かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:調査

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/07/17(土) 13:44:36.65 ID:wwhY9nla9
    tedorosu

    WHOが武漢での発生源巡る2回目調査を提案…中国は難色示す

    【ローマ=笹子美奈子、北京=田川理恵】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は16日、加盟国がオンラインで参加する会合で、新型コロナウイルスの感染が世界で最初に広がった中国湖北省武漢市で、発生源を巡る2回目の調査を行うよう提案した。

    テドロス氏は、食用の野生動物を取り扱っていた市場の調査や、「2019年12月にヒトへの感染が確認された地域の研究機関への監査」などの実施を求めた。中国に対して、「透明性に基づいた適切なデータを共有し、次の段階に協力することを期待する」と述べた。

    中国外務省の 趙立堅ジャオリージエン 副報道局長は16日の定例記者会見で、「発生源の問題を政治化すべきではない」などと述べ、調査実施に難色を示した。

    (略)

    読売新聞 2021/07/17 12:18
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20210717-OYT1T50130/



    【【WHO】武漢での発生源巡る2回目調査を提案…中国は難色示す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/02/25(木) 20:16:41.13 ID:CAP_USER9
    kr250

    ■ 寝耳に水だった元慰安婦の記者会見

     文在寅大統領が与党・共に民主党幹部との懇親会で元従軍慰安婦に関して新年記者会見と異なる見解を示した。青瓦台(大統領府)は舌の根も乾かぬうちに文大統領と相反する発言を行った。文大統領の真意はどこにあるのだろうか。

     文在寅大統領は2月19日、民主党幹部と懇親会を開いた。米バイデン政権の誕生で、日米韓の協力体制が必須と思われる今、韓国にとって日韓関係の正常化は速やかに改善すべき課題だ。

     日韓関係改善への協力を要請するはずだった懇親会で文大統領は元慰安婦問題等に関して 「(解決策は)単純にお金の問題だけではなく、当事者が受け入れなければならない」と述べ、「日本の心からの謝罪」にかかっているという見解を示した。

     文大統領は、1月18日の新年記者会見で「2015年の韓日の慰安婦合意が両国政府の公式合意だった事実を認める」とし、「その土台の上で被害者も同意する解決策を見つけられるよう韓日間で協議する」と述べた。外交的な解決策を見出すといった大統領が「被害者の同意が重要」と強調し混乱が起きた。

     その空気を察知したのか、カン・ミンソク大統領府報道官は「慰安婦被害者の現在の状況を説明した後、韓日関係の正常化に向けた努力が話の趣旨だった」という言い訳を追加した。二転三転する韓国政府。文大統領自身の混乱ぶりを示唆している。

     そして2月16日、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが、国際司法裁判所(ICJ)に慰安婦問題の解決を付託するよう求める記者会見を開いて文大統領は逃げ場を失った(参考記事)。ICJに付託すると外交的に問題解決を図る余地はなくなる。

     一方、今後の米韓関係を考えると早急に日韓関係の改善を図らねばならない。15年の日韓慰安婦合意の裏の立役者であるバイデン米大統領に小手先の嘘は通用しない。バイデン政権が日韓関係改善に冷淡な日本の立場を理解できないはずはない。

     李容洙さんの要請は文大統領にとっては寝耳に水であり、すべてを曖昧にしたまま何とかやり過ごそうとしていた文大統領の行き場を塞いでしまったのだ。

    (略)

    (金 遥楽:フリーライター) 

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e8e39da170c1c716a3a588cbb547377db7cecda4 


    【【捏造韓国】秘密解除の米軍極秘資料に書かれていた真実 「慰安婦は兵士たちのために日本軍に付けられた売春婦」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/06(水) 07:50:06.95 ID:CAP_USER
    719A1F3B-49F9-465C-9068-97D9A873867E
     
    [チューリヒ 5日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5日、中国が依然として新型コロナウイルス発生源を巡る国際調査団の受け入れを許可していないことに「深く失望」していると述べた。

    テドロス事務局長は、中国当局が調査団の入国に必要な最終認可をしていないことをこの日把握したとし、コロナ起源に関する調査が「WHOの優先課題であると再度明確にする」と強調。中国当局と連絡を続けていると語った。

    調査団は過去24時間以内に中国に向かい、5日から調査に着手する計画となっていた。

    WHOの緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は「ロジスティックおよび行政上の問題にすぎず、数時間以内にも解消されることを望む」と述べた。


    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/37d5b25496b1b7a13fab3a66580b9a045f531538

    【【隠蔽中国】コロナ調査団入国なお認めず WHOトップ「失望」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル