かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:西沙諸島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/08/25(日) 22:00:13.30 ID:CAP_USER
    11CE4034-3121-40E2-8579-51631682A56D


    2019年8月24日。南シナ海は多国間の領土紛争問題があり、世界一複雑な海域でもある。

     現在、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、台湾と中国の6カ国が領土と主張している。中でも中国は一方的に、冒涜な行為を行い、独占する意図を持っている。

     既に、スプラトリー諸島に6環礁と岩、パラセル諸島の2島を改造し、3000メートル級の滑走路を建設、軍事施設を建造、軍隊を常駐させた。その他隣諸国の船舶と設備を破壊、擾乱、脅威の行為をたびたび行っている。

     南シナ海は地域と世界の安全保障、航海と航空安全にとって重要である。関連国と国際社会は中国の冒涜的行為に、敢然な対応をすることが必要だ。中でもアメリカの存在は、重要な役割を占めている。平和、安定、安全保障と自由航行を守るため、中国の危害な行動に強く抗議しているからだ。

     中国の攻勢行動は、各国際会議においても最優先事案になっている。アメリカの国会議員も下院に「南シナ海及び東シナ海で中国を懲罰する」法案の提出を呼びかけている。

     日本は南シナ海の平和、安定、安全保障、自由航行のために、アメリカとの演習を常に行っている。世界が、一致団結して、中国にストップをかけるしかない。


    【編集:LK】

    -Global News Asia- 2019年8月25日 6時30分 
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5863&&country=1&&p=2


    【【かつては日本の海】南シナ海での中国の暴徒を止めないと手遅れにー米国を中心にした関係国の団結が必要】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2019/06/10(月) 14:47:37.95 ID:kTCbsx4/9
    西沙諸島
     
    中国船?がイカ2トン強奪=ベトナム漁船から-西沙沖

     【ハノイ時事】ベトナムのトイチェ紙(電子版)はこのほど、中国とベトナムが領有権を争う南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島沖でベトナム漁船が、漁獲したイカ2トンを中国籍らしき船舶に持ち去られたと伝えた。
     漁船は「ここは中国の海域だ。今後は操業を認めない」と警告を受けたという。

     記事によれば、漁船は先月25日、ベトナム中部を出発した。
     今月2日、西沙諸島のトリトン(中国名・中建)島付近で停泊中、中国国旗を付けた船が接近。
     武装した乗組員らが漁船に乗り込み、貯蔵庫のイカを自分たちの船に積み替えた。
     漁船の関係者は「(乗り込んできたのが)海賊のようだったので、抵抗しなかった」と証言した。

    時事通信 2019年06月10日14時39分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061000586

    【【中国国営海賊】中国船?がベトナム漁船からイカ2トン強奪「ここは中国の海域だ。今後は操業を認めない」  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: AHRA ★ 2019/03/08(金) 16:41:24.44 ID:ur51Mv9R9

     2DD9CA7B-F802-4530-8BE0-0F496CAEB6C7
     7日のベトナムメディアによると、南シナ海・パラセル(中国名・西沙)諸島付近で6日、ベトナム漁船が中国船の体当たりを受け沈没した。乗組員5人は救助された。中国船の詳細は不明。

     パラセル諸島は中国が実効支配しているが、ベトナムなども領有権を主張。近海では中国船によるベトナム漁船への妨害行動がたびたび起きている。

    2019.3.7 22:04
    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190307/wor1903070031-n1.html

    【【南シナ海・パラセル諸島】ベトナム漁船、中国船から体当たり受けて沈没  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/10/29(月) 09:53:17.75 ID:CAP_USER
    no title
     
    台風を回避しようとした韓国の軍艦が、中国が主張している領海を侵してしまったことと関連し、中国政府が韓国政府に抗議の意を伝えていたことが確認された。 

      26日、韓国海軍および関係当局によると、先月中旬、ソマリア近海での任務を終えて復帰した駆逐艦「文武大王(ムンムデワン)」は、当時スーパー台風22号「MANGKHUT」の進路を避けて予定航路を変更し、南シナ海側のパラセル諸島に接近した。 

      パラセル諸島は中国が「西沙群島」と呼んで領有権を主張している場所で、ベトナムと領有権争いを行っているところでもある。 

      中国海軍は領海侵犯を警告するために韓国側との交信を試みたが連絡がつかず、文武大王は約10分間、該当の海域を航行した。 

      中国国防部側は当時「韓国の駆逐艦が、事前の許可なく西沙群島12カイリ(1カイリ=1.852キロメートル)領域に進入することによって、中国の法律を違反した」と抗議していたことが分かった。今月19日にシンガポールで開かれた韓中国防相会談でもこの問題が扱われていたという。海軍関係者は「中国側に当時の状況を詳細に説明し、中国もこれを理解した」とし「国際法によると、人道的目的でも純粋な目的なら事前許可がなくても外国軍艦の領海経由を許容している」と伝えた。 

      これについて、一部からは中国がこれを理由に今月10~14日済州(チェジュ)で開かれた国際観艦式に参加しなかったのではないかとする声も出ている。 

      国防部と海軍関係者は「中国の観艦式不参加は内部事情のためだったと承知している」とし「中国が観艦式不参加の理由として当時の事件を取り上げたことはない」と説明した。

    2018年10月29日08時45分  
    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/526/246526.html?servcode=A00&sectcode=A30&cloc=jp|main|top_news

    【【韓国軍艦】台風避けようと中国領海を侵犯…中国政府が抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/10/07(日) 07:37:43.19 ID:CAP_USER9
    no title
     
    7日から日本を訪れるベトナムのフック首相が6日、NHKなどの取材に応じ、中国が南シナ海で人工島の軍事拠点化を進めていることについて「地域の平和と安定、航行の自由を守るため、日本には責任と役割を果たしてほしい」と指摘し、日本の積極的な関与を期待する考えを示しました。
    ベトナムのグエン・スアン・フック首相は7日から10日まで日本を訪れ、9日には東京で開かれる「日・メコン首脳会議」に出席するほか、安倍総理大臣と会談する予定です。

    訪問を前にフック首相は6日、ベトナムの首都ハノイでNHKなどの取材に応じ、このうちインタビューでは「日本はこの地域の国々にとって貿易や投資の面で最も重要な国の1つであり、数百億ドルに上る投資で地域の発展を支えてきた」と述べ、ベトナムを含むメコン川流域の発展に日本が貢献してきたと感謝の意を表しました。
    一方、ベトナムが領有権を主張する南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で、中国が人工島にレーダー施設のような建物を完成させるなど軍事拠点化を進めていることについては「南シナ海では国際社会が深い懸念を示すような事態が頻発している。関係国は国際法を守り、状況を複雑化させるような行動を取らないことが必要だ」と文書で指摘しました。
    そのうえでフック首相は「地域の平和と安定、航行の自由を守るためにも、日本には責任と役割を果たしてほしい」として、日本の積極的な関与を期待する考えを示しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181006/k10011661851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

    【【中国の南シナ海侵出】ベトナム首相、日本の積極的関与期待 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/09/06(木) 18:41:32.76 ID:CAP_USER9
    C1E087EE-ABF1-40C2-94EA-9594B2E15D79
     
     【北京時事】中国政府は6日、英海軍の揚陸艦「アルビオン」が8月31日に南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島周辺の「中国の領海に進入した」と発表した。

     中国外務省の華春瑩・副報道局長は記者会見で、「英国に厳正に申し入れ、強烈な不満を表明した」と述べた。  
    9/6(木) 18:30配信 時事通信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000110-jij-cn 

    [6日 ロイター] - 英海軍の揚陸艦アルビオンが中国が主権を主張する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島付近を航行したことが、2人の関係筋の話で明らかになった。海軍の報道官は「航行の自由」に関する権利を行使したと説明した。 

    関係筋によると、日本国内と周辺での活動を終えた同艦は、ベトナムのホーチミンに向かう途中で西沙諸島近くを航行。ホーチミンには3日に到着した。 

    関係筋の1人は、中国はアルビオンに警告するため、現場海域にフリゲート艦1隻とヘリコプター2機を派遣したと明らかにした。ただ、双方ともに冷静な対応を取ったという。 

    別の関係筋は、アルビオンが領海に入ることはなかったが、西沙諸島周辺海域の過剰な領有権の主張を英国が認めていないことが示されたと説明した。領海は海岸線から12カイリ内の海域とされている。 

    西沙諸島は中国が実効支配しているが、ベトナムと台湾も領有権を主張している。 

    英海軍の報道官は「アルビオンは国際法・規範に完全に則り、航行の自由について権利を行使した」と説明。 

    中国の外務、国防両省はこれまでのところコメントの求めに応じていない。 

    米海軍は過去に西沙諸島周辺で、軍艦を航行させる「航行の自由作戦」(FONOP)を実施しており、他国にも同様の行動を取って協調するよう呼びかけている。 

    ソース ロイター 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000060-reut-cn

    【【ガンダムは搭載していません】英海軍・揚陸艦「アルビオン」、南シナ海・西沙沖を航行→中国「強烈な不満」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/12(火) 21:26:05.26 ID:CAP_USER9
     
    中国のミサイル発射台、南シナ海の島に再び出現 

    2018.06.12 Tue posted at 10:44 JST
    (CNN) イスラエルの情報企業イメージサット・インターナショナル(ISI)は11日、複数の国が領有権を争う南シナ海パラセル(西沙)諸島のウッディー島をとらえた衛星画像を公開し、中国が同島から撤去したと思われていたミサイル発射台が再び出現したと伝えた。

    ISIは6月初旬、それまで多数の地対空ミサイル発射台が設置されていた場所に何もなくなっている画像を公開し、中国が発射台を撤去したらしいと分析していた。

    この時点で軍事専門家は、発射台はメンテナンスのため一時的に撤去されただけではないかと指摘。米ランド研究所のティモシー・ヒース氏は、「同島の塩分と湿気による腐食作用が原因で、ミサイルシステム紅旗9は、メンテナンスのため定期的に撤去して本国に送り返す必要がある」と話していた。


    ISIが公開したウッディー島の衛星画像では、5月20日の時点で写っていた海岸のミサイル発射台と思われる設備が、6月3日の画像で姿を消し、8日の画像では再び出現している。

    南シナ海では米軍が活動を強化する一方、複数の国が領有権を争う島に中国が初めて爆撃機を着陸させるなど軍事拠点化を進める中で、緊張が高まっている。

    6月3日の画像で姿を消したミサイル発射台とみられる設備が、8日の画像では再び出現している
    no title

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35120685.html 
    【【南シナ海】中国のミサイル発射台、南シナ海の島に再び出現 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2018/06/07(木) 11:27:51.04 ID:CAP_USER9
     AA24CFA6-6A46-4540-84DB-B3D0C0B2B796
    中国がウッディー島からミサイル撤去か

     香港(CNN) 南シナ海で領有権が争われているパラセル(西沙)諸島ウッディー島から、中国政府がミサイルシステムを撤去した可能性があることが7日までに分かった。
     イスラエルの情報企業イメージサット・インターナショナル(ISI)の新たな分析で明らかになった。

     中国は5月、スプラトリー(南沙)諸島やパラセル諸島に複数のミサイルシステムを配備。
     これを受け米政府からは、中国による南シナ海の「軍事化」に関して強い批判が出ていた。

    (略)

    CNN 2018.06.07 Thu posted at 11:21 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35120443.html?ref=rss

    【【南シナ海】中国、ウッディー島からミサイル撤去か…イスラエルの情報企業分析 米国防当局者は建物内に設備を隠しただけという見方  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/27(日) 21:36:44.82 ID:CAP_USER
    【北京時事】
    ロイター通信は27日、米海軍のミサイル駆逐艦「ヒギンズ」とミサイル巡洋艦「アンティータム」の2隻が 同日、南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島で、中国が主権を主張する島の12カイリ(約22キロ)内を航行したと報じた。
    中国による過剰な海洋権益主張を否定する「航行の自由作戦」の一環。

     今回の作戦は、中国が飛行場を建設し軍事拠点化を進めているウッディー(中国名・永興)島や、
    トリトン(中国名・中建)、ツリー、リンカーンの各島周辺などで行われたという。
    中国は航行の自由作戦が行われるたびに米国を非難しており、今回も反発は必至だ。
    (2018/05/27-19:51)

    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052700427&g=int

    【【アメリカ】米艦2隻「航行の自由作戦」=中国の海洋権益主張を否定 西沙諸島の12カイリ内-南シナ海[05/27] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/05/19(土) 10:33:50.01 ID:lEwbP8Qc0 BE:448218991-PLT(13145)
    H6

    【ワシントン会川晴之】米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」は18日、中国空軍が南シナ海の
    西沙(英語名・パラセル)諸島のウッディー島に、初めて爆撃機を着陸させたと発表した。
    中国のソーシャルメディアなどが伝えたもので、H6K爆撃機が離着陸訓練を繰り返しているという。

     H6K爆撃機の航続距離は約1800キロで、ウッディー島から南シナ海全域をカバーできる。
    中国は、ミスチーフ礁など南沙(英語名・スプラトリー)諸島の三つの人工島にも戦闘機や爆撃機の
    収容施設の建設を続けるなど、南シナ海の実効支配や軍事拠点化を進めている。

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180519/k00/00e/030/226000c

    【南シナ海 中国 爆撃機を離着陸訓練 実効支配進む 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/16(水) 18:53:21.29 ID:CAP_USER
    ベトナム国営紙トイチェ(電子版)は16日までに、中部のカムラン国際空港からベトナム入りした中国人団体旅行客が着ていたTシャツの背中部分に、中国が南シナ海のほぼ全域で管轄権を主張する根拠としている「九段線」が描かれていたと報じた。
    南シナ海の領有権で中国と対立するベトナムの当局は、Tシャツを没収し、旅行客らの処分を検討している。

     同紙などによると、団体14人は中国の西安からの旅行客で、カインホア省のリゾート地に向かうため、13日夜に同空港に到着、入国管理を通過した。
    バスに乗り込んで上着を脱いだところ、九段線が描かれたそろいのTシャツをベトナムの旅行代理店員が見つけ通報した。 中国人旅行客は、Tシャツは中国の市場で購入したと説明しているという。

    画像:ベトナムを訪問した中国人旅行客のTシャツに描かれた「九段線」には、
    ベトナムメディアが「×」を記して報じた
    no title


    ※九段線(Wikipedia)

    九段線、またはU字線、牛舌線は、南シナ海の領有権問題に関して、
    1953年から中華人民共和国がその全域にわたる権利を主張するために地図上に引いている破線である。
    断続する9つの線の連なりにより示される。
    なお、2012年5月15日から、中華人民共和国の発行するパスポートの査証欄に九段線が印刷されている。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/world/news/180516/wor1805160034-n1.html

    【【ベトナム】訪越の中国人団体旅行客14人のTシャツに南シナ海の領有権主張の「九段線」 ベトナム当局が没収】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル