かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:航空会社

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/07/06(月) 12:43:07.71 ID:CAP_USER
    kr250

    出口のない韓国航空業界…乗客90%減、大規模失職の心配まで(1)

    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態の余波で最悪の時期に苦しんでいる韓国航空業界が下半期にも茨の道に直面するという懸念の声が上がっている。新型肺炎以前の需要回復まで少なくとも2~5年がかかるという悲観的な見通しが続いている中、イースター航空発大規模失職事態に対する懸念の声も高まっているためだ。

    5日韓国航空協会によると、今年4-6月期の大韓航空を含む国籍航空会社9社の国際線旅客数は32万8348人で、昨年4-6月期(1521万7359人)に比べて97.8%急減した。1-3月期に続いて4-6月期まで新型肺炎の余波が続き、今年上半期だけで6兆5000億ウォン(約5825憶円)に達する売り上げの被害が発生したと推算される。

    航空会社別では国際線の運航率が20%台に留まった大韓航空の4-6月期の国際線旅客数は19万458人で前年同期(504万4013人)より96.2%減った。アシアナ航空も昨年4-6月期348万9554人から今年4-6月期には12万574人へと96.5%も国際線のお客さんが減った。格安航空会社(LCC)の中で唯一国際線の定期便を運航しているチェジュ航空の4-6月期の国際線旅客数も1万3127人で、昨年同期(201万1633人)に比べて99.3%急減した。

    海外旅行が事実上不可能な状況の中で旅行需要が国内に集まり、それなりに国内線旅客数を確保したという評価だ。4-6月期の国内線旅客数は524万6248人で、前年同期(843万8524人)に比べて37.8%減少した。だが、今年4-6月期もLCCを中心に国内線路線拡大の競争の中で航空券価格が下がったせいで航空会社の売り上げ回復には大きな影響を与えなかったという。航空業界関係者は「下半期には無条件危機から脱出しなければならない」としながら「各航空会社が国内線の拡大と国際線路線の運航再開で突破口を見出しているが、簡単ではない状況」と話した。

    国籍航空会社は新型肺炎で遮られた空の道を開けるために速度を出している。ティーウェイ航空は22日から仁川(インチョン)-ホーチミン、仁川-香港2路線の運航を再開する。国際線の運航再開は4月ぶりだ。これに先立ち、エアプサン、エアソウル、ジンエアー、イースター航空などLCCは新型肺炎事態で3月から一時的に国際線の運航を全面中止したことがある。

    大韓航空は今月国際線の35路線を週179回運航する。6月に比べると仁川-ダラス、仁川-ウィーンの路線が追加された。アシアナ航空も仁川-大阪、仁川-ロンドン、仁川-パリなどの運航再開に出る。

    また、他の航空業界関係者は「新型肺炎事態が現在進行形で、入国制限措置を取る国が多く旅行需要の回復は遅い状況」とし「路線変動の可能性が大きく運航スケジュールがいつでも変わり得るが、まず供給を増やしていくという計画」と話した。  

    中央日報 2020.07.06 07:51 
    https://japanese.joins.com/JArticle/267758?servcode=300&sectcode=320
    【【韓国】韓国航空業界 乗客90%減、大規模失職の恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/04/06(月) 16:25:56.19 ID:CAP_USER
    kr250
     
    【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大が長期化し、世界的に航空便の利用が激減するなか、韓国の航空業界は済州線など一部回復傾向がみられる国内線を中心に活路を模索している。

     航空業界によると、格安航空会社(LCC)のエアソウルは6日から金浦―済州線を週32往復に拡大した。当初、週25往復だったが、先月から週2~3往復に減らしていた。

     エアプサンも、先ごろ釜山―済州線を毎日3往復から5往復に、金浦―済州線も毎日2往復から3往復に増便。先月から運航を取りやめていた蔚山―金浦線、蔚山―済州線を今月末から再運航することも検討している。

     ティーウェイ航空は、今月25日から5月31日まで清州―済州線の不定期便を毎日4往復運航することを決めた。

     ジンエアーも金浦―済州線を平日は1日6往復、週末は8~10往復に増便している。

     このような動きは、近ごろ済州路線の搭乗率が70~90%台に上昇していることを受けたものだ。

     エアソウルの関係者は「海外旅行が難しくなり、済州など国内線が回復傾向を示している」とし、「4月は平均85%以上の搭乗率が予想され、週末は1日5~6往復に運航回数を増やして便宜性を高めた」と述べた。

     別の航空会社の関係者も「済州線は基本的に需要がある」と説明した。

     ただ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「社会的距離の確保」の強化期間が延長された上、国内線の旅客需要も回復には至っておらず、当分の間航空業界の苦境は続く見通しだ。

     国土交通部の航空統計によると先月の済州空港の発着旅客数は96万9206人で、前年同月(216万7259人)の半分にも満たない。

     航空会社の関係者は「これまでに比べて運航便数がほぼ半減しているため、実際の利用客数に比べて搭乗率が多少高く感じられる面もある」と指摘する。

     別の関係者は「現在運航できるのは国内線しかないため、各航空会社が国内線を増便しており、再び需要より供給が多くなっている」とし、一部路線は運航回数を増やした後に再び減らしたと説明した。

     このような中、済州では他地域から来た新型コロナウイルス感染者が有名観光地を旅行したことで市中感染の懸念が高まっており、花見の自粛や祭りの中止などの措置が取られている

    ヤフーニュース 4/6(月) 15:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00255451-yonh-int

    【【韓国航空業界】頼みは国内線のみ 韓国航空会社が済州線を相次ぎ増便 現在運航できるのは国内線しかない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/01/28(火) 09:24:35.33 ID:CAP_USER
    kr250

    韓国1位の航空会社である大韓航空が昨年10-12月期に赤字に転落したと推定される。大韓航空は昨年7-9月期に韓国系航空会社で唯一営業利益を出した。昨年10-12月期に韓国系航空会社が最悪の業績となったと推定される中で最近の新型コロナウイルスによる新型肺炎まで加わり今年の業績見通しも暗いという分析が出ている。

    27日の航空業界によると、大韓航空とアシアナ航空の大手航空会社2社とチェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアプサンの格安航空会社(LCC)4社が今週から来月中旬にかけて昨年10-12月期の業績を相次ぎ発表する。

    航空業界と証券業界では航空会社9社のいずれも昨年10-12月期に赤字を記録したとみている。市場情報提供会社Fnガイドによると、昨年10-12月期の航空会社別営業損失は、証券会社推定値平均でアシアナ航空が893億ウォンで最も多く、チェジュ航空も408億ウォンの大幅な営業損失を出したと推定される。

    昨年7-9月期に韓国系航空会社で唯一1179億ウォンの営業利益を記録した大韓航空も10-12月期には赤字に転落するものと証券業界は予想している。証券会社は300億ウォン前後の営業損失を出したと推定している。ハナ金融投資のパク・ソンボン研究員は「日本と香港路線の需要不振、東南アジアと中国路線の競争激化により大韓航空も赤字に転落しただろう」と説明した。

    大韓航空子会社のジンエアーの305億ウォンをはじめ、ティーウェイ航空が254億ウォン、エアプサンが259億ウォンと営業損失を避けられないものと推定された。未上場会社であるイースター航空とエアソウル、フライ江原(カンウォン)は四半期業績を発表していないが、業界ではこれら企業も赤字を出したとみている。

    今年に入り新型肺炎問題まで加わり航空業界の心配はさらに深まっている。仁川(インチョン)~武漢路線を週4便運航していた大韓航空は24日から31日まで該当路線の運航を中断し、ティーウェイ航空も21日に新規就航予定だった仁川~武漢路線を暫定中断した。

    中央日報 2020.01.28 09:07 
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/261918?servcode=300&sectcode=320

    【【韓国】大韓航空まで赤字…「新型肺炎」の暗雲まで押し寄せる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/21(金) 12:09:44.64 ID:CAP_USER
    E6D3C414-94E6-4800-8186-D900E9DAE89E
     
    デルタ航空は、大韓航空の親会社である韓進KALへの出資する。

    韓進KALは、韓進グループの持株会社で、大韓航空の最大の株主。出資比率は4.3%で、当局の承認を経た後に、段階的に出資比率を10%に引き上げる。

    デルタ航空と大韓航空は、2018年5月から太平洋路線で共同事業を展開しており、アメリカ290都市以上とアジアの80都市以上を結ぶ路線網を持つ。両社はともにスカイチームに加盟し、仁川国際空港の第2ターミナルを発着している。デルタ航空はミネアポリス~ソウル/仁川線やボストン~大阪/関西線、大韓航空はソウル/仁川~ボストン線を新たに開設している。

    デルタ航空のエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は、「私たちは、大韓航空のチームとともに、米国とアジアを結ぶ最強のネットワーク、最高のサービス、最高の経験を提供し、私たちの共通の顧客のために世界をリードする太平洋横断ジョイントベンチャーを提供するというビジョンを持っています。」とコメントし、出資により共同事業のさらなる強化に自信を示した。

    https://www.traicy.com/20190620-DLKEinvest

    【【Kの法則発動するか?】デルタ航空、大韓航空親会社の韓進KALに出資 出資比率は段階的に10%へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル