かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 通り雨 ★ 2018/02/19(月) 08:17:52.82 ID:CAP_USER9
    C14352F8-7F3B-4660-B301-B228567FA4FE

     先日、豪雪に襲われた福井県の国道8号で、自衛隊が人海戦術で復旧作業を行ったことが広く報道されたが、自衛隊がこのように市民の身近なところで活躍する一方、長らく議論の的となってきたのも事実だ。中国でも自衛隊の動向はもちろん注目されているが、中国メディアの今日頭条は14日、日本の自衛隊の存在に危機感を示す記事を掲載した。

     記事は、日本の自衛隊が1954年に施行された自衛隊法によって設けられたもので、その起源は1950年に発足した警察予備隊にさかのぼると紹介。

     さらに、自衛隊の防衛費が膨大な金額に上り、ロシアよりも多く、中国、英国、フランスと同じほどで「世界で5番目」であると主張。しかし、実際には、2016年の軍事費を見ると中国は日本の4.5倍以上と推測されており、ロシアは言うまでもなくインドやサウジアラビアの方が日本の防衛費よりも多く、日本は軍事費ランキングでは8位とされている。記事のデータの根拠はどこにあるかは不明だが、日本の脅威を煽ろうという意図は明らかだ。

     続けて記事は、自衛隊の海外派遣にも言及。2002年のアフガニスタン、2004年のイラクなど多くの海外派遣の例があるため、中国からは憂慮や批判の声が多く出ており、自衛隊は「明らかに軍隊である」とし、「隊」をつけて呼ぶのは「不適切である」と主張した。

     中国では日本の軍国主義復活を煽るような論調が多く見られる。かつて侵略を受けたことで日本に強い警戒感を抱いているのであろう。(編集担当:村山健二)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1653694
    2018-02-17 05:12

    【【中国が批判】日本の自衛隊は「明らかに軍隊」、「隊」をつけて呼ぶのは「不適切」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/16(金) 07:51:44.42 ID:CAP_USER9
    強力な武器で武装した外国工作員が侵入し、首相が自衛隊に治安出動命令を出した-との想定で、陸上自衛隊と茨城県警が15日、ひたちなか市東石川の陸自勝田小演習場や周辺で共同訓練を行った。

     訓練には陸自施設教導隊と県警機動隊の計約80人が参加。自衛隊車両を県警の白バイが先導する緊急輸送訓練などを実施した。自衛隊と県警が共同で検問を実施する手順も確認した。

     訓練では、県警の川上和夫警備部長が「わが国へのテロの脅威は現実のものとなっている。緊急事態への対処能力向上に努めてほしい」と述べ、陸自施設学校の永井克征総務部長は「県内では国体や五輪の開催を控えている。さらに連携を深めていきたい」と語った。

     自衛隊への治安出動命令は、自衛隊法に基づいて、警察力で治安を維持することができない場合に適用されるが、これまで一度も出されたことはない。

    no title


    2018.2.15 22:04
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/180215/afr1802150046-n1.html

    【【治安出動命令】武装外国工作員を制圧せよ!陸自と茨城県警が治安出動共同訓練 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/13(火) 17:22:11.69 ID:CAP_USER9
    th250

     【ウタパオ共同】米軍とタイ軍が主催する東南アジア最大級の多国間軍事演習「コブラゴールド」の開会式が13日、タイ中部のウタパオ海軍航空基地で行われた。タイ軍によると、23日までの日程で、約30カ国からの約1万1千人が平和維持活動や災害救助、人道支援などの演習をタイ国内で実施する。

     自衛隊は約150人を派遣。在外邦人保護のための輸送訓練などを実施する。

     タイ軍のタンチャイヤン最高司令官は開会式で、訓練に参加する兵士らを激励。米国のデービース駐タイ大使は「21世紀の治安問題を克服するためには、参加国間のあらゆるレベルで協力関係の強化が必要だ」と述べた。

    2018/2/13 17:16
    共同通信
    https://this.kiji.is/336050293357888609
    【【軍事】タイで多国間軍事演習開始 自衛隊も在外邦人保護訓練 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/12(月) 11:00:58.27 ID:CAP_USER9
    no title
     
    政府は、米軍が運用している最新鋭ステルス戦闘機「F35B」の導入を検討している。

     複数の政府関係者が明らかにした。2026年度頃の運用開始を目指す。滑走路の短い離島の空港を活用でき、離島防衛能力が高まる。空母化の改修を検討している海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」での運用も視野に入れる。

     政府は、老朽化が進む戦闘機「F4」の後継機として、通常の滑走路に離着陸するタイプの「F35A」の42機導入を決めており、航空自衛隊三沢基地(青森県)に先月、1機目が配備された。

     F35Bについては、年末にまとめる次期中期防衛力整備計画(中期防)に調達する機数を盛り込む。早ければ19年度予算案に関連経費を計上し、24年度頃からの納入を想定している。

    2/12(月) 9:54配信
    YOMIURI ONLINE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00050012-yom-pol

    【【軍事】ステルス「F35B」導入へ、空母での運用視野 政府 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かぜのこ ★ 2018/02/07(水) 20:38:53.79 ID:CAP_USER9
    日米訓練

    陸上自衛隊は「日本版海兵隊」と呼ばれる離島防衛の専門部隊「水陸機動団」が 来月発足するのを前に、アメリカ海兵隊と合同で離島の奪還訓練を行った。

    訓練は、ほかの国が侵入した離島を日米が合同で奪還するという想定で行われた。
    6台の水陸両用車のうち、4台を自衛隊員が操縦して海岸から上陸。
    その後、敵が占拠した建物を制圧する戦闘訓練を行った。

    水陸機動団の新設は、中国の海洋進出に対して尖閣諸島を含む南西諸島の防衛力を 強化することが目的で、来月、長崎県佐世保市の相浦駐屯地に2100人規模で発足する。

    日テレnews24
    http://www.news24.jp/articles/2018/02/06/10384944.html

    【【自衛隊】米軍と離島奪還訓練を実施 「日本版海兵隊=水陸機動団」が来月発足 中国の海洋進出に対して尖閣諸島の防衛力を強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/01(木) 12:24:20.23 ID:CAP_USER9
    kp250
     
    北朝鮮で武力衝突が発生して多数の難民が日本に押し寄せた場合について、政府が陸上自衛隊の演習場に「難民キャンプ」の設置を検討していることが日本テレビの取材で明らかになった。

    北朝鮮からの難民が数千人を超える規模で押し寄せた場合、長崎県大村市などにある「入国管理センター」では収容人数が足りず、対応が課題となる。安全保障を担当する政府高官は「工作員がまぎれている可能性があり、民間施設には収容できない」として、日本海沿岸地域を中心とする陸上自衛隊の演習場に、難民キャンプの設置を検討しているという。

    また、約6万人の韓国にいる日本人については、韓国の空港が封鎖された場合でも、自衛隊の輸送艦などを活用して、長崎県の対馬まで数日で退避させることは可能だとみている。一方、日本人かどうかの見極めが大きな課題になるということで、対応策の具体化を急ぐ考え。

    2018年2月1日 10:24
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2018/02/01/04384501.html

    【【有事対策】“北朝鮮有事” 陸自演習場に難民キャンプ検討 民間施設、工作員がまぎれている可能性 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: じゅげむ ★ 2018/01/31(水) 11:00:47.85 ID:CAP_USER9
    年初に報じられた「耳慣れない兵器」

    北朝鮮ミサイル問題に進展がないまま、尖閣諸島周辺の接続水域を最新の潜水艦と中国海軍の軍艦が航行し、日本の防衛能力は、まさに岐路に立たされている。

    国産の次期防衛兵器は「トランプ・セールス」に完敗状態で、これからはV-22オスプレイを筆頭に、AAV7水陸両用車、グローバルホーク滞空型無人機、陸上型イージス・アショア、長距離巡航ミサイル……とアメリカ製兵器直輸入がメインとなる時代だ。

    そんな中、年初の一部報道で、「電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化」(2018年1月1日付、日本経済新聞)といった見出しが躍った。

    2018年末に改定する中期防衛力整備計画に、予算を盛り込むことを検討しているという。

    取り沙汰されている具体的な「新兵器」がボーイング社の「EA-18G」だ。通称「グラウラー(Growler:「うなる者」の意)」と呼ばれ、ひときわ異彩を放つアメリカ製兵器である。

    グラウラーはアメリカ海軍電子戦機で、F/A-18Fスーパーホーネット艦上攻撃機をベースに開発された。

    アメリカ軍の中でも新しい機体で、2009年から配備が始まり、日本でも横須賀第7艦隊に所属する原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機として、厚木基地や岩国基地に展開している。

    オーストラリア空軍にリースしている12機も含めると、アメリカ海軍全体で約100機を保有しているとされる。

    (略)

    現代ビジネス
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54253

    no title


    【【軍事】謎の新兵器「電子戦機」導入を自衛隊が検討する、本当の狙い 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/25(木) 21:19:31.31 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/111086

    草津白根山の噴火を受けて立憲民主党の枝野幸男が「被害に遭われた皆さんに心からお祝いを申し上げます」と発言したと騒ぎになった件について、滑舌の問題だと本人が釈明した。

    「お見舞いと言った」





    枝野幸男は言い間違いなどではなく正しく「お見舞い」と発言していたと説明する。さらに、そのときの国会では問題になっていなかったと追加で説明した。

    これに対し、ネット上では少なからず「お祝いにしか聞こえない」という声が飛び交う。前後の文脈から悪意はないことは分かるが、それでも騒動に発展するのは当然だろう。被害に遭ったのは草津白根山近くで訓練を行っていた自衛隊員8名だった。
    問題の映像。


    この映像について、少数派ながら「正しく『お見舞い』と言っているように聞こえる」という声もあった。枝野幸男は自分では言い間違いはなかったと説明しているが、ただnetgeekでアンケートをとったところ「お祝い」に聞こえるという意見のほうが多数派。


    本当は言い間違えたのではないかと疑ってしまう気持ちも拭いきれない。

    もっとも、最大の問題はこれが立場が逆で安倍総理や麻生副総理、復興相の発言であれば野党とマスコミが大騒ぎしていたと予想されること。きっと辞任に追い込む勢いでバッシングしていただろう。
     
    【枝野幸男が謝罪「お祝いに聞こえたかも」 安倍総理などの発言であれば、野党とマスコミが辞任に追い込む勢いでバッシングしていただろう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/24(水) 21:52:24.06 ID:CAP_USER9

    群馬県にある草津白根山が噴火した騒動で、立憲民主党の枝野幸男代表が「お祝いを申し上げます」と発言した。
    証拠動画。



    枝野幸男「立憲民主党の枝野幸男です。質問に先立ち、一つ申し上げます。(中略)また被害に遭われた皆さんに心からお祝いを申し上げます」

    正しくは「お見舞い」だろう。ただの言い間違いだとは思うが、これが自民党議員ならマスコミは大バッシングしていたはずで、netgeekではこうして記事にする価値があると思って取り上げることにした。

    ネット上では「つい本音が出たか」という言葉が飛び交う。奇しくも被害に遭ったのは自衛隊員で、枝野幸男が長らく認めていない存在。安倍総理が自衛隊の存在を憲法に盛り込もうとしているのに対し、枝野幸男は猛反対している。

    そしてこのタイミングでの「お祝い」。ネット上では動画が拡散されてざわめきが広がっている。
    草津白根山は噴火で大変なことになっていた。

    ▼黒煙が確認できる。最も危険なのは噴石が飛んでくること。

    ▼こちららの建物では噴石が屋根を突き破って天井に。

    この噴火により、訓練中の自衛隊8名が被害に遭った。

    振り返れば、漢字の読み間違えだけでマスコミから猛烈な勢いでバッシングされた総理大臣もいた。今回の間違いについてマスコミはどう動くだろうか。いち早くnetgeekで記事にしておきたい。

    http://netgeek.biz/archives/111038
    【枝野幸男、噴火被害の自衛隊員に「お祝い」を申し上げる 言い間違いだとは思うが、これが自民党議員ならマスコミは大バッシング 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/01/23(火) 17:52:55.56 ID:CAP_USER9
     群馬県草津町によると、23日午後5時半ごろ、草津白根山の噴火で山頂付近に取り残されていた約80人全員の救助を終えた。重傷者はいない。

    共同通信
    https://this.kiji.is/328454531015263329?c=39546741839462401

    【群馬県 草津白根山、取り残された約80人全員を救助 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/19(金) 21:31:24.60 ID:CAP_USER9

     沖縄県の石垣島(石垣市)を本拠地とする日刊紙「八重山毎日新聞」が12日付の1面コラム「不連続線」で、「石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される」と書いたことを受け、八重山防衛協会、八重山自衛隊家族会、隊友会八重山支部の3団体は19日までに、コラムの記述撤回と謝罪を求める抗議書を、八重山毎日新聞の黒島安隆社長あてに提出した。

     コラムでは、政府による陸上自衛隊配備の是非が大きな争点となる3月11日投開票の石垣市長選や、秋に予定される県知事選などに触れて自衛隊をくさし、「今年の選挙は沖縄の基地負担のありようを問う選挙だ」と強調した。

     3団体は抗議書で「国家の主権と国民の生命財産を守る任務に就く自衛隊および自衛官の尊厳を著しく毀損するものであり、憲法で保障されている職業選択の自由をないがしろにしている」となどと批判した。

     筆者である八重山毎日新聞の上地義男氏は19日付のコラム「不連続線」で「『自衛隊や自衛官の尊厳や名誉を著しく毀損・侵害し、職業選択の自由もないがしろにしている』との意図は全くない。従って記述の撤回や謝罪の意思は全くない」と釈明した。

     そのうえで「沖縄では基地あるがゆえに女性暴行殺人などの米軍犯罪や事故が相次いでおり、自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通りだ」と指摘。「石垣も自衛隊基地ができれば、従来石垣ではなかった自衛隊にまつわる事件事故の可能性は当然予測できるので素朴にそう記述したまでのことだ」と反論した。ただ最後に「自衛官やその家族らの心情に配慮を欠いた面もあるだろうから今後は慎重を期したい」と書き添えた。

     八重山防衛協会の三木巌会長は同日、産経新聞の取材に対し「コラムで筆者は自分の推測にすぎないことを一方的に主張している。自衛隊を犯罪集団と決めつけており、許せない」と憤りをあらわにした。

     八重山毎日新聞は、陸自配備計画に反対の論陣を張っている。ホームページによると発行部数は「1万6000部(公称)」。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/180119/plt1801190024-n1.html 
    【【沖縄】「自衛隊が来ると新たな犯罪や事故が予想される」と沖縄・石垣島の「八重山毎日新聞」1面コラム 防衛協など3団体が抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/19(金) 07:34:27.78 ID:CAP_USER9

    防衛省の福田達夫政務官は下地敏彦宮古島市長に対し、陸上自衛隊の弾薬庫の建設地として市城辺の保良鉱山を選定したと伝えた。地元の頭越しの選定であり、断じて容認できない。

     近く住民説明会を開くというが、これまでの経緯からして、反対する住民の声が無視されることを強く懸念する。
     旧千代田カントリークラブに建設が進む陸自駐屯地の近隣住民説明会は、本格的に工事が始まる前日に開催した。これから開く説明会も、建設ありきで進めることがあってはならない。
     福田政務官は下地市長から理解が得られたと判断したようである。だが市長の理解だけでは不十分だ。周辺住民をはじめ、多くの市民の理解を得ることが建設の最低条件である。近隣地域は既に反対しており、建設を強行することは厳に慎むべきだ。
     保良部落会は昨年12月、弾薬庫建設に対し「有事の際に攻撃目標となることは明らかで、近くで暮らす住民にとっては危険極まりない施設になる」との反対決議を賛成多数で可決している。
     弾薬庫には駐屯地に配備される車載型の地対空ミサイル発射機3基と地対艦ミサイル発射機4基の計7基分のミサイルが保管される。軍事拠点は攻撃対象になる。住民の不安は当然である。
     下地市長は福田政務官に「地域の理解と協力を受けられるように努力をしてほしい」と要望した。現状からして「地域の理解と協力」が得られる可能性は低い。下地市長は今後、地域の理解が進まなければ、容認から反対へとかじを切るべきである。
     看過できないのは、福田政務官の「周辺環境整備事業で希望があれば」との発言である。環境整備は陸自施設と関係なく、取り組むべきものである。建設容認と引き換えに国が予算を出すことは断じて容認できない。
     防衛省は宮古島市に700~800人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊を配備する。駐屯地は2019年2月末までに完成させ、弾薬庫は19年度以降完成の予定である。保良鉱山には弾薬庫だけでなく、小銃の射撃訓練をする覆道射場なども建設される。
     宮古島の要塞(ようさい)化が進むことを危惧する。「観光の島」のイメージダウンにつながらないだろうか。
     防衛省が宮古島市に陸自を配備するのは海洋進出を強める中国を警戒し、島嶼(とうしょ)部の防衛力を強化するためだ。だが沖縄本島と宮古島間の公海を通る中国軍艦に、にらみを利かすことは両国の緊張を高める。陸自配備は市民を危険にさらすことになりかねない。
     中国当局の船の尖閣周辺への領海侵入は許されることではない。だが軍事で対抗するのは誤りだ。話し合いで解決を目指すことが日本のとるべき道である。先島への自衛隊配備はデメリットしかない。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-648905.html 

    【【お花畑】宮古陸自弾薬庫伝達 日中の緊張高めるだけだ 軍事拠点は攻撃対象になる。住民の不安は当然である 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/18(木) 13:13:35.03 ID:CAP_USER9
    PAC3
     
    航空自衛隊ホームページより
     
     安倍晋三首相は18日午前、来日中のオーストラリアのターンブル首相とともに陸上自衛隊の習志野駐屯地(千葉県船橋市)を訪れ、対テロや在外邦人の救出を担う「特殊作戦群」の訓練を視察した。現職の首相が同部隊を視察するのも、外国首脳に公開するのも初めて。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮などを念頭に日豪の緊密な連携を訴える。

     両首脳は北朝鮮の弾道ミサイルから首都圏を守るため、航空自衛隊が同駐屯地に展開している地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)も視察。豪州製の輸送防護車で、地雷や銃撃にも一定程度耐えられる「ブッシュマスター」の説明を受けた。

     特殊作戦群は2004年に発足した300人規模の陸自唯一の特殊部隊。テロやゲリラへの対処を専門とし、安全保障関連法で可能になった在外邦人の救出任務も担うとされる。任務の詳細を明かさないなど秘匿性が高く、視察は報道陣に公開されなかった。

     両首脳は同日夕、首相官邸で会談する。日本は豪州を「準同盟国」と位置づけており、北朝鮮の核・ミサイル開発計画の放棄に向けた連携や日豪安保協力の拡大を確認する。安倍首相がトランプ米大統領とともに提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」での協力も確認する。

    配信2018/1/18 11:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25828170Y8A110C1MM0000/

    【【日豪首脳】陸自「特殊作戦群」や「PAC3」を視察 対北朝鮮で連携アピール 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: らむちゃん ★ 2018/01/12(金) 21:25:40.30 ID:CAP_USER
    senkaku

     外務省幹部は11日、中国海軍の艦船による沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域への進入をめぐり、中国側が「自衛隊が先に接続水域に入った」と主張していることについて「自衛隊の艦船が接続水域に入って何が悪い」と中国側の主張に反論した。

     今年は日中平和友好条約締結40周年にあたり、日中関係改善の兆しが見えつつある中での今回の事態に「なぜこのタイミングなのか」と憤りを隠さない。

     一方、今月下旬で調整している河野太郎外相の訪中への影響は限定的との見方を示し、「言うべきことは言うが、これをもって訪中を取りやめることはしない」と語った。

     産経新聞 2018.1.11 19:20更新 
    http://www.sankei.com/politics/news/180111/plt1801110028-n1.html 

    【外務省幹部「自衛隊が接続水域に入って何が悪い」 中国側主張に反論 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル