かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:観光

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2024/02/26(月) 18:52:40.57 ID:3T4GzOne
     世界的な観光業の急激な回復に伴い、中国を訪れる外国人観光客の数は急速に増加しています。韓国の最新データによると、今年1月に中国を訪れた韓国人観光客数は前年同月比9倍に急増しました。

     韓国人の中国旅行需要はこのところ顕著に回復しており、韓国の最新データによると、1月に中国を訪れた韓国人は前年同期比908%と急増し、延べ14万人を超えました。両国間の人的往来に対応し、韓国国民の中国旅行需要を満たすため、韓国の航空各社はこれまで中断していた仁川〜鄭州、釜山〜西安などの航空便を次々に再開しています。その中でも、大韓航空の仁川〜張家界路線はコロナ禍による欠航から4年ぶりの再開となり、韓国の人々は張家界に特別な思い入れがあると言えるでしょう。韓国の大手旅行会社は先日、今年に入ってから張家界への旅行を予約した60歳未満の消費者の割合が66%と、両親と一緒に旅行する40代から50代の消費者層が急速に増加しており、韓国における張家界の旅行イメージは「シルバー旅行」から「家族旅行」に変わってきていると明らかにしました。

     これまで韓国人の中国での旅行先は自然景観を求める傾向がありましたが、今年に入ってから、都市観光や健康増進・療養・レジャーを目的としたものが増え、上海、青島、煙台などを選ぶ人が目に見えて増えています。

     現在、韓国の旅行各社は積極的に中国旅行商品を企画しており、海南島への入国ビザ免除政策が近々いっそう緩和されるのに伴い、海南島への観光パッケージが特に注目されています。韓国人にとって、韓国から海南島まではわずか約4時間半のフライトで、海南島は韓国人が休みを過ごす新たな選択肢になりつつあります。(閣、坂下)

    2024-02-26 13:44:50 CRI
    https://japanese.cri.cn/2024/02/26/ARTIb9fuxDdXC1BT9Kr96nXv240226.shtml


    【【中国メディア】韓国人観光客が殺到!1月の観光客が900%急増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2024/02/22(木) 16:34:14.48 ID:V3tvaHbZ
    【02月22日 KOREA WAVE】今年、外国からの観光客2000万人誘致目標を立てた韓国文化体育観光省が、韓国観光公社、韓国訪問の年委員会とともに、全方位観光産業支援に乗り出す。「2024韓国訪問の年」の主要10大事業を通じてユニークなK-カルチャーを体験し、地域で楽しむ韓国観光を紹介する。

    文化体育観光省は15日、観光公社、訪問委など関係機関と会議を開き「2024韓国訪問の年」主要10大事業推進方向を点検した。文化体育観光省はこれらの機関と定例会議を開催し、多様な訪韓観光戦略を緻密に策定し、政策に発展させていく計画だ。

    文化体育観光省のパク・チョンテク観光輸出戦略推進団長は次のように語る。

    「関係機関と協力して『韓国訪問の年』を昨年よりさらに体系的で差別化された戦略で推進し、相乗効果を高める。在外韓国文化院、観光公社海外支社と連係したマーケティング、『ローカル100選(地域文化の魅力100選)』事業協業広報なども多角的に推進する」

    また「韓国訪問の年」キャンペーンを拡大し、インバウンドの出入国状況も継続的に確認するという。

    年中、韓国各地で▽K-カルチャー観光イベント100選(年中・全国)▽K-POPプレイグラウンド(4月ソウル、5~10月全州・慶州など)▽コリアビューティーフェスティバル(6月・ソウル)▽大型韓流フェスティバル(10月・ソウル)▽コリアバケットリスト(9~10月)▽地域観光活性化特別プロモーション▽インバイトユー招請事業(5月)▽コリアグランドセール(1~2月)▽歓迎週間(4、9月)▽K-観光団プロモーション――が開催される。

    同省は訪韓客が韓国の文化・芸術・コンテンツ・ゲーム・スポーツ・食べ物などを全国各地域でテーマ別に楽しめる「K-カルチャー観光イベント100選」訪韓商品を開発、販促する。海外の有力博覧会で「K-カルチャー観光イベント100選」と連係した地域観光を広報し、韓国に対する関心が実際の訪韓につながるよう誘導する。特に観光公社の32カ所の海外支社を活用して「2024キアフソウル(Kiaf Seoul)・フリーズソウル(Frieze Seoul)」「2024ウェルカム大学路」など、大規模展示・公演芸術祝祭と連携した訪韓商品を広報、高付加価値観光客誘致を推進する。

    ソウル・慶州などで開かれるマラソン大会、釜山(プサン)・済州(チェジュ)自転車道と連携した海外愛好家誘致に力を入れる。

    4~10月には全国各地でK-カルチャーを活用した大型イベントが開催される。

    4月にソウルのハイカーグラウンドで開かれる「キラリ売場(ポップアップストア)」を手始めに、5~10月は全国の主要地域の観光地(全州、慶州など)で隔週で「K-POPダンスイベント(ランダムプレイダンス)」と「キラリ売場(ポップアップストア)」や「(仮称)K-POPプレイグラウンド」が開かれる。6月には「コリアビューティーフェスティバル」を通じて「K-ビューティー」、ファッション、美容、医療・ウェルネス関連製品とサービスを利用して体験する大規模プロモーションを展開する。7月にはe-スポーツフェスティバルが開催される。10月には「大型韓流フェスティバル」を通じてK-カルチャーと観光を組み合わせた訪韓需要を喚起する。

    9~11月には「コリアバケットリスト」事業を推進する。外国人が夏の繁忙期後も韓国を訪れるようにするためのイベントだ。韓国行きの航空券を購入した観光客1万人余りを対象に「希望リスト(バケットリスト)」を気軽に楽しんで体験できるようサポートする。キャンペーン広報大使限定版プリペイド交通カード、韓国スタイリング&メイク体験券、チキンとビール体験利用券などを好む参加者の意見を反映し、K-カルチャーの体験特典を提供する。

    (c)NEWSIS/KOREA WAVE/AFPBB News

    https://www.afpbb.com/articles/-/3506398?cx_part=top_category&cx_position=1

    【【韓国】「観光ブームを起こす」10大事業を推進「Kカルチャー、Kpop、Kビューティー、韓流フェス…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2024/01/30(火) 19:18:59.93 ID:yV6C0rOO
    2024年01月30日、韓国文化体育観光部のユ・インチョン長官が「2024韓国観光公社海外支社懇談会」に出席し、「2024年は訪韓する観光客2,000万人を目指す」と宣言しました。

    同会に出席したのは観光公社の22カ国海外支社長32人です。

    面白いのは、ユ長官の発言です。

    「私が皆さんの考えを全く聞いていない状態で、今年(訪韓客の目標)は2,000万人だと公開した」

    「支社長と観光公社がしっかりと心を引き締めてほしい」

    日本にも『韓国観光公社』の日本支社があります。昔取材したことがありますが、よく対応してくださり、大変お世話になりました。各支社の社長からすると、勝手に人数を決められても困ることでしょう。各国にはそれぞれ事情というものがあります。

    no title


    ↑『韓国観光公社』日本支社のホームページ。

    韓国は観光客の誘致に一生懸命ですが、これには「旅行収支」の赤字が膨らむと困る、という考えがあるものと見られます。韓国の国際収支統計は2023年11月分までしか公表されていませんが、以下をご覧ください。

    no title


    ↑▲はマイナスの意味です。黄色でフォーカスしているのが、旅行収支。ご覧のとおり韓国はずっと赤字です。つまり、韓国の皆さんが外国で落としているお金の方が、訪韓観光局が韓国に落とすお金より大きいことを示しています。

    ⇒データ出典:『韓国銀行』公式サイト「ECOS」

    上掲のとおり、韓国の旅行収支は赤字続きです。2023年は01~11月時点の累計で「-112億8,880万ドル」。

    それだけの巨額が海外に流出していることを示しています。コロナ禍が終わり、日本観光が大ブームになっていますが、その分日本は「毎度ありー!」なのです。

    なんとか訪韓観光客を増やさないと、旅行収支が悪化し、お金が出ていくばかりになってしまいます。

    というわけで「訪韓観光客を増やそう!」なわけですが、「どうやって?」という具体的な回答がないのが韓国政府です。

    ユ長官は毎度おなじみな、以下のような提言をしています。

    「文化体育観光部の目標は、今年(地域の)すべてをブランド化すること」

    「『私たちの地域のこんなものが商品になるだろうか』、『お客さんが興味を持つだろうか』と考えていたものを小さなものまで商品化する」

    「地域の方々が商品になりそうなお祭り・芸術・スポーツ・文化など小さなものまでまとめて海外に広報できるようにソースを提供しなければならない」

    「地域の文化が全世界に知られるように努力すれば、すぐに成果は少ないかもしれないが、今年と来年が積み重なれば必ず成果が出るだろう」

    韓国の皆さんは「地域の魅力」とよく言いますが、そんなものは韓国にはないのです。

    なぜないのかといえば――これは朝鮮半島の貧相な歴史に由来します。

    日本と違い、李氏朝鮮時代はその地域を治める官僚は、自分の任期中にいかに人民から搾取するかだけを考えていました。

    「藩」があり、その藩を治める代々の「藩主」がいた封建制・江戸時代を経験した日本との大きな違いです。

    江戸時代は、現在の日本につながる文化的な基礎を築き、近代につないだ重要な時代ですが、このとき多くの藩主がそれぞれの地域を豊かにするために名産品を作り、また商人が商売のために日本を駆け回りました。

    自分の任期で私腹をいかに肥やすかだけ考えた統治機構、また商業を悪しきものとして商人を蔑んでいた朝鮮半島とは全く異なります。朝鮮半島に地域ごとの名産品(お祭りなどの文化も)ができるわけがないのです。

    朝鮮半島に「文化」がもたらされたのは、日本併合時代になってからです。

    ですから、今になって「地域ごとの名産品」などといっても、あるわけがなく、そのため「K-POPやK-コンテンツによる地域振興」などという寝言しか唱えようがないのです。

    こういうのを「付け焼き刃」といいます。

    「今から作る」のです。果たしてうまくいくのかどうか、ぜひお手並みを見せていただきましょう。

    (吉田ハンチング@dcp)
    https://money1.jp/archives/120785

    【韓国「2024年は観光客2,000万人 誘致だ!」無理です。韓国には特色ある地方文化などない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/10/24(火) 08:07:59.08 ID:jwJ523EX
    2023年10月23日、韓国の日本旅行関連コミュニティーにこのほど、「最近日本を訪れて感じたこと」と題する文章が投稿され、話題となっている。

    投稿者は「昨年10月、11月、今年2月、8月に旅行で大阪を訪れた」とした上で、8月の旅行について「昨年10月と比べて駅員や飲食店の店員、コンビニの店員などみんなの態度が不親切に感じた」と感想をつづった。

    また、「(観光目的の個人旅行による入国が再開された直後の)10月より観光客が増えたことで仕事も増え、1日に数百~数千人を相手にしなければならないため、親切な対応をする余裕がないのも理解できる」「彼らの以前の親切な対応を覚えているため、あんな(不親切な)対応をしてしまうほど忙しく、ストレスを感じているのかと考えるとかわいそうにも思う」としつつも、「こういう経験が続いたら、日本に対する印象が徐々に親切から不親切に変わってしまいそうで心配だ」と述べた。

    そして最後に、「とはいえ今はまだ親切な人の方が多いと思うが、私と同じように感じている人はいますか?」と問いかけた。

    この投稿を見た他のネットユーザーからは「日本も人が住んでいる場所だから韓国と変わらない。日本人はみんな親切という偏見は捨てた方がいい」「免税店のスタッフはロボットのように働いている」「昔は過度なくらい親切な人が多かったけど、最近は機械的な人(無表情)が増えたように感じる。時代の流れなのだろう」など、賛同の声が上がった。

    また、「観光客が少し減ったら、その店員さんたちにも余裕が生まれるだろうね」「コロナ禍後の大阪、京都では親切さがほぼ感じられなかった。コロナ禍前の札幌ではたくさん感じられたのに。今度札幌に行くが、不安だ」との声もあった。

    一方で、「15年日本に住んでいるけど、今もやっぱり韓国より親切だと感じるよ」「大都市より中小都市の人の方が親切だと感じる」「田舎に行けばみんな親切」「日本の本物のサービスを感じたければ、名古屋あたりがおすすめ」「僕はあまり違いを感じないな。むしろ日本人の対応は親切すぎて負担を感じるほどだから、少し控えめな方が個人的にはありがたい」などの意見も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b922526-s39-c60-d0191.html

    引用元:https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1698102479/ 【日本のイメージが「親切」から「不親切」に?韓国人観光客が指摘する日本人の変化とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/10/20(金) 08:58:07.16 ID:Y5v/X6+d
    コロナ禍が明けて、日本を訪問する外国人旅行者の皆さんが増加しています。

    『日本政府観光局』(略称「JNTRO」)のデータによると、コロナ前の2019年水準まですっかり回復とまではいきませんが、それでも71.2%まで戻りました。

    no title


    ↑2019年01~09月と2023年01~09月を比較すると「-28.8%」。つまりコロナ前の「71.2%」水準の客足です。

    ⇒参照・引用元:『JNTRO』「訪日外客統計」

    日本からすると「毎度あり!」で、とてもありがたい話です。

    どこの国からの訪日客が多いかというと、これはダントツで韓国です。

    第1位 韓国……489万4,800人
    第2位 台湾……297万4,600人
    第3位 中国……159万7,800人

    ※香港は別集計になっており、「第4位 香港:148万3,600人」です。ちなみに第5位はアメリカ合衆国で「146万6,100人」。

    データ出典:『JNTRO』同上

    2位の台湾の約1.6倍もの人が訪日していらっしゃいます。

    訪日外国人の消費額を比較してみると、

    中国:2,827億円
    台湾:2,046億円
    韓国:1,955億円

    の順になります。この訪日外国人消費額は日本に滞在し、宿泊・交通・ショッピング・食事などに支出したお金を合算した金額です。

    消費金額を訪日人数で割って、一人当たりの消費金額を算出すると以下のようになります。

    中国:17万6,931円
    台湾:6万8,782円
    韓国:3万9,940円

    韓国の皆さんは訪日しても消費金額は約4万円です。これは日本と韓国が近いので、短期滞在の人が多いためとも考えられます。決して韓国の皆さんがシブチンというわけではないのでしょう。

    (吉田ハンチング@dcp)

    https://money1.jp/archives/114862


    訪日外国人がコロナ禍前と同水準に回復、圧倒的1位は韓国=韓国ネット「何度行っても飽きない」
    https://www.recordchina.co.jp/b922310-s39-c30-d0191.html

    【韓国人はシブチン。訪日して消費金額は1人当たり「約4万円」…中国18万、台湾7万】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/10/17(火) 19:10:33.50 ID:tgSVelcP
    (台北中央社)台湾の国内観光は宿泊費が高い上につまらない―。このような不満の声が上がっている。専門家は、日本が新型コロナウイルス下で観光をさらに進化させた一方で、台湾の観光は足踏み状態だとの見解を示す。複数の専門家の意見をまとめると、台湾観光の4つの致命傷が浮かび上がった。それは(1)交通の不便さ(2)代わり映えしない観光地(3)長期目線の欠如(4)人手不足―だ。

    ▽ 不便な交通 歩行や移動のしにくさに課題

    静宜大学観光事業学科の黄正聰副教授(准教授)は、個人旅行の割合が高まる一方で、交通の利便性が高いのは台北地域のみで、中部や南部は個人旅行の難易度が高いと指摘する。台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)や台湾鉄路管理局(台鉄)の駅や高速バスのターミナルもそれぞれ独立しているため、交通の集約においても日本とは落差があると問題点を挙げる。

    レジャー産業に従事する王彦荏さんは、交通面の対応が十分に行われていない例として、東部・台東県鹿野で今夏行われた台湾国際バルーンフェスティバル(台湾国際熱気球嘉年華)を挙げる。約2カ月の会期中、延べ100万人を超える観光客が訪れたものの、シャトルバスが著しく不足していたという。「台湾の観光は車での移動に依存しすぎている」と王さんは語る。都市部でも歩道がバイクや障害物で塞がれていることによって、スーツケースを引く観光客が車道を歩かなければならない状況が発生しているとし、安全面での懸念も示した。

    ▽ 代わり映えのしない観光地 地域ならではの魅力が不足

    インターネット上では「北から南まで、台湾の老街(古い町並み)や夜市はどこでも同じものを売っている」との声も聞かれる。与党・民進党の林俊憲立法委員(国会議員)はかつて「台湾の観光スポットにはスカイウオーク(つり橋、空中展望台)かアート村しかない」と苦言を呈した。林氏によれば、2015年から18年ごろまでのわずか3年間に、台湾には新たに80カ所のアート村と13基のスカイウオークが建設された。各地の観光地の類似性の高さから、台湾の観光業にはハード面を整備する予算はあっても、包括的な計画やソフト面における価値の付与が欠如していることがうかがえる。

    魅力的なスポットがあっても、それを生かし切れていないことが課題の一つだと指摘する意見もある。ホテル大手、シルクス・ホテル・グループ(晶華国際酒店集団)の潘思亮董事長(会長)は以前、台北のナイトライフは活気があるものの、現地人でなければどこから楽しめば分からないと発言したことがある。潘氏は、台北市内の遊園地、児童新楽園や台北パフォーミングアーツセンター(台北表演芸術中心)、博物館などで夜間開放を企画するなどし、夜間の台北観光をより魅力あるものにする必要があると提言する。

    ▽ 長期目線の欠如 一時しのぎの計画に終始

    匿名の地方政府職員は、台湾の一部の観光業者や店舗は短期目線での利益にばかり目を向け、長期目線での投資や経営をしたがらないと明かす。建設計画によって商売に一時的な影響が出ることも嫌がるため、フレンドリーな観光に向けた交通インフラの建設の推進は容易ではなく、台湾観光の進化において障壁となっている。

    不動産サービス大手、コリアーズ台湾(高力国際)の董事(役員)の一人である黄舒衛氏は取材に対し、台湾の観光産業が参考にしうるビジネスモデルとして、日本の鉄道会社を例に出す。日本の多くの鉄道会社が不動産事業も同時に手掛け、ホテルや百貨店の開発を一体的に行っていることに触れ、良好な立地を確保できるだけでなく、コストの削減にもつながっているとメリットを指摘した。

    ▽ 深刻な人手不足 需要が供給に追いつかず

    台湾のインターネット掲示板では最近、一部のホテルが「チェックインを午後5時、チェックアウトを翌日午前11時」としていることに不満を漏らす投稿がなされ、物議を醸した。この背景には深刻な人手不足がある。

    あるホテルの幹部は「若者は配達員やインフルエンサーにはなっても、ホテルには働きに来ない」と嘆く。給与を引き上げ、清掃手当を出しても、人は集まらないという。

    潘氏は「予約はいっぱいなのに人手が足りない」と話す。外国人人材の受け入れ加速を望む考えを示し、政府は日本のやり方を参考にできるのではないかと呼びかける。

    (略)

    (江明晏/編集:名切千絵)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86bf294fe08b8d3c2c1a329c425c1910f9e6f4fc

    【「高くてつまらない」不満噴出の台湾観光、専門家が指摘する4つの「致命傷」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/10/12(木) 08:20:26.27 ID:uYbuIm5n
    「釜山(プサン)旅行中に高麗人参売場でガイドが言葉巧みに一行13人が合計3万7000台湾ドル(約17万円)分もの人参を買わされました。続いて訪問した肝臓の薬(ケンポナシの健康食品)販売店では口論となったがガイドが提示した目標価格である15本(約12万4600円)を買わされました。一行が出て行けないように職員が出入り口を塞ぐんです」

    「旅行契約書には買い物義務がないと明記されているが、ガイドに買い物を強要されました。ガイドがショッピング割当量をクリアしないといけないと脅しました。70歳という高齢者にこんな口汚い言葉を浴びせるとは…もう二度と韓国に行きません」

    最初の引用事例は8月20日に台湾の主要放送局TVBSが釜山を訪れた台湾旅行客の情報提供を受けて報道した内容だ。2つ目の事例は韓国に訪問した中国人が撮影した映像を9月13日に中国ソーシャルメディア(SNS)「抖音(TikTokの中国国内版。海外では視聴不可)」に投稿された内容で、中央日報が単独入手した。韓流の影響力が大きくなって韓国観光のイメージも上昇したかのように見えるが、実際はそうではない。「格安ダンピング(不当廉価)観光」の恥ずかしい現実は変わっていなかった。

    ◇「韓国、永遠にアンニョン(サヨナラ)」

    中国SNS「抖音」の映像を見るとガイドと観光客が買い物問題で激しく口論している場面が生々しく捉えられている。中国僑胞(海外在住韓国人)と推定される韓国ガイドが「買い物しないなら車から降りろ」と声を荒らげている。観光客が「必ず買い物しないといけないのか」と聞くとガイドは「ショッピングツアーに来たんだから買い物するのは当然」と返す。口論が続くとガイドは韓国語で悪態をつく場面もあった。映像の最後に年齢を70歳と明らかにしたこの中国人は「韓国ガイドの水準がこれほどまでに低いとは思わなかった」とし「永遠にアンニョンだ、韓国」と話す。

    訪韓外国人が土産物店での強制購入で不快な思いをしたり口論になったりするのは、正直なところ珍しい事件ではない。なぜか。外国人ダンピング観光の手法を見ると理解することができる。外国人団体観光客は航空料程度の費用だけ支払って韓国にパッケージ旅行に来る。韓国に来ると、ソウル・釜山・済州(チェジュ)など、どこへ行っても無料観光地を中心に駆け足観光旅行をして、土産物店や免税店を数回訪問する。旅行会社とガイドは免税店とショッピングセンターが顧客の購入額によって与えられた手数料で赤字を埋める。旅行契約書には買い物義務はないと書かれていても、ガイドの執拗な強要が続く理由だ。

    こうしたダンピング観光は特に中国団体観光の間で横行している。国内旅行会社間の過熱競争が最も大きな原因だ。コロナ禍以前には赤字覚悟の「マイナスツアー」程度ではなく、中国旅行会社に旅行客1人当たり追加金を与えて団体を買ってくる「人頭税」まであった。

    ◇無料観光地だけを連れ回される中国旅行客

    中国団体観光は8月10日から再開された。THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に対する報復措置で中国政府が「限韓令」を下してから6年5カ月ぶりとなる中国団体観光客受け入れだ。韓国観光業界も期待が大きかった。游客(中国人観光客)が怒涛のように流れ込むだろうという報道が相次ぎ、観光業界も準備に着手した。9月7日には韓国旅行業協会(KATA)が中国旅行客専門の韓国旅行会社とともに決起大会を開いた。「人頭税の支払い、過熱した格安競争、マイナスツアー費、買い物強制」旅行から脱皮しようという趣旨だった。

    しかし現実認識が甘かった。KATAのオ・チャンヒ会長は「過去とは違って買い物手数料をもらっても旅行会社が赤字を埋めることができないほど観光市場が変わった」とし「過去のような悪習がかなり改善された」と話した。複数の中国専門担当旅行会社に確認した結果も同じだった。現在、韓国の状況が中国旅行会社の安すぎる価格要求を受け入れる状況ではないと回答した。

    ではSNSに投稿された映像が珍しいことなのだろうか。中国重慶の中堅旅行会社「重慶中国青年旅行サービス」のソウル4泊5日の旅行商品を例に検証してみよう。航空料を含めた1人当たりの経費は2580元(約5万27000円)で、4泊すべて仁川(インチョン)にあるビジネス級ホテルで泊まる。有料観光地の訪問は景福宮(キョンボックン)(10人以上外国人団体おとな1人2400ウォン)だけで、清渓川(チョンゲチョン)・戦争記念館・北村韓屋村(ポクチョン・ハノクマウル)・月尾島(ウォルミド)のような無料観光地だけをひたすら訪問する。代わりに免税店をはじめ、高麗人参・ケンポナシのような土産物店は8回以上訪問する。

    続きはソースで
    https://japanese.joins.com/JArticle/310033

    引用元:https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1697066426/ 【【K-観光】「韓国にもう二度と行かない」ガイドから暴言を浴びせられた高齢観光客…中国SNS上で大騒動に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2023/09/26(火) 08:39:06.53 ID:jmd/nD5C
    東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出が始まってから1か月が経ちました。放出に反発している中国では、人気の旅行先の上位から日本が外れるなど影響が続いています。

    記者
    「処理水の放出が始まって、間もなく1か月ですが、こちらの日本料理店では、まだ客足は戻ってきていないということです」

    北京にある日本料理店。処理水の放出で訪れる客が減ったことから、カレーや麺類、すしを主力にした出前に力を入れていますが…

    北京の日本料理店 曽我井充昭料理長
    「月の売り上げでいえば、あきらかにまだ下がっています。多い時の3割から4割ぐらいですね。(消費者は)海鮮イコール“気をつけなきゃ”という感じはあると思います」

    中国政府が日本産水産物の輸入を全面禁止した結果、先月の日本からの輸入額は去年の同じ月に比べて7割近く減少。さらに中国産の水産物にまで影響が出始めています。

    ここは北京市有数の海鮮市場。中国産の魚やカニを扱っていますが、養殖のものであっても売り上げは減少したといいます。

    鮮魚店の従業員
    「(Q.海鮮に対して影響は?)影響が大きかったです。(Q.中国産はどうか?)国産かどうかは関係なく影響がある。(処理水は)魚に影響はないが、消費者の考え方に影響を与えている」

    一方、市民からは。

    北京市民
    「食べても食べなくても、海はもう汚染されてしまったからあまり気にしません」
    「(処理水の)排出は科学的な観点から見ると(水産物への)影響はないと思う」

    日本料理店や食品輸出の関係者らは「中国側が『日本の魚は安全』だと宣言するまで影響が続くのではないか」と懸念しています。

    影響は観光にも。処理水の放出が始まる前、日本は検索ランキングで1位になるほど人気の旅行先でした。しかし、中国メディアによりますと、いま人気なのはタイや韓国、マレーシアなどで日本は入っていません。

    北京市民
    「(Q.どこに行きますか?)マニラです。『核汚染水』にしても、愛国者の立場からしても、日本に行って中国の金を使うことはあり得ない」

    北京にある日本大使館にはこの週末も2万件を超える迷惑電話があり、きのうまでのおよそ1か月で55万件に達したということです。

    中国政府は処理水の放出に対し厳しい姿勢を崩しておらず、問題の長期化が懸念されています。

    TBS 2023年9月25日(月) 17:21
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/741670?display=1
    no title

    【【朗報】「日本に行って中国の金を使うことはあり得ない」中国の人気旅行先から日本外れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2023/08/27(日) 09:46:24.54 ID:64ygKAg/
    中国政府が韓国への団体観光旅行を解禁したことで、韓国を訪れる中国人観光客は3カ月連続で昨年同月比1000%以上増えているという。

    中国人の訪韓観光客数の増加率は大きく、韓国経済に大きなプラスを呼び込むことは間違いない。しかし、中国人観光客が増えることによって同時にトラブルも起きている。

    ■韓国ネット民失笑「手の込んだギャグ」

    8月18日、中国人のとある人気ティックトッカーが“韓国のハワイ”こと済州島で不快な思いをしたことを吐露したのだが、その結末が意外なものだった。

    問題となったのは、済州島のとあるアクセサリーショップでの出来事。そこでは中国語でのみ「窃盗禁止」の張り紙がされていたというのだ。

    それに怒りを覚え、店員に文句を伝えると、なんと店員も中国人だったという。

    この出来事は韓国のユーチューブチャンネルで取り上げられたのだが、コメント欄では「韓国で中国人同士が争うな」「手の込んだギャグ」「中国人の窃盗を警戒を注意するのは当然だ」など、辛辣な意見が散見された。

    実際、韓国では中国に対する反感が年々大きくなっている。それは今年5月に20~30代の成人男女1001人を対象に実施したアンケート調査において、「好感を持てない国」という質問に対し回答者の91%が中国を挙げたことからも明らかだ。

    中国人観光客を対象に経済を好転させようと考える韓国政府だが、まずは国民の反中感情を緩和することを優先しなければ、いずれ大きなトラブルにつながってしまってもおかしくはない。


    2023年08月26日
    https://searchkoreanews.jp/life_topic/id=31057


    【【中韓】“韓国のハワイ”で中国人観光客がクレーム→店員も中国人…まさかの「内輪揉め」にネット民失笑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 虎跳 ★ 2023/07/26(水) 10:47:20.77 ID:dx3f1xSo

    タイランドハイパーリンクス
    https://www.thaich.net/news/20230725vf.htm

    【【タイ】日本に対して初の観光赤字を記録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2023/07/26(水) 17:15:48.95 ID:lJ3MJ2R9
    2023年7月24日、韓国・JTBCは「観光ガラパゴスの韓国」と題する記事で、韓国の外国人再訪率が観光大国に比べて大幅に低い原因を分析した。

    記事によると、コロナ禍での渡航制限がなくなり海外旅行が復活したことを受け、韓国政府は「4年以内に外国人観光客3000万人時代を開く」と強気な目標を打ち立てた。

    記事は「目標達成のためには再訪率を上げる必要があるが、訪韓外国人観光客の再訪率は50%ほどにとどまり、観光大国に比べて大幅に低い」とし、その原因として「英語表記のミス・不足」や「グーグルマップの機能制限」を挙げている。

    ある米国人観光客はサンナクチ(タコの踊り食い)を食べるためソウルの広蔵市場を訪れたが、市場内をしばらくさまよった。理由は、サンナクチを出す店のメニューの英語表記が「Grilled octopus(焼きタコ)」となっていたため。さらにその後はソウルから釜山(プサン)に移動する予定だったが、高速バスの予約アプリが韓国語表記のみだったため諦めざるを得なかったという。

    別の米国人観光客も「日本ではグーグルマップ一つでどこへでも行かれたが、韓国ではアップルマップやカカオマップなど4種類を使う必要があり、なかなか目的地にたどり着けない」との不満を吐露した。

    記事は「グーグルマップは韓国人も海外旅行の際によく利用するが、韓国では軍事保安を理由に機能が制限され、徒歩と車での道順が検索できない」と説明している。

    さらに、観光大国に比べて観光コースの開発も遅れている。また別の米国人観光客は、韓国に10日間滞在したがソウルに博物館があることに気付かなかったといい、「外国人観光客が確認できる観光プロモーションイベントがあれば良かったと思う。旅行展示会など、この期間に韓国にいる人は必ず行くべきという情報が知りたかった」と話したという。

    これを見た韓国のネットユーザーからは「これが韓国の現実か」「認めよう。韓国は閉ざされた国だ。システム的にも言語的にも国民の文化的にも。自分が外国人でも旅行したいと思わない」「韓国に遊びに来た外国人の友人を見ると、高速バスの予約もできないし、韓国の銀行口座か電話番号がなければできないことが多すぎる。外国人観光客はソウル以外どこも行かれない」「日本でグーグルマップを使ったら地図、ナビ、グルメ、ホテルの予約まで全て解決した」「ちゃんと整備して、もっとたくさんの外国人観光客が気楽に来られるようにするべき。産業競争力が落ちる中、観光産業をさらに成長させるために行政支援、看板・メニューなどの英語版制作に向けた行政指導など改善を怠ってはならない」などの声が上がっている。

    一方で「これは違う。ニューヨークに韓国語のメニューがあるか?。韓国に来るなら最低限の韓国語は勉強してくるべきだ」「言語の問題はそんなに大きくないのでは?。再訪するほど面白いものがないだけだ」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    Record Korea 2023年7月26日(水) 7時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b917789-s39-c30-d0191.html

    【韓国は観光ガラパゴス?外国人の再訪率が低い原因は…=韓国ネット「日本ではGoogleマップ一つで…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/05/21(日) 16:45:04.15 ID:2UG98+ds
    「旅行計画ですか。そういうものはないです。ひとまずお腹いっぱい食べます」。

    もしかしたら彼らにとってはきょうが重要なのか。日本の大都市東京と大阪に旅行に来た韓国の20~30代の話だ。コロナ禍による規制が解かれた後、1~3月に海外に出国した韓国人観光客数は498万人ほど。このうち160万人、なので3人に1人の32%が日本に向かった。しかし1980年代初め~2000年代初め生まれの「MZ世代」と呼ばれる20~30代がその半分に近い。20~30代の彼らは日本でどのように過ごすのだろうか。20~30代の韓国人25人と東京と大阪で会った。

    ◇古宮・温泉の代わりに新たに浮上した名所訪ねる

    ひとまずパスポートだけ用意した。11日に東京・渋谷で会ったキム・ヒョンドンさん(21)とキム・ヨンテさん(21)はこうして思い立ってすぐに来た。7日夕方に「行こう」と思い立ち、8日朝には成田へ向かう飛行機に乗り込んだ。彼らは「突発日本旅行」の復活を全力で実践した。

    突発日本旅行が再び可能になった理由はさまざまなことが入り混ざっている。昨年10月11日に日本政府がコロナ禍で中断していたビザなし観光を解禁し、先月29日には入国時の検疫をなくした。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と岸田文雄首相の首脳会談により両国関係が急速に回復中だ。何年も前から続いていた「済州島(チェジュド)に行くより日本に行く」という心理は相変わらずだ。19日基準で100円=960ウォンの為替相場も日本行きをあおっている。済州で1人分1万9000ウォン(約1976円)のサムギョプサルを食べるなら大阪・道頓堀で1600円の串かつを特製ソースに付けて食べたいというロマンも作用する。ある韓国国内観光地の関係者は「旅行地選択は自由だが本当に(私たちが)心配」と話すほどだ。

    「5日前に日本に行こうと考えてきのうやってきました」。

    仁川(インチョン)から東京に飛んできた20歳のキム・ヒョンさんとチュ・イェチャンさんも突発日本旅行にきた。2人とも来月の軍入隊を控え旅行に来たという。即興的に日本に来ており、あらかじめ組んだスケジュールもなかった。彼らは「その時その時どこへ行くのか決める。午後にはショッピングをしたい」と話した。2時間後、原宿で偶然にまた会った彼らの手には小さなショッピングバッグがあった。大阪のハ・サンミンさん(32)とキム・ソンウクさん(32)氏も「あすの計画はない。その時その時で決める」と話した。無計画が計画だった。

    漢陽(ハニャン)大学国際観光大学院のイ・フン院長はこれに対し「若い世代はぎっしりと組まれた日程をあらかじめ立ててそれに合わせるよりは、デジタルにとてもなじんでいるため即興的に旅行計画を組む傾向がある」と明らかにした。三育(サムユク)大学経営学科のオム・ジヨン教授は「50~60代の壮年層がIT機器利用や現地の食べ物選択が難しくパッケージ旅行を好むのに対し、MZ世代はいつどこでも日本に自由旅行に行く。オンライン旅行会社(OTA)の活性化、格安航空(LCC)の増加にIT機器とSNSを通じた容易な情報獲得はMZ世代の武器」と話す。現地で会った一部20~30代はスマートフォンでキックボードに接続して交通手段にしたりもした。

    「それでも渋谷・新宿・原宿・秋葉原が基本ではないですか」。

    イ・ミンギュさん(25)は日本で17年間過ごした。彼は同年代の韓国人観光客が東京で「ショッピングと食べ物を基本として楽しむ」と話した。隣にいた友人のイ・ヨンミンさん(25)は「下北沢は古着に関心がある友達が、表参道は小さなブランドに関心がある友人が大きな幸福を求めて行く所」と話す。イ・ミンギュさんは「両親と一緒に来た20~30代は古宮や温泉に行くでしょう。話題の店やカフェに行ったり新たに登場した名所を訪れる友人が多い」と明らかにした。

    (略)

    韓国観光文化研究院のチョ・アラ研究委員は「日本は若い世代、特に20代が最初に経験する海外旅行先。20~30代の旅行スタイルもショッピングやグルメ中心から自然景観に広がることになる」と分析した。

    ソウルからきたキム・ソヨンさん(26)も、キム・ナムヒョクさんもユニバーサル・スタジオ・ジャパンの前でスマートフォンを取り出して検索を始めた。「何をするか、どこへ行くか検索している」と言いながら彼らは駅に入った。日本では無計画の計画が通じるのか、そうでなければ韓国の20~30代の能力でだうか。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/304606

    【【中央日報】韓国若者世代「日本シャトル旅行」ブーム…隣町に行くように「無計画の計画」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2023/05/20(土) 10:33:31.42 ID:74jKCkcQ
    56万人。今年2月に日本を訪問した韓国人の観光客数だ。新型コロナによる入国制限が次々と解除され、今年に入って最も多かった。28万人。同月の韓国人観光客のうち20・30代(MZ世代)の推定値だ。

    日本政府観光局(JNTO)は「年齢別資料はまだアップデートされていないが、現在日本を訪問する韓国人の半分近くは20代、30代とみられる」と明らかにした。JNTOによると、2012-2021年に日本を訪問した韓国人のうち20・30代の比率は45.7%にのぼる。

    実際、東京と大阪で会った韓国人の20・30代は予想以上に多かった。日本旅行でショッピング、飲食、クラブ文化を楽しむために、インドアクライミングを体験するために、そして渋谷スカイなど新しいホットプレイスを経験するために、原宿、新宿、渋谷(以上東京)、道頓堀(大阪)などを気軽に訪れる。

    韓国の若者の日本訪問は文化的な親近感から始まるというのが専門家らの話だ。峨山政策研究院のチェ・ウンミ研究委員は「20・30代は1998年の日本大衆文化開放以降、Jポップ、アニメ、ゲームなどにすでに共感を持っている世代」と説明した。

    このため日本に対する好感度も高いという評価だ。韓国リサーチの4月の調査によると、20・30代の「日本に好感を抱いている」という回答は36.4%(全年齢帯は34.9%)だった。

    日本で会った韓国の若者は「文化は文化、旅行は旅行、歴史は歴史」と記者に話した。日本の文化と旅行は楽しむものの、歴史については冷厳に見るということだ。チェ・ウンミ研究委員はこれを「思考の分離現象」と分析した。

    国民大の李元徳(イ・ウォンドク)日本学科教授は「歴代政府が試みた歴史・政治、文化・経済を分離しようという対日本ツートラック戦略は失敗した」とし「しかし日本を旅行しながらも歴史に対して厳格な韓国の20・30代は外交的な目標のツートラック戦略をすでに日常で実現している」と話した。


    中央日報日本語版 2023.05.20 10:20
    https://japanese.joins.com/JArticle/304595

    【【中央日報】「歴史は歴史、旅行は旅行」…韓国若者の日本観はすでに「ツートラック」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/05/05(金) 09:35:53.09 ID:1TQjze9G
    ・改めて驚いた「日本」の観光資源の「凄さ」

     私は幼少の頃、夏休みになると親に2~3週間ほどキャンプや旅行に連れ出されていた。幼い頃はその旅行が嫌で嫌でしょうがなかった。

     連れ出される旅行先は親の好みで決まるから、見たくもないお寺やお城と子供ながら何が面白いのか理解に苦しんでいた。

     キャンプ場もいまの様に整備がされておらず、バンガローで寝れば次の朝、体が痒いし、トイレはどこに行っても「ボットン」だし、
    本当に嫌気がさしていた。だが、この年になるとその頃に行った先が妙に味わい深く感じるのだ。

     20代までは海外に目を向けていたのが、30代に差し掛かった頃から日本の観光資源が気になり出した。
    30代は目一杯仕事をしていたので旅に出る余裕はなかったが、家族ができ、40代から少しずつ子供を連れて出かけるようになった。

     よく考えると親父と同じ様な事をしていたが、私は家族とは決まった場所に長く滞在するスタイルだった。
    実家の旅行は日々バネットバン(日産車)で青森県から山口県まで網羅する旅だった。

     そんな旅を経験して、この年になると日本の観光資源の豊富さに驚かされるのだ。
    また当時より幻想的になっている日本の観光地は、絶対世界に発信すべき情報だし、その資源を持った国の義務とも思える。

    ・「ガラパゴス化」する日本の問題点

     そんな観光地をめぐるために今回十数年ぶりに日本でゆっくり過ごし、足を踏み入れて見たら、特にWi-Fi環境が観光客を思って整備されていないことにびっくりした。

     私は日本で福岡、大分、東京、富山、大阪、京都、福岡の順で回ったのだが、東京以外は少し迷うとWi-Fiを探すことが多かった。
    中には市が整備するWi-Fiがあっても、接続が1回の接続10分で、日に5回しか利用できないという“制限付き”のケースもあったのだ。

     Wi-Fiがないので仕方なくスマホではなく、地図で観光先を調べている海外旅行客の姿にも遭遇した。
    これではせっかくの日本体験が、少し“面倒くさい”ものになってしまうのではないかと不安になった。

     ただ、日本各地の役場の現場ではそういった声を聞いているはずで、それが反映されないのは現場の上に居るスマホも使えない年配者たちなのではないかと思えてならない。

     実際に、観光課の役人と話す機会があったので聞いてみると、
    「Wi-Fiインフラを整備して観光客にSNS発信してもらったらどれほどの宣伝効果が生まれるのか、上の者は知ろうともしない」と話していた。
    海外からガラパゴスと言われる本当の意味も、「私はいまだにガラケー」と自慢する私の同世代も、何か勘違いしている様に思える。

    ・「おもてなし」を「IT化」する

     私が日本観光中に違和感を覚えたのは、それだけではない。

     今回、銀行で韓国ウォンを両替しようとしたら、11時15分以降でないと受付できないと言われたので事情を聞いてみた。

     すると、その日の為替率を本部が決める時刻が11時で、その知らせをもらって準備するのに15分ほどお時間を頂いていると話すのだ。

     そして両替をしてもらうまでに40分ほど待たされたのだが、これには私の韓国人の妻も呆れていた。

     今回の日本滞在では、日本の「おもてなし」がもう少しIT化されれば、さらなるインバウンドが見込めるはずなのに「もったいない」と痛感した。

     ちなみに私が13年韓国に住んでいるが、日本の方に自慢できる観光地は思いつかない。
    それは韓国のどの観光地より日本のどんな田舎の観光地が優っていると思うからだ。だから尚更「もったいない」と感じてしまうのかも知れないのだが…。

    豊 璋(在韓国コンサルタント)
    5/5(金) 7:32配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a75eea83e1700d694a64a44b02325c6d5bc0dfd

    【【在日三世】 日本で驚愕、「韓国ウォンから日本円への両替に40分待ちです」って…!「日本と韓国の意外な違い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/05/04(木) 09:47:12.00 ID:++lMEoUq
     56万8,600人──。日本政府観光局(JNTO)が発表した、今年2月に日本を訪問した韓国人の数である。記録的な日本旅行ラッシュといってもいい。SNSには日本旅行のレビューや写真がたくさんあがっている。

     しかし水を差すような動きも韓国内には見られる。反日系の代表的な左翼コミュニティサイト「クリアン(CLIEN)」には最近、韓国人の日本旅行ラッシュをネタにした投稿がほぼ毎日掲載されている。そこには「親日、売国行為」といった韓国語が溢れている。

     なかには過激な投稿も見られ、一般市民も眉をひそめている。

     今年1月末、〈東京の明治神宮に行くことになったら、やってはいけないこと〉という投稿があった。「お守りを買うこと」、「絵馬に願いごとを書くこと」をとりあげ、「絵馬に願いごとを書いて、朝鮮を侵略して植民地にした明治天皇に祈るなら、天皇はあなたたちを見下すだろう」と書かれていた。

     そんなことを気にするなら明治神宮へ、いや日本へ行かなければいいのに……というのが普通の感覚だ。しかしこれに反日派のものと思しき賛同のコメントが数十個も書き込まれている。さらに韓国語で書かれた絵馬をやり玉にあげ、「最近の若者は歴史教育がなっていない」、「歴史を忘れた者で羞恥心もない」「日本が滅亡しろという願いごとを書かなければならない」などという、目を覆いたくなるような書き込みがつづく。

    秀吉像に中指を突き立てる
     少し古くなるが、記者は2008年8月に明治神宮を訪問した。そこで偶然、韓国語で書かれた絵馬を見つけた。そこには「独島は絶対に韓国のものだ」と日本語で書かれていた。脇には同じ韓国人の絵馬がもうひとつあり、そこには、恋人に会うために来日し、彼との愛が永遠であることへの願いが書かれていた。恋愛成就を明治神宮に願い、同時に「独島は韓国の領土!」とも書く。その心理に首を捻った。このときもどんな生活を送っている人かと思った。

    「クリアン」への書き込みは、さらに過激になってきている。「私は大阪城に行くたびに写真を1枚ずつ撮ってくる」というコメントと共に、大阪城の豊臣秀吉銅像の前で中指を突き立てて撮った写真もあった。この写真を撮るために大阪旅行をしたような書きぶりなのだ。

     日本旅行を利用した、悪意のある虚偽情報も投稿されているのも問題だ。3月中旬、あるユーザーは日本旅行に行く人へ向けた「私ならこんな時期にムカついて日本に行けない」との書き込みを掲載。韓国人観光客の間でも有名な、大阪の難波にある飲食店で写したという写真を載せ、「福島産米を使っている。日本への観光は命がけ」「この写真を日本に行く人に見せてあざ笑ってください」という文章を添えた。

     福島への風評被害を煽る行為であるのはもちろんのこと、この写真は2019年に韓国内の日本製品不買運動の嵐が吹き荒れていた時に出回っていたものだったことが判明した。最近撮影されたものですらないというわけだ。

    野党の煽りも一因? 
     クリアンに限らず、左翼系コミュニティのサイトには、露骨な反日と日本旅行者への蔑視が溢れている。多くが根拠の薄い、腹いせ的な投稿だが、こうした動きを左翼野党が煽っているという批判もある。

     左翼政党である「共に民主党」は3月、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と岸田文雄首相の首脳会談の直後に論評を発表した。会談を「屈辱外交」と切り捨てたうえ、李在明(イ・ジェミョン)党代表は、「半島の恒久的脅威となる日本の軍事大国化、平和憲法の無力化に同調しているようだ。日本の自衛隊が再びこの半島に進駐するのではないかと心配だ。戦って防がなければならない」と述べた。3月29日には「韓日首脳会談真相究明のための国政調査招集」の要求書を国会に提出し、今回の会談結果を受け入れていない。

     団体職員のHさん(48)はこういう。

    「私は尹錫悦政権を支持しているわけではありませんが、左翼系コミュニティの言動は不快です。残念な気持ちになります。もし外国人が韓国の観光地であるソウルの景福宮や慶州の仏国寺に来て、韓国への不満が込められた紙をあちこちに貼られたら、どんな気持ちになるだろうかと思うんです。韓国人は不愉快な思いをするでしょ。そう考える余裕もないんでしょうか。自分たちのいうことは全面的に正しいと皆が思っているのでしょう」

     これが一般の韓国国民の感覚なのだが……。

    ノ・ミンハ(現地ジャーナリスト)

    デイリー新潮編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/26a191d6f5ebbf257060ffe6123615eaba1366ea?page=1

    【大阪城の秀吉像に“中指”を立て… 韓国旅行者の「日本」人気に難クセ、ありえない投稿の数々が】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/04/24(月) 17:02:48.15 ID:I1FWrHrW
    no title


    日本のある極右ジャーナリストが韓国人観光客は日本を訪れながらコンビニ弁当やファーストフードのようなものだけで済ませるとし「不思議だ」と批判した。
    このような旅行は韓国では海外旅行の経験がないことは恥ずかしいことだから生じたものだという主張だ。

    日本の極右ジャーナリストに分類される室谷克実氏(74)は20日、日本保守メディアである産経新聞系列の夕刊フジにこのような内容の寄稿文を公開した。

    室谷氏は「日本を訪問する韓国人が猛烈な勢いで増えているようだ」とし「韓国のネットには、若い世代が書いた『日本旅行記』がたくさん載っている。
    それを読むと、彼らはなぜ日本に来るのか―とても不思議に感じられる」と主張した。

    続いて「ほとんどのスレッドが映像を付けている。繁華街や名所・旧跡を撮ったものが多いが、自分が食べた料理を撮った映像もかなりある」とし
    「粗雑な盛り付けかたを見ただけで分かる安価な居酒屋の刺し身、小皿に載った2貫の寿司(=つまり回転寿司)、格安のファストフード、あるいはコンビニ弁当…」を見ることができると言及した。

    あわせて「『旅行に出たら、その地の名物料理を、ちょっと高級な店で』と思い込んでいる私の頭が古すぎるのか」とコメント。

    室谷氏は多くの韓国人観光客が1泊2日の日程で日本を訪れているが、この短い日程の間にコンビニ弁当で食事を済ませる気持ちがよく分からないとも指摘した。

    また、韓国人観光客はホテルよりも民宿やカプセルホテルに泊まり、24時間営業のサウナ風呂で寝て宿泊費を浮かせたという話もあったとし、
    「これが、『日本より賃金水準が高くなった』と称する国の若者の姿なのか」と皮肉った。

    室谷氏は韓国人観光客がこのような旅行をすることについて「『海外旅行の経験なし』は、韓国では『恥ずかしい』ことなのだ」とし
    「その『恥ずかしさ』から脱出するための安くて手軽な手法が『日本行き』であるわけだ」と主張した。

    室谷氏は今年2月にも同じメディアを通じて「(韓国の)若者たちはカップラーメンで夕食を済ませながら、エルメスの空箱を背景に、
    偽物ロレックスの腕時計をひけらかせた写真を撮る」とし「『外華内貧』ここに谷(きわ)まる」と指摘していた。

    一方、室谷氏はこれまで『悪韓論』『呆韓論』『崩韓論』『韓国は裏切る』などの本を出している。

    2023.04.24 06:55
    https://japanese.joins.com/JArticle/303551


    【【中央日報】 「安モノ弁当食べる韓国人観光客、不思議だ」 日本の極右ジャーナリストの発言がまた論争に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2023/04/20(木) 18:34:59.18 ID:x6JxXNR4
    観光庁は、2023年1月から3月における訪日外国人の消費動向調査を実施した結果
    主要国における訪日外国人旅行消費総額と訪日外国人旅行者数は韓国人が1位であったが
    1人当たり旅行支出では韓国が最下位であったことを明らかにした。

    国籍・地域別にみる訪日外国人旅行消費額は、韓国1,999億円、台湾1,535億円、中国1,069億円、香港1,054億円
    米国998億円、タイ489億円、オーストラリア485億円、ベトナム330億円、シンガポール263億円、マレーシア229億円
    英国179億円、フィリピン159億円、インドネシア154億円、カナダ143億円、フランス128億円、ドイツ108億円、インド64億円
    イタリア59億円、スペイン39億円、ロシア15億円となる。

    国籍・地域別にみる一般客1人当たり旅行支出は、韓国124,913円、台湾195,152円、香港253,311円、中国746,591円
    タイ199,786円、シンガポール247,327円、マレーシア233,406円、インドネシア186,655円、フィリピン144,724円
    、ベトナム205,296円、インド206,970円、ドイツ256,693円、フランス300,069円、イタリア275,293円となる。

    アセアンポータル 2023年4月20日
    https://portal-worlds.com/news/asean/30640


    【【観光庁調査】訪日外国人1位は韓国…しかし1人当たり消費額は最下位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2023/04/12(水) 19:21:46.18 ID:bsMyGdgb
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文化体育観光部は12日、日本の4月末からのゴールデンウイークを前に、韓国旅行をPRする「K(韓国)観光ロードショー」を14日から30日にかけて東京と広島、福岡、名古屋、大阪の5都市で開催すると発表した。これに合わせて朴普均(パク・ボギュン)文化体育観光部長官が訪日し、4年ぶりとなる韓日観光担当相会合も開く。

     K観光ロードショーは、14日に東京で開催する「韓国ドラマチックナイト」でスタートする。韓国ドラマの世界とともに韓国旅行の魅力を伝えるコンサートで、定員は1500人。米動画配信大手ネットフリックスで好評のオリジナル韓国ドラマ「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」に主演した俳優イ・ドヒョン、ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」のオリジナル・サウンドトラック(OST)で知られる歌手Punchが出演する。

     朴長官もコンサート会場を訪れる予定だ。

     広島と福岡では、地理的なメリットを生かして韓国南部の釜山観光を売り込む。名古屋での催しとして、中部国際空港を「Kカルチャーターミナル」に仕立てて公演と体験イベントを開き、大阪では「Kグルメフェスティバル」と題し、韓国南東部・大邱のチメク(チキンとビール)フェスティバルをはじめとするグルメイベントを紹介する。

     また、韓流ブームの火付け役となったドラマ「冬のソナタ」のファンの取り込みも図る。30~50代の高所得者をターゲットに、東京の「六本木 蔦屋書店」で韓国関連書籍と一緒にウエルネスツーリズム、ラグジュアリー旅行を紹介する韓国旅行キャンペーンを実施している。オンラインでも、日本の旅行代理店大手エイチ・アイ・エス(HIS)、楽天トラベルと協力して韓国旅行の特別プロモーションを展開中だ。

     朴氏は訪日中に斉藤鉄夫国土交通相と会い、韓日の観光交流促進に向け意見を交わす計画だ。両国の観光担当相会合は2019年が最後となっている。

     朴氏は、ほかにはないKカルチャーの魅力を日本のZ世代などにアピールし、インバウンド(訪韓客)回復への転機にしたいと語った。

    聯合ニュース 2023.04.12 14:28
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20230412001700882
    no title

    no title


    韓動!KOREA 韓国観光公社
    https://vr.visitkorea.or.kr/jpn/event/2023/kandokorea/index.php

    前スレ
    【GWは韓国へ行こう!】日本5都市で韓国観光を集中PRへ 観光担当相会合も計画 [4/12] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1681280223/

    【【GWは韓国へ行こう!】日本5都市で韓国観光を集中PRへ 観光担当相会合も計画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/03/01(水) 15:38:10.36 ID:4qBmPVPT
     新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要で世界的な「韓流ブーム」が巻き起こった。
    ポストコロナ時代に差し掛かる中、韓国は日本人観光客らを呼び戻すためにビザなし渡航を再開しており、2023年から2年間を「韓国訪問の年」と位置づけている。
    観光政策を担う韓国文化体育観光省のチョ・ヨンマン第2次官に、海外からの観光客をどう増やしていくのかを聞いた。

     ――コロナ禍では、世界中でK―POPや韓国ドラマがブームに。
    動画配信サービス「ネットフリックス」で人気が出たドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」は昨年、テレビ朝日系で「六本木クラス」としてリメーク放送された。

     ◆コロナ禍でいわゆる「Kカルチャー」が東南アジア、特に日本で人気になり、非常に感謝しています。
    これからは、日本の皆さんが韓国を訪れ、Kカルチャーと直接触れ合い、より韓国を好きになってほしい。

     私も「梨泰院クラス」や、話題になっている「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」などのドラマを視聴したのですが、
    人気作が多すぎて、韓国人でも全てを見切れていない状況です(笑い)。

     ――コロナ禍からの観光復活の足がかりとなる韓国ドラマは、脚本や演出のレベルの高さに定評がある。Kカルチャーの成功の理由をどう見ているのか。

     ◆専門外の立場を承知で言えば、日本の方もご存じかもしれませんが、韓国は「受験戦争」が非常に激しく、就職活動も難しい事情があります。
    脚本家や演出家になるにも、非常に激しい競争がある。そうした中で、脚本や演技が磨かれたのではないでしょうか。

     もう一つは、そもそも韓国の国内市場は大きくないので、俳優やアーティストに限らず、
    企画・制作会社も最初から世界マーケットを目指して準備しているからではないかと思います。

     ――21年に韓国を訪れた外国人は約96万7000人で、コロナ禍前の19年から約95%減少したが、
    昨年11月のビザなし渡航再開などで回復に向かっている。

     ◆コロナ禍でKカルチャーに親しんだ外国の方々が韓国でも楽しんでもらえるよう、今年は年間を通じ「韓国訪問の年」に合わせた催しを各地で用意します。
    「Kカルチャー観光イベント100選」と銘打ち、K―POPのコンサート、国際的な庭園博覧会、eスポーツの世界大会などを楽しめます。
    来訪者も参加できる韓国語のスピーチ大会や「カバーダンス」の場も作ります。韓国の文化と観光を融合させ、より多くの見どころやエンターテインメントを提供するつもりです。

     これらをPRするため、世界15の主要都市で「K観光ロードショー」も展開します。
    出発点は日本です。まずは旅行業界の方々にどうすれば韓国でKカルチャーと触れ合えるかを紹介しています。
    4月からは東京、大阪、福岡、名古屋で一般向けイベントを開き、韓国観光の魅力を伝えます。

    (略)

    2/28(火) 18:00配信 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5ce376a98382c6c1828d75e429218ffb7c29448d

    【【毎日新聞】 人気の「Kカルチャー」で観光復活へ 韓国が描く「訪問の年」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/03/01(水) 15:54:44.37 ID:4qBmPVPT
    日本がなくなった後、韓国人は日本の旅行ブームに注目
    「安い航空券、円、日本の弱さはない」分析
    「一人当たりの消費と支出の低さの経済効果はよく」

    日本のメディアは、韓国に吹く「No Japan」風の現象と日本の旅行ブームにも注目しています。

    地元メディアは、2019年初頭の強い反日感情が大幅に弱まり、円安による観光コストの低下、旅行の安全性の高さが韓国人の日本旅行につながった可能性があると分析しました。

    ニューズウィーク日本語版は24日、「訪日韓国人の数が急増...「どんなに安くても日本には行かない」と報じた。
    なんで?』この記事は、韓国人が日本に旅行する熱狂を強調しました。

    COVID-19の流行により縮小していた旅行需要は解除され、円安により訪日韓国人観光客が大幅に増加しました。
    これに対し、日本のメディアは、日本の観光産業はあまり恩恵を受けないだろうと予測した。[写真提供=聯合ニュース]

    日本政府観光局(JNTO)によると、今年1月に来日した外国人149万7300人のうち56万5200人が韓国人で、全体の38%を占めている。
    2位の台湾(25,9300人)や3位の香港(15.9000万人)と比べると、2~3倍以上です。

    2020年12月、「日本反対」運動の余波が続く中、韓国の世論調査会社Mbrainの調査では、韓国人の70.1%が日本製品のボイコットに参加したと答えたことが明らかになりました。

    49.9%が「日本は敵対国」、韓国人の55.7%が「どんなに安くても日本には行かない」と答えた。しかし、メディアは今から雰囲気が変わったと説明しています。

    昨年12月に実施された調査では、回答者の60.0%が「ノージャパン」運動に参加し、「日本は敵対国」と回答し、36.1%が日本に行かないと回答したとメディアは報じた。

    ニューズウィークは、日本の観光需要が急増した理由として、航空券の安さと円安を挙げました。
    「格安航空会社(LCC)の国際航空運賃は、COVID-26の発生前に大手航空会社のレベルにまで急上昇しましたが、
    距離が近く、フライト数が多い日本へのルートは、他の国よりも比較的安いです」とメディアは述べています。

    ニューズウィークによると、「ノージャパン運動」の弱さも日本の観光ブームを引き起こしました。
    「日本に対する否定的な感情が弱まる一方で、コストと安全性の利点のために日本を訪れる韓国人が増えています。」

    しかし、メディアは、訪日韓国人が増えても、日本の観光産業はあまり恩恵を受けないと予測した。
    その理由は、韓国人が費やす金額が他の国の市民のそれよりも少ないからです。

    ニューズウィーク誌は、「東京の成田空港に到着する外国人旅行者は、通常、成田エクスプレスや京成スカイライナーなどの自家用列車で市内中心部に行き、
    大阪の関西空港では『特急はるか』や『ラフィット』にも乗りますが、ほとんどの韓国人は格安の普通列車を利用します」と述べ、
    「8,19万人が韓国を行き来した1000年に訪日外国人の中で最も支出が少なかったのは韓国人でした」と指摘しました。
    ジャーナリストのイボラ・leebora114@asiae.co.kr

    ※edgeにて翻訳

    入力2023.03.01. 10:00 AM 更新日時 2023.03.01. 10:02
    NAVER(韓国語)
    https://n.news.naver.com/mnews/article/277/0005224682

    【【naver】 日本は韓国人であふれるが、.日本「経済にあまり役に立たない」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル