かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:虐待

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/06/26(土) 07:43:50.75 ID:CAP_USER
    inuniku
    2021年6月24日、韓国・アジア経済は、韓国の犬肉農場の劣悪な環境の実態について伝えた。

    記事によると、京畿道(キョンギド)特別司法警察団が昨年4月から1年間、道内の犬飼育施設と動物関連営業施設を対象に取り締まりを行った結果、違法行為65件が摘発された。

    農場で飼育される犬は「劣悪な環境」で放置されており、ある動物保護団体は「ほとんどの農場が飼料ではなく、食品廃棄物を畜産廃棄物などと混ぜて餌にしていることが確認された」とし、「業者から食品廃棄物を不法供給しているとみられる犬農場も35%以上に上る」と説明したという。

    家畜糞尿法に基づく排出施設の届け出を行なった農場も60%にすぎず、残りの40%は違法であることも明らかになった。その他、建築法など他の法規違反事例を考慮した場合、違法農場の数はさらに多いものと予想されるという。全国で犬農場が最も多いとされる京畿道だけでも、約502カ所の農場が営業していると推定されている。

    また、動物虐待も深刻な問題となっている。犬の場合、1ケージ当たり1匹、運動場のようなところで数匹一緒に飼育してはいけない、日よけの設置などが畜産農協組合の基準として設けられているが、道内の南楊州(ナムヤンジュ)市の農場では、犬たちが狭い飼育場の汚物が散乱する中でほえ叫び、横たわるスペースもなく、鉄の柵に寄りかかって寝ていた。水も満足に与えられず、残飯に浮かぶわずかな水や床にたまった水を飲んでいたという。

    さらに、自治体の取り締まりの弱さも指摘されている。今年4月に摘発された仁川西区では、2018年から農場近くのアパート住民から「犬農場から逃げ出した犬がアパートや山に出てきては住民を脅かしている」「犬の鳴き声が激しくなっている。犬の死体が放置されている」などと苦情が寄せられていたが、区役所は適切な措置を取らなかった。この農場では、犬の死体やケガをした犬が約30頭発見された。動物保護団体によると、犬が逃げられないように意図的にアキレスけんを切ったものと推定される。当時、現場には虐待道具と見られるロープやつるはしなどの危険な道具や、生ごみ、腐った水が放置されていたという。

    動物保護団体は「動物に対する安全性の点検は全くない。政府は動物保護に対する政策の方向設定をしなければならない」と訴えているという。

    これを受け、韓国のネット上では「ひどすぎる」「人間が一番残忍」と驚く声が上がり、「こんな非衛生的な環境で飼育された犬肉など食べたくない」「かつて食べ物がなかった時は犬を食用にしていた。でも今は食べ物があふれているから、犬肉農場はいらない」との声も。

    その他「法律の改正が必要」「京畿道だけでも502カ所あるって分かってて、なんで取り締まり・処罰しないの?自治体は責任感がなさすぎる」「動物保護団体ももっとしっかり活動して取り締まって」「合法的かつ衛生的になるにはと畜場法を合法化しなければならないが、動物保護団体がこれに反対して阻止してる」「文大統領は動物法強化を公約として挙げていたのに、何か成果はあった?」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b188047-s0-c30-d0194.html

    【【韓国】アキレスけんを切られ水も飲めない犬たち…劣悪すぎる韓国の犬肉農場、その実態に韓国ネットも驚愕「残忍だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/03/08(月) 18:59:46.13 ID:CAP_USER
    kr250
     10歳のめいに対して暴行を繰り返し、浴槽の水に入れる「水拷問」で虐待、死亡させたおば夫婦が起訴された。祈とう師のおばは、めいが霊に取りつかれたと信じ、これを追い払うために犯行に及び、めいに犬のふんをなめさせるなどの過酷な行為もしていたことが分かった。

     水原地検女性児童犯罪調査部(キム・ウォンホ部長)は、死亡したAさんのおばB被告(34)とおばの夫で国楽演奏家のC被告(33)を殺人や児童虐待などで拘束、起訴したと7日、明らかにした。B被告夫婦は先月8日午前11時20分ごろ、京畿道竜仁市内の自宅マンション浴室でAさんの手足を縛って動けなくした後、水の入った浴槽に複数回、頭を無理やり突っ込んだり出したりを30分以上繰り返し、Aさんを死亡させた容疑が持たれている。

     検察の捜査の結果、B被告夫婦は今年1月24日にもAさんに対して水による拷問をした。これらの虐待行為は、昨年12月末からAさんが亡くなるまでの合計14回続いていたことが分かった。特に、今年1月20日には、Aさんに自分たちが飼っている犬のふんを強制的になめさせ、この様子を写真と動画で撮影、保存していた。

     国立科学捜査研究院の解剖の結果、Aさんの死因は、続発性ショックと水死だった。続発性ショックとは、外傷などで血液の循環が減少し、酸素不足の状態が呼吸困難を招くものだ。検察関係者は「Aさんの遺体には広範囲の皮下出血が発見された。左肋骨(ろっこつ)が折れていて、食道から子ども前歯が1本発見された」と明らかにした。食道から発見された前歯は、この夫婦が子どもの頭を浴槽に押し込んだ際、顔がぶつかって折れたり、抜けたりし、これを子どもが飲み込んだと推定されるという。

     B被告夫婦は「めいは言うことを聞かず、大小便をもらしていた」と犯行の動機を明らかにした。しかし、検察は、自宅を神堂として祈とう師を職業としていたB被告の「除霊」によりAさんが犠牲になったと見ている。検察は、夫婦が撮影した動画で、「霊にとりつかれているので、追い払わなければならない」というB被告の言葉を確認した。

    チョ・チョルオ記者

    朝鮮日報 記事入力 : 2021/03/08 11:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/08/2021030880045.html

    【【韓国】「霊に取りつかれた」と10歳のめいを拷問…犬のふんをなめさせ動画撮影 殺人容疑のおば夫婦拘束】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/30(土) 20:37:24.93 ID:19q50Qax9
    kr250

    韓国で9歳の男児をスーツケースに計7時間閉じ込めるなどして死亡させた41歳の女に、二審で懲役25年の刑が言い渡された。中国メディアの海外網が29日、「韓国全土を震撼させた事件」として伝えた。

    事件が起きたのは2020年6月1日。被告の女は同居していた義理の息子である男児がゲーム機を壊したのを黙っていたことに立腹。縦50センチ、横29センチ、高さ71.5センチのスーツケースに3時間にわたり閉じ込めた。その後、さらに小さい(縦44センチ、横24センチ、高さ60センチ)スーツケースに閉じ込め、窒息死させた。

    体重140キロの被告は、男児を閉じ込めたスーツケースを実の娘と一緒に踏みつけたほか、スーツケースの隙間からドライヤーで熱風を送ったり、粘着テープで隙間をふさいだりしていたという。

    29日の二審判決では、裁判所は「被告人は、自分の行為によって男児が死亡する可能性があることをよく分かっていた。犯行の残虐さは常人の想像を絶するもの」と指摘。一審の懲役22年を上回る判決が言い渡された。(翻訳・編集/北田)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b870617-s0-c30-d0052.html 

    【韓国の女(41歳)、9歳義理の息子をスーツケースに7時間閉じ込め140キロ巨体で踏みつけ →息子は窒息死】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル