かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:西之島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/12/05(木) 21:53:32.53 ID:IuhVk4Xu9
    西之島

    小笠原諸島・西之島で噴火か 警戒範囲拡大―気象庁
    2019年12月05日21時39分

     気象庁は5日夜、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)で噴火が発生した可能性があるとして、火口周辺警報を「火口周辺危険」から「入山危険」に引き上げ、大きな噴石や溶岩流への警戒範囲を「山頂火口から約500メートル以内」から「約1.5キロ以内」に拡大した。海上警報も発表した。

     気象衛星ひまわり8号による観測で、5日午後3時ごろから同島付近が高温になっていることが分かった。噴煙は検知されていない。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120501139&g=soc  【【速報】小笠原諸島・西之島で噴火か 警戒範囲拡大―気象庁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2019/09/12(木) 20:47:16.52 ID:3cLCTRIM9
    no title

    噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島の西之島を環境省などが3年ぶりに上陸調査した結果、
    噴火後初めて「オナガミズナギドリ」の繁殖が確認されました。

    小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、6年前に活発な噴火活動が始まって溶岩が流れ出し、 海上保安庁などによりますと、島の面積はことし5月の時点で、もとのおよそ10倍に広がっています。

    噴火活動が低下していることから、環境省と動植物や地質の専門家は、今月3日から5日にかけて
    3年ぶりに上陸調査を行いました。

    その結果、土の中に巣を作る「オナガミズナギドリ」について、巣穴の中にヒナや卵が見つかり、
    噴火後初めて繁殖が確認されたということです。

    また、噴火前には確認されていなかったカニや貝類などが生息していたということです。

    環境省などは今後も定期的に調査を行い、西之島の生態系の変化を観察していくことにしています。

    調査に参加した森林総合研究所の川上和人主任研究員は「考えていたよりも速いスピードで海鳥の繁殖が始まっていた。
    調査を続けることで島の生物学を解明できるのではないかと期待している」と話していました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190912/k10012079061000.html 


    【【しま】西之島、3年ぶりに上陸調査。噴火後初めて「オナガミズナギドリ」の繁殖を確認。面積はもとのおよそ10倍に。環境省 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Hikaru ★ 2019/05/22(水) 18:24:04.00 ID:N+tG3jTw9
    西之島の地形図と海図を改訂 2年ぶり、噴火で領海拡大
    共同通信 2019/5/22 18:08 (JST)
    https://this.kiji.is/503852594865505377

     東京・小笠原諸島に位置する西之島が噴火で拡大し、領海と排他的経済水域(EEZ)を合わせた日本の「管轄海域」が約50平方キロ広がったことを踏まえ、
    31日に同島周辺の地形図と海図を約2年ぶりに改訂することになった。
    国土地理院と海上保安庁が22日、明らかにした。

     改訂前に比べ、西之島の面積は0.17平方キロ増え2.89平方キロに拡大、標高も17メートル伸び160メートルとなる。
    領海は約4平方キロ、EEZは約46平方キロそれぞれ広がる。

     西之島は無人島で、2013年、約40年ぶりに噴火した。国土地理院と海保は同年6月、地形図と海図を改訂した。

    ◇ 2018年7月に撮影した東京・小笠原諸島の西之島(海上保安庁提供)
    no title

    【【小笠原諸島】西之島の地形図と海図を改訂 2年ぶり、噴火で領海拡大 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しゅわっち'92 ★ 2018/10/05(金) 20:45:44.14 ID:CAP_USER
    8ED83512-6D34-48DB-9422-A0ADF40C9789

    小笠原諸島・西之島の面積が拡大
    (東京都)


    ■ 動画をみる
    小笠原諸島の西之島の面積がさらに広がっていることがわかった。 先月28日に撮影された西之島の最新映像では、山頂付近から白い蒸気が上がっているのがわかる。
    今年7月に海上保安庁が航空機で測量したところ、去年7月と比べて、島の面積が東京ドーム2個分以上にあたる、
    およそ10ヘクタール広がっていることがわかったという。これにより、日本の領海と排他的経済水域が広がる見込み。
    [ 10/5 18:38 NEWS24]

    日テレnews24
    http://www.news24.jp/nnn/news890183781.html

    【【火山島】小笠原諸島・西之島の面積が拡大】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/07/13(金) 07:21:05.64 ID:CAP_USER9
    no title


    小笠原諸島の西之島が11か月ぶりに噴火しました。気象庁は、火口からおよそ500メートルの範囲内では、噴火に伴い大きな噴石が飛んでくる可能性があるとして、警戒を呼びかけています。

    この映像は、12日正午過ぎ、海上保安庁の航空機が上空から西之島を撮影したものです。火口から茶色い噴煙がおよそ100メートルの高さまで上がり、小規模な噴火が発生したと認められます。

    気象庁によりますと、西之島で噴火が確認されたのは去年8月以来、11か月ぶりですが、島の近くの海に変色した様子などは認められないということです。

    気象庁は、引き続き「火口周辺警報」を出して、火口からおよそ500メートルの範囲内では、噴火に伴い大きな噴石が飛んでくる可能性があるとして、付近を航行する船舶などを対象に警戒を呼びかけています。

    7月13日
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3420268.html

    【【小笠原諸島】西之島 11か月ぶりに噴火 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル