かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2021/08/31(火) 16:50:58.10 ID:04z/Zw5B9
    2021083mogi
     茂木敏充外相は31日の記者会見で、アフガニスタンからの邦人退避などをめぐり、自衛隊機派遣が遅れたとの批判に対し、「決して遅かったとは思わない。十分退避に間に合うタイミングで行き、輸送手段も確保した」と反論した。自爆テロの影響で空港への移動が困難になったと指摘。アフガン人の現地スタッフらが「まだ退避できない状況は残念だ」と語った。

     一方、与野党有志による「人権外交を超党派で考える議員連盟」は同日、衆院議員会館で総会を開き、アフガン人やその家族の出国に向け、タリバン側と交渉を続けるよう政府に求めた。自民党の中谷元・元防衛相は記者団に対し、今回の政府対応を問題視。「検証が必要だ」と強調した。
     総会には、自衛隊機で退避した共同通信社通信員の安井浩美さんもオンラインで出席した。

    時事通信 2021年08月31日16時09分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021083100800&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

    【【茂木外相】自衛隊派遣、後手批判に反論 アフガン人退避できず「残念」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ゆき ★ 2021/08/24(火) 12:17:36.33 ID:6YvrYMJc9
    tarihoudou
     イスラム主義勢力「タリバン」の報道官がアフガニスタンの実権を掌握して以降、初めて日本メディアの単独インタビューに応じ、自衛隊の輸送機による在留邦人らの国外退避について「問題ない」と語りました。

     タリバン、ムハンマド・ナイーム報道官:「(Q.自衛隊機と退避する日本人らの安全を保障できますか?)はい、私たちにとって何の問題もありません。各国民が退去、帰国するための機会を与えています」

     タリバンのナイーム報道官は自衛隊の輸送機による在留邦人や日本大使館で働く現地職員らの国外退避を認める考えを明らかにしました。

     一方で、今月末に迎えるアメリカ軍の撤退期限までに自衛隊の活動も終えるよう求めています。

     タリバン、ムハンマド・ナイーム報道官:「外国軍はできるだけ早く撤退した方が良い。米軍と外国軍が決めた撤退期限は8月31日です。私たちは自衛隊が撤退期限を超えて活動するとは想定していません」

     ナイーム報道官は日本政府と大使館を通じて連絡を取っていることを明らかにし、今後、日本との関係強化を望む考えも示しました。

    テレ朝news 2021/08/24 11:50
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000226524.html

    【【アフガニスタン】“邦人の退避認める”タリバン、日本メディアに明言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハロプラズマ(愛媛県) [US] 2021/08/23(月) 20:49:23.52 ID:3SuEFy2P0● BE:135853815-PLT(13000)

    アフガン退避で自衛隊機を派遣 邦人や大使館外国人スタッフも

    アフガニスタン情勢が悪化する中、現地に残る日本人に加え、大使館で働くアフガニスタン人のスタッフなどを退避させるため、岸防衛大臣は自衛隊機による輸送を命令しました。
    自衛隊法に基づく在外邦人などの輸送の任務で外国人を退避させるのはこれが初めてです。
    武装勢力タリバンが権力を掌握しアフガニスタン情勢が悪化する中、現地に残る国際機関の日本人職員、それに大使館で働くアフガニスタン人のスタッフなどを国外に退避させるため、岸防衛大臣は23日、自衛隊機による輸送を命令しました。
    派遣されるのは、鳥取県の航空自衛隊美保基地に所属するC2輸送機1機と愛知県の航空自衛隊小牧基地に所属するC130輸送機2機です。
    このうちC2輸送機は埼玉県の入間基地で現地に向かう陸上自衛隊の隊員を乗せ、23日午後6時20分すぎ、美保基地に向かいました。
    給油などを行ったあと、23日夜にも、周辺国に向けて出発することになっています。
    一方、C130輸送機2機は、24日、現地に向けて出発する予定で、首都 カブールの空港と周辺国との間を往復し、退避を希望する人の輸送を行うということです。
    治安情勢が悪化した海外での自衛隊法に基づく在外邦人などの輸送の任務はこれまでに4回行われていますが、外国人を退避させるのはこれが初めてです。
    また、防衛省によりますと、今回は、航空自衛隊と陸上自衛隊から合わせて数百人規模の隊員が派遣され、自衛隊法に基づき、自身や他の隊員、輸送対象者などの身を守る場合に限って、武器の使用が認められています。
    携行する武器の種類については、明らかにできないとしています。
    自衛隊は、早ければ今週後半にも退避を希望する人の輸送を始めたいとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210823/k10013218311000.html

    佐藤正久@SatoMasahisa
    【在アフガニスタン邦人等輸送に中央即応連隊の誘導輸送隊を派遣】
    空自C-2輸送機で誘導輸送隊が派遣された(誘導輸送隊は写真のような輸送防護車と軽装甲機動車を保有)。
    カブール空港では、ターミナルからC-130までの退避者の安全確保にもあたる。その活動形態は治安状況に併せて柔軟に対応。
    no title

    https://www.mod.go.jp/j/press/news/2021/08/23a.pdf

    【アフガンに向かう自衛隊の輸送機 武装した中央即応連隊が乗っている模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/08/20(金) 15:55:07.49 ID:8Cmv9d1y9
    baidena
    混乱が続くアフガニスタンから、大使館職員や民間人の国外退避を進めているアメリカが、日本政府に対して、自衛隊の派遣を含めた協力を要請していることがわかった。

    外交筋によると、8月31日までに、すべての民間人の国外退避を目指しているアメリカ政府は、同盟国の日本にも民間人を退避させるための協力を要請していて、自衛隊の派遣の可能性などについて協議しているという。

    一方、混迷するアフガニスタン情勢に対応するため、G7(主要7カ国)外相会合がオンラインで開催され、アフガニスタンから出国を希望するすべての人の退避を早急に行うことで一致した。

    バイデン大統領は、「国外退避の対象者は、5万人以上になる」と述べている。

    FNN
    https://www.fnn.jp/articles/-/226950


    【【アフガン】米が日本に自衛隊派遣協力要請 米民間人の退避に向けて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/01(日) 17:08:55.65 ID:CAP_USER
    main_183
    海上自衛隊ホームページより

     2隻の空母を就役させ、3隻目も建造中と言われる中国は海軍力の強化を続けているが、同時に日本の海軍力にも注目しているようだ。中国メディアの百家号はこのほど、日本のいずも型護衛艦の改修工事の進ちょく状況について伝える記事を紹介した。「日本の海軍力が大幅に向上する」とし、強い警戒感を示している。

     記事は、日本メディアの報道を引用し、事実上の空母化に向けた改修を進める海上自衛隊の護衛艦「いずも」は、2回に分けて改修する計画だが、1回目の耐熱塗装などの改修はほぼ完了したようだと伝えた。艦首甲板の形状変更などの2回目の改修は2025年に完了する予定だという。

     この改修について、中国の軍事専門家からは「日本は遠洋での攻撃能力を有することになる。今後、空母打撃群を編成して、大型化、遠洋化が進むことになる」との見方が出ていると伝えた。F35Bを搭載することで、その作戦範囲はこれまでの200キロから1400キロへと大きくなり、これに米軍の長距離対艦ミサイルを搭載すれば、射程は3000キロに広がると指摘し、「これは専守防衛を捨て、攻撃型の武器保有へ転換するとのシグナルだ」と述べている。

     また、今回の「いずも」の改修は、将来的に米軍と合同作戦を実行するためのものだと記事は分析した。軍事専門家によると、最近行われた自衛隊と米軍との訓練「オリエント・シールド21」では、自衛隊は米軍の補佐的な役割を担ったが、現実にはすでに「補佐」の役割だけでなく、「米軍と肩を並べて」作戦を実行する役割へと変化しているという。

     別の専門家は、日本が攻撃型の武器を持つことは、周辺国と領土をめぐる対立がある状況下で一種の脅威となるため、「責任あるアジアの大国として中国は、日本に対して警告を発するべきだ」と主張しており、中国はいずも型護衛艦の改修に強く警戒しているようだ。(編集担当:村山健二)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1701114?page=1


    【【中国はアホなのか?】日本が攻撃型の武器を持つことは脅威となる 責任あるアジアの大国として中国は、日本に対して警告を発するべきだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/06/09(水) 15:11:25.99 ID:CAP_USER
    nitifutubei
    自衛隊が外国軍と共同で行う訓練が今年に入って急増したことが分かった。

    9日、日本経済新聞が今年1~5月に発表されたものを集計した結果によると、自衛隊と外国軍の共同訓練は合計38回で週2回程度だった。

    昨年同期間は4月から5月までの間に合計4回にとどまっていたこととは比較される。自衛隊は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大初期だった昨年上半期は共同訓練を事実上中断し、昨年夏以降に感染予防対策を講じながら訓練を再開した。

    自衛隊の共同訓練は米国だけでなくオーストラリア、インド、欧州国家などを含む多国間での訓練が増加している。日経は訓練の状況は外交関係を反映するとしながら、2018年以降、韓日両国間の共同訓練は一度も行われていないと伝えた。


    中央日報 2021.06.09 15:04
    https://japanese.joins.com/JArticle/279472

    【【自衛隊】今年に入って外国軍と共同訓練急増…韓国とは2018年以降「ゼロ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/06/06(日) 09:59:54.52 ID:CAP_USER
    DF95E5EB-AEFF-45F1-9594-3C2BCE2ECC11
     
    中国は「平和的台頭」を自称しているが、中国のネット上では平和とはほど遠い議論も少なからず散見される。中国メディアの網易はこのほど、「日中が戦ったとしたら、自衛隊と人民解放軍のどちらが勝つのか」と問いかけ、分析する記事を掲載した。

     記事はまず、日本の軍事力について分析した。米グローバル・ファイヤーパワー誌の軍事力ランキングで日本は世界5位と評価されており、特に近年では中国の台頭に伴い、米国は日本に対する軍事面でのコントロールを緩める傾向にあると指摘した。事実、日本は長射程巡航ミサイルの開発を表明しており、開発に成功すれば中国にとって脅威になるという。

     しかし記事は、自衛隊がいくら実力を備えているとはいっても人民解放軍とは「比べものにならない」と主張した。例えば、海軍力では艦艇数で日本を大きく上回っており、日本にはない原子力潜水艦もあるほか、055型駆逐艦の攻撃力は海上自衛隊の艦艇を圧倒しているという。

     空軍力についても、中国はJ20が大量に配備されており、日本がF35を導入しても中国空軍は数で上回るので「徒労に終わる」と主張した。また、陸軍の保有する大量のミサイルはどんな敵であっても「震え上がるほど」の規模だという。それで、「日本が再び中国に戦争を仕掛けても、人民解放軍が応戦することになれば、昔の借りもまとめて返せるだろう」と自信を見せた。

     記事は、中国の軍事力は日本を圧倒していると主張しているが、日本の潜在能力を軽視するべきではなく、強く警戒し続け、気を緩めるべきではないと戒めて記事を結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1699707?page=1

    【自衛隊と人民解放軍がぶつかったら「一体どちらが勝つのか」=中国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/06(木) 17:55:28.80 ID:iKr2jfie9
    FD46175C-D8E5-4C45-AA31-CBA64D141270

     中国は近年、台湾の防空識別圏に戦闘機や爆撃機などを侵入させて挑発を続けている。米国では議会で米軍司令官が「6年以内に中国は台湾に侵攻する恐れがある」と証言し、武力衝突の可能性が取り沙汰されてきた。

     もし、近い将来に台湾が戦場になれば、日本政府が真っ先にやるべきは邦人救出である。元航空自衛隊三佐で軍事評論家の潮匡人氏がいう。

    「台湾には現在約2万人の邦人がいるが、これはコロナ禍で減った数字で、収束して元の水準に戻れば4万人にもなる。それこそ中国から弾道ミサイルが撃ち込まれている中で、これだけの人数をどう救出するのか。

     具体的には、オスプレイを活用して在留邦人をピックアップし、輸送機C2、もしくは政府専用機に乗せて帰国させる。場合によっては、陸自の特殊作戦群(特殊部隊)の投入もあり得るかもしれない」

     自衛隊が防衛出動した場合、何ができるのか。自衛隊が大きな力を発揮するのが、“海の中”だ。

    「自衛隊が台湾有事で活躍できるのは潜水艦の運用です。P1やP3Cといった哨戒機で、中国の潜水艦の位置を探知する。その位置情報を米軍に伝え、米艦艇が対潜ミサイルなどで沈める。自衛隊機が対潜魚雷などで沈めることもできる」(前出・潮氏)

     この点については、軍事ジャーナリストの井上和彦氏も口をそろえる。

    「海自の『そうりゅう』型やその後継の『たいげい』型は世界最高性能を誇る通常型潜水艦で、性能の高さだけでなく、世界最強の米海軍と共同訓練を行なっているので、練度も高い。

     洋上を機動する中国海軍の空母をはじめとする水上艦艇に対しては、高性能の魚雷やハープーン対艦ミサイルで攻撃できる。もちろん中国潜水艦に対しても優位に戦う能力がある。日本の潜水艦が展開するだけで、中国海軍の行動を牽制することができるだろう」

     敵の潜水艦を駆逐する戦闘でも、自衛隊に分があるという。対潜水艦では索敵能力が極めて重要で、先に相手を発見したほうが勝つとされている。

    「海自の対潜能力(ASW)は世界一とも言われている。海上自衛隊はその誕生から、対潜水艦作戦に重点を置いてその能力向上に努めてきた。保有する護衛艦には最新鋭の対潜装備の他、高性能の哨戒ヘリコプターも搭載している。さらにP1およびP3C哨戒機も多数保有しており、これらを駆使して水中の敵潜水艦を探知して捕促し、対潜魚雷、対潜ロケット、対潜弾投射機で攻撃する。

     台湾有事では、表では米中がドンパチやっている中で、文字通り水面下で、潜水艦による“神経戦”が繰り広げられることになろう。日中開戦となれば中国がもっとも恐れるのは海上自衛隊の対潜能力と潜水艦戦力と言っていいのではないか」(前出・井上氏)

     前出・潮氏は、軍事衝突の行方は日本の準備と覚悟にかかっているという。

    「現状の法制度では、台湾有事に自衛隊が本来持つ能力を発揮するのは難しい。ただ、自衛隊の軍隊としての能力は中国軍を上回っていると見て間違いない。中国の装備は徐々に向上しているが、まだ自衛隊のほうがレベルが高く、隊員の練度も中国より高い。正面からぶつかれば自衛隊は中国軍に負けない。

     制度を整え米軍と一緒に作戦を行なえるのだとすれば、複数の安保シンクタンクの台湾有事のシミュレーションで中国が勝つとなっていたシナリオも、覆すことはできる」

     有事になってからでは遅いということだ。

    ※週刊ポスト2021年5月7・14日号

    ヤフーニュース


    【台湾有事に自衛隊が参戦したら? 軍事評論家「正面からぶつかれば自衛隊は中国軍に負けない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/03(月) 16:10:26.36 ID:CAP_USER
    hyuga
    海上自衛隊ホームページより

     防衛省は、2021年5月に日米仏の共同訓練を九州で行うことを発表した。これを受けて中国メディアの捜狐はこのほど、日本に対する強い警戒感を示す記事を掲載した。

     記事はまず、自衛隊は近ごろ、軍事に関する様々な活動を積極に展開していると主張し、「これは対外的に明確なシグナルを発していると言える。それは、日本はもはや軍事的な野心を隠さなくなったということだ」と主張した。中国では、自身の野心は棚に上げたうえで「日本は野心的だ」とやたら強調する傾向があると言えるだろう。

     続けて記事は、これまでの日本の軍事力について振り返り、冷戦時代は米国の黙認のもとに対潜水艦能力を発展させ、アジアにおける「米国の駒」となっていたと主張した。冷戦終結後も、ロシアをけん制するため米国は日本の軍事力を支持しているとしている。

     そして、近年ではヘリコプター搭載護衛艦を改造して艦載機を搭載できるようにする計画で、それは空母への改修と見なされていると指摘した。それでこうした動きに対して専門家からは、「日本の通常兵器の軍事力は、世界各国が警戒を強化するべきレベルにまで発展している」との見方が出ていると論じた。

     そのうえで記事は、核兵器を使用しないという前提で日本を倒せる国は数えるほどしかないと分析した。それは「米国、ロシア、中国、英国、フランス」の5カ国だとしている。最後に、福島原発の処理水の海水放出の決定について触れ、「日本が自分勝手な振る舞いを続けるなら、必ずその報いを受けるだろう」と警告して記事を結んだ。(編集担当:村山健二)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1698873?page=1

    【日本の通常兵器は極めて強い! 「核兵器なし」で日本を倒せる国はほとんどない=中国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハゲ頭ちゃん ★ 2021/05/02(日) 02:32:55.69 ID:PAKkmEB39
    hyuga
    海上自衛隊ホームページより

    防衛省・自衛隊は南西諸島への輸送体制を強化する。沖縄県・尖閣諸島周辺では中国が領海侵入を繰り返し、脅威が高まっている。有事に出動する部隊へ燃料や装備品、弾薬、食料などを運ぶ専門組織を2024年に新設する。

    陸海空の自衛隊が共同で海上輸送部隊をつくる。搭載能力が2000トンの中型船1隻と、同1000トン未満の小型船3隻を配備する。航空機で運びにくい重い装備品も輸送できる。

    南西諸島の離島では水深が浅...

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA274750X20C21A4000000/

    【自衛隊、尖閣対処へ輸送部隊新設 離島防衛を後方支援】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/19(月) 21:05:44.57 ID:w5udk9kA9
    https://anonymous-post.mobi/archives/7761
    岸信夫防衛相は19日、ニュージーランド(NZ)のヘナレ国防相とテレビ会議形式で会談し、両国による初の共同訓練実施に向け調整することで合意した。

     会談で、岸氏は中国海警局の武器使用権限を明記した海警法について「深刻な懸念」を表明。両氏は、「法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序が重要」とのメッセージを発信する方針で一致した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041900898&g=pol

    (略)

    【【世界中で支那畜をフルボッコ】対中国に加わる国また増える 自衛隊、ニュージーランドと初の共同訓練へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/03/28(日) 06:38:09.31 ID:CAP_USER9
    abe
    安倍氏、改憲に重ねて意欲「自衛隊違憲論に終止符」 - 

    安倍晋三前首相は27日、新潟市内での講演で、憲法9条への自衛隊明記を含む憲法改正の実現に重ねて意欲を示した。「命懸けで自衛官の諸君がスクランブル(緊急発進)のため飛んでいく基地の横に『自衛隊は憲法違反』という立て看板がある。この状況に終止符を打つことが私たちの責任だ」と述べた。

    平成24年の第2次安倍政権発足以降の約8年間に触れ「われわれは今、改憲に取り組んでいるが、この8年間で達成することはできなかった。残念な思いだ」とも語った。

    産経ニュース 2021.3.27 21:37
    https://www.sankei.com/politics/news/210327/plt2103270010-n1.html


    【【安倍・前首相】改憲に重ねて意欲「自衛隊違憲論に終止符」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/20(土) 17:46:38.39 ID:wye9whP99
    kisiboueisyou3

     岸信夫防衛相は19日夜、BSフジ番組「プライムニュース」に出演し、沖縄県・尖閣諸島防衛を想定した日米共同訓練を実施する考えを明らかにした。岸氏は、共同訓練に陸海空の自衛隊が参加する統合訓練が望ましいとの認識を示し、「より実戦的で高度な訓練を行いつつ、日米が一つになって動けることを証明していく」と強調した。日米で、軍事的覇権拡大を進める中国に対峙(たいじ)する決意と覚悟を明確にした。

     番組では、16日に開催された日米防衛相会談と、日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)に注目した。

     岸氏は「中国海警局の船は昨年、連続で57時間も尖閣周辺の日本領海に侵入した。接続水域を含めると(過去最多の)333日も航行し、日本漁船を追い掛け回した。日米で、非常に危険であり、国際法上、受け入れなれないという、厳しい認識を共有した」と語った。

     2プラス2後に発表された共同文書では、尖閣が米国による防衛義務を定めた日米安保条約第5条の適用対象だと再確認し、「日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する」と言明している。

    (略)

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210320/pol2103200004-n1.html


    【尖閣防衛想定、日米共同訓練へ…中国に対峙する覚悟を明確に 岸防衛相「自衛隊統合訓練が望ましい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/11(木) 18:00:37.38 ID:CAP_USER9
     2011年の東日本大震災では、自衛隊の活動にも大きな注目が集まりました。発生当日から現地で救援活動を始め、同時に原発対応にも当たることになった自衛隊員たち。そのトップとして、かつてない災害派遣を指揮したのが、折木良一統合幕僚長(当時)です。

    【画像】松島基地内の建物に突っ込んだ自衛隊の戦闘機

     あのとき、なぜ自衛隊は迅速に動けたのか。また、米軍や民主党政権とはどんなやり取りがあったのか――。近現代史研究家の辻田真佐憲さんが聞きました。(全2回の1回目/ 後編に続く )

    ◆ ◆ ◆
    阪神・淡路大震災の教訓が活きた

    ――3.11から、今年でちょうど10年が経ちます。今から振り返ると、過去の様々な災害と比べて、東日本大震災ではすぐ10万人態勢を整えるなど、自衛隊の初動がかなり早かった印象があります。それができた理由は、何だったとお考えですか。

    折木 自衛隊はこれまで災害派遣を何度もおこなってきましたが、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災のときには、災害派遣要請が遅かったとか、自衛隊の出動が遅かったとか、そういう話もありました。それを機に、災害が起きたらすぐに出るという、即応体制の訓練をやって、自治体との連携もとれるようになってきました。そうした改善が活きたという面はあると思います。

     また、東日本大震災のときは震災そのものが大きかったので、「これは自衛隊が出なきゃいけない」というのは、組織としても、それから各部隊としても、直感的に感じたわけです。だから、そういう面でも動きが早かったのかな、と。当日で8000人くらい、それから約1週間で後方支援も含めて10万人態勢を作り上げたんですが、平成16年(2004年)の中越地震などと比べると、かなりのスピードアップができたと思っています。

    ――被災地では自衛隊員が食事を優先的に被災者へ渡して、自分たちは冷たい缶詰を食べていた、などという話がよく語られていました。
    国民に理解される、信頼される存在へ

    折木 そうですね。そもそも自衛隊は、社会的に認められていないところから始まって、そこから国民に理解される、信頼される存在にならないといけない、という意識がずっとあったんです。だからこそ創隊の時代から、災害派遣の場面では真摯に、真剣に対応をしてきました。その姿が徐々に認められてきたのです。

     なので、東日本大震災だけが特別だったわけではなくて、それまでの災害派遣やそれに伴う教育訓練、それから海外での活動などで培われてきたノウハウが、究極的に示されたのが東日本大震災だった、と捉えています。派遣期間も長くて、原発に関して言えば、年末の12月26日くらいまで災害派遣をしていたので、自衛隊の姿がより皆さんの目に見えた、という部分もあったと思います。

    ――“缶詰の話”がある種美談として語られる一方で、折木さんは災害時こそ一人二役ではなく、二人一役であるべきではないか……つまり、こういうときこそきちんと休みをとらせた方がいいとも仰っていますね。ただ、そのためには我々や、もしかしたら自衛隊自身の意識も変えていく必要があるのかな、と思うのですが、その点はいかがでしょうか。
    次ページは:「3月いっぱいはちょっときつかった」

    (略)

    ヤフーニュース(文春オンライン)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c39297817f3f3d90dedb40966bab75b4e9aeb118


    【【パヨク悲報】文春「自衛隊関係者、3.11当時の官邸にかなり批判的な方も多い」 元自衛隊トップ「頭に来ている部分もありますよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/02/27(土) 08:28:50.33 ID:hzAuy6N59
    kisiboueisyou

    中国・海警局が尖閣上陸 重大凶悪犯として武器使用も選択肢
    26日 14時19分
     岸防衛大臣は東シナ海で領海侵入を繰り返す中国・海警局の船舶について、尖閣諸島に上陸を図った場合、自衛隊の武器使用も選択肢となるとの見解を示しました。

     「海警の船舶がどのような行動をとるかによって、これは状況によって、変わってくるというふうに考えております。個別の状況に応じて判断するべきことだと思います」(岸信夫防衛相)

     岸大臣は尖閣諸島周辺での自衛隊の海上警備行動で、正当防衛や重大凶悪犯の抵抗などに対して武器使用が認められる「危害射撃」について、中国・海警局の船の行動によっては実行を判断できるという考えを示しました。

     「危害射撃」は警察官職務執行法で規定されており、自衛官による海上警備行動にも準用されます。

    TBS news
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4208848.html

    【岸防衛大臣「領海侵入を繰り返す中国・海警局が尖閣諸島上陸を図った場合、重大凶悪犯として自衛隊の武器使用も選択肢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2021/02/17(水) 13:37:14.62 ID:Rwaat33c9

    政府は16日、沖縄県の尖閣諸島沖の領海に同日未明、中国の海上保安機関・海警局(海警)の船2隻が新たに侵入したと発表した。政府は、海警の武器使用条件を定めた「海警法」施行後、尖閣諸島への日本の実効支配を覆そうとする試みを中国が強めているとみて警戒している。

    第11管区海上保安本部(那覇市)によると、16日午前4時15分頃、尖閣諸島・大正島沖の領海に海警船2隻が入った。このうち「海警1305」は砲のようなものを搭載。他の1隻と共に4人乗り日本漁船(9・97総トン)を追いかけるように領海に入り、約6時間にわたって居座った。

    15日に南小島付近から領海に侵入した2隻も、別の日本漁船を追尾するように動き、一時、計4隻が二手に分かれて日本漁船を追ったため、海上保安庁の巡視船が間に入るなどして漁船の安全を確保した。16日午後0時20分頃までに4隻とも領海外に退去した。

    加藤官房長官は16日の記者会見で、砲のようなものを搭載した海警船が日本領海で漁船に接近した例は、昨年と一昨年に1回ずつあったと明かした。日本政府によると近年、海警船の大型化が進み、1万トン級の船もあるとみられる。

    日本政府は外交ルートを通じて中国に抗議した。茂木外相は16日の記者会見で、「2日連続で領海に侵入し、日本漁船に接近する動きを見せたことは誠に遺憾で、断じて容認できない」と強調した。

    中国側の相次ぐ挑発行為に、自民党内では、2015年に当時の民主党と維新の党が国会に提出した「領域警備法案」を参考に、新たな法整備を模索する動きが出ている。

    現状は、海保で対応できない事態になった場合に海上警備行動を発令し、海上自衛隊が対処する仕組みだ。同法案は、首相が事前に指定した「領域警備区域」で、自衛隊が不法行為への対処を行える内容になっている。16日の自民党の外交部会などの合同会議では、出席議員から「外交ルートだけでは(挑発は)止まらない」との懸念が相次いだ。

    ただ、政府は「平時に自衛隊が対処すれば中国海軍が介入する口実を与える」(防衛省幹部)として、新たな法整備には慎重だ。

    中国側は、日本漁船が尖閣周辺に入れば「即座に追尾を目指す態勢を敷いている」(日中関係筋)という。沖縄県石垣市の八重山漁協専務の伊良部幸吉さん(52)は「海警法の施行で、多くの漁師たちが尖閣に行くと中国の船から射撃されるのではと危機感を抱いている」と語った。

    尖閣諸島周辺海域を航行する中国海警の船(昨年10月撮影、第11管区海上保安本部提供
    no title


    2021/02/17 09:47 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210216-OYT1T50185/

    【【尖閣沖】日本の実効支配を覆す試みを中国強める…防衛省「平時に自衛隊が対処すれば介入の口実与える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/02/13(土) 17:18:08.68 ID:CAP_USER
    takesima
     
    ※東亞日報の元記事(韓国語)
    [単独]軍、日の独島侵攻シナリオと対応文書作った
    https://www.donga.com/news/Politics/article/all/20210211/105380064/1

    韓国紙・東亜日報は11日、韓国軍当局が「日本の自衛隊の独島(竹島)侵攻作戦のシナリオと、これを防御するわが軍の対応戦力などを明示した内部文書を作成して、昨年12月に国会に報告した」と報じた。

    同紙はこれについて、米国のバイデン政権が中国けん制のための韓米日三角協力の重要性を強調している状況下、こうした文書の存在が外交的な論難を呼ぶ可能性があるとの懸念を示している。

    報道によれば、問題の文書には「自衛隊の独島奪還作戦シナリオ」というタイトルが付けられている。同紙は、このタイトルも問題視している。

    「奪還」というのは奪われたものを取り返すという意味であることから、「まるで独島が日本の地であるかのように『独島奪還』という表現を使ったのは不適切だという指摘が出ている」としている。

    タイトルの表現はさておき、この文書の存在は極めて問題だ。日韓関係は「史上最悪」と言われる状況にあるが、それでも両国は米国を介して安全保障上の友好国だ。間接的な「同盟国」と言っても過言ではない。

    この文書が作成された目的について韓国軍当局は、戦略資産(新兵器)導入の妥当性を説明するためだったと説明しているという。

    しかし、そんな説明には何の意味もない。日本を仮想敵としてシミュレーションしなければ必要性を説明できないような兵器は、現状では必要ないはずだ。

    それでも「必要だ」と主張するのは、そのような状況がいずれやってくると強く信じているかのような印象を与える。

    最近の軽空母導入論議もそうだが、文在寅政権下の韓国はいたずらに日本をライバル視するあまり、国際政治のバランス感覚を失っているように思える。

    ちなみに東亜日報の報道によると、この文書は自衛隊が3段階の作戦を取ると想定しているという。

    第1段階ではサイバー戦と先遣隊の派遣、

    第2段階ではイージス艦1隻と潜水艦2~4隻、F-15などの戦闘機と早期警戒管制機などを動員して制空・制海権を確保、

    第3段階でおおすみ型輸送艦とチヌークヘリ(CH-47)、ホバークラフト(LCAC)などで2個~3個半小隊を上陸させるというものだ。

    報道によると、このシナリオは2012年12月に日本の研究者が雑誌で発表したシミュレーションを参考にして練られたという。

    元の雑誌記事がどのような内容かはまだわからないが、果たして自衛隊がこのような行動を起こす状況が実際に生じうるのだろうか。筆者にはとうてい、そのようには思えない。

    いくら日韓関係が良くなくても、現在の情勢の中にここまでの状況を予想させる具体的な要素はないだろう。このシナリオは、韓国軍の「空想」に過ぎない。

    しかしそうであっても、現実の外交に悪影響を及ぼす「危険な空想」ではあるだろう。


    2/12(金) 6:05 ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20210212-00222117/


    【【韓国】「自衛隊は3段階で攻めてくる」韓国軍の危ない空想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [NL] 2021/02/12(金) 14:52:20.00 ID:VMlqdAlS9
    no title

    岸信夫防衛相=12日午前、首相官邸(春名中撮影)


     岸信夫防衛相は12日の記者会見で、韓国軍が島根県・竹島(韓国名・独島)への自衛隊「侵攻」のシナリオと、対応する韓国側の戦力を明示した内部文書を作成したとされる問題に関し、韓国に抗議したと明らかにした。「日本が軍事的脅威を高めようとしている認識を持っているなら全くの事実無根だ。極めて遺憾だ」と強調した。

     防衛省によると、同省課長が11日夜、在日韓国大使館の武官に事実関係の説明を求めた上で「竹島はわが国固有の領土であり、全く受け入れられない」と伝えた。武官は韓国の従来の立場に基づく見解を示したという。

     会見で岸氏は、北朝鮮対応で日韓、日米韓の連携が必要だとして「韓国に適切な対応を求めたい」とも語った。

    産経新聞 2021.2.12 13:17
    https://www.sankei.com/politics/news/210212/plt2102120011-n1.html 
     

    【竹島へ自衛隊「侵攻」シナリオは事実無根 岸防衛相が韓国に抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/02/11(木) 23:27:31.50 ID:CAP_USER
    takesima

     【ソウル共同】韓国紙の東亜日報は11日、韓国軍が島根県・竹島(韓国名・独島)に自衛隊が「侵攻」するシナリオと、対応する韓国側の戦力などを明示した内部文書を作成し、昨年12月に国会に報告していたと報じた。

     最新型軍備導入の必要性を説明する文書の一部で「自衛隊による軍事的脅威からの防御のため、新たな戦略資産が必要だ」と強調したという。

     軍は野党議員の照会に対し、実際の作戦とは無関係の参考資料で、日本の兵器研究家が発表した仮想の侵攻シナリオを参考にしたと説明した。

     東亜日報は、米政権が中国けん制へ日米韓協力を強調する中で、外交的に議論を呼ぶ恐れがあるとした。

    2021/2/11 17:25 (JST)2/11 21:13 (JST)updated 共同通信
    https://this.kiji.is/732510459515043840

    【【共同通信】韓国軍が自衛隊竹島侵攻シナリオ 最新型軍備導入の説得用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2021/02/07(日) 05:50:37.70 ID:4CtnfRW39

    硫黄島の石を記念に持って帰ると原因不明の高熱に悩まされる…。自衛隊関係者の間に伝わるジンクスがSNS上で大きな注目を集めている。

    きっかけになったのは元自衛官のぱやぱやさん(@paya_paya_kun)の「防大研修で硫黄島に行くときは"絶対に石を拾って帰るな"と
    注意事項を受ける。理由は硫黄島の石を記念に持って変えると原因不明の高熱に悩まされるジンクスがあるため。」という投稿。

    硫黄島と言えば日米両軍あわせて約25000人もの人が亡くなった太平洋戦争の激戦地。なにかしらの心霊現象があっても
    おかしくないと思う人が多いのか、ぱやぱやさんの投稿に対し、SNSユーザー達からは「硫黄島の宿舎に水の入ったコップを夜置いておくと、
    朝起きる頃にはコップが空になっているという話を聞いたことがあります。」「空自の輸送機パイロットの話し。硫黄島に物資を運んだ帰り。
    離陸しようとすると、空荷のはずなのに機体が重い重い。どうにか高度を取って飛行していると、聞こえるらしい。貨物室から大勢の声が。
    "帰れるな""ああ、やっとだ""家族に会える"」「似たようなもので、宮島の厳島神社も源氏流れの人が行くと後日体調を崩すというのもありますね」
    など数々のコメントが寄せられている。

    https://www.daily.co.jp/society/life/2021/02/06/0014060890.shtml 

    硫黄島
    no title

    【【自衛隊】硫黄島の石を記念に持って帰ると原因不明の高熱に悩まされる…。自衛隊関係者の間に伝わるジンクスが話題】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル