かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:軍事費

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/19(日) 19:52:46.03 ID:CAP_USER
    no title

    ▲国別軍事力をあらわすGFP(世界火力指数)順位。昨年8位だった日本は2段階上昇して6位を記録した。/GFPキャプチャー

    2019年グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower、世界火力指数)で日本が我が国を追い抜いた。米国の軍事力評価専門機関「グローバル・ファイヤーパワー(GFP)」によれば日本の今年の軍事力は世界6位で昨年の8位から二段階跳ね上がった。我が国は7位を守り、6位だった英国が8位に落ちた。

    全兵数は韓国が62万5000人で日本(24万7000人余り)の2.5倍多い。しかし、今回の調査では日本が軍事力順位で韓国を抜いた。日本は最近、米国との軍事協力も一層強化している。
    (中略:軍事最強国はやはり米国…続いてロシア・中国の順)

    日本、8位から6位に上昇…「軍事野心」が反映されたのか

    今回のGFP指数で最も目を引くのは日本の順位上昇だ。日本は今年8位から英国と我が国を跳び越えて2段階上昇し6位を記録した。日本が6位に上がったのは最近、戦闘機をはじめ空軍戦力を大挙確保した影響と見られる。日本は最新ステルス機F-35Aを昨年初めて実戦配置し、2020年までF-35Aを合計42機導入するなど空軍力強化に注力している。

    海上戦力も強化している。GFPによれば沿岸警戒任務を引き受ける哨戒艦級以上の艦艇数は私たちが166隻、日本が131隻で私たちの方が多いが駆逐艦は私たちが12隻である反面、日本は37隻に達する。
    (中略:日本の軍事力増強は中国と北朝鮮を牽制するため。米国との同盟強化)

    日本の軍事力強化、私たちには得か損か

    日本独自の軍事力強化と米・日軍事協力強化の動きの中で韓日間で軍事葛藤が生じている。韓日両国は「レーダー葛藤」を体験し、国防部が今年1月公開した「2018国防白書」では国防交流協力の部分で過去の国防白書にずっと登場してきた「自由民主主義と市場経済の基本価値共有」という表現が消えた。

    米国以外の周辺国との軍事交流協力を記述する順序も過去、国防白書は韓日、韓中、韓露などの順だったが、今回は韓中、韓日、韓露の順で変わり、日本との冷たい関係が反映されたのではないかという話も出た。

    軍事専門家たちはわが政府のこのような基調について憂慮の声をあげている。パク・チョルヒ、ソウル大教授は「駐日米軍がいなければ駐韓米軍は中途半端な軍に過ぎない。我が国は陸軍中心に構成されているから駐韓米軍も陸軍中心に編成されており、米国が持つ海軍、空軍、海兵隊関連施設は全部日本にある。駐韓米軍と駐日米軍が合わさってこそ韓半島有事に韓国に対する完全な支援が可能だ」と述べた。

    パク教授はそれと共に「日本は韓半島有事の際、米軍をはじめとする国連軍の兵士と軍需物資を支援する後方兵たん基地の役割を果たすから軍事的協力が重要だ」とした。現在、国連司令部は日本の東京都横田、神奈川県横須賀・座間、長崎県佐世保、沖縄県嘉手納・普天間・ホワイトビーチなど7カ所に後方基地を置いている。米軍は韓半島有事状況に備えてこれらに兵力と装備を配置している。これら兵力と物資が韓半島に入ってくるためには日本の海上自衛隊の支援が必ず必要ということだ。キム・トクキ韓国海洋戦略研究所選任研究委員は「国家大戦略次元で政治・経済・安保・文化など総合的な側面を考慮し、日本に対する戦略を立てなければならない」とした。

    ピョン・ジヒ記者

    朝鮮日報(韓国語) 
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/05/19/2019051900089.html

    関連サイト:2019 Military Strength Ranking
    https://www.globalfirepower.com/countries-listing.asp

    【【ビビる韓国】軍事力順位で韓国軍を追い抜き、米国との同盟強化…尋常でない日本の軍事野心 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/05/02(水) 15:36:48.50 ID:CAP_USER9
    no title
     
     軍事分析で知られるストックホルム国際平和研究所が2日、2017年の世界の軍事費の報告書を公表した。前年比1・1%増の1兆7390億ドルで、1人あたり230ドル(約2万5千円)。11年の1689億ドルを上回り、1989年の冷戦終結後で最高となった。

     世界の軍事費は90年代後半に約1兆ドルまで減ったがその後急増。緊張が続くアジアでの軍拡が主な原因だ。17年は地域別で前年比伸び率のトップはアジア大洋州。3・6%増えて4770億ドルだった。うち3230億ドルを占める東アジア(北朝鮮は確認困難で含まず)は4・1%増だった。

     過去10年の伸びをみると、軍事費世界1位が続く米国は17年に6100億ドルだが14%減ったのに対し、東アジアは68%増。2位の中国は推定2280億ドルと2倍強に増え、8位の日本は4・4%増の454億ドル、10位の韓国は29%増の392億ドルになった。

     東南アジアもこの10年で39%増えた。カンボジアは4倍余り、バングラデシュとインドネシアは2倍強と伸びが際立つ。(藤田直央)

    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000036-asahi-int



    【【国際】世界の軍事費、冷戦後最高 アジア大洋州が伸び率トップ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/05(月) 09:42:33.04 ID:CAP_USER9
    cn250
     
    中国政府は、ことしの予算案を5日に明らかにし、国防費は去年より8.1%増えて1兆1069億人民元余り(日本円で18兆円余り)となりました。

    これは5日から始まる全人代=全国人民代表大会で審議される予算案で明らかにされたものです。

    中国は「今世紀半ばまでに、中国軍を世界一流の軍隊にする」という目標を掲げ、国産空母の建造や最新鋭の戦闘機の導入など軍の近代化を急速に進めていて、ことしも国防費を大幅に増額し、軍備の増強を続ける姿勢を改めて示しました。

    3月5日 9時33分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180305/k10011351871000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【帝国主義】「中国軍を世界一流の軍隊にする」 国防費は前年比8.1%増 今年も大幅増額 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル