かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:豊臣秀吉

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2019/03/28(木) 01:24:43.41 ID:CAP_USER
     豊臣秀吉(1537~98)が、武将加藤清正(1562~1611)に宛てて朝鮮出兵を命じた朱印状が見つかった。愛知県刈谷市の市歴史博物館が27日発表した。「文禄の役」で清正が出兵する直前に出されたものとみられる。

     朱印状は縦21・5センチ、横125・5センチで軸装されている。竜のようなマークが特徴の秀吉の朱印があることや書状の紙質・形状などから本物と断定した。

     清正に対し、「(第1軍の)小西行長らに朝鮮出兵を命じたので、お前も出陣せよ。異国の者はそんなに強くないと思って、決して油断しないように」と伝える。また、「先に行った者たちが道中で詰まっているので、皆で相談してスムーズに進めるように」という趣旨の秀吉らしい細かい指示もある。3月23日の日付があり、文禄の役で第2軍を率いて4月に出兵した1592年のものと推測される。

     博物館によると、内容自体は福岡藩の黒田家に伝わる古文書に引用されている黒田長政ら3人の大名宛ての同日付の朱印状と同じで、同様の命令書が中国や九州の大名へ広く出されたと推測されていた。だが、3月23日付の命令書の実物が見つかったのは初めてという。

     秀吉の文書に詳しい名古屋市博物館分館蓬左(ほうさ)文庫の鳥居和之文庫長は「一次史料が発見されたことで黒田家文書の内容が事実だとわかる。また、清正の後、加藤家が断絶したため清正の資料は散逸しており貴重だ」と評価する。

    no title

    no title


    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASM3V4RDDM3VOBJB003.html

    【【歴史】秀吉から清正へ「朝鮮出兵の命令書」、本物発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/03/27(水) 11:40:50.81 ID:CAP_USER
    no title

    「罪のない民が犠牲になる歴史が繰り返されてはなりません」 

      24日、日本・京都の「耳墓」前で北郷民(北朝鮮が故郷である人、脱北者)青年A氏が黙祷した後このように話した。A氏は「国力の重要さを新たに感じた」とも話した。 

      耳塚は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で倭軍が切って行った朝鮮人12万人余りの耳と鼻が埋められている場所だ。耳塚を作った主犯である豊臣秀吉の神社の隣にある。北郷民B氏は「このような残酷なことを犯した豊臣秀吉の神社の隣に耳塚があるとは腹立たしい。この歴史をもっと知らせて記憶しなければならない」と力説した。 

      同日、北郷民の青年らが生まれて初めて抗日の歴史の現場を訪れたのは国会外交統一委員会所属の宋永吉(ソン・ヨンギル)共に民主党議員が企画したプログラムによるものだ。宋議員は北郷民の青年24人と2泊3日の日程で日本・大阪と京都などの抗日の遺跡を訪れた。宋議員は「不慣れな韓国の地に定着した北郷民が韓国人と同質感を感じ、よく適応することを願う思いから今回の日程を用意した」と話した。 

      23日の最初の日程は大阪城内に位置する陸軍衛戍刑務所跡地だった。尹奉吉(ユン・ボンギル)義士が虹口公園の義挙後、約1カ月間収監された場所だ。宋議員は北郷民の青年に「尹奉吉義士の義挙について蒋介石は『百万の大軍ができないことを朝鮮人の青年がやり遂げた』と敬意を示した」と説明した。続けて「蒋介石が大韓民国臨時政府を一流国家と認定しながら公式に独立運動資金を支援、武官学校を設立することができた」と付け加えた。 

      探訪団は京都では尹東柱(ユン・ドンジュ)・鄭芝溶(チョン・ジヨン)詩人が通った同志社大学今出川キャンパスを訪問した。キャンパス内にある2人の詩人の詩碑の前で黙祷した。次の日程が耳塚訪問だった。宋議員はそこで「大韓民国で権力は指導者から出るのではなく国民から出るもの」とし、「国家は価値の共同体であり、国民個々人は皆大切だ」と話した。続けて「南と北が抗日闘争の歴史を共有し共に記憶しなければならない」と強調した。 

    中央日報 2019年03月27日 11時14分 
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251743&servcode=a00&sectcode=a10 

    耳塚・鼻塚wiki
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%E5%A1%9A
    ※ 2万人分の耳と鼻が埋められている。
    【【北朝鮮嘘をつく】「日本・耳塚、非常に腹立たしい。抗日の歴史、南北共に記憶しなければ」…北郷民青年の怒り 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/01/18(金) 23:19:39.05 ID:63IjNKFY9 
     kr250
    安倍首相を豊臣秀吉に例え批判  レーダー問題で韓国国会委員長

     韓国軍艦艇による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題を巡り、韓国国会の安圭伯国防委員長は18日、声明を発表し、安倍晋三首相が日韓の対立を助長しているとして「内部の対立を外部に向けるため壬辰倭乱(朝鮮出兵)を起こした豊臣秀吉と重なって見えると言っても過度な飛躍ではない」と批判した。

     声明は「周辺国との摩擦を増幅させることは、日本の国内政治ではプラスになるかもしれない」と皮肉った上で「軍国主義の過ちを背負う過去の歴史や、国際政治での日本の地位を考慮すれば責任ある指導者が 取れる選択ではない」とした。


    共同通信(2019/1/18 21:35)
    https://this.kiji.is/458973174566487137?c=39546741839462401

    【【武力で国内統一した人物が外征に出るのは世界史の常識】「朝鮮出兵した豊臣秀吉と重なって見える」…安倍首相を秀吉に例え批判 レーダー問題で韓国国会委員長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/11/06(火) 13:09:58.61 ID:CAP_USER
      「私が死ぬ前に望みがあるとすれば、この窯を復元して朝鮮の茶碗を作ることだ。実現すれば500年間余り途切れた朝鮮茶碗の真の再現となるだろう」。 

      3日、慶尚南道昌原市鎮海(チンヘ)の熊川(ウンチョン)陶甕址展示館で会った崔熊鐸(チェ・ウンテク)沙器匠(64)は2002年に発掘された6つの窯跡を眺めながらこのように語った。この日午後、後輩の学者と共に、忘れられた朝鮮陶工125人の第19回追悼祭をした直後だった。 

      熊川宝賠山井谷にある熊川陶甕址の窯跡は1500年代初めから低品質の茶碗を焼いていたところだ。生活に使う茶碗で、高麗青磁から朝鮮時代の白磁、または粉青沙器として作られた。 

      しかし1598年、100年を満たすことなくここは閉窯となった。丁酉再乱(慶長の役)が終わる頃、熊川陶甕址の陶工とその家族125人が退却する日本軍に強制的に連行され、窯跡の火が消えて命脈が途絶えたのだ。 

      朝鮮茶碗は壬辰倭乱(文禄の役)前後の16世紀後半から日本で注目された。当時壬辰倭乱を起こした豊臣秀吉が朝鮮から持ち帰った茶碗を「井戸茶碗」と呼んで茶会を開き、その時に使った茶碗が日本国宝26号に指定された「喜左衛門井戸茶碗」だ。当時から朝鮮の茶碗は井戸茶碗と呼ばれ、その後、連行された朝鮮陶工らが長崎平戸島など各地で作った。井戸茶碗は今でも日本で最高の茶碗として評価されている。 

      この茶碗をおよそ500年ぶりに朝鮮陶磁器の由来地の一つ、熊川で再現し、朝鮮沙器匠の脈を受け継いでいるのが崔熊鐸氏だ。豊臣秀吉が絶賛した井戸茶碗も熊川で作られたものと崔氏らは推定している。 

      崔氏は鎮海宝賠山の近くで生まれた。幼い頃から山のふもとのあちこちに落ちている陶片に接して育った。そして30余年前から宝賠山のふもとに「熊川窯」を作って朝鮮陶磁器の脈を継いでいる。崔氏は「山に埋まっている陶片が師であり、私の学習の場だった」とし「日本に渡った先祖とその子孫が作った作品を見ながら再現している」と話した。 

      崔氏はほとんど毎日、宝賠山に登る。茶碗に使われる最も重要な材料の三白土(白色・黄色・赤色)を手に入れるためだ。崔氏は「ほかの地域の土で作れば熊川陶磁器ではない」と語った。 

      三白土を松の枝にのせ、その上に雨水を注いで濾過した後に熟成させれば粘性を持つ粘土となる。この粘土を轆轤に乗せて茶碗を制作した後、牡蠣の殻で作った釉薬を塗る。朝鮮陶工の方法を同じだ。 

      客を迎える崔氏の応接室には宝賠山で発掘した陶片が並んでいる。陶芸を学んだことがない崔氏にとってその陶片は唯一の師だった。崔氏は「この陶片を見ながら土、釉薬、成形、火の強さなど茶碗を作る方法を習った。言葉のない師匠」と話した。 

      熊川茶碗といえば自然の美しさと素朴さだ。崔氏が作る茶碗にもその特長がそのまま表れている。轆轤にのせられた粘土を成形する時に素朴さを残し、一年に3、4回ほど窯焚きをする。1000点ほどの茶碗が窯に入るが、生き残るのはわずか10点ほどだ。残りはすべて割れて土に埋められる。 

      これまで崔氏の弟子は10人ほどいる。一部は崔氏と共に、一部は独立して熊川陶窯の脈を受け継いでいる。 

      崔氏には最後の夢がある。発見された窯跡のうち原形が残っているところで朝鮮陶磁器をを再現することだ。「土から茶碗を作る人に欲などない。最後の望みがあるとすれば、先祖の窯跡で昔のやり方で朝鮮茶碗を焼くことだ」。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=246814&servcode=400&sectcode=400
    中央日報2018年11月06日 08時52分

    no title

    壬辰倭乱当時に日本に連れて行かれた熊川の陶工125人の追悼祭をする崔熊鐸氏。写真下は井戸茶碗(中央フォト)
    【【再現できないと思う】豊臣秀吉の目に留まった朝鮮茶碗、日本に渡って国宝に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/14(土) 08:53:10.63 ID:CAP_USER
    ◆なぜ金正恩は中国を"千年の宿敵"と呼ぶか
     ~ルーツは"秀吉の朝鮮出兵"にあった

    アメリカと中国の間で上手に立ち回りながら、北朝鮮の現体制の存続をはかる金正恩・朝鮮労働党書記長。
    中国の習近平・国家主席に「偉大なる指導者」とリップサービスをしながら、中国の支配下に入ろうとはしない。
    そのふるまいの陰には、あの「秀吉出兵」時に朝鮮王朝が味わった、当時の宗主国・明による血も涙もない「属国扱い」の記憶がある――。

    秀吉の朝鮮出兵の際、明から朝鮮に派遣された応援の軍隊(古い中国の絵巻物の一部)
    no title

    ■「依存」と「不信」の交錯した感情 
    金正恩・朝鮮労働党委員長はもともと、中国を憎み、「千年の宿敵」と呼んでいました。 
    しかし、トランプ政権が誕生し、アメリカの圧力が強まるなか、北朝鮮は中国に接近。 
    米朝首脳会談の前に2度、会談のすぐ後にさらにもう一度、金委員長は訪中し、習近平国家主席と会談しています。 

    3度目の訪中の際、金委員長は習主席との会談で、習主席を「偉大なる指導者」と呼び、持ち上げたようです。 
    米朝会談の会場となったシンガポールに行くための飛行機を中国に借り、会談後早々に習主席に状況報告をするとは、過去69年の中朝交流の歴史でも類のない蜜月ぶりです。 

    とはいえ、「千年の宿敵」と「偉大なる指導者」という、金委員長の相反する2つの言葉には、北朝鮮が中国に対して抱く、「依存」と「不信」の交錯した感情がよく表れています。 
    国際社会から経済制裁や武力行使の脅しをかけられている現状は、北朝鮮から主観的に見れば「国難」的状況といえます。 

    その国難の中で北朝鮮は、長い半島史のなかで彼らの父祖が抱いた中国への複雑な思いを再体験しているかもしれません。 
    その歴史的記憶の一つが他ならぬ、北朝鮮でいう「壬申祖国戦争」、つまり日本の豊臣秀吉による文禄・慶長の役での、中国(当時は明)の対応です。 

    ■李舜臣を抜擢した男 

    秀吉の軍勢が朝鮮に侵攻した際、絶妙なバランス感覚で国難を救った朝鮮王朝の宰相がいました。 
    この宰相の名を柳成龍(リュ・ソンニョン)と言います。 
    藤堂高虎たちが率いた日本側の水軍に打撃を与えたことでよく知られている、李舜臣(イ・スンシン)を将軍に抜擢したのは柳成龍です。 

    秀吉の命を受けた小西行長や加藤清正は、朝鮮半島に上陸後、破竹の勢いで進軍。開戦からたったの21日で都の漢城(ソウル)を落とし、さらに北上して平壌(ピョンヤン)も落とします。 
    第14代朝鮮王の宣祖(ソンジョ)は民を捨てて、漢城から平壌へ逃げ、さらに平壌から中朝国境の義州へ逃げました。 

    その義州も安全ではないことがわかると、宣祖は中国の明(みん)へ亡命しようとします。 
    しかし、ここで宰相の柳成龍は、「今、朝鮮を一歩離れれば、朝鮮を失ってしまいます」と反対しました。 

    柳成龍は明に援軍を要請する一方、王が明に逃げてしまえば、明の傀儡(かいらい)に堕すると警戒したのです。 
    明の属国であった朝鮮は、秀吉軍の襲来という大きな国難を前に、宗主国の明に頼らざるを得ませでした。 

    しかし、「王が中国に身を預けるようなことをすれば、朝鮮王朝は終わってしまう」と柳成龍は考えたのです。 
    属国なりの矜持といえるでしょう。 

    ■「支援」とは名ばかりの明の援軍 

    朝鮮半島に侵攻した秀吉軍は16万でした。 
    柳成龍らの要請に応え、宗主国であった明は援軍を派遣しましたが、その数はたったの5万でした。 
    しかも、派遣軍の兵糧の負担は朝鮮側持ちというケチぶりです。 

    明軍はケチな上に悪辣でした。 
    朝鮮は飢えに苦しんでおり、明の莫大な兵糧の要請に応えられませんでした。 

    そのため、明軍は兵糧調達と称して、現地で手当たり次第の略奪に出ます。 
    さらに明の将軍の李如松(り・じょしょう)は、朝鮮側が兵糧提供の義務を果たさないことを「約束が違う」と激怒し、柳成龍ら朝鮮の大臣を呼び出し、ひざまずかせ、怒鳴り上げました。 

    柳成龍たちは泣きながら、李如松に許しを請ったといいます。これが明の「支援」の実態でした。 


    PRESIDENT Online 2018.7.13
    http://president.jp/articles/-/25610


    【【コラム】なぜ金正恩は中国を"千年の宿敵"と呼ぶのか?ルーツは秀吉の朝鮮出兵にあった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 【B:82 W:105 H:96 (D cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/16(土) 09:57:24.69 ID:CAP_USER
    B71A501B-B726-4926-A3A6-422032239A5B

    「朝鮮の技術者を皆殺しにしろ」

    朝鮮(チョソン)宣祖(ソンジョ)25年(西暦1592年)、豊臣秀吉の命である。

    壬辰倭乱(文禄の役)を起こした豊臣秀吉は日本軍に『工芸部』という特殊部隊を設置して、このように命じた。

    工芸部は朝鮮の陶工を生け捕りにしたり、陶磁器を略奪する主要任務を務める部隊だった。

    朝鮮人が使っていた茶碗や小便壺、沙鉢、さらには犬のエサ入れまで。目につく物は全て回収して行った。

    豊臣秀吉はなぜそのように陶磁器に執着したのだろうか。

    実は、日本は壬辰倭乱の前から朝鮮の『陶磁器文化』を欲していた。

    17世紀の初頭まで、白磁を作る技術は全世界で中国と韓国だけが持っていた。当時の日本は磁器を作る独自の技術を持っていなかった。

    このような状況で日本は中国の華やかな陶磁器よりも、朝鮮の優雅ながらも堅苦しくない陶磁器に注目した。

    結局、日本は壬辰倭乱が起きるとすぐに朝鮮の陶磁器文化を略奪する計略を立てた。

    陶工を拉致して日本に連行した後、日本で陶磁器を作らせたのである。

    この時から日本では陶磁器文化が花を咲かせ始めた。

    その後朝鮮の陶工が作った陶磁器とその製作技術をヨーロッパに輸出して、ヨーロッパの各国は日本が販売する陶磁器の美しさと技術力を見て感嘆した。

    実はその陶磁器は朝鮮の陶工が作った物なのニダ。

    このような背景から、ヨーロッパでは壬辰倭乱を『陶磁器戦争(Ceramics war)』と呼んでいる。陶磁器によって勃発した戦争という意味だ。

    日本が我が国の文化財を略奪した物が一つや二つだけではないとしても、陶磁器文化まで略奪して世界で『日本の技術力』として認められたという事実も必ず知っていなければいけない。

    キム・ヨンジン記者

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/160827

    【【妄想乙】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/03/27(火) 14:56:05.30 ID:CAP_USER
    0F9228E4-2459-49B6-8123-1C9DCE75A8B2
     
    2018年3月27日 10時48分

    日本の市民団体「NO MORE倭乱実行委員会」が26日午前、韓国巨済市(コジェシ)にある玉浦大捷(オクポデチョプ)記念公園 で「壬辰倭乱反省集会」を開催した。

    韓国と日本の和解と共生を追求する同団体は1992年に創設され、2000年からは毎年慶尚南道(キョンサンナムド)や釜山(プサン)など壬辰倭乱(文禄・慶長の役)にまつわる遺跡を訪れて反省・交流行事を行ってきた。

    釜山日報など韓国メディアによると、この日巨済を訪れたメンバーは日本近代史学者、医師、市民団体活動家、高校生、人権運動家、事業家、教師、牧師ら23人で、玉浦大捷記念公園塔の前で基調発表の報告や壬辰倭乱犠牲英霊に対する献花、黙祷などを行った。また、韓国童謡『私たちの願い』などを韓国語で歌った。

    同団体の実行委員長は「日本は過去の侵略事実を認めることを自虐史観だと言って否定するだけでなく、日本の伝統と文化を守るという口実で冷遇している」とし「我々は安保法制定や憲法改正の方向性を知るためには過去の倭乱と日本帝国による侵略の歴史を正しく認識する必要がある。これこそが、日本が再び過ちを繰り返さない道だと肝に銘じたい」と強調したと慶南道民日報が伝えた。

    玉浦大捷は壬辰倭乱当時、朝鮮水軍が初勝利をあげ、倭船約50隻のうち26隻を撃沈させた戦いだ。巨済市は1996年、この玉浦大捷を記念するために記念公園を造成した。

    ライブドアニュース(中央日報)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14490778/

    【【日本市民でお里が知れます】日本市民たちが韓国で「壬辰倭乱反省集会」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル