰的な姿勢が目立ったからだ。

    <「毛沢東がいたらこんなことにならなかった」と人民解放軍幹部>

    「関税の引き上げ」「ファーウェイ排除」「新疆ウイグル自治区問題への干渉」など、屈辱的なことが連続して起きているのにアメリカにほとんど報復せず、不平等条約に近い内容で貿易交渉に合意した──。習支持者には「裏切られた」との思いが強いようだ。

    米中交渉だけではない。2019年春から香港で始まったデモへの対応についても、保守派の不満が高まっている。中国メディアは香港の情報を遮断し、デモに参加するのは「ほんのひと握りの暴徒」などと報じてきた。にもかかわらず、あらゆる手段を使っても沈静化できなかった。そして、中国と香港政府はデモが始まった数カ月後に、デモ隊が求める「逃亡犯条例改正案の撤回」という要求を受け入れた。しかし、デモは依然として週末ごとに行われている。

    「毛沢東がいたらこんなことにならなかった」「トウ小平もこんな優柔不断なことをしなかった」

    (略)

    12/26(木) 12:52配信  ニューズウィーク
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191226-00010003-newsweek-int&p=2

    【【中国】中国「皇帝」習近平は盤石ではない、保守派の離反が始まった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/12/23(月) 23:40:26.42 ID:CAP_USER
    FD10058F-F6AB-47E2-A514-26A091D9F54D
     
    【北京=池田慶太、田川理恵】安倍首相は23日、北京で習近平シージンピン中国国家主席と会談し、北朝鮮の完全な非核化に向けて連携していくことで一致した。首相は沖縄県の尖閣諸島周辺海域での中国公船の活動や中国での邦人拘束について懸念を伝え、習氏に対処を求めた。

     両首脳の会談は、今年6月の主要20か国・地域(G20)首脳会議にあわせて大阪市で行われて以来、約半年ぶりで、来年4月に予定される習氏の国賓来日の成功に向け、協力を強化することで一致した。

     両首脳は会談で、北朝鮮に対し、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議の完全な履行を求めることを確認した。習氏は今後の制裁緩和を求めた。北朝鮮は米国との非核化交渉の期限とする年末を前に挑発行為を続けており、首相は習氏に対し、米朝協議の進展に向けた支援を求めたとみられる。首相は、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた協力も改めて要請した。

     沖縄県の尖閣諸島周辺海域で中国公船による活動が活発化していることについては、首相は習氏に自粛を強く求めた。両首脳は自衛隊と中国軍の偶発的な衝突を回避する「海空連絡メカニズム」などを通じ、海洋安全保障分野の協力を進めることで一致した。首相は中国国内で日本人の拘束が相次いでいることも取り上げ、早期帰国の実現や情報提供など速やかな対応を求めた。

     首相は混乱が続く香港情勢については、「大変憂慮している」との懸念を習氏に伝え、「一国二制度のもと、自由で開かれた香港が繁栄していくことが重要だ」と強調。新疆ウイグル自治区の少数民族問題では、国際社会に対し、「透明性をもった説明」をすることを促した。

     日中関係では、習氏は「私と首相が緊密な意思疎通を保って新しい段階に押し上げ、両国国民にさらに福祉をもたらしていきたい」と指摘。首相は来年4月に予定される習氏の国賓来日について、「極めて重視している。私たちの手で日中関係を次なる高みに引き上げたい」と意欲を示した。

     首相は北京での日程を終えた後、成都へ向かった。24日に中国の李克強リークォーチャン首相、韓国の文在寅ムンジェイン大統領が出席する日中韓首脳会談に臨む。

    讀賣新聞 2019/12/23 22:21 
    【【日中首脳】非核化へ連携一致…安倍首相、尖閣・邦人拘束に懸念示す 香港や新疆ウイグル自治区の問題にも懸念と説明促す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/23(月) 19:34:15.51 ID:6Mc7cBM/9
    no title


    【北京=中川孝之】韓国の文在寅ムンジェイン大統領が23日に訪中し、北京で習近平シージンピン国家主席と会談した。中国側の発表によると、文氏は香港の抗議運動について「中国の内政だ」と述べ、韓国政府として問題視しない姿勢を明確にした。

     中国外務省によれば、文氏は「香港や新疆ウイグル自治区に関わる問題は、すべて中国の内政だと韓国側は認識している」と明言した。「中国の内政」は、中国政府が香港などの問題で米国に反論する際に用いる言葉だ。中国にとっては、米中が対立する問題で米国の同盟国から「中国支持」の言質を取り付けたことになる。官製メディアは文氏の発言を一斉に速報した。

     会談で習氏は、米トランプ政権を念頭に「保護主義と一国主義が世界の平和と安定を脅かしている」と訴え、協力を呼びかけた。

     習氏には米韓の離間を図る思惑がある。中国は韓国に対し、米最新鋭ミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD=サード)」の2017年の韓国配備を受けた観光などでの報復措置の一部を現在も続けている。今後は文政権発足後初となる訪韓をカードに、韓国の更なる取り込みを図るとみられる。

     文氏はTHAAD問題を念頭に、中韓が「しばらく残念な関係が続いた」と述べ、習氏の来年の早い時期の訪韓を求めた。

     両首脳は緊張が高まる朝鮮半島情勢についても協議した。文氏は「現在の状況は韓中だけでなく、北朝鮮のためにもならない」と述べ、米朝対話の早期再開が必要との認識を示した。習氏は「中韓の立場は一致している」と応じた。

    2019/12/23 19:16  読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20191223-OYT1T50247/

    【【韓国】文大統領「香港や新疆、すべて中国の内政」…習主席に明言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/12/23(月) 14:43:59.04 ID:CAP_USER
    no title


    [ソウル経済]ムン・ジェイン大統領が23日、習近平中国国家主席と首脳会談を行い、「しばらくお互いの混乱することができますが、両国の関係は決して離れることができない歴史と文化を持っている」と述べた。高高度ミサイル防衛システム(THAAD・サド)配置後に冷却された韓中関係を根本的に解消しなければならないという点を強調したものと解釈される。

    ドア大統領はこの日午前、中国北京に到着して、日中韓の懸案と北朝鮮の核問題を議論する「クリスマス外交戦」に突入した。ドア大統領は「今年韓中関係と朝鮮半島情勢に多くの成果と変化があった」とし「韓間の交流が活発に取り戻し、両国の貿易が2,000億ドルを超え、800万人を超える国民が隣人のように両国を行き来している」と評価した。続いて「中国の夢が韓国にチャンスになるように韓国の夢も中国に役立つことを願っている」と強調した。

    ドア大統領はまた、「中国はこれまで、韓半島非核化と平和定着のために重要な役割をしてくれた点を高く評価する」とし「米朝対話が中断され、朝鮮半島の緊張が高まる最近の状況は、私たち両国はもちろん、北朝鮮にも決してイロプジない」と述べた。朝鮮半島情勢に不確実性が大きくなる状況で、北朝鮮の「血盟」である中国の役割論を頼んだものと解釈される。ドア大統領は「せっかく得た機会が結実につながるよう、より緊密に協力しては道を望む」と述べた。

    ムン・ジェイン大統領と習近平中国国家主席が23日、北京人民大会堂で首脳会談前握手している./聯合ニュース

    ドア大統領は「孟子は軽視は地理だけず、地理はプリントだけモトハダゴた」とし「韓中は共同繁栄することができる軽視と地理を備えていたプリントだけ加わった場合、一緒に新しい時代を開くことができる」と力説した。また「来年近々主席をソウルで再びブェプギル期待する」と述べた。

    ドア大統領と時主席との首脳会談は、今年6月、大阪主要20カ国(G20)首脳会議を契機に行われたか、6カ月ぶりと今回が6回目の会談である。ドア大統領は時のコメントの会談で、できるだけ領解除と北朝鮮を再交渉のテーブルに復帰させるための方策も講じることが予想される。市主席去る21日(現地時間)ドナルド・トランプ、米国大統領との通話で、 "すべての当事者が妥協し、ダイアログ勢いを維持しなければならない」というコメントをしたとロイター通信が中国国営新華社通信を引用して報道した。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=011&aid=0003670203&date=20191223&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=100

    【【韓国】文大統領「韓中は決して離れることはできない」 ネチズン発狂 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/22(日) 16:10:32.63 ID:sdEiGpcF9
    cn250
     
    ◆ 中国、ネット管理の新規定公表 企業や個人の言論統制強まる

    中国政府は20日、インターネットで企業や個人が発信する情報が習近平国家主席の思想や共産党の方針に沿った内容になるよう、管理を強化する規定を公表した。
    社会秩序を乱すと政府が見なす情報を流した場合などは罰する。
    ネット上の言論統制が強まることは必至だ。

    規定は「すがすがしいネット空間をつくり出す」ことを目的に来年3月1日に施行する。
    国家の安全を損なう内容や「経済や社会の秩序をかき乱す」情報の発信を禁じた。

    規定に違反すると刑事罰を科す場合もある。
    党・政府の解釈次第で幅広い内容が処罰の対象となる可能性がある。

    共同通信
    https://this.kiji.is/580908029108421729?c=39546741839462401

    【【中国】ネットで習近平思想や共産党の方針に沿わない情報を流したら処罰対象に…企業や個人に対する言論統制強まる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/21(土) 08:17:05.35 ID:8MLzKj2E9
     習近平
    【北京=羽田野主、ワシントン=鳳山太成】中国国営の新華社は21日、習近平(シー・ジンピン)国家主席とトランプ米大統領が20日夜に電話協議したと伝えた。米中が貿易交渉の「第1段階の合意」を発表後、両首脳が協議したのは初めて。習氏は米中合意について「中米と世界の繁栄にプラスだ」と歓迎。トランプ氏も20日、習氏と「とても良い話し合いを持った」と発表した。


    新華社によると習氏は「中米が連携を進めるうちに、いくつかの食いちがいが生まれた」と言明。「中米貿易の関係を前向きに進めて両国のプラスにつなげよう」と呼びかけた。トランプ氏は「米中でコミュニケーションを密にとり続け、できるだけ早く第1段階の合意に署名し、実施しよう」と話した。

    一方、習氏は台湾、香港、新疆ウイグルとチベットについて「米国の最近の否定的な言動は内政干渉だ」と強く批判した。「香港人権・民主主義法」の成立などを念頭に「米国が両国関係と重要なプロセスに悪影響をもたらさないようにしてほしい」と要請した。

    北朝鮮問題では「各方面が歩みよることが必要で、対話による緊張緩和の勢いを維持すべきだ」と主張した。トランプ氏は20日、ツイッターで習氏と北朝鮮問題や香港情勢で意見交換し「進展があった」と指摘した。

    トランプ氏は「既に中国が農産品などの大量購入を始めた」とも強調した。米政権は中国が米農産品を年最大500億ドル(約5兆5千億円)購入することで合意したと説明する。中国側は具体的に言及していないが、トランプ氏は習氏との協議に関連して既成事実化することで、支持基盤の農家に成果を訴える狙いとみられる。

    2019/12/21 8:11更新
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53652110R21C19A2000000/

    【【米中】習氏「内政干渉やめよ」、トランプ氏にクギ 電話協議で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/12/19(木) 06:22:44.70 ID:sbNkU93R9

    CE5C9324-9BD5-4932-AA56-D9B152745678

    習氏、返還20周年のマカオ訪問 「一国二制度」成功例との位置付け
    2019年12月18日 22:05 
    発信地:マカオ/中国 [ 中国 中国・台湾 ]


    【12月18日 AFP】中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は18日、ポルトガルから同国への返還20周年を間もなく迎える特別行政区マカオ(Macau)に到着した。マカオの祝賀の様子は、数か月にわたる混乱が続く香港とは対照的だ。

     習氏は同日から、マカオ返還20周年の当日となる20日まで、3日間の日程で同地を訪問。習氏の訪問に先立ち、現地では警備が強化されていた。


     中国指導部はマカオを「一国二制度」の成功例としてアピールしようとしている。共産党幹部らは、カジノで富を成し、中国政府による統治に従順な人口70万人のマカオを大いにたたえている。

     1999年にポルトガルから返還されたマカオでは、香港で広がっているような反政府運動はほとんど見られていない。香港市民の多くは中国政府による統治に怒りを抱いており、6か月前から続いている民主派デモはしばしば暴力沙汰に発展している。

     習氏は19日には、地元の首長らと面会し、夕食会や文化行事に出席する。20日には、マカオの賀一誠(Ho Iat-seng)新行政長官の就任式に臨む予定。

    AFP
     https://www.afpbb.com/articles/-/3260190
     

    【【中国】習氏、返還20周年のマカオ訪問 「一国二制度」成功例との位置付け 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/08(日) 08:29:46.80 ID:CAP_USER
    D8620EE3-9A0E-42DD-87FE-9670A3CD5847
     
    ◆ 韓国与党代表に「敏感な問題の処理を」 

    ◇大統領・長官・与党代表にまで1泊2日の訪韓期間中「THAAD解決」要求

    中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が訪韓期間中に与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表に別個に会い、「敏感な問題をうまく処理すべきだ」と言ったことが6日、確認された。
    「敏感な問題」とは、慶尚北道星州に臨時配備された在韓米軍の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)を意味する。

    今月4日と5日に約4年ぶりに訪韓した王毅外相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、李海チャン代表という韓国側の主要人物全員に「THAAD圧力」をかけて韓国を去ったことになる。
    文在寅大統領をはじめとする韓国側の主要人物たちは「習近平国家主席の早期訪韓」問題を集中的に取り上げたが、王毅外相は確答しなかったとのことだ。
    外交消息筋は「中国が習近平主席の訪韓とTHAAD解決を結びつけようとしている意図が見え隠れする」と話す。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/07/2019120780017.html

    【【韓国悲報】中国の王毅外相、韓国に圧力「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/11/30(土) 17:51:17.29 ID:JNPtN7bq9
     EF1D0AF1-325A-47CC-85B5-AD0891BFFB19
    https://snjpn.net/archives/169498
    御厨一彦さんのツイート

    ほんこん氏
    国会議員が声を大にして言えへんのも気持ち悪いし、安倍総理が習主席を国賓として迎えるのは愚策やと思う。人権弾圧している国のトップを国賓として迎えて天皇陛下に謁見すれば間違ったメッセージとして世界に伝わる。ここは経済を取るのか、魂を取るのか。その覚悟を持って考えんとあかん

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・安倍総理を支持するからといって政府のやるこを無批判に受け入れるのは違うと思う。一有権者として権力とは是々非々の立場でありたい。故に習近平を国賓として招くことには反対だ。理由はほんこんさんと同じ。

    ・公明党、外務省、財界人、経団連に言ってほしいですねぇ。

    ・これこそ野党側が政府にもの申すべきことだと思います。とはいえ、野党の体たらくではねぇ

    ・安倍総理には是非とも魂の方を選択して欲しいですね(´・ω・`)

    ・ひょっとすると人類の未来に拘ることかも知れません。

    ・ホンコンちゃんの言うとおりでっせ。

    ・これは正論。独裁者を国賓で迎えるのは人倫的にありえないなぁ。非人道的ですね。それともバックグラウンドの諸事情があるとか?

    【ほんこん「安倍総理が習主席を国賓として迎えるのは愚策」「人権弾圧している国のトップ…」 ネット「正論」「人倫的にありえない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/11/18(月) 06:10:15.62 ID:zDkc1QFD9
    習近平

    習氏「ウイグル、容赦なく対応を」 米紙が内部文書入手
    上海=宮嶋加菜子
    2019/11/17 21:14 有料記事

     中国・新疆ウイグル自治区で、当局が多数のウイグル族住民を「再教育施設」に収容しているとして国際的な批判が出ている問題で、米ニューヨーク・タイムズ紙は16日、収容政策に関する403ページに上る内部文書を入手したとし、内容を報じた。


     一連の文書は、中国で政治的に地位のある人物から匿名を条件に提供されたものだという。
     習近平(シーチンピン)国家主…
    残り:361文字/全文:519文字

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASMCK516ZMCKUHBI00L.html  【【中国】習氏「ウイグル、容赦なく対応を」 米紙NYTが内部文書入手 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/10/14(月) 17:21:46.19 ID:0CcZCpWU9
    no title
     
    【AFP=時事】香港で4か月にわたり民主派のデモが続いている中、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は、中国の分裂を図る者は「体を打ち砕かれ骨は粉々に」されるだろうと述べた。中国外務省が13日、明らかにした。

    習氏がこの恐ろしい見解を示したのは週末のネパール訪問中のこと。外務省によると習氏は、「いかなる地域であれ、中国から分離させようとする者は体を打ち砕かれ骨は粉々にされて死ぬだろう」と述べ、「中国の分裂を支持するいかなる外部勢力も、中国人からは妄想をしていると見られるだけだ」と指摘した。

    習氏はこの発言で具体的な地名には触れなかったが、13日には香港で再び警察の機動隊と民主派のデモ隊が衝突した。台湾との中国の緊張状態も続いている。中国は、「外部勢力」が香港のデモをあおっていると非難してきた。

    もっとも、中国が世界中から非難を受けるリスクを負ってまで、民主化運動を武力弾圧して多数の死者が出た1989年の天安門(Tiananmen)事件のような動きに出るとみている専門家はほとんどいない。

    10/14(月) 13:53
    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000015-jij_afp-int


    【【中国国家主席】習近平氏「中国分裂を図る者は、体を打ち砕かれ骨は粉々にされて死ぬだろう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/06/28(金) 18:34:57.47 ID:CAP_USER
    EAB52D10-D86C-46E7-AF4D-3CC1F4A3C44F
     
    2019年6月28日、韓国・聯合ニュースは「中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が“封印”されていた高高度防衛ミサイル(THAAD)問題に約1年ぶりに言及した」とし、「中韓関係への影響が注目される」と伝えた。

    主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)のため大阪を訪れている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と習主席は27日に首脳会談を行った。記事によると、会談で習主席はTHAADの韓国配備問題について「解決策を検討してほしい」との考えを示した。

    記事は「中韓外交関係において同問題が表面化するのは約1年ぶりのこと」とし、「同問題をめぐり中韓は文大統領の就任前から激しく対立し、文大統領も解決に悩んだが、2017年10月に『全ての交流・協力を速やかに正常な状態に戻す』との内容を共同発表し、対立を封印することに事実上合意した」と説明している。

    それにもかかわらず中国が再び同問題を持ち出した理由については「米中対立が深刻化し、韓国に対する米国の『華為制裁』への参加要求が強まっているため、THAADを圧力を掛けるためのカードとして使ったものとみられる」と分析している。

    また「長く続いた中国の“THAAD報復”により韓国の化粧品業界や観光業界が揺らいだことを考えると対応方法を決めるのは容易でなく、文大統領はさらに苦心するだろう」としている。

    同日の会談でも、習主席の発言に対して文大統領は「そのために非核化問題が解決されるべき」という「原論的な回答」をするにとどまったという。

    ただ、米中対立がさらに深刻化し、韓国を味方につけるための中国の圧力も強まれば「文大統領も違うカードを検討する可能性がある」と指摘している。

    同日の会談で文大統領は、米中貿易戦戦争をめぐり「米中は韓国にとってどちらも重要だ。まだどちらかを選択する状況ではなく、円満に解決されることを願っている」との趣旨の発言もしたという。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「貿易は貿易で安保は安保だ。THAAD報復を恐れて中国側に付いたら米国に捨てられてしまう。韓国は土地が小さいだけで国が小さいのではない。中国以外にも貿易する国はたくさんある」
    「下手に出る外交は駄目。いっそ中国に進出している韓国企業を全て撤収させよう」
    「国民のプライドを守るのも大統領の仕事だ」
    「北朝鮮の核を完全になくし、2度とつくれない状態にして。そうすればTHAADも不要になる。核の脅威がある中で最小限の防御策であるTHAADの配備もするなと?ただ黙って核攻撃を受けろということか?」
    「韓国が手をつなぐべき国は米国と日本だ」

    など、中国への強硬な姿勢を求める声が相次いでいる。


    2019年6月28日(金) 16時30分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b725129-s0-c10-d0058.html

    【【中韓】韓国の“悪夢”が再び? 中韓首脳会談で中国が1年ぶりにTHAADに言及】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2019/06/28(金) 16:53:40.41 ID:ItOTUgjF9
    no title

    28日、大阪市住之江区のインテックス大阪を舞台に幕を開けた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、 本セッション前の特別イベントに使われた部屋が「普通」だと話題になっている。

    イベントでは、安倍晋三首相と米国のトランプ大統領、中国の習近平国家主席が同じ長机に至近距離で座る場面も。
    インターネット上では「すし詰め」「狭い」といった反応の一方、「無駄に豪華にしても仕方がない」といった感想もあった。

    この日は昼前から各国首脳らが次々と会場入り。集合写真を撮り終えると、別室に移動し、
    「デジタル経済に関する首脳特別イベント」に臨んだ。

    イベントの模様はテレビで中継されたが、短文投稿サイトのツイッターなどでは、肩を寄せ合うように座る首脳たちの様子が話題に。
    「普通の会議室みたい」「アメリカと日本と中国がぎゅうぎゅう」「この狭さは何か狙いがあるのかな」といったつぶやきが続出した。

    一方、日米中3首脳のスリーショットに「絵力がすごい」と好意的にとらえる声もみられた。

    ただ、首脳たちはすぐに、本セッションの会場となる別室へ移動。こちらは席の間にも余裕がある円卓で、 首脳たちは昼食を取りながら、本格的な議論をスタートさせた。

    外務省は会場決定の経緯などについて「お話しできない」としている。

    ライブドアニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/16692030/ 

    【【ほのぼの】G20会場に日米中首脳が「すし詰め」状態で座り話題に。外務省は理由「言えない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おでん ★ 2019/06/23(日) 18:59:36.91 ID:iiOlCDkR9
    習近平
     
    習氏は27日に安倍晋三首相とも会談する予定だ。夕食会も開き、両国関係の改善を確認する。
    日中両政府は習氏の国賓としての日本訪問について2020年春を目指して調整しており、首脳の相互往来を進める方針で一致する。北朝鮮情勢などを巡って意見交換する。

    中国メディアによると、習氏は日本滞在中にロシアのプーチン大統領やインドのモディ首相との3者会談なども予定している。

    中国国営の新華社によると、中国外務省は23日、習近平国家主席が今月27~29日に大阪を訪れ、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席すると明らかにした。

    習氏の訪日は2013年の国家主席就任後初めて。G20に合わせてトランプ米大統領と会談する。
    米中貿易対立を巡り打開策を見いだせるかが焦点になる。

    中国国家主席の訪日は10年11月に胡錦濤国家主席がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため横浜を訪れて以来となる。
    習氏は副主席だった09年に日本を訪れたことがある。

    米中首脳は約7カ月ぶりに会談する。産業補助金や追加関税の扱いを巡る双方の主張は隔たりが大きく、
    トップダウンでの解決を探る。
    米国は中国の通信機器最大手、ファーウェイへの輸出禁止措置を発動しており中国は猛反発している。議題に上る見通しだ。

    北朝鮮の非核化を巡り米中で駆け引きが激しくなっており、首脳会談でもう一つの焦点になる。

    習氏は20、21両日に北朝鮮を訪問し、金正恩委員長と会談。非核化の進め方を巡り協議した。
    北朝鮮は核施設などの廃棄状況に応じて経済制裁を緩める「段階的非核化」を主張。中国も理解を示している。

    米国は完全な非核化を要求しているが、北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩氏はトランプ氏から親書を受け取ったと伝えた。
    金正恩氏は「素晴らしい内容が盛り込まれている」と述べたという。米中が北朝鮮問題の主導権を握ろうと綱引きしているとの見方がある。

    中国本土への容疑者引き渡しを可能にする香港の「逃亡犯条例」改正案を巡り、大規模デモが続く香港情勢も話し合われる可能性がある。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46471970T20C19A6FF8000/

    【【G20】中国 習近平主席、就任後初の訪日 国賓の訪日も2020年春で調整 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル